【ツール・ド・関東】平坦ステージ個人TT(霞ヶ浦)

前回からの続きです。


イキオイで霞ヶ浦一周するハメになった私。
コレが俗に言う出張効果というヤツですね。


前日の夜にショップで情報収集を済ませ、ホテルでバッチリ予習です。


そして当日の朝。

カスイチに備えて朝食をモリモリ食べます。
あえて遅めの朝食を摂り、仕事を終えたらノーランチでそのまま走れるようにします。

こういう時にビジネスホテルの朝食(ビュッフェ形式)は最高ですね。
コメも納豆も食べ放題です。


仕事は海っぺリ(鹿嶋市)でしたので、霞ヶ浦の東側で駐車場を探します。
利便性よりも、最も早く着く場所であるコトを優先して探します。


そしてソコへクルマを駐め、凸撃準備を整えます。

20150514_120936.jpg

スタート地点は「権現山公園」です。

ショップの店員さんにはオススメの駐車場所をお聞きしておいて、ソコではなくココを選んだ聞く耳持たない私。
この駐車場に着く直前にモーレツの後悔しました。


坂の上にあるじゃない\(^o^)/


しかも結構な斜度の坂の上にあります。
カスイチ後、ココを登って帰るのか…


時間が無いので早速スタートです。
時間はほぼ予定通りで、12時チョイ前。

とりあえず霞ヶ浦方面に進み、水っぺリのCRへ入る道を探します。

20150514_121522.jpg

フム。
のどかですね。

サスガ平日の真昼間。
自転車乗りなど見掛けません。


すばらく走るとCRへつづく道をハケーン!
そしてCRへイン!

20150514_121820.jpg

ホゥ…
ココを延々走れるのか…

コレは…
ビワイチよりもいい環境なのか…?

後ほど書きますが、ココ霞ヶ浦周辺ではサイクリストのサポートにもチカラを入れている様子。

この時点では、私の中でカスイチは完全にビワイチを超えています。


風も強いとのコトでしたが、確かにソコソコ吹いています。
写真では分かり難いですが、結構道がクネクネしてるので常に向かい風とか追い風というよりも、風向きがチョイチョイ変わる感じがしますね。
「○○風基調」の上で、ですが。


しかしサイクリストは殆ど見掛けませんが、バサーはいっぱいいらっしゃいます。

皆さんお好きですね。


ココの堤防はクルマも殆ど通りません(一部進入不可)し、平日で人も少ないですし、最高ですね。

20150514_122524.jpg

湖を眺めながらマターリマターリ…

20150514_122621.jpg


走り始めて割とスグに、湖沿いにキレイな駐車場を発見し若干後悔しながら、マターリ。


左に湖、右に田園風景という、本当にイイ景色を眺めながら走ります。

20150514_123308.jpg


走り出して20kmほどで、分岐点の橋が現れます。

20150514_125123.jpg


この橋を渡ればショートコース(90km)、渡らずそのまま走ればフルコース(140km)です。


ウーン…どうしようかな…

一瞬悩みましたが、翌日はオル兄とある峠へ行く予定が決まってましたので、チキンコース(ショート)を選択します。



そしてソノ橋はレンガが敷き詰められています。

そう!
石畳とも言いますね!

ソコはまさにドマーネのステージ!

20150514_125313.jpg

橋の上なのでゆっくり走りますが。


橋を渡るとまた堤防です。

20150514_125703.jpg


始まって3分の1も走ってませんが…


飽きた\(^o^)/



信号も無く、クルマも殆ど通らず、道がクネクネしている以外はとにかく淡々とペダルを回す作業を続けるのみ。


そう、それはまさに


ローラーの如し\(^o^)/


Uターンして帰ろうかと何度も何度も何度も何度も何度も考えますが、私のプライドが邪魔をして中々決断出来ません。


そう思って走っていると、段々ネガティブな発想が…


湖を見ては…

20150514_130013.jpg

奥琵琶湖の方が水がキレイだな、とか…


20150514_130220.jpg

車道と合流か…メンドクセーな、とか考えるようになります。

完全に思考が止まってますね。


なんだかんだ走っているウチに、戻っても進んでも大差ない地点まで来ちゃいましたので、諦めて進むコトにします。
トットと終わらすためにアゲ気味で。


途中、ふと湖を眺めると、

20150514_131828.jpg

ん?鳥?
白い鳥…

白鳥か…?


しばらく眺めていると…

20150514_131846.jpg

私に近付いてきます。

ついには鳥をも魅了するホドのフェロモンを発するホドになった私。



土浦市内に近付くと堤防を外れ、

20150514_132945.jpg


市街地を走るコトになります。

20150514_133446.jpg


堤防を走り続けていると、クルマの走る車道がチトコワいですね。
慣れとはオソロシイものです。

昨日寄ったショップに行ってもう一回フロアポンプをお借りしようと目論みましたが、定休日のようです。
前日の夕方(17~8時間前)にエアーを入れて以来そのままなので、チト不安でしたが仕方ありません。


ついでに堤防に戻る道も聞きたかったんですが、勘でソレっぽいトコロを進みます。

20150514_133630.jpg


するとこんなトコへ。

20150514_134049.jpg


で、結局また街中へ戻されましたが。


ウーン…メンドクサイ…



仕方ないのでとりあえずコンビニで休憩です。

20150514_135217.jpg


この辺りのコンビニはサイクリストをサポートしてくださっており、バイクラックのみならず、

20150514_135223.jpg


フロアポンプも常備しています。

20150514_135650.jpg


しかしさすがラテックス。
2bar減ってました。


元々するつもりの無かった休憩でしたので、ココからは頑張ってアゲて行きますよ!
鈴鹿の練習のつもりで!



しかし!



堤防に戻り快調に進み、イイ感じにノってキタトコロで…


20150514_141333.jpg



行き止まり\(^o^)/



ムゥ…

看板を頼りに進みます。

20150514_141439.jpg



そしてまた快調に進み、イイ感じにノってキタトコロで…

20150514_142739.jpg

霞ヶ浦に流れ込む川を渡る為、周り道をしないとイカンので減速です。



仕方ないな、と景色マターリモードで走っていても…



20150514_144710.jpg


行き止まり\(^o^)/



またまた堤防に戻り、そういえば「THE☆霞ヶ浦」的な写真を撮ってないな、と

20150514_151753.jpg


ソレを写真に納めて、またまた快調に進み、ノってキタトコロで…



20150514_152805.jpg


またですか\(^o^)/




仕方がないので一旦堤防を離れ、

20150514_153014.jpg


工事現場に立つ警備員さんに道を尋ねますが「知らん」と一蹴され、自力で堤防への道を発見し、

20150514_153407.jpg


またまたまた堤防を快調に進み、

20150514_153537.jpg


中々イイ景色デスネーと、ノってキタトコロで…



20150514_155326.jpg


うぉい\(^o^)/




そんなこんなを繰り返しながら、ようやくスタート地点へと到着しますが、

20150514_155922.jpg

ソコが坂の上だったというコトをココで思い出しました。


そしてココでこの日の最大心拍を記録です。



ショートコースということで、休憩と行き止まりストップを数回繰り返しても明るいウチに無事帰還です。

20150514_160107.jpg



ウーン…

延々と堤防を走るというのは私には向かないようです。

そういえば以前荒川や江戸川、利根川のCRを走った時も同じコトを思いました。


生来の坂嫌いのせいか「私の生きる道は平坦」と言い続けてきましたが、平坦を延々と走るのもチートモ楽しくありません。
20kmくらいまでならTT遊びで楽しめそうですけど…


というコトは…


やっぱり単に坂がキライなダケ、というコトですね。


このカスイチはソレを再認識出来たダケでもヨシとしましょう。



オル兄は以前バスに狂っていた頃に霞ヶ浦にも来ていたらしく、そのおかげでカスイチにも興味があったようですが、全力で阻止しました。

渋峠に向かう、緩く延々に続く登りを「ローラーみてえでツマラン」と言っていた男に、アレ以上にローラー感たっぽりのカスイチなど走れるハズもありません。

ただ、この環境を理解した上で、巡航トレーニングを積むにはイイ環境かもですね。
アップダウンは全くありませんが、風がいい負荷になりますし。
今回走ったのは平日でしたので、土日の交通量は分かりませんが。







ツール・ド・関東、山岳ステージ編へつづく。








◆ツール・ド・関東初日(平坦ステージ)◆

【走行距離】96.6km
【獲得標高】425m
【Ave】ほぼ予定通り











ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

【ツール・ド・関東】ラーメンステージ

先日、またもや関東へ出張へ行って参りました。

ウチの会社は懲りもせず、私にクルマを与えるという愚行を犯しました。


そして
私は空気が読める男。


バイクを積め、というコトと理解し、そのように振舞ってやりました。



ということで、その時の様子をお送りします。




まずは私が関東で上げてきた成果を披露しましょう。


まずはコレ!

20150512_184636.jpg

コレ!

20150513_144016.jpg

コレ!

20150515_195903.jpg

そしてコレ!

20150526_121458.jpg

あ、マチガエタ。
コレは先週食べたヤツだ。



ラーメン編はココまで。




そしてライド編(でもまだ走らない)です。


前回の出張時と同様、事前にオル兄に連絡をして今度こそ走り残したパンチ坂に行こうぜ、というコトになりました。
前回は見事なキバヌケライドでしたからね。

しかし…

走りに行く予定だった日は見事な雨予報…
このままではノーライドで帰るコトに…

しかもホテル生活の為ローラーも一切出来ず、鈍りっ放しの一週間になってしまいます。


こうなったら仕方ない!


予定より1日弱仕事を早く切り上げ、ソロで走りに行くしかない!

そして切り上げるその日は、霞ヶ浦から近い場所での仕事です。


こうなったら仕方ない!


霞ヶ浦一周(通称カスイチ)するしかない!


というコトで急遽ソロでカスイチするコトに決定です。



しかし…

出張出発当初はソロで走るつもりも無かったので、フロアポンプをクルマに積んでいません。
携帯ポンプも、ボンベ派の私は持っていません。

そして私のホイールにはラテックスチューブ。
約1週間前に乗って以来なので空気もヌケヌケです。


ウーン…困った…

ということで、
カスイチの前日は土浦泊でしたので、土浦でショップを探します。
霞ヶ浦も近いのでカスイチの情報収集兼エアー補充をさせてもらおうという魂胆です。
ラテックスなので前日の夜に空気入れたダケでは不安ですが、入れないよりは遥かにマシでしょう…


そして見つけたショップで少しダケ買い物をし、その上でフロアポンプをお借りし、カスイチの情報収集です。


すると、

ほぼ堤防を走り続けれてド平坦ですよ」
「ただ、が結構キツイですね」

風…か…


クルマを駐めておける場所も聞きますが、霞ヶ浦周辺には結構駐車ポイントがあるようです。



そしてショップでこんなモノをいただき、

20150513_183842.jpg

ホテルでじっくりカスイチの研究です。


どうやらフルカスイチで140kmホド、ショートコースで90kmホドのようです。

20150513_183907.jpg



通常であればのフルコースを選択しますが、走り出す予定時刻は昼頃になる予定です。
一応午前中は仕事が残ってましたので。

ウーン…ショートかな…

しかしこの季節は18時半頃まで明るい。

12時に走り出したとして…地図を見る限り本当にド平坦…しかもほぼCRを走れる様子…
Ave30km/hで走ったとして…140kmだから…休憩込みで5時間半~6時間あれば充分だな…

イケるな。

あとはいかに仕事でエネルギーを浪費せずに終わらせられるか、ですが、ココまでの出張疲れもありますし、当日の調子で決めるコトにしましょう。





つづく。





最近仕事が忙しくて、ココまで書いたトコロで寝オチチョイ手前…
正直、引っ張るような内容でもないんですが、続きは次回にさせていただきます…







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







リアルグルメポタ

「伊勢からカンパチさんをお迎えして二之瀬界隈でグルメポタ」編、最終回でございます。




私は脚を酷使させられ、皆さんは元気イッパイのまま、第一のグルメスポット「あすか食堂」へ到着です。

20150510_111350.jpg


疲労困憊の私は胃ヂカラにも影響があった為、迷うコトなく「おろしうどん」を選択します。

しかし殆どの方が、胃も脚もノーダメージなようで、元気モリモリ「おろし唐揚げ定食」を注文してます。

皆さんが注文するのでフライヤーが足りずに2回に分けて運ばれてきます。

20150510_113340.jpg
※こうぞうさんが注文した「おろし唐揚げ定食」

うどんまで付いてますね。
オソルベシ胃ヂカラです。


第一のグルメスポットでランチを堪能したら次のグルメスポットに向けて出発です。


最初はソコソコにマターリと走っていますが…

20150510_121634.jpg

走っていますが…

20150510_121637.jpg


たかじんさんの「案内」という名の「脚削り」が始まります。

20150510_122304.jpg

こんなにイイ景色なのに、写真を撮るヒマもありません。

この先にはこの日2回目の二之瀬が待っているというのに、一切の遠慮の無いオニ牽き

もう完全にアレですね。アレ。


そしてまたもや来ちゃいましたよ。
二之瀬入口に。

20150510_123730.jpg


カンパチさんにこの界隈の定番スポット「カエル」をご案内し、第二第三のグルメスポットに向かう為には仕方ないとはいえ、まさか2回も登らされるとは…


私の脚と気持ちは完全に終わってますが、

20150510_123737.jpg

皆さん相変わらず嬉々としています。


たかじんさん、皆さんに喜んでいただいて、


ヨカッタですね\(^o^)/
※私除く



すると!

信号を渡ったその刹那!


たかじんさんが一気に加速!

20150510_123817.jpg

2回目なのに、です。


ムゥ…ヤハリ三味線を弾いていたか…
ココまでのマターリペースには飽き飽きとしていたのか…


2回目にしてTTに挑むその姿、



イカス\(^o^)/



…と思ったら神社前で停車して写真撮ってました。

まさにリアル三味線ですね。
オソルベシです。




そして、この2回目の二之瀬はカンパチさんをおもてなしするコトとなりました。
誰が言い出したというコトでもなく、ごく自然にです。

20150510_130442.jpg

カンパチさんを先頭に総勢12名が連なります。


すると皆さんの心意気に応えるかのように、カンパチさんが必殺技「DHクライム」を披露してくださいます。

20150510_125348.jpg

「前乗り荷重でドコまでも登るんだ☆ZE!」

そう聴こえてきそうな漢気クライムです。


カンパチさんイカス!
その漢気に私が心打たれないワケがありません!


二之瀬は最後のコーナーをクリアしたトコロで勾配が緩くなり、ラストスパートをかけるコトになります。
ソコで私はカンパチさんの発射台を志願します。


さぁ!カンパチさん!
私の後ろへ!


さぁ!


さぁ!



おお!

キタ!


このままゴールまで!



んん?


…アレ?



shigaさんだ\(^o^)/




またもや私がアタックしたと勘違いして、何故か私をロックオン&チギっていきます。


アレ…?
カンパチさんは…?

ウーン…

どうやら私の心意気は空振りだったようです。
ザンネン。



この後皆さん余裕シャクシャクで登ってきます。
2回目なのに、です。

20150510_131044.jpg



先程ココで記念撮影をしましたので、トットと裏二之瀬を下ります。

売れ切れていたコーラもそろそろ補充されてないかな?という期待を込めて、その自販機へ向かいますが変わらず売り切れ。

なのでさっきと同じ自販機前で軽く補給です。

20150510_132841.jpg


ココまで来ればソレほどキツい登りはありませんので、マターリマターリと定番スポット「カエル」へと向かいます。


途中の林道で皆さんの写真を撮りますが…

20150510_134544.jpg

20150510_134559.jpg

20150510_134609.jpg

20150510_134615.jpg

20150510_134622.jpg


三味線演奏会です\(^o^)/

ホント、三味線弾きの方々には困ったモノです。


ちなみに、この辺りから路さんが膝に痛みを訴え遅れ始めます。
常に単独で逃げを打つ路さんが最後尾を走っています。


ムゥ…コレは…



後日、路さんは仰いました。


「翌日もローラー回したかったからね♪」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



痛いフリ…次は私も使おう。
あまり私と走り慣れてない人と走る時がいいな。
より効果的だしな。

ふふふ♪



そんなこんなで「カエル」に到着です。

20150510_140411.jpg

ココまで来ればもうこの日のライドはほぼ終了です。
あとはグルメを残すのみ!


軽~いアップダウンをやっつけた後は、川沿いをマターリ進みながら…

20150510_143611.jpg


ヤッパリ弾いてたな、と確認しながら…

20150510_144031.jpg


第二のグルメスポット、ワッフル屋さん(店名ワスレタ)へ到着です。

20150510_145352.jpg



女性客いっぱいの、結構オシャレなお店に、ピチピチのオッサン12名と私が、可愛くワッフルをいただきます。

20150510_152134.jpg


むしろ営業妨g…\(^o^)/



そして間髪入れずココから2~3㎞ホド先にある、第三のグルメスポットへ凸します。

20150510_154953.jpg


ココでいただくのは勿論クリーム大福です。

20150510_155213.jpg

左から伸びてきた手はたかじんさんです。


この日はちゃーんと娘の分も買いましたが…

20150510_155439.jpg

まとめ買いをするこうぞうさんには完敗です。


あとはマターリと「立田ふれあいの里」へ戻るダケでしたが、

received_898013523599415.jpg
※撮影:路さん

gottuさんのみ、第四のグルメ大魔王を満喫されていたご様子。



ソレ以外は大きなトラブルも無く、皆さん無事ご帰還です。

20150510_161549.jpg

20150510_162557.jpg


しかし、もういっちょ背割TTやりたそうな方もチラホラ…




「汗がポタリング」
「脚が攣ーリング」

西播磨地方のあるチームでは「ポタリング」や「ツーリング」をそう表現されるようですが、今回のコレは紛れもないグルメポタでしたね。


たかじんさんが作成した二之瀬2回というルートには若干の疑問が残りますが、ランチに加え2回ものオヤツタイムまで設けていますからね。

コレをグルメポタと言わずしてナニをグルメポタというのか…



ご一緒してくださった皆さん、ありがとうございました!
ルート作成してくださったたかじんさん、オヤツポイントを設定してくださった路さん、ありがとうございました!


そして遠路遥々お越しいただいたカンパチさん

ありがとうございました!





また一緒に遊んでください♪


received_452819058217648.jpg
※撮影:たかじんさん






【走行距離】125.1km
【獲得標高】1,893m

【感想】
グルメポタは脚にクル。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




【速報】オリジナルジャージが届いた!

※現在、カンパチさんをお迎えしての「二之瀬グルメポタ」編の途中ですが、今日は待ちに待ったオリジナルジャージが私の手元に届きましたので、そのご報告をさせていただきます。





以前、当ブログでそろそろ新しいジャージが欲しいな~とワザとらしく呟いたトコロ、2名の方からとても嬉しいお話しをいただきました。

お一人は皆さんご存じKTMさんで、既にバナーに使用させていただいております。
その節はありがとうございました!


そして実はもうお一人、ある方からの嬉しい嬉しいお申し出が!


その方とは…



路さんです。







本日(5/24)は、実はそのジャージのお披露目ライドの予定でした。

しかし前日17時の天気予報が降水確率50%。
余程のコトが無い限り、もう雨の中を走るつもりはありませんので、ライドは中止に。

でもジャージは欲しいので、あるお店で路さんご夫妻と、そしてそのジャージを一緒に購入した、たかじんさん・きーぼーさんと密会するコトにしました。



しかし!


朝起きたら、たかじんさんから連絡が。


「晴れてますね。」


え…

20150524_072523.jpg


ホントだ\(^o^)/



一応路さんときーぼーさんにもその旨は伝わってますが、華麗にスル―。
私は前日の夜、(私の)ドマーネを鈴鹿仕様にした為に軽く試走もしたかったので、まさに渡りに船。

でも最初はたかじんさんが「二之瀬1本行っときましょうか?」なんてオソロシイコトを仰るのでどうしようかと思いましたが…


一応外に出て路面もチェック。

20150524_072533.jpg

カラッカラです。
走るのに一切の問題が見当たりません。


というコトでクルマに(私の)ドマーネを積み、サクっと「立田ふれあいの里」へ。

20150524_080114.jpg

快晴ですね。


そう言えば今日は平田でクリテですね、なーんて話しながらマターリと背割を北上します。

20150524_081222.jpg

しかし二之瀬方面は不穏な雲が…
裏に降りたら確実に濡れそうな感じ…

そもそも密会に間に合うかどうか、というビミョーな時間なので二之瀬に登って間に合うのか…?
そもそも先週の疲れがいまだに取れない状態で二之瀬に登っていいのか…?
来週は鈴鹿があるので、今日は調整…というより回復走程度で充分…

というコトで、既に二之瀬登る気ナシです。

たかじんさんの胸中は計りしれませんが。

20150524_081225.jpg


脚も全然回らないので、マターリマターリ北上し、

20150524_084513.jpg

クリテ会場へ。

20150524_085420.jpg


着いた時にはちょうどSHOROsの方々が参戦中でした。
皆さんに挨拶ダケしてトットと二之瀬へ…なーんて気はサラサラ無く、マターリ観戦します。

20150524_094749.jpg

そうすれば時間の都合上、真っ直ぐ帰るダケで済むので。


すると、どうやら私にも参戦枠があるとか何とか…

真剣に悩みましたが、今日のバイクは(私の)ドマーネ。
借りた入手したばかりで落車とかしてもコワイですし…

本当に悩みましたが、そもそも疲労も溜まってるのでレース強度に耐えれるかどうかも分かりませんし、今回は見送るコトにしました。

来月は申し込んでCAAD10&山口で出れたらいいな、と思っています。


時間になったので、まだ観戦中のSHOROsの皆さんに挨拶をし、たかじんさんと背割を戻ります。


往路でマターリ走ったおかげで脚も回るようになり、何かいい調子です。
STRAVAでは南下ルートもTT区間に設定されており、以前路さんに「いつ何時でも誰の挑戦でも受ける」と宣言されていたので、たかじんさんと二人掛かりで挑戦です。

しかも今日はサラ脚。しかも追い風。

そして亀。

20150524_101413.jpg


え…

亀?

20150524_101423.jpg

たかじんさんを警戒して殻の中に閉じこもってますが、私の愛が通じて顔だけは出てます。


そして背割TT区間へ。

たかじんさんのいつものオニ牽きにより順調に進んで行きます。
風も弱い追い風。

絶好調です。


最後は自ら発射台へと志願してくださったたかじんさん。
ラスト数百mのトコロで遠慮なく発射させていただきました。

20150524_103613.jpg

完全に疲れたフリですけどね。
いつ何時でも三味線を忘れないそのスタンス…

私とは真逆ですね。


しかしおかげさまで余裕のPB更新♪
たかじんさん、ありがとうございました!


今日のコンディションならもうチョット上げれたような気もしますが、きっと上げたら最後までもたなかったコトと思います。
そのあたりのサジ加減がまだまだだなーと思うトコロですね。
もっと乗り込まないと、強度上げたライドをしないと、です。



そして「立田ふれあいの里」へ戻り、

20150524_105458.jpg

…晴れとるのう。


今日のメインイベント会場へと出発です!





というコトでココからが本題です。




その密会場所で受け取ったそのジャージがコレ!

20150524_114709.jpg


コレ!

20150524_114715.jpg


はい。
ピンボケですね。


というコトで自宅で気持ちを落ち着けて撮影です。


まずは前面。

20150524_150201.jpg


そして背面。

20150524_150230.jpg


ウーン、


チョーカッコイイですね\(^o^)/


光の当たり具合で色味が変わって見える深さもあり、本当にシブカッコイイ仕上がりになっています。



路さんは今までもいくつかのオリジナルジャージを世に送り出しております。
しかもその全てがホントにカッコイイ!

今まではソレを指くわえて見てるダケでしたが…

以前ワザとらしくブログで呟いた時に、路さんから「こんなのどう?」とご連絡いただいたんです。



ブログ書いててヨカッタ\(^o^)/



即!作成をお願いした、というワケです。





このジャージのコンセプトは以下の通り。


テーマは「エンデューラーの為のレースジャージ」。
ザラついたバック地の模様はサーキットのスキール&タイヤ痕です。
レースジャージですのでwaveoneの「Legge Fit」の上下。

デザインコンセプトは「狂気のサイクルトレイン」。
80年代を駆け抜けたギターヒーロー、ランディー・ローズと、オジ―・オズボーンの「クレイジー・トレイン」にかけて、コウモリや十字架、水玉のフライングVのモチーフでへヴィーにロックにしました!


(by路さん)


デザイン段階の画像がコチラ。

received_859244237476344.jpg



以後、私のイベント&遠征用ジャージはコレで決まりです!




路さん、



ありがとうございました!

またよろしくお願いします(ボソ





ちなみに、このジャージを着ると出力が40W上がるとか何とか…






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




坂の上にある坂

前回からのつづきです。


スタートして20kmにも満たない時点で脚と心肺を酷使させられ、残り100km以上、しかも二之瀬2回というたかじんさん考案によるグルメマターリライドに早速暗雲が立ち込めます。

私にダケ、ですが。
皆さんは嬉々としていらっしゃいますので。


休憩もホドホドに「クレール平田」を出発します。

しかし…

ドコのドナタが牽いていらっしゃるか存じませんが、結構なスピードです。
この先は川沿いをマターリ走るモノだと思っていましたが…

20150510_075433.jpg

ソコソコ風も吹いているので離れるとキツイですね。


信号のおかげで何とか追い付き、川沿いをマター…

20150510_075813.jpg

ドコのドナタが(ry
先頭は飛ばし過ぎですね。

私は自称「空気が読める男」ですが、脚が追い付きません。


コリャタマランと、橋を渡ったトコロで写真を撮るフリをして、

20150510_081001.jpg

チト休憩です。

こういう時、ブログを書いていたり言い出しっぺだったりすると公然と脚を休める理由が出来ていいですね♪

しかし休んだら休んだで、風避けの恩恵が消え去るワケですから結局キツいコトには変わりありません。

20150510_081201.jpg

追うのも疲れちゃいますし、どうせ二之瀬入口で皆さん止まりますから無理に追うコトはしません。
登る前に脚使いたくないですしね。


それでも、道が狭くなり速度が落ちるポイントに来れば皆さんの背中が見え始めます。

20150510_081610.jpg


そしてやって来ましたよ。
二之瀬入口(1回目)。

20150510_082315.jpg

私を除くヘンタイの皆様方はとても嬉しそうにこの先を見つめます。
私はただただカンパチさんをご案内したい一心でココに来ましたが、毎回決死の覚悟で臨むソノ登りを、です。
しかもこの日は11-23T。
不安だらけですが、逆にそのスプロケのおかげでマターリクライムという選択肢しか選べない分、少し気がラクですけどね。


そして予想通り牽制し合う猛者達。

20150510_082459.jpg

もうヤル気マンマンですね\(^o^)/


ま、先は長いですし、ココはサクっと出発しましょう。
奥ゆかしい方々がお集まりでしたので、誰もTTはしなかったようですが。

あ、路さんはそれなりにアゲてたかな?
あっという間に視界から消えてましたし。
あ、それはいつものコトでした。

でも背割の影響はあったようですね。


私もボチボチ向かうコトとしましょう。

20150510_082607.jpg


皆さんは遥か先へズンズン行っちゃいますが、決してムリはしません。

しかしデリさんはダンシングを多用し追う!

20150510_083505.jpg

頑張ると疲れますよ?


例の水場で休みたい衝動を抑え込み、

20150510_084335.jpg

ようやく登頂です。

20150510_085822.jpg

毎回のコトですが疲れますね。


カンパチさんはワザワザ伊勢からいらっしゃってハァハァしに…
真のヘンタ…いや何でもないです。


するとたかじんさんがナニかしています。

20150510_090030.jpg

アリと格闘でもしてるのかな?


…チガッタ。

20150510_090037.jpg

集合写真を撮ってくださってました。
ありがとうございます♪


この後はマターリ下ってコーラを飲むべく自販機のトコロへ向かいますが、マサカの売り切れ

この日は非常に多くのローディさんを見掛けましたのでその影響かな?

スグ近くの自販機へと河岸変えです。


しばしの休憩の後、昼食を予定しているお店へ向かう為に北上します。

ココからも登りがありますが…

20150510_093516.jpg

20150510_093517.jpg

20150510_093519.jpg

ヤハリ皆さん、嬉々として走っています。

ちなみに、私が写真を撮るために無い脚を振り絞って加速すると、shigaさんがご丁寧に私をロックオン!


煮え滾り過ぎですね\(^o^)/


以前の伊勢志摩ツーリングの時のなかさんもそうでしたが、SHOROsの方々には私の善意が伝わらなようです…
伝わらないドコロか無駄に削りにクルという…


すると今度は登りのピークでたかじんさんが不穏な動きをします。


ナニしてるのかな?と思っていると…

20150510_094328.jpg


この激坂を駆け上がりました\(^o^)/


まさに坂の上にある坂。

あまりの衝撃に写真を撮り損ねましたが、その背中は「キミタチもおいでよ♪」と語っていました。


しかし誰も動き出しません。

むしろ私を見て

「オマエガイケ」

という視線をビンビン浴びせてきます。


ムゥ…マジカ…

23Tまでしかないスプロケで推定20%超の激坂を駆け上がれ、と…


そうです。

私は空気を読む男。



今日、ココで脚を終わらせる覚悟で登ります。

当然、私のあとに皆さん全員続いてくださると信じて。


フラフラになりながら激坂を登っていると、誰も来ないコトに業を煮やしたたかじんさんが降りてきました。

ほ…ラッキー…
コレ以上行かなくて済む。


ベンチがあるというソコまで登らず、坂の途中でたかじんさんと後続を待ちます。


が、


誰も来ねえ\(^o^)/




背割につづいてまたやられました。
無駄に脚を使わされまくりです。


しかし!


少し待つと二人の勇者が。

20150510_094637.jpg

三人だったかな?まぁいいや。
今日は13人のハズなので、いずれにしても数が大きく合いません。


コレ以上待ってもダレも来なさそうなので、仕方なく降りようとしますが…


「この坂ドコまで?」


gottuさん余計なコトをたかじんさんに尋ねます。



「アソコを曲がった先にあるベンチまでですね♪」

20150510_094544.jpg


「よし!」


止まらずそのまま駆け上がるgottuさん。

デリさんはココで降りるコトを選択。


では私も降り…

するとたかじんさんの心の声が。

ブロガーのクセにベンチからの景色、撮らないのかい?」


ムゥ…
全部gottuさんのせいだ…


最後のチカラを振り絞り、ソコへと向かいます。



そして死に物狂いで登った場所からの景色がコチラ。

20150510_094908.jpg

20150510_094935.jpg

当然、しばらく待っても誰も来ないのでトットと降ります。



ココからしばらくは下りが続き、牧田川やまざくら街道へ出ます。

やまざくら街道に出れば若干のアップダウンはあるものの、下り基調の道が続きます。


ココでマターリヒャッホイしていると、登り基調の道で路さんが仕掛けてきます。

私を一気に引き離しにかかります。


しかしこの先には私が路さんに勝る唯一のポイントを発揮出来る道が続くコトを私は知っていますので、無理には追いません。


しかし!


いつの間にか私の背後にはshigaさんが!



え…
さっきまでバックミラーに映ってなかったのに…



まさに忍者アタック\(^o^)/



忍のモノshigaさんに抜き去られるも、下り基調の道で路さんを追います。
そして計算通りに…♪


そのままshigaさんの後ろ姿を拝みながら走りますが、この先にあるこの日唯一のコンビニをスル―されたらイカンので、コンビニインだけお願いして、休憩です。

20150510_102243.jpg


ココからランチ場所まで割と近いんですが、ナニが起きるか分かりませんので念の為投入します。

20150510_102204.jpg


呑気に投入していると、端っこの方でナニやら悪巧みのご様子。

20150510_102800.jpg


この先には「勝地峠」もありますが、今日はスル―です。
トンネルもありますが、gottuさんがいらっしゃるのでスル―です。

多良峡方面の道を…

20150510_103411.jpg

マターリと

20150510_103423.jpg

走ります。


ナニやら後ろの方でプチトラブルがあったようですが、ソレを待っていると、

20150510_104318.jpg

naoさんが、私の落ちたバーエンドミラーを拾って下さってました。
ありがとうございました。

あ、でもプチトラブルはソレのコトではありませんよ。


ココから少し川沿いを走った後は、集落を抜け農道へと入ります。

そう、この農道が危険なんですよね…


以前長浜カレーライドの時も路さんにスプリント勝負を仕掛けられた場所…

この見通しの良い直線はある意味危険がイッパイなのです。


バーエンドミラーのみではその危険察知能力に限界があるので、目視で後方を何度も確認。

すると…


誰かキタ\(^o^)/


ムゥ…まーた無駄に脚を…



もはや必死過ぎて誰が追ってきているのかすら分かりません。

そして最後に私をチギったのは…


ココでも路さんです。


しかーし!

T字路のトコロで曲がる方向をマチガエタので私の勝ちですね♪
クレームは受け付けません。




結局ランチ場所に向かう寸前まで脚を使わされまくり、チカラを使い果たして「あすか食堂」へ無事?到着です。

20150510_111350.jpg





さあ!

ココからがグルメポタの本番ですよ!






つづく。







ブログランキングに参加してます。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




伊勢からのお客さんをお迎えしよう

本当は4月にご一緒する予定だった「伊勢からお客様をお迎えしよう」ライド。
その日、法事であったコトをスッカリ忘れていた為、急遽延期に。


ご参加いただいた皆様方、その節は


本当に申し訳ありませんでした!




というコトで5月某日。

いつも私のブログにコメントを下さり、1月の呼び掛けライドに遠路遥々お越しいただいたカンパチさんを二之瀬へご案内しよう、というコトになりました。


しかし、1月のライドもそうでしたが、伊勢のように素晴らしい景色を見るコトが出来るワケでもなく、単に地元の方々が練習する為の峠をワザワザご案内して楽しんでいただけるのだろうか…という不安が若干ありました。


ならば、お友達をお誘いし大勢で楽しく走るコトで少しでもご満足いただこうと思い、何名かの方にお声掛けをさせてもらいました。

すると11名の方にご参加いただき、総勢13名でのライドとなりました。



ではコースはどうしよう…?


伊勢からワザワザお越しいただいて二之瀬を登るダケでは物足りないにもホドがある。

そしてこの日は楽しい楽しいサイクリングなので、グルメも楽しまなければなりません。

更には折角なので何故か多くのブロガーさんが通る「カエル」もご案内しよう。



ココはこの界隈を良く知るたかじんさんに相談だ!


すると…



何故か二之瀬を2回も登るというオニルートを作成してくださいました。

伊勢からお客さんをお迎えしてのグルメポタのハズなのに、何故二之瀬を2回も…


さすがたかじんさんですね。
発想が常人離れしてます。


ご参加いただいたSHOROsの方々にはNAO-TCRさんから発信していただいてましたが、今回のコースはあえて事前には知らせてませんでした。
当日に「二之瀬オカワリ」とお伝えするコトにより精神的ダメージを与え、少しでも私が心理的優位に立つ為…マチガエタ。

皆さんにも楽しんでいただく為に、です。

当日にコースをザックリお伝えすると、案の定皆さん大喜びでしたね。


さすがたかじんさんですね。
自転車乗りが喜ぶポイントを熟知していらっしゃる。
※但し私は除く。



私はこの日、鈴鹿に向けてアイオロスに慣れておきたかったのでソレを装着。
あくまでも慣れる為なので、二之瀬2回登りますが鈴鹿と同じ条件にするために11-23Tスプロケを装着。

シケイン対策ですね。





そして当日の朝。

「道の駅 立田ふれあいの里」を7時発予定でしたので、言い出しっぺとしては6時過ぎに現地入りしたいトコロです。


ほぼ予定通りに現地入りしましたが…

20150510_061340.jpg


既に準備を終え、反対車線を颯爽と走る自転車乗りの方が!

むむ!
アレは!



カンパチさんだ!
(あまりの衝撃に写真を撮り損ねましたが)




アップしとる\(^o^)/



…いや確かに、いきなり背割を走りますがTTなんてするつもりは毛頭ないですし…
いや、DHバーを装着したカンパチさんはむしろソコに燃えているのか…?

1月の時も何名かアップをしている人もいたし、何故ヘンな人ばっかり集まるんだ…?



私はマターリ走りたいダケなのに。



そして道の駅に行くと、既に多くの方が集まってます。

20150510_062904.jpg


自走やって来てアップを済まし、早速補給をする方も。

20150510_062909.jpg


こちらも自走でアップを済ませる派のヘンタイさん達です。

20150510_063329.jpg

この日初めましてのtkoさんとたかじんさん。
前日二之瀬を登っていて、今日のライドにご参加いただくコトになったようです。

輪が広がるのは大歓迎ですが、二日で3回も二之瀬登るとは…

さすがたかじんさんですね。
お友達もヘンな方ばかりです。


時間ギリギリまでアップしていた路さんも来て、

20150510_065518.jpg

全員集合です。

よーく見るとダブルボトル体制の方が若干名いらっしゃいます。


ホンキですね\(^o^)/



私はマターリ走りたいダケなのに。



軽く本日のグルメポタコースをご説明し、

20150510_065339.jpg

好天の下、出発です。


まずは最初の難関、背割へと向かいますが、最後尾をマターリ走っていた路さんと私。

皆さんに置いてかれます。

20150510_070416.jpg

ヨシヨシ。

この調子で行けば、皆さんに追い付くのは到底無理だし、二之瀬まで脚を温存出来そうですね♪なーんて話していると…


20150510_070604.jpg



何故横並び\(^o^)/

何のレース前ですか…



皆さん、朝から相当煮え滾っているご様子。
マターリという言葉を知らんようです。

困ったモノですね。


私はマターリ走りたいダケなのに。



背割が始まってスグは速度抑制のコンクリがナニしてますので、あまり飛ばしません。

20150510_070941.jpg


しかし!

ソレが終わる頃、早速オニ牽きする方が!


shigaさんです。


ムゥ…困ったお人だ…

必死で喰らい付いて行きますが、朝イチからイキナリ心拍バックバクです。


コリャ今日は最後まで走り切れんかもしれんぞ…

そう思っていると…



あ!



shigaさんのツールボトルが落ちた!




ラッキー…
休める…


shigaさんが戻るまで束の間のマターリタイムです。




しかし!

いつの間にか列車が加速します。



路さんだ!



ムゥ…さっき二之瀬に備えるとか言ってなかったけ…?

なんてガマン出来ない人なんだ!


私はマターリ走りたいダケなのに。



しかし路さんと私はビワイチで長い時を一緒に牽き合った仲です。
「先頭交代」という概念がソコには存在します。


しばらくすると路さんが先頭交代の合図。
私の番です。

決して加速しないように、コレまでの速度を維持するように努めますが、路さんが上げた速度は結構キツイ。
ソコソコ牽いたトコロで先頭交代を要求します。

次の方に代わり、私は最後尾へ。


しかし…


むむ?

むむむ?


結構長いコト牽くな…

短い時間しか牽かなかった私がチト恥ずかしい…


すると先頭から降りてきましたので、

「最後尾です!」

とお声掛け。


そうするコトでスムーズに列車に戻れるように、です。


しかし…



後ろに居ない\(^o^)/



まさか…



次の方も降りてきました。

「最後尾です!」


…アレ?



そして次も…




まさか…


皆さん…



路さんと私を孤立させる作戦なのか…?


なんて狡猾なんだ…



しかもイチバン最初にオニ牽きしたshigaさんもいつの間にか居ない…




背割スタート前、「マターリ行けるかな」なーんて思ってた二人がまさかの孤立。

さては…スタート地点で横並びしてる時だな…?



こんな作戦を立てていたのは!



首謀者はダレダ…?




結局路さんと二人きりで背割を走り切りました。

心肺も脚も完全に終了です。



見事にやられました\(^o^)/



私はマターリ走りたいダケなのに。




ゴール地点で待っていると、続々と三味線弾きの方々がやってきます。

20150510_072611.jpg

殆どの方が三味線モードで脚を溜めています。

コレが大人力というヤツですね。
オソロシイ…



とりあえずはこの先にある「クレール平田」で小休止をしますので、ソコまでクールダウンをしながら…

20150510_073019.jpg

マターリマターリ…

20150510_073417.jpg

マターリマターリ…

20150510_073430.jpg

向かいます。


そして予定通り小休止。

20150510_074557.jpg


軽い補給やトイレ、そして立ちゴケも済まし、

20150510_075212.jpg




この日のメイン、二之瀬(1回目)へと向かいます。



いきなり脚を使い果たし、11-23Tのスプロケで二之瀬を2回も登れるのか…

大いなる不安を抱え向かいます。





つづく。






ブログランキングに参加してます。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





失われた目的

いつまでもGW気分に浸っていてもイカンので今日で仕上げます。
もうGWが終わってから2週間程経ってますし。



というコトでGW最終日のお話し。




GW3日目。

初日は獲得標高3,000m超えのライド(でもDNF)、二日目はまるで無意味な道無き道ヒルクライムにより脚にはソコソコのダメージを抱えていました。

というコトで、3日目のこの日はマターリとサイクリングでも行こうというコトに。
要は回復走ですね。
決して頑張らない。

ホントは戸隠そばを食べに行きたかったんですが、昨年から我ら兄弟がお気に入りとなった蕎麦屋さんは山の上。
結構な登りを進まないと辿り着けません。

今日は回復走なので即断念。


んじゃ昔住んでいた上越までナニか食べに行こうか、という話にもなりましたが、特にいいお店を知っているワケでもなくコレマタ断念。

すると、妙高に美味しい味噌ラーメンを出すお店があるというコトで、んじゃソコに行こうというコトになりました。


しかし自宅から真っ直ぐ進むと40km弱の、走り飽きた国道を走るコトになるので、少し回り道をして向かうコトに。
その回り道には斑尾高原が控えていますが、ソレを登ると疲れちゃうので更にソレを迂回するチキンルートを選択します。

回復走ですから。


回復走であるが故に、身体にも充分な回復を促す為にゆとりの11時発。

20150505_110439.jpg

同じ家から出発すると、ダラダラしてイカンですね。
おかげでタッポリ休めましたが。


この日は山岳ルートではないので完全体DQN仕様は封印です。

20150505_111433.jpg

ウム…
これならまだ見れるな…


回復走のマターリなのに、山岳ステージの時より派手なジャージを纏うオル兄。

20150505_111620.jpg

私とは選び方が違うようですね。



そして私の写真も撮ってもらおうとスマホを渡すと、今日も自分のバイクを私のスマホに納めるオル兄。

20150505_111658.jpg

クルマにその姿が映っとるぞ。



そしてようやく私を撮影。

20150505_111710.jpg

初日は元気いっぱいにモロ肌で走っていましたが、想定外の日差しで腕がチョーヒリヒリです。
しかも長野は寒いという先入観によりアームウォーマーしか持ってきておらず、仕方なくソレを装着です。

この日はソレでちょうどいいくらいでしたけどね。


遅い時間に出発した上に玄関先でダラダラして、まるでヤル気が無い二人もようやく出発です。


実家から2kmも走ればこんな景色に辿り着きます。

20150505_112643.jpg


今日はしばらく千曲川沿いを走ります。

20150505_114746.jpg


この日も天気は上々。
気温も高くなく、とても走りやすい日です。


しばらく走ると、むかーしバス釣りをして遊んだポイントに。

20150505_115117.jpg

しかしこの日は誰も居ません。
もうダメなのかな?


そしてまだまだ北上します。

20150505_120847.jpg

正面の低い山を見て、

「アソコなら越えれるんじゃね?」

とオル兄が言いますが、越えてドコ行くんだ?と聞くと、


「・・・・・・・・・」


また思いつき\(^o^)/

少しは考えて発言して欲しいモノです。


思いつきは放置して、予定通りのルートを走ります。


川沿いから外れ、山の中へと向かいますが…

20150505_121942.jpg

アレ登るのか…

「「ダリーな」」


ま、マターリ行くコトにします。

一気に登り切る気などサラサラありません。


本格的に山の中に入りますが…

20150505_122602.jpg

景色を眺めつつ、撮りつつ…

20150505_122748.jpg

撮りつつ…

KIMG0112.jpg

進みます。


比較的緩めの登りルートを選んだハズですが、

20150505_123020.jpg

タマにキツいトコも走ります。
登坂車線を見るとホント萎えますね。


そして辿り着いたこのお店。

20150505_125515.jpg

…は、目的地ではありません

トンネル避けたらあったダケです。
でも結構お客さんがイッパイ。

私はそろそろお腹も空いてきましたのでココで食事を済ませてもよかったんですが、オル兄がどうしてもソコの味噌ラーメンを食べさせたいとのコトで、泣く泣くスル―します。

ソレほど旨いのか…?


後ろ髪引かれる思いでそのお店をあとにして、ココからはしばらく下りdeヒャッホイです。

が、

一昨日のDNFがトラウマ気味の私はノリがイマイチです。


そして下った先にはいい景色♪

20150505_131130.jpg

写真撮りついでにチト休憩です。
別に疲れてないんですが回復走ですので。


特に景色に興味のないオル兄は橋の向こうで待っているので…


ズン!

KIMG0116.jpg

ズン!

KIMG0117.jpg

ズン!

KIMG0118.jpg


と、オル兄の元へ向かい、

20150505_131420.jpg

仲良く休憩♪


この後も素晴らしい景色を眺めながら…

20150505_133402.jpg

20150505_134118.jpg


今年の夏は遠くに見えるあの山へ登りに行こうか…なーんて話しながら、

20150505_134315.jpg


本日の目的地に到着です。

20150505_140309.jpg

しかし!

お客さんが30人程並んでる…
コレを待ってたらエライこっちゃ…


「近くにもう1店舗あるぜ」


というコトで迷わずソチラへGOです。

20150505_140837.jpg


ちなみに、非常にヤヤコシイんですが、「ニューミサ」の方が元祖というか1店舗目で、「ミサ」が2店舗目だそうです。
ドコかの道の駅にもあるそうです。


こちらもお客さんが並んでいましたが、我々は5組目でしたのでバイクを止めて

20150505_141539.jpg

待つコトにします。


しばらく待って席につき、オル兄に言われるがままに選んだメニューがコチラ。

20150505_145025.jpg

味噌ラーメンです。


先日、ビワイチで豚汁ラーメンというナニを食べ、イイ意味で味噌ラーメンに対するハードルが下がっていた私。

早速いただきますが…


ウム。
普通だな。


「やっぱりそう思うか。」


は?


それより、醤油ラーメンの方が美味しそうに見えるんだが?



「ああ。オレは両方食ったが、醤油の方がウマかったな。」


は?



そして私はある大事なコトを思い出したのです。



それは…



そもそも、私は






味噌ラーメンが好きじゃないのです\(^o^)/





「オマエ、ナニしに来たんだ?」





オレが聞きてーわ\(^o^)/





完全に目的を誤ったようです。
やっぱり山の中のアノお店で蕎麦食べればヨカタ。

次はそうしよう。



この日の目的を果たしましたので(でも間違い)、トットと家路につきます。


「確かココからは下り基調だよな。」


まるで根拠のないその言葉に、ルートを引いたハズの私もついついソノ気になっちゃいましたが、

20150505_152140.jpg

15kmくらい登ってました。


このナウマンゾウを見るまで登ってました。

20150505_155125.jpg

野尻湖を過ぎてしまえば正真正銘のロングヒャッホイタイムです。

が、

一昨日の(ry


せっかくのヒャッホイタイム(でも一昨日の(ry)ですが、トイレに行きたいというオル兄のワガママにより一旦ストップです。

20150505_162855.jpg

ち…

このまま会話を交わすコトなく平坦路に出れば、お互いの心理を悟られるコトなくアタックを仕掛けるコトが出来たのに…


この時のオル兄からはそんな気配は一切感じませんし、私も必死で隠します。


そしてリスタート。

ココまで来れば残りは10㎞もありません。


下り切った後に約2km程続く、下り基調の平坦路(=私のストロングポイント)で勝負です。
そして前を走るのはオル兄。

ふふふ…


チョー有利♪


今日はモラタ!

そう確信すると、オル兄から信じられない一言が!



「ココ右折しようぜ」




ぐうううううううううう…




その右折した道とは、住宅が立ち並ぶ細い道。
しかも抜け道なのかクルマもソコソコ通ります。


仕掛けられねーじゃねーか\(^o^)/



「回復走」という言葉の裏に隠された、その真の目的…

「オル兄をチギるコト」


その目的は脆くも崩れ去ったのです…



オル兄が平和ボケしたコトを私が分かっていれば、リスタート後に私が前を牽いて、路地に入りたそうにしているトコロを突いて仕掛ければあるいは…

滅多にない、心の隙を突く好機を逃してしまった…



結局この日は同着。
勝敗ナシです。





しかし我ら兄弟の2015シーズンはまだまだ始まったばかり…

我々の闘いはまだまだつづく…







【走行距離】89.7km
【獲得標高】1,304m

【戦績】0勝1敗1分 3ノーコンテスト







ブログランキングに参加してます。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




モーツァルトな走りで

※まだGW中のライド記事を書き終えておりませんが、旬な記事は時期を逃すと色褪せてしまいますので、速報的内容でお送りします(このライドの詳細はまた改めて書きます)。




というコトで早速本編へ。




昨日、路さんと一緒にリキさんのホームコースを巡るライドをしてきました。
コースは路さんが考えてくれました。
路さん、ありがとうございました。



この日のテーマは

「モーツァルトな走りで」
別名「リキさん追悼ライド」





ケガをされて現在自宅療養中のリキさんの代わりに、この界隈の新緑をお届けします。

が、

写真を編集してて思いましたが、ヤハリ私(と路さん)にリキさんの感性は真似出来ません。

街角のふとした表情に心が動かないんです。
自然との出会いよりも坂に苦痛を感じてしまうのです。


苦悶の表情を浮かべながら必死に撮った写真だというコトをご理解いただけますと幸いです。



まずは、

リキさんが自らの脚を推し測る場所、雨沢峠。

20150517_075049.jpg


ソコを越えてまた別の林道を登ると…

20150517_081724.jpg


リキさんの大好きな場所の一つ。

20150517_082301.jpg

以前、西播磨からいらっしゃったお客さんをご案内していましたね。


その展望台からの景色。

20150517_082436.jpg

この日のココは肌寒かったです。


そして定光寺方面から愛岐道路に入り、庄内川を渡り…

20150517_094907.jpg


線路をくぐると…

20150517_094912.jpg

また登りです。


こんな道も抜けて、

20150517_101121.jpg


昼食を食べます。

この日の昼食はモーツァルトな雰囲気ではないので、後日詳細記事にて。


そして飛行機雲を追いかけるように走り、

20150517_113738.jpg


内々神社へ。

20150517_114842.jpg


新緑と鳥居の色と、完全体DQN仕様のドマーネの色が妙にマッチ。
DQNではなく、むしろ厳かなカラーリングなのか…


まだまだ終わらないヒルクライムですが、私の脚は完全に終わってます。
ソレに反して涼やかに佇む路さん。

20150517_121733.jpg


さすがリキさんのホームコース。
常に自然と登りがいっぱいです。

季節毎に様々な表情を見せてくれるコトでしょう。
ココを走る私の表情はいつでも苦悶の表情でしょうけども。


今の季節は新緑のトンネルも見るコトが出来ます。

20150517_125618.jpg

毛虫もいっぱい見るコトが出来ました。


道の駅瀬戸しなのに到着する直前に見えた、空に浮かぶ虹色の雲。

20150517_132624.jpg


そういえば初めてリキさんと走った日も空に浮かぶ虹色の雲を見ました。
何かを感じざるを得ませんね。



ライド後はリキさん宅へ押し掛け、ちゃーんと自宅療養しているか視察です。

20150517_154346.jpg

リキさん・奥様、そしておマゴちゃん、ありがとうございました。





リキさん、しっかりと療養されたらまた一緒に走りましょう!

そしてこのコースの本当の姿をまた記事にしてください。




皆がリキさんの帰りを待っています。






実際リキさんにお会いして、思ったよりは軽傷なご様子でした。
一安心です。

そしてロードバイクのコトは変わらず好きそうで何よりでした。


遠くにお住まいのリキさんのお友達の皆様へ。

ご安心ください。



きっとリキさんは近日中に復活します。



乞うご期待\(^o^)/







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




しかし、こんな山岳コースがホームコースとは…
私の脚は完全に終わりましたよ…

路さんは嬉々としてましたが…



行くしかない!

※当ブログは自転車ブログです。私は自転車と関わる記事のみ書くコトを心掛けておりますので、最後までご覧ください。








GW二日目。




初日は機材トラブルによりDNFとなり、ついに今年の1敗目を喫してしまいました。
機材を修理しなければ走りに行けませんので、この日はとりあえずノーライド。

家族でお出掛けです。


元々私とオル兄の中では、自転車で行くかクルマで行くかという二択のみで、いずれにしても必ず行くと決めていたお店がコチラ。

20150504_125700.jpg

信州新町にある、ジンギスカンのお店「ろうかく荘」です。


ココは川沿いにお店があり、景色も最高です。

20150504_125725.jpg


結構な待ち時間の後、ようやく店内へ。


む…

メニューが増えたかな?
メイン以外のモノが。

20150504_132659.jpg

ジンギスカンが食べれない子供や私の妻にもヤサシイお店になりましたね。
食べれない人を連れて来るな、という話もありますが。


ちなみにココは炭火で焼きます。

20150504_132450.jpg

強力な火力で一気に焼き、一気に食べます。
美味しいから。

20150504_133443.jpg


そして我々がココを大好き(妻は除く)な理由は、このタレにあります。

20150504_133500.jpg

以前も書いたかもしれませんが、一見すると単にニンニクをナニしたタレに見えますが、実はニンニクは使用されていません。
数種類のスパイスを調合しこの味を出しているとのこと。

このタレにつけて食べるジンギスカンはゴハンが進んで仕方ありません。
ココは実家に帰省するたびに毎回行きたいお店ですね。


以前、西播磨のお友達に「ホルモン焼きうどん」のお店(実は焼肉屋さん)へ連れてっていただきましたが、

ハッキリ言って、



甲乙つけがたい味です。




あのホルモンの美味しさを知っている方であれば、充分にその美味しさが伝わるかと思います。
知らなくても伝わるといいなぁ。


白馬付近からも行けない距離ではないので、この夏にアルプスの山々を登りに行かれる方、よろしければジンギスカンを食べに信州新町へ♪



行きはお腹がペコペコで一目散に「ろうかく荘」を目指しましたが、帰りは両親すらも通ったコトがなさそうな山の中を案内すべく、国道から逸れて以前自転車で走った山の中へと向かいます。

一応舗装はされていますが、クルマがすれ違うのがやっとという、地元の両親に「こんな道初めて通るな」と言わしめる道を走ります。


途中、視界が拓けると…

20150504_143809.jpg

こんな景色が見れます。

雲が低いのか今居る場所が高いのか…



更にクルマを進めて行くと、こんな看板が。

20150504_145325.jpg

ホゥ…分水嶺とな…


さぞかし珍しいモノが見れるに違いないと、オル兄が言うので仕方なくクルマを止め歩きます。

激坂を、です。

20150504_145953.jpg

前日に3,000m以上登ってるのに(でもDNF)、歩きでも登らにゃイカンのか…
オル兄のキマグレは家族全員を巻き込みます。


途中、「コレが山吹だぞ」と父に教わります。

20150504_150050.jpg

ホゥ…コレが山吹色というヤツか…


そしてその言葉を最後に高齢の両親はDNF。



甥は落ちていた枝が脚にHITして流血。


オル兄のキマグレが様々な影響を及ぼします。


私の娘も疲れ果ててもう登りたくなさそうでしたが、こんな山道を独りで下りる勇気もなく、とりあえず一緒に登り続けます。




しばらくすると、ついに舗装路が途切れます。


そしてソコを更に登ると…



んん?

20150504_150944.jpg


むむむ…?

20150504_150948.jpg



ココ…なのか…?

20150504_151016.jpg


チト分かりにくいですが、3枚目の写真の右側に見えたのが、1枚目の写真。
左側に見えたのが2枚目の写真です。

言われてみればココからが分岐と見えなくもないんですが、何せ看板的なモノが一切ありません。


ウーン…イマイチぱっとしない…


と、ふと目をやると看板があります。

20150504_150628.jpg

まだ上があるのか…


でもその上に向かう道はこんな道です。

20150504_151627.jpg

道…なのか…?


そしてソコにあった注意書き。

20150504_150809.jpg

が設置してあるから注意してね♪」

そんな感じのコトが書いてあります。



どうする…?



オル兄の奥様と甥、そして私の娘はココでのDNFを即断します。



しかしオル兄は、


「行くしかねーだろ」



マジ…?

行く「しか」ない理由はサッパリ分かりませんが、とりあえず行くとしましょう。



しばらく道無き道を進むと、

20150504_151513.jpg

看板はあるのでとりあえず進みます。


結構な激坂なのでキツイです。


ふと後ろを振り向くと、

20150504_151632.jpg


棒持ってやがる\(^o^)/



楽しそうじゃねーか。




ホントにこの先にナニかあるのか…?

そんな不安を抱えつつ、ひたすら登り続けますが…


20150504_152555.jpg


下り始めたじゃねーか\(^o^)/
写真では分かり難いですが。


とりあえず今日も山岳ポイントは私が取りました。



そしてココがピークであるコトで、結局ナニも無いコトが判明。


またココを戻るのか…


そう思いつつも、一応スマホで地図を確認すると…



戻るより進む方が早いコトが判明。



この道無き道を下った先にも道路があるようです。



…というコトで。




初日に続き、


今日も回収車出動要請\(^o^)/



しかも乗り慣れない私のクルマで、こんな道を迎えに来てもらうコトに。

20150504_153318.jpg

20150504_155305.jpg



全てオル兄のせいですね。

時には引く勇気も持ちましょう。


弾く必要はありませんが。



しかしオル兄はいつでも前向き。


「ナニも無かったコトが分かってヨカッタじゃねーか。」

「ヤッパリさっきのアレが分水嶺だぜ。」

「ソレが分かったダケでもオレに感謝しねーとな。」




うん。
まぁオレはどっちでもいいけど、


アナタの奥様がオカンムリですよ?






こうして我ら兄弟を無事に回収し、こんな景色を眺めながら

20150504_160426.jpg

無事帰宅しました。







ちなみに、この「分水嶺」の看板をよく見ると、

「裾花川」と「犀川」の分水嶺のようです。




結局合流する川じゃねーか\(^o^)/











帰宅途中、あるお店に立ち寄って購入したモノがコチラ。

20150504_171131.jpg

見事に自転車関連グッズ(=自転車ブログ)ですね。

絡まったチェーンと交換しないと走行不能ですしね。



さ、明日は走るぞ!









ブログランキングに参加してます。
よろしければこのロードバイク記事に応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





勝負の世界はキビシイ

前回からの続きです。
ツール・ド・GW初日、最終話です。


渋峠を越え、パンクにも遭い、昼食も済ませ一気に下ります。

20150503_130505.jpg


ダウンヒルの途中、オル兄が

「青看板に嬬恋は右って書いてあるけど、このまま下っていいんか?」

と聞いてきますが、


構わん!


と言ってそのまま下ります。



ふっ…(笑)

意外と心配性だのう。
無駄に走りたくないんか…?
弱なったのう。





下り過ぎてましたが\(^o^)/


謝らんけど。




その甲斐あって素晴らしい新緑の中を走ります。

20150503_132731.jpg

むしろこの道を快走出来るコトに感謝して欲しいくらいですね。
たかが10km弱の遠回りなど問題ナシです。


途中、橋を見つけたのでソコから川を眺めると…

20150503_133257.jpg

20150503_133312.jpg

むしろ感謝して(ry


しばらくすると第2の山へと向かう登りへと差し掛かりますが、この登りがとにかくツライのです。

3~5%の何とも言えない登りが、ダラダラダラダラダラダラダラダラと10数kmも続くのです。

コレぞまさにローラークライム

パンチ大好きのオル兄よりも、むしろ自称ルーラーの私の方が向いているのかもしれません。
脚的な意味ではなく、精神的な意味で。


「マジで地味だな


ひたすらこの言葉を連呼していたオル兄。
かなりキレキレでした。

キレッキレを鎮める為にも、ご要望に殉じて迷わずコンビニへ凸します。

20150503_140955.jpg

モチロン、いついかなる時も

豆乳投入します。



そしてこの後も続く(オル兄にとっては)苦悶のローラークライム。

20150503_143544.jpg


私はというと、3月まで取り組んでいたクルクルLSDがその効力を発揮します。



精神的な意味で\(^o^)/



その鍛えられた精神力のおかげで、少しずつオル兄を引き離します。

20150503_143810.jpg

ちなみに、一つ目の渋峠では私が山岳ポイントを獲得してます。
初…かな?

このまま行けば2つ目の山岳ポイントもいただきです。


山岳ポイントを狙いつつも、高原野菜を作っているのかな?と、

20150503_144128.jpg

ヨユーの撮影。


本当にウンザリするような登りを走り続け、

20150503_145303.jpg


ようやく登頂です。

20150503_150339.jpg

ココでも山岳ポイントを獲得。


この石碑以外、特に何もありません。
景色も。

ナニか書いてありますが、イマイチよく分かりません。

20150503_151017.jpg

「四阿山」と書いてナントカと読むんだぞ、と父に教わりましたが既に記憶にございません。


完全にヤル気を無くしたオル兄が登ってきましたが、何故かカメラを向けると、

20150503_151049.jpg

いつもの仁王立ち。

負けたクセに。



ココから3つ目の山は近いです。

数㎞程ダーッと下ると、スグにまた登りが始まります。

20150503_152321.jpg

この登りは7kmくらいだったかな?
斜度も大したコトありませんので、3つ目でもマターリ登れば特に問題ナシです。


何年か前、家族みんなで訪れた滝を見つけたので撮っておきます。

20150503_154532.jpg

ココは菅平の近くなので、その時は合宿に来ていたであろう男臭ムンムンのラガーマン達が滝で水浴びをしていましたが、サスガにGWでは誰も浴びてません。

滝行になっちゃいますしね。


そして先程の鳥居峠よりも更に登頂感薄れるポイントで記念撮影。

20150503_155031.jpg

もうちっと探せばソレっぽいトコロがあったかもですが、メンドクサイのでココで納得。


ドリンクも切れかけていたので、通り沿いで自販機を見つけてオル兄を待ちます。

20150503_160012.jpg

結局全ての山岳ポイントを私が獲りました


3つともダラダラと続くという、オル兄が嫌う登りであったコトは間違いありませんが、私にルートを引かせたのはオル兄です。

勝負の世界はキビシイのです。


ココからはもう下りと平坦のみ。

長い下りでは脚を使いませんので、お互い脚を回復しつつ、ラスト数㎞の平坦に備えます。


問題はドコで飛び出すか…
勝負ドコロでどっちが牽いているかで作戦は大きく変わってきますが、この日のコースディレクターは私です。

というコトは私が牽いている可能性が高い。

後ろから仕掛けられたらヤバいです。
過去、何度もソレでやられてますので。

時間的余裕もあるので平坦区間に入ってもマターリ牽こう。
脚を残しつつ、ヤツの心の隙をついて飛び出すしかない。

クリートキャッチミス、ドリンク補給時、クルマや信号の関係で車間が離れた時etc…


そう、

勝負の世界はキビシイのです。



なーんて考えながら下って、脚を止めっ放しなのも脚が冷えてイカンので、軽く回しながら下ろうかなーと思いペダルを回そうとすると…



ん?


アレ?



ペダルが回らん…



割とスピードが出ているので足元をマジマジと確認するコトは出来ません。


でもコーナーに差し掛かった時、外側のペダルに荷重を掛ける為にペダルを動かすコトは出来ます。

なのでとりあえずは下れますが、直線で踏もうとするとヤッパリ回りません。




ウーン…

コレはアブナイ…



エスケープゾーンを見つけたので、一旦バイクを止めペダル廻りを確認すると…



20150503_163034.jpg




なんじゃコリャ\(^o^)/



こんなの初めて♡



完全に絡んでしまい、手で戻そうにもビクともしません。

コレは…
DNF確定です。


チェーンが長過ぎたのかな…?
今まで11-28Tを使っていたようなので、12-25Tに交換した時に詰めるべきだったのかな…?


というコトで、今回もオル兄の奥様に回収車出動要請です。
チェーンカッターなど持ち歩いていませんでしたので…

父に場所の詳細を伝えると、ココから10km以上下りっ放しとのコト。
なので、下り切ったトコロまで自走で下りて来い、と。


…ホントか?
多少なりともアップダウンはあるだろうに…



ほぼありませんでした\(^o^)/



サスガ地元歴○十年。
主要道路は知り尽くしとるようだのう。



そして回収ポイント直前でオル兄が言います。

「言いたくないんだが…」


ん?
何だ?




「機材トラブルもレースのウチ。」



え?





「ゴールはオレが貰うわ♪」






ぬうううううううううう…



勝負の世界はキビシーですね\(^o^)/






こうして我ら兄弟の「骨肉の争い2015」に、1回目の勝敗がつきました。


私の1敗目です。





この日の夜は私の傷ついた心を癒すタメに、ウナギを食べに行きました。

20150503_185219.jpg

特上しか癒す方法が無かったので、仕方なくソレを選択。

娘の天丼も半分いただきました。






更に過酷なヒルクライムが待ち受ける二日目へつづく。







◆GW初日の走行データ

【走行距離】130.9km
【獲得標高】3,171m

【戦績】0勝1敗3ノーコンテスト






ブログランキングに参加してます。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター