FC2ブログ

ロードバイクを始めるまで~序章~その2

多分「その3」はありませんのでご容赦下さいw

私がロードバイクを買う数ヶ月前のGW、例年通り実家に家族が集結した時の出来事。

その前フリを。


オル兄はロードバイクを始める前はバス釣りにドップリハマっていた。

10数年前のとある連休でやっぱり家族が集結した時に、泊まりで旅行に行くことになり珍しくオル兄が積極的に行き先を決めていたのだが…

その行き先は河口湖。

そう、単にバスが釣りたいという超個人的な理由で決めた行き先。そして当然のごとく全くバス釣りに興味のない私を一人じゃヒマだからという理由で強引に連れ出し、家族を放置して釣りに興じていた(小さいのがパカパカ釣れたので楽しかったのは間違いないがw)

不覚にも楽しんでしまった私を見て「イケル」と思わせてしまったのか、実家に集まるたびに予備のロッドやルアーをいくつも持ち込み、ついには私のウェーダーまで買ってきて一人じゃヒマだからと、いつも私を巻き込み近くの河や池でバス釣りをする日々が何年も続いた(デカイのがバカバカ釣れたので(以下略w)

そう。
そうです。
ヤツは持ってきたのです。

私がクロスバイクを初めて乗った数ヵ月後、いつの間にかロードバイクを買っていたオル兄。
その時のバイクがコレ。
CA3E0292[1]
「Bianchi infinito」
(写真があるのは頼んでもいないのに自分のバイク写真を送ってくるからです。ブログ始める前から)

後から聞くと、クロスバイクもビアンキ、初ロードもビアンキ、そして今もビアンキ。
ビアンキマニアですねw
※本日オル兄から連絡があり、「伊豆CSCでビアンキ試乗会がある。一人じゃヒマだからオマエも来い」と言われました。
名古屋から伊豆に、しかも特に興味のないメーカーの試乗会に…?
前向きに善処します(政治家的意味でw)。

話が逸れました。

オル兄がそのインフと共にクロスバイクを持ってきた。ご丁寧にヘルメットまで。

「せっかく長野に来たんだから(毎年3回集まってるw)走りたいだろ?」と一方的な言葉を放ちつつ一人じゃヒマだからと一緒に走らされることに。

しかしここで(珍しく)オル兄の優しさが炸裂。

それは…
四方八方を山に囲まれた実家周辺。
にも関わらずオル兄が選んだコースは平地オンリー

ちなみに私とドマ兄はいわゆるヘビー級で、とある実業団ライダーの方に「骨格的にムリ」とまで言われ自身もガッツリ自覚している坂嫌い
オル兄は我々よりは軽いもののお世辞にもクライマー体系とは言えないので、特に長い登りは好きではない。
が、短くて勾配キツめの坂は好きなようだ。
そう、彼はナチュラルに時に意図的に人の脚を削る走りをする天性の脚力掘削機なのだ!←ツーリングの時はハタ迷惑ww

…話が逸れました。

要は平地を選んだのは私へ優しさではなく自分の為だったのでは?と疑ってるワケですw


確かあの時は片道20~25kmくらい走ったかな?
折り返し地点で「このまま50kmほど北上すれば新潟まで行けるぜ?山越えるけどw」と聞いてきたオル兄に、心底アホなこと言う男だなと感心したことは覚えている。

ただ前回は一人で山の中へ迷い込み疲れただけのライドだったが、2人で楽しく走るのは正直気持ちよかった。
そしてロードバイクに乗ってスイスイ走るオル兄の背中がとても楽しそうだった。

…こうしてついに自転車に興味を持ち始めてしまった私。

この時はまだそのことを認めてなかったが
3ヶ月後の夏、私はついに決断してしまうのだった!

購入編につづく


ブログランキングに参加してます。応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

トレーニング再開!

回顧録ではまだ自転車を買う検討すらしてませんが、ここで最近の出来事を。

ロードを始めてから3~4か月後に固定ローラーを所有することとなり(ローラーにまつわる兄晒しネタはまた後日)、しばらくは時々使う程度だったが、今年に入ってからは時間が許す限り回すようになった。

理由は貧脚ながらも漠然ではあるが目標が出来たのと、週末しか自転車に乗れない為少しでも乗る頻度を上げて自転車に慣れる身体作りをしたかったから。
決して二人の兄を出し抜いて自分だけが強くなりたいとかそういうつもりは一切ない。そう、私は一切ない

しかし先週火曜の朝、腰を痛めてしまったのだ…orz

週末には初のアワイチ(これも詳細は後日に)が控えており、それまでには何とか治したいと思いつつも寝ても起きても痛い…

そもそも何故痛めてしまったのか?

私は過去4回ぎっくり腰を経験する腰痛のベテランであり常に腰には注意を払っていた。
そしてその時も細心の注意を払い側溝に落ちた全財産の1割に相当する100円玉を拾おうとして、コンクリ製のブ厚い側溝の蓋を持ち上げた。

上げたその瞬間!!!

…は別に何も感じなかったが、立ち上がって歩き出したら激しい痛みが。。。

歩けないというほどではなかったが、とにかく痛い。体勢次第でズキズキくる。

その晩早速近くの接骨院で診てもらったがセンセイに言われました。
「完全にケガレベルですね。とりあえず冷やす以外の処置は今日はムリです」

oh…マジスカ…

週末の初アワイチ(詳細は後日←シツコイ)がマジで心配になってきた…
そして下の娘に媚を売る最大の手段、抱っこが出来ない…これもかなりヤバい…

四日後のアワイチ前日にローラーにまたがってみたら何とかなりそうだったので、アワイチは強行したもののまだ痛い。
更に「走った後はコレで冷やしてね」とセンセイに渡された湿布。
センセイ、寝る前に貼ったら朝かぶれてましたorz

アワイチは走ったとはいえ、約10日間もローラーに乗らないのは今年初。
でも一昨日くらいからは痛みが治まってきて媚を売ることは再開出来たが今度は仕事が忙しい。

で、本日ようやく再開出来たというワケです。

10日振りのローラーだったので10日振りに使用した、私のトレーニングに欠かせないアイテムがコレ。
IMG01042.jpg

密室に近い状態でローラーを回してるので漢の匂い充満するんですwww
部屋を開放すると家の中に漢の匂いが流れ込むのでコレが大活躍です。

一応キャノンデール乗りなので拘りのグリーンw

明日も元気に回すぞ!


ブログランキングに参加してます。消臭のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ロードバイクを始めるまで~序章~その1

まだ序章があるのかというお声が聞こえてきそうですがw
しかも「その1」ってww

私がロードバイクを買う1年前、実家の長野にいつも通り帰省するために親に連絡をしたところオル兄が自転車で来ると聞いた。
確かオル兄の家から実家までは250km以上あったハズ…しかもいくつも山を越えないとならないハズ…
しかも当時中学生だった甥まで巻き込んで2人で来るとのこと。

思えば幼少の頃、実兄であるオル兄は私のことを恐怖支配していたが30年以上経って家庭を持っても同様の手口で2人の息子を支配していたためにNoと言えない甥っ子を、一人じゃヒマだからと強制的に250km以上の道のりを走らせるという非人道的な行動を取ったオル兄。

当時自転車に全く興味がなかったのでメーカー等はサッパリわからないが、どうやらクロスバイクというヤツで実家にやってきたオル兄と甥っ子。
甥っ子はモノモライが出来ていて瞼をパンパンに腫らしながら疲労困憊の様子。
ただオル兄はとても満足気な顔をしていて、その様子に少し自転車に興味を持ってしまった自分がいた。

「ちっと自分にも乗らしてくんね?」

翌日実家から山の方へ向かい(長野は全方向が山ww)クロスバイクとやらを走らせてみた。

実家を出て数kmのところで坂が始まる…
「何これツライ」
斜度にして恐らく5~6%程の登りだと思うがとにかくツライ。チョイチョイ足を着く。

当時から往路を戻るというピストンコースが大嫌いな私は道も知らないのに「コレ以上はムリ」とテキトーに左折し、国道から離れ更に山へ入るという過酷な状況に。

もはや足を着くどころか押して歩いたりもして限界が近づいた時に小学校を見つけ中に入り休憩していたが、鉄棒を発見したので何故か懸垂を始めるというワケのわからない行動を開始。

そして休憩を終えテキトーに走っているとようやく見覚えのある道に出て無事帰宅。

確か走行距離は30kmくらい。

当時の自分の中ではかなりの長距離を走った気でいた(中学生が250km走ってきたことは既に忘れてる)ものの、大した充実感もなく自転車を始めたいとは全然思っていなかった…

それが今や…

つづく


ブログランキングに参加してます。(甥っ子への)応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

※甥っ子の後日談
250km以上走らされ疲れ切った甥っ子。実家に滞在してた数日間、ほぼ寝たきりでした。
どうやらオル兄は「実家への自転車チャレンジに付き合ったら好きなもの買ってあげる」と約束してたらしく、私は高額な品を推しまくったが…
「ボクこれがいい」と選んだのはPSPのアクセサリーパーツ的な何か千数百円の品。

オル兄、恐怖支配も程々にな!
甥っ子よ!強くなれ!


ロードバイクを始めるまで~序章の序章~

兄晒しブログを宣言したものの、とりあえずは自分自身のことを。

2年前にロードバイクを始めたきっかけを書く前に、はるか昔にウス~く触れてたことを思い出した。

10数年前私がまだクルマ屋だった頃、「自転車を積めるクルマを探してる」というお客様ご夫婦がご来店。
メジャーまでご持参し車内の寸法を測ってお確かめ。運転席にはあまり興味もない様子。
あーでもないこうでもないとご夫婦で話しているところに「屋根につけるキャリアはいかがです?」と尋ねると「車内以外はダメ」とのご返答。
当時は波乗りをしていてソコソコの値段がするサーフボードすら屋根に積んでいた自分は心の中で「チャリごときで車内って…」と思っていた。

その日は一旦お帰りになったが翌週その自転車を持ってきたから試しに積んでいいかと問われ、無論快諾したものの「そこまでこだわらんでも…」と心の中では呟いていた。
そして試乗車に試し積みされている2台の自転車を見て、「これってロードバイクってやつですよね?結構高いんですか?」とのんきに尋ねてみた。
お客様「う~ん、そうですね。これは120万くらいかな」
私「は?」
お客様「もう1台は妻のバイクですが80万くらいですね」
私「は??」

私「2台合わせるとお客様がご検討されてるクルマと同額近いんですけど???」
思わずそう言ってしまった私に更にニヤリとしながら続けるお客様。
お客様「これは練習用だからこれくらい(120万)だけど本番用は300万超えたよ」

聞けばイタリアまでバイクを作りにいったとのこと…
そもそも練習用とか本番用とか何を言うとるんだ?とw
確か職業は会社員だったハズ…
ロードバイクのことなど一切知らない当時、私のアタマにインプットされた情報はロード乗りはアホ異常だということ…
しかし兄たちを見ていたら10数年経ってロードを始めた今も認識は変わってないという現実ww

ロードバイクって素晴らしいですね!


ブログランキングに参加してます。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ブログ始めました

はじめまして
2年前からロードバイクを始めました名古屋在住の四十路ライダーです。

私自身は特に人様にご報告出来るようなネタもなく日々過ごしてきたが、普通とは何かが違う兄たちをこのまま世に知られずにすぎてしまうのはロードバイク界の損失と思いブログを…

…ウソです。

私が今まで見てきた、またこれからも起こすであろう兄たちの奇行蛮行白日のもとに晒すためにブログを始めました。

多少は自分自身のことも書くつもりではありますが、ブログ界初(自分調べ)の他人(兄)をネタにした他力本願なブログですが、どうぞよろしくお願いします。
※一応本人たちには事前承諾は得ています。

【主な登場人物】
オル兄(愛車:ビアンキ オルトレ)=実の兄。関東在住。登場機会は多分少なめ。
ドマ兄(愛車:トレック ドマーネ6)=義理の兄。私と同じ名古屋。当ブログの主人公候補筆頭
(愛車:キャノンデール CAAD10)=いつも二人のお下がりを狙う生粋の弟気質。

しばらくは回顧録がメインとなる予定ですが、タイムリーな出来事も可能な限り書きたいと思います。
よろしければ読んでやってください。

ランキングに参加しました。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR