人体実験コイた結果

さて、クリテ当日の朝。


先日のトレランで脚にオモクソダメージ負わせましたが、ランとバイクは使うキンニクが違うってコトで疲れ切った身体を無理やり起こします。


ココで一つ分かったコトは、使うキンニクが違おうが一緒だろうが疲労感は等しく訪れるってコト。
チョー眠い。



そしてベットから起き上った瞬間この日の終わりを予感しました。






まともに歩けん\(^o^)/



階段も手すりナシでは降りるコトが出来ません。



ウーン…このまま二度寝してDNSしようかな…

でも今年全然乗って無いというフレコミのなかさんもエントリーしてるし行かなかったらナニ言われるか…



というコトで歩行すらまともに出来ない上に疲労感満載の状態ではありましたが、とりあえず準備して平田へGO。



20170219_070012.jpg



…寒い。

最近は暖かい日もあるのに、この日は寒い日。




そして快晴。


20170219_070027.jpg


昨日晴れてクレヨ。






お着替えする前にBEN☆意をモヨオシたのでバイクに跨ってクレールのトイレへ。

ソコへ向かう時チョイとした坂を登るんですが、ソコが既にバーヤイ。
脚が回らん。

まぁでもまともに歩けない割には漕げるかな、という感じ。




アップして身体温めればチガウかな?と思い、トットとお着替えしてアップへ向かいます。





前日のお試しローラー同様、L3くらいまでならほぼ問題ナシ。

フム。

使うキンニク違うってのもあながち…


恐らくツーリング程度であれば、ランニングした後でも影響無さそうですね。
逆は知りませんが。
バイク→ランは未経験ですので。

別の理由で脚がゲキ重ですけど。



身体が温まってきたトコロで負荷を上げてみます。



クリテといえばアタッコ合戦。

コーナー抜ける度にインターバルが掛かりますので、ソレに備えなければなりません。




ってコトでダンシングde750Wホドまでアゲますが…





ダメだコリャ\(^o^)/


ココでウスウス気付いちゃいました。




しかしながらせっかくエントリーしたワケですし疲労困憊の身体を押してココまで来たワケですし、せめて1レースダケでも…



20170219_080053.jpg

…珈琲飲んで帰りてーな。


ペロさんなんて自走で来てトットと珈琲シバいてやがるし。





招集が掛かっても全然脚も気持ちもシャッキリしまへん。


20170219_081641.jpg


きっと落車ってこういう時に起きるんでしょうね。

コレはいつも以上に気を付けてレースに臨まないとイカン。



奇しくも同じ日に行田クリテリウムでとても残念な出来事が起きていたようですから。


この件に関しては、クリテに何度か参戦経験がありクリテ好きという立場から、炎上覚悟で思うコトをストレートに書こうと思いましたが、内容がイロイロ他のコトにまで発展しそうでヤメました。

機会があればいずれまた。





ソレでもスタートに並べば気持ちも昂りアタマもシャッキリ。

身体と脚の反応はレースが始まらないと分かりませんが、とりあえず気持ちはいつも通りまで持ってこれました。






そしてレース開始。







最初はロリータローリングスタート。

第二コーナーを抜け、しばらくしたトコロでレース開始です。




すると一人の選手が逃げを打とうとしたのか、結構なダッシュを見せます。

コレ、付いていけばこのまま一緒に逃げれちゃうんじゃない?と思いましたが、そうは問屋が何とやら。



後ろにも選手は続いていましたし、先頭の選手がスグ後ろに私が居るコトを確認したら即交代要求。

はえーな。



で、少しダケ先頭を走ってみましたが…






マジでダメだコリャ\(^o^)/

全然脚にチカラが入りません。





即交代要求de後ろに下がります。




そして私のレースは実質ココでオシマイ。





サスガに集団からチギれるコトだけは許されませんのでずーっと後方にヘバり付きますが、この日に限って先頭争いが妙に楽しそう。

後ろから見る限り、皆さん活気溢れる感じでレースを楽しんでいらっしゃいます。



アレに加わりたい…
しかし前に出て遊ぶ脚も無い…



集団後方は落車に巻き込まれるコトが一番の恐怖なので、いつも以上にマージンを取って後方をキープ。
身体が疲れているので反応も遅れる可能性大ですからね。




一応最終周回の最終コーナーを抜けた後は精一杯アゲてみました。
ソレまで充分脚を温存しましたからね。


ソレでも全然パワーが出まへん。
最高出力もヘボヘボ。



数人は抜いた気もしますが、途中でタレもしましたので抜き返されたかな?
入賞すら遠い位置でしたのであまり覚えておりません。





脚が全然回らないおかげで心拍はチョー余裕。
全然ハァハァしてません。






この結果は残念でしたが、ある意味想定内というかソレでも思った以上に走れたというか…



何せ朝起きた時は手すりナシでは階段も降りれないホドでしたから。

でもC5-5はキャンセルしました。
こんなんじゃ出ても楽しくないですからね。








この後は気持ちを切り替えてC5-5に出走するいとうさん応援ヒヤカシます。


20170219_092130(0).jpg


本来ツーリングジャージであるバッハジャージでレースに出るとはオフザケが過ぎますね。





いとうさんは前日走っていませんが、


20170219_093128.jpg


私と同じような位置でゴールしたコトは内緒にしておきましょう。

もっと上にイケるハズなんですけどね。普段の走力からして。









というコトで、クリテを終えての人体実験結果総括。


ランとバイクは確かに使うキンニクは違う。

ただ、ソレは主に違うのみ。



トレイルで18km弱走って(歩いて)膝もプルプルになるまで脚がナニしましたが、SST程度までなら問題無く回せます。



しかしレースとなると全然ダメ。

特にアタックが掛かると筋肉は総動員しますからね。



使うキンニクが違うとはいえ、そのキンニクも使ってオラオラしないとイカン場合には、そのダメージがモロ乗って来て踏み切れません。





【結果】

ランとバイクは主に使うキンニクが違うダケ。

レース前にトレランは控えよう。






んで。

この後同じキンニク使いに行くんですが…生きて帰れるんか?





まぁSHOROsトレイル部さんのコトですから、バイクのコトを思えばノンビリとナニ出来るでしょうから…




この時はそう思っていたんですが。








んで。

結局この日なかさんは現れませんでした(´・_・`)



なんてこったパンナコッタ








そしてこの週末はまだ終わらない…





多度トレイル過酷編へつづく。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




【おまけ】



そういえば、昨年11月以降リバーサイドプラザにおいて堤防下にクルマを駐車するコトが禁止となりました。
理由は平田クリテHPをご覧いただければシッカリと載っております。

そのお知らせが出た初めてのレースの時は一台もクルマが止まっておらず、さすがレースを愛する人達にルールを破る人なんて居ないんだなと思っておりました。


しかしその次戦もそして今回も、残念ながらクルマが止まっていました。

クリテに関係無い人達かな?と思いましたが、クルマからバイクを降ろして明らかにレースに備えている様子。



こういうのを見ちゃうと残念で仕方ありません。

駐車場からレース会場までホンの数百mです。
ロードバイクに乗る人が、レースに出ようとする人が、その距離の移動が苦になるハズもありません。



こんな些細なルールも守れないヤツは家でローラー回してるかクソして寝てろ

と思いますね。



そもそもたった1,000円の参加費で毎月レースを開催してくれるコトが、どれだけ恵まれてるコトなのかも分からんアホなんでしょうか。

ルールが守られないコトで運営さんに迷惑が及ぶとか分からないんでしょうか。

まさに社会不適合者。
どうせ交通ルールもロクに守れん輩なんでしょう。


クリテにエントリーしている以上HPも必ず見ているハズですから「知りませんでした」は通りません。

次戦以降、そういうアホな輩が消え去るコトを心から願います。





スポンサーサイト

大事なのは、出し切るコト

前回からのつづきです。








2時間エンデューロのナニと比べると、

20161123_114931.jpg

チョーサミシい3時間のスタート前ではありましたが、ヤル気マンマンで先頭に並んでのスタートです。

体調がアレでしたのでカラ元気でも出さないと気分が滅入っちゃう可能性もあったので…





数m前に並ぶキング・オブ・エンデューロのヘンタイさん方々はマスドスタートですが、我々の3時間エンデューロはロリータローリングスタート。

運営っぽいビブを着た外人さんが前を牽く様子。





ってコトでレーススタート。






その外人さんが、ホントにロリータスタート?と思っちゃうような速度で牽くので、ワリと早い段階でキングの方々と合流。

参加人数が少なかったせいか、ワリと早めに先頭集団は形成されたような気がします。




この日のレースはペースがソレ程キツくなく、問題無く先頭集団にくっつくことが出来ました。

前を回せと言われれば回せたかもですが、セコツキイチをキープしておりましたので順番など回ってくるハズもなく。


コースも狭いので、ムリに前に出るのもコワいですし、求められて無いのに出しゃばって前に出てもアレですし。







しかしこの日はレースペース以外に懸念材料は二つ。





まずは私の体調です。

朝からGallyYAMAMOTOなのと、イマイチ身体が重いコト。


まぁソレでも走り出しちゃえばどうにかなるかな?と思いつつスタートし、ダメならトットとピットイン…というかDNFしますね、とは事前にたかじんさんにお伝えするホド。





そしてもうもう一つはコースコンディション。



思いの外落ち葉が多いのです。


モリコロパークのコースは森の中を駆け抜けるコース。

しかも広葉樹がイパーイ。

なのでこの季節は落ち葉がイパーイ。



運営さんが送風機で落ち葉を排除して下さいますが、ソレでも追い付かない程の量。

特にコーナー内側に溜まっているトコロは特にヤベー。







そんなコトに気を付けつつ周回を重ねていきます。





20161123_130001.jpg




キッチリと集団最後方をキープして♪




岡国の時のように、チーム戦で出ていて数周で終わると分かっていれば積極的に回すんですけどね…多分…

レース活動限界が3時間の私には最後方にヘバリつくダケでも精一杯。





そして特に落車やトラブルも無く(若干アレな方はいましたが)時間が過ぎていきますが、40分を経過したトコロでついにやってきましたよ。






NYOWYが\(^o^)/







スタート前の水分摂取には一応気を付けておりましたが…


スタート前に水分摂取を控えて、涼しいこの季節なのにダブルボトル体制という保険を掛けて挑みましたが、大量の薬物を摂取する時に飲んだ水が効いてキタようです。



しかもこの日は真っ白なバッハジャージ。



私はインナーパンツ使用派ですので、少々のニョウモレならば問題無いものの、万が一貯水量を超えた場合はこのジャージのご臨終…そして私の尊厳がご臨終という恐れが。




コレ以上ボウコウに負担を掛けてもイカンので、ドリンク摂取は控えめに走りますが、何だかんだハァハァしていますのでドリンクは欲しくなる。

でも飲むとボウコウがボウソウするしウーン…






前傾を深くするとボウコウに負担が掛かるので、


20161123_130003.jpg


この辺りからチョイチョイダンシングをし始めます。
ワタクシ、普段殆どダンシングしないのでヘッタクソなんですよね…

だからスグ疲れちゃいます。








ソレでもこのレベルなら何とか耐えれるかな?と思いつつ走り続けますが、1時間を超えたトコロでついにきましたよ…







腹痛ぇ\(^o^)/


コリャヘタすりゃ前後モロのフルコースやで。






NYOWYをゴマかす為にダンシングしてましたが、今度はBEN-Eによってソレを封印せざるを得ません。

チカラ込めて立ちコギこいたらエライコトになります。





ソレでもせめてもの救いは、この先頭集団が何とかついていけるレベルであったコト。

コレがアゲアゲのムリゲーペースでしたら、とっくに諦めていたと思います。





このままイケるトコまで行こうかな…




そう思い手元のガーミンを確認しますが…










まだ1時間20分しか経ってねえ\(^o^)/





ヤメだヤメ!

あと半分以上、この腹痛とNYOWYを抱えたまま走れる気がしねぇ!

万が一のコトがあったら生き恥晒すコトになるし!





ってコトでトットとピットイン&トイレットイン。





ええ…





出し切りましたよ…








ナニを…









出すモン出したらトットとお着替え。

駐車場でなかさんに見つかりディスられます。




で、とりあえずたかじんさんを応援しますが、

20161123_102759.jpg


相変わらず視界に誰か居るのを嫌う御方だ…




一人でボーっと見ててもツマランので、

20161123_110315.jpg

2時間の準備を進めるこーさんをヒヤカシに。




ソロソロゴールかな?というトコロでコースに戻ります。




20161123_111840.jpg

あら珍しい。

誰かの後ろで走るなんて。




最後はその列車の方々を置き去りにしてのゴール。

20161123_114027.jpg

サスガです。



キッチリ上位にてゴールされていました。






この後、ワリとスグに2時間のレースが始まりますので、なかさん・こーさん、そしてKTMさんを少し応援してから帰るコトとします。

最後まで見たかったんですけどね。



私と、キングに出ていたブチオさんとダベっていた なかさんは並び損ねて、

20161123_121326.jpg

後方へ。



前の方には以前美濃サイクリングでご一緒したツダさんが。

20161123_121536.jpg


ココで#21さんのその後をお聞きしたり。





そして2時間は華やかにスタートしますが、

20161123_123031.jpg

後方に並んでいたSHOROs三羽鴉にはきっとナニも見えていなかったコトでしょう。





そしてやはり注目は、なかさんVSこーさんの対決です。

KTMさんは…別の作戦のようです。





まずは1周目。





20161123_123804.jpg


20161123_123814.jpg



なかさんが先行します。

少し間を空けてこーさんが追随。



このまま差が縮まらなければこのまま決着もあり得る距離差がありました。







んが!






2周目でこーさんが追い付いています。


20161123_124653.jpg



コレは面白くなりそうだ!






ちなみにKTMさんは、



1周目も


20161123_123851.jpg




2周目も


20161123_124812.jpg




マイペースを貫き続けます。

笑顔も貫き続けます。






と、ココで残念ながら時間切れ。


なかさんVSこーさんの決着を見るコトなく、家路につきます。




出すモン出したらお腹が空いちゃったので、久々の本郷亭de四川ラーメン。
Gallyなのに。
キムチも食うてやりましたワイ。


ソレが追い打ちになってのか、家に帰ってもGally継続中。

完全に出し切りました。








って感じで今年のラストレースが終了しました。


やっぱりレース前はちゃんと調整しないとダメですね。


出張疲れが残ってましたし、きっとソレが体調に影響したのでしょう。

そして40歳を超えてからというもの、NYOWYが結構な天敵に。
寒い季節は3時間も走れん。
2時間ならあるいはガマンしたかもしれないので、来年もこのレースがあるなら2時間ですね。
もしくはチーム戦。




レースペースは緩かった今回のモリコロ、ソレ以上に私のお腹が緩いんじゃ何とも締まりません。





ちなみに、今回の結果を兄に報告したら



「このシャバ憎が!」



と、ノブオ扱いされました。









コレでしばらくレースはお休みです。

そして1月から始まるクリテからまた来年は始まります。



来年は新たな試みのレースにも出る予定ですし、またイロイロ楽しみな1年になりそうですが、その為にはこの冬ちゃーんと鍛えておかねばなりません。

寒くなると一人で走りに出るのがなかなか難しくなっちゃうんですが、CTR練がある限り大丈夫!…なハズ!

誰も居なけりゃローラー回してゴマかせばいいかな








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







凶兆 (ツール・ド・モリコロのお話し)

20161123_114931.jpg


この華やかなダンスが見れたのは、我々のレース(3時間エンデューロ)が終わった後と、午後から始まる2時間エンデューロスタート前。




ソレを見たTかじんさん

「ワシらのレースは前座かい」

そうキレるのもムリはありませんね。





我々のスタート前はチョー地味でしたから。

20161123_081018.jpg

イキがって先頭並んだのに。

元SKEさんもナシ。









そんなツール・ド・モリコロのお話し。







このレース、去年までは春ダケだったような気がしましたが、今年は秋にも開催。

諸事情で鈴鹿をキャンセルしたので、ラストレースに何か出たいと思っていたトコロにこのレースの情報を入手。



というコトで3時間ソロにエントリーしました。






今年最後のレースというコトでソコソコヤル気マンマンだったハズですが、レース2日前くらいからどうも体調がイマイチ。
妙にダルいし頭痛もする。

出張疲れか…?
養老渓谷を歩いたツケか…?

そういやアノ時、

「自転車乗らねーならオマエ運転しろや」

と言われて、ずーっと運転もしてたな…



それでもキッチリ早起きして、現地へ一番乗り。

20161123_060345.jpg

まだゲートは開いてません。


しかも実は2番乗りでした。




アリーナで陣取ってやろうかと思ってましたが、中からエラそうなオッサン運営様がいらっしゃって、エラそうに「ゲート開くまでドコか行ってろや」的なコトを言われたので、


20161123_061500.jpg


近くのコンビニへ。




ココで既にこの日を占う腹痛が発生。

チョーGallyです。


イヤな予感しかしない。






朝イチから胃腸と格闘していると、たかじんさんもゲート前に到着のご様子。

というコトで念入りにフキフキして、再びモリコロパークへ。


20161123_062431.jpg


無事たかじんさんと合流です。




トットと受付済ませてアップしたいので、受付時間前ではありましたが凸します。

20161123_065350.jpg

ココでは丁寧で若い女性の方が、時間前だってーのに対応して下さいました。

朝イチのエラソーな野郎とはエライ違いだな





10月のモリコロの時は、駐車場内でのローラー使用も禁止されておりましたので、今回のアップは敷地外に出てする予定。

なのでトットと準備を整えてお外へGOしようと、たかじんさんにもお声掛けしましたが…



「ボクのアップはコレで♪」



20161123_074245.jpg



ランで心肺を上げるとのコト。

さすがチーム内で1・2を争うヘンタイさんです。



ま、同率1位が4人居て、私がブッチギリのビリなんですけども。






それにしても今回は参加者が少ない…


20161123_080416.jpg


2時間エンデューロは150名ホドのエントリーがあったようですが、3時間に至っては80人も居なかった様子。

春の半分くらいですね。

秋の開催を知らなかった人も結構居たんじゃないのでしょうか?






準備したりナニしたり数々のヤクをブチ込んだりしてたらイイ時間になっちゃいましたので、アップもソコソコにスタート地点へ向かいます。

20161123_130000.jpg


午後からの2時間エンデューロに参戦予定のなかさんが朝から応援に来て下さいました。



ココで当ブログにコメントを下さっているsilverさんとも遭遇。

ヤル気マンマンで並んでるので一緒にスタートするのかな?と思っていたら、チームメイトの代理で並んでいたご様子。
雰囲気はスターターだったんですけどね。








さて。

今回も作戦はとにかく先頭集団に喰らい付くコト。



春は2時間40分でチギれましたからね。

今回は何とか3時間残れるといいなぁ…



本当は先頭を回せればベストなのですが、ソレだけの脚が無いのと、あえてガンガン前に出るつもりも無いので…

ただ、もし先頭が巡ってきたら一応回すつもりで。
例えソレで脚が終わっても。






20161123_114143.jpg








つづく。











ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






クリテはレース(アタリマエ)

***************************************

【バッハジャージ募集のお知らせ】


この度「バッハジャージ」を追加生産するコトとなりました。

皆様方からのご応募お待ちしております。



※詳しくはコチラの記事をご覧ください。






既に一定以上のご応募をいただいており、割増料金無しでの生産が可能な状況です。

今月末まで募集致しますので、よろしくお願いいたします。


***************************************










平田リバーサイドプラザ・クリテリウム(通称:平田クリテ)第11戦のお話しです。





先日の最終戦が雨で中止となってしまいましたので、この日が実質最終戦。



昨年末頃からクリテに参戦し始めて、ようやく1年ホド経過はしましたが、5月以降は他のレースやら遠征やら雨やらであまり参加していませんでした。

何となく久しブリブリブロッコリー。



今回はC5-4とC3でエントリーです。



しかしC3はC5が終わってからの脚次第でキャンセルする可能性大。

今年の年初は両方出てましたが、ココ最近はC5で力尽きるコトが多くC3は出ていません。





また、今回のC5では脚の調子次第では思いっ切り勝負に出ちゃおうかな~・・・なーんて思ってみたり。








というコトで当日。



20161113_065240.jpg




今まではクルマを堤防下の草ボウボウのトコロにクルマを止めておりましたが、国土交通省からのお達しで駐車禁止に。

元々公園敷地ではなく、国交省管轄の土地となるので、今までがダメだった…というコトです。


しかも最近堤防からトラックが落ちてくる事故があったようで、下にクルマが止まっていたらエライコトになってましたね。

と、平田クリテHPに載ってました。





というコトで受付に近い駐車場を確保すべく朝イチで会場へ凸します。




おかげでクルマはスッカスカ。

20161113_065250.jpg




早く着き過ぎてやるコトもないので、とりあえずスマホで色んな方々のブログを徘徊。



すると同じ考えだったのか、ホドなくしてなかさんがご出勤。


一旦クルマを止めますが、



「C5-4(最初のレース)で帰るのにココ止めるのはアレじゃない?」




…確かに。

人とバイクとブチョー珈琲で溢れる会場をかき分けてクルマを出すってーのもアレですね。





ってコトで少し離れた南側駐車場へ移動します。

離れてるって言っても自転車で移動しますし、全然大した距離ではないので問題ナシですね。




それにしても…

堤防に止めようとするクルマが1台も無かったってのは素晴らしいですね。


1台や2台は間違えそうなモンですが…

サスガ平田クリテに参加されるような方は立派な方ばかりです。
※特にワシ。







ちなみにこの日は「鈴鹿エンデューロ秋SP」の翌日。

私は諸事情により参戦を断念しましたが、なかさんは前日キッチリ4時間ソロでアゲているにも関わらず平田にも参戦。



「こーさんは逃げた」

なかさんがそう仰ってました。



ペロさんは自走で会場に訪れるホド漲っていましたが、回復走がてら見に来たダケとのコト。

ガッカリです。






クルマを移動したり準備したりしてたらイイ時間になってきましたので、そろそろアップ&試走開始です。



コース上には落ち葉が結構ありましたが、運営の方々がちゃーんと掃除してくださっています。

ホントにありがたいですね。


毎月わずかな参加費で開催してくださるダケでも充分ありがたいのに、キッチリとレース環境を整えてくださいます。

落ち葉以外にも、毎回イロイロとコース環境を整えて下さっていますしね。






若干寒さはありますが、まだ冬用ジャージは必要無さそうなレベル。

身体を温めた後、心拍を上げておくのと脚の具合を確かめる為に少しアゲますが…






ダメだコリャ\(^o^)/



モモ筋が疲れとる。




ウーン…一昨日のスクワットが効いてるな…

コリャあの作戦は確実にリームーなので大人しくしていようそうしよう。







そう決めてスタートラインに並びます。


20161113_082647.jpg


この日一緒に走ったのはなかさんいとうさん


なかさんは私の師匠なので言わずもがなですが、いとうさんもすっかりクリテにハマったご様子。

イイですね♪






おかげでワリとリラックスした状態でレーススタート。





最初はローリングスタートですが、バックストレートに入っても全然ホイッスルが鳴りません。

まさかこのまま1周する気なのか…4周しかないのに…




と思ったらようやくレーススタート。

最近はローリングタイムが長くなったのかな?





今回はムリをせず集団内でコソコソするつもりですが、出来るダケ前方に位置するよう心掛けました。

インターバルが掛かるのも避けれますし、落車リスクも減ります。



私の中で「落車を絶対しない人」と思っていた なかさんが前回落車していますからね。





時折前を牽きつつ走りますが、飛び出す選手も無くレースは小康状態を保ったまま最終周へ。





その時私は何の因果か前を牽いてしまいます。

20161113_082648.jpg

1コーナーをノーリスクで入れるのはヨカッタんですけどね。




バックストレートに入ってスグに三番手に交代de後退。

なかなかイイ位置かな?と思ったら先頭がオモクソ減速します。


ウーンこのままツキイチをキープするかな…と思いましたが、その隙に後ろから大量に来られても第3コーナーでエライコトになりますしね。

仕方なく先頭に出ます。



でもソッコー交代してやろうと、即左によって減速しますが…





全員ケツに張り付いてケツカル\(^o^)/


お見合いか?

この日はそういう日でしたね。

大人しい人が多かった。
私含めて。




やっぱり後ろから大量に来られるのがイヤで、結局そのまま少しダケ上げて先頭で最終コーナーを抜けるコトに。





ホームストレートに入ってスグに少しアゲてみたものの、そもそも脚が残ってないので大してアゲるコトも出来ずにいると、後ろから1台のバイクがエライイキオイで抜けて行きました。


コリャイカンとスグ追いましたが、全然アゲれません。





結局その選手が1人抜けてトップでゴール。

残り5人が1車身差ホド離れて、団子状態でそのままゴール。





一応次戦のシードは取れたのでヨシとしますが、また勝てませんでした。

その次戦も雨で中止ですし。






早くC5を勝って卒業したいんですが、なかなかウマくいきません。

今回勝った方も「ようやく勝てた」的なコトを仰ってたのが聞こえてきましたしね。
何だかんだ勝つのは難しいのです。



そもそも、二日前にスクワットなんてやったらイカン。



エンデューロ前の週はローラーも控えめにして疲労抜きをするのに、クリテは距離が短いからって疲労抜きなど一切しません。

しかしソレがイカンのですね。



距離は短いですが、強度はかなり高いですからね。




今更ですが、クリテはレースなのです。

アタリマエですが。




チョーシこいてローラーなんざ回さずに、大人しく筋膜リリースローラーを回しておくが吉なのです。






当然、妙に脚がパンパンになっちゃったのでC3はキャンセル。



応援に来て下さったツカさんご夫妻やまさんデリさんとおしゃべりタイム。

20161113_090959.jpg


一応C3までは見学していきましたけどね。





その後は駐車場に戻ってなかさん・ペロさん・デリさんと、デリさんをライドに駆り出す計画を模索。




いとうさん、ツカさんご夫妻は背割をアゲアゲされていたようですが…

一声いただければ馳せ参じましたのに。








さて。

次のクリテは1月です。




しばらくクリテ以外のレースはありませんので、ソレに向けて頑張りますよ。




CTR練も、山が閉鎖されたら背割5往復とかの平坦メイン練習に…

いや、イカレ陣が多度5本とか仰ってたような…
ソレは無視しよう。
私にはムリ過ぎる。




いなべまでトランポして、いなべ周回5~6周でもいいですね。

アノ辺よく雪降りますケド。










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





【岡国編】その漢の名は

全開前回からのつづきです。








ホワイト輪業さんから最後のバトンを受け継いだ私が、


20161010_0000050.jpg


ラストランへとデッパツします。





この時点で残り45分ホド。

スタートした時点では最終走者をホワイトさんかコンソメさんのどちらかにお願いするつもりでした。



人がまばらなサーキット、しかも風が出てきたこのコースを45分も黙々と走る元気が無かったからです。
気持ち的にも身体的にも。



順位もほぼ確定し、それなりの速度で残りの時間を走り続ければ順位を落とすコトも無いというのも、アゲアゲで走る気持ちになれなかった要因でもありました。



かといってチンタラ走るのも逆に気分がよろしくないので、好きなレイアウトのこのコースをコース幅いっぱいに楽しみながら走ります。



20161010_0000053.jpg



この時点でコース上にいる人は皆さんすべからくお疲れでしょうから、私が抜かした選手が私の後ろにつこうが一切お構いナシ。

先頭交代を要求する気すら起きません。


でも私を抜かす人が来たら遠慮なくツキイチしようと、チョイチョイ後ろをチェックしてましたけども。






3周ホドしたトコロでコンソメさんから


「あと5周!」


という声が飛んで来たのをヨーク覚えております。





ソレ、残り時間全部走れってコトじゃないの。




20161010_0000054.jpg


このポーズは決して「任せとけ」ではないコトダケは確かです。






あと1~2周したらピットに戻ろうかな?と思いつつアトウッドカーブを爽やかにクリアし第一コーナーへと向けて走っていると…




んん?



あの人は…







後ろからアノ人が迫ってきます。







アレは…



20161010_0000055.jpg


20161010_0000056.jpg




乗り気さんだ\(^o^)/






ピットから「後ろ!後ろ!」という声が飛んできましたが、


ええ、とうに気付いておりますとも。


20161010_0000057.jpg




コリャ最後までラクさせてもらえそうな予感!

こうなりゃ交代なんぞしておれん。





というコトで。




20161010_0000060.jpg




私お得意のスーパーツキイチ開始です♪

絶対前になんて出ねぇ。





って書くとなんやかんや言う人が出てきますが(身内に)、コレにはワケがあるのです。





乗り気さんと合流してスグに私は確認しました。



このまま最後まで行くんですか?


「ハイ」




んじゃ最後までよろしく~♪


「イヤイヤ…回して行きましょうよ~」




ん?遅くなってもいいのかな?


「んじゃイイです」








「んじゃイイです(キッパリ」


おし!言質取ったど!





という会話がありましてね。

ご本人公認でツキイチOKとなったのですよ。



更に、関係筋の情報では彼は私より一回り以上若い。
そして当然私より強い


私だったら自分より一回り以上年上の方に、しかも自分の方が明らかに強いと分かっていれば、前を牽かせるなんてコトはしません。


無論、乗り気さんもそういう漢気溢れるナイスガイですので、コレ以降も前に出てクレなどと一切仰いませんでした。




なのでずーっとツキイチ。

20161010_0000061.jpg





当然、彼を讃えるコトも忘れません。


20161010_0000062.jpg


20161010_0000066.jpg




でもこの態勢で彼の後ろはキツイ。


20161010_0000067.jpg


ちゃんと走ろっと。





次の周回でも当然ツキイチキープ!


20161010_0000069.jpg






というのはホームストレート前ダケにして、タマには交代しましたけどね。

特に下り基調の向かい風は明らかな私のSPなので、ちゃーんと風避けになりますよ。






でも皆さんにもその姿をお見せしないとゲスイだの黒豆だのと言われたい放題ですのでね。




第一コーナー付近で「彼らに証拠見せるんでヨロシク」とキッチリ乗り気さんに話を通して、


20161010_0000073.jpg


ちゃーんと前を牽くトコを披露させていただきましたよ。





ワシより若くて強い乗り気さんを!


20161010_0000074.jpg





ワシが牽いとる!


20161010_0000075.jpg





皆さん、確認OK?










というコトで最終周回へ突入。








すると明らかに乗り気さんの速度がアップ。

最後の仕上げに入ったな?



まぁツキイチ決め込んでるウチは、トンでもないアタッコ仕掛けられない限りはチギられるコトも無いでしょう。

彼のペースアップは私をチギろうとするソレではなく、恐らく自分との闘い…そんな感じでした。




んじゃその邪魔しちゃいけないねってコトで、その周回は完全ツキイチ。






しかし私は悩んでいました。


最後に二人で肩を組み、爽やかさマルダシ大団円ゴールがいいのか、ソレとも…




4秒ホド悩んだ結果、私は決めました。




そんな爽やかさなど誰も望んでいない!

欲しいのはネタのハズ!



その為にオレはあえて悪名を被る!

ってホドでもないんですが。




というコトで、第一コーナーまで乗り気さんのツキイチを脚を溜めに溜めます。

強度は上がったものの、ツキイチならば充分スプリントに向けた脚は残せます。






そして第一コーナーでついに仕掛けました!






右から飛び出しダンシング開始!


ソレをガッツリ追う乗り気さん!


途中から私の後ろについてキタ人が2名飛び出し、前に出られましたが。






1周ツキイチをキメ込んだものの、脚には疲労が残り思った以上にパワーが出せませんでしたが、ソレ以上にパワーを使っているハズの乗り気さんがスグ後ろのヘバリついて来るので、最後のチカラを振り絞ってのスプリント!













20161010_0000078.jpg








獲ったど!






まぁ周回数もチガウので、この結果がそのままレース結果では無いんですけどね。


ソレでも気分は上々♪

飛び出した二人には追い付けませんでしたが。








ゴール付近で盛り上がってくれた皆さんに、


20161010_0000079.jpg



調子ノリノリの様子をマルダシ。






ピットに戻れば気分はアゲアゲのウキウキ。


20161010_0000080.jpg






終わり良ければ全てヨシ!


最高の気分で終わるコトが出来たのは全て乗り気さんのおかげです。




村の住人の一部からは、「笑顔で人を死なす」だの「乗り鬼さん」だの「悪気さん」だのと目にしたコトがありますがトンデモナイ。




私はこの日、彼の名の由来を知ったのです。




「タダ乗り大歓迎の、前のイイ好青年」





略して乗り気さんなのだと。








この爽やかな笑顔のドコが悪い顔なのだ。


20161010_160955.jpg



私に最高の気分をプレゼントしてくれる彼が悪いハズがない!

彼は素晴らしいローディなのだ。



ポジティブキャンペーンするって約束、これくらいでいいかな?











というトコロで今回のレースは終了です。


結果は6位。

20161010_165047.jpg


交代ミスが無く、集団からチギれなければあるいは…という気持ちがある分、この結果には全然満足出来ず、むしろ後悔の方が大きかったですかね。
結果に関してのみ、ですが。

レース自体は楽しかったです。
このコースは好きですし。






そして一つ分かったコト。



それは私はチーム戦に向いていないというコト。





以前兄に一緒にチーム戦に出ようと誘って断られたコトがあります。

その理由が、


「待ってる間ヒマじゃねーか」





私と兄は、基本的に性格がソックリ(と言われます)。



私も走っていない時の集中力が壊滅的に無くなるんですよね。

なので呑気にローラー回したりプラプラしたり。



特に今回のようにアバウトな作戦で臨んじゃうと、気が抜けてgdgdになってしまうのです。




と言いつつも、今回のチームはちゃんとやれば表彰台もあるいは…という思いも強いので、お二人と気持ちが合えばまた出たいかな。

もうすぐホワイト輪業さんも住友輪業さんに戻るでしょうし








なんて思いを引き摺りつつ、この日の〆はやっぱりココで。


20161010_174917.jpg






完全復帰(自転車的な意味で)には程遠いマスターの置かれる状況を不憫に思いつつ美味しい珈琲をいただき、この日お世話になった皆さんとお別れを惜しみつつ、

20161010_190444.jpg


この日はオシマイ。




ディーさんから今年の牡蠣情報も仕入れたコトですし、また近々お邪魔しますけどね♪










この日ご一緒した皆様方、




20161010_000001.jpg





ありがとうございました!










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター