FC2ブログ

Team 『Crazy Train R』発足します

昨年、路さんが作って下さったオリジナルジャージ「Crazy Train」。

一部の方には誤解を与えてしまったようですが、決してチームというワケではありませんでした

ただカッチョイイジャージが欲しくて作っていただき、いつも一緒に走る人たちで購入した…そんな感じです。





しかしこの度満を持してチーム発足宣言をするコトと致しました!




…で?って感じでしょうけども。







我々はこの春より、二之瀬&いなべ周回コースを練習コースとしていますが、ココを拠点としたチームになっちゃおう的な感じです。

私を含め既に一緒に練習している方々にとってはコレからも何ら変わりませんが、強いて言えば今後はレースにエントリーする際にチーム名として「Crazy Train」を入れるかな?って感じです。





そしてチーム員は積極的に募集をしてドンドン増やそうという趣旨はありませんが、下記に我々の活動内容的なモノを述べさせていただきますので、興味を持たれた方は当ブログにコメントいただけますと幸いです。

オリジナルジャージも既に作っていますし、コレから新調する予定もありますが、不特定多数の方にジャージをご購入いただくようなコトは一切考えておりません。

一緒に練習していく中で、「買ってあげてもいいよ」と思えばお作りする…そんなスタンスです。
いわゆる「チームジャージ」的扱いですね。





では「Crazy Train」ってナニするチームなの?



レース志向の人達で一緒に練習するチームです。
このチームでのツーリングやグルメライドは一切ナシ
(但し個別にそういうコトはしてますので、練習ライド以外でお互いツーリングをするのはモチロン自由です)

練習場所はホームコースのみ。
ソレ以外の場所は今のトコロ考えていません。
そして休憩は自販機のみ。
…というより自販機しか無いのですよ。


以上です。





至ってシンプルなチームで、週末に集まって一緒にゴリゴリ練習しませんか?って感じですね。

現在一緒に走っている方々は定期的にレースに参戦していますし、日々ローラーなどのトレーニングもしています。

なので、同様の志向の方じゃないと多分何の面白味も無い集まりかと思いますが、(我々のレベルから逸脱していなければ)ソコソコの練習にはなると思います。





新調を予定しているジャージデザインはコチラ。


NewCTRジャージ①

NewCTRジャージ②

ウーン、イカス!



前回はウェイブワンの「レジェフィット」で作りましたが、レース用に作るので今回は「レジェフィットプロ」で作ります。

既に最低必要着数は揃っているのでいつでも作れますが、私の個人的諸事情と一緒に走る方が増えたら…と思い、一旦は止まっています。






そしてニューアイテムも。


ソレがコチラ。



CTRワンピース②

イカス!


ワンピースですね。

コチラは着数の関係でバレットにて。
即欲しい!というガマンが出来ない3人の希望により既に製作が始まっております。







最後に現在のメンバーをご紹介。


路さん
気を失うまで踏めるイカレクライマー
ジャージ製作も担って下さっています。
主にヒルクライム班。

たかじんさん
チョー早朝から走り出すイカレライダー
クライマー寄りのオールラウンダ―と私は見てますが、ご本人の認識は一体…
違うチームにも所属されているので、コチラはサブ的な感じ?
ヒルクライム・エンデューロ班。

syuさん
今年の某ヒルクライムレースで年代別優勝し、他のレースでも表彰台に乗りまくるホドのマジイカレクライマー
軽量厨です。ストイックです。
ランもナニする方です。
主にヒルクライム班。

みっちゃま
チームの紅一点で孤高の存在。路さんの奥様。
チーム練にはほぼ参加しないので、みっちゃま目当てで来ても残念な結果になりますよ。
ナニ班かは…気分によるので明記不可。

(一応)オル兄
練習には一切参加しません。関東住まいなので。
縁故枠です。というよりジャージを気に入って着てるダケな感じ。
年1回の鈴鹿アタック120のみ一緒にレースを走るヤツ。
地元のレースも走らんかい。

私(ダイズ)
チーム唯一の良心
最もマトモでイカレメンバーのイカレライド抑止に全精力を注ぐ。
ヒルクライム大嫌い、クリテ・エンデューロ班。
当ブログを介してのチーム広報的なコトも。




以上6名です。

週末に一緒に練習するのは常に3~4名です。

メンズは全員40代のナイスミドル。
みっちゃまは…極秘です。






で、オマイラの実力はどうなのよ?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが…

ソレばっかりは一緒に走っていただくしかありません。




※参考までに、
syuさんは今年参戦したヒルクライムレース全てで表彰台(だったハズ)というチョーツワモノ。
本日開催された某ヒルクライムレースでも見事表彰台!

私はC5ですが今まで参戦した平田クリテでは入賞率100%(ドヤ C5ですが
エンデューロ系レースは…可もなく不可もなくですが。

そんな感じです。




まずは、ご興味があればご一緒していただき、いい練習になる!と思えば次もご参加いただければ、という感じのスタンスで結構です。

人と人なので合う合わないもあるでしょうし。
じっくり一緒に練習出来る方がいいですし。







あと、申し訳ございませんが20歳以上の社会人の方に限らせていただきます。
男女は不問です。

我々に堅苦しいルールはありませんが、それ故に各々が責任を持った行動が出来るコトが最低条件です。
交通ルールやマナーを守るコトは当たり前。

「集団走行」「トレイン走行」的な練習はする予定もありません。
チーム揃ってレースを走るコトが考えにくいからです。

ただ、今までソロライドがメインで複数でのライド経験が少ない方は、その旨お申し出下さい。
ソレを踏まえて練習します。









興味を持たれた方、ご質問などなど、お気軽にコメント下さい。
テレ屋さんな方は鍵コメでも結構ですよ。

レースに出てみたいけど不安…という方もお待ちしてます。
お教えする…というよりは、我々が持っている情報や経験を共有出来れば、と思います。


練習ライドに参加希望の方がいらっしゃれば、当ブログで日時を告知させていただきます。
飛び入り参加は基本的には受付ません。


また、当然ですがチームに入ったからといって練習参加に強制力は一切ございません。
自由参加です。

「今日はツーリングがしたいな」「今日はドコかでポタポタしたいな」など、私もそんな日がありますし、そういう時はお誘いを断っていただいて結構です。

誰かが誘った時に、時間と気持ちが合えば一緒に練習する…そんなスタンスです。







ソコのアナタ!

私の脚をバキバキにしちゃってください!








SHOROsレース部こーさん、タマには遊びに来てくださいね。
待ってますよ♪











ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






今出来ることを

「休息日」

自転車乗りは「休足日」や「休脚日」とも使う(人もいる)。




疲れた状態で回しても狙った出力が出せずにトレーニングの意味を損なう…と聞いたコトもある。

休むのもトレーニング…と。



オーバーワークは身体を壊すばかりか、トレーニング効果を薄め…るドコロか、逆効果という話も。





では「オーバーワーク」って何だ?





たかだか100kmソコソコを走った程度で翌日休まなければイカンほどの脚力は、翌日休むコトなどせずソコを乗り越えて鍛えるべきなのではないか?

といっても脚がツライのも事実。

そのツラさを押し殺してトレーニングをして激しく後悔したコトもある。
あらゆる意味で。


そういうコトをやらかすと、やっぱり休みは大事だと思う。

何度か繰り返すコトで「この疲労度なら何とかなる」というのも何となく分かってくる。

ちなみにガーミンを520Jに変えてから、ライド後必ず「リカバリータイム」なるものが表示されるが、ソレを守っていたら休んでばっかりな気がするのでモロ無視コイている。



ナニが言いたいかというと、その「今日は休もう」は建設的な発想からなのか、それとも単に気持ちが入らないからなのか、というコト。



ローラーも実走(練習)も、当然ツライもの。

そのツラさは目的意識によってかなり薄れるが、日によってはどうしてもソレを上回るホドの怠慢を発揮する日もある。



実走練習あれば、仲間がいれば集合時間を決めた手前どうしても行かねばならないので、どれだけ腰が重くても走り出せる。

そういう意味でも練習仲間というのは本当にありがたい。



問題は日々の練習だ。


ライド疲れ以外にも仕事疲れや精神的な疲労は必ず発生する。

個人的には、ローラーで汗をかいても決してストレスなど発散出来ない。
ストレスを抱えた状態では、むしろ集中力を欠き、余計にストレスが溜まる。



要は、「今日はどうしようかな」という日が必ずやってくるのだ。
一定の頻度で。



しかし最近、その「どうしようかな」の捉え方を変えてみた。




実走練習翌日のように、脚が極度に疲労している状態(ケア不足ともいえるが)で、トレーニングをすると明らかな後悔をするような日は「どうしようかな」などとも思わない。

即断で「休む」だ。

ちなみに回復走も含む。
回復したいなら回さず大人しく休め、という理論を推す男を知っているが。



「どうしようかな」と悩むというコトは、身体的コンディション視点では「出来る」というコトなのだ。


ならばやる以外の選択肢は無い。

そう捉えるコトにした。

そうすると途端に気が楽になる。


「悩む」は「出来る」と同義。

そう考えれば「やるかどうか悩む」という、極めて無駄な思考を省くことが出来る。



こうして身体的・時間的…要は物理的理由以外で「無駄に」休むコトを極力無くすようにした。








昔見たサザエさん(漫画)のギャグで、ダイエット(だったと思う)をしようとしたサザエさんが「明日から頑張る」と書かれた紙を柱に貼って、自らを鼓舞するというものがあった。

毎日ソレを見ては「明日から」頑張るという決意をするので、永遠に頑張らないというものだ。



「どうしようかな」思った時に(今日出来るにも関わらず)「明日から」「来週は」「次から」頑張ろうという発想をする人間に、「明日」も「次」も決して来ない。

決して「今」から逃げてはならないのだ。

今出来るコトは今やる。
そして明日やるを明日やる。

当たり前のコトではあるが、ソレが難しい。




…なんてコトをSTRAVAで書いていたら何となく記事にしたくなってしまったので、書いてしまった。

STRAVAは日々の記録と共に、その日その時に思い浮かんだコトを、誰に遠慮するコトなく本心のまま言葉を並べている。
ブログは当然言葉を選ぶし読者の皆様に読んでいただこうと、(自分なりに)面白さを出そうとする。
しかしSTRAVAはそんな色付けは殆ど無い。
本音そのままだ。

ありがたいコトに何名かの方々とはSTRAVAでも繋がっているが、本音丸出しのタワゴトを見て不快な思いをされていなければいいが。




そしてそのSTRAVAのおかげで、「明日やればいいか」という発想からも容易に抜け出せる。
お互いに練習をサボっていないか監視しているかのように、だからだ。

季節の変わり目など、体調を崩して練習出来ない日々が続いても誰も心配などしない。
むしろ「コソ練してるな?」という発想だ。

彼らはソレほどまでに練習が日常なのだ。

愛すべきヘンタイ達だ。










若い頃は「問題断固先送り」的発想が先に立っていた私だが、それなりの経験を積み会社では部下を指導する立場にもなり、また親となることで、「今」を大切に考えるようになってきた。

但しソレは「今が楽しければいい」という、若い頃に陥っていた刹那的考え方では決して無い。
「明日」の為の「今」を大切にするのだ。










「今出来るコト」をせずに後悔はしたくないという考え方から、私はその日に「食べたい」と思ったラーメンは必ずその日のうちに食べに行く。
定休日ではない限り。


以前、本当に大好きだったラーメン屋が閉店すると聞いた時に、最後の二週間で6回食べに行った。

そのラーメン屋は10年通っていて、ソコ以外のラーメンは決して食べないホド好きだった。


多い時は週4回行った。
裏メニューを出してもらうホドの常連にもなった。


しかし晩年、月に2回しか行かない日々が続いた。
決して味に飽きたワケでもなく、他のラーメン店に浮気したワケでもない。
多少の生活の変化などから足が遠のいたのだ。

幸い、閉店すると聞いたのは閉店の3ヵ月ホド前だったので、思う存分食べ倒して終わるコトが出来たが、通う頻度が下がった年月を後悔した。





それ以来、食べてみたいラーメンを見つけたら即行くコトにしている。


その日食べたラーメンは、数日前にローラーを回しながら見ていた名古屋ローカルTVで紹介された店で、歴史ある有名店だそうだが1回も行ったコトが無かった。

「歴史ある」というコトは、(失礼な言い方だが)いつ終わってもおかしくない、というコトでもある。




というコトで食べにいったラーメンは本当に美味しかった。

20160628_121747.jpg

20160628_121921.jpg

恐らく今後も行くことになるだろう。


食べずに後悔することが無くなり、ホッとした。

いや、食べていなければ味を知らないまま終わるので、「食べずに後悔」というコトは考えにくい。
むしろ味を知ってしまったコトで、件のラーメン店と同じ後悔を繰り返すかもしれない。

…と考えると何とも面白い。










とどのつまり、私が本記事で述べたいコトとは…





ソレは…









私はとにかくラーメンが大好きだというコトだ。






そんなお話し。











ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






自転車は…キ○イだ!

6月某日。


いつもの二之瀬&いなべSP練。


メンバーはコレマタいつもの路さん&syuさん。

最近たかじんさんが都合が合わずチトさみしい。


SP練はその性質上、一緒に走る人数が増えると強度が上がる。

「お互いに空気抵抗を分担して順番に前を牽く」という概念ならば人数が多い方がラクかもしれないが、SP錬はお得意のポイントでガリゴリアゲアゲぶっコクというモノなので、人数が増えると各々のSPタイムが増えてより強度が上がるという嬉しい練習なのです。

オススメですよ♪





この日も梅雨の中休みというLuckyDay。

20160626_063249.jpg

つい前日の夜まで雨降ってたんですけどね。




でも二之瀬方面を見ると、

20160626_063253.jpg

チトアヤシイ。




しかしこの日は雨かもしれない…というコトで少し遅めの集合。

「雨かもしれない」のに数日前から集合が決まっていたのは理由があります。



ソレはコレ。


20160626_065414.jpg


まだ内緒。
なら出すんじゃねえ

勿体ぶるモノでもないんですが、近日中にアレをナニしたいと思っておりますのでその時にでも。

別に大したアレじゃないんですけどね。
殆どの方にとっては「ふ~ん」的なお話し。

ま、ブログなんてのは大半はそんなモンですけど。
多くのブログが一方的に好きなコト書いてるダケですからね。

ソレでも読んで下さる方がいらっしゃるというのはホントにありがたいコトです。






この日はアホチャレもしないしホイールもいつものバレットですので、いつも通りの練習な感じで。


クライマーのお二人を二之瀬麓までお連れするのが私の最初のお仕事。

20160626_074933.jpg


アホチャレはしませんが、何となく最初ダケ目一杯牽こうかなと、気合を入れて緩斜面区間を頑張りますが即終了。



「もうチョット頑張ってくださいよ」




実は結構頑張って実は結構ギリギリまで牽いたのに、syuさんにとっては全く頑張っているようには見えなかったという悲劇。

キビシーですな。




妙に脚が張っているのでこの日の二之瀬はボチボチモード。

一応練習ライドなので坂嫌いなりには頑張りますけどね。



ボチボチ登っていると一人のローディさんにパスされます。


私にとっては絶望的な速度差。

しかも明らかに登る人っぽい体型。




…許す。

容認だな。






そして更にボチボチ登っていると、もう一人の方にパスされます。


速度差は微妙。

体型は…



むむ!



全然クライマーっぽくない!





…仕返しの対象だな。

容認はしない。





私をパスしたトコロで気が抜けたのか、明らかに数m先でタレたご様子。

というコトで即ツキイチをキープ!





嫌がらせのように♪


抜いた相手にツキイチ決められるのって精神的にキツイですからね





抜くかどうか悩みましたが仕返しが怖いのでそのままツキイチで走り続けます。




そして斜度がキツくなるポイントでその方が少しアゲ始めたので、コレにもツキイチ決めたらサスガにイヤらしいなと脚を緩めます。
キツかったですし。


しかしまたスグ脚が緩むその方。

結構ギリギリまで攻めていらっしゃったご様子です。



でも緩んだのであれば遠慮なくイヤガラセツキイチを再発動♪



最後のコーナーを超えてゴール手前の緩斜面に備えて気持ちを入れつつツキイチをキープ。

その方のアゲ方次第でどう出るか決める感じで。




そしてゴール前の緩斜面にやってきましたが、その方は本当にギリギリまで攻めていらっしゃったようで、最後のスプリントを掛ける余力も残っていなかったご様子。



というコトで途中で抜かされたクセに勝ち誇るかのようにチギらせていただきました。







という遊びを勝手に楽しみつつ登っていたら、キツイ二之瀬もソレなりに楽しめました。


「登りのアシスト」の必要性には常々疑問を抱いておりましたが、何となく分かった気がします。

勝手にツキイチしてたダケですが。





そしてスンゲー待ちくたびれた様子のsyuさんとはココでお別れ。
今日は時間制限でいなべはナシだそうで。

おかげで強度が下がってラク出来るワイ



路さんが待つUNCOでイップク。

20160626_083835.jpg

間違えてゼロコーラ買ってしもた。
赤の方が断然ウマいのに。





この日の路さんのいなべ周回に懸ける情熱は先週以上でした。
イイ迷惑です


先週syuさんにゴリ牽きされてPBをブッチギられたのがアレだったのか、1周で出し切るレベルのTTをご所望。

おかげさまでコースインして即アゲアゲ。

でもまだスタート位置前なので何とか説得して少しサゲサゲ。




計測スタート地点は下り基調スタートなので、まずは私のお仕事。

チカラ一杯フミフミ。

いつもよりスピードのノリが悪い気がしつつも、マジで頑張ってフミフミ。




そして登り基調に変わるトコで先頭交代。

斜度のキツいトコではお待たせしてしまいホント申し訳ないんですが、緩い登り基調ではキッチリをツキイチキープ。



そして本気の路さんは先週よりも明らかに速いスピードでグイグイ牽いて逝きます。

恐らく…先週ブチ抜かれたGMの速度に近いレベルで。



2~3%の登りでもツキイチの恩恵をモロに感じれる速度で走る路さん。



仮想鈴鹿シケインポイントの、生ポークの薫り漂う斜度がキツいポイントを過ぎたトコロでサスガに苦しそうな様子。

私はツキイチを決めていたので少し余裕があり、僭越ながら前を交代するコトに。



登り基調で私が遠慮などしてはイカンので、結局そのまま最後までチカラ一杯フミフミして計測ポイントを通過。



ラップボタンを押していれば速報タイムが見れたんですが、帰ってSTRAVA見てのお楽しみってコトでこの場ではタイムは不明。

しかし手応えはアリ。



その後はタレ気味で最低ノルマ周回を走り、第2UNCO赤コーラ休憩。

20160626_102211.jpg

カエル付き。



コレで無事帰れるぞ。

そういや最近カエルポイント方面走ってないな。







それにしてのこの日の二之瀬は大盛況でしたね。

梅雨の中休みの日曜日でしたので、ココぞとばかりに皆さん登っていらっしゃったご様子。


ソレ以上にいつもよりローディを多く見かけたのが、いなべ周回コース

今年はココを練習コースにしているので何度か通っていますが、今年一番の数でしたね。

TOJ効果ですかね。



あるいは当ブログの効果でしょうな\(^o^)/





TOJといえば、今度美濃コース走ってみたいな。

ヨシ。
美濃のマムシさんに連絡しよっと。

こーさんも一緒にクリテ練☆DA!






帰りは裏二之瀬を、ある愚痴を路さんに聞いてもらいつつマターリ登って、いつものように帰りの平坦もレース終盤を想定するかのようなゴリゴリ仕掛け合いで走り切って、


20160626_115042.jpg


今度こそザバスを飲んで終了。

先週は間違えてただの牛乳買っちゃいましたからね。

…そもそもコレが効いてるかどうかは不明です。

ま、気持ちですよ気持ち。







で、結局いなべ周回のタイムはというと…






見事1分以上のPB更新!

syuさんのタイムも抜きましたよ!





この強度を少しずつ伸ばせるようにしないとイカンな。

今度からはPBを狙いつつも、次周以降もタレ過ぎずに走り続ける練習が必要ですな。


ってクチでは簡単に言えますけどね…実際はチョーキツいぜよ…









しかし…



前週にレースピ履いて叩き出したPBを、バレット履いて1分以上更新…






私は以前より「自転車は機材だ」という信念を抱いておりましたが、詰まるトコやっぱり…













自転車は気合だ!





あとプラシーボ。









【走行距離】98.7km
【獲得標高】1,346m


最近100km以上走ってないな。
暑いし仕方ないかな。








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村








夏の一日

今朝は5時起きで練習ライドに行こうと思いましたが、マサカの8時起き。

ソロライド予定でしたので誰かに迷惑を掛けるコトが無かったのがせめてもの救い。

前日まで会社の棚卸作業がありましたので、完全にお疲れモードの週末です。



この時間になると外は既に結構な暑さで、もはや自転車に乗る気など一切ナシ。

せめてローラーだけでもと、ローラー部屋で自転車の準備をしているとまるでサウナのような暑さです。



完全に全てのヤル気を失い、んじゃ子供とプールに行こうと思いましたが、プチトラブルによりソレも無しに。




というコトで妻と次女と共に、某ショッピングセンターのサマーセールをナニしに行くコトになりました。




ソコの近くには田んぼアート的なモノがあるので、娘をそそのかして見物用の高台へGO。

以前仕事中に見つけたんですが、スーツ着たオッサンが一人で佇んでいると、ストレスに悩んだ哀愁漂うアレに見えちゃいそうなのでスルーしたのです。



協賛企業名が連なっていますが、建設系の会社が多いせいか、明らかな現場の足場感漂う展望台でしたが、おかげさまで珍しいモノが見れましたよ。

20160703_135806.jpg




どうやらそのサマーセールは今週からのようで、スンゲー渋滞をくぐり抜けてようやく辿り着き、アレやコレやとお買い物。

買った数の10倍くらいのお店を回っていますけどね。



そしてその帰り際に見た風景がナカナカのアレでした。

20160703_164226.jpg

ナニかが降り立つ瞬間か、ナニかが吸い込まれる瞬間か…



ただ、この後はチョー夕立…ドコロかゲリラ豪雨並のモノスゴイ雨は降臨しましたよ。




そしてその雨上がり。

その雨が温まった地面を冷やし、ホンの少しだけ涼しくなった空気が漂う中を歩いて近くの氷屋さんへ。

20160703_203355.jpg

今時珍しい、サスガ下町という佇まいの氷屋さんです。

夏ダケの限定商売のお店です。




このお店は氷メニューもイロイロありますし、アイスもソフトクリームもあります。

20160703_202509.jpg

ソコソコのお値段がするカキ氷は、口溶けが滑らかでとても美味しいですよ。




いつも私が選ぶのはコチラ。

20160703_201925.jpg

3分の1くらい食べちゃいましたが。


色が付いていないので分かりにくいですが、「氷レモン」です。

色が黄色いダケの、名だけの氷レモンと違って、透明のレモンシロップは爽やかな甘さの中にシッカリとしたレモンの味がする、お店のオバちゃんもオススメも逸品。


ココの氷屋さんはノスタルジックな雰囲気が漂い、いつも近所の方で賑わうお店。

夏の間にウチへ遊びに来る方がいらっしゃれば、必ずご案内しますよ。



今日は梅酒ゼリーもいただきましたが、コレまたチョー美味しい。

次は氷梅酒にしよう。

アルコールはほぼ入っていないとのコトなので、お酒が苦手な私でも美味しくいただけました。








そんな夏の一日。







自転車のコトを一切しない週末というのも随分久しぶり。

朝食後に即お昼寝までしちゃいましたからね。







でもココは自転車ブログなので自転車に関するコトもちゃーんと書きますよ。












ツール・ド・フランスが始まりましたね!










オワリ。













ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





ギョムセンのすゝめ

夏だ!

暑いぞ!

熱中症だ!!






…というコトで。

今回はギョムセンのお話しです。












私のリサーチによりますと、ロードバイク乗りの約9割週3回以上ローラーを回すという調査結果が出ております。

事実、私の周りには毎日毎日毎日毎日回す方、やたら早朝からハァハァする方、何なら日に2回やっちゃう方などなど、いわゆるローライダー(ローラーを回すライダーの意)ばっかし。

でもって週末は週末でゴリゴリするからタチが悪い。





私はというと極々気が向いた時に軽く汗を流す程度のナニをホンの短時間アレする程度ですけどね。





毎日のジテツウでハァハァしちゃう方も多数いらっしゃるようですが、今回はあくまでもローライダーさん向けのお話し。







実はそのギョムセン、以前よりたかじんさんからはオススメしてもらってたんですが、ウチにはカテセンが5機ありますので、その上に更にギョムセンを買い足すとなると…サスガに…という感じでした。


そして最近、路さんギョムセンをナニされた様子で、かなりチョーシイイとのコト。





そもそも、私は去年の夏もカテセンで過ごし切りましたし、意味の無い暑さ対策と言い聞かせて今年もカテセンで過ごす予定でした。






しかし…






とある週。




チョット気が向いちゃったので、ソレなりにローライダーしちゃったワケなんですが…






ムゥ…

出力が維持出来ん…






そして何より…







メニューがやり切れん!




やたら心拍が上がるのです。




その前の週末に路さんとsyuさんにナニされちゃったから、とも言えますが、とにかくダメダメなのです。





そして私はある仮説を立てました。











暑さのせいじゃないのかな?








私のローラー部屋(オル兄宿泊部屋でもある)は空調など一切ナシ!

カテセン1機のみ。


角部屋なので東と南に窓があり、当然全開カマしてますが極めて風の通り難い見た目重視のシャレ乙(自分比)なカーテン的なモノが邪魔をして、風は殆ど抜けません。


ローラー音と私のセクシー息遣いは外に丸聞こえらしいですけどね。

娘に言われましたから。








そんな私のローラー部屋。

名古屋に遠征しに来られる際は、是非お泊りされてはいかが?

私の血と汗と、各種油的なアレが畳に染み込んでいますよ♪

ヨダレも。






という話はどうでもいいんですが。













要は、真夏はサウナさながら。
真夏じゃなくてもサウナさながら。

何なら真冬以外常にムンムン。

尋常ではない汗が流れ落ちます。







そして最近、私の使っていたカテセンがついに壊れてしまったのです。


20160623_115630.jpg


一応使えますけどね。

でもクビが折れるとローラー以外のナニをアレする時に、動かすたびに面倒なのです。




カテセンなら我が家にあと4機ありますが、全て用途がシッカリと決まっておりますので移動は不可なのです。

私は異常に暑がりなのです。







というコトで、通販よりも店頭販売を好む私は即ホムセンへGOします。





そして即ギョムセンを購入&設置!


20160623_121429.jpg
※ローラー部屋はカオスなのでドアップで。


ファン径45cmのイカスヤツ!






三脚タイプもありますが、以前ある現場で使ってた三脚タイプのギョムセンが、脚が脆弱でアレでしたので据置型を。






早速チョイキツメニューでギョムセンをお試し!








モチロン、


チョー快適♪


パワーが全然違う!


昨日出来なかったメニューが出来ちゃう!




「弱」でも全然イケそうですが、何となく「中」を選択。

「強」にしないのはイザという時用に残しておきたいからです。

一体ナニが「イザ」なのか、そして残しておく意味があるかどうかはアレですけどね。







それにしても…


何故今までカッコつけてカテセンで過ごしてたのか…というレベルの快適さ。









まぁ…



歴戦のローライダーの皆様方からすればアタリマエというかイマサラなお話しでしょうけども…





コレからの季節、

・日焼けがイヤだ!
・とにかく暑いのがイヤだ!
・早起きが苦手だ!
・夜走るなんてもっとイヤだ!
・雨の中も走りたくねえ!

などの理由からローライダーを目指す方がいらっしゃれば、是非ともギョムセンの導入をオススメします。







是非、一家に一台!









【用語解説】
・ギョムセン=業務用扇風機
・カテセン=家庭用扇風機
・ホムセン=ホーム用扇風機ホームセンター











ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村









プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR