FC2ブログ

ヴァームの真実

【お断り】

今回の記事は完全な八つ当たりクレーム的な、あるいはモンスターカスタマー的な内容ですあしからず。










さて。


熱心なブログ村住人あるヒマ人のオマイラならばご記憶にあるかもしれませんが、以前あるブログでヴァームに関する記事を読みましてね。
ステマ的な。

何でも、コレさえ飲めば無補給でいつまでもいつまでも永遠に走り続けるコトが出来る…(多少歪曲してるかもですが)確かそんな内容だったかと。




しかしながらそのブログは常に視野が狭く極めて主観的で客観性のかけらもなく独善的、ごく一部の片田舎でのみ通ずる理論で集団遊びを繰り返し他者の意見などは意にも介さない内容のものが多いので(というか個人ブログなんて殆どそんなもんですよねワシも含めて)、当然インプレ的なモノも一切信用しておりませんでした。
所詮素人ですし。
DTだし。


とはいえ、オマイラ同様私も補給食には目が無い人間ですので、ソレさえ飲めば空腹感もなく無補給で永遠に走り続けるコトが出来ると聞かされれば、ソレが例えウソや盛り記事だったとしても試さずにはいられないってのが人の性。というかワイの性。




ちなみに。
ヴァームは以前から愛飲しておりますワタクシ。

チャリのエンデューロレース前には必ず摂取しておりますし、ワタクシのチャリ歴史イチの栄光、鈴鹿アタッコ120で30番台を獲得した時もレース前にヴァームを飲みレース中は(ドリンク以外)ほぼ無補給で終えております。

しかしその時はレース3時間前にキッチリ朝食を食べ、2時間前にカステラチョイ足し、1時間前にジェルを投入し、スタート地点に並ぶ前に(2RUNと)ヴァームを投入しました。
なので結局ヴァームが効いたのか朝食その他が効いたのかがサッパリワカラン。





しかし今回の実験はホンキです。

朝飯はヌキ。
口にしたのはブラックコーヒーのみ。

ソコにヴァームだけを投入するという、まさにその効果が如実に分かる人体実験。
しかもただのヴァームじゃなくて「スーパーヴァーム」やで。



そもそも今のワタクシはフルマラソンに向けて脂肪燃焼体質とやらにする必要があり、週末のロング走練は朝飯抜き&無補給で臨むつもりだったんですが、さすがに不安アリだったのでこの際ヴァームに頼ってみようと思ったのです。
脂肪燃えるて書いてあるし。
しかもただのヴァームじゃなくて「スーパーヴァーム」やで。









というコトで人体実験当日の朝。


DSC_2599.jpg


…朝?


相変わらず日も出る前からボス&鬼コーチ集合掛けられる始末。
BONさんは余裕の1時間遅れで合流。




この日は3時間走または30km走の予定。

ココSRKは1周2.3kmの周回コースなので、スタート地点にドリンクは置いておきますが余計な糖などを一切摂取しないように用意したのはただの水。
ハンガーノックで動けなくなってもクルマにさえ戻れればパンなどは用意してあるので、手持ちはいつかのイベント参加賞のメイタンのみ。
クルマに辿り着けさえすればヨシ。



というコトで人体実験練習開始。



この時点で既に空腹感いっぱい不安いっぱい。
今すぐ朝飯食いてぇ。


ロング走なのでペースはゆっくりジョグペース。
みんなとアホな話しながら走ってれば気は紛れますが、朝飯抜いたせいでドコとなくチカラが入らない。

もしかするとその要因は前日の夕方も走ったせいかもですし、走ったせいで食欲無くしソーメンを食べたダケの夕食だったからかもしれませんが。




そして走り始めて1時間半ほど経過すると、空腹感はMAXになり更に身体にチカラも入らない。

走るのがだんだんしんどくなってきました。



そして2時間が経過した時点で完全に身体が動かず、結局18km走ったダケで撃沈。



DSC_2600.jpg



おかしい…

ヴァームさえ飲めば空腹感もなく有り余る脂肪エネルギーを利用して永遠に走り続けるコトが出来るハズ…

しかもグリコーゲンが必要なレベルの強度には一切入れてない。



おかしい…おかしいぞう…








ワイのナニかがダメだったんか?
そう思って例の記事を読み返してみた。














しこたま朝飯食ってんじゃねーか\(^o^)/


しかも1,300kcalも!







オイふざけんな


普通にいつも通り朝飯食っただけでも、チャリなら100km1,500mくらいなら練習強度ですら無補給どころかノンストップが当たり前。
というか練習ってそんなもん。
当然トレイン()なんか組まん。
ソロで風モロ浴び、あるいは全牽き山以外全ツキイチの集まりだからねCTR

だのに1,300kcalも食ったら150kmはノンストップで行く自信があるワイ。


まぁ確かに普段からサイクリング強度あるいは他人に空気抵抗負担させてラクしてるダケなのに2~30km毎に止まって過補給繰り返すような乗り方しかしてない人が、実験と称して気合入れて無補給にチャレンジしたらソレだけでナニかゴイスーな気がしちゃうのかもしれんのだけれども…



でもソレって、スゴイのはヴァームじゃなくて朝から1,300kcalも食えるアンタの胃袋だぞ。

100歩…否、一億歩譲ってヴァームが効いてるとしても、99.99%はソレ以外に摂取した膨大なカロリーのおかげだ間違いない。








というコトで、




【ワシ的超主観結論】

・ヴァームだけじゃ身体がもたない
・大事なのはメシ。とにかくメシ。
・普段の乗り方次第でプラセボ効果を感じるコトは出来る
・妖精はいる(ある意味












後日。

ヴァームのコトを知る為に改めてパッケージを見てみた。




01 (1)





「運動で、体脂肪を燃やす」





ヴァーム関係ねーじゃん。

ナニも飲まなくても運動すれば脂肪は燃えるぞ。
というか生きてるダケで燃える。







更に公式サイトを見てみた。




「記録への挑戦や、試合での勝利など、目標を達成するためのより高いパフォーマンスを求める方に。」





抽象的過ぎてナニ言ってるかワカラン。

まぁサプリなんで大体そんなモンですけど。




が、公式にはコレ飲めばドコまでも飛べるとは書いてない。













で、先日久々にトレランへ行きましてね。

結構な激坂込みのキツイコースで、奇しくもアクティビティ時間はヴァーム実験の時と同じ約2時間。


その日は朝食にオニギリ一個とバナナ一本。
何なら軽めの朝食。
走ってる最中に飲んだドリンクはポカリ一本。
無論ヴァームは飲まない。


コレで最後まで空腹感もなく身体にチカラが入らないなんてコトもナシ。
何ならまだ走れたけど暑くなってきたからヤメただけ。








やはり大事なのは朝飯ですよ朝飯。

運動前はちゃんと食べましょう。
で、ヴァームでもグリコでも何でも飲んだらヨロシ。
効いてるのは朝飯だけどな。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




頼るべきはプロフェッショナル

今年のワタクシは完全に二足活動モードになっておりますので、CTRという呼称も「Climb」「Trail」「Running」の頭文字を取ったソレと化しております。
チャリはナシ。


今月は一気に二足のランニングシューズを買う始末。

DSC_2493.jpg


DSC_2553.jpg


ソレまでが何も考えずテキトーに買ったシューズだったので、用途に合わせて欲しくなっちゃったのですよ。
チャリのホイールみたいなもんですね。
でもホイールみたいにアホほど高くないので手を出し易いのはイイトコロ。



というコトで一気にランモード突入。



平日のローラータイムを全てランタイムに置換。

但し社会適合者体型維持活動(いわゆる筋トレ)は継続。
ランナーはチャリ乗り以上に社会不適合者体型ですからね。
気を付けないと。



週末となれば、ボス・鬼コーチやEXマンに呼び出されて


DSC_2451.jpg


まだ暗いウチからランニング開始。
一年で一番日が長い時期なのに、暗いウチから。


DSC_2455.jpg


イキナシ30kmも走らされましたワイ。



でも10kmやら20kmでは分からないコトも分かったので収穫アリ。

DSC_2457.jpg

B地区問題とか。




問題なのはココから。




鬼コーチたかじんさんより、ワタクシは初マラソンなので(ハーフすら出たコトがない)とりあえず完走が出来ればいいっつってんのに、サブ何とかをクリアするにはインターバル練が必要だとか何とかヌカし、ヤッソ800とかいうメニューをブチ込まれましてね。

しかもよくわからんワタクシに対し、勝手にペース決めてソレで走れとかいうのでとりあえずその通りに走ってみたのですが…






見事に脚がイカレました。

歩くのもツライ。
階段も降りれない。
クルマの運転は大丈夫。
何故かチャリも大丈夫。

しかしその痛みがとにかく引かない。
数日経っても痛い。




んが。

何日か経ったら何となくイケそうだったので、



DSC_2461.jpg


また走る。



ランは路面濡れてても多少の雨でも走る気になれるからイイですね。
チャリなら絶対に乗らん。




で、走ったら再び激痛到来。
もう歩くのもツライ。






というコトで。




DSC_2462.jpg



ミランダに会いに行きました。



鍼も貫通してもらいました。


DSC_2463.jpg




ゴッドハンドモリゾーさんに入念に診ていただいたトコロ、怪我ではなかったので一安心。


ま、

12月:28km
1月:35km
2~3月:0km
4月:9km
5月:87km

という走行距離から、

6月2週め時点で99km、しかも30km走だのヤッソだのやってたらそら脚もビックラコキますよね。





しかしナニが素晴らしいって、ミランダに会いに行く前は脚が痛すぎてビッコ引いて歩いてましたが、帰りはスタスタ歩けるようになったコト。

プロってマジでスゴい。




でもまだ不安と痛みが残っていたので、痛みの影響が無いチャリでお茶を濁す週末もありましたが、


DSC_2469.jpg





懲りずに走ったおかげで

DSC_2475.jpg


再診。




もういいかな?と思って


DSC_2477.jpg


また走っては、





DSC_2482.jpg


再々診。






モリゾーさんも止めないドコロか走ってイイよと仰るので、またその週末も懲りずに、しかもワタクシ以外の方々の脚も壊れればいいのにくらいの気持ちで、
ワタクシのその原因となったヤッソ800をみんなで走って、


DSC_2485.jpg




更にその翌日も走って、




DSC_2487.jpg





またも激痛ブリ返しで


DSC_2497.jpg



再再々診。




コリャいい加減に大人しくしないとイカンやでと思いましたが、おニューのシューズを試したくてタマランのでその翌日も走ってしまいダメ押し。

なのでその週末は大人しく登山にしました。


DSC_2501.jpg


DSC_2503.jpg



御岳山へ。



DSC_2529.jpg



この頃になれば歩く痛みはガマン出来ましたからね。
下りの着地は痛かったですけど。



でもライチョウ撮れたからヨシ。


IMG_0322.jpg




山頂からの景色は天気がアレで残念だったのは差っ引いても


DSC_2531.jpg



サスガでした。

下山は雨でアレでしたけど。
天気予報に騙された。




ちなみに山頂付近は噴火の爪痕がまだまだ残っております。

DSC_2532.jpg



避難所完備。

DSC_2527.jpg




誰だ宿泊したヤツは。

DSC_2528.jpg






しかしこの登山が功を奏したのか、4回目の診断で無事卒業しました。

DSC_2538.jpg






おかげさまでその週末は(また路面ヌレヌレの中)いつもの公園を走り倒しても、


DSC_2539.jpg




その翌日に(KTMさんに騙されて)アップダウンだけイカレイカスコースを走っても、



DSC_2545.jpg




痛みは(ほぼ)ナシ。
違和感程度。
ストレッチで即日解決出来るレベル。







治療を続けながらもトレーニングを続けるコトが出来たのは、ソコにモリゾーさんの存在があったコトは疑う余地もありません。

プロフェッショナルとして診ていただき、そして治るまでキッチリと責任を果たそうとされるその強い責任感。
一度はもう多分大丈夫なので、とお伝えしたにも関わらず、恐らくモリゾーさんご自身が納得されなかったのかソレでも診せてと仰ってくださいました。




チョイと経験があるからという役に立たん理由で他人の故障(痛み)にあーでもないこーでもないと講釈タレる輩がいるようですが、オノレごときの井の中の経験でモノ語る輩と違い、プロはプロとして学んだ上で我々素人には計り知れない経験を積み、更に自分で吐いた言動(治療)に最後まで責任を取ります。

痛みとはおよそ関係無さそうな、しかも今までそんなトコ気にしたこともないんすけどって部位のマッサージ&ストレッチを教わった時はホントに驚きと感謝でいっぱいでした。

素人の助言には一切の責任はないですからね。
せいぜいが「そうかソレじゃ医者行った方がいいね」でオシマイ。




やはり頼るべきはプロ。
とにかくプロ。

身体のコトなら特に。


走行テクニックとか集団走行テク?とかいうのも井の中経験者に素人理論カマされるくらいなら、ちゃんとショップ行ったりイベントで講習受けたりした方がいいと思いますよ。
必ず責任を伴って下さるハズなので。
素人の教習でナニかあったら、その素人教官は責任取ってくれるんですか?








ちなみに私は全てにおいてド素人ですので、
当ブログでナニかの講釈タレましても決して信用してはいけませんよ。

むしろ、騙されてマネしよったかアホがくらいにしか思ってませんのでワタクシ。







Gのアレとか。









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






彼は何故DOGMA F10を選んだのか

前回の記事でチラリと載せておりましたが


DSC_2001.jpg



兄はこの春、ついにDOGMA F10へと乗り換えましてね。




DOGMA F10といえばPINARELLOが誇るフラッグシップ。

もうコレ乗っとけば間違いねーだろってレベル。





何故兄がこのバイクを選んだのか。

ソレには重大な理由があったのです。

















兄は元々レース志向。

ロードバイクに乗る前から。



10代の頃に乗っていたバイクは、NSRを始めとする2ストバイク全盛時代に漏れなくチャンバーをスパパンスパパンいわせながらレーサーレプリカを乗っておりました。
当時の二大人気2ストマシンのNSRでもTZRでもないマシンでしたが。

ちなみに私が初めてバイクを買おうとした時、当時ゼファーを始めとするネイキッドバイクが大流行してたコトもあり、私もその流行りに乗ろうとしたところ


「レーサーレプリカ以外の選択肢があるワケねーだろ」


え?


「オメーは何の為にバイク乗るんだ?」


いや単に欲しいかr…



「クルマより速く走りてーからだろ。だったらレーサーレプリカ以外ナニ買うってんだ。レーレプ以外はバイクじゃねぇ!」




というコトで何故か近所のバイク屋に並んでたGSX-R400を買ってしまったワタクシ。
無論セコですセコ。


ちなみにこのバイクには後日談がありましてね。


その日私はいつものようにバイクに乗って近所のパチンコ屋へ行っておりました。

その日は勝ったか負けたかはもう覚えてませんが、夕方頃打ち終えて帰宅しようとしたら私服警官に声をかけられまして。


「コレはチミのバイクかね」


あたりめーだろだから乗って帰るんだよナニか問題あるんか?お?



当時血気盛んだった私は警察を見ると途端に血の温度が上がりましてね。
コチラに非が無いと自信があるととかく強気に出たモンでした。

まぁ今でもサツカンは嫌いですが。
ポリ公は肝心な時に役に立たんし、コソ泥捕まえてやったのに4時間拘束しやがるし。しかもPCとプリンタがウマく繋がらんというクソみたいな理由で。




話が逸れました。

で、そのポリ公曰く、私のバイクは盗難届が出ていたようなのです。


ナニ待てちゃんとアソコのバイク屋で買うたぞ電話させろ証明してやんぜ。



「いや電話はダメだ」



何でだこの野郎証明させろ人を見た目でバイク泥棒扱いしやがって。



というコトでしょっ引かれましてね。

でもサツでスグに買った店を伝えてソレが証明出来たので、無論即釈放。



で、その夜サツから家に電話が入りました。

出たのが父親。

ちなみにウチの父親も基本短気です。


事情は、前オーナーの奥さんが夫婦喧嘩の末に旦那に黙って勝手にバイクを売り飛ばしてたらしいんですが、旦那は盗まれたと思って盗難届を。
その後に奥さんが売り飛ばしたコトが判明したらしいんですけど、届はそのまま。
で、ワシ捕まる。


という事情だったらしいんですが、自分の息子を泥棒扱いしといて詫びの一つもないサツに父親がキレましてね。
オメーはドコ署のナニ課の誰だを聞いてしっかりメモってました。

ま、基本サツは脳筋のアホばっかですからねキャリア以外。
PCとプリンタもまともに繋ぐコトが出来んし、文章が子供の作文みてーなのしか書けん。







話が逸れました。





えーとなんだっけ。

そうです。
兄は基本レース志向という話。


バイクはチャンバースパパンスパパン。



で、クルマも大砲みたいなマフラーをボボボボいわせて、エンジンからはプシュープシューいわせてました。
今は見る影もないクルマですけど。





そんな兄はロードバイクに乗れば(気持ちは)レース志向。

鈴鹿サーキット走ろうぜって言い出したのも兄、富士スピードウェイ走ろうぜって言い出したのも兄、もてぎ走ろうぜって言い出したのも兄。



そしてロードレース最高峰のワールドツアーチーム大好き。



故に、オルトレに乗っていた頃はヴァカンソレイユカラーを選択し、

ジャージもヴァカンジャージで統一する徹底プリ。

20170505_092856.jpg


キャップやグローブ、ソックスに至るまで全て。
ボトルも。



しかしあのオルトレはカッコよかったな
デザインもフレームの形も秀逸だったと思うけど、何故手放したんだ?




その兄が去年(というか一昨年)LOOK 785 HUEZを予約しましてね。

どっかのチームがLOOK使ってたかな?
今度はドコのジャージで揃えるのかな?

私はそう心配した覚えがあります。

しかもクライムバイク。


ヒルクライム大嫌いで、ヒルクライムレース自体も嫌い。

富士ヒルに誘った時は
「何でカネ出してあんなツラい思いしなきゃなんねーんだアホかオマエ」
と一蹴されましたし。




しかしソレが紆余曲折を経て、何故かピナレロ GAN RSになりました。


DSC_1014.jpg



その途端、揃えに揃えまくったヴァカン&ビアンキグッズを全て処分し、一気にskyグッズに様変わり。
ヴァカンジャージ数着持ってたのに。



DSC_0619.jpg



夏ジャージ冬ジャージはモチロン、ジレ・ウインブレやあらゆる小物類、



更には補給食までsky御用達のモノにするという

DSC_1017.jpg

徹底ップリ。

アホですホンキの。



DSC_2005.jpg




当然ヘルメットも完全網羅。



DSC_2000.jpg




シューズも、ソレまで愛用してたMAVICをアッサリ切り捨て、SIDIのSHOT、もちろんフルームエディション?に。







その兄が、何故DOGMA F10に乗り換えたのか。

GAN RSが納車されてから1年も経ってないのに。


もうお分かりですね。







そうです。

コスプレの仕上げです。
ただソレだけ。



やっぱりGANではskyコスプレがシックリきませんからね。
F10skyカラーを乗ってこそのコスプレ完全体。




その日を境にヤツの口癖は


「skyであるこのオレが」


に変わりました。







でももうTeam sky無くなるぞ。





DSC_2053.jpg












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





バカ舌の証明

先週末はガッチリ走り込むハズが空模様がアレで中止となりましたが、

DSC_1948.jpg

ガッチリ走り込む予定=相応の準備をして家を出ております当然ですが。
主に補給食。


以前は補給食にカッコつけてジェル的なモノを何個かポケットに忍ばせておりましたが、普段の練習で走りながら補給するコトはほぼ皆無というコトが分かって以来、

DSC_1949.jpg

主にミニあんぱんを愛食しております。
コレなら最悪走りながらでも食べれますし。

まぁそもそも100kmくらいなら無補給でも走れますよね。朝飯食べてれば。ドリンクだけで。
休憩ばっかりしてて無駄に時間を費やすと逆にお腹空いちゃいますが、一気に走っちゃえばマジいけます。



とはいえ、トイレで止まったりする時には念の為食べてます。
止まらない時は丸々残ります。



問題はこのあんぱん。


ワタクシ、実は粒あんが嫌いでしてね。
こしあんは好きなんですが、このミニあんぱんシリーズではほぼ見たコトがありません。

味はチョコやピーナッツ、クリームの方が好きなんですが、甘過ぎてハァハァしてる時に食べるとノドを通りにくい。
更に言えば脂質多め。

アンコは脂質少なめってのが素晴らしい。
チャリ乗り的には。

皆さんもオヤツなど買う時は成分表をガッチリ眺めてから罪悪感にフタするでしょ?



でも粒あんは嫌い。



しかし不思議なモノで、成分的にマシって思えるとチャリ乗ってる時だけは食べれるんですよ。
お腹が空いてる…というか、補給しなければという義務感から、味も大して気にならない。
というより気にして食べてない。
言いかえれば味など何でもヨシ。余程不味くなければ。



でも食べずに残ってしまった時の苦痛たるや。



シラフでは味が分かっちゃうので、苦痛に耐えながら食べてます。
捨てるワケにはイカンですからね勿体ない。







コレこそが自転車乗りがバカ舌であるという証明。

自転車乗りの「美味い」は絶対に信用してはならんという証明。



美味いを証明したかったら、自転車乗って食べに行ったトコでも一度クルマで行ってみないと、ですね。
ソレでも美味しかったらアタリ。





でもアレか。

自転車乗り同士なら結局自転車で連れて行かれるからバカ舌同士で問題無いのか。





自転車乗りの皆さん。

安易に自転車乗り以外の人に「アソコ美味しいアレ旨い」と勧めてはダメですよ。
自転車乗りは思考のみならず舌も共通なのです。








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






順子

先日1週間ホドの出張で関東地域(主に首都圏)をウロついておりました。

で、毎度の如くその週末には兄とライドする予定だったのです。
久々に秩父で豚みそ丼も食べたかったですし。

実はアノ野郎、去年新車を購入してから1年も経たないウチにまーたバイクを買い換えましてね。
ソレを拝みに行くのも兼ねてまして。




んがしかし。





走る日の前日、秩父方面はマサカの雪予報。

昼間は何とか晴れそうですが、未明から降る予報だったので恐らく路面は残念な状況になる予感。
更に兄は新車なのでそんな状況は尚更ゴメン。

去年は多少の雨でもレース走ろうぜと息巻いてたのにエライ違いだ。



なので曇予報だった名古屋地域へトットと帰還し地元で走るコトに決めましたが、当日の朝起きて雨雲レーダーを確認すると見事に真っ青。

何だソレってコトで一旦中止にしますが、結局全然降らないというオチ。


DSC_1946.jpg




んじゃ午後からでも走るかってーコトで、

DSC_1945.jpg

お元気な方々集合。



ちなみに、ロードバイク始めてから午後スタートってのは多分初。
新鮮ですが、ヤッパリ朝スタートの方が全然イイです。
午後はいつもお昼寝の時間なので、身体が動かないのです。
しかも出張疲れバリバリ。



ココからいなべ周回方面行くと時間がかかってしまい、行って戻って来るだけになりそうなのでとりあえず背割往復練。

…の予定でしたが。


西からの爆風(要は横風爆風)により、ヘヴィ級の私を以ってしても危険を感じるレベル。
軽量級(特に女性)Iは堤防から落ちちゃうんじゃないのか?というレベル。

実際みっちゃまはコケましたからね。
でも多分風は関係無い話聞く限り。
単なる不注意ですね同情の余地ナシ。



結局2往復だけしてオシマイ。


坂成分取り込みにカエルまで行こうかという話も出ましたが、結局ヤメ。
土曜は交通量も多いですからねダンプとか。
カエルから西が走りやすいのです基本的に。






しかしコレでは不完全燃焼極まりナシ身体に悪いってコトで、翌日の日曜日は早朝から走る気マンマンでしたが…




10時頃から雨予報だったのに当日の朝に6時頃からの予報に変わった為、あえなく中止。
ずーっと家でgdgdしてましたワイ。









そして翌週。




こーさんをお誘いしていなべ周回練で富士に向けた仕上げをしようと思い、喜び勇んでレッツらゴー(Ⓒ)したら


DSC_1948.jpg


養老山脈以西がマサカの曇天チョー曇天。



この日菰野ヒルクライムが開催されておりましたが、山頂付近の雪&凍結によりコース短縮となったそうですよ。

この冬暖冬で全然雪が無くて雪山活動が激減、なのでチャリ活に精出してた(つもり)だったのにこの仕打ち…




まさにカラカラから回り。




富士まで1ヵ月となりましたからね。
そろそろホンキで乗り込んでおかないと。

ワタクシは優勝も入賞も狙えるレベルではございませんのでソコにモチベーションはありませんが、去年もてぎで兄に負けてますからそのお返しダケはしないとイカンのです気が済まん。






天気次第じゃ会社休んででも乗ってやるそ。







尚、兄の新車は4月にも関東方面行く予定があるので、その時に走れたら晒します。
晒したとてダレトクなんですけど。








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR