インフルエンザー

気付いたら2月ももう終わりに近づいておりました。

2018年になってチャリ活にヤル気を全く見出せないままはや二ヶ月。
今月の実走は1回のみ。
まぁでも1回乗ったダケでもエライもんだ。




しかしながら単に惰眠を貪っていたワケでもないので、ココ最近の活動報告をば。

活動内容的に画像多めです。
あしからず。







【多度トレイル①】


5月のトレイルランイベントにエントリーしてますので、時間と気持ちの許す限りトレーニングせにゃならんというコトで、たかじんさんと二人で。

20180210_063947.jpg

雪ダルマを笑顔でシバくたかじんさん。


実はKTMさんもお誘いしたんですが、翌日にAACAがあるとかいうワケのワカラン理由で欠席。
私もエントリーしてたんですが、前日に結構な雨でしたのでDNSを早々に判断。
しかもソレが正解で、KTMさんもこーさんも結局DNSされたそうで。
さすがワシの判断力。

20180210_062057.jpg



しかし久々のトレランにハシャぐ たかじんさんのせいでマサカの大参事。



凍て付く多度の山道を、


20180210_064835.jpg


20180210_074300.jpg


20180210_073657.jpg


20180210_073538.jpg



時にはキロ4分台を叩き出して駆け抜ける始末。

おかげで脚がリアルガチバッキンガム宮殿。




だのにラストには心臓破りの階段を3往復強制させられる始末。

20180210_074917.jpg

たかじんさんは4本イッてましたけど。



この日のダメージは数日抜けませんでしたワイ。



20180210_074614.jpg












【牡蠣練】



今年もやってきましたこの季節。
牡蠣以外はクチにしたらイカンというCTR名物牡蠣練。

当初は西播磨まで行く計画もありましたが、とにかく遠いのでヤメ。
もうそんな元気はナッシング。

なので牡蠣を呼び出し(お取り寄せ)。

今回は人数も増えたので殻付き牡蠣20余kg・剥き身3kgを用意。

20180211_122842.jpg

半日かけて食べ尽くしました。
室津の牡蠣はウマい!

でも1品作り忘れたモノがあったので、ソレはまた次回。




そしてこのあたりから前兆が…











【御在所雪山ハイク練】


20180212_083726.jpg


雪山を登ってみようというコトで、逃げ道ロープウェイがある御在所へ。


20180212_085801.jpg



二日前の多度ダメージと前兆がアレでしたが、雪山の魅力に負けて強行。
山をナメんな?
いやいやワシをナメんなやで。


前半は登山道というか土石流的なモノの上を歩く道。

20180212_090247.jpg


20180212_092657.jpg


災害でこうなったらしいですよ。


IMG_7711.jpg





結構な寒さなので、流れてる水も凍り付いています。

20180212_093720.jpg


IMG_7717.jpg

そんなトコを手すりにつかまりながら。




イイ感じのトコロと登っていると、

20180212_101130.jpg



向こうに見える氷壁。


IMG_7719.jpg


ヘルメットやらハーネスやら装備して登ってる人が結構居ました。
いずれチャレンジを…いやムリかな。
いやでも装備を揃えれたら…



なんてコトを考えながら登っていると、北斜面に樹氷が見えるように。

IMG_7730.jpg

ワシの腕では伝わりませんが、太陽光が当たるとキラキラしてキレイでしたよ。



しばらくすると我々の登山道側にも樹氷が見え始めますが、山頂の真っ白な樹氷と違い文字通り「氷」が付着してます。

IMG_7744.jpg


コレがまた太陽を透かすとキラキラするんですが、気紛れな雲のおかげでイイ感じのナニを捉えるコトが出来ず。

コレが精一杯。


IMG_7745.jpg



更に登ると段々白くなる樹氷。

IMG_7748.jpg


この移ろいはロープウェイじゃ味わえませんね。
自ら登ってこそ。



ちなみに山頂付近の樹氷はこんな感じ。

20180212_103551.jpg



風が全方向から吹き荒れてるような場所は樹氷というかなんちゅうか本中華。

20180212_121238.jpg




雪深くなった山頂付近をモリモリ歩き、

20180212_103601.jpg


20180212_104338.jpg



山頂のレストランでメーランをシバきます。

20180212_105932.jpg

前回はカレーうどん。




腹ごしらえしたら山頂付近を散策。


20180212_112532.jpg


20180212_115036.jpg


1518412464517.jpg


IMG_7773.jpg


IMG_7803.jpg



前回は結構な吹雪でしたが、今回は青空も見えてイイ感じ。








帰りはロープウェイでラクチン下山。
次は往復歩きまっせ。

来月の菰野ヒルクライムも武平峠までハイクしてチームメンバーの写真を撮りに行きますので、もしご参加するお友達の方がいらっしゃればご連絡またはコメントください。
撮り倒します。
ドアップで。
ヨダレハナミズ垂れ流してるトコを。

あ、伊吹も撮影ハイクする予定ですのでヨロシクです。






そしてこの日の夕方から強烈な寒気に襲われて、風呂に浸かってるのに寒いという珍事が発生。

翌朝も熱が下がらんので医者に行ったら見事A型認定


39.8℃まで熱が上がりましたワイ。










【藤原岳雪山ハイク練】


インフル明けの日曜日。
5日間会社を休みましたが、医者から通常生活に戻っていいよと太鼓判をもらいましたので、ならば雪山へとレッツGOミノル。
今回もKTMさんと共に。

雪山ハイク部正式発足ですな。
入部者随時募集です多分。
部員は今んトコ我々とBONさんの3名。


行き先は御在所岳と共に鈴鹿セブンマウンテンに数えられる藤原岳。

20180218_080308.jpg

ココに来たおかげでセブン制覇に目覚めます。





前日に雪が降ったおかげで道中も結構な雪でしたが、

20180218_073128.jpg



おかげで某セメント工場の線路付近はナイス撮影スポットに。

20180218_074051.jpg


何枚か写真は撮りましたが鉄道に興味が全くない私が撮った写真を見た鉄がキレてもイカンので、スマホでテケトーに撮った一枚のみ載せておきます。
KTMさんが見事な構図で撮っておりましたよ。
KTMさんの写真もイイ勉強になります。





入口付近は雪も全然でしたが、

20180218_082257.jpg



しばらくすると(四合目付近くらいから?)雪だらけ。


20180218_082506.jpg


20180218_090032.jpg


20180218_091813.jpg


雪が解けた下山時はドロドロでしたけども。





七合目を過ぎると結構な雪山スタイルになり、八合目からは突如勾配が上がってアイゼン必須に。

20180218_093206.jpg





ピッケルかストックがホンキで欲しくなるレベルの登山でしたが、ヤル気マンマンの我々は何とか登頂。


1518933254799.jpg



IMG_7860.jpg




御在所と違ってココにはレストランはありまへんので、山小屋で激ウマカップラーメンをば。

IMG_7877.jpg


陽が当たらん分、むしろ外より寒い山小屋でしたけども。




次の竜ヶ岳もカップラ持参やで。
BONさん、お湯関係の道具諸々ヨロシク。





腹ごしらえをしたら山頂付近を散策。

ヒップソリを持ち込んではしゃぎ回るジジーババー諸先輩方もメニーメニー。




1518933306011.jpg


1518933225257.jpg


20180218_110436.jpg



IMG_7905.jpg





一部で漂う死の世界感というか賽ノ河原感というか…


20180218_110632.jpg



1518933295447.jpg



思わず石積んじゃいましたワイ。







インフル明けで相当身体が鈍っているのか、下山したら膝が大爆笑レベル。

翌日のスクワットが悶絶でした。






ちなみにココの駐車場、兵庫県は相生駅前の某駐車場を超えるレベルの良心に訴える料金徴収方式。


20180218_123835.jpg


クルマのナンバーを書く紙すらありません。
箱があるのみ。










【多度トレイル②】



DSC_0001.jpg



前回の多度トレイル翌日の牡蠣練の時にsyuさんに「ワシも誘わんかいコラッ」と恫喝されたのでホントは絶対強度が上がるからマジ勘弁なんすけど、たかじんさんとsyuさんと3人で。


前回は12kmホドのコースでしたが、今回はチト距離を伸ばして約20kmのトレイル。
平地でもそんなに走ったコトないのに大丈夫かな?と思いましたが、チョイチョイ休憩入れれば何とかなるでしょってコトで。



6時過ぎ発でしたが、コース次第ではもうこの時間ならライト無しで行けますね。

DSC_0003.jpg




普段家の近所ではまず見れない見事な霜柱にはしゃぐワシ。


DSC_0006.jpg




鉄塔下で電磁波を浴びながら休憩したり、


DSC_0009.jpg





思いの外雪が残ってる尾根を楽しんだりラジバンダリして、


DSC_0012.jpg


DSC_0035.jpg


DSC_0020.jpg


DSC_0027.jpg


DSC_0029.jpg



何とか約20kmを走破しましたがマジ疲労困憊。

距離がチト長めなのでってコトでペースは落としてたんですけどね。



尚、今回も「翌日にシクロクロスが」とかいうワケのワカラン理由によりKTMさんは欠勤。
「オフロード」という括りで考えればよいアップになったハズなんですけどね。











というのがココ最近の私の活動でヤンス。




え?チャリですか?





モチロンSPINTはガッチリローラーに固定してますし(回してるとは言うてない)、VENGEに至っては


20180219_184729.jpg



雪山用グローブ干しとして大活躍しとります。

床の間に飾るダケの軟弱野郎とは違うんですよワタクシは。







…この冬乗りたい人いればお貸ししてもよかったな。

一応来月に二之瀬が開通すればチャリ復帰するかもしれない可能性がもしかしたら湧き上がるかもしれないのでもうアレですけどね。







当面は山活が続くと思いますので、トレランやらハイクやらに興味がある方はいつでもお待ちしてます。

私は超絶初心者なので道案内してくれる方は大歓迎です。








尚、今週からカラ出張が始まりますが、今回はついにチャリを持ってくコトすらしません。

今回持ち込む機材はキャメラのみ。


ハマの夜景やら川崎のコンビナートやらシバく予定です。

案内してくれる方大歓迎。









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

まずは頂へ

乗鞍バイク&ハイク編のつづきです。






ヘコヘコと乗鞍エコーラインをバイクで登った一行。

荷物をコインロッカーにナニして剣ヶ峰へ向けレッツゴー。


20170729_105627.jpg


この画像をご覧いただいてお分かりの通り、スンゲー人です。


スカイラインは5月~10月、エコーラインは7月~9月と乗鞍の季節は短いですからね。
何でも無い週末でも人がイパーイなのは仕方ありません。
山頂まで9割バスで登って、歩くのは残り1割ってのも魅力の一つでしょう。



「毎月最低100km」を掲げ日々アホみたいにランニングに取り組んでるKTMさんたかじんさんは、トレーニングのコトしかアタマに無いので、

20170729_105731.jpg


キレイに咲いてる花を見つけてもパーフェクトスルー。



「ランしないんすか?ランじゃないんすか?」



たかじんさんはずーっとそう言うてましたが、この人混みでは走るコトなどなかなか叶わず。


と思いきや、少し人がバラけたトコロで途端に走り出す始末。

1501336345616.jpg

当然走ってる人なんて誰一人おりませぬ。


標高2,800mホドですからね。
酸素足りなくてブッ倒れますぜ。



ハイキングコース的な砂利道が終わったトコロで本格的な登りに差し掛かりますが、ソコで無情の雨。

素人考えではこのまま先に進んでイイのか分からないので、KTMさんがトイレから戻ったら判断を委ねようかと思いましたが…






20170729_111823.jpg




ヤル気マンマンでした\(^o^)/

私は山をナメくさってましたのでチャリ用のウインブレしか持参しておりませんでした。
特に問題は無かったですけどね。




というコトでココからはチト大変な登り(自分比)を進みます。

1501336342206.jpg






この「剣ヶ峰入口」を過ぎてスグに、岩がゴロゴロした登山道に。

20170729_113201.jpg



「ランしないんすか?ランじゃないんすか?」

と言い続けてキタたかじんさんもサスガに走る気にはなれなかったようで。



そもそも人が多くて大渋滞を起こしてるので、走るドコロではないです。

道も狭い上に大きい岩がゴロゴロ、登山者と下山者がスレ違うコトもままならない場所もいくつかあり、結構なお歳を召した方も多いのでペースはチョーマターリ。


20170729_113608.jpg


…もし人が少なかったら走らされてたんだろうな。




ずーっと霧が出ておりましたので景色を楽しみながら登るコトはなく、ただひたすら目の前の岩との闘い。

エコーラインで酷使した脚に鞭打ちながらエッチラオッチラ。




すると山頂っぽい棒が立ってたのでとりあえず撮ってみますが、

20170729_114703.jpg

ほぼ全ての登山者がスルーしてるコトでココじゃないコトを認識。



ちなみにこの時点でKTMさんとたかじんさんとは既に逸れております。
あの方々は霧に消えていきました。


この時点で標高2,980m。
標高的にはあと少し。




再び岩ゴロゴロのトコを登っていると、周囲から「おお~」と声が聞こえてきました。


その人達の視線の先を追うと…




20170729_115706.jpg





ホンの一瞬、ホンの少しだけ晴れた霧の隙間から、今自分が立つこの場所は雲の上なんだと分かりました。





そしてついに剣ヶ峰に到着。

20170729_120644.jpg

ちゃーんとお参りも。




ホントは若いギャルにお願いしたかったけど居ないので仕方なく近くに居たオジサンにお願いして3人で記念撮影。


20170729_120520.jpg


いわゆる証拠写真ですな。





一応一人での写真も撮ってもらいましたが、実はこの時背景もナカナカな感じだったという…

1501336324808.jpg

写ってませんでしたけど。




(ほぼ霧の中でしたが)しばらく景色を楽しんだトコロで、チャリで登って来たエコーラインを眼下に見ながら下山開始です。

20170729_122621.jpg


段ボールでもあればザーっと滑って降りたいトコですな。



登ってる時は必死&霧が出ていたので、こんなイイトコ歩いてたとはツユ知らず。

1501336331547.jpg




再びゴロゴロの岩場を下って、

1501336338442.jpg



剣ヶ峰入口まで無事帰還。

20170729_124629.jpg



たかじんさんの服装を見ていただくとお分かりかもですが、この時期(7月末)なら太陽さえ出て居れば例え標高3,000mとはいえ寒いというコトは無いです。
ただ準備は必要でしょうけども。

あと、登山用のシューズはあった方がよさそうですね。
多分ズックではキツイんじゃないかな?



剣ヶ峰入口から畳平への道でも、往路では気付かなかった景色を楽しみつつゆっくり戻ります。

20170729_125216.jpg


20170729_125546.jpg






畳平に戻ったトコロで再びバイク装備に換装して、今回のハイク企画のきっかけとなったあの尾根を目指して、


20170521_121518.jpg





5~10mくらいしかない視界の中、スカイラインを下ります。



20170729_132516.jpg






この霧であの尾根への登山道を見つけるコトが出来るのか…?








つづく。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





アノ人は今

最近諸事情により休止されておりますが、ユルイラストと独特の空気感で大人気、名古屋が誇るロードバイクブロガーのアノ人の今。

気になりませんか?

「今」といっても少し前の出来事ですが…
















20170320_093804.jpg



お元気です\(^o^)/



そんなお話し。












とある休日。


どうしてもトレイルに行きたくて、尚且つ、いつもの多度山ではなく養老山脈を縦走してみたくなっちゃいまして。


しかし私はサッパリ道が分かりまへん。



というコトでアノ方(ランもバイクも続けるって書いてありましたが、ブログ休止中ですしたくさんの応援コメントが入ってましたし何となくアレなのでお名前は一応控えます。)をお誘いしてご一緒していただくコトに。


そして多度山でのトレランレースを控えているカンパチさんもご一緒していただくコトに。




今回は時間の都合で縦走片道切符。

なので多度山麓で集合して、クルマでイイトコまで移動してからのスタート。


20170320_081349.jpg




そしてイキナリ始まる激坂。

20170320_081533.jpg



そして激坂。

20170320_081658.jpg


こんなトコ走れません。




ヒィコラ登っているとあっという間にこんな景色が見れる高さに。

20170320_083725.jpg




しかーし!




20170320_083905.jpg

まだ5合目。

多度山頂や二之瀬(庭田山)山頂とほぼ同じ高さなのに。



まーだこんなに上があります。

20170320_083730.jpg




とりあえず最初に登り切っちゃえば峰をウヒウヒ出来ると信じつつ、ヘコヘコ登って、

20170320_085813.jpg


ようやくテッペン的なトコロに。

イカした公衆トイレがありましたが、変なの写りそうなので写真は控えました。






そしてココから始まる縦走。

アノ方の先導で進みますが…


20170320_090455.jpg


文字通りの道無き道を進みます。

しかしコレがトレランの真髄(のハズ)。





森の中をしばらく走っているとやって来ました、

20170320_091154.jpg


ホリケンパラグライダー離陸ポイント。




当然の如く、

20170320_090821.jpg


20170320_090834.jpg



仁王立ちます。

スンゲーイイ景色。


多度山頂よりパノラマ感があります。



しばらくココの景色を楽しんだら再び出発。

20170320_091159.jpg




しますが…




20170320_091547.jpg



「アレ?」







え?

山中の「アレ?」って致命的なヤツじゃ…





しかし大丈夫。

文明の利器が発達した現代、便利なアプリがあるのでアノ方がソレをチェック。





その間モーツァ○トな切り株を見つけたので画像を確保。

20170320_091631.jpg





この後も道無き道をグングン進みます。

数メートル横には走りやすそうな道が見えますが、あえて道無き道を。



「多分アレが今度の多度トレランのコースですよ」




そう言いつつも、徹底的にソコを外しカンパチさんに一切の下見をさせずに走り続けるアノ方。

プロです。






しばらくすると下り基調deノリノリになってしまって、ついついアノ方の前に出て走っちゃう私。

そうなると俄然トレランが楽しくなってきますね。


楽しくなり過ぎて1回転しちゃった方もいらっしゃいますが。





そして以前見た「右も左も一緒やんけ」とツッコミたくなる看板のトコロで、

20170320_093748.jpg





冒頭にご紹介した、アノ方のお元気な姿を写すコトに成功。

20170320_093804.jpg







ココからは、以前も走ったハズですが景色が一緒で常に初めて感漂う中を走り続けると、

20170320_094347.jpg


いつも間にか瀬音の森コースに。




…こんなんじゃ一生道覚えれんな。

たかじんさんに、道覚えておきますんで今度ご一緒しませうと豪語しましたが、このままじゃ遭難必死です。




この後は以前ryuさんに教えていただいた道へエスケープ。

20170320_100403.jpg


20170320_101434.jpg


瀬音の森コースはエライ人の数でしたからね。

結構な頻度で結構な人数とスレ違いました。
皆さんお好きですね。





もうスグでゴールというトコロにはモー○ァルトウッドとモ○ツァルト湧水があるので、

20170320_101817.jpg

20170320_102112.jpg


リキさんをトレイルに引き込む為に画像を確保。




今回は博識なカンパチさんがいらっしゃるので、前回発見できなかったイヌナシを探すべく、

20170320_102236.jpg


再びこの看板に従って進みます。



前回同様とりあえずヌシの居る池まで来ましたが、

20170320_103042.jpg

ソレっぽいのはナシ。



しかし奥に進むと、

20170320_103101.jpg


再び看板が。



む!

お宝は近い!




20170320_103132.jpg





何となくソレっぽい林にやって来ましたが、

20170320_103221.jpg


ココに見える全ての木はチガウようです。

多分カンパチさんが居なかったらコレがイヌナシだなと、ココで帰っていた可能性大です。



「あんな看板出すなら木にプレートくらい付けてクレヨ」


そのように軽く毒を吐くアノ方。

しかしごもっとも。





そして更に奥へ行くと!






20170320_103521.jpg







サーセンっした\(^o^)/


ちゃんと案内板ありました。





この時はまだ蕾でしたが、今頃は咲いているでしょうか。

20170320_104055.jpg


小さなナシのような実もありました。

食べれなさそうですが。






んで、そのまま進むとスグに下界に。


20170320_104744.jpg



ココまでスンゲー苦労して来ましたが、反対側(多度峡駐車場)から来ればスグに見れるようです。






というトコロでこの日のトレランはオシマイ。







この後はクルマで先程のトランポ地へ移動しますが、その道中改めて今日走った山を眺めると、


20170320_120000.jpg



よくあんなトコ登って走ったな、と思います。

自転車でも登るの大変なのに。





でも縦走はかなり楽しいので、次は完全制覇したいですね。

となるとソレなりに補給食も持っていかないとイカンな…


エイドキットもちゃんと揃えないと。




とりあえずは鈴鹿終わるまではオアズケですが、終わったらまたアノ方にお願いしようそうしよう。




…ダメならちゃんと断ってくださいね。











【走行(歩行)距離】11.3km
【獲得標高】679m

縦走楽しい♪







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






TZ式アリキック

先回のCTR練雨沢編での時のコト。

走り終わってデイリーザキヤマでコークをシバいている時、たかじんさんと「トレイル行きたいっすね」という話に。



「ボクは明日行きますけどね♪」

と、たかじんさん。




ムム!

コレは…




いやイカン!



その日は娘を映画に連れてく約束。

朝8時半には家に戻ってないとイカン。





「モーノウ隊ならイケるんじゃないっすかね?」





ウーン…
イケるかなぁ…


いや、ソレ以前に今日完全に脚オワタし明日トレイルで走る元気ががが…





「チミのトレイル愛はそんなモンなのかね?」





グゥ…



いや、そもそもコレって気分転換のクロストレーニングで始めたんじゃ…

ソレに「愛」って…




いや、確かにありますけども。








てコトで翌朝。


20170312_052800.jpg


たかじんさんの朝は早い。

まだ真っ暗なウチから走り出します。

この闇にはポツンと光る自動販売機が無いので100円玉で買える温もりが手に入りません。




ソレにしても身体が重い。




朝は起きるダケでチョー必死。

途中とても月がキレイでしたのでクルマを止めて写真を撮りたかったんですが、遅刻ギリギリだったので断念。

朝が異常に強いたかじんさんはキッチリ撮っていたご様子。




この日は珍しく私に時間制限がありますのでトットと出発します。





んが!





身体も脚もチョー重い、重過ぎる\(^o^)/


息も一気に上がりますが、ソレ以前に脚が全然動きまへん。





最初のホンのチョットだけたかじんさんについて行きますが即チギれます。

そして歩きます。


鉄人たかじんさんはそのまま走り続けます。


マジか…
昨日も一人旅でグングン行ってたし今日も…


コリャ相当鍛えてるぜ…
今年の菰野も伊吹もPB更新確実ですね。


ソレに加えて私が弱過ぎダス。
そもそも登りはバイクでもランでも大のニガテではあるものの、弱過ぎダス。





ズンズン先を行くたかじんさんを見送り、一人ボチボチ歩きつつ空を見ると…

20170312_053752.jpg


やっべ!

明るい!



このままではモーノウ隊としての使命が果たせません。

何としても日の出前に山上公園に着かねば!



と焦ったトコロで身体が軽くなるワケでもなく。

変わらず歩き続けます。


もはやタダのハイキング。
一応チョイ早歩きですけどね。



斜度が緩んだトコロは軽く走りつつ、可能な限りの速度で何とか登頂すると…

20170312_060743.jpg


何とか日の出には間に合いました。





相変わらずココは人気で、ハイキングの人やMTBの人が日の出を見に登ってきますが、この日は明らかに普通の格好の若き男女数名が。

どうやらココまでクルマでキタようですが…
軽に5人フル乗車って、下り気を付けてね。

てかキミら夜通し遊んでアレしてたんか?
エロいな。





しばらくすると陽が登り始めます。

20170312_061132.jpg


今日も雲がイイ雰囲気を出してますね。


20170312_061111.jpg






太陽が完全に顔を出すまで休憩観測したトコロで、

20170312_061252.jpg


リスタートです。


ちなみにこの日は珈琲もカップラもナシ。
水筒重いんで。





当然のように、そして容赦なく走り続けるたかじんさん。

20170312_062221.jpg


勾配がキツい下りは脚の踏ん張りが効かず、登り同様チギられます。

まだ膝も痛かったですしね。



たかじんさんは逆に下りでノリノリになっちゃってドンドン先へ。



ノリノリ過ぎて前回り受け身するホドだったようですが、ケガが無くて何よりです。

そういやまだエイドキット買ってませんでした。
薬局行ってイロイロ買い揃えないとイカンですね。

山ナメたらイカン。





しばらくすると前からMTBが2台。





あれ?


20170312_065612.jpg


ryuさん(とそのお友達)だ!




どうやら我々がココ走ってるとニラんで逆回りで登って来たご様子。



コリャイイ機会やでと、遠慮なくMTBを試乗させてもらいます。








ほ…欲しい\(^o^)/

お小遣い貯めよっと。




この日初めてお会いしたお友達のバイクも遠慮なく試乗させてもらいました。

そして前々から気になってるコトも根掘り葉掘りお聞きします。




…お小遣い貯めよっと。





MTB買ったけど使ってないというアナタ!

昔買ったのが家に眠ってるというアナタ!



いつでも私がお引き取りしますので、ご連絡お待ちしております!

…お小遣いが貯まったら、ですが。




今年の夏は白馬にダウンヒルしに行こうかな。
近いし。






MTB休憩の後も鉄人たかじんさんはグングン走って私を引き摺り回しますが、

20170312_073245.jpg

ついてイケるのは平地ダケ。
登りはムリ。



ムリついでに梅を楽しむコトにします。

20170312_073741.jpg


20170312_073852.jpg


20170312_074253.jpg


…梅で合ってますよね?

私、サクラくらいしかワカランのですよ。
あとタンポポ。

あ、チューリップとヒマワリも分かります。





そんなノンビリペースでも何とか時間通りに駐車場へ帰還。

20170312_074411.jpg


たかじんさんの時間の読みは正確です。




当然、無事娘と映画に行くコトも出来ました。







それにしても…


二日続けてたかじんさんに引き摺り回され、私の脚、特にモモ筋はバッチバチ。

寛至に喰らわされたカシアスの如く、です。





あまりの弱りップリに翌日からトレーニング再開を決意。

膝は痛かろうが痒かろうが構わず回します。




痛みを超える負荷をモモ筋に掛けてやれば痛みも忘れるワイと、久々にキツめのメニューもやりました。

少しずつでもアゲていかないとイカンですし。




次こそはトレイルでたかじんさんについてイケるようにしないと!


え?
自転車でもですか?


ソッチは諦めてますんで。







【走行(歩行距離)】12.6km
【獲得標高】488m

MTBマジ欲しい。









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





【SHOROs】多度山に消えたMの秘密【ガッカリ部】

皆さんご存じ「それでも強く生きて行く」の著者、KTMさん


この日私たちはそのハンドルネームの「M」に隠された秘密を知ってしまったのです…






刮目せよ!








てコトで前回からの続きでヤンス。






「使うキンニク違うから」ってーコトで、土曜にトレランに励んで日曜にクリテに出るという暴挙に出た私。

そして更にその後トレランに行くワケですが、前日のトレランと使うキンニクが全く一緒ドコロか多度山ってーコトまで一緒という過酷な状況。



まぁでもSHOROs流トレラン(=ハイキング)を想定しておりましたので何とかなるかな?と。

しかしながらナニがドウなるかもワカランので念の為KTMさんに連絡入れておきました。




今日のトレランで脚イワしちゃいましたので、明日は散歩でギリかもです。





懐の深さは東海随一との呼び声高いKTMさんのコト。
きっと一緒にウヒウヒしながら歩いてくれるコトと期待しておりました。

直前までは。





クリテが終わってトットとトレランスタイルに着替えて集合場所へ。


20170219_102532.jpg



既に皆さんお待ちのご様子。

というより、KTMさんとgottuさんはMTBで走りまわった後だしカンパチさんは1回山頂まで登ってるしrrさんも既に一周回って来てるし…

元気なオヂサマ達ですワイ。



てかKTMさん、スンゲー軽装じゃねーっすか。

山頂でピクニック的なアレを期待してたんですが…どう見てもペットボトル1本しか無い。


さてはアレですな?
既にMTBで上に行って荷物を置いてあるってーウレシドッキリですね?







んでドコ走る?という話になりましたが、私は初心者なので多度山のヌシ'sにお任せします。




しかしソレが大失敗。



20170219_104346.jpg



ノータイムで一番キツイ「健脚コース」を選択です。




まぁでもココの勾配はチョーキツイのでマジでハイキングだな、と一安心。






したのはゲートまででした\(^o^)/






ゲートを過ぎた途端に先頭切って走り出すKTMさん

rrさんも余裕の追従。



gottuさんとカンパチさんは私を優しくフォローしてくださいます。



…昨日脚がオワテル言うたハズなのに。

イの一番に走りよった…





てかKTMさん…山つえーっす。

私が脚イワしてなくても多分ついて行けないっす。






ホンキで脚がオワテル私は走ろうにも走れません。

ヘコヘコ登るのみ。



あまりのヘコっぷりに5合目で一旦小休止。



そしていなべ方面を眺めながらイロイロお話しをしていると、何かに気が緩んだのか突如Mの秘密をカミングアウトするKTMさん。

サラっとトンデモナイ闇をブチまけます。





あまりの衝撃の事実にギリギリの正気を保ちながら何とか山頂へ。


20170219_110922.jpg


トンデモナイ闇をブチまけたKTMさんは何故か会心の笑顔。

逆にオソロシイですね。





とりあえず濃尾平野をチェック。

20170219_110946.jpg


ウム。



20170219_110938.jpg

ウムウム。





休憩を終えたら再びスタート。


20170219_113549.jpg


何だかよくワカラン道を行きます。

逸れたらオシマイ的な道を。




当然ココからも常に走ります。

KTMさんが先頭で。



ウーン…コレはマサカ…







この看板のトコロで「どっちにする?」と聞かれましたが、

20170219_113948.jpg


コレ見ても違いなんざ分かるハズもなく。

全てヌシ様にお任せです。





するとやたらキッツイ登り。

20170219_114253.jpg


KTMさんとrrさんは視界から消えます。



カンパチさんとgottuさんは相変わらず私のお守り。

20170219_114248.jpg

ありがとうございました♪




で、最後に更にアホみたいな勾配を登り、大きな鉄塔のトコロで小休止。

20170219_114642.jpg

rrさんが向こうに見える山も楽しいとか何とか仰ってましたが、この多度で充分キツイのでとりあえず聞き流しておきました。

私は一般人の中でも底辺に属する人間ですからね。
ヘンタイofヘンタイさんの話は聞き流すのがイチバン。




そして更に奥へと行きますが、

20170219_120318.jpg

今日はココまでで折り返し。



「山は少し物足りないくらいがいいですよ」



私は山上公園の時点でイッパイイッパイでしたけども。





帰りはチト違うコースを走りますが、


20170219_121216.jpg



当然先頭はKTMさん。

岩がゴロゴロのトコロを軽快に走って行きます。




この後の健脚コースも走って下るし、私の脚は完全に崩壊しました。


まぁトレ「ラン」ですから、走るのが当然なんですけども。





「それでも強く生きて行く」の「それでも」の意味がサッパリ分かりまへん。

普通に強く生きていらっしゃるじゃないの。



あのブログのユルイラストに騙されてしまいがちですが、、


KTMさんはチョー強いですよと、あえてココで明言しておきます。



先日一緒に走ったリキさんも同じ印象を持たれたようですし。

コリャもう確定ですね。





正直、心底ガッカリしました。


多度山をウヒウヒ言いながらハイキングを楽しめると思って臨んだのに、ウヒウヒどころかハァハァdeゲロゲロです。



SHOROsさんで他にもトレランシューズを購入された方がいらっしゃるようですが、多分こんなガチトレイル部なんて誰も想定してないんじゃないですかね?

まだKTMさんと走って無い方は、それなりの覚悟が必要なのでご注意ください。


いや、マジで。



いずれたかじんさんにも味わっていただき感想をお聞きしたいモノです。




しかしながらトレーニングとしてはとてもイイ強度ですので、コレからも是非ご一緒してください。

次回以降は万全の脚で臨みます。



てかこの際、クレイジートレイン トレラン部と合流してS&Cトレイル部として一緒に山々を走り倒すってのもイイですね。

ウチは2名しかおりませんが。









【走行(歩行)距離】10.3km
【獲得標高】589m

この日を境に脚は完全崩壊へと向かいます。

ちなみに、トレランて100kmとかザラらしいですよ。
シヌシヌ。







オシマイ。












…え?

「M」の秘密ですか?



背後に怯えて生きるのはイヤなのでココには書きません。

お知りになりたい方はCTR練などにお越しください。
証拠に残らない口頭でお伝えします。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター