チョー不完全燃焼…【平田クリテ第3戦-C5編-】

先日の日曜日、平田クリテリウム第3戦に参戦してきましたので、その様子をお送りします。



今回もC5-4C3にエントリーしました。

先月の第2戦はC3DNSしましたが今回は…









まずはC5-4編です。








平田クリテは会場がソコソコ近いコトもあり、朝はソレほど早く起きる必要はありません。

起床時間は自転車乗りとしてはかなり遅めの5:00過ぎ。



準備を進めて家を出る頃にはすっかり明るくなっています。




20160327_061903.jpg

たまには名古屋駅から上がる朝陽を。





スイスイとクルマを走らせ会場に到着すると…何と5~6番目。

7時前に着いちゃいましたからね。

20160327_065327.jpg





それにしてもやけに寒いな…と思い気温を確認すると、


20160327_065300.jpg



マサカのニド\(^o^)/





この日はウチのダブルエースや最近一緒に走らせていただいてたsyuさん、お友達のONIさん、大阪からはコンソメさん菰野ヒルクライムに参加されていますが、アチラはもっと寒いでしょうな…





しかし懸念されていた天気は上々のようで、


20160327_065341.jpg


一安心♪。


レースが始まる頃には寒さも落ち着きそうです。






準備を済ませてKTMさんペロさんと一緒に数周のアップ。

20160327_075739.jpg




先日のモリコロ以来まともに乗れていないので脚に不安がありましたが、この時点ではソレがモロに的中。



モリコロ翌々日から出張でバイクに触れず、クリテ前の1週間のローラーでもイマイチ脚が回らないながらも無理してたようで、常時モモ張りシステムが発動。

アップでも無駄に踏むコトをせず、とにかく軽いギアでクールクル。










そしてレースのお時間。









一応前回のナニを利用してシード権を獲得してますので、並ぶコトもせずヨユーシャクシャクで佇んでいましたが、マサカのシード選手無視

普通に並びました…



おかげで中盤よりやや後ろという、ナカナカBADな場所でスタートを迎えるコトに。



KTMさんとmasaさんはチャッカリ先頭を陣取っていますし、スタートギリギリに会場にやって来たgottuさんも何故か私の前に。


私はこーさんと談笑しつつスタートを待ちます。



当日の朝2時半頃なかさんから

「今日は欠席するので、こーさんをヨロシク」

との厳命を受けておりましたので、とりあえずこーさんをマークしないとイカンのです。






スタート位置が中盤より後ろだった時点で若干のモチベーションダウンを感じましたが、レースが始まれば勝手に気持ちが盛り上がる派ですので、逆に落ち着いた気持ちでレーススタートです。





第2コーナーを抜けスタートの笛が鳴ると同時に集団が一気に加速!






…しませんでした\(^o^)/




かなりマターリなスタートです。






それより気になるのは、先頭に位置してたハズのmasaさんが、笛が鳴る前の段階で何故か私の目の前まで降りてきているという事実。

勿体ないですのう…







今回の作戦は最後まで脚を溜めに溜めまくり、最後の最後でスプリントを仕掛けるというチョーセコセコ作戦。


過去2戦、バックストレートで無駄に脚を使って負けてますからね。
セコくクレバーにイキますよ。





順番が回ってくれば当然牽きますが、とりあえずは5番手くらいを狙ってました。

しかし位置取り争いにはムリに加わらないようにしてましたので、気付けば前に10数台。



1周目の第4コーナーを立ち上がったトコロで集団が縦に伸びましたので、コリャチャーンス♪と少し前に出ます。


すると前にはペロさんが。

なかさんからスタートしか居ない疑惑を懸けられていたペロさんでしたが、ちゃーんとレースを走ってましたよ♪



ペロさんに挨拶をしてもう少し前に出ると今度はgottuさんをハケーン!



ギリギリに現れたワリには調子良さそうです。






ちなみに、デリさんからいただいた写真を見ると、


20160327_131748.jpg



こーさんはチャッカリ私のツキイチをキープされていた様子。

知ってればナニしていただいたんですが…






集団内でソレなりの位置をキープしつつレースは最終周回へ。





第2コーナーを抜けてバックストレートに入ると位置取り争いが熾烈になります。


この時私が居た場所がチョー失敗。



イン側に位置してたのでアウト側からグイグイ選手が上がってくると、ナカナカそこから抜け出せないのです。



そしてそのまま第3コーナーを抜け第4コーナーへ。




ホームストレートに入った時には…もはや何番手なのかも分からないレベル。

前には10数人の選手が居たと思います。




しかも最終周回というコトでコース幅いっぱいに選手が広がり、抜きドコロを見い出せないままゴールまであと数百mというトコロに。




コリャ入賞すらヤバいな…




そう思っていると目の前の選手が右側から抜け出しました。








ココだ!








その選手の後ろに入り、とりあえず少し前に出るコトに成功!

隙間が空いたらその選手もかわそうと思いましたが、やっぱりナカナカ隙間が見つからず。




残り100mホドでしょうか…

完全に諦めていましたがスプリント合戦で集団が完全にバラけてかなりの隙間が!



1~3位の選手は遠すぎてもう追えませんでしたので、とりあえず来月のシード権ダケでも!と思い6位あたりにバイクを捻じ込むコトに成功!




しかし…後ろから捲くられたり数を間違えてたらシャレになりませんので、目の前の二人の選手を最後にかわして何とか4位でゴール。







何とか来月のシード権は死守しましたが、レース中は集団内でボチボチ走っていて前を牽く機会もなく…

おかげで最後まで脚を残すコトが出来ましたが、位置取りに失敗した為に完全にフタをされた状態になり、スプリントを仕掛けるコトも出来ず…







チョー不完全燃焼でした\(^o^)/






出し切った感ゼロです。









しかーし!


この失敗が逆にC3へのモチベーションとなり、私の魂はメラメラと燃え上っていました。








C3では出し切るZE☆













しかし…













つづく。













ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

信州の春はまだ遠かった

「春分の日」


その日が来るともう春がスグソコな感じがしますよね。






普通は。

名古屋はサクラの開花宣言も出ましたし。









先週の三連休は所用で実家の長野に帰省しておりましたので、当然の如くバイクをクルマに積み込み走るコトにしました。





オル兄も来るので、軽くシブられつつも強引に説得してバイクを持ち込ませるコトに成功。

更にはもう一つの荷物も強引にお願いするコトに。





コースはいつもように私の独断で決めて、ソレにオル兄が文句を言うシステム。


本当は翌週に控えたクリテ対策で、平地トレーニングの為に千曲川河川敷をゴリゴリ遊びたかったんですが、ソレはさすがに文句では済まないレベルなので仕方なく山を選択しました。

まぁドコ向かっても山しか無いんですけどね。








そして当日。









前日時点では長野の天気はソレなりでしたが、朝起きて念の為天気をチェックしました。

いつも見るYahoo天気予報は名古屋で設定してますので、開くとまずは名古屋の天気が見れますが…



20160320_065630.jpg



スンゲーイイ感じですね。

快晴だし最高気温19℃だし最低でも9℃もあるし。

風がチト強いかな?






そして気持ちを落ち着けて長野の天気をチェック。



20160320_065704.jpg



チョービミョー\(^o^)/





まぁ風が強いのはいいんですよ…どうせ山ばっかですし。

しかし気温がヤッパリ低い…
先日までは暖かかったんですけどね…




暖かい気候の中サワヤカなライドを期待してたので一応夏ジャージも持ってきていましたが…



20160320_093735.jpg



完全冬装備を装着です。

インナーも氷点下くらいまで耐えれるレベルに着込んでいます。

山登りますからね。
下りで凍え死にそうになるのもアレですし。





そして出発前にその山の方角の空を確認してみると…



20160320_071101.jpg





コレは…



降ってるんじゃない?\(^o^)/






山が見えん。

イヤな予感しかしねぇ。





まぁでも現在地は降っていないので、とりあえずは出発です。






今回のライドは戸隠まで美味しい美味しいアレを食べに行く目的でしたが、いつもの道を走ってもツマランので少し回り道をして斑尾高原をカスめてから向かうコトに。




我が家から数kmも走らないウチに早速最初の登りが始まります。


20160320_101228.jpg




ちなみに、私たちの母は家族が集まるとかなり喜んでくれるので、朝からゴハンがチョーイパーイ。
おかずの量がマジスゲーっす。
日常ではまずお目にかからないレベルです。

なので朝ごはんを食べてから出発すると腹がチョーパンパンなのです。



そのパンパンはタッタ数kmでは消化出来るハズもなく、チョー苦しいので最初の登りはとにかくマターリ。




オル兄もマターリ。


20160320_101233.jpg





かと思いきや。





突如アタックを仕掛けやがりましたよ。



写真を撮ってると完全に置いていかれるので、とりあえずは追い優先でフミフミ。




「何だ追ってくるんか」




どうやら私が容認するなら視界から消えるまで踏む予定だったようですが、追ってきたコトで脚溜めモードに戻した様子。









そして突然ですが。



この日のライドの写真はココでオシマイ。










雨が降ってきやがったんですよ\(^o^)/


しかも山の方からの風に乗って。







我ら兄弟の鉄の掟第一項、


【雨の日は乗らない】


にモロ抵触するので、お互い「どうする?」と確認するコトなく即帰宅を選択。





しかもとにかく雨に濡れたくないので、モリ漕ぎで帰路につきます。

まだ腹パン中でしたが。





多少のアップダウンはあるものの、基本的には下り基調なので私のストロングポイントが続きます。

マジ漕ぎコイてオル兄を置き去りにしてやろうかというイキオイでフンフンしましたが…






ツキイチから離れねぇ\(^o^)/







実はですね。

私は少しオル兄のコトをミクビッていたのですよ。



何故なら昨年の晩秋、房総半島へ190km超のライドに行った時のコト。

前半はまぁソレなりに走っていたんですが、後半かなりアヤしくなってきたオル兄。

平坦でも離れちゃうし、クライマックスの峠は登らずにショートカットするというヘタレっぷり。
しかも逆切れされましたからね。


なのでモリ漕ぎしちゃえば引き離せると思ったんですよね…




しかし今年のオル兄は少し違うのです。



「ローラーを使わずしてキサマに勝つ」



ソレを信条にしていたオル兄ですが、最近新たなローラーを入手したコトでチョイチョイ回している様子。

去年の鈴鹿はローラーを回してないオル兄にすら負けたのに…




そのせいか、私のモリ漕ぎ如きではビクともしないのです。

しかも前に出れられるとツキイチが精一杯

スキを見て後ろから仕掛ける気になんぞなれんのです。

特に登り基調がマジでキツイのです。




ただ私にも意地がありますので登り区間で必死についていくと、私を突き放すのを諦めてか脚を緩め私のツキイチへと戻ります。


そのスキを狙ってダンシングで駆け上がりますが、



「なかなかヤルのう」



と、ヨユーの言葉で私にプレッシャーをかける始末。






コリャ鈴鹿はマジでヤバいな。





なーんて思いながらソレほど雨に降られず無事帰宅。

雨は山の方だけのようでした。







そして帰宅後にオマケが発動。







20160320_110639.jpg



オル兄が最近導入した、ミノウラのハイブリットローラーをお試しです。

コレを導入したおかげでローラー嫌いのオル兄がローラーを回すようになったというシロモノ。



ホントはGTローラーが欲しかったようですけどね。






早速どんなモノかと…




20160320_111006.jpg


回す!






20160320_111023.jpg


回す!






20160320_111017.jpg


回す!






5分くらいダケですけどね。





前輪を上げて、


20160320_111407.jpg


ヒルクライムポジションも試しました。








で、使った感想ですが。






私は特に固定ローラーに不満もありませんので、GTローラーやこのハイブリットローラーに興味はありませんでした。

ローラーに「実走感」も求めていませんしね。





しかしコレを使ってみると…








スミマセン。

やっぱり特に感想はございませんでした。








ただ思った以上に後輪が左右に振れるので、固定ローラーではこの分の負荷がモロにフレームに圧し掛かってると思うと…少しコワい気もしましたね。

オル兄が固定ローラーを嫌う理由の一つがソレでしたから。


なので「実走感」よりも「フレームへのダメージ低減」という意味で、このローラーはとても有意義かと思います。



初めてローラーを買おうをする方であれば、コレはオススメですね。
GTローラーよりはお買い求め易いようですし。
フレームへのダメージを気にする方も。

想定勾配10%までのヒルクライムポジションも取れますし。

モガいても安定してるのかな?と、750wホドまでアゲましたが安定感もバッチリ。
不安はありません。








ローラー体験が終わったらシャワー浴びて着替えて少し寝て。



家族総出で晩御飯を食べにお出掛けしますが、ついでに改めて山の方角の空を確認すると、



20160320_172701.jpg



やっぱり雲がかかってました。
ココは晴れているのに。





あまりにもクヤシイので、



20160320_183042.jpg




うな重の特盛りを食べちゃいました♪





いつもならウチのダブルエースにこの写真を送りつけるトコロですが、ヒルクライムレースを控えて減量中なので、サスガに怒られちゃうかも…と、ビビって送れず終い。

あの方々はコワいですからね。





まぁでも前日ならいいかな?と思い、比較的軽めの


20160326_121508.jpg



この写真は投入させていただきましたよ♪

私、ヒルクライムレースのコトはヨク分かりませんが、レース前日はイパーイ食べた方がいいに決まっとる!



元気出ますからね!











それにしても食べたかったなぁ…



20150813_150651.jpg




コレ、マジでチョー美味しいんですよ。
私は冬でも断然ざるそば派ですが、コレだけは別格です。

GWにリベンジだな。







【走行距離】28.7km
【獲得標高】454m











ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






やっぱりジローちゃんが好き♪

私は至ってノーマルなので、当然男性にはそういう意味での興味は一切無く、当然の如く女性の方が大好きです。そういう意味では。

しかもオシリ派。


なので当然「ジロー」とは野郎のコトではなく、




かといって



20151222_112923.jpg



二郎系ラーメンのコトでもありません。


少し前に初めて「二郎系ラーメン」というのを食べましたが、ボリュームがスゴイですね。
肉マシして大盛食べたら晩御飯いらなくなりましたよ。






実は少し前、私のお気に入りの方のヘルメットが欠けてしまいましてね。


20160318_173731.jpg

落としたりしたワケではないんですけどね。


ヘルメットは練習用とコレと2個持ってますが、オキニーの方が欠けてしまったのでチトショック。

コレからシーズンインでイベントもイパーイ出るのに、コレではイカン。
安全性的な意味より気持ち的な意味で。






というコトで買っちゃいましたよ。


giro_aeon.jpg
※画像はアマちゃんより拝借





またGIROを\(^o^)/




今までは「ATMOS」というタイプを使ってましたが、今度は「AEON」です。

前回ATMOSを買ったのはミドリが欲しかったので。



しかし身近にいる方がAEONを使ってるんですが、手に取った時に衝撃の軽さだったので次はAEONにしようと決めてたんですよね。

GIROのこのデザインがスキなのです。




他に別のメーカーで候補がありましたが、試着してみたらあまり似合わないので却下。
ミドリがあったんですけどね。




海外通販サイトでポチっとして、先週のカラ出張中に届いたので早速今までのヘルメットを軽く比較しました。



ウーン、サスガに軽い。
コレはいい♪



そしてマジマジと眺めていると、サスガATMOSよりお高いダケあって、随所に違いが見られます。



20160318_173402.jpg

ATMOSはロゴがステッカーでしたが、AEONは違うようです。
下地の色が抜いてある感じです。





そして、


20160318_173530.jpg


タイプ名もステッカーとは違って…よく分かりませんがステッカーとは違うぽいナニカです。





更に後ろにもオシャレポイントあり。


20160318_173513.jpg





いつから使おうかな♪

新しいモノってモチ上がりますね。

プラシーボ効果が他の方より異常に高い私は尚更です。







ついでにタイヤも安かったのでいつもの4000sⅡを買いましたが、




20160318_173843.jpg


赤いコレも買っちゃいました♪





そうです。

久々に完全体DQN仕様を復活させる時がやって来たのです。







富士ヒルにエントリーしましたからね\(^o^)/







「いつでもドコでもディープリム」を信条に日々邁進しておりましたが、さすがに富士ヒルはヤバいっす。

しかも乙女ギア導入します。

何なら当日だけは50-34に戻そうかとも思っています。
楕円で52-36は後半エライコトになりそうですし。

ちなみに50-34も52-36もRIDEAを使ってます。
52-36はエアロタイプですが。

楕円、いいですよ♪






しかし…



この赤いタイヤ…







今まで2回、下ろしたその日にパンク(しかも2回共サイドカット)してるんですよね…

富士のダウンヒルでパンクしたらエライコトになるぞ。



GWに帰省したら山登る予定なので、ソコで一度使っておこうかな。

「ココ登っておけば富士ヒルのいい練習になりますよ」と教えてもらったコースがありますし♪







というコトで、富士ヒルでDQNなバイクを見ても避けないでくださいね。

私は至ってノーマルですので。

むしろお声掛けいただくと喜びます♪










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




【悲報?】平田クリテルール変更

今週末に開催される平田クリテの申込みをしていると、ナニやらレギュレーション変更のお知らせが。


フムフム…

ナニナニ…




え?





「年間表彰変更とカテゴリー昇格システムを導入します。」







詳しく見てみると、



各カテゴリーの優勝者(トップクラスのC1を除く)は、次戦はひとつ上のカテゴリーにエントリーすることとする。(C5-4周、C5-5周は同一レベル)昇格したら、今シーズンは、カテゴリーを下げないでエントリーする。

【年間表彰の対象カテゴリー】
C1、CL1、小学5・6年、小学3・4年、小学1・2年とする。
また、マスターズ(40歳以上)の選手を、別途、表彰します。


【各戦表彰】
各レースごとに、優勝者を表彰します。優勝者には、次戦の無料招待券を授与します。






C5-4で年間優勝狙ってたのに\(^o^)/





年間表彰されるのはC1とマスターズ(40歳以上)のみ。

私はマスターズに該当しますが、ポイントが入るのはC2以上。
当然6位まで。年齢関係無く。



しかも、もし優勝したらカテゴリーを上げないとイカン。
ダブルエントリーは自身のカテゴリーより上でしないとイカン。






今年から本格参戦した私にとって、この変更はちとサミシイのです。

毎月開催&1,000円の参加費でヒリヒリするレースを楽しめるダケでも、充分ありがたいコトなんですけどね。






レースは、最大の練習なり

本大会は自転車競技愛好者の底辺の普及拡大と、より多くの全国レベルの競技者育成を目的に、気軽に参加できる大会をめざし、開催いたします。



平田クリテのサイトの一番上にはこう書かれています。



この精神に則るならば、今回のレギュレーション変更は至極当然ですね。

あるクリテでも、入賞したら昇格しないとイカン規則があるようですし。






まぁ多少ルールが変わったトコロで私のやるコトは変わりません。

常に全力を尽くしレースを目一杯楽しむコト!



その上で勝つコトが出来て、昇格するならば喜ぶべき!






しかし…年間表彰対象者になるには最低でもC2か…






遠い…









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






TDM番外編~SHOROsの人々~

ツール・ド・モリコロパークの記事を引っ張り過ぎな感は否めませんが、せっかくSHOROs皆さんの応援もしたのでその様子を。






SHOROsの皆さんは、やんさんを除き午後からの2時間ソロに参戦されていました。


午前中は私に散々罵声を浴びせて声援を送って下さっていましたので、私もそのお返しにと10倍の罵声を浴びせて声援をお送りしようと、最後まで観戦するコトに。




お着替えを済ませてスタート地点へと向かいますが、


20160312_122744.jpg



見当たらん\(^o^)/





トンネルの向こう側かな?と思って移動しますがヤハリいらっしゃらない。



どうやら皆さんトンネルの中でスタートを待っていたご様子。
なんて空気が読めないんだ





レーススタートの時くらいは皆さん固まって走るのかな?と思ってカメラ(スマホ)を構えていましたが、思いの外バラバラでしたので掲載は割愛します。





皆さんに私の罵声声援をお届けしやすいように橋の上に移動して観戦開始。




すると最近メッキリ強くなったとフレコミのこーさんが第二集団内で走っています。

この記事に偽りナシですね。

声援を送ってもガチ無視するホドの集中っプリ。




少し遅れてなかさん

なかさんダケはSHOROsジャージを着ていませんでしたので、途中何度か見失いましたが自らコチラにお声掛けいただくという余裕ップリ。





開始早々一人旅を選択した上にフザケ倒す方も。


20160312_124950.jpg








ホドなくしてペロさん(ヒヤカシ見物に来たダケ)が合流し、INAさん(ヒヤカシ見物に来たダケ)の居る砂被りの席へと移動し、間近で罵声声援を送るコトにしました。







この辺りからSHOROsのSHOROsたる走りを、皆さんが披露して下さいます。







まずは…



フェロモンドラフティングを愉しみ続ける人。


20160312_134151(0).jpg






我々の前ダケ頑張る人。


20160312_134357.jpg


ペロさんが煽ってダンシングさせた…というウワサ有。




完全ノーリアクションのKZさんの写真はナシ。





頑張るコトを完全に拒否する人。


20160312_134432.jpg







マジスプリントで駆け抜ける人。


20160312_134954.jpg


コレはマジで速かった。
ウデ壊れますよ。





あ、ヤッパリ壊れたようです。

20160312_141244.jpg

左腕無くなっとる。






アレ?

第二集団でブイブイイワしてたこーさんは?









20160312_143104.jpg




居た\(^o^)/





脚攣ったんでもうヤメたらしいです。


この記事は一体…






結局なかさんがSHOROs最速の座を守り、SHOROsの皆さんのレースは終了です。






皆さん、お疲れ様でした!



次はクリテですね。

よろしくお願いします♪








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







今回のレースをマジメに振り返る

普段はあまりガッチリとレースを振り返るコトはしないんですけどね。

カラ出張中でナニ出来ずにヒマなので次に生かす為にもタマにはちゃーんと振り返りましょう。






とりあえずは2年前に同じレースに参戦しましたので、その時と比較してみましょう。



【2014年】

順位:45位/115名
周回数:20
Ave:32.77km/h
ベストLAP:9:00.83(公式記録)


【2016年】

順位:14位/110名
周回数:22周
Ave:37.20km/h
ベストLAP:7:39(STRAVA)



この数字ダケ見れば2年前からは明らかに速くなっています。

ただ、2014年は最初から先頭集団に入る考えすら無かったですし、1周9分半~10分でタレずに走り続けるコトを目標にしてましたので、チョット比較しにくいのです。

ただ、結果として成長を感じられるのは素直に嬉しいですね。




ええ。

嬉しいので載せたダケです\(^o^)/










ココからが振り返り。








まず心拍とケイデンス。


【心拍数】

平均:163bpm
最大:186bpm


【ケイデンス】

平均:86
※最大はあまり意味が無さそうなので省きます。



心拍数を見てもコレが高いのかどうかイマイチ分かりませんが、走っていて特にキツさを感じませんでした。

一応ちゃんと計算をしてみますと、私の最大心拍数が197bpmなので、平均の163bpmというのは83%弱。



で、

ソレってどうなの?




「ゾーン」というヤツで当てはめてみると、「ゾーン4」

無酸素領域らしいですが、そんな感じはしなかったな…

レースでは心拍数は上がるとも聞きますし、実質ゾーン3くらいだったに違いないきっとそうだ。




対してケイデンスは…少し低めですね。
まぁ下りもありますからこんなもんかな~とも思いますが…




登っている時にハァハァするのを嫌って、ギリギリまでケイデンスを落として回してた感覚はあります。

大体90~95くらい。

100近くになるとギアを上げてましたからね。



恐らくはコレが脚攣りの大きな要因ではなかろうか…

やんさんの後ろに付いていた時、登りでは軽いギアをクルクルさせていたのをハッキリと覚えています。



重いギアで心拍数上げてたら、ソリャ脚も攣るってモンですな。








そしてパワー。


平均パワー(NP):238w
最大パワー:971w


ウーン…いつ970wも出したんだ?ってくらい踏んだ覚えがあまり無いんですが、きっとインターバルが掛かった時でしょう。

そしてチョイチョイ700w超えもあります。


コリャ疲れるわいって感じですね。

クリテ好きなワリにはインターバルに弱いしスプリント力も無いし乳酸耐性低いしで、もうどうしようもありませんが、無駄な踏み込みを無くして脚を残す技術…なのか精神力なのか分かりませんが、もっと脚を使わないような走りを身に付けないとイカンのです。


平均はソレほどではありませんので、ソレなりに脚を残そうとしてた感じはありますが、インターバルで徐々に脚が削れていったのでしょう。



あとはやはり登り区間。

登り区間の平均出力が270w~300w。

ココをケイデンス上げてトルクを下げれば…もうチョットは脚が残ったかもですね。








他の数字も拾って…とも思いましたが、ナニを拾っていいかワカランですしメンドクサイですし
慣れないコトをすると知恵熱出そう\(^o^)/




以上を踏まえて、私が今回のレースで得た反省点などを。




まず、最も痛感したコト…



ソレは…






乗り込みが足らん!


というコトです。




今回のレースで久々に両脚リャンメン攣りましたが、その「久々」ってのがイカン。

1週間前の練習でもソレなりにハァハァして追い込んだ気になっていましたが、決して脚は攣っていない



キツくなってもソコから更に追い込んで、攣ったらヤメればよかったものを、ソコに行き着く遥か手前で脚を緩めるという体たらく。



とりあえず鈴鹿までは乗り込まないと、です。

攣り攣り上等で、です。





という精神論はココまでにして、もう一つは登りのコトです。


私は自他共に認める登り嫌い。

同じ出力でも平坦なら維持出来ますが、登りではスグ止めてしまう。


と言っても、ココで言う「登り」とはヒルクライムのコトではありません。

サーキットなどにおける「登り」なので、斜度も距離もソレの比ではありません。


ただ、その短い区間をアリもしないトルクで凌ごうとするので、後半で無理が祟って攣り攣りモードになるのだとすれば、ココでクルクルする必要があるのです。


アタマでは、脚よりも心肺の方が回復が早いと分かっていても、ついついハァハァを嫌ってケイデンスを落としてしまう。

今後はケイデンス高めで登り区間を凌ぐ走りを身に着けないとイカン…と思いました。
正解は分かりませんが。



とりあえず…実走ではモロ意識するとして、ローラーでもSST~L4の時は100超で回すようにしよう。

んん?
パワーをそのままにケイデンスを上げたら…ただキツさが増すダケじゃないか?


えーっと…速度で調整しよう。

いやでもそうするとパワトレの意義が…いや速度を見てパワー比較すれば…


ウーン…ワカラン。

まぁいいや。とりあえず回すんだ!








結論として、まだまだ先頭集団は遠いというコト。



しかし以前のように「完全なる異次元」の世界でも無かったですかね。
コースプロフィールにも助けられましたけどね。

鈴鹿はシケイン前がキツイので、ソコで一気にチギられるでしょう。
ソコをどう乗り越えるか…
私より登坂力もパンチ力もあって平坦も強いコン○メさんですら、去年先頭集団ではゴールしてないらしいからなぁ…





あとはスタート時はヤッパリ前の方に並ばないとダメですね。

クリテで充分体感してましたが、ソレはエンデューロでも同じコト。

一度先頭集団から離れたら二度と追い付かん。
当然ですが。









鈴鹿まであとタッタ2ヵ月しかありません。

2ヵ月では一気に強くなるコトは難しいですが、ドコまで身体を慣れさせるコトが出来るか…



その前に岡国だ。

2時間出し切るぞい。

でも初めてのレースだからレベルもイロイロな具合もワカランからコワいのう。
一応ある関係筋(レース経験者)の方からあるデータをいただきましたが、ソレを見る限りかなりキツそう…

でもその関係筋の方は結構な…というより相当な…いや完全にアレな方だしな。






あ、登りが弱いからと言ってウェイトを落とすコトは一切考えておりません。
食事制限とかホントにムリです。

いや…正確には一度取り組んだコトがあるんですが、2ヵ月で効果ゼロでしたので二度とやらんと誓ったのです。



…皆さんどうやって絞ってるの?

「アイスダイエット」という荒行をナニしたヤカラを知ってますが、私にはマネ出来ません。










やっぱり写真が無いのもサミシイので、昨年房総へ走りに行った時(ブログ未掲載)の、海ほたるから見た朝陽の様子を。


20151107_061647.jpg


この日の夕方、結局雨に降られましたけどね。











そういえばレース後、たかじんさんに言われた一言。








「ダイちゃん、ずっと集団にくっついてラクしてたよね」






・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・









精進します\(^o^)/








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







ツール・ド・モリコロパーク参戦記

今日は、先日参加しました「ツール・ド・モリコロパーク 3時間ソロ」のコトをお送りします。

割と真剣の臨んだレースですので、オフザケ要素は少なめで。






このレースは2年前にも出場しましたが去年は見送りました。

というのも一緒に出る方がいらっしゃらなかったからですね。
一人だとサミシイですし。



2年前もそうでしたが、このレースは「鈴鹿アタック120」に向けた試金石…というか課題を発見するためのレースと位置付けております。



去年は鈴鹿でオル兄にブッチギられましたからね。
リキさんのおかげで。

今年はソレなりにリベンジに燃えているのです。




1週間前の調整練ではアレな方々に散々な目に遭わされましたが、1週間大人しくするコトで何とか疲労を抜くコトが出来ました。






という前置きはホドホドに当日です。






天気予報では冷え込む日とのコトでしたが、



20160312_060024.jpg



見事的中。
霜が降りるホド。


しかしソレは想定内。
天気はいいので真冬装備まではいらないとニラんでの出発です。




「ゲートが開く前に着くように向かうますよ。当然。」





たかじんさんにそう言われ、私もそうしないとイカンのじゃないかな?と勘違いし、


20160312_063045.jpg



開門前に到着。

しかし既に結構なクルマの数。




無事グッドポジションにクルマを駐車し準備をしていると、午後から参戦のハズのKZさんが朝イチからご登場。

完全にヒヤカすつもりですね。



すると何かを私に手渡してきます。




ムゥ…

コレはだな。

受け取らん方が賢明だ。



そう思っていると…








んん?











20160312_071925.jpg



「ロミオさんから」








・・・・・・・・・・・・・




え?








なんだお嫁ちゃんからじゃないのか\(^o^)/
ロミオさんありがとうございます♪



コメントをイチ往復した程度の関わりしか無いのに、ワザワザ変なオッサンKZさんを通じてステッカーをくださり、更には豆乳を投入して下さるとは!






コレはアレですね。

本物は本物を知る、というコトですね。





この村において、私ホド自転車を適度に嗜んでいる人間はおらんという証明です。

本物同士は通じ合うのですよ。




そこいらのガチムチさんにも見習っていただきたいモノです。




おかげさまで私のステッカーコレクションがかなり充実しました。

だるま珈琲にブジカエル、そしてビワサイステッカー。
更にこの嗜みステッカーまで。



この流れには乗るべきなのか…?


この際、CT(クレイジートレイン)ステッカー…あるいは三味線ステッカー…豆乳ステッカー?の制作を考え…





…ません。

私にはそんなセンスも無いですし、そもそも需要も無いでしょう。

てか三味線て。
私とは無関係じゃないの。









話をレースに戻します。







準備を進めていると、たかじんさんが今日もローラーを持ち込んで入念なアップを開始しています。

コリャイカンと、私も軽く身体を動かしておきました。



試走をすればいいんじゃない?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、今回は自分のチカラを試したかったので呑気に試走をしている余裕は無いのです。



ではナニを以て試すのか。




今回はSHOROs最速の雄、やんさんも同じレースに参加されるのです。

鈴鹿上位常連で、クリテではその強さをいつも外から眺めていた、やんさんです。



そのやんさんの後ろ姿を、可能な限り視界に留めるのが今回の作戦…というよりチャレンジです。

間違いなく先頭集団ですけどね。



なのでノンビリ試走をして後ろに並ぶワケにはイカンのです。



とか言いつつも1周だけ試走をしてスタートラインに並びます。

当然たかじんさんも一緒です。

一人だとキンチョーしますし。






たかじんさんと談笑していると、あっという間にレーススタートの時間が迫ってきました。






そしてついに…

今の己のチカラを試すレースのスタートです!








最初はローリングスタートなのでかなりユックリ。

「このまま3時間でもいいね」

という、いつものたかじんさん節もサクレツ。





ローリングが終わると集団は一気にスピードアップ。

とは言え、クリテ程ではありません。当然ですが。



しかし…前の方に位置取りしていて正解でした。

ココはコースが狭い上にコーナーが多いので、集団の数が多いとラインの自由度が極端に少ないですし、前に出るコトも難しいです。


しかしココでクリテで培ったモノが生かされた気がしますね。

クリテの方が位置取り争いが激しいですし、強度も高い。

このペースであれば多少後ろに下がっても…くらいの気持ちで走れますし、位置取りもソレホド困難ではありません。




ただ…少し心配だったのがたかじんさんです。

たかじんさんは集団内での位置取り争いを好まない傾向があるので、メンドクサイ病が発動すると後ろに下がって…というより位置を譲ってしまうのです。




案の定、2周目に入るトコロで、


20160312_200002.jpg


若干離れ気味。




私も前に集中していましたので後ろを振り返る余裕など無く、コレ以降は確認出来ないままレースが進みます。



とにかく中切れが発生したらソコを詰めて、コーナーではイン側に誰か来ないか確認しつつ、常に集中して走ります。

20160312_200005.jpg




先頭集団のペースも思った以上にキツくはなく、何とか付いていける強度のままレースは進みます。

20160312_200006.jpg



ただしばらくは集団の数が多いので位置取りにかなりの神経を使いました。

中切れにも要注意です。



常に集団前方に位置するやんさんの背中を確認しながら走っていて、隙あらばソコまで前に出て「私も居ますよ」アッピルをしようと目論むも、ナカナカ前に出る機会がありません。



するとレースが1時間ホド経過したトコロで左脚に痛みが!

膝裏というかフクラハギ上部というか…とにかくその辺りです。

この痛みに関してはモロ思い当たる節がありますので、シランプリを決め込みそのまま走ります。




そして1時間半ホド経過。


20160312_200009.jpg



だんだん集団もバラけ始め、登り区間で遅れ出す選手がチラホラ。

ココまで集団後方に位置していましたが、一番の懸念事項、中切れが発生し始めます。



ソレだけはイカンと、中切れした選手を交わし集団内まで上がりますが、その度に少しずつ削られる私の脚。



しかしソレに乗じてようやくやんさんにお声掛けするコトが出来ました。

すると逃げている選手がいるというコト。

コース上は集団以外は選手がバラバラ走っているので、前を見てもどなかかは分かりませんでしたが、既に結構先行されている様子。




集団内に入るとコレまた位置取りも難しく、中切れを発生させないようコーナーを抜ける度にキッチリ前の選手を追うべくインターバルが掛かりますし、他の選手もドンドン前に出て行くので結局また集団後方に戻るコトに。

とりあえずは先頭集団から離されなければいいかな、と。





レースが2時間ホド経過したトコロでようやく集団が落ち着いてきました。

ココまでレースペースはほぼ一定。

概ね8分前後といったトコロ。



ソレでも登り区間の強度は周回毎に若干の違いがありましたので、キツイ周はホントにキツイ。



ただ集団が安定したコトによって安心して集団最後方をキープ。

セコセコツキイチ大作戦です。

というより、ソレしか出来んのです。
あらゆる意味で。



しかしこの位置は、コーナーの多いこのコースで自由にライン取りが出来ますし、後ろの選手が居ないので気兼ねなくテバナをブッ放せますし、ムリなインターバルを掛ける必要も無いですし、かなりの好条件♪



とはいえココは先頭集団。

条件がイイんですが、分不相応であるコトに変わりナシ。



ついに2時間20分を経過したトコロで脚がピキピキし始めました。

攣る直前…ってヤツです。



登り区間で中切れを嫌ってかなりムリしていましたからね…



まずはモモ筋が悲鳴を上げたので、オシリを後ろに下げてハムで踏むようにしてゴマカし始めます。





が!





ココまでちゃーんとハムも使われていたようで、スグにハムもピッキピキ♪

「MT5」ってヤツです。
※マジで攣っちゃう5秒前





久々に両脚リャンメン攣り攣りモードに凸入しましたが、ソレでも何とか踏ん張る私。

とりあえずお顔を見れるウチに…と、やんさんにお別れだけを済ませてまた集団最後方に。




ちなみにゴール付近ではSHOROsの皆さんが罵声を浴びせて応援して下さっていましたが、もうムリって何度も合図を送っているのに、前に出ろだのもっと踏めだの言いたい放題元気をたくさんいただきました♪



その応援に応えるべく、このまま何とか粘りたかったんですが…




20160312_200014.jpg


この写真が集団に残れた最後の1枚です。





レースは残り20分弱。



コントロールラインを超えた先の登りでついにチギれてしまいました。

集団の速度が上がったのか、私の脚が完全に終わったのか…




下り区間で多少踏もうとも時既に遅し。

集団の姿は見えません。

コーナーの続く区間でしたので、集団が見えるくらいなら付いて行けてるというコト。




残り時間を苦悶の一人旅か…




そう思っていた私の目の前には!











たかじんさんだ\(^o^)/









たかじんさんも一人旅でした。


すかさずお声掛けしてランデヴータイムの始まりです。

20160312_200019.jpg


心肺は余裕が残っていましたので、イロイロ会話しながらのランデヴー。



しかしたかじんさんは何故だか余裕が残っているご様子。



完全瀕死状態の私の横を、

20160312_200016.jpg

笑いながら走ってます。


ムゥ…





そして最終周。


このまま仲良くお手て繋いでゴールかと思いきや、たかじんさんがココでマサカのラストスプリント!



たかじんさんと違い、ホントに出し切って両脚リャンメン攣り攣りモードの私にはダンシングはおろか、踏み込む脚など一切残っておりません。



その私を嘲笑うかのようにチギってゴールするたかじんさん。






なんだか完敗した気分(´・ω・`)








こうして私の「ツール・ド・モリコロパーク 3時間ソロ」は終了しました。






結果は14位。


この結果をどう捉えるのか、ナニを得てナニを反省すべきなのか。

次回、レース総括を書きます。










最後に。


レース中、終始応援して下さったSHOROsの皆さん、そしてパン谷さんとその奥様


本当にありがとうございました!




特にパン谷さんの奥様

この日初めてお会いしたにも関わらず、非常に多くの写真を撮っていただき、

本当にありがとうございました!



いい記念になったのモチロンのコト、レース記事に彩りが出ました♪

※本記事のレース中の写真は全てパン谷さんの奥様ご提供。



あ、最初の1枚のみこーさんのご提供です。
こーさん、あざっした♪







あ、そうそう。


豆乳はレース後に美味しくいただきました。


20160312_114817.jpg



ロミオさん、ごちそうさまでした♪
でもヤッパリお嫁ちゃんからの方がよかっ













ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村








コレは…調整と言えるのか?

「ツールドモリコロ」を1週間後に控えたその日。




あ、ちなみに私は3時間ソロに参戦予定です。
というより先日参戦してきました(詳細は後日)。





同じ種目に出場するたかじんさんをお誘いし、「レース前の調整練」と称して揉んでいただくコトにしました。

この日のライドは「調整練」ですし1週間前にゴリゴリし過ぎても速くなるワケではありませんし、最近クリテにばかりウツツをヌカしておりましたので100km超のライドに身体を慣らすのが目的でした。
まぁソレも1週間前では手遅れ感アリですが。




いずれにせよ、この日の練習テーマはあくまでも「3時間走り切れるギリギリの強度で」でしたが…









最近は日が長くなってきましたので、いつも通りの集合時間ならば既に明るくなってるし気温も上がってくるしラクチンだな♪とタカをククっていると…



「クレール平田を6時発で♪」





たかじんさんの朝は異常に早い\(^o^)/






時間までレースに合わせるとは…サスガ過ぎです。
レースは8:30開始ですけどね。




というコトで、随分日が長くなってきたのに…


20160305_052111.jpg


暗闇の中、自宅を出発。

しかも…窓が濡れてるぞ?



確か晴予報で…温かいハズじゃ…
確か以前も周回練の時に、快晴予定だったのにピンポイントで雨に降られ…




地面は濡れてましたが雨は降っていませんでしたので、とりあえず集合場所へ行くと、


20160305_061737.jpg



路さんもいる\(^o^)/

…コリャ調整では済まんな。



と思って諦めていると、路さんはココ最近完全ヒルクラモードなので、平坦や周回練などまるで興味ナシとのコトで一安心♪



私と路さんはココまでクルマで来ていますが、自走のたかじんさんは既に脚も暖まり完全凸モードです。

いつもこのアドバンテージをナニしまくり我々の脚を削り倒しにクルんですが、今日は調整練


レース当日は確実にアップが出来るとも限りません。

なのでノーアップでドレだけナニ出来るかも今日のメニューの一つ。



若干遅刻気味だったクセにチョーシコイて先頭切ってスタートすると同時に、ハイケイデンス(自分比)でクルクル開始!

チョイとムリしてる感じの強度で走り出しますが、レース本番では自分のペースで走れるとも限りませんのでね。



且つ、いつもココで獲られる主導権を多少無理してでも獲りに行きます。

大して意味などありませんけども。




そんなコトしているウチにあっという間に久しぶりの場所へ。


20160305_065123.jpg


この日はまるで山開きのような賑わいでした。




ココから周回練コースへと向かいますが、路さんはココで一旦離脱。

私とたかじんさんはいつものコーラポイントへバーンと向かいましたが…




20160305_074326.jpg


ガーミンに付いている水滴…ソレは…


私の汗と涙と雨粒です。





ええ…


降り出してきましたよ\(^o^)/





去年は雪に降られたコトもありましたからね。

雨ならまだ許容範囲内です。
小雨の手前くらいのパラパラですし。



ちなみにコレから向かう方の空を見ると、


20160305_074411.jpg


ウム!イヤな予感しかしねえ\(^o^)/

まぁいいや。
ココまで来たら止まらん。




予定では周回コース(1周15km)を3~4周走るつもりでした。

ココに来るまで20km超ありますから、4周&往復でちょうど100kmくらい。
登りもありますのでこんなもんかな?という目論見でしたが…





たかじんさんが、




1周目でチョーアゲアゲ\(^o^)/







MAX14%(ガーミン調べ)の登りもグングン進んで行きあっという間にチギられます。

グイっと登った後は、私のストロングポイントが数km続きますのでソコで何とか追い付こうとしますが、結局1周目では追い付かず。



「2周目はもうチット抑えて3時間強度で…」と懇願するもまるで意味無し。
聞く耳などございませぬ。



登り基調サイドでは牽くコトすら出来ず、ひたすらツキイチをキープしたクセに息も絶え絶え。


下り基調サイドでようやく前に出るコトが出来ましたが、たかじんさんがいつものメンドクセーモードに凸入した為少しダケ先行するコトに成功です。




ココまで必死過ぎて写真など撮るヒマも余裕もナシ。

ま、練習ですからね。






そして3周目…







脚オワタ\(^o^)/

もう強度が保てん!



1周目でゴリゴリヤラレ過ぎて、マジで脚終わりました。

全てはたかじんさんのおかげです。





「3時間走り切れる強度で」


そういうテーマだったハズですが…






終わったモノは仕方ないので3周目は梅見モードでマターリサイクリング♪


20160305_091633.jpg


何だかんだ言ってもこういう情緒を愉しむトコロがソコイラのガチムチさん達とは違うのですよ。





ピンク色の梅も愉しみますよ。


20160305_092059.jpg





モー○ァルトモード風にも愉しみますよ。


20160305_092133.jpg





こんなコトして遊んでいると、

「コーラポイントで待ってるよ!」

と路さんからご連絡。




コリャイカン!というコトでアゲアゲ…ではもう走れないのでソレなりで走り出し、無事合流。




ココからの登り、最初は一緒にマターリしていただきましたが、


20160305_100026.jpg


しばらくすると路さんは登りなのに下ハン握ってダンシングで駆け上げって行きました。


たかじんさんは脚がオワタフリしてココでは私に付き合いますが、コレは完全なるフェイクです。





そして残すはクレール平田までの平坦のみ。




津屋川の堤防では和気アイアイと走っていましたが、揖斐川堤防に差し掛かった途端強度が変貌。

先頭を走る私を追い込むかのように私の横に出てガンガン煽るたかじんさん。

そしてソレをツキイチで傍観しつつ、この先のナニの為にチャッカリ脚を溜める路さん。




すると堤防を出て残り数kmのトコロで突如路さんがペースアップ!

その道への入りを手間取っているウチに一気に差を広げられます。




たかじんさんも右折に手間取り更に遅れてしまったので、一人で路さんを追い掛けるべく37~8km/hまで速度を上げましたが、一向に近付く気配のない路さんの背中。

既にオワタ脚ではこの速度以上をキープするのは無理なので、後ろから迫るたかじんさんを待ち、共闘しつつ路さんを追います。



恐らく、ココ最近では一番のコンビネーションを見せながら速度を維持していると、サスガに路さんの背中も近付いてきました。



そしてたかじんさんが前に出て更に速度をアップ!

コレは…完全にリードアウトする気だ!



その心意気に応えるべく、少し脚を溜めたトコロで一気にスパート!

…気持ちダケ。



脚がオワテルので大して上がらんのですよ。




結局交差点で止まるまで路さんに追い付くコトは叶わず…

路さん…その脚があるならクリテモード…とまでは言いませんが…一緒にエンデューロをですね…





そしてその後も何故だかゴリゴリ引き摺り回され、ラスト数百mで隙を付いて前に出てスパートを掛けますが、結局最後にたかじんさんに捲くられ撃沈。



彼らにクールダウンという言葉など無いのです。

そもそもアップもありませんでしたし。




「Crazy Train」の名に偽りナシ!
※私除く





こうしてクレール平田に戻った時にはヘロヘロのパー。


20160305_110245.jpg


脚もバッキンガム宮殿バキバキ。




サスガのたかじんさんも脚を使い切った雰囲気を醸し出さないとイカンというコトで、ご自宅までお送りしますか?とお聞きすると珍しく受け入れていらっしゃいましたね。

脚がカンペキに終わった私へのお気遣いでしょう。
ホントはピンピンしてるのに。







それにしても…



調整練のハズだったのに、終わってみればただの高強度追い込み練

3時間ドコロか1時間しかもたん強度でしたよ。



結局のトコロ、ただ単に脚に深い深いダメージを残したダケという…








このダメージ…







1週間で回復するんかいな?










【走行距離】94.5km
【獲得標高】1,541m

※練習は計画的に







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






ちなみに。


今日から関東へいつものカラ出張です。




「東のお友達を増やす」宣言をしたコトもあり、あるお寿司屋さんに予約を入れようかな~とか思いましたが、ド平日でお忙しいでしょうしそもそも自転車乗りなので初見はやっぱり自転車乗ってお会いしたいですしでも今回は週末の予定の関係上自転車は積んで行きませんし何だかんだテレ屋さんなのでイキナリアレするのもナニですしソレ以前に土地勘無いので行く先々でアレ出来るかどうかもワカランですし…というコトでココでセコくコソコソアッピルするに留めておくコトにしました。

いずれご一緒出来る日が来るといいんですが。


ちなみに月曜と火曜は横浜に泊りますチラチラ




また来年もよろしく!

「西播磨の牡蠣を喰らい尽くすライド」二日目です。






この日は「モーニング万葉岬観測隊」通称「モー万」に参加する為に早起きです。


20160228_044504.jpg


この季節、地元で走る時でもこんな時間には起きません。

モー万隊オソルベシ…



コースは2つ用意されていて、早めにスタートして遠回りして万葉岬に向かう鬼畜コースと、日の出に間に合う程度に起きて最短距離で万葉岬に向かうゴリ平(ゴリゴリ平坦)コース。



せっかくなのでだるま珈琲のマスターと一緒に走りたいと思い、鬼畜コースを選択しました。




まだ辺りが闇に包まれている時間帯なのに続々と集まるヘンタイさん達。
※私は語り部なので該当しません。


20160228_054316.jpg


「では」

そんな感じの言葉があったか無かったか、そんな感じにスルスルっと先頭切ってスタートしたマスター。



暗闇の中を地元走りするマスターの後を、前走者のライトを頼りに必死で追い掛けます。

朝イチからアゲアゲです。




視界の広がる道に出ると更にアゲアゲ。

逸れたら万葉岬に辿り着けないのでとにかく切れないように踏ん張ります。



しばらくすると現れた登り…



若い二人はクイクイ上がって行きます。


20160228_062354.jpg




そしてマスターは私達名古屋勢がラクしないようにキッチリ後ろで監視。


20160228_062411.jpg




この道は…過去2度ホド通ったコトがありますが、こんなにキツかったけかな?

というくらい追い立てられます。



はりまシーサイドロードに出てもその脚を休めるコトは一切許されず、アップダウンの続く道をゴリゴリ走らされて、



20160228_064334.jpg



ココに着いた時には既にヘロヘロのパー。




前回も似た様なコトを書いた気がしますが、万葉岬のキツさはその登りそのものに非ず。

ソコに至るまでの行程が何よりもキツイのです。
ちなみに帰り道もコレマタきついのです。




誰にも追い立てられない万葉岬の登りはマターリマターリ。





そして登った先で見た景色は…












20160228_065230.jpg

20160228_065304.jpg





ま~~~~た曇ってやがる\(^o^)/

何回登れば晴れるんだ?





我々が登った時には既にゴリ平コースの方々も到着していました。


20160228_065417.jpg






「お!朝陽が見えたぞ!」




その声と共にその方向に目を向けると…







20160228_065605.jpg




ビミョー\(^o^)/








すると前日から登り足りなくて仕方のないたかじんさんから、


「ダイちゃん、オカワリ行かない?」





\(^o^)/オーイエ






普段あまりこういう誘い方をしないたかじんさん。

逆に、こういう誘い方をするというコトはつまりは強制というコト。







ココ最近、たかじんさんは私のコトをナニした記事を書くブロガーと成していますが、実は逆なのですよ。

そのナニ記事ブログはコチラ
過去記事もちゃーんとチェック願います。ナニしまくりですから。








こうして強制的に万葉岬オカワリです。

まさか二日で4回も登るハメになるとは…
それでも4kmですが。





疲れ果てて皆さんの集まる場所に戻ると…





おお♪







20160228_071439.jpg



セーテン珈琲配給所がオープンしてる!




初めて西播磨を訪れてからこの1年、幾度となくこの地を訪れましたがついにこの珈琲をココで味わうコトが出来ました。


20160228_071538.jpg


サスガ強い漢は優しさも備えている!




セーテンさん、ありがとう!





セーテン珈琲を味わっていると太陽がイイ感じに。


20160228_072022.jpg


あくまでも先ほどよりは、ですが。





んん…?

アレ?



何か忘れているようなキガスル…








あ!


バイソンさんが居ねえ!






ハハーン、

まーた寝坊だな?




ヨシ!

コレでウチのデリさんの勝ちだ!

2km差で!


ディーさん、ブルマン&アイスクリームonトースト…

ゴチそうちゃんです♪







さて。

ホテルのチェックアウト時間も迫ってきましたので、ソロソロ下へ降りてホテルへ向かいましょう。



というトコロで、プロの下山スタイルを披露する方が!




20160228_072322.jpg



ずー・たにさんだ!



まるでヒルクライム大会のようなその準備の良さに、クライマーとしての脅威を感じます。
コレは相当登り慣れている…ゴクリ




そして案の定帰り道でたかじんさんにガリゴリされますが、昨日程の出力を維持出来ません。

そうです。
私のド貧脚は二日連続で使えるようなシロモノでは無いのです。

一日目でもどうしようも無いアレですけどね。




そしてホテルでシャワーを浴び軽く朝食を食べ、再び相生駅前へ。

私(とたかじんさんとデリさん。そしてmasaさん)はこのまま帰りますが、モノズキなヘンタイさん達はまだコレからも走り倒すようですので、そのお見送りです。

20160228_085847.jpg

愛知県勢も結構残ってますが…皆さんタフガイですな。





すると一人スットボケタ顔して佇む御仁が。






20160228_085151.jpg


O・N・I・さ・ん☆DA\(^o^)/


マサカのココで再会です。

しかもバイクは何故かガチ仕様。


何もかもイミフです。



いやホント、ちゃーんと事前に来ると仰っていただければ一緒に走りたかったのに…

まぁ前回たっぽり遊んでもらいましたから、今日はガマン出来ましたけどね。





モノズキヘンタイさん達をお見送りした後は、私と一緒に帰る御三方と共にだるま珈琲へ。

20160228_092647.jpg



ココで優雅に珈琲を愉しみながら、ドコに寄って帰るか打ち合わせです。

室津で牡蠣を試食しつつ買って帰るのは決まっていますが、何やら皆さんは大海老天丼が気になる様子。



住友さんの情報によると9:00から食べれるようなので、んじゃソレ食べてから室津に行きましょか、というコトにしましたが…





20160228_103433.jpg




騙された\(^o^)/



いや、まぁ…結局着いたのは10:30頃だったので問題ナシでしたけどね。




ソコで牡蠣クリームコロッケと、


20160228_104330.jpg




お目当ての大海老天丼を食べて、


20160228_105559.jpg






室津へGO!


20160228_112640.jpg





まずは何よりも先に牡蠣を試食します。


20160228_113600.jpg


買って帰るにも味を知らんとイカンですしのう。



その味を確かめる為にいくつかの水産会社を回りましたけどね。
あくまでも念の為です。



そうこうしているウチに、やたらムサ苦しいピチピチ集団が群れを成してやってきました。


20160228_113857.jpg


その姿はイナゴさながら!

室津の牡蠣を食らい尽くしペンペン草すら残さぬイキオイ!



その姿にただただ怯えて佇んでいると、ボスイナゴ住友さんから「いいのあるよ♪」と教えていただいたのがコチラ。


20160228_115239.jpg


牡蠣汁です。

何と牡蠣が3個入って100円(税込)という、缶コーヒーよりも安いお値段。

無くなり次第終了ってコトでピチピチ集団も並んでました。



ココで牡蠣を買って自分用のお土産を確保。
ウチの家族は牡蠣を食べんのですよ。
かろうじて長女は食べる程度です。


ちなみに「名古屋まで持って帰るのでヨロシクです♪」とお願いすると美人のお姉さまが殻付き牡蠣をサービスしてくださいました。

さては…今シーズン15kg以上お取り寄せした、カモネギ野郎上得意客のダイさんだと気付かれたかな?


来シーズンもお世話になりますね。

吉田水産さん♪






コレで今回の我々の旅はオシマイです。

若干の名残惜しさもありますが、今シーズンは4回ホド牡蠣を食べに来てますからね。

大満足です。




帰りの道中は、勝者であらせられるウチののデリさんにも充分おくつろぎいただき、


20160228_133011.jpg


無事帰郷。





最後に先程いただいた殻付き牡蠣をたかじんさん・デリさんと一緒に味わって、


20160228_164704.jpg


最後の最後まで牡蠣を楽しみました。

先程室津で美味しい焼き加減を見たばかりですので、ウマウマ焼き加減でパクリ♪











今回も住友輪業さんのおかげで予想外の大人数ライドと共に、今シーズン最後の牡蠣を存分に楽しむコトが出来ました。


本当にありがとうございました!




そして住友さんに案内役を押し付けられた地元の方々、ありがとうございました。




そしてそして、自転車乗りでは無いのに、彼氏が勝手に広げた大風呂敷の犠牲となり、貴重な休日を肉片タッタ一枚で潰すハメになってしまった家ネコさん



本当に本当にありがとうございました!




住友さんのコトは嫌いになっても我々自転車乗りのコトは嫌いにならないでください!



20160229_00.jpg



今回参加された皆様方においては、次に家ネコさんにお会いした時には美味しいモノを御馳走して差し上げましょう!
地元の美味しいモノをお土産に持って行ってもいいですね!
肉一枚では不憫で仕方ありませぬ。












西播磨の牡蠣よ…また食べ尽くしにやって来るから、

大きくなれよ♪











多分来シーズンも3~4回行くかもなので、同行をご希望の方はいつでもご連絡ください♪

シーズン関係無くても行きますけどね。
早速4月にも行きますし♪









※二日目走行データ

【走行距離】32.9km
【獲得標高】534m

【獲得牡蠣数】ソコソコ。更に大海老2本も獲得。












ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



Bダッシュ vs デリダンス

前回からの続きです。








だるま珈琲での休憩タイムを終え、


20160227_152023.jpg


決闘の場、万葉岬へと向かいます。




ウチのエースデリさんには脚を温存していただくべく、最後尾で万葉岬へと列車を走らせます。


20160227_163151.jpg



住友輪業さんは敵に塩を送るつもりなのか主催者の責任感からか、キッチリと列車の一員として走ってくれました。




予定時間通りに万葉の麓に到着しましたが、


20160227_163505.jpg


対戦相手はまだ来ていない様子。




ならば1本下見に登っておきましょう!とデリさんに提案。





「えー、そんなの勘弁してくださいよ~」





そんな言葉を少し期待してましたが、






「ですね」





\(^o^)/エ?







ムゥ…想定外のお返事…

意外と漲っているようですのう…



誘った手前仕方が無いので私もシブシブ登るコトに。




デリさんには住友さんがキッチリマークして脚を削りに…


20160227_163913.jpg


…ではなく、いろいろとアドバイスをしてくれている様子。
ウチのデリさんに。


相手は「モー万隊」の隊長ですしね。
下見&予備知識ゼロではハンデが大きすぎです。




しかし…何というか…




デリさん、

意外と速いぞ\(^o^)/(←失礼




ついて行くのが精一杯じゃないの。

コレは…モラタ♪




もうスグ雨神様がいらっしゃるとのコトなので、晴れているウチに記念撮影♪


20160227_164631.jpg


ちなみに、私は今まで4~5回万葉岬を訪れていますが、いまだに一度も快晴に恵まれていません。

翌日の天気予報もチョイビミョー。




ちなみにホテル万葉岬のラウンジでは、まるで観覧席のような佇まいでこの対戦を眺めるローディがイパーイ。

ツーリングの最中に、しかもこれからヒルクライム対決だというのに呑気に休憩とはケシカランですのう。




ボチボチ時間ですので再び麓へ戻ります。





しばらくするとクルマで颯爽と現れた男…



20160227_170328.jpg



臨時漕会のバイソンさんです。







そうです。

今回の対決とは、臨時漕会のバイソンさんとウチのデリさんとの、万葉岬ヒルクライム対決なのです。





去年の…いつだったかな…まぁいいや。

デリさんからバイソンさんに向けて「万葉岬で2km差でカツル!」という、1kmしかないコースなのに無駄に無謀な挑戦状を叩き付けたのです。

何故デリさんがバイソンさんに…?

理由は忘れましたが、きっと住友さんのワルノリでしょう。そうに決まってます。



そしてバイソンさんもその対決を快諾。

万葉のヌシとして逃げるワケにはイカンですしね。







そしてついにやってきたその瞬間。




スタート前、何故だか緊張感を醸し出しカッコつける二人。



20160227_170533.jpg



そして5~6人3万人ヒマ人観衆が見守る中、レーススタート!





スタート直後、その場に居た全員が誰一人予想を裏切られるコトも無く、完全な予想通りのバイソンさんによるBダッシュがサクレツ!

かつて私が見たBダッシュは5mで終了していましたが、最近減量に取り組み、今年に入ってタッタノ1ヵ月強で昨年1年間に登った万葉岬の回数を超えたバイソンさん。

ドレ程強くなっているかは未知数です。


ただ、このBダッシュは完全な想定内ですので、ウチのデリさんには事前に一定ペースを保つよう助言をさせていただきました。


しかし目の前でダッシュするバイソンさんを見て気持ちが焦ったのか、明らかにペースを上げて登って行きます。




二人がスタートしてスグに追走班もスタートです。

住友さんとディーさんは動画を撮っている様子。




私にはそんな余裕が無いので、必死に二人を追いますが…




「意外と速い…?」




たかじんさんがそう仰るのもムリもありません。




第一コーナーを抜けて前を見ても二人の姿が見えません

コリャ追いつけるかどうかもワカランぞ…




そして2つ目のコーナーを抜け少し登ったトコロに…






20160227_171044.jpg







あ、イタ\(^o^)/





Bダッシュがかなり効いたようです。

ココは勾配がキツいですからね…誰が見ても無謀です。


更にはクルマでココまで来てアップ無しですからね。




ソレを差し引いても遥か前を行くデリさん。


ダンシングを駆使してクイクイ登って行きます。




たかじんさんは追い掛けて行きましたが、結構な距離がありましたので私は諦めました。

追い付くには相当無理しなければならなかったからです。



ソレ程ウチのデリさんは速かった。






PBを更新したバイソンさんに大きな差をつけての勝利です。


ウチのデリさんの勝利、です♪





しかし2km差はムリだったようで…

続きは翌日のモー万で!





住友さんのワルノリで実現したこの対決ですが、実際に闘った二人は決してフザケるコトなく、今出せるチカラを出し切っていました。

まさに名勝負

頑張る姿というのは見てて清々しく気持ちいいのです。

いい刺激をいただきました。




最後に万葉対決の記念撮影をして、


20160229_01.jpg
(撮影:ココにも駆り出されていた家ネコさん)


メデタシメデタシ♪





…と思いきや!





ココから相生駅に戻る道で、最後の最後で脚を削られるという事案が発生!


下り基調とはいえ、ソレなりのアップダウンもある道をゴリゴリ走らされ、一緒に走る人の脚をゴリゴリ削るその人とは!




ええ、ご想像の通り、





たかじんさんです\(^o^)/







万葉岬はその登りよりも、往復の行程の方がキツイという珍事。









最後の最後で疲れ果てた後は、各々汗を流したりお着替えしたりして、再び相生駅前に全員(宿泊組)集合です。


20160227_185709.jpg


「お肉食べますか?お酒飲みますか?」

と選択肢がありましたが、全員がお肉を選択。


お肉食べてから呑みに行った方もいらっしゃるのかな?




というコトでいつものドルフィンで


20160227_194809.jpg


いつものお肉をいただきます。



gottuさんに300gを勧めといて自分は260gを食べたのは、胃がイッパイイッパイだったからです。








バッチリ補給を済ませた後は、明日のモー万に備えて戦士達は休息を…









※一日目走行データ

【走行距離】77.8km
【獲得標高】1,115m

【獲得牡蠣数】とにかくイッパイ








二日目につづく。










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター