アーレンキーの使い方(応用編)

昨年までフザケるコト社会的記事を主としてきた当ブログですが、今年からは皆様方にお役に立つ情報積極的に展開しようと思いましてね。


今回は工具に関する有益情報をば。









自転車の整備には欠かすコトの出来ない道具の一つ「アーレンキー」


20180104_170759.jpg


当然皆さんもお持ちのコトと存じます。




今回はその応用的な使い方をご紹介します。








というコトで。


私の悩みは皆さんの悩み。
皆さんの悩みは私の悩み。



つまりは同じ自転車乗り同士、似たような悩みがあるハズ。




で、その悩みとは?




そう。

日々のトレーニングのコト。






ローラーでのインターバルトレーニング然り、我々が日々行うトレーニングにはナニかしら数をカウントする必要があります。

例えば30+30を20setであれば、30秒を計測するタイマーが必要ですし、ソレを20回数えるモノも必要。


ただローラーであればサイコンのワークアウトメニュー、あるいは某サイトのオンラインタイマーを使用すれば即解決悩みなど発生する隙もナシ。






んが。


皆さん大好き筋トレの時はどうでしょう?



当然サイコンは使えませんし、インターンバルタイマーを見るコトも無い。
…プランクとかなら使うんかな?
でもワシ、プランクなんてやらんし。
アレはほぼ意味が無い(オレ調べ)。


でも「このメニューを10回3set」などのカウントはヤハリ必須。





まぁでも回数が10回だの3setだのであれば、脳内で充分処理出来るでしょう。
コレが20回になっても30回になっても問題ナシ。set数が3程度までならば。
2~30回もやれちゃうような筋トレに何の意味があるか知りまへんけどね。






以前の記事に書きましたが、最近の私はスクワットの時は「6回5set」。


キモはその「5set」





結構ギリギリの負荷での6回なので、1set毎にハァハァし過ぎて何set目か分からなくなっちゃうんです。

きっと皆さんも同じ思いをされているハズ。
なのでお気持ちは分かりますよ。





ソコで役に立つのが「アーレンキー」。







1set目。


20180104_170813.jpg








2set目。


20180104_170913.jpg








3set目。


20180104_170921.jpg







私の持っているアーレンキーならば9setまでイケます。
9setもやれちゃう筋トレに何の意味があるか分かりまへんけど。







他のナニかでも代用出来るかもですが、自転車部屋に常時置いてある道具でお手軽に出来るというのが素晴らしいじゃありませんか。
しかも片手で操作可能。
1回ハァハァするコトに片手でクイっと。
万が一忘れたら1回多く出来ちゃうというサービス付き。





是非次回の筋トレから利用してみてください。
オススメです。








尚、携帯工具でも代用は可能ですが、


20180104_194943.jpg


携帯工具はツールケースに常備してるモノなので、実走時に忘れちゃうリスクがあります。
なのでオススメ出来ません。










以上!












ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

ガチ派御用達アイテムの導入

毎回のコトですが、当ブログは常に私の個人的見解、いわゆる偏見に満ち満ちておりますので、まぁそんな感じで軽くご覧くださいませ。










ある程度の年数ロードバイクに乗っていると、初心者に出会うとソレとスグに分かるのと同様に、ガチ派の人もスレ違うダケで分かるようになってきます。

いつか私もスレ違うロードバイク乗りに「ヤツはガチっぽいな」という雰囲気を感じさせるような漢になりたい…かどうかは別として、ソレを見分ける要因はイロイロありますが、今回はそのウチの一つに関するお話し。








ワタクシ調べによると、ガチ派の人達は特有のアイテムを身に着ける、あるいは身に着けないというコトが判明。

例えば、先日富士チャレを走った時。
結構な日差しの9月初旬にも関わらず、ガチ派の人達はアームカバーすらしない。
無論腕は小麦色。
私は当然アームカバーバッチリ。
中には暑さなど意に介さず例のゴム製シューズカバーをする人も。



あとよく見るのがコレ。

20171119_140801.jpg

フクラハギをナニするアレ。
尚、私は疲労とケガ防止の為に、去年始めたばかりのジョグ用に購入しており、自転車では一切使用しておりません。
なので私はガチ派に該当しません。

自転車に乗ってて、コレに類するナニを装着してる人は一定のオーラを放って見えるのは私ダケではないハズ。




ちなみに、ウチのチームにもコレを愛用してる某クライマーさんがいらっしゃいますが、その方は軽量化の為にブラケットカバーを外してヨク分からんテープを巻いたりハンドルカットしたりフロントシングルにしたりと、もはやガチを通りこして完全にキチg…突き抜けておりますので、フクラハギのナニカバーは単なる付属品程度です。


更に、あるヒルクライムレースでボトルを重りと断じ、ボトルケージも外し、

20171119_140613.jpg

このちっちゃいボトルに二口分の水を入れてレースに挑んだ方もいらっしゃいますが、コレも突き抜けてますのでもう手遅れです。







そして今回の本題。





私がそのアイテムを導入しようとしたきっかけは、先日寿司屋さんと一緒に走った白石峠ライドでのコト。

ソコソコ寒い日ではあったんですが、寿司屋さんはマサカのナマ足。
マジかこのヒトと思ったトコロでオモムロに取り出し装着したアイテムがコレ。

20171110_083328.jpg


トンチンカンカラーのシューズカバーのコトではありませんよ。


そう。
ニーウォーマー



寿司屋さん曰く、半ピチにコレ履くダケで何なら冬越せるんじゃないかな?くらいの温かさとのコト。
というより、脚は上半身ホド厚着をしなくてもさほど寒くは無いというコトでしょう。


しかしソレこそがガチ派の思考。
ナニより見た目もガチっぽい。

でも私はビタイチ寒さを感じたくない派なのですよ。





んが。

そうも言ってられない事態が。





実はこの冬、イロイロあってレースに二つもエントリーしちまいましてね。

せっかくのレースなのでヤッパリチームジャージで出たい。
でも作ってるのは夏用のみ。

急遽冬ジャージを作ろうという話も持ち上がりましたが、納期が非常にビミョーなのと(間に合ったとしても1レースにしか使えない)、個人的には今は一眼レフが欲しいのでソレが遠のいちゃうのがアレで断念。
まぁ上はインナー着込めば夏ジャージでも何とかなりますし。
多分来年作りますけどね。


しかし問題は下。


冬用のノーパッド防風タイツも考えた(というより試着までした)んですが、どうもペダリングの時に脚の動きを邪魔するような感じがして気に喰わない。
練習ならいいんですが、レースでは致命的。

んじゃレッグカバーしようかな?とも思いましたが、アレも結局脚の動きを邪魔するのでイカン。




と、ソコで試してみようと思ったのがニーウォーマー。


20171119_132325.jpg


信頼と実績のパールさん。
某チェーン店を見に行ったらコレしか無かったダケですけど





というコトで本日試してみました。





朝の気温は6℃。
まさに真冬並み。

今日は一応練習ですが、脚も止めるのでインナーにアンダーアーマーのコールドギアを履いてます。
アレは風をスッカスカに通しますがその分素材が柔らかいので、脚の動きを邪魔しないのです。その代わり一枚では寒い。



履いた感じは結構温かい。
スネに風が当たるとヒンヤリしますが、致命的なソレではないので全然問題ナシ。
走り始めて身体が温まればソレも感じなくなります。

そしてペダリングもナカナカいい感じ。

膝下までしか生地が無いせいか、足首辺りから引っ張られる感のあるレッグウォーマーとは明らかに違いを感じます。


…コレはアリだな。
見た目もガチっぽくなって周囲に威圧感を与えれるやで。

与えても意味無いけど。




出来ればレースではナマ足にコレのみで挑みたいトコロ。

レースではアップオイルも塗るし、走り出せば終わるまで止まらないしイケるかな…
近いウチにレースを想定した限界薄着での練習もせねばなるまい。




なーんて思いながら、珈琲を飲みにAACAをチョイと見学しに行くと…







半ピチメンがイパーイ\(^o^)/

昭和の小学生か!


皆さん滾り過ぎ。
寒くないのかしら。

冬の半ピチはガチ云々突き抜けて最早アレですね。アレ。
四十路にはムリムリ。




本日のAACAにはやんさんも参戦されるようで、レース前のやんさんにご挨拶。
そして足元をチェックすると…(写真ナシ)


やはり半ピチ&ニーウォーマー。

…フム。
ヤハリな。


と思ったら、タダのペラッペラのニーカバーでした。
そういや やんさんも突き抜けたお人だったワイ。





というコトでこのニーウォーマー。
買って正解&確信。

冬のレースは半ピチ&コレで凌ぎます。
来年冬ジャージ作ったら冬のレースはチリバツだぜ。

しかも今日AACA見物してたら結構楽しそうでしたので、来年からは平田と併せてコチラにも参加しようと考えております。
2月から開幕するようですし、益々冬ジャージの出番が増えるな。絶対作ろっと。作るの路さんだけど。




さぁ!
この冬、一見ガチ派に見せて周囲に威圧感を与えたい貴方!

是非ニーウォーマーを!




で、夏はノーアームカバーね。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







【Allez Sprint】実走してみての感想編

チョット前ついつい購入してしまった「SPECIALIZED Allez Sprint」




納車から一週間後にサガンカラーの発売が発表されたり、

つい先日には日本には入って来ないとのコトだったので完全諦めモードだった、

Allez Sprint Red Hook Crit Edition


「Allez Sprint Red Hook Crit Edition」2018年モデルとして(数量限定?)10月頃に入ってくると、各ショップで予約を受け付けていたとか、


マジで全然悔しくねーんですけど。




まぁいずれもフレームセットでの販売ですので、現金不足によりCAADを売り払うコトが前提でのお買い物という私には、完成車を買うのが最適解でしたし。
CAADもあのタイミングだったので納得価格で売れたってのもあるでしょうし。
秋頃~年末まで待って、在庫が残った頃にセール品を買うコトも考えていましたが、既にメーカー在庫1台だし(オレンジの54サイズ 6/8現在)。

でもRedHookが入荷する頃にはお小遣い貯まってたかもだな…


まぁでも全然悔しくねーし


RedHookのカラーリング、ドストライクですけど、

全然悔しくねーし




そんなAllez Sprint。

以前購入記事を書いたっきり、インプレ的なモノをご紹介するのをスッカリ忘れてましたので。





比較は主に私が普段使っている「S-WORKS VENGE」です。

CAADのコトはスッカリ忘れてしまい乗り味などの印象はサッパリ残っておりません。
元々良くも悪くも際立った印象の無いバイクでしたし。

DQNドマーネはまだ若干イメージが残っていますが、アレはネガティブなイメージしか残ってないので、比較はそういう内容になります。






【重量】



重い。



そりゃそうだ。
アルミフレームだし。




私はクライマーでも機材マニアでも無いので、「何kgだぜウヒウヒヒ♪」なんてのはどうでもいいので量りません。

持った感じ、VENGEより重い。
ただソレだけです。







【乗り味(乗り心地)】


コレはFACTカーボンのフォークとシートポストの恩恵でしょうか。


想像していたより遥かにイイです。

VENGEと比較しても遜色ナシ。
コレが一番嬉しい誤算でした。



初めて買ったCAAD10は直腸に直撃する振動がアレな感じでしたが、コレはそういう印象が全くありません。
CAADは初めてのロードバイクですしシートポストもアルミでしたから、余計にそう思ったかも知れませんが。


ハンドルをカーボンに換えたらもっとマイルドになるかも知れませんが、このバイクの特性上(というより使い道の関係上)、私はソレを選択しないでしょう。


いずれにしても充分にロングライドにも使える乗り心地だと思います。






【走行性】


バイク重量のせいか、走り出しはやはり若干重い印象を受けます。

しかし平地巡行であれば特に気にならないレベル。


そして「これまでにテストしたアルミ合金フレームのなかで最高の剛性」を謳うダケあって、トルクを一気に掛けた時(ダンシング時など)は明らかな剛性を感じるコトが出来ます。

ただ重さの分、鉈のような剛性といいますか、いわゆる「パリッとした」ような感覚とは真逆の印象です。


そしてソレは恐らく諸刃の剣。
脚には優しく無いのかも。

事実、最初の実走では両モモ攣りました。
たかが60km程度で。

でもソレはサドルが低かったからかもです。
ソレから更に2cm近く上げましたから。




そしてコーナーリング。


ある程度のスピード域においても自分の狙ったラインをシッカリと通れます。

ドマーネが直線番長だったせいか、VENGEに乗り換えた時コーナーリング性能には感動しましたが、このAllez SprintもVENGE同様の性能を体感出来ました。
この時には重さとかモッサリ感のようなモノは一切感じません。
キビキビ曲がる印象です。
コレも剛性が関係してるのかな?

決戦ホイールでサーキットを走れば、思う存分コーナーを楽しめそうです。






最後に登り。


コレはキツイ。
明らかにキツイ。


重いからです。



また、VENGEでは楕円リングを使っていますので(コチラは真円)、その違いもあるかもですね。
登りにおいて楕円リングは本当に助かってます。
平地は…ノーコメント。


イキオイで駆け抜けれるコブ程度なら何とかゴリ押し出来るんですけどね。
ダンシングでゴンゴン進んじゃいますし。

長い登りはマジ苦痛。
いつも以上に。






【その他】


コレは完全にVENGEとの相対評価になりますが、やはりエアロフレームには空気抵抗では敵いませんね。
シートチューブ&ポストはVENGE viasと同じ形状をしていますが。

下りでココでは書けない速度まで上がる時、VENGEの方が若干ですがスピードが上です。
でもドマーネよりは上ですけどね。

ただ、平地を40kmソコソコで走っていてもその差は感じるコトは出来ません。
というより分かりません。
同じ道でもその日の風で変わりますしね。


ただ、先日2ヶ所で平地TTをこのAllez Sprintで実施しましたが、2ヶ所ともVENGE及びドマーネの記録を更新しちゃいましたけども。

ま、この辺はイロイロな条件で大きく変わりますからね。
フレーム云々では無いです。




また、私はデフォで装着されていたブレーキを1度も使うコトなくアルテに換装しましたので、そのブレーキ性能は分かりません。
ただ…交換するのがオススメだそうですよ。




そしてサドル(Toupe Sport)。

コレは個人の好みで全然変わってくるのであまり参考にならないかもしれませんが、普通に使えます(当然か)。
ただPOWERサドルに慣れてしまった私には、長いノーズが邪魔で…
POWERが短いダケで普通なんでしょうけども。

コレについてはいずれ交換するつもりですが、ある御仁から借りパクOKという前提でお借りしたサドルがありますので、DHバー装着時にはそちらを試す予定です。
普段使いはとりあえすこのままで。

小遣い使い切っちまったんですよ。
最優先はDHバー。
ただし晩秋に買う予定。
冬に向けてモチ上げる為です。
今年の冬と同じ轍は踏まん。
オレは岡国で(ソコソコ)使える男になるのだ。




コレマタ個人的な好みですが、いずれハンドルも変えたいですね。

主にクリテ用として購入したバイクなのでカーボンではなくアルミにするつもりですが、2点程好みに合わないので。


最近バーテープ変えたばかりなので、

20170604_053911.jpg

もう少し使いますけどね。


DHバーとイイ感じにセットになったイカスハンドルないかな…?






【総評】


価格・性能を鑑みると、コレは非常にお買い得な一台ではないでしょうか。

変速機周りもSHIMANO105をメインにインスコされていますので、性能は充分。
恐らくはブレーキ・クランク・ホイールあたりでコストダウンを図っているのでしょう。

ただその辺のパーツは(おカネを出せば)交換は容易ですし、グレードアップしていく楽しみもアリ。


初めての1台としても充分選択肢の一つに入ると思います。
ただロングライドは充分可能だとは思いますが、ロングライド向きツーリング向きバイクは他にもたくさん選択肢がありますので…

登りが好きな人には不向きかもです。


私のようにクリテ用として、あるいはセカンドバイク(練習用)としては、非常にイイ選択肢になると思いますね。
既にホイールを複数持ってる方なら(ブレーキさえ変えちゃえば)即実戦投入可能かと。

登りがチトキツイのは練習だと割り切ればヨシ。






登りの少ないレースはコレで参戦するのもアリ!

…かな?








それにしても…




Red Hook Crit Edition・・・・・・・

Allez Sprint Red Hook Crit Edition





もし当ブログをお読みの方で購入された方、マジで練習会に自慢しに来てください。
実物見たい♪

そしてそのままコッソリ交換したい











ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






「SPECIALIZED ALLEZ SPRINT」という選択

先日、私のツーケーを数年間に渡り支えてきたCAAD10とのお別れ記事を書きましたが、今回はソレの元となったお話し。

といってもタイトルに書いちゃってますけども。

20170513_104813.jpg







先日CO2ボンベ補充の為に訪れた某ショップ。

ソコで私の使っているハンドル、「S-WORKS AEROFLY」にどうにかしてDHバーが取り付け出来ないか相談してみたのです。
来年のトロバラに向けて、脚もそうですがせめてDHバー着けて少しでも機材をナニしないとイカンですしね。


しかしどうにもこうにも取り付け不可っぽい。


ウーン…
ワイヤー内装式のハンドルをその時ダケ交換ってのも手間だし勿体ないしな…

かといってCAAD10にDHバー着けてってのも気が乗らん…
既に愛が冷めておりますのでね



んじゃこの際TTバイク…
いやもっとイカン。
使い道がワカラン。
AACAとかに出るならアレですが、去年試しに日程調べたら仕事その他でほぼ出れないコトが分かってから興味持てなくなりまして。
今年は分かりませんけど。




んで。

一緒にショップに行った路さんと、スペシャでクリテに特化したイカスバイクあるんすよね的な話をしてたら、


「展示車ありますよ」



むむ。

チト見てみるか。




むむ。

お安い!





私もS-WORKSオーナーとして、ソレなりにスペシャライズド情報はチェックしてる(主にFB)ので、そのバイクのコトは知ってはいたんですが、あまりのナイスプライスにてっきりフレームの価格だと思ってたんですよね。

安いのはイイけどコンポ載せ換え面倒だしコンポその他まで買ったらソコソコの値段イッちゃうしウーン、と。



しかしそのイカスプライスはどうやら完成車価格。

しかもコンポは105(変速機関連のみ)というまぁまぁのソレ。
勿論11速。

ワシのCAADはアルテで組んでありますが10速。

メインバイクはVENGEがありますので、コレはまさにクリテ&ローラー専用機に!
そして来年はこのバイクにDHバー着けてウフフフ…♪








しかし手持ちのヘソクリだけではマネーが足りない。
CAADを現金化するコトが必須。

そもそもコレ買ったらCAADいらなくなりますからね。


というコトでCAAD10を手放す(現金化)するコトに。



にしても5年前のアルミバイクが一体いくらになるものなのか…



とりあえずの希望的観測込みの予測を、何の根拠も無く立てたトコロでこの日は帰宅。







そしてゴールデンウィーク。

当然兄をその話を。



「イクしかねーだろ」



ヤッパシ?




ってコトでGW最終日。

実家から帰ってきて荷物を降ろしたら、妻に内緒でソソクサとCAADをクルマに積んで、市内某買取店へ。




そして出された絶妙な査定額。




私の最低希望金額は余裕で上回ったモノの、希望的観測込みの価格にはホンの少しダケ届かないという…

しかしその査定額であれば、ヘソクリ足して買えるやで!



ってコトで即売却。
そのままオサラバ。



ヨシ!
ソッコーで先日寄ったショップへ行くぜ!



…と思ったんですが、私がVENGEを買ったショップがスグソコ。
しかもHP見ると私の欲しいカラーが置いてある雰囲気。


そしてフルもがきでそのショップへ。



んが、見たかったカラー無し。

しかしながら別のカラーが置いてあり、ソコにはグッドプライスが書かれた値札が。




取り寄せでもこの価格ですか?




「そうですよ」






買います♪



去年VENGE買った時もかなりのグッドプライスでしたし、ニコーさんサスガやで!








そして店員さんにこのバイクはクリテ&ローラー用バイクであるコト、そして今ローラー用バイクは売っちゃったのでコレを早く納車してくれないとローラーも回せなくて死んでしまうコト、そして何より私が買ったらスグ乗りたいというガマン出来ない男であるコトをモーレツにアッピルするコトで、何と次の週末には納車してくださるとのコト!


さすがニコーさん




納車日は仕事でしたが、そんな日に仕事などしてるヒマは無いのでとりあえず会社に顔だけ出したら即ニコーさんへGO!





というコトで納車されたSPECIALIZED ALLEZ SPRINTがコチラ。





20170513_110843.jpg



ウーン…イイ色♪
黄色く見えるかもですが鮮やかなオレンジです。

元々VENGEもオレンジが欲しかったんですが、サイズが無く断念しましたからね。


今回のコレも、この色が無かったら買わなかったかもしれません。



完成車なのでローラー用鉄下駄付き。
コレが地味に嬉しい。



トップチューブには、

20170513_110852.jpg

スペシャが誇る溶接技術のアッピル。



BB周りは、

20170513_110910.jpg

重量を犠牲にしてまで剛性を上げる為にモリモリしたらしい形跡が。


クランク&BBは他で装着されてるの見たコトないけどPraxis製。
イイのか悪いのかワカランけども、真っ黒で変なロゴアッピルも無いし問題ナシ。

チェーンリングが52-36Tってのはイイですね。
50-34Tではチト小さいですからね。

しかし少し残念なのがスプロケが11-28Tってトコロ。
クリテ向けを謳っておきながら乙女ギアってのは…

まぁでも実走では使わないので問題ナシ。




ステムが100mmと少し短いので、

20170513_110931.jpg

即交換予定。

黒いバーテープも地味で気に喰わん。


近い将来コレに交換予定です。

20170512_121131.jpg


VENGEの分も交換しようと既に買ってあるバーテープがあるんですが、買ったっきり3ヵ月くらい放置してますけども。





VENGEと比較して(共に54サイズ)トップチューブ長が9mmヘッドチューブは10mm短いんですが、ポジションがシックリくるとイイんですが。




そのヘッドチューブには、

20170513_110937.jpg

ロゴが強めにアッピル。

トップチューブの微妙なスローピングもイイですね。
私はホリゾンタルフレームより、断然スローピング派です。





ブレーキはヨク分からんのが装着されていましたので、

20170513_110920.jpg

アルテに交換です。
クリテに出るならブレーキはチョー大事ですからね。
但しデュラを買うマネーは無し。




このバイク、フレームはアルミですが、

20170513_125106.jpg


フォークはFACTカーボンを採用。
ターマックと同じだとか何とか。

シートポストはVENGEと同じモノが。

20170513_124733.jpg

ココだけ「S-WORKS」と入ってます。


なのでシートチューブも、

20170513_111002.jpg


20170513_111010.jpg

VENGE風。




上から見た様子。

20170513_110947.jpg

2色のグラデーションがいいですね。

ホントはフォークも塗装してあるとよかったんですが、CAADが素材の違いのせいかフォークだけ変色してましたからね。
塗ってないなら逆に安心かな。





早速ステムを交換して、実走用のホイールに履き換えたらこんな感じになりました。



20170513_124648.jpg


フーム…ナカナカどうして…

バーテープが黒いのがヤッパシ気に喰わんですな。





クッソみっともないコラムの突き出しは、

20170513_180220.jpg

納車前に潔くカットしてもらおうと思ったんですが、

「ステム交換する予定なら交換してからの方がいいですよ。いつでもカットしますので。」

という粋な計らいにより一旦このまま持ち帰り。
さすがニコーさん
お客のコトを考えてくれてますね!








「これまでテストしたアルミ合金バイクのなかで最高の剛性」
※メーカーサイトより抜粋


私が最もソソられた文言です。






私のプラセボ感満載のインプレはまた後日!







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



ペダル型パワーメーターの弊害

その週はツイてないというか天中殺というか厄日WEEKというか。




月曜日はいつも通り。



火曜日。
朝目覚めたら視界がグールグル。

スンゲー目が回ってました。
目覚めたベッドの上でまだ横になってる…というか眼を開けた途端、景色がグルグル回ってました。

吐き気も寒気もするので風邪かな?と思って体温を計るとマサカの34℃
オレ史上最低体温を記録しました。

元々平熱が35℃台後半と低めではあるものの、サスガに34℃は初。

ビビって会社休みましたよ。
視界がグルグル回ってマトモに立てないのでクルマの運転も出来ませんしね。
あ、クルマ通勤なんです。




水曜日。
ギックリ腰発生。

20代の頃に強烈なギックリをやってから半ばクセになっているんですが、疲れてくると出やすいのです。
その前週がカラ出張で長いコトクルマの運転してましたから…
ウチの社用車は腰にクルんです。




まぁソレでもローラー回してみたらイケたので安心してたら接骨院の先生に「関節か骨かも…整形でレントゲン撮ってもらった方がいいよ」と脅され、翌日整形へ。





すると…





「いわゆる腰痛ですね。」







だからココに来たんだよ\(^o^)/

関節・骨に異常ナシで何より。







木・金曜日は自分に関係無いコトで残業カマして少しイライラしつつ、久々の二之瀬ライドとなる週末を迎えました。









そして土曜日(ココから本題)。


翌日の準備をしようと、夕方シコシコとバイクをセッティング。

ローラー用のCAADに装着してあったベクターを外し、VENGEに取り付けますが…



右ペダル(センサー無し側)をトルクレンチで締めますが、いつまで経っても「カチ」っといいません。

アレ?
ちゃんとハマって無かったんかな?と思いつつ、とにかく「カチ」というまで締め倒します。


しかしいつまで経っても規定トルクに達しません。



ウーン…

とりあえずアーレンキーに変えてクルクル回しますが、いつまでもクルクルクルクル。




コリャおかしいと思い、一旦ペダルを外します。







ウゲ!








なんとペダルに銀色の輪っかがイッパイ付着してるじゃありませんか。
※ショック大により画像撮る余裕無し




そしてクランク側をオソルオソル確認すると…





20170401_232211.jpg




画像では分かりにくいかもしれませんがオワタ\(^o^)/

ネジ山が完全に崩壊しております。





実は少し前からペダルを嵌める時にどうもおかしかったんですよね。

本来最後まで手でクルクル回せるハズなのに、途中から妙に固い。


最初は少し固いダケなので強引にクルクル回しちゃうんですが、ココ最近はアーレンキーでかなりチカラ込めないと回らなくなってきてまして。



そしたら今回ついにネジ山が耐えきれず崩壊した…というワケです。





当然このままでは走れません。

翌日は久々の二之瀬~いなべ周回練ですし、チームメンバーも勢揃い。


翌々週にはレースも控えており、この鈍った脚ではエライコトになるので少しでもアゲておきたいトコロ。
付け焼刃では大した効果は得られないかもしれませんが、ノーライドだけはイカン。


んじゃCAADで走ればいいんじゃ?と思いましたが、万が一ペダル側のネジに問題があったらCAADも崩壊させるコトになります。





この時点で18時40分。

殆どのショップは20時まで。




急げオレ!




娘と一緒に夕食を食べに行く予定でしたが、ソレよりナニより自転車屋やで!というコトで、娘を連れてベクターを買ったショップへ。


そしてまずはペダルに異常が無いか確認します。






待つコト数分。


「メカニックから説明します」

と神妙な面持ちで呼ばれたのでコリャダメかな?と諦めつつ話を聞きに行くと…





「ペダルは全然問題無いですね。」






ならサクっとソレ伝えろや\(^o^)/







ただ、右クランクのネジがイカれたってコトは結局クランクを買わねばなりません。

左ダケならパーツで出てるようですが、右が必要となるとクランクセットで買わなければなりません…


ワイのMTB資金が減ってゆく…




んで。

スグ欲しいのでとりあえず在庫を確認しますがココにはナシ。




「この際デュラエースにするというのもアリだと思いますが」





どの際だよ\(^o^)/







私は資金的観点から質実剛健のアルテが好きなので、ソレが無いならいいやとそのショップを後にします。



ソコで私のTC(テレコール)祭りが始まり始まり。




時刻は19時15分。

20時までに行けそうなショップへ手当たり次第に電話します。




172.5mmのアルテクランクありますか?




A店「クランクは基本的に取り寄せなんです」


B店「172.5は無いですね…」




ウーン…困った…





C店「少しお待ちください。確か…」


おお!
もしや!


「すみません。やっぱりありませんでした。」


ムゥ…


「でも…」


む?



「似たような黒色の105ならありますよ」









色の問題じゃねぇんだよ\(^o^)/








D店「今店内が手一杯なのでスグ折り返しますね」


ムリ言いますがスグ欲しいので、一応今からソチラの店舗に向かいます。
よろしくお願いします。



するとスグに入電。



「歯数はいくつがいいですか?」



チェーンリングは使わないので何でもイイです。



「ではスグ折り返します」



ムゥ…
期待していいのか…?





そしてスグに再入電。






「お急ぎというコトでしたら完成車から外しますので、ソレでよろしければ」







買います♪







何ていいショップなんだ!

一見のワガママな客の「スグ欲しい」の一言に対しソコまでしてくれるとは!



この記事をお読みの方が同じ対応をそのショップに求めちゃうとご迷惑をお掛けするかもなのでショップ名は控えますが、本当にいいショップです。

さすがウチのBONさんやいとうさんが買ったショップやで!





というコトで無事解決。




しかし整備が苦手な私はクランク交換に四苦八苦。
チェーリングのネジを1個潰しかけましたワイ。
妙に固ぇんすよね、アレ。







というコトでペダル型パワーメーターを2台以上で使っている皆さん。
(そんな人聞いたコトねーけど)


取り扱いには充分ご注意してくださいね。



私もスンゲー慎重に付け替えるようにします。





センサー付きの左ペダルは常に細心の注意を払ってるせいか今んトコ問題無いんですが、今後はより慎重に取り扱います。



ペダルポッド2回壊してるけど。










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター