FC2ブログ

山頂には大魔王

今日も出張先のホテルから更新です。

今日の宿泊地は近所に呑み屋さんしかなく、お酒がキライな私にはむしろ不都合な場所。
夕食どうしようかな~と考えていると、妙に地元の味が恋しくなり、「CC1」を探します。

しかし最も近い「CC1」まで約3km。

クルマは一旦駐車場に入れると出せないシステム(料金がかかる)です。


ムゥ…歩いていくか…

そう思ってホテルの取説を眺めていると、どうやら自転車を借りれる様子。
さすがアノ大きい水たまりが近くにあるダケはありますね。


タッタノ3kmならばママチャリでもOKでしょう、というコトでお借りするコトに。


しかし!

サドルが!


ちゃんと固定されていません。
シートポストじゃなくて、サドルが、です。

往路はガマンして何とか走り切りましたが…

20150513_192512.jpg

何度直しても後ろが下がるんです。

後ろが下がる⇒後ろ荷重になる⇒更に下がる、という負のスパイラルです。


帰りは乗った瞬間に致命傷になりましたので、結局3kmの道のりを全て立ちコギで走りました。

途中、コンビニに寄った時に撮った写真がコチラ。

20150513_195505.jpg

コレがユルユルでカクカクに動けばまだいいんですが、前に戻すのが無駄に固い。
なのでこの状態で座ろうとすると、私のナニにサドルの先端がブッ刺さります

スーツ着たオッサンが、ママチャリで夜の街をダンシングしながら走るというシュールな姿を晒してしまいました。
しかもよく見ればサドルが上向きで、リアルヘンタイか罰ゲームか、という…


旅の恥はかき捨てってヤツですかね。






それでは前回からの続きです。




筋金さん(仮名)とお別れしたあともまだまだ登ります。


チョット休憩したせいか、それとも若干斜度が上がり気味の登りだったからか、いきなりオル兄が逃げます。

20150503_094627.jpg

マジでメンドクサイ\(^o^)/


スイッチが入ると無駄に速いので、追うのがホントにメンドクサイんです。
しかも意外と長持ちする時もあるので、ホントにメンドクサイんです。

でも追わないと、また「ココのポイントいただき♪」とかいうマイルールを前触れなく適用するので追わざるを得ません。


結局、というかヤッパリ無駄に脚を削られたダケでしたが。


少し登ると雪がドンドン深くなってきます。

20150503_094836.jpg


段々標高が上がってきたという様子が、周りの風景からも感じ取れます。

20150503_095318.jpg

20150503_095404.jpg





そして視界が拓けた瞬間、目に飛び込んできた景色が!




20150503_100127.jpg

まさに高原という風景です。



サスガのオル兄も、

「コレはアイウェア越しで見るのは勿体ないな」

と、らしくない発言をします。



20150503_100251.jpg

20150503_100442.jpg

クルマも結構な数が登っていきます。


みんなこの景色が見たいんだな、と思ってましたが…

20150503_101151.jpg

まだ滑ってる…

スキー目当ての人も結構いらっしゃるようです。


そういえば遥か昔、私がスノーボードにモーレツにハマっていた頃、私のシーズンは10月末~GWでした。
約半年…1年の半分は滑り倒して飛び跳ね倒していたんですね。

そう思うと、スキーシーズンは結構長いですね。


更に登ると、道路脇の雪壁も段々高くなってきます。

20150503_102319.jpg


まるで冬のような風景も。

20150503_103130.jpg


そして登れば登るホド、雪の壁もドンドン高くなります。

20150503_103545.jpg


こんな景色の中で滑れるなら、スキーヤーの方々も気持ちいいでしょうね。

20150503_103848.jpg

当時の私は景色など一切楽しまずに滑ってましたが。


柵を超えれば簡単に入れちゃいますが、大丈夫なのかな?



更に進んだ先でドライブインがありましたので、ドリンク補給&トイレの為にチト休憩します。

20150503_104538.jpg


アクエリとコーラを買おうとすると…

20150503_104612.jpg

久々に「観光地価格」の自販機を見ました。

…いや。
豚みそ丼を食べた帰りにも見覚えがありますね。


その観光地価格も納得?な程、ココからの景色は別格でした。

20150503_105256.jpg

スマホ撮影では全く伝わりませんが、まさにパノラマです。

いいカメラとウデがあれば伝わる写真が残せたのかな?


コーラもウマウマです。

20150503_105348.jpg

せっかくのナイスショットに指が入っちゃうのがオル兄クオリティ


なので撮り直し。

20150503_110112.jpg



そういえば補給と景色に心を奪われて軽量化を済ますのを忘れていたので、トイレに行っていると…

20150503_110510.jpg

gdgdじゃねーか\(^o^)/

もう疲れたのか?
弱なったのう…

ちなみに、私がスマホを構えていると右の方にお気遣いいただきますが、モロ写りでした。


まだ一つ目の山すら終わってないのでトットと出発しますが、ココを出たスグ先にソレはありました。

20150503_111807.jpg

ホゥ…ココは渋峠っていう場所なのか…


ええ、

知りませんでした\(^o^)/


ええ、

知らずにルート引いてました。
とにかく高ぇートコ登ればいいんだろ?的なイキオイで。


知らずに来たので、このお店にもテンションアゲアゲです。

20150503_111849.jpg


勿論、ココを知らないというコトはこのスグ先にあるソレも知りませんでした。


相変わらずの雪の壁を走り抜けると…

20150503_112045.jpg




スグソコにソレはありました。


20150503_112330.jpg

「日本国道最高地点」

疲れるワケだ。
私にとっては酷道ですね。


ココからの景色もコレマタ絶景です。

20150503_112434.jpg

スマホでは(ry


カッコつけて佇む男その1。

20150503_112523.jpg


その2。

KIMG0107.jpg



ようやく一つ目の山が終わったダケなので、次へ進みます。
この一つで全獲得標高の2/3近くを登ってますが。


さあ!
次へ行くぜ!と下り始めたその瞬間!




プッシュウウウウウウウウ!






オイ…またか…

前回もオル兄と走っててパンクしたぞ…


しかもいい感じにいい音がサクレツです。


スグにバイクを止めてタイヤをチェック。
でも前回のブッ太い釘が刺さった時のように空気が抜けきっていません。

異物も刺さってません。


ウーン…ナニが原因なんだ…?


よーく見てみると、

20150503_113519.jpg

分かりますかね?
タイヤのビートが外れています。

なんで???
標高が高いせいかな???


とりあえず空き地的なトコロにバイクを止めて、心を鎮める為に景色を撮ります。

20150503_113504.jpg

ウム。
いい景色ですね。


で、改めてタイヤを見てみると…



チューブが噛んどる\(^o^)/



ムゥ…サスガD兄…
相変わらず油断出来ん。


というコトで早速修理開始です。

20150503_113955.jpg

しかしチューブが噛んでても今まで走れたあたり、さすがラテックス♪
そしてオル兄は予備チューブもラテックスを持ち込む程のラテックスマニア。

遠慮なくいただきます。


私はCO2ボンベを二本携帯してますが、オル兄が「イザ用にとっとけや」と言うので、手でシコシコ注入します。

KIMG0109.jpg

でも今が「イザ」じゃないのかな?


キレッキレで注入します。

KIMG0110.jpg


修理を完了したらトットと下ります。
お腹も空きましたし。


途中、カルデラ湖が見れる白根山火口付近を通りますが、この日は「火山活動監視中」とのことで入山禁止。

20150503_120416.jpg

横の道路は通れましたが。
いずれにしてもビンディングシューズなので見に行けませんが。

写真ダケ撮ったら昼食を探しつつダウンヒルです。


するとスグ先にロープウェイ乗り口があり、

20150503_121844.jpg


ソコには食堂的なお店がありました。

20150503_122200.jpg


蕎麦かラーメンかで悩みましたが、ココは群馬県。
長野県からやって来て群馬県で蕎麦を食べるワケにはいきません。

20150503_123146.jpg


食べたらトットと出発です。
夕食までに帰らないとイカンので。
年寄りの夕食時間は早いのです。

ちなみに群馬県側からはローディの方々がドンドン登ってきます。
皆さんお好きですねぇ…


一気にダーッと下ると、



あっ




という間に高原ムードもオシマイです。

20150503_130505.jpg




ココから更に下った後は、第2第3の山へと向かいます。






パンク以上の不幸が訪れる一日目最終話へつづく。






ブログランキングに参加してます。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





気合いを入れ直す3,000m

今日から遠征…ではなく出張です。

無論仕事道具はシッカリと積んでおります。


途中、美ヶ原の麓を通り、榛名山らしき山を遠くから眺めていると、もう仕事道具を降ろして仕事着に着替えて走りに行っちゃおうかと思いましたが、決死の思いでガマンをしてそのまま東へ進みました。

先回はキバヌケCRライドでしたので、今回はドコかの山へ行こうかとヤツへルートを丸投げしてますが、どうなることやら…

今週末は「ハルヒル」が開催されるようなのでヘンタイさんクライマーの方々は関東の山々から消えるでしょうし、その隙にマターリとナニしたいですね。


しかし天気予報は雨。

前日になっても予報が変わらなければ尻尾巻いて帰るつもりです。




では本編です。


GWの出来事です。
景色をタッポリ楽しんできましたので写真多め…になるかもです。




今回のGWは4連休しか取れませんでしたので、実家への帰省も必然と短くなります。

その短い休みを有意義に過ごす為に、オル兄からの勅命が下りました。


「ガッツリ山岳ルート用意しろや」


む…
前回のキバヌケライドの時と違って気合が戻ってキタのかな?

私は山が大嫌いですが、仕方ありません。
トレーニングも兼ねてますしね。


奇しくも同日にはある方々が獲得標高3,000mライドに行くとのことでしたので、意味も無く対抗するコトにしました。

そして出来たルートが140km3,000m
と言っても山3つ越えるダケです。
その中の一つがチトデカイ、というワケですね。



そして当日。


父にこの日走るルートをザックリ説明すると、

「お前らアホだな」

と言わんばかりにお見送りしてくれます。

20150503_070928.jpg

この日はタッポリ登るというコトで、ドマーネは完全体DQN仕様です。


出発前に、父に我ら兄弟の勇姿を披露。

20150503_071617.jpg

親孝行、というヤツですね。

ちなみにドマーネでもハルクジャージです。
まさかトレックジャージ買うワケにもイカンですし、ソレを買うくらいなら他に欲しいジャージがありますしね。

オル兄には散々ディスられましたが。



そして今回も予定より遅めの出発です。


早速家を出て、千曲川を渡ります。

20150503_072408.jpg

かつて、この川ではバス釣りに興じてましたが今ではスッカリですね。
オル兄はまだ未練があるようですが、元々付き合いでやっていた私は全く未練ナシです。

川を渡るとあっという間に田舎道。

20150503_072644.jpg

家を出て2~3kmで信号がほぼ無い道に出れます。

ココではまだまだオル兄も元気。

20150503_072653.jpg


横を見ると、これから登る山…

20150503_073357.jpg

ではありません。
これから登る山から見ればアレはですね。


ココからは別の市街地を抜けて行きますが、ココで見つけた雲を見て、

20150503_074640.jpg

「む…不吉な予感がするのう…」


崩れた飛行機雲じゃねーか\(^o^)/



…その予感は当たってましたが。
オル兄は雲で運勢が見れるようになったようです。



そしてこの山は雨の為に前回途中で下りてしまった山です。

20150503_075436.jpg

コレも丘ですね。コレから登る山に比べれば。


そしてココが想い出の地下道。

20150503_074902.jpg

土砂降りの中、お迎えを待ってたダケですが。


アレからもう1年か…


いや、特に感慨深いモノなナニもありませんけども。



なーんてオル兄と話しながら中野市街を抜けると、本格的に志賀高原へと続く登りが始まります。

20150503_075948.jpg

ココから約30kmに及ぶ登りが始まります。
富士スバルラインより長く、富士スバルラインより獲得標高が高い登りです。

まぁでもキッツイ斜度があるワケでもありませんので、休み休み淡々と登るコトにします。


淡々と登るコトが嫌いなオル兄も序盤はまだヨユー。

20150503_075953.jpg


目の前にコンビニを発見し、トイレにも行きたかったので「一旦止まろうぜ」と言うといきなりのスプリント。


「最初のポイントは取ったぜ♪」

20150503_080414.jpg

むぅ…相変わらず抜け目ねーな…
今日も油断は出来んのか…?

まぁいい。
我ら兄弟の勝負はあくまでもゴール。

最後の数㎞の平坦が勝負ドコロ。

ソコまでのセコいポイントなど気にしたらイカンのです。
そうやって脚を削る作戦なのです。


軽量化を済まし、アミノ酸を投入し、ココから本番の始まりです。
決して頑張りませんが。

20150503_080934.jpg


少し走ると、

20150503_081706.jpg

まだサクラが咲いています。
さすが長野です。

更に少し登ると、

20150503_081712.jpg

山にやってきた感がマシマシです。


特にキッツイ斜度が現れるまでもなく、本当に淡々と登ります。
おかげでオル兄が半キレです。

「コレじゃまるでローラー回してるみてぇじゃねーか」

ローラーが大嫌いなオル兄。
一定負荷で淡々と回すのが精神的に参っちゃうようです。

ヨシヨシ。


しかし時折視界が開けるポイントに出ると、サスガの景色が待っています。

20150503_082241.jpg

遠くに見える山々は「北信五岳」だそうです。
妙高・戸隠・黒姫…?あと何だっけな。まぁいいや。

あの山は夏に登ろうかな。


休憩ばっかりしてもイカンのでトットと進みますが、この辺りからタマーにキツイ斜度が現れます。

20150503_083047.jpg

激坂、というワケではありませんけども。


それにしても天気も景色も新緑も眩しいですね。

20150503_084445.jpg

20150503_083437.jpg


白樺が出始めると、山に来たって感じがしますね。

20150503_085938.jpg


この辺りで一定負荷に飽き始めたオル兄が遅れ出しますが、明らかに脚を溜めています。

ヤツの心理戦は侮ってはイカンのです。


待っている間、ココからも見える「北信五岳」と思しき山々をポチ。

20150503_090356.jpg


しかし、待っている私を完全スル―して駆け抜けるオル兄。

20150503_090404.jpg

む…
即座に追いかけます。


20150503_090446.jpg

やっぱり溜めてやがったな…?


でも少し疲れちゃったのでチト休憩です。

20150503_091228.jpg

オル兄のドリンクが切れてしまい、私のドリンクの半分程が奪われましたが、この先ドコまで登れば自販機があるか分かりません。

コレはサバイバルになるかも…


そう思っていると、地元のローディさんがやってきて、ココの湧き水をボトルに補給しています。

飲めるんですか?


「ええ、先日飲んだ時はお腹大丈夫でしたよ♪」


ワイルド基準ですね。

長野の水道水は名古屋のソレとは比べモノにならん程オイシイので、納得ですけども。


結局は私のドリンクを薄めたダケという事実は置いといて、コレで一安心です。

20150503_092138.jpg


そしてこの辺りから上はまだ雪が残ってました。

20150503_093129.jpg

といっても決して寒くはありません。
ちょうどいいですね。


ハァハァしながら登っていると、あるローディさんに追い付きます。

む…
明らかにケイデンスがおかしい…

まさか…


私の気配に気付くと、あっという間に加速していきます。


ムゥ…
三味線、か…?



少し登ったトコロで後続の方々を待っているご様子でしたので、私もオル兄を待ちながらその方と少しお話しを。

静岡から来られた方だそうで、富士ヒルにもエントリーされているようです。

「ココの方が富士スバルラインよりキツイので、ココでトレーニングすれば余裕ですよ♪」

と仰いますが、



出る気ありません\(^o^)/


疲れちゃいますし。
山嫌いですし。



しかしコノ方は筋金入りのご様子。

このキッツイ登りをアウター縛りで登っていました。

20150503_094014.jpg

そうです。
先程の明らかにおかしいケイデンスはアウター縛りだったんですね。

つい先日もアウター縛りの方を何名かお見かけしましたが、一体ナニ考えてるんでしょうね。




ローラークライムに半キレのオル兄もやってきたので、筋金さん(仮名)とお別れし、ココから始まる本番へと向かいます。







更なる絶景が待ち受ける次回へつづく。







ブログランキングに参加してます。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




ドマーネ6(&デュラ&レーゼロ&RIDEA楕円リング)というバイクの魅力

ひょんなコトから我が家に転がり込んで来た「トレック ドマーネ6」。

20150429_074818.jpg


とにかく試乗です!

ポジションも煮詰めたいですしね。


しかしこの日は娘の部活の応援に行くコトとなり、8時半までに帰宅しないといけません。
70校以上集まる大会でベスト4まで勝ち進んだので、ココで行かねば親がすたる、というワケです。


ということで、普段ソロではありえない時間に起床し、

20150429_044405.jpg


ありえない時間に「道の駅 立田ふれあいの里」へ。

20150429_051204.jpg


む…
天気が微妙かな?

20150429_051415.jpg


西側も確認します。

20150429_051421.jpg


早速雨で濡らすワケではいきません…

ま、降り出したら一目散にクルマへ戻るコトとしましょう。



背割を行くコトも考えましたが、今日はとにかく時間が無いので農道を選択します。

20150429_053019.jpg


ウーン…
向かい風のせいなのか…?

どうもウマくペダルが回せない。

楕円リングに慣れてないからかな?

とにかく全然脚が回りません。
連日、深夜に及ぶバイクメンテで寝不足気味なのを加味しても、です。


とりあえずはバイクに慣れるコトを重視し、無理に負荷を上げたりはしません。


なのでこんな写真も撮っちゃいます。

20150429_054532.jpg

天気は大丈夫そうですね。


ウーン、脚が回らないのはナニがおかしいのかな?と考えながら走っていると…


サドルかな?


ちと後ろに下げてみます。



ウム!
しっくりクル!

ソコソコ回せる!


気付いたのが二之瀬手前で何よりです。

20150429_061113.jpg


この日は「機材が変わると本当に速くなるのか?」を実験する為に、二之瀬もホンキでイクことにしました。
久々にリアルタイム計測もします。

20150429_061152.jpg


むむ?


むむむ!


むむむむむ!!



ハァハァしながら何とか登頂。

20150429_063626.jpg

タイムのコトは最後の総括で。


そしてカエルに挨拶をして、

20150429_071453.jpg


先日たかじんさんに教わった最短ルートで多度を目指し、

20150429_072047.jpg


その時食べた「クリーム大福」が食べたくて、

20150429_072954.jpg

鳥居をくぐり、そのお店へ向かいますが、

20150429_073051.jpg

ムゥ…
こんなに明るいのにまだ開店前…

もう7時半だというのに。



そして時間通りクルマに戻り、時間通りに帰宅し、家庭円満♪






というコトで、ドマーネ(&デュラ&レーゼロ&RIDEA楕円リング)のインプレを。
あくまでもCAAD10との比較ですが。


◆路面の上をヌルヌル滑るように走る。
アスファルトの微振動をほぼ拾いません。ISOSPEEDはダテではありません。

◆剛性が高くて楽し過ぎる。
しかし固いというワケではありません。あのゴッツいBB廻りはダテではありあせん。

◆ダウンヒルが最強過ぎる。
低いBBハイトのせいか、その衝撃吸収性能のおかげか、安定感と狙ったラインへの操縦性が素晴らし過ぎる。

◆デュラエースというコンポが快適過ぎる。
もはや説明不要ですが、とにかく快適。ブレーキの効きもこんなに違うとは。

◆レーゼロは…一長一短。
正直、平坦はツマランです。しかし登りは…快適過ぎる。

◆RIDEA楕円リングは実に素晴らしい。
慣れるまで若干の違和感がありましたが、スグに慣れますし、逆にペダリングを矯正してくれてるんじゃないか?と思える程スムーズにチカラが入ります。

◆軽い。
軽量をウリにしたバイクというイメージはありませんが、CAAD10との比較で。当然ですね。



正直、ほぼ欠点が見当たりません。
実は今までマドンの方が興味津々でしたが、ドマーネが大好きになりました。

さすがハイエンドモデルですね。
素晴らし過ぎます。



と、ホメ殺しも何なので、数少ないマイナス点を。


◆見た目がDQN。
ファイヤーパターン…クルマなら確実にDQNです。

◆長いヘッドチューブと低いBBハイト。
その分ハンドルとサドルの落差が減り、レーシーな見た目になり難い、という点で。
見た目重視派ですので。


ネガティブポイントはこれくらいですね。
要は見た目のみ。


性能は本当に素晴らしいと思います。

ホイールはフルクラム・クワトロ、レーゼロ、そしてアイオロスから選択出来るので、ソレも満喫したいと思います。



オレのホンキはココから☆DA\(^o^)/



鈴鹿までに乗り倒して、とにかく慣れておかないと!









そして問題の二之瀬のタイムですが、




今までのベストタイムから

約1分縮まりました\(^o^)/



たかだか6km超のヒルクライムで1分の短縮ってスゴイですよね。
プラシーボだろうがなんだろうが、とにかく記録は更新されたのです。

タイムを書くと、「三味線弾き」という風評被害がコワイので公開は控えますが。






最後に、誤解を恐れずにあえて言います。




自転車は機材スポーツだ!




異論は認めますが受け付けません。







ブログランキングに参加してます。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



我が家にハイエンドモデルがやってきた

以前の記事で、私のCAAD10のBB30異音問題について書きましたが、とりあえず鈴鹿までには何とかしなければ。

ワイヤー交換と併せてショップに持ち込むつもりでしたが、問題はいつ持ち込むか…

週末は走りたいので平日のウチに済ませてもらえたらないいな…なーんて考えていて、GWが明けたらとりあえずショップに行こうと思ってました。



そして先日の法事でのお話。


その法事は妻方の法事です。
というコトは、その場には引退説が流れていたアノ男(D兄)がいます。


ソコでムリを承知で聞いてみました。


チットCAAD10をメンテに出したいから、週末ダケでいいんでピナレロ(=ダイブマシン)貸してくれない?


「ドマーネ持ってっていいよ」



ダメだコリャ。
真剣に聞いてくれてない。


いずれにしても、ダイブマシンならまだ気楽に使えますが、ドマーネはさすがに気を遣います。



そして坊さんの子守唄のデュエットもオワリ、親戚一同で昼食会場へと移動します。
唯一の中年(他の親戚は全て老年)組である、我が家とD兄一家が同じテーブルに。

意を決してもう一度聞きます。


結構本気で、ダイブマシン貸して欲しいんだよね…


「ドマーネ持ってっていいよ」



ダメだ。体よく受け流されてる。



そして夜の宴会タイム。


お酒のチカラを使ってもう一度トライ。



ダイブマシン(以下略



「ドマーネ持ってっていいよ」



ココでようやくジックリ話をするコトが出来ました。

詳細は記しませんが、とりあえず当面は自転車遊びに興じている時間が取れないとのコト。
引退ではないよとは言っていましたが。


そしてダイブマシンは今フラペ仕様。
チョイ乗りに使っているようです。

ソレに対してドマーネは戦闘機。

しかし、その戦闘機をガッツリ乗る時間が無く、そしてドマーネをフラペにしてチョイ乗りで使う気は一切無いとのコト。


どうせ家で眠っているダケだから、ドマーネを陽のあたる世界へ連れ出してくれ、とのことなのです。



いやでも落車とかしたら…


「構わん」


いやでも外走ればキズとかつくし…


「構わん」




んじゃ永遠に借ります\(^o^)/




そうと決まれば話は早い。
翌日にソッコーで取りに行きました。


そのバイクがコレ!

20150429_074801.jpg

コレ!

20150429_074818.jpg

コレ!

20150429_074747.jpg

コレ!

20150429_074933.jpg

コレ!

20150429_074823.jpg

コレ!

20150429_074805.jpg

コレ!

20150429_074838.jpg

そしてコレも!

20150429_084213.jpg


フレームも、コンポも、ホイールも、


\(^o^)/イイネ!




そして2台持ち(1台は借りモノですが)となったことで、クリテで思い切り踏めるというコト…
CAAD10での落車はコワくない!

あ…でもケガはイヤなのでソコまで追い込みませんが。


ふふふ♪

夢が広がりますな♪



「鈴鹿もコレで走っていいよ、っていうか乗り倒していいよ」

という言質もいただいたので、CAAD10はローラー及びクリテ用(まだ申し込みすらしてませんが)となりました。



前オーナーのD兄、大切に使わせていただきます!
ありがとう!




ちなみにソレに伴い買い足したモノもいくつか。

10Sと比べてやたら固いミッシングリンク。
その為にコレを購入。

20150507_211716.jpg


そしてフレームの色に合わせてツールボックスも買い替えです。

20150507_195916.jpg


更に、今は楕円リングがついているので、真円に変えたくなった時の為にコレも。

20150507_211733.jpg


そして、フロントが50-34Tということで(CAAD10は52-36T)、鈴鹿で物足りなくなるとイカンので11-23のスプロケも。

20150507_195853.jpg

デュラはお高いのでアルテですが。



自宅に輸送するやいなや、即ポジション出しです。
ステムを交換したり、チョーシコイてバーテープも交換したり、とにかく大忙し。

更に、本当に放置されていたらしく、一生懸命ピカピカに磨きます。



夜中でしたが、軽く外を走ってとりあえずのポジション出しを終えます。

あとはいつものコースを走って感触を確かめるダケ!





次回はドマーネの魅力をたっぽりとお伝えしますよ!






ブログランキングに参加してます。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



剣峠で起きた奇跡。そしてやっぱりプロはスゴイ!

伊勢志摩ライド、終回です。






パールロードを平和に駆け抜け、志摩市街で立寄ったお店でオヤツタイムです。

20150425_113748.jpg

「てこね寿司」の文字の方が大き目ですが、我々のお目当てはタイヤキです。

メニューも豊富。

20150425_114005.jpg


ソコソコお腹も空いてましたし、アップダウンの繰り返しで脚もカロリーも底をついてましたので2個いただきます。

20150425_115041.jpg

私が選んだのは「ミックス」と「ストロベリー」。

皮が薄くてアンがたっぽり。
美味しいです。



オヤツタイムを終え、川沿い?池沿い?いやいや実は海沿いという道を走り、

20150425_122441.jpg


このあとに控える「剣峠」に備えドリンク補給です。

20150425_125524.jpg


「このあとは3km程度登ったらオワリですから」


そう仰る路さんの言葉を鵜呑みにするつもりもありませんが、3kmという具体的数値はある程度参考にはします。


そろそろ始まるな…?

そういう道に入り、

20150425_132027.jpg

目の前に見える山に絶望します。


絶望している私とは裏腹に、むしろ喜び勇んで走り出す路さん。


路さんの飛び出し=登りの始まり、というコトです。



ココでも誰も路さんを追いません。
STRAVAの「Flybys」で確認すると、圧倒的速さで登頂していたご様子。

リキさん、なかさん、私の3人はマターリと登るコトを選択。

20150425_132705.jpg

タッタノ3kmなので頑張ってみようかな?とも思いましたが。


雰囲気のイイ道をマターリマターリ。

20150425_132724.jpg


マターリマターリ。

20150425_132835.jpg


マターリマターリ。

20150425_134003.jpg



3km超えても、



終わる気配一切ナシ\(^o^)/





リキさんは序盤からカメラを準備し、完全にスイッチが入った様子です。
後ろを確認すると姿が見えません。
どうやらリキさんが大好きな道のようで、クライムモードからモーツァルトモードへ移行していたようです。


ということで、山頂までは なかさん との二人旅。

最初のウチはライン取り争いで遊んだりしてましたが、詐欺師路さんからの前情報とのあまりの乖離に完全に心ポッキリモードです。


3kmって言ってましたよね?

「言ってたね」


路さんがアタックし始めて、もう5km以上走ってますけど?

「走ってるね」



あ!アソコ!山頂ぽくないですか?

…チガタ。


「完全に心折れたわ」



路さんの「3km」って…

直線距離のコトじゃない?」




山頂までの間、路さんへの愚痴を踏力に変え、何とかかんとか登って行きます。



マサカ…

リキさん…


モーツァルトモードじゃなくて、キレてるんじゃ…?


「多分キレてるね」




ヨシ。
ダークサイドリキさんをキッチリと観察し、ネガティブキャンp…いや何でもないです。




結局、路さんがアタック仕掛けた場所から約8km登り、ようやく登頂です。

20150425_134906.jpg


路さん…
3kmって言ってましたよね?


「ウーン、それくらいじゃなかった?」

20150425_135023.jpg




\(^o^)/ダメダコリャ



とりあえず、リキさんはきっとキレッキレなので責任取ってお迎えに行った方がいいですよ!

「んじゃ行ってくる」


ムゥ…
この登りなど路さんにとっては何でもない登りなのか…


この隙に海が見える素晴らしい景色をパチリ。

20150425_135100.jpg

峠の山頂から海が見えるなんて…


素晴らしいですね♪


3kmで登れるならば。



少し待つと、リキさんと路さんが登ってきます。

20150425_140301.jpg


「リキさんの毒吐きに期待しよう♪」

と、なかさん。



無論、大いに期待してます♪



しかし…



20150425_140313.jpg


満面の笑みでした\(^o^)/


3km詐欺など意にも介さず、大好きな道を存分に楽しまれていた様子。

ヤハリ紳士力が高いですね。



一命を取り留めた3km詐欺師への非難と感謝を浴びせていると、反対側から複数のローディさんが登ってきます。

すると なかさんが、


「竹谷さん!」


ん?
お友達ですかな?

・・・・・・


にしてはナニか雰囲気が違う…


路さんも珍しく興奮している…


リキさんも興奮している…



その方とは!


元MTBプロライダーで、チャリダーの、現在はトライアスリートとしてご活躍中の竹谷賢二さんです!



…スミマセン。
私、実は知りませんでした。

家に帰って「FUNRiDE」の2月号を見たら、特集ページにバッチリ出てました…



しかし話の流れとその佇まいで何となくプロの方であるコトは充分察するコトが出来ます。

更に異常に発達したモモ筋。


記念に一枚撮らせていただこうとスマホを向けると…

20150425_142352.jpg

路さんとリキさんが思いっきりカメラ目線です。

リキさんはまだしも、路さんのカメラ目線は貴重です♪



そして!

更には!



今年1月に開催した私の告知ライドで、遥々伊勢からお越しいただいたカンパチさんが!

20150425_141038.jpg

ええ!
何で?

「いや、ダイさんこそ何で!?」


ごもっとも\(^o^)/




実はこの日(土曜日)の翌日、カンパチさんをお迎えして二之瀬へ行こうという予定でした。
しかし、その日が法事であるコトをスッカリ忘れていて、急遽延期に。

日曜が法事なので土曜はいかがですか?とお聞きしたトコロ、
「ペダリング講座に申し込んだので…」
とのお返事。

そのペダリング講座がこの日で、しかもココだった、というワケです。



何という奇跡…



全ての道はローディに通ず。


誰かがそう言いました。



まさにその通りです。





そしてその奇跡は、なかさんの時間前行動にコトを発します。
リキさん宅への1時間前襲撃も含めて、です。


早起きは三文の徳。


昔の人はいいコト言いますね。




ペダリング講座を開催されたショップのユニーク店長さんの撮影シーンもいただきます♪

20150425_142608.jpg

竹谷さんのドアップ(後頭部のみ)も。



竹谷さんは本当に気さくでいい方でした。
笑顔も素晴らしいです。

リキさんと路さんのワガママな記念撮影にも快く応じてくださっていました。



興奮冷めやらぬ中、皆さんとはココでお別れです。
我々とは反対へ降りるようでしたので。


反対側も似た雰囲気の道ですが、

20150425_143144.jpg

その雰囲気を楽しんだのは最初ダケ。


しばらく進み、後ろを確認するとリキさんの姿がありません。


む…
少し待つか…


一向に来ません。


む…

来た。

でも止まって写真撮ってる。
んじゃいいか。


するとまた来ない…

ムゥ…


すると竹谷さん達が降りてきました。
アレ?コッチ側に来たんだ。

ユニーク店長さんに、

我々の連れを見ましたか?

とお聞きすると、


「写真撮ってましたよ」



待つのヤメ\(^o^)/



ココからは竹谷さん達のツキイチをキープしてのダウンヒルです。

20150425_144316.jpg

ダウンヒルといっても、アップダウンを繰り返しながらの下りですが。


最初のウチは店長さんと参加者の方が先行し下っていましたが、登りに差し掛かったトコロで参加者の方が遅れます。

そして今度は竹谷さんの牽きが始まります。


最初は知らない道で、幅も狭く決してイイ路面とは言い難い道を高速で下って行きますので、あらゆる意味でチョー必死でした。

しかし竹谷さんの後ろをきっちりトレースすることを意識し始めると、物凄く走りやすいコトに気付きます。

コーナーでの加減速のスムーズさ、ライン取り、勾配の緩急でもスムーズな走り…


コレが牽くということなのか…


そして先行していた なかさんと路さんの姿が視界に入ると明らかに一段スピードが上がります。

むむ!
ココで離されては勿体ない!

必死でついていきます。


そしてお二人に追い付き、


タダ乗りさせてもらってまーす!



そう伝えると路さんがスグに反応!
なかさんは店長さんとの譲り合いの結果、入り損ねたようです…



ココからは無賃乗車2名を抱えた竹谷さんの高速ダウンヒル講座です。

登りに差し掛かるとチョー必死に回しても遅れそうになりますが、中切れすると後ろから迫る路さんに怒られそうなのでとにかく踏みます。

後ろを一切見ずとも私と路さんの気配をシッカリと把握しつつ、且つ高速でスムーズに牽く竹谷さん。

今まで経験したコトの無いダウンヒル…
文章では表現し難い、とても貴重な体験…

もうアドレナリンが出まくりです!



プロってすげえ…



いや、当然なんですけどね。
直にその凄さに触れたのは初めてでしたので。

速いダケじゃない、その懐の深さが本当にスゴイです。



そして更に嬉しいコトに、ダウンヒル終了後、


「いい一体感でしたね♪」


そう言って、我々と握手をしてくださいました。

私はギリギリのトコロで必死についていったダケではありますが、ソレを「一体感」と表現して下さるとは…




ちなみに、

「よくオレのダウンヒルについてこれたな!褒美にこのバイクを進呈しよう!」

というのを、ダウンヒル中に若干夢見てましたが、やっぱり夢でした。




そして後続の方々が降りて来るまで、なかさん・路さん・私へのタダ講座♪

20150425_150243.jpg


しばらく興奮が冷めませんでした。




全員揃ったトコロで竹谷さん、カンパチさん、そしてそのご一行とはお別れです。

20150425_151818.jpg

リキさんが内緒にしてたので、私もお見送り直後にカンパチさんの身に起きたコトはナイショにしておきますね。



そして…

爽やかにお別れを言ってお見送りをしたにも関わらず、

20150425_152324.jpg

結局しばらく一緒だったという…


少しナニな気分♪



そしてクルマに戻って着替えた後、この日のお食事。

20150425_161918.jpg

当初は「グルメライド」と聞いていたんですけどね。




帰りのクルマの中でも楽しい会話が止まりません。

リキさんはコッソリ脚が攣っていたようですが。




この日は初めての伊勢ライド、初めての なかさんとのライド、そして奇跡の出会い…

笑いと興奮が止まらない一日でした。



リキさん、なかさん、そして今回のライドを企画してくださった路さん、ありがとうございました!

また一緒に遊んでください♪






ブログランキングに参加してます。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






パールロードは平和な道

前回からのつづきです。



この日のメインの一つ、パールロードに凸入した一行。

ココで私は善意により少し先行し皆さんのお姿を写真に撮ろうと画策します。
ある業務日報の方がよくやるアレですね。


大切なコトなのでもう一度言います。

100%善意で先行します。


するとなかさんが、

「逃がさん!」

と、何故か追ってきます。


善意で皆さんの写真を撮りたいダケなのに…


いや…あの…写真撮りたいダケなんですよ…
アタックとかそういうんじゃないんですよ…


「ふ~ん」


ムゥ…
コレはイカン…

このままでは単に自ら脚を削るダケだ。


でもこんなイイ天気でこんなイイ道で走る皆さんのケツのみ写しても面白くありません。


数回に渡り なかさん に脚を削られ続けても尚、根性で前に出て何とか撮った一枚がコチラ、というワケです。

20150425_095546.jpg


すると、本家(=路さん)のオカブを奪うかのような三味線の弾きっぷりを披露する方が一人。

20150425_095548.jpg


ココまでで何となく分かってはいましたが、ココでソレが確信に変わりました。


なかさんは油断出来ん、と。



アップダウンの続く道を走りながら、バイクを止めれそうな場所を見つけ写真を撮ろうと善意で先行するも、その度に仕掛けてくる なかさん。

なので写真にはリキさんと路さんしか居ません。

20150425_095858.jpg


そして撮るモノを撮った私がマターリ走ろうとすると、何故か仕掛ける なかさん。

完全に私の脚を削る作戦です。

この日はマターリサイクリングで、こういう削り合いは私の望むトコロではありませんが、逃げられると追わざるを得ないというのは自転車乗りの習性ですね。

その習性を狡猾に利用し、要所要所でアタックを仕掛け、私の脚を削るとは…


なかさんオソルベシ\(^o^)/



しかし真の恐ろしさを発揮するのはその後です。


脚を使い切り追い付くとまたもや腰を上げダンシングの体勢に。


ムゥ…
まだ元気があるのか…



・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・





BF(バックファイヤー=放屁でした\(^o^)/


そのイキオイで加速し逃げをキメルなかさん。

20150425_100650.jpg




そんな感じで脚とを削られつつ走っていると、展望所のような場所に出ます。
というより、至るトコロで景色が眺められるよう、クルマを止めるスペースがあります。

念の為リキさんに確認すると「撮りたい」とのコトで、チョイと休憩です。

20150425_101226.jpg

この辺りは陸地が入り組んでいる為、海の向こうに陸地が見えます。
以前見た瀬戸内の海とは似て非なるモノではありますが、何故かソレを思い出させます。

20150425_101419.jpg


ココで なかさん がタンポポを手に取るという、全く似つかわしくない行為に及びますが、次の瞬間スグに納得しました。

20150425_101547.jpg


アリガトウゴザイマス\(^o^)/


休憩を終え出発しますが、なかさんが

「タンポポが落ちないようにチェックしながら走るね」

と、もっともらしい理由をつけて私の後ろをキープします。



マズイな…
警戒を怠らないようにしよう。


タンポポは10mで無くなりましたが。



そしてココまで「路案内」を封印していた路さんが突如加速します。

路さんの加速=登りが続くというコト。
全員その逃げを容認します。

その登坂力をよく知る私は追いかける気にもなりません。

事前にテキトーにしかコース概略を確認していない私は、この登りがどれだけ続くのかも分かりません。
分からないというコトはノンビリ登るしかない、というコトですが…

20150425_102522.jpg

全く同じ考えの方が約2名。


登れない私のツキイチをキープしています。


コレは…
警戒心を怠ると仕掛けられるな…


杞憂でしたが。



すると遠くに待ちくたびれた路さんの姿が見えます。

ヨッシャ!
踏むぞ!


そう思い全力で踏みますが…


リキさんが振り切れません。

ムゥ…登りでリキさんをチギるなどヤハリ無謀だったか…



日々ローラーでトレーニングをし、確実にそのパワーを上げているリキさん。
よく、SHOROsの方々が「リキさんは強くなった」と仰るシーンを目にします。

私はリキさんとのライドはまだ3回目ですが、最初に走った時と比べても確実に強くなっています。


やはり練習はウソをつかない…


励みになりますね。




え?なかさん?

全くヤル気を見せませんでしたよ。

20150425_102927.jpg

このように三味線を弾きながら登ってきましたが、皆が待つ前をダッシュで駆け抜けます。


すると路さんがすかさず追います!

今度は私も追いますが、やっぱりドンドン離れて行く一方です。


それでも諦めずに踏み…



見えた!


…と思ったら、

完全に失速した なかさん でした。




そんなこんなで展望台に到着です。

20150425_103221.jpg


たった数百mの登りにも関わらず圧倒的差をつけた方はヒマそうに皆を待ちます。

20150425_103226.jpg


ココまでもかなりイイ景色を楽しみながら走ってきましたが、サスガ展望台、イイ景色です。

20150425_103441.jpg


イイ景色なんですが…

20150425_103409.jpg

虫が異常に多い\(^o^)/


ココで景色を楽しみつつ、ドリンク補給をし休憩しますが、とにかく虫が多くて落ち着きません。
それでも なかさん・路さんと私はベンチで休憩していましたが、リキさんの姿が見えません。
きっとスイッチが入ったコトと思われます。


そして景色が一望出来る場所、というコトは…

20150425_104528.jpg

こういうコトです。


撮るモノ撮ったので出発しようとしますが、

むむ!


20150425_104654.jpg


マスクしとる!


ココでまさかの心肺トレーニング開始…

オソルベシです。



そういえば路さんも、ココに至るまで「路案内」は封印していたものの、ずーっとSFRトレーニングをしながら走っていました。

リキさんも常に一定のケイデンスを保ち、ペダリングを意識しながら走っていた様子。


ノー天気にマターリサイクリングを楽しんでいたのた私だけのようです。
こういうトコロで差が出るんでしょうね…


でも、マターリサイクリストとしては、

私が一番健全ですね(キリ


だからコレでいいんです。
何故なら私はヘンタイではないのだから。



そして早速弾きまくる方が。

20150425_105618.jpg


この後、少し長めの下りが始まります。

するとクライマーの2名は失速気味。
私と なかさん が先行します。

私の方が重いので蓄積された高度エネルギーが多く、登りに入ってもそのイキオイはしばらく続きます。

そのイキオイを利用して なかさん の前に出ますが、いつ仕掛けられてもいいように常に警戒だけは怠りません。



クルッ!


ヨシ。大丈夫だ。



チラッ!


ウム。まだイケる。


20150425_110948.jpg


ココは何とか凌ぎ、志摩スペイン村近くの海を渡る大きな橋に出ます。

20150425_111719.jpg

20150425_111750.jpg

入り組んだ地形が、海を渡るという珍しい経験をさせてくれます。


そして後方を確認すると…

20150425_111837.jpg

このあたりでリキさんが写真を撮っている様子。




そして志摩市街地に入り、

20150425_113748.jpg

このお店でオヤツタイムです。








つづく。







ブログランキングに参加してます。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





奇跡は朝イチで決まっていた

この日は路さんの発案で伊勢志摩へ走りに行くコトになりました。

一緒に走ってくださったのはリキさん
そしてなかさん

なかさんとは今まで何度かお会いしてますが、一緒に走るのは初めてです。

描く人によってそのキャラクターに違いがあるその人に、私は興味津々です♪
そしてその人が起こした奇跡は集合前の時点で既に確定していたのです。



伊勢志摩へはクルマで移動します。
まず私となかさんが合流(5:30)し、路さんをピックアップ(6:00)した後、リキさんをお迎え(7:00)、という予定

先日のビワチャレで、偶然にも同じ時間にきーぼーさんと合流しましたが、15分前には到着されるという大人力を発揮されるきーぼーさんを若干お待たせする事態に。


私は同じ轍を踏まない男。


この日はチョー早起き。

20150425_042550.jpg

まだ暗い。
新聞もまだです。

そして合流時間の30分前にはバイクをクルマに積み込み、いつでも出発出来る態勢を整えます。

すると、庭の柵の向こうからヘンなオッサンが声を掛けてきます。

「おはようございます!」


というより、柵の向こうに居たためドコにいるか全く気付きませんでした。

私の住む地域はTHE☆下町ですので、一方通行な知り合いというかご近所さんが多く、よく知らない人からも挨拶していただく地域です。
この日もそのテのおじさんが、隣の公園で散歩でもしてて声を掛けてきたんだと思いましたが…


なかさんでした\(^o^)/


はええ…
聞けば更に30分前から既に待機されていた様子…

あとからリキさんに教えていただきましたが、なかさんは必ず時間前行動をするという、大人力が極めて高い方とのコト。

ムゥ…
それを知らない私に取ってはむしろドッキリ企画レベル。

コレは他の皆さんにも味わっていただくしかない!


ということで、時間はたっぽりありますがソソクサをなかさんのバイクを積み、路さん宅へ急いでGOします。

その甲斐あって、約束の時間よりも30分早く到着するコトに成功。
この後リキさんにも同じ楽しみを味わっていただくべく、決して時間まで待つことはしません。

着きましたよ(キリ

そう連絡をすると慌てた様子で路さんがいらっしゃいます。

ヨシ。成功だ。


そして次が本番。

ワルノリしたなかさん路さんから、


「あえて高速でリキさんちに行こう」


というご指示を頂戴し、仕方なく従うコトに。

既に30分前倒しの上、更に高速で時間を短縮させ1時間前倒すという鬼畜迎車を実行します。


道中、路さんがリキさんに連絡を試みるも反応がありません。
当然です。
7時にお迎えに行くと言っているのに、5時半過ぎに連絡しても…私ならまだ寝てます。


ようやくリキさんから反応が返ってきたのが到着10分前。


「これじゃあ襲撃だよ…♪」


そう仰るのもムリはありません。



実際襲撃ですし\(^o^)/





しかしこの一連のドッキリ企画が後ほど奇跡を起こすコトを、誰もが予想だにしていませんでした。




無事にリキさんをお迎えし、4人4台をクルマに詰め込み、

20150425_061425.jpg

早速出発です。


車内は楽しい会話が弾みまくりですので、


あっ



という間に宇治山田駅前の駐車場に到着です。



トットと準備を整え出発です。

20150425_083354.jpg


今回は路さんの道案内ですが、いつもの「路案内」は封印の様子。
そして私は常になかさんをチェックするために最後尾をチョイス。

ヨシ。
ココならばいかなるナニにも対応出来る。

すると、ホンの10m程度の登りでいきなり なかさん が加速します。


「山岳ポイントいただき!」


ムゥ…サスガだ…
抜かりが無い…


するとその直後、リアディレイラーが不調とのことで一旦止まって調整です。

「ホントは朝一番に調整しようと思ってたのに~」

この後起きる奇跡を知らないリキさんは、その要因を作ってくれたハズの なかさん に不当なクレームをつけます。


しかしエンジェルなかさんは調整のお手伝い♪

20150425_084604.jpg

相手によりダークサイドとエンジェルサイドを使い分けるようです。


サクっと調整もキマり、田園風景の中を走り抜けます。

20150425_085113.jpg

田んぼには水が張られ、もう田植えが始まっています。

20150425_085357.jpg

呑気に自転車に乗っているのが申し訳ない程、農家の方々と思しきクルマが往来しています。


田んぼ道を抜けると早速路案内が始まります!

20150425_090250.jpg

リキさんはシッカリとツキイチをキープ!

ムゥ…もう闘いは始まっているのか…


ココは なかさん と共闘しますが、サスガの なかさん も下ハンダンシング!

20150425_090246.jpg

しかし…なかさん…


エエ脚しとるのう\(^o^)/


コレは相当パンチ力がありそうだ…
この先1ミリも油断出来んぞ…



出し得る限りのチカラを使い何とか追い付くとソコはいい雰囲気。

20150425_090518.jpg


ココからバイクを止め歩きますが、その前に。

20150425_090555.jpg

実は走り出してスグに気付いたんですが、バーエンドミラーが無くなってました。
コレは非常にキケンです。

ウシロから迫る なかさんアタックをチェック出来ません。
ま、この時点でアタックされるかどうかも知りませんでしたが。
警戒心だけは解いてはイケナイと、ココ最近ご一緒してくださる方が身体で教えてくださいますので、そのクセが染み付いているのです。


そして歩いた先にあったのは…

20150425_091001.jpg

「夫婦岩」です。
初めて見ました。

一般的にはまだ早朝だとは思いますが、結構観光客の方々もいらっしゃってます。

一瞬リキさんスイッチが入ったかな?と思い、今日もその姿とコソ撮りしようと狙いましたがあえなく失敗。


でも虫に好かれるファーブルなかさんは撮影成功です。

20150425_091250.jpg


ココからはしばらく平和な平坦路を走り…

20150425_092255.jpg

イカした船を見ながら進み…

20150425_094213.jpg




ついにパールロードへ凸入です。

20150425_095546.jpg






つづく。




本日は奇しくもなかさん特集のような記事になってしまいましたが、他意はありません。
しかし次回以降もそうなる可能性はあります。
ご了承ください。




ブログランキングに参加してます。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



BB30異音問題(もう飽きた)

先日のチャレンジビワイチの途中、残り100km以上残っているにも関わらずBBから異音…というかもはや騒音問題と言ってもいいレベルの異音が発生しました。

今までの異音の発生は、トルクを掛けるとカチっと鳴るという、「BB30 異音」でググるとワリとよく出てくる音でした。

しかし今回の音は違います。
どの回転域においても常に音が鳴り続けます。

カチカチなるアレではなく、もう表現し難い、とにかく不愉快な音です。



コレにはいくつかの原因が思い付くんですが…



まずは先月の雨中ライド。

走っている時はハイテンション、帰宅後バイクを見て酔いが醒めたかのように冷静に。
このまま一晩放置するのはサスガにイカンとは思いつつ、とりあえず玄関先で水洗いだけして軽くチェーンに注油のみして終了。

翌日、割とシッカリとメンテした…つもりでした。
BB廻りを除いては…


要はメンドクサかったので見て見ぬフリをしてたワケですが、翌々日くらいだったかな?ローラーを回していると過去最悪レベルの異音が発生しました。

コレはイカンと、ローラー終了後(メニューは完遂)、早速クランクを外してみることに。

外して…

外し…



外れねえ\(^o^)/



左クランクを外してプラハンでコンコンしても微動だにしません。
ウーン…こんなに固いのは初めてだ…

チカライッパイぶっ叩こうと思いましたが、以前スプロケをチカライッパイ締めてぶっ壊したという苦い経験が脳裏を過ります…


程良いチカラ加減(多分)で根気よくコンコンして、ようやく外れました。

すると、BB付近はある意味いつも通りな感じ…

ウーン…


そしてクランク軸を見てみると…


むむ!


?なのか…?



BBとの接点部分が茶色く変色してナニがこびり付いています。



こんなの初めて♪



原因はコレしかない!
確信しました。


パーツクリーナーを吹きかけてウェスでゴシゴシしますが、イマイチ取れません。
更にブラシでゴシゴシしてようやくキレイキレイ。

その部分にタッポリとグリスを塗り込み、ワッシャーにもタッポリ塗り込みクランクを装着&試運転(ローラー)です。


ヨシ。
キエテル。
コレでバッチリ。


そう思い翌週の伊吹山観光へと臨みました。
この時は30数㎞しか走っていないので、問題など出るヒマもありません。


そして翌週のチャレンジビワイチ。

前半は特に問題ありませんでしたが、奥琵琶湖の二つのトンネルの内の、壁から水が染み出し続けていたトンネルが原因でしょう。
ソコを走ってからチェーンからキュルキュル鳴るわ(コレは私の塗布方法が良くなかったようです。なかさん、ありがとうございました)BBからヘンな音は鳴り始めるわ…

そして鳴り始めたら止まらないその音!
ドンドン酷くなり、ついには騒音レベルに至った、というワケです。


そしてその音は、先日ローラーを回していた時の音と酷似していました。
既にBB30異音のベテランと化した私はスグにピーンと分かりましたが、チャレンジ中のため成す術がありません。



そして翌日。
おウチでメンテタイム。

20150419_092216.jpg

まずは普通にフレームをフキフキ。
ホイールもフキフキ。

チェーンとスプロケもフキフキ。


そして本番。

今日はクランクはサクっと外れるんかいな…?


フム。
割とスムーズ。


そして状況確認。

20150419_093125.jpg


フム。
いつも通りジャリジャリ感タッポリ。

カチカチ鳴る程度であれば、コレを掃除するととりあえず音は消えてたんですよね。今までは。
ソレでも消えなかった時もありましたが、その時はサスガにショップへ持ち込みました。

BBがズレてたようです…


そして今日もクランク軸をチェック!

20150419_093428.jpg

嗚呼…

コレだよコレ\(^o^)/


前回同様、茶色いナニがこびり付いています。
こんな簡単に水が入るモノなのかな…?
ワッシャーの向きでも間違ってるのかな…?


原因は殆ど判明したようなモノですが、今回はベアリングもチェックします。
中蓋のようなモノを外して…

20150419_093808.jpg

正常な状態を知りませんので、コレがいいのか悪いのか分かりません。
ただ見た目的には何となく乾いた感じです。


グリス切れちゃったかな?と思い、この際ひと思いにやっちまおう!というコトでパーツクリーナーを吹きかけます。

この時点で既にBB交換の覚悟は決まっていました。


すると明らかなゴリゴリ感が発生。
さっきまでは見た目乾いてましたが、ヌルヌルと良く回ってました。


コリャイカンと、スグにグリスをモリモリ盛ります。

20150419_094615.jpg

フレームとツライチになるまでグリスを盛りましたが、BBを回転させるとドンドン中に入って行きます。

ムゥ…
やっぱり切れかけていたのかな…

何度か重ね盛りして、ようやく落ち着いたのでソコでオシマイ。
しかし、明らかに先程より回転が鈍いです。

盛り過ぎた…?

この時点でショップに持ち込むコトを決めました。



そして反対側(非ドライブ側)。

む…

20150419_094014.jpg

ベアリングが見えません。
薄い膜というか板のようなモノで塞がれています。

ヨシ。
コッチは放置でOK!

どうせショップに持ち込むし。とりあえず音止まれば問題無いし。



クランクを組んだらスグに試走。
音は止まりました。とりあえず。


しかしこのまま不安を抱えたままというのも釈然としません。
鈴鹿アタック120の時、途中で鳴り始めようモノならストレスでタイムを縮めちゃうかもです。

そういやしばらくワイヤーも交換してないし、アウターごと交換したいのでショップに持ち込んで、ついでにBBも見てもらおうと決めました。


しかし鈴鹿までは既にほぼ毎週末走る予定が…
平日預けるにしても、万が一土日にかかってしまったら…



しかし!

私のそんな心配など吹き飛んでしまう出来事が!



なんと!


あしながおじさんが現れたのです!





その詳細はまた後日!







ちなみに、私にはBBを他の規格に変える気はありません。
規格変更を強く勧める人が複数名いらっしゃいますが。

ホイールやガーミンのように汎用性の高いパーツはいいんですが、コレ以上CAAD10に投資するつもりはないのです。
その分、次のフレームの為に貯蓄したいのです。
1円も貯まってませんが。
だからいつになるかは分かりませんが。





しかし!

そんな私の悩みなど(ry





詳細はまた後日!






ブログランキングに参加してます。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR