冬の頻尿問題解決法

まだまだ寒い日が続く今日この頃、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

私はキャメラったりゲームしたりと充実のノーチャリライフを過ごしております。










特に四十路を迎えたあたりから冬になると頻発する頻尿問題

普段の生活ならばトットとトイレにGOすれば何ら問題ありませんが、自転車に乗ってる時は別。
そこら辺に野ションばかりするワケにもイカンですし。



ちなみに。

かつて波乗りをしていた頃は真冬でも雪が降ろうが何だろうが波さえ来るならば海に入っておりましたが、その時はドライスーツの中でベーションしておりました。
何故なら温まるから。

ホドなくして首から海水を流し込むと洗浄出来ますし、その海水が体温で温まってコレマタイイ感じ。

自転車同様、パドリングしまくって波乗りまくってれば真冬の海でもソコソコの時間入っていられるんですが、冬型の気圧配置ってのは(太平洋側は)波があまり立たないので必然的に波待ちの時間が増えて身体が冷えるのです。
故にベーションで暖を。

そもそも日常的に波乗りは海の中でベーションしますからね。
多分男女問わず。

中には板に捕まりながらコーウン落として魚のエサにするツワモノもおりましたワイ。



コーウンといえばかつて私が某警察署で…

いや、この話はヤメとこう。
文章じゃ伝わらん。





ハナシ逸れました。






というコトで。




そんな頻尿問題に光明が差した、そんな日のお話し。










昨年末のある日、結局その日だけが雨でDNSとなりましたが鈴鹿ウインターエンデューロ対策練と称して年内最後の練習をするコトに。


参加予定だったカテは3×3という種目。
3人チームで走って合計周回数で競うというモノ。


なので途中で自分だけベーションかましに行ったら残りの二人に大迷惑。


脚が売り切れたとか攣ったとかであれば、ツキイチ宣言させてもらえば何とかゴールは可能。
しかしトイレはイカン。




更に。

BONさんは走力は高いものの、エンデューロレースはほぼ未経験。
3時間はモチロン初。

なので3時間ノンストップで走りっ放しってのも経験しておかないとね。





そして鈴鹿のホームストレート対策としていなべ周回はイイ感じなので、ソコをチカラ尽きるまでノンストップで回っちゃおうぜというこの日の予定。





んが。




20171229_074409.jpg


相変わらず冬のいなべ方面は雲がバーヤイ。
多分降る。間違いなく降る。



名古屋方面は晴れてるってーのに。


20171229_075325.jpg



まぁいつものコトですけど。
冬の(個人的)風物詩的な。




尚、いとうさんは走らないのにやって来ては遠くを見つめておりました。

20171229_080404.jpg

去年スッ転んで以来顔を見たのは年末の忘年会でしたが、ソロソロ練習にもお越しくださいね。





というコトで、コースを変更してM谷さんOGさんを加えた4人と背割3時間ノンストップ練をするコトに。

20171229_074427.jpg

とりあえず5往復くらいの予定。
片道10kmなので約100km。
多分鈴鹿で3時間だともうチョイ距離走るコトになると思いますが、とりあえずは3時間をマストに。




ちなみにBONさんはチューブラーなのにスペアタイヤ忘れたドコロか、ツールボックスまで忘れてくるというマヌケップリ。

20171229_082826.jpg

背割練に変更してよかったなオイ。
そんな装備で外界は走れんぞ。







コースが背割に変わったというコトで、3時間ノンストップはガチ縛り。
絶対に途中でクリートを外してはイカン。
補給も走りながら。
(勿体ないので)練習になるべくジェルは使わんというポリシーがある私も、当然一切止まらずにDZパンを走りながら食べます。
ベーションは気合で抑え込め!




さて。
練習開始。




とにかく3時間ペース落とさずに走り切らんとイカンのでアゲ過ぎず。かというてサゲ過ぎず。

と思ってたのに、ハナっからBONさんチョーイイ感じ。
このまま最後までもつんなら頼りになり過ぎるぜってなくらい。

鈴鹿に参戦しないOGさんは原則前に出ませんが、よく考えたらサーキットは我々3人ダケってわけじゃないので、たまーに前に出てもらいましたけど。




最初は順調に走っておりましたが、半分過ぎたトコロで段々お疲れムード。
口数も激減。
しかもOGさんが帰宅離脱して3人に減る始末。


そして70kmホド走ったトコロでついにBONさん減速。


んじゃココまでラクさせてもらったワシがメインで前に出ますぜってコトで走りますが、メインどころかほぼ固定。
タマにBONさんM谷さんにも前に出てもらいますが、明らかな疲労感。
ワシもだけど。




ソレでも何とか3時間5往復をノンストップで走り切り、途中での足着きもトイレ休憩もナシ。

コレを身体に覚えさすのとそうじゃないのとでは本番ダンチなんでね。
走り切れてよかったですワイ。






さて。

ココで本題の頻尿問題解決法。





寒さが手伝ってボトルが半分くらいしか減ってなかったコト、ライド中にあえてクチの中の水分もっていかれるアンパンを食べたコトなど、補助的要素がいくつか思い当たりますが…




結局は目的意識ですね。

今回の場合は「3時間止まらんぞ!」と思い込むコト。


あと、練習がキツかったのでニョウイのコトなんざ忘れちまったコトも大きいです。

要は余計なコト考えれんホドの強度で走ればよいというコト。


また、逆にベーション我慢出来なくなったらいつでも止まればいいぜよ、という心構えもよかったのかも。
リラックスしてニョウイが離れていったかな?





結局は気持ちの問題かな。







是非お試しください。



ナニを?と思ったら、とりあえずお近くの堤防で3時間ノンストップを。









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

【第6回SHOROs】グルメの後半戦・愛のミカン【大忘走会】

前回からのつづきです。






想定外にアゲちまった前半戦でチョー腹ペコマンとなった我々は、一目散に食堂へ凸。


毎年ラーメンしか食べないんですが、結構ホンキで腹減ったしハンガーノッカーいるしでタコ飯も追加。



ココまで腹減ってて寒さにもヤラれた我々には温かいメーランなんてウメーに決まってんだろってコトで、そのメーランとタコ飯の写真はナシです。

ナニ食うてもウマいウマい言うバカ舌自転車乗りと思われるのもシャクなんでね。





でもこの時の私にはとにかくウマかったので瞬食した後の写真をば。

20171210_110833.jpg

ごちそうさまでした。

ちなみに、以前は箸ですくうと麺の6割くらいが一緒にくっついてきましたが、今年はちゃーんとホグしてあったので大丈夫でした。
成長してますな。




脚が固まる前にトットと行きますかってコトで(他の皆さんも軒並み出発しちまいましたし)、背骨へGO。



イキナリ登りから始まるので腹パン&脚パンの我々にはキツイキツイ。

でも前半手抜きして前日も走って無いOGさんは元気イッパイ登っていきます。
その元気を前半の平坦で見たかったな





背骨に入ってスグにこのコース唯一と思われる景観があるんですが、その前にBONさんからナイスご提案。



「後ろ振り向いてみてください」





ホゥ…


20171210_112638.jpg


この日は霞んでてイマイチですが(レンズも曇ってるし)、晴れた日は(特に船が見える時間帯は)結構イイ雰囲気の景色だそうです。

下り坂の先に見える海と一緒に視界に入る信号機。
「海の見える町」という雰囲気。

冬の間は何回か訪れるコトになりそうなので、また次に期待しましょう。






いつものトコはいつも通り。

20171210_112852.jpg


「景色には大して興味無いので先に行きますけん」

M谷さん
先行してトンズラ作戦。


逆にOGさんはやたら長い撮影タイム。


この坂を降りたらスグ右折なので、BONさんと私は気を遣って待っていたのに、追い付くやいなや何事も無かったようにブッチギって登って行く始末。
もう二度と待たん。
…とBONさんが言うてました。





元気な脚ならば走り応え満点の知多背骨ルート、脚が完全終了の今はただの苦行。

とにかくえびせんの里に向かって淡々と走るのみ。



実は今回こそはえびせんを買って帰ろうとツールケースにサコッシュを忍ばせておいたんですが…





えびせんの里駐輪場には何故かミカンが。

20171210_121436.jpg

KTMさんの粋な計らいで皆さんにお配りしていたので、遠慮無くいただきました。

あ、マチガエタ。


お借りしました。

お返ししないとイカンので、KTMさん、また近々ココへご一緒しましょうマジサーセンKTMさんマジサーセン。




「いっぱいあるから遠慮なく食べてね」




忘走会はサイクリングなハズなのに、何故かヘトヘトになった私はホンキで遠慮なく5個投入。

いただいた言葉をそのまま鵜呑みにする脳筋さん達も、同じく5個投入。



こんなウマいミカンは初めてでした。
正直少し酸っぱかったんですが、その酸味が疲れた身体に染み込んでスンゲーウマいんですよね。

冬のライドでハァハァしたらミカンいいかも。
ビタミンC(…がナニに効くか知らんけど)タポーリだし。水分多いし。

ポケットに入れたらミカン汁がタレまくりというリスクはありますけどね…
袋に入れればいいか。
でもカロリー足りるんかな?
今度BONさんに試してもらおう。
ボトルに麺ツユ入れるコト考えたら余裕でしょ。



で、結局ミカンで満足しちゃってえびせん買うのはヤメ。





メーラン&タコ飯にシコタマみかん投入して更に腹パンになったトコロで、えびせんの里からはこーさんをロックオンしてリスタート。

「昨日のライドで疲れた」と仰る三味線をチェックする為です。

やっぱり三味線でしたけど。






ホドなくして、去年の忘れモノであるBONさんオススメのシュークリームを食べに行く為コースアウト。

こーさんにもお声掛けしましたがコソ練部にオヤツは不要とお断りされます。


代わりに喰うならば走る派INAさんがジョイント。
真冬でもシューズカバーすら笑い飛ばす豪快なINAさんとシュークリームというカワイイ食べ物の組み合わせに若干に違和感は感じましたけど。
多分カツ丼無いっすけど大丈夫ですかね?





道案内なのに最後尾付近を走るBONさんのせいで若干道に迷いましたが、

20171210_125914.jpg

お目当てのお店に到着。
店名忘れましたが、有名店だそうで。



BONさんにはシュークリームを勧められましたが、他にも美味しそうなのがイッパイ並んでいるので、

20171210_130506.jpg

プリンとダブルで。


このプリン、タマゴのグレード的なアレにより結構お高いプリンもあります。
この日はノーマルのを食べましたが。

ドレほどの違いがあるか非常に気になるトコロですので、次回はソッチを…いや待て冷静になれ。結構高いぞマジで。



プリンもシュークリームも食べ終わったトコロで、入店時点からどうしても気になって気になって仕方のない、

20171210_131326.jpg

プリンソフトも追加。

もう止まらん。



味はご想像の通り、ウマさ間違いナシです。
また寄りたいですね。バイクラックもあるし。








というトコロで。

前半の70kmはアンパンだけでフンフンしておいて、後半40kmはオヤツ食べまくりという、素晴らしきメリハリの忘走会もコレにてオシマイ。


20171210_141359.jpg



最後のプリンから新舞子までの10数kmがようやくホントの回復走だったのがアレですが。



今年も大忘走会は(私の脚丸焦げ以外は)トラブルなく無事終了。
…のハズ。





最後はお風呂に寄って更にピーナッツ饅頭なるモノを投入して〆。

よく走ってよく食べました。





まだ年内は走りますが、この忘走会に参加させていただくコトでイイ感じに締まった感。

来年も是非参加させていただきたいモノです。





主催のKTMさん、ご一緒してくださった皆さん、ありがとうございました。

良いお年を。








…ブログは年内あと1回書きますよ(多分)。










【走行距離】114.4km
【獲得標高】700m

結局前日より距離乗ってるし。








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




【第6回SHOROs】アホの前半戦de珍事発生【大忘走会】

年末の定番となった「SHOROs大忘走会」

私は今年で4回目の参加となります。



ココに初めて参加してから一気に自転車友達が増えまして、今やチームまで出来上がって皆さんとハァハァするという実に楽しい日々を過ごしております。

なのでやっぱりこのライドには思い入れがありまして、レース前週であろうとも参加させていただかねば気が済まんのです。





今回はそのチームメンバーと共に4名で参加させていただきました。

その内(私を含む)3名は前日のライドで脚が丸焦げコイておりますので、前半の平坦区間はOGさん一人で牽き続けていただく予定でした

更にサラ脚満点のOGさんにはそのままノンストップで背骨に凸入していただき、よきトコロで海沿いの平坦区間に戻ってきて2周回ってえびせんの里辺りで再合流していただく予定でした






んが。

「初知多なので」という極めて些細な理由で断固拒否。
でも翌週のヴェロに備えて軽くアゲとかないとイカンというコトで…








当日の朝。




天気予報がチョイチョイとイタズラをして雨予報が出たりしてましたが、

20171210_070448.jpg

見事な快晴。
コレで4年連続快晴。

高確率で雨が降るドコかのヒルクライム大会とはエライ違いだな。



朝の気温2℃という寒さの中でも早朝から皆さん続々と集合。

20171210_070527.jpg

私もかなり早めに着きましたが、KTMさんは主催として更に早いお着きで貫録の一番乗り。
前日のライドで疲れちゃったから雨降らんかなとかもう走りたくねーなとか言うてましたけど




今回集まった皆さんはおよそ40名ホド。


去年は50名ホドお集まりだったようですが、パッと思い付くだけでも7~8名のお知り合いが不参加だったので、ほぼその分ですね。






時間となったトコロでKTMさんのブリーフィング。

20171210_080527.jpg

「またココに無事戻ってきてください」

ただソレだけ。
しかしソレが全て。

コースは決まってますが、守るも逸脱するも自由。
更に言えばいつ戻ってくるかも自由。
とにかく無事にこの日を終えるコト。






さて。


今回は完全回復走目的なので、OGさんに先頭丸投げしてツキイチで軽くクルクルするつもりで我らがCTR班も忘走会スタート。

一応何名かにウチの班に入らないかお聞きしますが、「チミらではヌルイのだよ」的なアレで皆さんご辞退de残念無念。





OGさんのワガママによりCTRパックで平坦を駆け抜けますが、単に走ったダケではチトツマランしモノ足りん(と、私以外の人達が言うておりました)。

なのでとりあえず師崎までノンストップでGO。
そして野間灯台まで戻って皆さんと合流。


私の計算では、少なくとも最後尾の方とは合流出来るハズでした。


新舞子から師崎まで約40km。
師崎から野間灯台まで戻るのが約15km。

つまり野間灯台⇔師崎間は約30km。
ほぼ平坦。
若干信号がありますが、多分1時間もあれば大丈夫。



この大忘走会、過去の実績では約15kmの地点でトイレ休憩(約30~40分)。
野間灯台でマターリ休憩で約30~40分。

この時点で既に追い付くハズ。


んが。

万が一強度が上がってて速度UPしたトコロで、師崎の鳥居近くで小1時間のダベリタイムがあるので、最悪ソコで合流出来るでしょう。



そんな読み。







まるでいつもの練習かのようなメンツと強度でヨーイドン。

最初は知多に詳しいBONさん先頭で。
ま、忘走会の道くらいなら私も知ってるんですけどね。
回復走ですし脚丸焦げですし何となく前に出たら負け感が漂うというか。



一応トイレポイントもチェックして(約1名はトイレイン)先へと進みます。



先導が不要になったトコロでOGさんの先頭固定で進みますが、しばらくするとどうもタレ始めるOGさん。

20数km牽くにしてはペース速いのう…とは思ってたんですよね。


すると前日ゴリゴリにアゲて脚が丸焦げ三人組に先頭交代を要求するポツコンっぷり。
ココが平坦だからか?
OGさんは身も心も完全に山岳部になってしまったやうだ。



というコトで、何故か交代の度にアゲるOGさんとM谷さんに往生しながら皆で仲良く回しながらノンストップで師崎まで。

20171210_092955.jpg
※証拠写真

アゲて喜ぶ脳筋さん達。



撮るモン撮ったらトットとリターン。

今度は野間灯台を目指して北上します。



すると思いの外たくさんの忘走会参加者(と思しき)方々とスレ違います。



…アレ?
何か早くない?



「とにかく最後尾までマスタング」



そんな想いで走ってましたが、そもそも最後尾が誰かもワカラン始末。



結局野間灯台まで戻ってきましたが、

20171210_095857.jpg

モヌケのカラ。



この時点で誰も休憩してないってコトは、最後尾はとっくに先へ進んでる可能性大。



コリャイカンとスグにリスタート。
再び師崎へGO。



そして師崎まで残り5km(65km走行時点)でマサカの珍事発生。




「ハンガーノックになっちまいました」

と、M谷さん





お?
ネタ投入ですかの?

いくら昨日のダメージあろうとも65kmでソリャありまへんで。





「星がチラチラしてます」





マジですねソレ。



聞けば、この日は回復走だと信じていたので朝食も軽~くしか摂ってこなかった様子。
しかもチョイチョイ休憩入るでしょってコトで補給食もナシ。

そもそも70kmノンストップで走らされるとは思ってもいなかったようで。


完全にOGさんのせいですね間違いないOGさんのせいだ




昼間なのに星がチラチラするのはイカンので、私が携帯していたメイタンで補給していただくコトに。
固形物も持ってましたが、即効性を考えるとマズイけどメイタンの方が効きそうですからね。





しかし…

この大忘走会は4回目の参加になりますが、ハンガーノッカーは初めて見ました。


コレがSHOROs(コソ練部)の陰謀か…
前日に続きオソルベシ。







なーんてコトがありながら、ようやく師崎に到着(2回目)。

いつもの海っぺリにいるハズの皆さんトコに行きますかってコトで、ソコへと向かいますが…





20171210_103954.jpg







誰も居ねぇ\(^o^)/


オイどうしたSHOROs!
無駄に長いダベりが真骨頂のSHOROsライドの真髄とも言えるこの大忘走会。

だのに誰もドコでもダベってない…



ガッカリだ!







んじゃスンゲー腹減ったのでメーランでも食べに行きましょうと、近くの食堂に向かいます。




20171210_104956.jpg




皆居た。

もう食っとる。



今年はホントにイロイロ早い。

ナニがあったんですかマジで。





コソ練部魂が浸透したのかな?

それとも単に寒いからか…
いやでもソレは毎年だしなウーン…








ノンビリ回復走のハズが何故かアゲアゲ70kmとなっちまったアホの前半戦はココまで。

コースは過酷になりますが、ココからが真の忘走会というグルメの後半戦はまた次回。








つづく。









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





SHOROs(コソ練部)の陰謀

12月某日(SHOROs大忘走会前日)。
そしてヴェロフェスタ(モリコロ)の前週。

当初、冬のモリコロにはエントリーするつもりは無かったんですが、こーさんよりお誘いいただいたのをきっかけに、気付いたらCTRから私含めて6名もエントリーするコトに。




というコトで。




こーさんに普段なら何だかんだテケトーな言い訳をナニして断固としてご参加いただけなかったヴェロに向けたウチの練習にヴェロ誘ったのこーさんなんすからェロ誘ったのこーさんなんすからェロ誘ったのこーさんなんすからェロ誘ったのこーさんなんすからとこーさんの人の良さにつけこんで無理やりご参加いただくコトとなりました。

KTMさんと一緒に。

このお二人は数少ないSHOROsガチ部(通称:コソ練部)。
あのチーム内においては希少種です。



んじゃコチラも気合入れにゃアカンやでってコトで、同じくヴェロ参加組のBONさん・M谷さんも参加。





二之瀬が冬期閉鎖となったコトにより、集合場所はクレール平田から立田の木曽三川公園駐車場に。



朝早過ぎると駐車場が空いてないので、

20171209_071911.jpg

若干遅めのスタート。

でもこの日の朝は気温1℃。
マジムイサー。




駐車場が空いて皆さんお集まりとなりますが、この日のBONさんはサイクリング仕様で登場。

20171209_080912.jpg

練習だっつてんだろオイ。






そしてこの日の天気は冬の風物詩的ないつものアレ。




名古屋市内方面は快晴なのに、

20171209_080917.jpg




コレから向かういなべ方面は

20171209_080920.jpg

どんより。



まぁでも降る感じじゃなさそうなので出発出発。




ちなみに。

この日は翌週のレースに備えて夏ジャージにインナー着込んでのお試しライド。
冬でもチームジャージでレース出たいのでね。

でも寒いし着込むの大変なので、来年は冬ジャージ作りますワイ。
平田もAACAもヴェロも鈴鹿もありますしのう。
出るかどうかはまた別だけども。






さて。

とりあえずいなべ周回コースを目指して走り出しますが、どうも路面がイマイチなアレ。
チョイチョイ濡れてます。

そしてこの日はチョー寒い。
結局5℃を超えませんでしたからね(ガーミン調べ)。


なのでカエルから森の中抜けて行くいつものコースは危険と判断し、県道国道を駆使して若干迷いつつ

20171209_092110.jpg


UNCOに到着。


ウッスイホットココアで一息つこうとしたら、10円釣り銭切れで20円足らず。

地ベタにアタマ擦りつけてKTMさんに大枚20円をお借りしましたが、SHOROsの鉄の掟「借りたお金は借りた場所でお返しする」というモノが存在するらしく、翌日に大忘走会でお会いしますけどもココUNCOでお返しせねばなりません。

私はホームコースなんでいつでもココでお待ちしてますサーセンKTMさん。マジサーセン。






軽く休憩と放尿を終えたら、ココからが本番の周回練。

とりあえず3周ノンストップ。



ヴェロ対策(2時間ソロ)ならば4周したいトコですが、ココに来るまでにソコソコにアレですので。




周回中のコトは既に記憶が薄れておりますが、ハッキリと覚えているのはとにかく脚が丸焦げたというコト。
FTP更新するホド丸焦げました。
練習とはかくあるべきですね。


そして冬はスグお腹が空く。

尚、お腹が空いてチカラが出ないのはアンパンマンじゃない誰かだったハズ。カバオか?
アンパンマンはお腹が空いてる人にアタマ(顔)をチギって食べさせてあげる方だし、チカラが出ないのは濡れた時。





そして帰路につく前に第二UNCOでQK。

20171209_115313.jpg



こーさんは頻尿問題発生。

20171209_115150.jpg

周回中にも発生したようで、ヴェロ黄信号。






そしてこの日の(個人的な)クライマックスはこの第二UNCOでの会話でした。



トレーニング大好きなコソ練部のお二人とその辺のお話しをしていると…




「スクワットの負荷は80kgが普通らしいよ」




まぁ大体そんなニュアンスの感じで放たれたKTMさんからの衝撃の事実。
(あまりにショックで既に「80kgショック ※続編アリ」として記事にしておりマッスル」




こ、これは…





当然そんな話を聞いちゃうと即座に取り組まずにはおれんワシ。

その性格を熟知しているKTMさんとこーさん。

その上でその情報を私にタレ流すというコトは…







そうです。

潰す気です。


レース前に。

そして忘走会前に。





乗せられるとスグにナニする私は早速負荷アップしてスクワット開始deポンコツ脚の完成。

…やられた。




なんて狡猾なんだ。



新たに20kgのダンベルプレートが届くまでソレでアタマがイパーイになってましたが、当然ソレも計算通り。



ソレが大人力というヤツか…

人生の先輩には学ぶコトが多い多過ぎる。





ココからの帰り道はスクワットとダンベルのコトでアタマがいっぱいで、気付くと多度大社前の饅頭屋さん。

20171209_132102.jpg


ココでいつもいただくのは「クリーム大福」
アンコと生クリームの絶妙な組み合わせが最高の一品。
こーさんマサカの二個食い。

店内ではお茶もいただけるので、大福とお茶のベストマッチに日本に生まれた幸せを感じつつチョイ休憩。
メリケン人もコーラ飲みながらパイ食べてる時に似たような感情になるんかな?






ココまで来ればゴールまでスグ。

丸焦げた脚を労わりつつ、スタート地点に戻って練習終わり。


20171209_134812.jpg


やっぱり名古屋市内方面は青空見えとるな。






こーさん・KTMさん、またコチラに遊びに来てくださいね。
おカネお返ししないとイカンですし。






この日ご一緒してくれた皆さんは全員が翌日の忘走会に参加です。
この焦げに焦げた脚ではナニも出来ないと思いますので、キッチリ回復走に充てる予定。





…でした。






SHOROsオソルベシ…










【走行距離】101.2km
【獲得標高】1,349m

二之瀬回避してるのに二之瀬通る時と変わらん獲得標高だ。
疲れるワケだ。
ヒルクライムなら意図して休めるけどアップダウンはそうもイカンので、逆に疲労度はアップしてるキガスルけども。










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





季節外れの人事異動

12月最初の週末。

久々の二之瀬からのいなべ周回練。



尚、この週の平日はノドがエライコトになってしまい、一晩中セキが止まらず一睡も出来なかったので仕事休む日もあったり。
当然ローラーその他は完全休養。



しかしヴェロも鈴鹿も控えておりますので、体調整えて実走には出ないとイカンですねってコトで、

20171203_075644.jpg

スカ晴れの中、お元気な皆さん大集合。



久々登場のBONさんは、

20171203_075713.jpg

ホンキの証、コルナゴで登場。


彼はVENGEに乗ると途端にヘナチョコになるヘキがあり、パワーメーターが無いコッチのバイクの方が無心で走る分強いという、ある意味精神的に(胃も)弱いタイプ。



更にS-WORKSのヘルメットを、VENGEにもコルナゴにも一切関係ないカラーに、

20171203_080320.jpg

自ら染めるという暴挙に。

S-WORKS部としては容認出来ないレベル。
メーカーのデザインをナメんなよ。
そういやフレームも塗ろうとしてたな。





というコトで(ペナルティ的な意味で)BONさんの一本牽きで、

20171203_082653.jpg

二之瀬麓へ向かいます。
どうせ二之瀬じゃアゲねーんだろ?ってコトで。


途中の堤防でカラスの群れに凸するBONさんを見て、この人ホンキで心が病んでるのかな?と軽く心配。




ノドの調子を見つつ二之瀬麓までやってきましたが、とりあえずは何とかイケそう。


20171203_083238.jpg



なので今年最後の二之瀬(この翌週から冬季閉鎖となっちまいました)くらいはアゲて行くぜ!ってコトで、スタート地点でナニする皆さんを放置して単独アタッコ開始。



心拍もパワーも結構なアゲっぷり(自分比)だったにも関わらず、タイムはベストから1分以上遅れる始末。

20171203_090352.jpg

ソレでも誰にも抜かれなかったからまぁいいや。
皆さん何分差で出たのか知らんけど。






ホドなくしてsyuさんがエライイキオイでゴール。
ナニかに追われてるように。

するとスグにOGさんがエライイキオイで登ってきました。

どうやらOGさんがホンキで脅威だったらしく、エースクライマーの意地を見せつつトンズラクライムしていた様子。


尚、この日ツカさんはOGさんに敗北したようです。



コリャ平坦部の希望やで!と小躍りしましたが、よく見たらやたらと細い身体のOGさん。

念の為現在の体重をお聞きすると…





当チーム平坦部の規定を大きく下回る体重により、平坦部より山岳部へ異動していただくコトになりました。
その体重はクライマーのソレですぜ。
オハナシにならん。



「痩せればチミらには負けんのだよ( ´Д`)y━・~~」




山岳部の皆さんに対してそんなコトを言うたとか言わなかったとか。
でもPBでは山岳部最遅なので、もっと精進してくださいね。

でもこの時期にPB連発とか、春先がホンキで楽しみですね。




ちなみに平坦部の2名、BONさんとM谷さんはハナからアゲる気ナシのマターリクライム。



セキが止まらないし冬ジャージが暑過ぎてインナー1枚で佇んでいるウチに、チエさんが追い付いてくるという驚異の走り。
集合場所には寄らなかったんですが、ご自宅から自走コイて二之瀬山頂で追い付くとはサスガです。


チエさんもヴェロにエントリーしてるので、このままいなべ周回へ拉致。




この日のUNCO自販機は冬支度de再稼働。

20171203_091937.jpg

負け犬ドリンクのトクホコーラは無くなり、温かいドリンクがIN。

ようやく使える仕様になりましたが、二之瀬が閉鎖になったので使う頻度はきっと激減。
いなべには来るから使うかな?
トイレもあるし。





さて。

ココからが本番のいなべ周回。




二之瀬出し切っちゃったのと、サスガにチエさんにはアゲペースはキツいので、とりあえず1周ダケホンキでアゲて2周目は流す感じでスタート。




登り基調サイドでは当然山岳部3名(OGさん含む)が先行。

まぁでもヒルクライムじゃないんだからついて行かないとイカンのだが。
二之瀬出し切り過ぎに若干後悔。
でも練習だし。


平坦部3人は何とか山岳部を視界に入れつつ追います。



何とか視界に捉えつつピークを越えて、平坦部無双の下り基調サイドへ。




サクっと3人と捉えてツキイチに入りますが、山岳部の下り基調はヌル過ぎてハナシにならんのでトットとパスしつつ、ココからはBONさんと回します。


ツカさんOGさんはチギれたようですが、syuさんがセコくも私の無風空間をガッチリキープ。
ココに入られたらチギるのが難しくなります。
当然一切前には出てきませんのでね。


ラスト1.5kmのTT区間に入ったトコロでアタッコ仕掛けてみますが、二之瀬で出涸らしとなった私のアタッコではチギるに至らず。


するとBONさんがナイスアタッコを仕掛けてキタので、チカラを振り絞って即便乗。
そしてsyuさんサヨナラ。



んが、そのナイスアタッコもしばらくすると陰りが見えたので最後は前に出てごっちゃんゴール。
いやゴールなんて無いんだけど。
登り基調に入るまでにチギったら勝ちという勝手な平坦部ルール。


ちなみにココまでM谷さんは空気っぽい感じで残念賞。


OGさんは以前とは明らかにその走りの質が変わって、完全に山岳部の走りになってました。
以前は下り基調でチギれるなんてコトなかったのに。





2周目はチエさん待ちつつマターリと息を整えます。

20171203_110048.jpg

セキが止まらんのでね。


よく見るとこの界隈もナカナカの紅葉です。
普段は景色見る余裕も無いので。




中里貯水池が見えるポイントも結構イイ感じ。

20171203_111032.jpg


20171203_111042.jpg


20171203_111059.jpg


初めてココでゆっくり景色眺めたキガスル。
何回も通ってるのに。





この後はカイコウズ街道に入ってコンビニへGO。


決してアゲるつもりは無かったのに、何故かアゲて走らされるハメになるし、コンビニ前の微妙なポイントで先頭に出ちまったモンだから後ろからの仕掛けも警戒しないとイカンして、結局アゲアゲのハァハァでセキが止まらん始末。


コンビニゴール前ではOGさんがキツめの先頭交代か?と思わせるヘナチョコなアタックを仕掛けてきますが、即刻ツキイチにインしてギリ並ぶコトに成功。
あと2mあったら確実に刺し返してましたね。
刺せんかったんだけど。



思いの外ハァハァし過ぎたので、

20171203_115217.jpg

チョイ補給。
豆乳投入も久々。


M谷さんに至っては、コレからハチミツソフト食いに行くってのに、ココでもアイスを食べる始末。
ホンキ過ぎ。






ってコトで最早定番となりつつある、みつばちの郷へ。


んが、

「ワシはチミらとは違って練習中にオヤツなんぞ食わんのだよ」


と、半ギレでsyuさんがココでお帰りに。

20171203_124107.jpg




いや違うんですオヤツじゃないんですワシらCTRが練習中にオヤツなんて食うワケないじゃないっすかそんなモン食うたら女帝にシバかれますしコレはあくまでもオヤツじゃなくて痛めたノドを治療する為にハチミツタポーリかけてナニする為のアレなんですよマジですマジです



なんてコトを思いながら、マイフェイバリットハニーであるレモンハチミツのみをシコタマかけつつ、

20171203_124936.jpg

ハチミツソフトを美味しくいただきます。
無論、治療薬として。



こっちはホンキでノドに効くかな?と購入した、

20171204_103441.jpg

かりんハチミツ。

お湯で4~5倍に薄めて飲みましたが、コレまたウマい治療薬でした。


尚、今回黒ゴマハニーは買いませんでしたが、スーパーで買ったハチミツ入り黒ゴマクリームと比較すると、断然コチラで売っている黒ゴマハニーの方が美味しいです。
値段は3倍くらいするけど

次行ったらまた買わんとイカンのう。






さて。

オヤツも食ったし治療も終わったしあとはゆっくり帰るダケですね、と思ったら、最後の平坦TTポイントでOGさんの謎のアゲが始まり始まり。


オイマジかまだ終わらんのかと思いましたが、

「ボクこっちが帰り道なんで」

と、途中でサクっと左折してバックレる始末。



んじゃ何のアゲだったんだオイと、M谷さんと軽く愚痴りながら無事ゴール。

この日も(私のノド以外は)ノートラブルで皆さん元気に練習終了。







例年この時期はモチ落ちてダラダラ走るケースが多いんですが、レースにエントリーしたコトとお元気な皆さんのおかげで寒さに負けず走れております。
一緒にエントリーしてくれる仲間が居るというのは、ホントにありがたいですね。

そんな仲間を探している方は是非我々の練習にお越しください。

毎回告知するのも少しメンドくさくなったので最近はほぼノー告知ですが、いつでも歓迎しますよ。
ほぼ毎週ドコかで誰かが走ってますし。

コメントお待ちしてます。






二之瀬が開通するまでは練習コースに悩むんですけどね。







【走行距離】100.7km
【獲得標高】1,208m

何故かこの時期にFTP更新(多分二之瀬で)。
でもタイム出ず。
確かに意識していつもより重いギア踏んでたけど、その分脚回ってなかったのかな?
自転車は奥が深い…

…気合と脚が足らんダケとも言う。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター