本命はむしろコッチ

寿司屋さんとの聖地巡礼ツーリング編、今回がラストです。






宮ヶ瀬湖をあとにして、軽く詐欺っぽい「ココからスグ」なあの場所へ。




んが。

行く手前の道がソコソコ登り。

意外とキツイ。

しかしソレでも最短de登り要素少なめらしいんですが…
この界隈の方々も結局登り好きってコトですな。





そしてやって来ました、



20170325_123026.jpg



オギノパン

工場直営のパン屋さんです。


自転車乗りもソコソコやって来ますが、普通のお客さんがかなりイパーイ。




パンの種類も豊富でナニを食べていいやら迷っちゃいますが、ココは迷わずオススメの…


20170325_124505.jpg


カツサンド&ナポリタン。


カツサンドは寿司屋さんのブログでチョイチョイお見掛けするので、ホントはオギノパン的には揚げパンがイチオシだったようですがコレだけは最初から決めてました。

カツも厚くて美味しいです。



そして予想以上にウマかったのがこのナポリタン。

ガーリックがホド良く利いていてマジウメー。
イイ意味で期待を裏切られました。
コレはオススメです。

ただ、この後ハァハァする場合はガーリックの薫りが反芻するのでご注意をば。



「お♪今日は来てる」



と、来ない日もあるらしい

20170325_123002.jpg


眞田珈琲さん。


寿司屋さんはお知り合い?的な感じでしたね。
常連だとすると20年来クラスの常連風でした。


私は日替わり珈琲をいただきましたが、

20170325_124612.jpg




寿司屋さんはカフェラテに絵を描くヤツ(ラテアート?)にチャレンジし、

20170325_124022.jpg


見事な腕前をご披露くださいます。
サスガ常連。




店員さんがココまで用意してくれるんですけどね。

20170325_123910.jpg





カツサンド&ナポリタンサンドでソコソコお腹が膨れましたが、今思えばもっと食べればよかったなぁ…

イロイロな種類があったので、ココで腹パンにするつもりで食べるのもアリですね。


この時はあとどれくらいのナニがあるかビビっちゃったので、多少ならアゲれるように控えちゃったんですよね。







そしてココで寿司屋さんとマターリしていると、



「ダイズさん、思ったより普通ですよね。もっと暴れん坊のイメージが…」




ソレ、

西側諸国連中のせいです\(^o^)/






私は無個性が個性を自認する男。

更にブログは村随一の社会派で、本人はチョージェントルマン。
常々四方八方に気を配り、常に人の3歩後ろを控えめに歩くような男。


しかし西側諸国の連中と遊ぶ時は、吉本新喜劇のような連中に無理やり合わせているんですよ。
マジ大変。




だのに私がナチュラルにそんな風だという空気感で記事を書く、主にナントカ輪業さんとか事故成金マンとかが悪フザケするんです。


去年はチョイとリキさんのブログにも登場してますが、リキさんの描く印象が真実ですね。
アノ方は真実しか語りません。



寿司屋さんも本質を見抜く眼をお持ちのようで、私が極めて普通のジェントルマンだとバレちゃいました。









と、私の真実をご理解いただいたトコロでこの日最後の、そして私の中ではメイン的な最後の聖地へ。



「アソコを登るならチト遠回りして回り込まないと…」




無論、登らんで結構です!






というコトで反対側からサクっと到着。


20170325_135235.jpg



土山峠

別名寿司山峠とも呼ばれるらしい場所。






寿司屋さんからは「そんな大した場所じゃない」と聞かされていましたが…




20170325_135253.jpg



マジでその通り


知らなければ確実に通り過ぎる場所ですね。


しかも頂上感ゼロ。
何なら登ってる途中です。


なので反対側から来ると下ってるんです。峠なのに。
いわゆる「裏」がありません。




当初寿司屋さんは「登らなくていいんですか?」と仰いましたが、私の登り嫌いはマジで村一番。
登らずしてネタ元に辿り着くなんて最高!としか思わない私にとって、ココを裏から訪れるのはチョーイイ感じ。

表側を下って行くと登らなくて良かったと心から思いました。

結構キツそうでした…距離は分かりませんが。





信号待ちが短くて撮れませんでしたが、「分れ道」という今まで見た中で最も分かりやすい交差点を超えたら、スタート地点の公園に到着。

駐車場へ向かう道が意外と激坂で、最後の最後にキッチリ仕上がってこの日のライドはオシマイ。






一日ご案内下さった寿司屋さんをお見送りして帰路につきます。


20170325_150123.jpg






寿司屋さんにとっては私のチョーマターリペースは物足りなかったと思います。

ソレでも一切そんな気配を見せずに終始笑顔でご案内いただきました。




ありがとうございました♪






関東には年4回ホド訪れます(担当交代するまでは)。

また是非ご一緒してください♪



ココから新しい輪が広がるコトも楽しみです。









20170325_160000.jpg






次は鎌倉や江ノ島などのチョー観光地もイイですね♪









【走行距離】73.1km
【獲得標高】1,233m

次は獲得標高500m以下希望!








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

ご褒美は全国共通

前回からのつづきでヤンス。





ロードバイク人生数年経過してようやく東の聖地(の麓)に降り立った私。


20170325_094538.jpg



ココが開始点で間違いは無いようですが、途中信号が2つホドあるのでソレをクリアした後からがガチTT区間だとか何とか。

しかしヒルクライムのタイムに一切興味の無い私には全く関係ございません。



なので寿司屋さんが過去会ったローディの中で最も登りが遅いであろう私のペースに合わせて走っていただきます。




んが。




20170325_095423.jpg


気を抜くとスグ先に行っちゃう始末。


何度も何度も何度も何度もSペース(過去最強にゆっくりの意)でお願いしますと懇願します。




「チミ、富士ヒルでブロンズ獲ったんしょ?」



チョイチョイそうつつかれますが、ハッキシ言ってあれはマグレ。

【ヒルクライムにマグレ無し】とかいう格言を耳にしたコトがありますが、実はマグレあるんですよね。
先日の菰野HCではナカナカなスペシャルテクニックをサクレツさせてた方もいらっしゃいましたが。


昨年の富士ヒルはたかじんさんに牽き続けてもらった上に、私の背中にダケ45m/sの追い風が吹いていましたからね。




しかしこの日はほぼ無風。

もうムリムリ。




「途中、展望台がありますよ」




寄りましょう\(^o^)/







チーム練において峠の途中で休憩するのは、七つの大罪を犯すコトになりとんでもないペナルティが課せられますが、この日はツーリング。
チームメンバーは誰も見てねーし




20170325_102655.jpg


余裕のよっちゃんイカで展望台へ凸します。



イカレクライマー的には一旦登ってから降りてくるそうですが、せっかく登った山をまた降りるなん徒労は大嫌いなので効率重視でSTOP。




雲の多い日でしたのでエッフェル塔は見えませんでしたが、

20170325_102841.jpg


海まで望めるイイ景色です。



寿司屋さんご本人の画像は滅多に見れないのでココでサービスショットをば。

20170325_102849.jpg


フレームアウトしようとしたトコロを強引に戻しての激写です。





ココから山頂はワリとスグ。


「もうスグですよ」



ローディのその言葉は1億%ウソなので全く信用していませんでしたが、ホントにスグでした。




20170325_105321.jpg





しかしアレですね。

ローディの聖地的な山頂って、多分クルマで行ったら何の感動も無いトコロが多い気がします。


名古屋でいえば二之瀬もそうですし、雨沢なんて「は?」って感じの頂上。
一応この界隈では名が通ってますが、決してお客さんを連れて行くトコじゃないですね。

埼玉でいえば白石もそうですね。定峰も。
山伏なんてモロ通過点。


ここヤビツも自転車で登って来たからこそ、といった感じ。
思ったより地味。

登りは地味ではありませんが。




しかしサスガ関東。
ローディいっぱい。


売店もあるからでしょうか、

20170325_110103.jpg


皆休憩が長い(キガスル)。



というコトで私もいただきましたよ、

20170325_110058.jpg


通称「ヤビコーラ」



やはりローディのご褒美といえばコーラ。無論赤。



アワイチには灘大川にウマいコーラがありますし、我らのホームコースにもUNCOというコーラポイントがあります。
ビワイチには…コンビニ多いから印象無いな。
秩父には…やっぱり印象無いな。
雨沢には…何にも無いな。

ま、とにかくコーラはウマい。





休憩もホドホドに裏ヤビツを抜けてお次のポイントへ向かいますが、降り始めてスグ案内されたのがココ。

20170325_111502.jpg




ナニやら湧水が出ています。

20170325_111525.jpg


この日は水量が少ないようでチョロチョロでしたが、名水なんちゃらだそうで。



「飲まないんですか?」


そう言われましたが…




20170325_111513.jpg


煮沸しろって書いてありますし…

私以前、二之瀬の湧水ガブ飲みコイて胃腸がダウンヒルしたコトありますんで。






そしてココから始まる裏ヤビツ。


二之瀬くらいの裏を想像してましたが、思った以上に長い。
川沿いの雰囲気のイイ道を延々走り続けます。

そして何より寒い

夏は快適そうですね。
下り基調ですし。



途中、レーパン履いた方々がガチ速度でランしてましたが、この界隈ってそんなトコなんですね…
オソロシヤ。




なーんて感じでボチボチ走っているとようやく到着です。

20170325_115633.jpg


宮ヶ瀬湖。

デカイ。
思った以上にデカイ。





ボチボチお腹が空いてきましたね、というコトで楽しみにしていたアソコアレを食べに行くコトに。

寿司屋さんのブログでチョイチョイ出てくるナニです。





ココからだったかこの先からだったか忘れましたが、寿司屋さんの脳内にはいくつかのコースがあったようで、優しい寿司屋さんは私に選択肢を与えてくださいます。


登る道と登らん道。



登りはヤビツ1本で充分なので、当然私はとにかく登らない道を懇願します。
あと近道。

この日はこの後クルマを運転して名古屋に帰らないとイカンですしね。





でもアソコは登った先にあったんですよ…








つづく。









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





初ヤビツde寿司ネタに

ついに行ってきました。

東の聖地と言われるヤビツ峠へ。



村広しと言えども西の聖地アワイチ&ビワイチ、そして東の聖地ヤビツを両方制覇した村民はそんなに多くないハズ。

…東海地方には聖地無いな。
サミシイな。

山神がチョイチョイ出没する峠とかあるんだけどな。








実はこのヤビツ峠、ホントは昨年のカラ出張時に兄と行こうと思っておりました。

しかし兄も当然私もこの辺りの地理はサッパリ柚子ポン酢味。


テキトーに走ってもgdgd確定ですし、そもそもドコにクルマ駐めてイイかすらワカラン。


んじゃソコのヌシにお聞きしようとアノ方にコンタクトを図るコトに。




「裏ヤビツが工事中なのでただ登って降りるダケになると思いますよ。」




ウーン…

ワシら兄弟は登り大嫌いではあるものの、有名峠にはチョーシコイて行ったりはします。ネタ的な意味で。
しかし決して頑張らないしタイムも気にしません。

なのでその峠を絡めてのルートなら走りますが、ソコを登るダケというのはあり得ません。
峠マニアではありませんので。



というコトでその時は別のトコ行こうかという話になり、南房総ルートを引きましたが二人ともフヌケ過ぎてただドライブして帰ってきたダケという…




そしてその時コンタクトを取ったアノ方が、


「よろしければご案内しますよ」


と、何とも嬉しいお申し出。




サスガにコッチからソレを言うのを遠慮しちゃいましたので、ホントにありがたいお申し出でした。



んじゃ今度3月にソチラ行くので是非是非是非お願いします!とお約束をしていたのです。









というコトで当日。









ご指定いただいた某公園へクルマでGO。

20170325_084005.jpg


社用車に隠すようにしてバラバラに積んであったバイクをシコシコ組んでいると、やって来ましたよアノ方が。




20170325_085434.jpg



そう、

寿司屋さんです。


ココ最近ブログはサッパリお休みな感じですがヤビツ界隈をご案内いただくのはこの方しか居ない!というコトでお願いしちゃったんです。



バイクカラー的にもドコかシンパシーを感じますし♪






準備が整ったら早速出発。






最初は街中を通りますが、クルマがたくさん通る道を走るのは久しぶりな気がします。

いつものホームコースは殆どクルマが走ってません。
15kmの周回コースも、1周あたり3~4台のクルマしか見掛けません。


なので少し緊張。

ソレ以前にどんな牽かれ方するのかも緊張。




すると寿司屋さん曰く、「アップ的な」登りに差し掛かります。

フルフィンガーグローブがメンドクサくて画像はありませんが、私に取ってはメインクラスの登り。
早速キツイ。


明らかにオーバーペースで牽かれますが、ついて行かないと迷子確実なのでシヌ気でツキイチ。



アレのケツに張り付いている時はアレを茶化す余裕タッポリですが、寿司屋さんのツキイチはリームーです。

ハァハァしか言えない私を、寿司屋さんが笑顔で殺す。




そんな一日の始まりです。







その最たるポイントがまさにヤビツ峠。

この日のメインです。





アップ詐欺な登りを終えると、東側諸国のブログではチョイチョイ見掛ける、

20170325_094535.jpg


ヤビツ入口交差点に。




ちなみに。

この交差点名が読めないと関東ではローディとは認められないとか。


20170325_094538.jpg


「名古木」

この変わった読み方で入力するとシッカリと変換されます。



字の並びが「名古屋」に似てるせいか、結局この日最後まで読み方を覚えられませんでした。
忘れるツボとでもいいましょうか。

この日ダケで5~6回寿司屋さんに読み方を聞いた覚えがあります。






私はクライマーでは無いので、どんな有名な峠でもコースプロフィールに興味がありません。
せいぜい距離くらいですかね。
何km走れば終わるのかくらいは知っておきたいので。




そんな私のヤビツ攻略。





乞うご期待!









つづく。








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






おそみのを嗜む

前回からのつづきです。





スンゲー人が集まった「おそみの」。

時間が遅いので「おそみの」だそうで。
普段は「おはみの」ですね。
皆さんご存じの通り。





スンゲー人数なので4~5名1パックで何班かに分けてレッツ郷ミノル。





地図を見てウスウス気付いていたんですが、「シン・イツモノバショ」から北上するとスグ山なんですよね。

そう。
登り。



めうさんからは登りがあるとかあるとか聞いてはいましたが、スタートしてスグ登り。



「おはみの軍団は山の人」というイメージを持つ私としては、ココの変人さん達と一緒に走れるハズもなく。

ソレ以前にザーヒーがテーイーなので、トルクを掛け続けるコトが出来ないというかコワいので一切頑張りまへん。

更にソレ以前に登りは私のステージでは無いので、膝がどうこう以前にそもそも頑張りません。



というコトで。



この時点で私の「おそみの」は嗜む程度に走るコトに決定。

坂変人さん達をお見送りしつつ、世間一般的なリアル変人のツキイチをキープして、彼にチャチャを入れつつマターリマターリ。





しかし坂変人さん達は元気イパーイ。

後ろからバンバン抜かしてカッ飛んで行きます。



チョットダケ、追い掛けて遊んで貰おうかとチラっと思いましたが、膝のコトもあるし初対面の人ばかりなので、空気が冷えてもイカンと自重しました。

ヤツをからかってる方がラクですし。





しかしアレですね。

私のヘヴィウェイトな体型から登りの弱さがモロ分かるのでしょう。


ウチのチームの紅一点からもヒルクライムではライバル視されている私ですが、この日初対面の女性からも常に挑戦的にナニされるシーンが印象的でした。

…そんなに勝てそうに見えるんかな?




「追い付いた~」



最初に私に仕掛けてキタのはキャー。さん(だったかな?)。



しばらく私のツキイチをキープした後、あまりのヌルさにダッシュで消えて行きます。

サスガおはみの民やで…





まぁソレでも何度もナニされるワケにはイカンので、1回は前に出て潰しましたけどね♪

若い芽は早めに摘まないとイカン。






その後の下り基調区間では、ソコソコ頑張ってるハズなのにアレがセコセコツキイチしてラクしてケツカルので、本気で踏んでトンズラこいてやりましたワイ。

そのまま放っておいて「チミのSPとやらも大したコトないね」とか言われ兼ねんのでね。


ったく膝いてーってのにムリさせおって。







そして次におカラみいただいたのは北摂の女王(通称:QOH)ひぃろさん

アレと一緒に高山公民館を目指してチマチマ登っているといつの間にか背後に。



とりあえすは仕掛けてくる様子も無かったので、マターリ登っていましたが、



「ココからスパートで!」




む…

牽けってコトですかい…?





んじゃチョイとナニさせていただいて。









誰もついてこねーじゃねーか\(^o^)/



コレじゃ私が単なるおバカさんじゃないの。

せめてアレは気ぃ遣って私について来ないとイカンわな。






というコトでスーパーダベリングポイントと名高い、高山公民館に到着です。

20170304_085836.jpg
※写真に写ってる方々はほぼ無関係の方々です。






SHOROsライドを超えるダベリングタイムをココで初めて体験した私。

おはみの(おそみの)オソルベシ。



村一番の小心者と名高い私は終始端っこで小さくなっておりましたけどね。



ココで印象的だったのはロミオさんの腹黒さ。

ホントは全然興味無いのにアレのスパルタコスの話を聞くフリをして、面白ネタを拾おうとする始末。

私見ですが、恐らくは話の8割は聞き流してましたね。

サスガですな。




んで、ココでアレが撮れ高狙いの行動を取りますが、狙いが透けて見える私はソレを撮るのを断固拒否。

なのでその画像はございません。
撮ったら負けです。

まぁでもご自分のブログで思う存分載せてましたし、満足されているコトでしょう。



更に、ココで皆さんと集合写真も撮ったんですが、めうさんにソレをいただくのをお願いするのを忘れてて、その画像が無いコトにブログを書いている今気付く始末。






しばらくココでマターリ過ごした後は、このままフルコースに行く人とお帰りの人にお別れ。

結構な数の方がフルコースを選択されてましたけども。



私はよくワカランのと、せっかくの遠征なのにコレで帰るのもアレなので当然フルコースをチョイス。




てっきりこの公民館がピークかと思いきや、ココから何度か登るという罠が。

まぁでも頑張らないので問題ナシ。
但し膝には問題アリ。



すると再び私に追い付き、そしてついには仕掛けてきたQOH

さっきはアゲろと言われてアゲたのに無視コカれた借りがあるので、当然その仕掛けには対処させていただきます♪



ココまで溜めに溜めた脚を放出してQOHの前に出るコトに成功。

「もうダメ」という言葉を聞いてからもうヒトアゲするという素敵なナニを献上します。



というのを楽しんだ峠がココ。

20170304_105257.jpg

女王様を下民の眼に触れさせるワケにはイカンのでヘルメットのみ。






この後も登りがあったような無かったような感じのオボロゲな記憶ですが、最後は下り基調の高速セクションの開始。

ワシSPです。



しかし膝の調子がマジでイカンので、女王様の露払いをしながらマターリ走ろうかとも思いましたが、逃げグループにアレが乗ってるじゃありませんか。



ウーン…どうしよっかな…?

なーんて考えているウチに結構な距離が離れてしまいましたが、アレに逃げられるっつーのもシャクなので膝終わらす覚悟で前を追います。




しかし向こうは3人で回してコチラは1人。

キツイの何の。




ソレでも何とか追い付いてアレのツキイチを確保。



フゥ…しばらくラク出来るぜ…




しばらく4人列車で走りますが、追い付くのに出し切っちゃった私は先頭を断固拒否。


アレのツキイチを断固として守り切りますが、そのアレがマサカの中切れ。




オイ…そりゃ無いぜよ…

早く追ってチョーダイ。




すると私に前を交代しろと言い出す始末。

当然断固お断り。
てかまだ回復しとらん。



しかし一度開いた差は広がる一方。

コリャイカン。
このままじゃマジでチギられる。



というコトで仕方なく先頭交代。




かと思いきやアレは完全に切れやがりました。

エアロフレームじゃないからだな。


ま、でも既に双胴のアレを注文したとかしたとかしたとからしいので、鈴鹿では別人のような走りが見れるコトでしょう。





そして少し脚を緩めためうさんワンピースマンの若人(お名前聞いてませんでした。サーセン)に追い付きますが、何故か追い付いた瞬間にまたアゲる二人。

…さっきからコレの繰り返しやで。



ツキイチをキープしようとも脚が全然休まりません。





するとソコから更にワンピースマンがスピードアップ。

道の駅の看板が見えたからコレがゴールかな?




ココでチギられるワケにはイカンのでとりあえず後ろに入りますが、ハッキシ言ってソコで精一杯。
もう脚が残ってねーっつーの。

膝痛めて全然練習してないわソレ以前に鈴鹿に落ちてモチだだ下がりでトレイルで遊んだりで練習不足だし、まともな実走がほぼ2ヵ月ブリだったりで相当ヘボくなってます。



しかしその若きワンピースマンは、そんなオッサンにマサカの先頭交代要求。


んなバナナ。



知ってるヒトならソッコーで断ってやりましたが、初めてお会いする方でしかもこの日初めて同じ班で走った方なので断るワケにもいかず。

一応前に出ますが即減速。

道の駅がゴールかと思ってたらその先のローソンと聞いて、更に萎えてしまったというのも減速の大きな要因に。



しかも後から聞いたら高校生だっていうじゃないの。

人生で一番体力がある時やで。
ソレなのに四十路のオッサンを前に出させたらイカンよ、イカン。






ヘロヘロのパーで休憩ポイントのローソンに到着すると、主催のめうさんは参加者の記録に余念がありません。

20170304_114443.jpg

サスガです。


ココ最近ツーリングをしてなかったので、そういう行動をスッカリ忘れてしまった私。
思い出したトコロで行動に移さないんですけども。





そして「フルコース」というのはココら辺までのようです。

ココで帰還組と昼食組に分かれます。

大半が帰還組ですが。
サイクルモードに行く方もいらっしゃるようで。





昼食はスグ横のシャレオツなカフェ、「カフェマンナ」というお店。

珈琲が美味しいらしいですよ。
飲んでませんが。


20170304_121314.jpg



20170304_123048.jpg

コレはゼリーです。




ちなみに、ココで昼食をいただいている時、アレエアロフレームの重要性に気付いてしまったようです。

既に双胴のアレを注文したとかしたとかしたとからしいので、鈴鹿では別人のような走りが見れるコトでしょう。





人気のお店のようなので食べるモノ食べたらトットと出発。

帰り道は大した登りも無いようですし、マターリマターリ。




途中、そういや走行風景を撮って無いなと気付き、クルマが入って来れないトコでこの日初の走行写真をば。


20170304_134444.jpg


アレは常にマスクで顔を隠すホドの匿名性の高い男なので、特定されないようにバイクにチョイと加工をば。

こういう気遣いが大人の対応ってヤツですね。





後ろも撮りましたが、

20170304_134451.jpg

ほぼ空。

いかに最近走行写真を撮って無いかが分かります。







そして何故かゴール手前の街中で登りが続くという罠に悩まされつつ、この日のライドはオシマイ。






この日の真の目的、


20170304_141355.jpg


コレも無事に受け取り完了。
(持っているのはめうさん)



きっちさん

ありがとうございました!


譲り受けたBONさんも鈴鹿に参加予定なので、当日本人に挨拶させます故。






そしてエージェントとして動いてくださっためうさん、ありがとうございました。

この後も更にエージェントさせてしまいましたが。





そしてそしてこの日ご一緒してくださった皆様方、ありがとうございました。
次は山以外でお会いしましょう♪










【走行距離】70.4km
【獲得標高】955m

レース以外で初めて心拍190台に。
おはみの(おそみの)オソルベシ。








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





ついでのハズがオオゴトでチビる

きっかけはBONさんが買ったVENGEについて語っている時。


BONさんがバイクを組んでシェイクダウンに来た日、ホイールはC50TU。

フム。
普段の練習からチューブラーはアレですよね?



「普段はC24使うつもりです」







え?





そんなバナナ。






エアロフレーム買っといてディープリム以外のホイール履くなんざ、一番やってはならない行為ですよ。

ソレ、ウチのチームの七つの大罪の一つ「エアロフレームにローハイトリム」に抵触して停職します。
※「七つの大罪」は気分と都合で変わります。



そもそもディープリム履かないエアロフレームって、そんな人一人しか見たコトない!

ヒルクライムだろうがダウンヒルだろうが平坦だろうがポタリングだろうがレースだろうが、いつでもドコでもディープリムという気概が無い人間はエアロフレーム、しかもS-WORKS VENGEなんて乗ったらイカン!
※個人的感想です。








数日後。









「ウーン…マジでどうしましょ」




ん?ナニが?







「いや、ホイールなんですけど練習用のディープリムナニ買おうか悩んじゃって…」






あ、真に受けてる\(^o^)/




いや、一応本音ではあるものの強制なんてするつもりも無く。

まぁでもBONさんご自身も思うトコロがあったのでしょう。
さすがVENGE乗りやで。
VENGE乗りは気概に溢れちょる。





ウーン…とは言っても…

基本的に数マン円程度で買えるクリンチャーのディープリムってあまり知りません。
というかそんなのあるんかな?


何だかんだでソコソコのお値段のするパーツを私の無責任な一言正論で買わせるというのもチト気が引けます。





あ!


そういえば!






買ったけど使ってないパーツをコレ見よがしにヒケラカし、欲しい人いるならクレテやるぜとブログで紹介しまくってた事故成金がいたな…




クレてやるパーツリストには入ってなかったので一応カタチだけでも買い取る体で聞いてみよう!

ただチョクだとメンドクセーからエージェントMTを通じて連絡だ!








「んじゃついでライドでも」


エージェントMTさん









というコトで大阪ライドが実現しました。



私にとっては近くて遠い大阪。




大阪を抜けてその向こうまではチョイチョイ遠征に行っておりましたが、大阪で走ったコトは過去2回。

自転車以外の用事(私用)で大阪を訪れたコトがあるのは40数年生きてきて3~4回かな?




クルマで2時間弱という近い場所ながら、その独特の結界のような空気感に、訪れるコトを躊躇させる街、大阪。

ヤン車は多いし関西弁コワいし吉本新喜劇は大好きだしでなかなか行く機会がありませんでした。

タマタマ大阪のお友達はイイ人ばかりなんですけどね。










んで当日。




村一番の小心者と言われて久しい私。
ドキドキしながらクルマでバーンとエージェント指定のパーキングへ。




するとそのパーキングでロードバイクに空気を入れている人をハケーン!

ウーン…どうも見たコトあるジャージだな…





「今日のライドに参加される方ですか?ワタクシ、ダイズと申しますがよろしくお願いします!」





などという社交性が私にあるハズも無く。
基本的に非対人傾向なのですよ。

違ったら恥ずかしいし、合ってたら後で分かるでしょ。




黙々と準備しつつアンパンをモグモグしてたらエージェントMTコトめうさんご登場。




いつ以来かな?
お久しブリですね。





するとそのバイクを準備していたのはロミオさんリップさん


ロミオさんはモノスゴイ低い腰で握手をしてくださいました。

エエ人です。
一声で100人集めるという人望はサスガですね。



後から聞いたらギックリ腰らしく、どうやら腰の痛みで強制的に腰が低くなってたんじゃないか疑惑が生まれましたが。





そんなコトしてるウチに本日の(私的)メイン、きっちさんが重役出勤。



20170304_074638.jpg


ちなみに上の画像、ロミオさんは写ってません。
トップブロガーは簡単に写真には写らんのですよ。

決して私がタイミングを逸したワケではありませんよ。






そしてきっちさん自慢のスパルタクスを堪能します。




当然数千枚に及ぶ写真を撮らせていただきましたが、その中で最もよく取れた一枚をご紹介しましょう。









20170304_074817.jpg



ウヒョー♪

カックイイー♪











さて。

ソロソロ時間になりましたので参加者の皆さんが待つウワサの「シン・イツモノバショ」へ向かいます。











すると…







20170304_075630.jpg




スンゲー人\(^o^)/


小心者の私はションベンチビりまくり。


何人いるんだっつーハナシですよ。
いつもこんな集まってんすか?




多過ぎてアレですので参加者の皆さんのご紹介は割愛させていただきましょう。
めうさんトコ見れば載ってますよ。
いや、決して覚えてないワケじゃないんですよ。





一通り自己紹介をしますが、人数が多過ぎて輪が大きくて聞こえません。
とりあえず私もいつもの無個性丸出しの自己紹介をしますが、殆どの方の耳と心に届いていないコトでしょう。



ちなみに今回は9割ホドの方が初対面。
チョーアウェイ。
しかも大阪。
マジコエー。

まさにオオカミの群れに1匹の子羊。




どんなライドになるコトやら…













つづく。











尚、このツーリングは膝の痛みでアタマがイパーイなのと、フルフィンガーグローブのせいでスマホ操作が面倒なので写真はかなり少なめです。
記憶(と他の方のブログ記事)を頼りに書きますので、少々内容が誇張される可能性がございます。

ご了承ください。










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター