サドル交換のお話

先日ど~~しても気になったニュースがありましたので、ちょっとご紹介させてもらいます。

引用が面倒なので心を込めて手打ちしますが、先日このような記事が出てました。


「スウェーデンの研究チームによる調査で『牛乳摂取量の多い人は、少ない人に比べて寿命が短く、女性では骨折が増える』という結果が示された」

これに対し、農林議員が困惑との続報も出てましたが、その記事の中では「この結果は『牛乳を1日3杯以上飲む人』という、やや極端な例。」とのことですが、


・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・



私、豆乳を本格導入する1年半程前からは減ってはいるとはいえ、
3日で2リットルは牛乳飲んでますけど?

「やや極端な例」とされる「1日3杯以上」の1杯が何ccか分かりませんが、豆乳を本格導入する前までの約10数年間

1日1リットル飲んでましたけど?


これからも変わらず飲み続けて自らの身体を以て
実証し続けますね\(^o^)/

好きなモンは好き。
今更止まりません。





本題です。





今回は私がサドルを交換した時のお話です。

ショップに行けばテストサドルがある程、全国の自転車乗りを悩ませるサドル選び。
この記事をご覧になって下さった方々の一助のなれば幸いでございます。


私のCAAD10のパーツ交換もホイールから始まり、ハンドル・ステム・シートポスト・コンポ一式と順調に進んでいましたが、サドルはしばらくそのままでした。

というのも、それまで全く不具合を感じなかったので交換する気にもならなかったんです。

いろんな方のブログを拝見すると、サドル選びに苦労されている方もチラホラ…
リスクを背負ってまであえて交換する必要は無いと思ってました。

…が、

それとなく電子の海を航海してると見つけちゃったんです。

無題2

「フィジーク アリオネ チームエディション」

ぬぅ…イカス\(^o^)/


火が点きました。

これ以降サドルが気になって仕方ない。


一応それなりに調べてみますが、もうミドリ色したフィジークしかアタマにありません。
真ん中が凹んだタイプもあるようですが、チームエディションはないようです(今はあるのかな?どこかで見ました)。

ショップに行くとついついサドルコーナーで立ち止まる日々を過ごしていると、フィジークのテストサドルが置いてあるショップが。

フム…借りてみるか…
と思っていると、
んん??

無題1

こんなモンが展示してありました。

…ホゥ。
チト試してみよう。

ウム!
アイアム スネーク\(^o^)/


ってことで、テストするまでもなく

アリオネに決定しました\(^o^)/
無論、チームエディションです。

早速帰宅後ポチっとして、数日待つと…

IMG01508.jpg

箱がキラキラですね。


早速装着して走りに行きます。

と、その前に見た目の比較だけでも。

IMG01512.jpg

下が元々装着されていたプロロゴのサドルです。
乗り心地は悪くなかった、というか冒頭の通り全く不満はありませんでした。

こうやって比べるとアリオネの方がかなりスッキリしてます。


肝心の使用感ですが、
ペダリングが今までより遥かにラクになりました。
結構驚きの違いです。

交換するまで分からなかったことですが、どうやらプロロゴのサドルは私の内腿に干渉(というと大袈裟ですが)していたようで、内腿の辺りがスッキリして脚がクルクル回せます。

見た目で選んだこのサドルですが、想像以上の効果をもたらしてくれました。

しかしながら!
当然欠点もありました。

そうです。
ある程度の時間乗ると、オシリが痛いんです。

この痛み…初めてロードに乗った時のソレより痛いです。
プロロゴのサドルでは全く無かった痛みが数十kmで出始めます。

こういうトコロがサドル選びの難しさなんでしょうね…


仕方なく私は決断しました。

慣れるまで我慢しよう(キリ


初めてロードに乗った時、身体のいろんなトコロが痛かったが今はもうない!
そもそもバイクを買った時はサドルなんて選んでない!
人間の身体は素晴らしい!慣れてくれるハズ!

そう信じて疑わなかった私。


来る日も来る日も痛みに耐えて乗り続けた結果、

見事に慣れました\(^o^)/



ここで私流サドル選びポイントのおさらいです。
見た目で選ぶ
・もし痛みが出たら慣れるまで耐える
(慣れなかったらその時考える)


サドル選びでお悩みの皆様、
ご参考になりましたか?\(^o^)/



ブログランキングに参加してます。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

拳を突き上げる男【回顧録】

朝晩はすっかり涼しく(寒く)なりましたが、今回の回顧録は夏真っ盛りですので、昨年の夏の暑さを思い出しつつご覧いただけますと幸いです。


去年の8月初旬、涼を求めて岐阜方面へ走りに行くことにしました。

いくつかルートを考えてみましたが、岐阜=山=キツイということで無理のないコースを考えます。

結局「せせらぎ街道」を走ろうということで、郡上のあたりを走ることにしました。


「道の駅 和良」までクルマで移動します。

IMG00478.jpg
※一部画像処理が施されてますがお察し頂けると幸いです。

ココをスタートし国道256号を西へ進む郡上八幡城を目指しますが、いきなりの登りで早速脚に負担がかかります。
一応、後半に楽が出来るよう峠を一つ越えれば残りは下り基調のルートを考えたハズですが、早速想定外です。

しばらく走ると郡上八幡城の近くを遠りますが、写真を撮ることすらなく華麗にスルー。

国道472号に入り「せせらぎ街道」を走りますが、10数kmに及ぶ延々の登り基調。
これも完全に想定外です。
スズカのホームストレートが延々続く感じですね。

おかげさまで疲れちゃったので「道の駅 名宝」で最初の休憩をします。

IMG00481.jpg

何を思ってガッツポーズをしたのか、
私にもサッパリ
わかりません\(^o^)/

ただ、どう見てもコレ私です。

ココで結構ドップリ休憩をして最初で最後の峠「小川峠」(←さっき地図見て知りました)に向かいます。

この頃の私は今以上に坂が嫌いで苦手でしたので、途中写真を撮る余裕など一切ありません

改めてルートラボで見ると、距離は6km超・標高400m程・平均勾配6%程の登りです。
結構キツイですね。

かなり必死で瀕死で登ってました。
涼を求め郡上まで来たとはいえ、真夏の暑さにもやられフラフラになりながら登った覚えがあります。

唯一明確に覚えてるのが、途中にあった「クマ出没注意」の看板。
結構な大きさの看板に手作り感いっぱいのソレがリアルさを感じさせます。

ここから先は、クマが出たらとにかく下るとにかく下るクマが出なくても下りたい下る下りたい何ならクマ出れば言い訳出来るな、なんて思いながら登ってました。

山頂手前まで結構な勾配でしたね。

IMG00482.jpg


ココからは景色が展望出来るところもなく、単なる登りのピークなだけでしたので少し下ったトコロで木々が途切れたポイントを発見し記念撮影です。

IMG00488.jpg

ココでのこのポーズは納得ですね。
頂上に登れば皆同じポーズをとるハズです(私調べ)。

ココから先はもう登りは一切ありません。それどころか延々下ります。

まさしく超ロングヒャッホイを愉しみますが、途中道沿いに流れる川(弓掛川)に入れそうなポイントを見つけます。

川の水はとてもキレイで、かな~~~り冷たい!

速乾素材のジャージのおかげでそのまま川に入ります。
身体ごと浸かるし顔から頭からジャブジャブ浴びるしで、もう最高です。

最高過ぎて、

IMG_20130810_163833.jpg

コレも納得のポーズですね。

真夏のライド途中に川に入れば皆同じポーズをします(私調べ)。


いつまでも水浴びしていたい欲望を抑え、濡れたジャージを乾かす為に下り基調の道を疾走します。

IMG_20130810_164111.jpg

途中で見つけた、柵に囲まれたこの場所には何故か四足歩行の白い動物がいました。

IMG00491.jpg

何かの施設なのか飼っているのか分かりませんでしたが。


少し進むとこんな道に出ます。

IMG00495.jpg

道は狭いんですがしっかり舗装され、とても気持ちいい道でした。


林を抜けるとまた川が見える道に出ますが、雰囲気のいい橋が架かっていたり、

IMG00498.jpg

本当に気持ちのいい道でした。

何より
一切登りません\(^o^)/


県道86号を走り続けると「東仙峡金山湖」に着きました。

IMG00500.jpg

このあたりまで来ると昼過ぎだからか標高が下がったからか、結構な暑さでした。


ここまで来れば残りは10数km。
国道256号に戻るとビミョーに登ってて、脚よりももうスグ終わりと思ってた心にダメージを与えます。



総距離80km程度のツーリングでしたが、初めての岐阜の山を走った日でした。
信号のない山間の道を走り、川で水浴びをする…

都会の喧騒から離れ非日常を味わえた一日でした。



こういう回顧録はまた走りに行きたくなっちゃってダメですね…
今ならもうちょっと長い距離のルートをあーしてこーして…フム。

この時期なら
紅葉見れそうですね\(^o^)/




ブログランキングに参加してます。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


獄長さんに焦らされて

今日は一気に冷え込みましたね。
だんだん外に走りに行くのがツライ季節に…しかも今週末は天気が…

このまま乗る頻度が下がるのは何とか避けないといけませんね。



本題です。



最近、必要に応じてというか不可抗力というかなんちゅうか本中華…
細かい買い物をいくつかしました。

私が自転車用品を買う時は特に決めているポチ先もなく、その時に優先度合いで買い方(買い先)を決めてます。
主に価格と納期ですけども。
ただケミカルや補給食などは無くなったら買い足す(しかも大体が仕事中に)ので、ほぼ実店舗購入です。

今日のお話しはそれ以外のケースのお買い物のお話しです。

ここ1~2ヵ月でポチしたモノをいくつかご紹介します。


まずはライトです。
夏も終わり日が短くなったので、ロングライドに出た時に明るいウチに帰れないことを想定して、明るめのライトを購入しました。
今まではCAAD10購入時にヤッツケで買った猫目さんの安いライトを使ってました。私の存在を軽~くアッピルする程度のライトです。
雨と夜は絶対走らないというポリシーを徹底的に順守してきたので、今までは必要性を感じませんでしたが、今回は保険的に購入を決めました。
(この日のパンチ坂巡りでバッチリ保険適用されちゃいましたが)

前置きが長いですが、買ったライトがコレです。

001.jpg
「ジェントス閃325」

コレと隣の装着用のナニを一緒に(確か)Amazonでポチりました。
さすがのアマさん、確か翌日届いた覚えがあります。


次に、以前の記事でも書きましたが、誤ってポチした(でも結果オーライ)のがコレです。(レンズのみ)

IMG01427.jpg

コレは確か…CBアサヒさんだったかな?
3~4日で届きました。


そしてコレも先日の記事で軽く触れましたが。

IMG01418.jpg
「バーエンドミラー」

コレも確かアマさんで翌日着だったような(既に記憶曖昧)。

ちなみに、以前オル兄が使っているのを見て購入を決めたんですが、走行中やたらとオル兄が角度調整してるのが気になってました。
初めて使った日は何とも思いませんでしたが、先日のライドで思い知りました。

マメに調整要です\(^o^)/

さすがに走行中はズレませんが、バイクを立てかけた時にズレたり、信号待ち等の動きで不意に脚が当たってズレたり…
でも無いより全然いいですし、「THE☆バックミラー」というのがアレという方にはいいと思います。


そしてお次がコレです。

IMG01442.jpg

今更の指切りグローブ。

というのも練習用に使っていたモノが2個とも壊れまして急遽欲しくなり、ショップに行きましたがもう完全に冬支度で店頭に全然無く…

コレは確かどっかの何かの通販サイトで購入しましたが、在庫があるモノを選んだので翌日着でした。


そして昨日届いたのがコレ。

IMG01506.jpg
タイヤとチューブです。

コレは特に緊急性もなく、リアタイヤが減ってきたのでドコが一番安いかな~と思って見てたら、獄長さん(wiggle)でしたので超久々にご利用させてもらいました。
チューブは1本でよかったんですが、もう1本(くらいの価格)で送料無料だったので。

コレの到着が8日間

海外通販ですし急いでいるモノでもなかったので全く問題ないんですが、例の円安以降は獄長さんを見ることすらありませんでしたし、ココ最近の国内通販の納期に慣れてしまったので、この8日間がやたら長く感じちゃいました。
ま、消耗品購入なので待ち遠しいとかは特になかったのでいいんですけどね。


久々に利用したせいか、昨日久々に獄長さんから送られてきたお知らせを見ると…

目に毒でした\(^o^)/

1年前だったら絶対にアレ買っちゃいますね…



という、今日は(も)特にオチも何もないお話しです。

ネタ切れなのか?とお思いの方!

大体合ってます\(^o^)/

大体ですけどね。大体。



ブログランキングに参加してます。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

初の雨沢峠&日本一モノ巡り~後編~

昨日の続きです。


国道363号から国道257号に入りしばらくすると気になる看板を見つけます。

「⇐冨田 農村景観日本一」

なぬ!?

今日はサイクリング日和、特に慌ててない(でも用事はありましたが)ので左折し国道363号へ寄り道します。

すると最初の交差点から見えた街並みが。
IMG01480.jpg

さっき分からなかった「古い街並み」ってここのことか~


納得したトコロで先へ進みますが、気になるのが道が下っているということ。
帰りは登りか…

しかしながらここまでの道のり、平坦がありません。
登りか下りしかないというヘンタイ向け地域。
もう慣れたというか諦めたというか…

好きにして♡って感じですね\(^o^)/


下り切ったところで素晴らしい景色が私を迎えてくれます。
IMG01473.jpg

この写真では分かりづらいですが、山の上の方は紅葉してます。

たしかに素晴らしい農村風景。
コレ以上坂を下りたくないしもういいかな、と思いつつ、しかし「景観日本一」と掲げるにはソレと分かるポイントもあるハズと思いつつ進んでいると、「この先展望台」的な案内板を発見。

チョイと進んだ先に見つけました。

IMG01474.jpg

ぬぅ…階段登るのか…ビンディングシューズだしな…


と思って振り返ると、

IMG01479.jpg

自転車で行けそうな道があるじゃないの。
遠慮なく登らせてもらいましょう。

途中農作業をされている地元の方と軽く挨拶をしながら爽やかに登ります。
一切頑張らないので余裕あります(キリ

ブロガーとして景色を写真に収めないといけませんのでね。

IMG01475.jpg

このような木々が茂る道を登りますが、一向に景色が一望出来る場所に出ません。

本当に景色見れるところあるんかいな…?

軽く疑い始めたトコロでT字路に差し掛かります。
右に行けば更に登りますが無駄登りは勘弁なので、漢らしく下りを即断します。

すると乗馬クラブがありました。
お客さんもスゴイ多いです。

ココはセレブの山ですな。

ここまでの道中にも馬に乗れるトコロがありましたが、「こちとらジンリキじゃい」という意味不明な対抗心が芽生えたとか芽生えないとか…
芽生えました\(^o^)/

ヘタに停車して背中に光るハルクの目線がお馬さんを刺激してもいけないので、そ~っと横を抜けます。

すると!


元の道に戻りました\(^o^)/


ま、これがサイクリングの醍醐味ですね。

スピードや時間を気にして最短ルートをただ走るよりも楽しい…
ワケはありません\(^o^)/
だって無駄に登ったんですから。クドイようですが、坂が嫌いなんですから。

結局諦めて階段を登ります。

まだまだ中盤に差し掛かったトコロなので、無駄な脚を使うわけにはいきません。
ここでもハムを意識して階段を登ります(キリ


苦労して辿り着いた展望台からの景色です。
本日最後の「日本一」。

IMG01476.jpg

カメラ(スマホですが)を横に向けてもう1枚。

IMG01478.jpg

確かに素晴らしい景色!
しかし無駄な登りのおかげでハードルを上げていた私…

更に気になるのは、ここが「日本一」ということ。
逆にココと日本一を争った景色が気になりますな…どこだろ?

そして階段は登りより下りの方がキツイ…
イロイロ景色見て回りたいならクツを持ち歩くべきですね。


日本一の農村景観を後にして国道257号へ戻ります。

やっぱり川と山が好きな私は、こういう景色見るとつい脚を止めちゃいます。

IMG01484.jpg

ビワイチ・アワイチ・チタイチ・以前走った板取川沿いなどなど…何故か人は水の近くを走りたくなるようです。
異論は認めますが。

国道257号へ戻ると登りが延々続きます。
どれだけ登ったか覚えてませんが、やたらトンネルが多いのでチト怖いですね。

回避できる道あるんでしょうか??

ピーク(っぽいトコロ)を過ぎると、登った分のヒャッホイタイムが始まります。
割りと緩い勾配で道も広いので私のロックンロールが止まりません。

あっという間に次の休憩地「道の駅 ラフォーレ 福寿の里」に到着。

IMG01483.jpg


ここまで奥に来るとさすがにお客さんも多くはないですが、それでもソコソコの数のお客さんが来てます。
行楽には最高の天気ですしね。バイカーの方も非常に多く走ってます。

とりあえずコーヒーを買おうと自販機に行くと…

※グロ注意

IMG01481.jpg

中にカメムシがいる(゜д゜;)

何がきっかけでソコに入るんだ…?


ちなみに、ベンチで休憩するマダムの背中に14~5cm程のカマキリがくっついてました。
自然がいっぱいです。

え?取ってあげれば?

いや、飼ってるかもですし(-_-)


時間的にココでお昼をと思いましたが、さっき食べたみたらし団子とかりんとう饅頭が効いてます。
ならばと、とりあえずコレを補給します。

IMG01482.jpg

しるこドリンクとコーヒー…
ナイスコンビですね\(^o^)/

ベンチで休憩してると妻からメールが。

「今から始まるよ」

んん??

あ!

そういや上の娘が部活の試合だったなぁ…
結構いいトコまで勝ち進んだらしいので、帰りに寄れたら寄るって昨日言ってた覚えが…
雨沢登ったあたりで既に忘れてました。

「今恵那にいるんだぜ(キリ」

…その後返信は
ありませんでした\(^o^)/


ナイスコンビを飲み干したら出発です。

次は矢作ダムを目指しますが、途中でザーっという滝っぽい音が聞こえるので気になって止まると、
IMG01486.jpg

いい雰囲気です。


そのまま国道257号を名倉川沿いに走ります。
そしてまたもや登り基調。
反対側からローディの方がカッ飛んできます。

もうすぐ矢作川沿いを曲がる道に出るハズ。矢作ダムクラスのビッグダムなら当然案内板もあるハズだから、とにかく無心で進むのみ!

しかしここまでの走行距離的にはボチボチ曲がってもいい頃…
でも寄り道したし迷子にもなったしで予定からズレてるしな…

通り過ぎてました\(^o^)/

気付いて戻ってみると、さっき呑気に滝の写真撮ってたトコロが曲がるトコでした。

名古屋以東はミステリーゾーンです。


気を取り直して県道356号に入り矢作ダムを目指します。

IMG01487.jpg

クルマが全然通らないですし景色もいいんですが、ワインディングがキツイです。
クルマだと走りにくそうなレベルです。


遠くに見えるのが矢作ダムかな?

IMG01488.jpg

ダムに近付くと道には溝が縦横に掘ってあるので結構走りにくいんですが、ゆっくり進めば何とか…


やっと着きました矢作ダム。

IMG01489.jpg

ダムの外側にスマホを出してドキドキしなが撮ってましたが、反対側に行くと、

IMG01491.jpg

ノードキドキで一望出来ました。


ここまでの80km超、固形物はみたらし団子1本と饅頭1個なのでサスガにお腹が空いてきましたが、特に何もなさそうです。
仕方なく非常食ワンセコンドを補給し出発します。

再び県道356号に戻り瀬戸方面へ。
県道11号に入ってスグにコンビニがあります。

IMG01493.jpg

ココは…どこかの何かで見たことがある、かの有名な「サークルK 小度店」!

でも自転車よりオートバイのが多いぞ?
時間的な問題かな?

ここでようやく本日初の!

IMG01492.jpg

もう言わなくても分かりますね?
そう!ソレです\(^o^)/

スミマセン。調子に乗りました。


段々いい時間になってきましたので、トイレをお借りしトットと出ます。

そのまま県道11号を走り、

IMG01494.jpg


県道33号に入ります。

最後の(文字通り)山場には戸越峠が待ち受けてますが、どこから始まるかサッパリ分かりません。

む…
登ってる。

IMG01495.jpg

始まったかな?
と思うとまだという登りを2回程超えると見えてきました。


IMG01496.jpg

あの山はチガウ。アレはチガウ。アレじゃない。アレには登らない。アレは勘弁。

そう願いながらボチボチ進みます。


ん?
今度こそ始まったかな?

IMG01497.jpg

こりゃ始まってるな!

IMG01498.jpg

多分フレッシュな状態なら大した峠ではないと思われます。
しかしココまでの110km超、アップとダウンしかない道を走ってきた私の脚は結構キてます。

特に、イザという時の為にモモ筋を温存しようと意識し過ぎて、引き脚をモーレツ意識し過ぎて腸腰筋がピキピキ鳴り始めました。
ダンシングでも常に引き脚意識しまくってましたし。

でも、イザって時なんて
ありませんでしたが\(^o^)/

腸腰筋をモミモミしながら、それ以外のキンニクを意識しながらボチボチ峠を登ります。

む?アレが頂上かな?


IMG01500.jpg

半信半疑でラストダンスを踊ります。
無事頂上で何よりでした。

ち…ネタにならんのうヨカッタヨカッタと思いながらヒャッホイタイムを楽しもうとしますが、この道結構ダンプが通るんですね…
しかも明らかな過積載…最大積載量の2倍は積んでると思われるトラックは恐ろしさ倍増です。


このあと県道22号に入れば残りも僅かですが、

IMG01501.jpg

まだ登らせてもらえるのかー

ありがとう\(^o^)/


数時間振りにデンジャラス国道248号を数百mだけ走ります。


こうしてやっと帰ってきました、「道の駅 瀬戸しなの」

IMG01502.jpg



今回は初の雨沢峠を皮切りに今まで行ったことのない道を走りました。

日本一モノ巡りは結果的にそうなっただけではありますが、いろいろ見て回るのも楽しいですね。

これからも未知の道…未知の道(ドヤ を走りたいと思いました。


ただ、少しは平坦路があるルートがいいな…

ホント、今回はアップとダウンしか
覚えてません\(^o^)/

このあたりをホームコースにされてる方は相当お強そうだ…



【走行距離】125.4km
【獲得標高】2641m




ブログランキングに参加してます。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


-おまけ-

昨日の朝、家でマターリしてるとオル兄からメールが。

「今いつものコース走ってたら右のSTIレバーが壊れた。アウタートップかインナートップで走るしかねえ」

m9(^д^)

しかしレバーは高い。
交換が必要か聞くと、

「レバー内でワイヤー切れてた」

とりあえずは軽傷のようです。


皆さん、
ワイヤー交換は計画的に\(^o^)/


初の雨沢峠&日本一モノ巡り~前編~

今週はヒルクライムにおけるホイール効果の検証(大げさ)に二之瀬へ行くか悩みましたが、その前に東の聖地「雨沢峠」に行ってみたくなっちゃいましたのでそちらへ行くことに。

しかし問題はそこまでのアクセス。

街中を抜けるのがメンドクサイ
そして私は坂マニアではないので(むしろ坂嫌い)ただ登って帰ってくるのもつまらない。

ルートをいろいろ考えていると、かの有名な「道の駅 瀬戸しなの」を起点に更に奥の方へ走ってみようと思いつきました。
クルマでソコまで行けば街中をワープ出来るし、そうしよう!ということで朝ゆっくり起きてバイクをクルマに積み「道の駅 瀬戸しなの」へ向かいます。

道の駅に着くと、店舗側の駐車場には結構な数のクルマが…人気のある道の駅なんですね。
IMG01453.jpg
いや、確かに私も起きるの遅かったですけども。


家からジャージでクルマに乗ってきたので、バイクの準備だけしたらトットと出発します。

国道248号線に出ますが…
何これ…路肩が超絶狭い…しかも交通量多い…

自転車が走れるようなトコロじゃないですね。

すかさず脇道へ逸れますが、テキトーに曲がってテキトーに進んだら、雨沢峠スタート地点とされる例のバス停が分からなくなってしまいました。

早速迷子です\(^o^)/

地図で見ると2km前後しかないのに迷子…

気にしません\(^o^)/

すると「雰囲気」ある道に出ます。
IMG01454.jpg

「ここだな( ´,_ゝ`)」

私は確信しました。

でも違いました\(^o^)/


仕方なくスマホの地図で確認し、ようやく辿り着きます。
IMG01455.jpg
「雨沢峠」とググると高確率で出てくるスタート地点のバス停です。

初ということで一応タイムは測ってみます。

スタート後しばらくは非常になだらかというかホントにヒルクライムなの?というような道が続きます。
いや、登ってるのは確かなので心拍バクバクなんですけどね。

あと身体も全然温まってないので、脚が重いです(早速言い訳)。
ウォーミングアップ無しでいきなり心拍上げるのもかなりキツイものがありますね(更に言い訳)。

このあたりからが本番かな?
IMG01456.jpg
「9%」という標識がありますが、10%以下ならちゃんと告知してくれれば心の準備が出来るので、キツイはキツイんですがそれなりに進めます。
10%以上はダメです。逆に心折れますので。

この雨沢峠は今日のコースの序盤中の序盤なので、ココで脚を使い切るワケにはいきません。
無理をし過ぎないように、それでも出来る限りは頑張ります。
私程度が頑張ってもリラックスしてもそれほどタイムに違いはないと思いますが…二之瀬ではほぼ変わりませんでしたので。

この風景(消防団?)もどっかの何かで見たことあるのでポチ。
IMG01457.jpg
この先の勾配がグイっとキツくなってましたね。

それを超えると山の中に入り、いつ終わるの~?と言いたくなるような道が続きます。

そしてようやくゴール地点(らしい場所)。
IMG01459.jpg

問題のタイムは…
20分54秒でした。

14分台で登る山神様がいらっしゃるようですが、尋常ではないですね。

二之瀬と比較すると、全体的に勾配緩めですし一息つけるポイントもあるんですが、それが逆に頑張る原因となってしまって結構キツイです。

身体をちゃんと温めて(言い訳)、コース覚えて攻略法考えれば(言い訳)もう少し縮めれそうですけど、アタマ使うと疲れちゃうんで次もノープランで登ります(逃げ口上)。


登ったことで軽く満足しちゃいましたが、まだ今日は始まったばかり。
写真だけ撮ったらトットと進みます。

このあたりは自転車では勿論、クルマでも来たことがありませんでしたが、いい景色が広がってます。
天気の良さもあるんでしょうが、山間の風景を見て走るのが最高に気持ちいいです。
IMG01460.jpg

ここでふと思い出しました。
確かこの先にはやたら大きい狛犬があると、どっかの何かで見たことがあります。

どこかの道を曲がらなきゃいけないのかな~なんて思ってると目の前に飛び込んできました。
IMG01462.jpg
デカすぎですね\(^o^)/

これが本日一つ目の「日本一」。それどころか世界一のようですが。


日本一(世界一)の狛犬をあとにして、次の目的地「道の駅 おばあちゃん市・山岡」へと出発します。
県道20号を左折し、しばらく走ると「道の駅まで3km」という看板があるので、もうすぐか~なんて思ってると…

3kmのヒルクライムでした\(^o^)/

ルートラボで見てたら変な曲がり方してるな~とは思ったんですが、走ってみて納得…
IMG01463.jpg

川沿いを走ってる時、「上の橋はなんの道かな?」なんて呑気に眺めてましたが、
自分で登る道でした\(^o^)/

橋の上から見た、さっきまで走ってた道。
IMG01464.jpg

眺めはいいんですけどね、眺めは。

そろそろかな?なんて思ってると、
む!
ダムがある!
IMG01465.jpg
「小里川ダム」というようです。

ダムには特に興味ありませんが、こういう大きい建造物は見ると「おお~」となりますね。

反対側も。
IMG01466.jpg

道の駅はこの先スグにありました。


本日2つ目の「日本一」
IMG01469.jpg
日本一大きな水車だそうです。

昼食にはまだ少し早いので、おやつを食べます。
IMG01468.jpg
みたらし団子、1つ食べちゃいましたがw

隣はかりんとう饅頭です。
中にはこしあんが入っていて、最高の補給食ですね。
揚げたてでアツアツなのも嬉しかったです。

陽にあたりながら休憩してると、

ん?

IMG01471.jpg

スマン。団子はもう食べてしまったのだ…

油で揚げた皮とこしあんの饅頭しかないけど食べるかな?と少しチギって置くとおいしそうに食べます。
結局3分の1程あげましたが、まだ物足りなそうにこっちを見ます。

まさかアミノバイタル食べさせるワケにもいかないし…
コーヒー飲ませるワケにもいかないし…

ちょっと申し訳なく思いながら食べさせるモノもないので出発します。


国道363号に入り、国道257号を右折します。

すると色付いた木がありました。
IMG01472.jpg

紅葉にはまだ早いようでしたが、もう山の上の方は色付いてますし、道端でもたま~にこういう木々を見ることが出来ます。
そしてふと道路端に目をやると、
「古い街並み」の案内板が。

今日の思考はサイクリング寄りなので、寄り道歓迎で見に行きます。

が、

どこの何がソレなのか、
分かりませんでした\(^o^)/

結局裏路地を意味無く一周して元の道に戻ります。


するとスグ先の交差点に気になる看板がありました。(でも撮ってない)

「⇐富田 農村景観日本一」

なぬ!?





後編へつづく






ブログランキングに参加してます。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コンポ換装は一石二鳥【回顧録】

最近朝晩が冷え込んできたといっても尚、半袖短パンで寝ている私ですが、今朝はさすがに寒さで目が覚めました。

新聞を取りに外に出ると、

ん?

IMG01452.jpg

クルマの窓に露が降りてますね。

寒いワケだ…




本題です。




それは昨年の初夏、オル兄から一通のメールが届いたことから始まりました。

「箱までピッカピカだぜ」

DSC_0161.jpg

なぬ!?

買いおった!


当時オルトレにはアルテグラ6700系が装着されていました。
以前乗っていたビアンキ インフィニートから移植したらしいです。

しかし11速化したデュラエースが欲しくてたまらなかった様子…

こうしてオルトレはデュラ化されるワケですが…


となると!


そのアルテグラどうすんの?
ねえどうすんの?
もう使わないよね?どうすんの?
どうすんの?どうすんの?


「…(売って)やるわ」


さすがにタダではくれませんでした\(^o^)/


しかし!

ここはさすが兄弟というべきか!

超破格です\(^o^)/


私のCAAD10のBB規格は皆さんご存じ、陽気な音を奏でることで有名なBB30。
インフィニートもそうだった(オルトレはどうなのかな?)らしいんですが、その陽気な音を嫌いクランクをシマノ化していたオル兄。
私が貰っても使い道がありませんが、オル兄もクランクだけ持ってても仕方ないのでフルセットで頂戴することに。


そこで今まで使っていた105からアルテグラへ換装するワケですが…

ショップに持ち込むか自分でやるか…

せっかく超破格で手に入れても工賃がかかるようでは意味がない。いや、ここは破格での入手だからこそ工賃を出すべきか…いやしかし…いや…

自分でやりました\(^o^)/

最終的に私の背中を押した一言。

「とりあえず装着だけして、調整がうまくいかなかったらショップ持ち込めばいいんじゃね?」

盲点でした\(^o^)/


無論、当時はブログを書くワケでもありませんし、初のコンポ換装作業ということで、呑気に作業風景を撮っている余裕などあるワケもなく…

なのでその様子をお伝えしようとしても、

「カチャカチャ」
「ギュッ」
「ビョイーン」
「\(^o^)/」
「グフッ!」
「オラァ!」
「ガクッ」
「\(^o^)/」
「フゥ」
「ポチャン」

…このように擬音しか書くことが出来ません。


そんなこんなでついに私のバイクにアルテグラが装着されました!
作業時間はおよそ7時間
夜8時に始めて3時過ぎまでかかったのをハッキリ覚えてます。

特に大変だったのはFディレイラーの調整ですね。
本を見てもググってもイマイチ理解出来ません。
とりあえず動くようにだけしたって感じです。
ココだけは後日ショップで調整してもらいました。

ちなみに未だに分かってませんし、もう覚える気もありません。
Fメカ調整はショップのお仕事(キリ

しかも最後の作業、バーテープ巻きは眠気との戦いでしたので、朝見たらチャッカリ隙間があったのも覚えてます。


翌朝、空中分解しないかドキドキしながら試運転します。

すると!

何これ、
変速性能が全然違うΣ(゜д゜)

見た目変わんないのに何でこんなに違うの?って感じでした。
レバーを操作した後のタイムラグが短くなって、変速もかなりスムーズになった…

これは…デュラエースっちゅうのはどうなるんだ…?


そしてブレーキ性能は…

よく分かりませんでした\(^o^)/




しかしこのアルテグラ換装の本当のメリットはココから。

私のバイクにアルテグラが装着されたということは、ソコに着いていた105が不要となるワケです。
クランクセットはそのまま「FSAゴッサマ」を使用しましたので、アルテグラクランクセットも余ってます。
Fメカはバンド式だったので直付け式を買い足しましたので、アルテグラのFメカも余ってます。

当然のように次のオーナー様のところへ旅立ったワケですが…


利益出ちゃいました\(^o^)/


ええ、そうです。
オル兄からの買値を上回る価格で旅立たせちゃいました。


私は知りませんでした。

コンポ換装すると儲かるということを。

ロードの世界はやっぱり
奥が深いですね\(^o^)/



時は流れその1~2か月後。

コンポをアルテグラにしたことでどうしても我慢出来なくなってしまったのがゴッサマの存在です。

オル兄からは再三BB30を捨ててシマノにしたら、と言われていました。
実際陽気なメロディにも悩まされてましたし。

しかし!
見つけてしまったのです。
SL-Kのいい出物を…

クランク交換の時にBB周りをキレイに掃除すれば、悩ましいメロディも止まるハズという根拠のない願いのもと、入手したSL-Kのクランクセットを装着します。

この時は写真を撮りました。
見た目変わりましたから。
IMG00561.jpg

だいぶ今の形に近づいてきました。


え?乗った感想ですか?


はい、
サッパリ違いが分かりません\(^o^)/

いや、軽いは軽いんです。
それは間違いないんです。

で?って感じですね。

これは今まで変えたパーツの中で唯一、変えたことの意味が見た目以外分からないパーツでした。

勿論完全な主観ですので、効果を感じられた方もいらっしゃるとは思いますが、鈍感な私にはサッパリでした。

あ、でもクランク交換の時にBB周りを掃除したらメロディは消えました。

しかし困ったことに変速調整がうまくいかなくなってしまいました。

何とか自力での調整を試みますが完全に泥沼化したため、ショップに持ち込んで見てもらうと、
「チェーンが1コマ短いですね」

ああ…やっぱり…

薄々気付いていたんですが、全力で見えないフリしてました。
だってメンドクサイですし\(^o^)/

ゴッサマについてたチェーンリングが50-34T、今回のは52-36Tでしたのでそのままではキビしかったようです。
スプロケは27Tでしたし。

この時ついでにミッシングリングを導入したおかげで、チェーン清掃がラクになりましたから結果オーライですかね。



こうして購入後約1年でその当時からついているパーツはサドルとペダルのみとなりました。
厳密に言えばシューズもですが。


結果的にはその全てのパーツを交換することとなりますが、それはまたの機会に。




ブログランキングに参加してます。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

残念なお知らせ

いつも当ブログ「弟ローディは見た」をご覧いただき誠にありがとうございます。

今日は残念なお知らせがあります。

本日をもちましてドマ兄が当ブログよりその姿を消すこととなりました。

本人の強い希望により今後一切登場することはございません。
(昨日の記事は本人の希望により削除致しました。コメント下さった方、本当に申し訳ありません)

多少なりとも彼の活躍を楽しみにして下さっていた方がいらっしゃると存じます。
本当に申し訳ございません。


そもそも当ブログは彼(ともう一人の兄)の奇行蛮行を白日の下に晒すという目的から開設されました。

今後彼についての記事を一切出すことがなくなるということは、当ブログの主人公がいなくなるということです。
この申し出があった時はこのブログの閉鎖も考えました。

しかし大変多くの方がこのブログを見ていただき、コメントをしていただき、足あとを残して下さっています。

その皆様のご声援が更新の活力になり、いつしかこの繋がりを無くしたくない思うようになりました。

そして、このブログ、そしていろんな方のブログを通じて皆さんと繋がり、繋がった方々といつか一緒に走ることが、私の大きな目標となりました。


つきましては、今後は当ブログが「兄晒し日記」から単なる私の日記となってしまうことをお知らせ致します。

極めてふつ~~~~の自転車乗りである私の日記ということで、今まで以上に内容激ウスなブログになるかと思いますが、今後ともお付き合いいただけますと幸いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。




ちなみに、
実はまだ彼にはいくつかのナイスなネタが残ってます。

ご縁あって一緒に走ることがあれば、
全部お話ししますね\(^o^)/
実は書けなかったネタとかも\(^o^)/




ブログランキングに参加してます。よろしければ応援と彼へのお別れのクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


初イベント!鈴鹿アタック120参戦記【回顧録】

今日は回顧録です。



オル兄の発案で参加することになった「鈴鹿エンデューロ春SP」。
待ってるのがヒマだからという理由で「アタック120」に出ることになっちゃいました。

開催日まであと1ヵ月程となった頃、ドマ兄から連絡が入りました。

「仕事が忙しすぎて多分鈴鹿行けない…」

なんと…

せっかくの初イベントがまさかのDNS…
しかし仕事ならば仕方ない…

とりあえずまだ1ヵ月先だしドマ兄ならば何とかするだろう(根拠なし)と、私とオル兄はその日を待っていました。

しかし1週間前になっても3日前になっても、オル兄が埼玉から既に名古屋に向かった前日の朝になっても、ドマ兄からの参加連絡はありませんでした…

仕方なく2人で行くことを決め、着々と準備を進めてた前日の夜、突如ドマ兄から連絡が入りました。

「仕事、何とか片付いたから明日行ける!

なに!
今から自転車もう1台積むのメンドクセー

よかった!

何とかなったんだ!


その晩、嬉々としてドマ兄がバイク持って我が家にやってきました。

しかしあまりの仕事の過酷さからか、顔が白い…そしてなんか痩せて見える…

オル「ほぅ…絞ってるのう…」

やつれてるんだと思う\(^o^)/


ココ1ヵ月余り自転車に触ることすら出来ていなかったとのこと。
それどころか睡眠時間も確保出来ない日もあり、食事もままならない日も…
しかしそれでも明日120km走るという根性。

ヘンタイですね\(^o^)/



そうして迎えた当日。

8時出走だし、7時くらいに行けばいいんじゃない?なんてお気軽なノリで家を出発。
はい、完全に
ナメてました\(^o^)/

試走もしない、アップもなし、ただ間に合えばいいやという呆れる程のテキトーさ。
しかも駐車場から会場までの距離も知らなかったので、ギリギリで出走に間に合ったという…


駐車場に車を入れ、とりあえずジャージに着替えようとするとドマ兄から突き刺さる視線のレーザービームが…



実はオル兄の発案で、みんなでジャージを揃えようということになってたんです。

最初はオリジナルジャージを作ろう、という話になりましたが、それはいいけど誰がデザインするの?と聞くと
オル「オマエ書け」
ドマ「頼むわ」
やっぱり丸投げですね\(^o^)/

私には絵心もアイデアもないし、二人に聞いても「任せる」以外の言葉を知らない始末。
いずれせよ日程的にも間に合いそうもないので、お揃いで何か買おうということに。

いくつかの候補の中で決まったのがコレ
IMG01451.jpg

DQN臭漂うデザインのこのジャージ、とあるサイトで大変お安く買ったモノです。

しかし、ドマ兄が不参加ということで2人でコレ着る勇気はないな、ということで私とオル兄の間では普段のジャージで行くか、ということになりました。
前日突如ドマ兄が参戦を表明したため、オル兄はこのジャージを埼玉から持って来ることすらしてませんでした。

そしてジャージの話などとっくに忘れていた私とオル兄…

しかしドマ兄だけは覚えていた!
IMG00396.jpg

m9(^д^)


「騙された!」を連呼するドマ兄。
1年半経った今でもまだ言ってます。


ま、そんな些細なことはおいといて、レースを楽しもうとスタートラインへ向かいます。

当然余裕の最後尾スタート。
IMG00394.jpg


ドマ兄もリラックスして(変なジャージ着てるのに)写真撮っちゃたりしてます。
IMG00392.jpg


今回の私たちの作戦はこうです。

・トータル20周なので、1人5周ずつ牽く
(順番は私・ドマ兄・オル兄の年齢順)
・残り5周は勝負!

以上!


テキトー過ぎますね\(^o^)/


普通に考えれば5周も牽き続けるなんてありえないですよね…
でもこれでバッチリとナメていた当時…

今思うとこの時のイベントが最も緊張しなかったイベントでした。
それほど何の準備も無く臨んだ、ということですね。


もうすぐスタート時間というところで、運営さんが何か説明をしてくれてますが最後尾なのであまり聞こえてきません。というか聞いてませんでした。スミマセン。


ついにスターターの号砲と共にアタック120のスタートです!


計画通り最初は私が牽きます。
初めてのサーキットということでやはり興奮していたんだと思います。
若干オーバーペースで二人を牽きます。

2週目に差し掛かった頃、オル兄がドマ兄のバイクの異変に気付く!

「タイヤから煙吹いてる!」

なに!?



私は以前クルマ屋だった頃の出来事を思い出しました。

あるお客さんから大排気量&ツインターボ搭載のクルマを下取りした時のお話です。

無事新車の納車を終え、その下取車を中古車部へ自走で運ぶ時のこと。
ビッグパワーのクルマに調子に乗った私、クルマも人気もないところで思い切りアクセルを踏みました。

すると、出足からホイルスピン!
その後ターボが効いた途端に時速50km/hあたりからもう一度ホイルスピン!

さすがビッグパワーのクルマだ!


ドマ兄といえばコソ練で鍛えまくっていた過去があります。
鍛え過ぎた脚がとてつもないトルクを生みホイルスピンを発生させたのでは!?


シーラント漏れでした\(^o^)/


ちなみにそのクルマも、その後確認したら
タイヤ丸ボウズでした\(^o^)/

本編とは全然関係ありませんが、そのクルマを運んでいる時、後ろを走る後輩から
オカマ掘られました\(^o^)/
居眠りしてやがったんです。


皆さん、タイヤのメンテと居眠りには
充分気を付けましょう\(^o^)/



レースに戻ります。


タイヤからシーラント噴き出して走らせていたドマ兄も、何とかそのまま走り続けることができ、私のノルマ5周を終えドマ兄と先頭交代をします。

ドマ兄を先頭に6周目を走り、7周目のホームストレート。

ここでドマ兄が遅れ出します。
明らかに先ほどよりスピードが落ちます。

やはり体調を整えることも出来ず走り出すのは過酷だったか…
1ヵ月間、まともに睡眠も食事も取れない日もあり、仕事が多忙を極め身体のコンディションは底辺状態…
そもそも参加自体に無理があったのかもしれません。

仕方なくドマ兄をパスし、オル兄が私を牽き始めます。

私には若干キツめのペースで牽くオル兄。
荒サイで知らない人のツキイチで走る技術を磨いていたオル兄、私やドマ兄と違い他の誰かの後ろに積極的に入ります。

何とか12周まではついて行きましたが、ついにホームストレートでオル兄の背中が遠くなっていきます。

軽く後ろをチラ見するも一切気にする素振りを見せることなく離れていくオル兄。
とにかくついていけない自分が悔しかったですね。

このあたりからは完全な一人旅です。

誰かの後ろに入るなんていう発想はありません。というより疲れたアタマにそんな発想が生まれません。
私を抜く人を追いかけて後ろに入る脚すらなかったです。

腰もかなり痛み始め、シケインを超えたあたりで毎周腰を伸ばしていました。
残り3周になると逆に残りが妙に長く感じます。

脚にも全然チカラが入りませんが、それでも下りくらいはとダンロップコーナーあたりから第2コーナーまでは無駄に頑張ります。
ココで脚を休めてる人も多くいましたが、私は調子に乗って「右行きます!」なんて声掛けながら無駄に頑張ります。
しかしホームストレートで抜いた人ほぼ全てに抜かれるという…

調子に乗って
スミマセンでした\(^o^)/

残り2周となったホームストレートで、目の前に黒と赤のフレームに山口を履いたバイクを発見します。
似たようなバイクに乗る人もいるんだな~と思ってると、ドマ兄でした。

目の前に来るまで気付かない程、疲れ果てて下を見て走っていたということです。

私自身もオル兄がいつ後ろから来るかと思い、抜き去る人々をそれなりに見ていましたが一向に来ません。

各々が孤独な闘いをしていたのです。


ようやく最終ラップに入り、少しだけチカラを入れます。
リザルトを見ると最終ラップは若干タイムが縮んでました。

疲れ果てていたとはいえ、もう少しと思うと絞り出せるものですね。

ゴールラインの少し先にいる係りの人にゼッケンを見せ周回数を確認。
「お疲れ様でした」
という言葉と同時に安堵感が訪れます。

そう、達成感ではないんです。安堵感なんです。

やっと終わった…


フラフラの状態で、転ぶのを何とか堪えながら荷物を置いてある場所に向かいます。

あれ?オル兄がいない。

13周目で私を置き去りにし、気付いたら視界にもいなくなったオル兄がいない…
トイレかな?と思っているとやってきました。

「いや~疲れたわ~」

トイレでも行ってた?

「いや、今ゴールした」

え?

「途中トイレ休憩してたから今ゴールした(キリ

は??
休憩してたんかい!

「おう。オマエ行くの見たぜ。どうしても我慢出来なくてよ~」

なんと…
全然勝った気がしないけど、とにかく先にゴールしてたのは私…
しかもトイレタイム…

あとはドマ兄のみ。

ホームストレート付近で待っているとドマ兄の姿を発見!
ラスト?と聞くと、チカラなく頷きます。

待っている間にヒマなんでポチ
IMG00397.jpg


しばらくするとドマ兄が無事ゴールしてこちらに来ました。
決して万全ではない体調で何とか走り切ったドマ兄。

「二度と出ねえ」

体調整えてから、ねw


疲れ果てたドマ兄が撮ってくれた写真です。
保存がうまく出来なくてどうしても横になっちゃいますが、どうしても載せたいので。
ML_CA3E03630001.jpg
見苦しくてスミマセン…

ドマ兄の指で3分の1程隠れちゃってます。

疲労困憊の人に写真お願いしたら
ダメでした\(^o^)/



レース結果は…

全員4時間超え_| ̄|○

順位も私とオル兄はかろうじて300位以内、ドマ兄はさらに数十人後ろ…


私は固く固く来年でのリベンジを誓いました。


更にこのままでは終われないと、

私とオル兄は
富士チャレンジ200への参加を決めました。
※カテゴリーは勿論100ですけど。


【今回の反省点】
・単純にトレーニング不足
・心も準備不足
・作戦があってないようなものだった
・体調管理に失敗(ドマ兄のみ。但し不可抗力)

ビワイチで150km走ったことが根拠のない自信でしたが、休憩しながらのツーリングとサーキットでは全然別モノでした。


「リベンジアタック!2回目の鈴鹿編」はまたの機会に。




ブログランキングに参加してます。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


-おまけ-

レースを終えると雲行きが怪しくなってきたのでスグにクルマに向かいます。
そして会場を出たところで雨が降り出しました。

急いでクルマに戻ろうという時にドマ兄の電話が鳴ります。

そして電話に出ると何やら揉めているというか何というか…

雨も強くなってきたので先にクルマに戻ると遅れてドマ兄が戻ってきました。

大丈夫?と聞くと

「カミさんだった」

ふむ。

「ココ(鈴鹿)に来てるらしい。『応援しに来た。今観覧車見えるけどドコにいるの?』と」

へ??
元々そういう約束だったの?
というか仮にレース中だったら電話には…

「いや、してないよ。いきなり来た。しかも今。レース終わったこのタイミングで」
「とりあえずそのまま帰ってもらうことにした」



\(^o^)/

通販は慎重に ※でも結果オーライ

若干釣り臭漂うタイトルですが、そのことは否定しません。

否定しませんし、

爆釣も期待します\(^o^)/


そんなことより、

ブログを始めて1ヵ月余り…
ついに当ブログへご訪問頂いた方の数が

10000名様を突破しました\(^o^)/

そのウチ何割かは私とその身内による自作自演であることは否定しませんが、この社会派ブログに多くの方が訪れて下さっているという現実…

涙で文字が打てません\(^o^)/

本当にありがとうございます!


今後も何卒よろしくお願い申し上げます。





本題です。





以前私の不注意からサングラス(業界用語でアイウェア)を落としてしまい、それ以来レンズにキズがついてしまいました。
ちょうど視線のレーザービームの通り道にいくつかの小さなキズがついたので、常にコンタクトレンズが曇っているかのようなストレスに苛まれていました。

しかも最も使用頻度が高いスモークレンズ。基本的に夜と雨の日は乗りませんので、クリアもブラウンもほとんど使いません。
何よりエロレーザービームを突き刺していることをバレるのを防ぐためにも目が見えるレンズは論外ですし。


今使っているサングラス(専門用語でグラサン)は使用感等特に不満もなく、買い換えるまでもないんだよな~と思っていたところ、オル兄が
「レンズだけ買えばいいじゃん」

レンズだけ買えること、
知りませんでした\(^o^)/

少し知恵を巡らせれば、シーン別にレンズが変えれるということはレンズだけ買えると分かりそうなものですが…


ということで、早速ググりまくります。

そう、まずは自分の使っているアイウェア(キリ から調べます。
ええ、OGKということ以外自分が使っているモノの名前も知りませんので。

まずはHPなどを見て自分が使っているモノを探します。
ココで私のアバウトっぷりが炸裂し、実物を一切持ち出しません。

記憶だけで確認し、辿り着いたのがコレ。
main[1]
※HPより拝借しました

「OGK プリマト」

アラシロ選手との共同開発?記憶にないけどいいや。
値段も何か高い…でも多分コレ。
って感じでモノを確定させ、早速通販サイトでモノを物色します。

サクっと見つかりますが、まーた黒かー。つまんないな~と思ってると、

おお?

「アラシロモデル用レンズ」なるモノを発見します。

オレンジとブルー…

イカス\(^o^)/

もうコレしか見えません。

次の問題はどっちにするか…

オレンジもブルーもカッコイイ…
オレンジブルーオレンジブルーオレンジブルーオレンジブルーオレンジブルーオレンジブルー…

両方にしよう\(^o^)/

迷わず両方ポチします。


その翌日、チェーンオイルとディグリーザーを買いにショップへ行くと、ショーケースにプリマトが飾ってあります。

ん?
んん??

抱き始める違和感。


しかしココは強引にその違和感を心の奥へ押し込みます。



待つこと数日…



ついにモノが届きました。

早速封を開け、私の「プリマト」に装着しようとレンズを確認します。

が、

ビミョーに違う…

でも似てるカタチしてるのでハメてみる。
IMG01427.jpg

…なんか隙間がある。
明らかに違う\(^o^)/

むぅ…何でだ…

ふとフレームに書いてある文字を見る。

IMG01449.jpg

FALCOって書いてある\(^o^)/


やっと思い出しました。当時私が買ったグラサン(キリ がファルコであることを…


アラシロモデル用レンズは通常のソレより高い。しかも2セット買ってしまった。

こうなっては仕方ない…


プリマト買いましょう\(^o^)/


しかしどこのサイトも即納出来ない様子…
買うと決めたらガマンが出来ない私…

あ!
先日行ったショップで見たな!

やはり買い物は実物を見て買うに限る(キリ

早速そのショップへGO!現物発見!しかも白がある!
店員さん、コレちょーだい!

IMG01441.jpg

う~ん、ジャストフィット…

素晴らしいですね\(^o^)/


早速使ってみました。

おお!
ファルコよりフィット感がいい!
全くズレない!

そのせいか軽いというかストレスがないというか、とにかくいい!

そしてクリアな視界…

買ってよかった\(^o^)/


結果オーライ(でも無駄ゼニ)とはいえ、くれぐれも
通販は慎重に\(^o^)/



そういえばタイヤがそろそろ交換時期だな…
ポチるかな。



ブログランキングに参加してます。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


新アイテムのインプレ的なお話~サイコン&その他~

今日は先日オル兄から快く頂戴したコレと
IMG01446.jpg
「CATEYE STEALTH10」

2個付け、なんか出来る男っぽくていいな。

フロントまわりのヘビー級っぷりに定評のあるCAAD10、今更コレくらい増えても
問題ナシです\(^o^)/


と、オル兄に進められて購入したコレ
IMG01447.jpg
「バーエンドミラー」

を装着しての初走行に行きました。


行き先は勿論、いつもの二之瀬。


いつものコースはどれ程の獲得標高になるのか楽しみな反面、その結果次第では今後のコース設定を再考しなければならないな~なんて考えていました。

今まで何度も宣言してますが私は坂が嫌いなのでいわゆる「ヒルクライム」には全く興味ありませんが、トレーニングの為仕方なく登りを取り入れてます。
設定根拠はありませんが、何となく100km1500mくらいを目途にしてましたがそれを確認する手段はなく、とりあえず二之瀬走っとくか!的なノリで決めたコースです。


ここ最近は朝は冷え込むのでゆっくり起きてゆっくりスタートします。

そしていつも通りご近所さんにピチピチ姿をお披露目しながらスタートすると…

寒いです\(^o^)/

ぬぅ…やはり半袖半ピチはキビシイか…

スグ家に戻りアームウォーマーを装着し再スタートします。


日陰に入ると寒いですが、日が当たればそれなりに暖かい。
しかも風もほとんど吹いてない。
今日はいい日だ。

ステルスにはサイコンとしての機能には全く期待してないので、全ては帰ってからのお楽しみ。
ただ常に時計が表示されてるのはいいです。
普段サイコンでは距離を表示してますので、時間確認しようとするとボタンを何回もポチポチする必要があり、それが結構メンドクサイんですよね~

バーエンドミラーはベストポジションを出すまで信号待ちの度に抜き差ししてましたが、ポジションが決まれば中々良いですね。
ご覧の通りスゴイ小さいミラーなので大きいソレと比べると視認性は低いかと思いますが、後ろの様子はチラ見で充分確認出来ます。

そもそもミラー導入を考え始めたのは、アワイチで最後尾を走っている時に後方確認をしながら走っていたらオル兄のバイクをハスってしまったことがきっかけでした。
また、ライド中チョイチョイ鼻水を垂らす私はテバナを飛ばすことが多く、毎回後方を目視してから飛ばしてましたが、ミラー導入のおかげで素早くテバナを発射することが可能になりました。
クルマに飛ばしたらエライ事になりますしね。

見た目もスッキリ、視認性も充分、買って正解でした。

デメリットは、やはりミラーが小さいこと。
上ハン、ブラケット、下ハン、握る場所(アタマの位置)が変わると見にくくなる時があります。


とか考えながらいつも通り西へ西へ進み、木曽三川公園に到着。

ここから県道218号に入り北上しますが、
IMG01432.jpg

相変わらずの向かい風。
名古屋市内は風吹いてなかったのに…
天気はいいんですけどね。

その後は県道117号を左折しますが、妙なモノを発見します。

この辺りは田園風景。
なのにヨットのようなモノが複数見えます。

んん??
田んぼの中で何やってるのかな?と思って進むと、
IMG01433.jpg
池がある(゜д゜)

ビミョーな広さの池に何艘ものヨットが…
いろんなトコでやってるんだな、と感心しつつ進みます。


毎回ココで我に返る私。
IMG01434.jpg

あの峠を越えるのは決死の覚悟が必要なので直接は向かいません。

まずココで休憩。
IMG01435.jpg

毎回缶コーヒーを飲みますが、もうホットが美味しい季節になりましたね。

軽いストレッチを済ませ出発しますが、カイコウズ街道に出るところで4~5名のローディの方々が。
全ての方が私より速く見えるのは何ででしょ?
いや、多分見えるんじゃなくてそうなんでしょうね…

二之瀬スタート地点は写真だけ撮って軽くスルーします。
IMG01436.jpg

速そうな方々がタムロしてるんで逃げるんです。

登り始めてスグに一人の方にサクっとパスされ、あっという間に視界から消えていきます。

山神様ですね\(^o^)/


先日登った白石峠の方がキツイかな?なんて思いながら回してましたが、

やっぱココもキツイです\(^o^)/


ちなみに今日はあえてラップボタンは押しません。
帰宅後のお楽しみなので。

それが逆に気持ちをラクにします。
湧水ポイントまでが早く感じました。


山頂にも山神様が多く降臨されてるので、サクっとスルーします。

裏二之瀬を下り自販機のあるところで休憩します。
IMG01437.jpg


梅ジュースを飲んだら出発です。

県道608号を左折しますが、小学校のトコロが意外と激坂…
というより、この住宅街は登りばっかでキツイです。

林の中を抜けると…
IMG01438.jpg
埼玉でも似たような景色を撮りましたが、川と山っていいですね。

この後もやっぱり登るんですが…

このあたりの住人の方、大変そうですね…


そのまま進むと道が広くなり気持ちのいい道が続きます。

IMG01439.jpg
今日も無事カエルことをお祈りして。


県道5号を多度方面に進み、途中の県道26号を南下し国道1号を目指します。

途中コンビニで定番の、
IMG01440.jpg
豆乳を投入。

はい、皆さんご一緒に
豆乳を投入。

ココのレジで嬉しい出来事が。

顔面を塩でコーティングした私を見兼ねてか、店員さんが「おしぼりどうぞ」と。
顔面バリバリでしたので、本当にうれしかったですね。

ありがとうございます
サークルK桑名大山田店さん\(^o^)/


サークルK桑名大山田店さんを後にして、あとは平坦路をボヘーっと進み家に帰ります。


ここからがお楽しみタイム。

ガーミンなどのログを取れる機器をお持ちの皆さん、いつもこうやって帰宅後もウキウキしてたんですね…?
ズルイですね\(^o^)/


まずは身体に付着したナトリウムを洗い流し、脚をモミモミ&ストレッチ。
豆乳を準備し、逸る心を落ち着かせPCにステルスを接続。



その結果…

【走行距離】104.3km
うむ、いつも通り。

【獲得標高】1492m

あと8m…

【二之瀬タイム】24分59秒
24分台(但し59秒)になっとる!

大体狙い通りの距離と獲得標高でしたが、もうちょっと登ってもいいかな?


ま、数値がどうかっていうのは置いときまして、走行ログが見れるって
いいですね\(^o^)/

走りに行くモチベーションがUPですね!


いろんなトコロに行ってログを取りたくなりました。

次はドコに行こうかな\(^o^)/



ブログランキングに参加してます。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


二之瀬タイムが縮まったな…

ホイール変えたらもっと縮むんかな…

ドマ兄、
来週ホイール貸して\(^o^)/


…ええ、自分では買いません。というより買えませんorz

そして、
兄のモノはオレのモノ\(^o^)/


ウソです。
貸して下さい。

プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター