おそみのを嗜む

前回からのつづきです。





スンゲー人が集まった「おそみの」。

時間が遅いので「おそみの」だそうで。
普段は「おはみの」ですね。
皆さんご存じの通り。





スンゲー人数なので4~5名1パックで何班かに分けてレッツ郷ミノル。





地図を見てウスウス気付いていたんですが、「シン・イツモノバショ」から北上するとスグ山なんですよね。

そう。
登り。



めうさんからは登りがあるとかあるとか聞いてはいましたが、スタートしてスグ登り。



「おはみの軍団は山の人」というイメージを持つ私としては、ココの変人さん達と一緒に走れるハズもなく。

ソレ以前にザーヒーがテーイーなので、トルクを掛け続けるコトが出来ないというかコワいので一切頑張りまへん。

更にソレ以前に登りは私のステージでは無いので、膝がどうこう以前にそもそも頑張りません。



というコトで。



この時点で私の「おそみの」は嗜む程度に走るコトに決定。

坂変人さん達をお見送りしつつ、世間一般的なリアル変人のツキイチをキープして、彼にチャチャを入れつつマターリマターリ。





しかし坂変人さん達は元気イパーイ。

後ろからバンバン抜かしてカッ飛んで行きます。



チョットダケ、追い掛けて遊んで貰おうかとチラっと思いましたが、膝のコトもあるし初対面の人ばかりなので、空気が冷えてもイカンと自重しました。

ヤツをからかってる方がラクですし。





しかしアレですね。

私のヘヴィウェイトな体型から登りの弱さがモロ分かるのでしょう。


ウチのチームの紅一点からもヒルクライムではライバル視されている私ですが、この日初対面の女性からも常に挑戦的にナニされるシーンが印象的でした。

…そんなに勝てそうに見えるんかな?




「追い付いた~」



最初に私に仕掛けてキタのはキャー。さん(だったかな?)。



しばらく私のツキイチをキープした後、あまりのヌルさにダッシュで消えて行きます。

サスガおはみの民やで…





まぁソレでも何度もナニされるワケにはイカンので、1回は前に出て潰しましたけどね♪

若い芽は早めに摘まないとイカン。






その後の下り基調区間では、ソコソコ頑張ってるハズなのにアレがセコセコツキイチしてラクしてケツカルので、本気で踏んでトンズラこいてやりましたワイ。

そのまま放っておいて「チミのSPとやらも大したコトないね」とか言われ兼ねんのでね。


ったく膝いてーってのにムリさせおって。







そして次におカラみいただいたのは北摂の女王(通称:QOH)ひぃろさん

アレと一緒に高山公民館を目指してチマチマ登っているといつの間にか背後に。



とりあえすは仕掛けてくる様子も無かったので、マターリ登っていましたが、



「ココからスパートで!」




む…

牽けってコトですかい…?





んじゃチョイとナニさせていただいて。









誰もついてこねーじゃねーか\(^o^)/



コレじゃ私が単なるおバカさんじゃないの。

せめてアレは気ぃ遣って私について来ないとイカンわな。






というコトでスーパーダベリングポイントと名高い、高山公民館に到着です。

20170304_085836.jpg
※写真に写ってる方々はほぼ無関係の方々です。






SHOROsライドを超えるダベリングタイムをココで初めて体験した私。

おはみの(おそみの)オソルベシ。



村一番の小心者と名高い私は終始端っこで小さくなっておりましたけどね。



ココで印象的だったのはロミオさんの腹黒さ。

ホントは全然興味無いのにアレのスパルタコスの話を聞くフリをして、面白ネタを拾おうとする始末。

私見ですが、恐らくは話の8割は聞き流してましたね。

サスガですな。




んで、ココでアレが撮れ高狙いの行動を取りますが、狙いが透けて見える私はソレを撮るのを断固拒否。

なのでその画像はございません。
撮ったら負けです。

まぁでもご自分のブログで思う存分載せてましたし、満足されているコトでしょう。



更に、ココで皆さんと集合写真も撮ったんですが、めうさんにソレをいただくのをお願いするのを忘れてて、その画像が無いコトにブログを書いている今気付く始末。






しばらくココでマターリ過ごした後は、このままフルコースに行く人とお帰りの人にお別れ。

結構な数の方がフルコースを選択されてましたけども。



私はよくワカランのと、せっかくの遠征なのにコレで帰るのもアレなので当然フルコースをチョイス。




てっきりこの公民館がピークかと思いきや、ココから何度か登るという罠が。

まぁでも頑張らないので問題ナシ。
但し膝には問題アリ。



すると再び私に追い付き、そしてついには仕掛けてきたQOH

さっきはアゲろと言われてアゲたのに無視コカれた借りがあるので、当然その仕掛けには対処させていただきます♪



ココまで溜めに溜めた脚を放出してQOHの前に出るコトに成功。

「もうダメ」という言葉を聞いてからもうヒトアゲするという素敵なナニを献上します。



というのを楽しんだ峠がココ。

20170304_105257.jpg

女王様を下民の眼に触れさせるワケにはイカンのでヘルメットのみ。






この後も登りがあったような無かったような感じのオボロゲな記憶ですが、最後は下り基調の高速セクションの開始。

ワシSPです。



しかし膝の調子がマジでイカンので、女王様の露払いをしながらマターリ走ろうかとも思いましたが、逃げグループにアレが乗ってるじゃありませんか。



ウーン…どうしよっかな…?

なーんて考えているウチに結構な距離が離れてしまいましたが、アレに逃げられるっつーのもシャクなので膝終わらす覚悟で前を追います。




しかし向こうは3人で回してコチラは1人。

キツイの何の。




ソレでも何とか追い付いてアレのツキイチを確保。



フゥ…しばらくラク出来るぜ…




しばらく4人列車で走りますが、追い付くのに出し切っちゃった私は先頭を断固拒否。


アレのツキイチを断固として守り切りますが、そのアレがマサカの中切れ。




オイ…そりゃ無いぜよ…

早く追ってチョーダイ。




すると私に前を交代しろと言い出す始末。

当然断固お断り。
てかまだ回復しとらん。



しかし一度開いた差は広がる一方。

コリャイカン。
このままじゃマジでチギられる。



というコトで仕方なく先頭交代。




かと思いきやアレは完全に切れやがりました。

エアロフレームじゃないからだな。


ま、でも既に双胴のアレを注文したとかしたとかしたとからしいので、鈴鹿では別人のような走りが見れるコトでしょう。





そして少し脚を緩めためうさんワンピースマンの若人(お名前聞いてませんでした。サーセン)に追い付きますが、何故か追い付いた瞬間にまたアゲる二人。

…さっきからコレの繰り返しやで。



ツキイチをキープしようとも脚が全然休まりません。





するとソコから更にワンピースマンがスピードアップ。

道の駅の看板が見えたからコレがゴールかな?




ココでチギられるワケにはイカンのでとりあえず後ろに入りますが、ハッキシ言ってソコで精一杯。
もう脚が残ってねーっつーの。

膝痛めて全然練習してないわソレ以前に鈴鹿に落ちてモチだだ下がりでトレイルで遊んだりで練習不足だし、まともな実走がほぼ2ヵ月ブリだったりで相当ヘボくなってます。



しかしその若きワンピースマンは、そんなオッサンにマサカの先頭交代要求。


んなバナナ。



知ってるヒトならソッコーで断ってやりましたが、初めてお会いする方でしかもこの日初めて同じ班で走った方なので断るワケにもいかず。

一応前に出ますが即減速。

道の駅がゴールかと思ってたらその先のローソンと聞いて、更に萎えてしまったというのも減速の大きな要因に。



しかも後から聞いたら高校生だっていうじゃないの。

人生で一番体力がある時やで。
ソレなのに四十路のオッサンを前に出させたらイカンよ、イカン。






ヘロヘロのパーで休憩ポイントのローソンに到着すると、主催のめうさんは参加者の記録に余念がありません。

20170304_114443.jpg

サスガです。


ココ最近ツーリングをしてなかったので、そういう行動をスッカリ忘れてしまった私。
思い出したトコロで行動に移さないんですけども。





そして「フルコース」というのはココら辺までのようです。

ココで帰還組と昼食組に分かれます。

大半が帰還組ですが。
サイクルモードに行く方もいらっしゃるようで。





昼食はスグ横のシャレオツなカフェ、「カフェマンナ」というお店。

珈琲が美味しいらしいですよ。
飲んでませんが。


20170304_121314.jpg



20170304_123048.jpg

コレはゼリーです。




ちなみに、ココで昼食をいただいている時、アレエアロフレームの重要性に気付いてしまったようです。

既に双胴のアレを注文したとかしたとかしたとからしいので、鈴鹿では別人のような走りが見れるコトでしょう。





人気のお店のようなので食べるモノ食べたらトットと出発。

帰り道は大した登りも無いようですし、マターリマターリ。




途中、そういや走行風景を撮って無いなと気付き、クルマが入って来れないトコでこの日初の走行写真をば。


20170304_134444.jpg


アレは常にマスクで顔を隠すホドの匿名性の高い男なので、特定されないようにバイクにチョイと加工をば。

こういう気遣いが大人の対応ってヤツですね。





後ろも撮りましたが、

20170304_134451.jpg

ほぼ空。

いかに最近走行写真を撮って無いかが分かります。







そして何故かゴール手前の街中で登りが続くという罠に悩まされつつ、この日のライドはオシマイ。






この日の真の目的、


20170304_141355.jpg


コレも無事に受け取り完了。
(持っているのはめうさん)



きっちさん

ありがとうございました!


譲り受けたBONさんも鈴鹿に参加予定なので、当日本人に挨拶させます故。






そしてエージェントとして動いてくださっためうさん、ありがとうございました。

この後も更にエージェントさせてしまいましたが。





そしてそしてこの日ご一緒してくださった皆様方、ありがとうございました。
次は山以外でお会いしましょう♪










【走行距離】70.4km
【獲得標高】955m

レース以外で初めて心拍190台に。
おはみの(おそみの)オソルベシ。








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

ついでのハズがオオゴトでチビる

きっかけはBONさんが買ったVENGEについて語っている時。


BONさんがバイクを組んでシェイクダウンに来た日、ホイールはC50TU。

フム。
普段の練習からチューブラーはアレですよね?



「普段はC24使うつもりです」







え?





そんなバナナ。






エアロフレーム買っといてディープリム以外のホイール履くなんざ、一番やってはならない行為ですよ。

ソレ、ウチのチームの七つの大罪の一つ「エアロフレームにローハイトリム」に抵触して停職します。
※「七つの大罪」は気分と都合で変わります。



そもそもディープリム履かないエアロフレームって、そんな人一人しか見たコトない!

ヒルクライムだろうがダウンヒルだろうが平坦だろうがポタリングだろうがレースだろうが、いつでもドコでもディープリムという気概が無い人間はエアロフレーム、しかもS-WORKS VENGEなんて乗ったらイカン!
※個人的感想です。








数日後。









「ウーン…マジでどうしましょ」




ん?ナニが?







「いや、ホイールなんですけど練習用のディープリムナニ買おうか悩んじゃって…」






あ、真に受けてる\(^o^)/




いや、一応本音ではあるものの強制なんてするつもりも無く。

まぁでもBONさんご自身も思うトコロがあったのでしょう。
さすがVENGE乗りやで。
VENGE乗りは気概に溢れちょる。





ウーン…とは言っても…

基本的に数マン円程度で買えるクリンチャーのディープリムってあまり知りません。
というかそんなのあるんかな?


何だかんだでソコソコのお値段のするパーツを私の無責任な一言正論で買わせるというのもチト気が引けます。





あ!


そういえば!






買ったけど使ってないパーツをコレ見よがしにヒケラカし、欲しい人いるならクレテやるぜとブログで紹介しまくってた事故成金がいたな…




クレてやるパーツリストには入ってなかったので一応カタチだけでも買い取る体で聞いてみよう!

ただチョクだとメンドクセーからエージェントMTを通じて連絡だ!








「んじゃついでライドでも」


エージェントMTさん









というコトで大阪ライドが実現しました。



私にとっては近くて遠い大阪。




大阪を抜けてその向こうまではチョイチョイ遠征に行っておりましたが、大阪で走ったコトは過去2回。

自転車以外の用事(私用)で大阪を訪れたコトがあるのは40数年生きてきて3~4回かな?




クルマで2時間弱という近い場所ながら、その独特の結界のような空気感に、訪れるコトを躊躇させる街、大阪。

ヤン車は多いし関西弁コワいし吉本新喜劇は大好きだしでなかなか行く機会がありませんでした。

タマタマ大阪のお友達はイイ人ばかりなんですけどね。










んで当日。




村一番の小心者と言われて久しい私。
ドキドキしながらクルマでバーンとエージェント指定のパーキングへ。




するとそのパーキングでロードバイクに空気を入れている人をハケーン!

ウーン…どうも見たコトあるジャージだな…





「今日のライドに参加される方ですか?ワタクシ、ダイズと申しますがよろしくお願いします!」





などという社交性が私にあるハズも無く。
基本的に非対人傾向なのですよ。

違ったら恥ずかしいし、合ってたら後で分かるでしょ。




黙々と準備しつつアンパンをモグモグしてたらエージェントMTコトめうさんご登場。




いつ以来かな?
お久しブリですね。





するとそのバイクを準備していたのはロミオさんリップさん


ロミオさんはモノスゴイ低い腰で握手をしてくださいました。

エエ人です。
一声で100人集めるという人望はサスガですね。



後から聞いたらギックリ腰らしく、どうやら腰の痛みで強制的に腰が低くなってたんじゃないか疑惑が生まれましたが。





そんなコトしてるウチに本日の(私的)メイン、きっちさんが重役出勤。



20170304_074638.jpg


ちなみに上の画像、ロミオさんは写ってません。
トップブロガーは簡単に写真には写らんのですよ。

決して私がタイミングを逸したワケではありませんよ。






そしてきっちさん自慢のスパルタクスを堪能します。




当然数千枚に及ぶ写真を撮らせていただきましたが、その中で最もよく取れた一枚をご紹介しましょう。









20170304_074817.jpg



ウヒョー♪

カックイイー♪











さて。

ソロソロ時間になりましたので参加者の皆さんが待つウワサの「シン・イツモノバショ」へ向かいます。











すると…







20170304_075630.jpg




スンゲー人\(^o^)/


小心者の私はションベンチビりまくり。


何人いるんだっつーハナシですよ。
いつもこんな集まってんすか?




多過ぎてアレですので参加者の皆さんのご紹介は割愛させていただきましょう。
めうさんトコ見れば載ってますよ。
いや、決して覚えてないワケじゃないんですよ。





一通り自己紹介をしますが、人数が多過ぎて輪が大きくて聞こえません。
とりあえず私もいつもの無個性丸出しの自己紹介をしますが、殆どの方の耳と心に届いていないコトでしょう。



ちなみに今回は9割ホドの方が初対面。
チョーアウェイ。
しかも大阪。
マジコエー。

まさにオオカミの群れに1匹の子羊。




どんなライドになるコトやら…













つづく。











尚、このツーリングは膝の痛みでアタマがイパーイなのと、フルフィンガーグローブのせいでスマホ操作が面倒なので写真はかなり少なめです。
記憶(と他の方のブログ記事)を頼りに書きますので、少々内容が誇張される可能性がございます。

ご了承ください。










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





【第5回SHOROs】念願のレアキャラに逢いに行く【大忘走会】

今年も参加させていただきました。


SHOROs大忘走会。


今回で3年目です。




思い起こせば初めて参加したのはブログを始めた年。

その時をきっかけに現チームメイトのたかじんさんと仲良くなり、今や専属ドライバーを自認するホドの仲になったリキさんとのお付き合いも始まりました。


当然SHOROsの皆さんともココからお付き合いが始まりましたが、この時のコトは殆ど覚えてません。
人が多いので。


でもその時の記事を確認すると、たくさんのコメントをいただいてました。
やっぱりココから私の自転車生活は一気に拓けたようです。




んで、去年は遠路遥々住友輪業さんが参戦。

…その時の記事を読み返そうとしましたが、そういや休止中のお話しでした。
なので殆どのコトが思い出せません。







というコトで当日の朝。




20161211_062747.jpg


イイ天気。
雨の心配など一切ナシ。

サスガKTMさんです。


しかしあまりの寒さに、

20161211_062801.jpg

霜が。



エンジン掛けて確認したら、

20161211_063258.jpg

3℃。
サンドですよ。






集合場所の「新舞子マリンパーク」はあまり行き慣れていないので、念の為早めに出たらマサカの1時間前到着。


でももう誰か着いてます。

20161211_070342.jpg

サスガSHOROsのツワモノ。
鉄板の1時間前行動。



ご挨拶したりウダウダしてたらたかじんさんご登場。

20161211_070345.jpg

早めに来てアップをする…
お互いそんな約束をしなくても以心伝心。通じ合ってます。


この日は、多くの方がサイクリングと勘違いされていますが、知多半島を周回するキャノンボールレースですからね。
最初っからアゲアゲのパーですから、アップは大事なのです。
何ならアップオイルも…ウソです。塗ってません。

ついでにキャノンボールレースも当然ウソです。
なのでどうでもいいクレームはお断り。

でもアップはします。



というコトで朝陽を撮ったら

20161211_070551.jpg

アップへGO。



ケツからたかじんさんに「ヌル過ぎて寒い!」と怒られながらアップアップ。



モモ筋に軽く乳酸が溜まったトコロで駐車場に戻ると、

20161211_074403.jpg

皆さんお集まり。



ってコトで軽くウロウロします。

INAさんのミニベロをお借りして遊んだり。
…欲しくなりますな。



そしてココでついにお会いしましたよ!



20161211_080046.jpg




トナカイさんモリゾーさんに!


一説によると5人以上のグループライドには参加しないとか、500km以下は走った気がしないとか、パーツに疎過ぎてクランクが10cm変わっても気付かないとか、サドルが反対向いていても600km走破出来るとか、まぁイロイロです。



そしてゴッドハンドの持ち主であるというコト。

最近その神の手を堪能しましたが、そのお話しはまた次の機会に。







そしてスタート時間になると猛者共がワラワラと、

20161211_080547.jpg




KTMさんの元へ。

20161211_080550.jpg



ココでいつもの調子のブリーフィング。

大人へ向けた大人のブリーフィングです。
18禁的な意味じゃない方の、大人の。




ココで毎回集合写真を撮るんですが、ナニをしてたかこーさんが完全に遅れてやってきました。


集合写真に入れなかったのが少し寂しそうでしたので、

20161211_080904.jpg

一枚ダケ。



その間、後ろで私のバイクを支えてくれてるのはデリさん
彼の原子は優しさで出来ています。
ヤラシさも備えてます。
18禁的な意味の方の。






さて。

準備も整ったトコロで忘走会スタート。


…ですが。


牽制し合って誰も出ないのは去年と一緒。

一昨年に初参加した時から私を牽くのはペロさんと決まっているので、とにかくペロさんをマンマーク。
いつもの練習仲間もソレに続きます。



スタートしてスグは街中を通るのでチョーマターリ。
むしろツーケーが痛くなるレベル。

ほぼ汗をかかない強度で走リ続けるのでたかじんさんが物足りなさバリバリです。



そしてそのまま最初の休憩。

20161211_091705.jpg


20161211_091710.jpg


勿論長居します。


しかしココで長居するコトを知らないいとうさん・ツカさんはトットと先に行ってしまい、



ココでようやく落ち合うコトに成功。

20161211_093828.jpg


このマターリ具合と休憩頻度がこの忘走会のイイトコなんですよね。
ココ最近ゴリゴリばっかりなので、タマにはこういうライドもしないと脚が休まるヒマがございません。



しかしココからの道は信号も少なく非常に走りやすくなります。
走りやすくなるというコトは、ゴリゴリイク方が必ずいらっしゃるというコト。


ココから師崎までダケは、仕方ないのでブチオさんのゴリゴリトレインにお付き合い。

気付くと一人…また一人と人数が減っていき、最終的には半分しか残りませんでした。


ブチオさんの牽きはソレほどヤベーのです。


最初はもしアレなら交代しようかな?と思っていましたが、全然タレないので交代する隙一切ナシ。

最後にスプリントカマしちゃおうな?なーんて思うヒマもナシ。
ようやく少し隙が出来たトコロで交代しましたが、既にゴール手前で私の仕事はほぼゼロ。

今度ブチオさんの出てる練習にお邪魔してみようかしら。
チギれたら帰っちゃえばいいんだし。




というコトで先頭で師崎に着きましたが、恐らくはココでもダベリタイムが始まります。
ただ待ってるダケでは寒いので、とりあえず最後尾まで向かい風オカワリ。


最初にデリさんをお迎えして、最後尾を走るリキさんとケンさんをお迎えして仕事は完了。


再び師崎に着いたトコロで、身体が冷える前にメーラン入れに行きます。

20161211_104927.jpg



勿論去年に続き「師崎ラーメン」

20161211_105036.jpg

ま、ただのアサリが入ったラーメンです。
今年も麺をホグさないので、中で固まってます。
この手抜き感がココの味なのです。



そして少し遅れてヒーローがやって来ましたが、

20161211_104930.jpg

遅れて来るということは、食事も遅れて来るというコト。


他の皆さんが食べ終わってもヒーローのゴハンはまだ来てませんが、ココで全員が席を外すと広いテーブルで独りぼっちに。
デジャヴ感が半端ねーっす。

ソレだけは避けましたけどね。
ソレだけはヤバいですからね。




そしてココからは背骨を走ります。

アップとダウンしかないキツイ道。
風もきっと向かい風。


でもこの日唯一撮った景色らしい景色はココのみ。

20161211_113214.jpg

海っぺリに来たのに。




ボチボチ走ると、えびせんの里に到着です。

20161211_123230.jpg

また休憩です。



警備員さんに丁寧に案内されて、総額数百萬円だか壱千萬円だかのバイク群。

20161211_123227.jpg

入れ食いです。



ココではトイレをお借りして、珈琲もシバきます。

20161211_122300.jpg



毎回バックパック背負ってくればヨカッタと後悔します。
えびせん買いたいのに。




この後は高速沿いの激坂走ったり、道を間違えたいとうさん追っ掛けてこの日の最大出力叩き出したりしながら最後のコンビニ休憩。



ソコで開店するモリゾークリニック

20161211_132854.jpg

このお二人、4年ほど前からお互いのブログでコメントされていたようですが、お会いするのは初だそうです。
ソレほどモリゾーさんと遭遇するのは難しいというコトですね。




最後の休憩で甘いモン食べたら、この後もマターリ走ってそのままゴール。

20161211_140723.jpg



それにしても…


ほぼ最後方でゴールのハズなのに、だーれも居ません。

20161211_140714.jpg


サスガ大忘走会。
スタート前とゴール後でこんなに人数違うとはサスガ過ぎです。



と思ったら。




20161211_141102.jpg


中にムッサイオヂサン達がワラワラ集まっておりました。

NEWジャージの試着会ですね。






今年も無事(私と私の周囲に限っては)一切のトラブル無く終了しました。

まだまだ走りますのでこの忘走会で走り納めとはなりませんが、一年の締め括り的な感じになりますね。

また来年も開催していただき、是非とも参加させていただきたいモノです。



いや、その前に新年早々ペダルをクルクル回すという、新走回転ツーリングが開催されるとかしないとか。

無ければ我らがCTRで開催しましょうかね。
全く同じコースを休憩ナシで。
いや、休憩はしたい。
食事がナシかな。


参加者が集まりそうなら開催します。






KTMさん、そしてSHOROsの皆さん、今回も楽しいライドありがとうございました。

また、よろしくお願いします♪







疲れて無くてもガッツリ〆ますよ。


20161211_180544.jpg



走ったならば食う!
コレ大事。







【走行距離】96.1km
【獲得標高】713m

最大の収穫はアノ方と連絡先を交換したコト。
コレで来年はカツル!







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






【カラ出張編】そして亡走&肪走de房総を楽しむ

前回からのつづきです。




養老渓谷を充分に堪能(紅葉はビミョーでしたが)した後は、私オススメのお店へ旨い飯を食べに行きます。

よくあるローディのウマイウマイ詐欺紛いの「美味しい」ではなく、過去2回共クルマで訪れてますので自転車効果抜きで美味しいのです。



しかも千葉にあるのに何故か名古屋在住の私が今回で三回目、埼玉在住(要はほぼ地元)の兄が初めてという優越感。




というコトで向かったのがコチラ。

20161118_151056.jpg

九十九里にある「ばんや」さんです。



ええ。

前回のカラ出張編でもご紹介しましたよ。行きましたから。

二ヶ月連続です。



前回は「イワシ尽くし定食」を食べましたが、今回はその時食べ終わった後に気付いた「アジ尽くし定食」をいただきます。

20161118_152233.jpg



初心者の兄は、とりあえず私オススメのイワシ尽くしをば。




しかし…




アジ尽くし最高\(^o^)/


兄には申し訳ありませんが、アジの方がウメーのです。
値段もお高いですけどね。

兄もガマン出来ずにアジのなめろうを追加で食べるホド。



更にハマグリまで頼む始末。

20161118_152613.jpg

大きいモノより小振りの方が味が濃くて美味しいらしいですよ。
事実激ウマでした。

コレは止まりまへん。




食後は一応海を見に。


20161118_154807.jpg



学生?と思しき若者がナニやら変な撮影をしてましたね。

いや、エロ系のとかじゃなく、ウエディングドレス来た女の子が座り込んで独り言を…






・・・・・・・・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






・・・・・というコトで。





関東在住、あるいは千葉に土地勘のある方ならもうお気付きでしょう。





南房総から養老渓谷を経由して、ココ九十九里まで来ると余裕で100km超えます。
無論片道で。

二人揃うと途端にキバが抜けまくる我ら兄弟。

この日が短い時期に、いや、日が長くても200kmライドなんて…








ええ、そうです。









クルマdeツーリングです\(^o^)/

20161119_133222.jpg


要は単なるドライブですね。





実はトランポ先に着いた時点でサッパリ走る気を無くしましてね。

元々兄はあまり乗り気ではなかったんですが、今回は私が若干お疲れだったのと数日後にレースを控えていたのと、ヤル気がイマイチなのに走ってナニかあってもイヤだとか、もうソレはソレはネガティブ要素に完全に包まれまして。


バイクを降ろすことなくそのままドライブへGOしたのです。

いつかの下見という体で。




なのであの千枚田も、

20161118_101205.jpg



実はこんな感じです。

20161118_101200.jpg



20161118_101344.jpg






当然養老渓谷も、

20161118_115143.jpg


20161118_120541.jpg




こんな感じ。

20161118_115217.jpg


20161118_120621.jpg





自転車乗ってないので、チカラが漲っちゃって


20161118_122321.jpg


20161118_122305.jpg



二人にハンドパワーが宿り、イチョウの葉程度なら浮かせてしまいます。




尚、この画像を妻に見せたらホンキでタネが分からず、我々がトリック使ってるだとか葉っぱを放り投げてその一瞬を撮ってるだとか的外れなコトを言うてました。
んなことワザワザしねーっつーの。


正解が分かった方には銀杏一粒差し上げます。






そして滝めぐり。



幻の滝も、

20161118_124536.jpg



チョー激坂の階段をキッチリ下まで降りました。

20161118_124824.jpg

帰り(登り)が結構なキツさでしたけどね。



この道も

20161118_130203.jpg




ズックで練り歩きます。

20161118_130522.jpg

ビンディングで歩ける場所じゃないっす。




なので私もハシャいで…




あの中州行きてーな。

20161118_132022.jpg




むむむむ…

20161118_132047.jpg





ドヤ。


20161118_132116.jpg



ってなモンです。







途中の滝でもキッチリ記念撮影。

20161118_132903.jpg







しかし何だかんだで2時間以上歩きましたので、結構疲れました。
自転車より疲れたかもしれません。
温泉もナシでしたし。



帰りは探し物を求めて某ショップへ行ったりしてたら結構な時間に。




普段は翌日の朝4時に起きて都内が渋滞する前に帰るんですが、既にその気は一切ナシ。
近年稀に見るダラケっぷりです。



なのでこの日の夜は1時間以上並んで、

20161118_205235.jpg

前回ハマった鶏白湯ラーメンを。


でも後日ウチの近所でもっとウメーの見つけちゃいました。
なのでもう並びません。






翌日も昼飯を食べてからノンビリ帰宅予定なので、兄オススメのとんかつ屋さんが高田馬場にあるとのコトで凸しますが、なんと(推定)40名以上並んでいるので断念するコトに。

関東の人間は並び過ぎだっつーの。



でもココは取引先から近いことが判明しましたので、次回平日に訪れるコトとします。



なので第二案のお店へ。

20161119_125512.jpg



ココは蕎麦屋さんなんですが、「つけ蕎麦」という一風変わったお店。



最初は「蕎麦」と聞いた時、年3回長野に帰っててあえて東京で食うんかよと軽くディスってましたが…





20161119_124048.jpg



スンマセン。

チョーうめーっす。



私が頼んだのは冬季限定の豆乳何とかつけ蕎麦でしたが、想像以上です。
期待値低かった分、完全にイイ意味で裏切られましたね。



兄の冬季限定カレー何とか蕎麦も、

20161119_124052.jpg

コレマタ絶品。




我々兄弟の舌は見事に合うのだと改めて認識しました。

兄がウメーと言うものは私もウメーのです。



いや、今回勧められたあるラーメンが外れだったな。
信じきるのはやめよう。








ということで、ワザワザ社用車にバイク積んで、週末兄とワザワザ房総まで行って1mmもバイクに乗らずに帰ってくるという…

当然名古屋に帰ってからもノーライド。
一応ローラーは回しましたけど、旅疲れのせいで軽くクルクル程度。




三日後にはモリコロ控えてるってーのに、この精神的なヘタレっぷりがヤバいです。





そしてそのヘタレっぷりは当然結果にも反映されるワケでして…













【走行距離】知らん(クルマなので)
【獲得標高】知らん(クルマなので)

但しローディングはバッチリ。
カーボもファットも。





春は必ず走りますよ!

ある方とお約束もしましたし!

ホントに聖地行きますよ!






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







【カラ出張編】房総de暴走…いや望走

前回からのつづきです。







前日深夜にようやく決めた行き先は房総半島。




そういや去年もこの時期に房総行きました。

そのクダリは当時ブログ休止中でしたので記事にしておりませんが、一日かけて190kmくらい走りました。
しかも兄が自らルート引いたクセに、最後の峠をバックレる始末。
その上、「自分で引いたんだからバックレんな。行こうぜ。」と言うとマジギレして「オレは行かねえ!」とか言い放ち、トットとコースオフして一人でコンビニ休憩する始末。

当然私はキッチリ登ってから合流しましたが、ソレがまた激坂でしてね。

140km以上走ったトコにMAX19%の激坂用意するわ逆ギレしてバックレるわでもう散々でした。
ラスト20km程で雨に降られますし。


ただ、最後はウワサのマスゾエ風呂を奢ってもらいましたので全てチャラ。
ヤツは頻繁に私をカネで買います。





今回もマスゾエ風呂に入ろうかとも思いましたが、今回は南房総を走りたかったのでアソコ付近を拠点にするとチト距離がアレなので断念。







というコトで当日の朝。

写真多めでバンバンいきますよ。







兄の家を出て高速乗って現地へGO。
南房総にある某道の駅を目指します。



途中、

20161118_082551.jpg


今ホットな場所である豊洲を眺めつつヒトゴトを堪能。



10月には築地も行きましたし、とりあえず押さえるトコは押さえた感じですね。





アクアラインを抜け千葉県に入った途端スッカスカとなる高速のおかげで、あっという間にトランポ先に到着です。

毎度のコトですが、時間も押していましたのでトットと出発。





クルマの少ない山間の道を走ると、最初に現れるポイントがコチラ。

20161118_100456.jpg

村一番の千枚田好きとしては外せないのですよ。


千枚田といえば登りですが、この景色が好きな私にはそんなコトなど意に介さず



最初に見つけたこの看板のトコロは、

20161118_100635.jpg

実は大した景色では無いのですが、この看板がある以上ココがメイン的なアレかと思い若干ガッカリ。



でも大丈夫。



20161118_101205.jpg


もう少し上に行けば、



20161118_101228.jpg




素晴らしい千枚田が見れます。



ベストシーズンに見てみたいですが、私が関東に(会社のゼニ使って)訪れるのは3・4月と10・11月。
まだ水を張る前でしょうし、確実に稲刈り後です。




このまま上に登り、房総最高峰というフレコミの愛宕山方面へと行きますが…


20161118_102125.jpg


割とマジでクマがコワい。

でも「クマ出没注意」の看板が全然無いので、この辺はクマが出ないのでしょう。



近くに航空自衛隊もありますので、

20161118_102448.jpg


何かあればココに駆け込めば問題ナシです。






この後は房総半島先端へ攻め込もうかと思いましたが、海ばっか見てもアレですので北上するコトに。
ソコには我々の練習場にホド近いトコにあるアソコと同じ名前の滝があるということで、ソコをチェックしに行きます。



ソコとはココです。

20161118_114035.jpg

「養老渓谷」です。



岐阜にも養老の滝がありますが、コチラにもあるようです。
どっちがアレなのかこの目で確かめねばなりません。



その前に、せっかくの渓谷を堪能します。

20161118_115143.jpg


20161118_115345.jpg


20161118_120347.jpg


20161118_120541.jpg




ココの川にはチョイチョイこういうのがありますので、

20161118_115319.jpg

川の中からの景色を楽しむコトも出来るのです。





ちなみに。


この看板がクマよりコワい。

20161118_120147.jpg

何かホントに出そうな気がするのはコッチですよね。



そして、やっぱり紅葉は遠くで見るのが良いですね。

20161118_115744.jpg

よく見たらただの落ち葉です。

なかさんが仰る通り。
単なる枯れた葉っぱですね。





途中、こんな雰囲気のいいトンネルも。

20161118_121348.jpg




次の目的地を向かおうとフト下を見ると、

20161118_121831.jpg


私のVENGEカラークリソツなカラーのキャットアイをハケーン。
コレだけでコッチの養老に軍配が上がりそうになりますな。






そしてコチラにも「養老の滝」があるというコトで、そのついでに

20161118_123850.jpg


滝めぐりをしちゃおうってコトに。




ココの直売所では某販売所の約半額で自然薯が売っていたり、ハンドボールくらいのサイズの柚子(シシユズ)が売っていました。

20161118_123604.jpg

しかもこの大きさで200円。


オバちゃんにこのシシユズの調理方法?というか使い道を聞きましたが、私の手に余りそうでしたので購入は断念。
そもそもデカ過ぎですし。




さて滝めぐりです。



最初はココ。

20161118_124331.jpg



エライ下にあります。

20161118_124536.jpg

サスガ幻の滝。

見に行くのに200円要りますけどね。




メインの養老の滝以外は名前を忘れてしまったので、とりあえずご紹介。



20161118_130255.jpg


20161118_130824.jpg
あ、コレ違う。


20161118_132812.jpg



途中沢ガニも居ましたよ。

20161118_131426.jpg

時期的になのか死骸の方が多く、生きてるカニの方が珍しかったですけどね。





そして最後に控えるのがメインの養老の滝。

20161118_133714.jpg


岐阜の養老の滝とは全然違いますね。
むしろ真逆っぽい感じです。



別名「栗又の滝」だそうです。

20161118_134638.jpg




ちなみにココは滝の横にも道があって、

20161118_134212.jpg

滝の中腹も見れます。
季節が季節なら滑り台のようにココを…いや。ケガするな。


この上流にも行けそうですが、

20161118_134320.jpg


水のイキオイ的にも気温的にもリスク大なので今回は勘弁してやりましょう。





そして実はココからの入口がメインっぽい感じのアレでした。

20161118_134701.jpg

滝の規模的にも、ココから入って養老の滝ダケ見れば充分だったような気がしないでもありません。



ただ、こんな感じのトコロを歩くのはナカナカ珍しいのでアリですけどね。

20161118_130203.jpg





尚、近くを走る道路には展望所がありますので、

20161118_135142.jpg


歩くのは勘弁!って方でも楽しめます。








そしてこの後はメインのアレを食しにアソコへと向かいます。










つづく!








…賢明な読者様はどの辺でお気付きになったかな?


お気付きの方もそうでない方も、いつもと変わらぬ愛のポチをお願いします。


ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村








プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター