心の回復走de白馬へ

*******************************

【お知らせ】

少し前にこのような記事を書きまして。

初心者女性限定ライド(サポート付き)を開催しようというアレです。

ココ最近涼しくなってきましたし、自転車ヤル気になってる方もいらっしゃるかも?というコトで再掲載です。

ごく若干名の方からコメントをいただいておりますが、開催するとしても正直微妙な人数になりそうな感じ…


しかしめうさんが同じようなコトを画策されているとかいないとか。

んじゃ琵琶湖あたりで一緒にやるのもいいんじゃないかな?と勝手に考えてみたり別にオレじゃなくてもいいんじゃね?と思ってみたり
元々は岐阜の山や川を楽しもうと思ってたんですけどね。


その辺も含めてご意見などいただけますと幸いです。
※出来ればコチラの記事へコメント下さい。

10月第三週までほぼ全週末予定が埋まっておりますので、いずれにしてもソレ以降の開催です。

なのでもうしばらくコメントお待ちしてますので、よろしくお願いします。


*******************************







では本編。










夏休み二日目。

我ら兄弟にしては珍しく二日連続でのライド。


それにはチョットした事情がありました。




実はもう1回の夏休みライドは乗鞍エコーラインへ行く予定だったのです。

とある合宿ライドの下見の為に。



しかしただ乗鞍を登って帰るのもツマラン…



ってコトでついでに上高地も行けないかな?と画策したのです。

今まで一度も訪れたコトが無いので、いつかは行ってみたかったんですよね。




問題は上高地へ至る道の過酷さ

坂がキツイとかそういう次元ではなく、国道はトンネルだらけで路肩は狭い。
しかもクルマはビンビン。

なのでソコは是非とも避けたいトコロ。


乗鞍から白骨温泉を抜けて国道に出ても、ソコソコあの酷道を通らねばなりません。



どうにかならんかな…

そう思い地図をシゲシゲ眺めていると、白骨温泉から安房峠へと続く道が。


しかしその道は去年の秋訪れた時には閉鎖されていました。




ってコトで観光協会で電話してイロイロ聞くコトに。





釜トンネルって自転車で走ってもいいですか?


「え?ええ…バスセンターまでは自転車も通行可ですが、トンネルは狭いですし結構な登りが続くので、結構大変ですよ…」


と、明らかに通らない方がイイよというニュアンスのお返事。






白骨温泉から安房峠に続く道があると思いますが、アレは通れますか?

「え?あの林道のコトですか?アレはかなり前から閉鎖してますよ」






ハイ、上高地ヤメた\(^o^)/






でもヤッパリ上高地は行きたいから…


オレらは先に家を出て乗鞍を登る。
  ↓
少し遅れて出発した家族と上高地行きのバス乗り場で合流。
  ↓
家族みんなでシャトルバスに乗って上高地へ。



コレで行くか!





…となりかけましたが。

基本的に私とオル兄はチョー短気。しかも激情型。


ウマく合流出来ないと私とオル兄がチョー不機嫌になるのがイヤ、というコトで双方の奥様からNGを出されちゃいました。




んじゃ乗鞍は諦めて、上高地を思う存分楽しもうというコトになり、ライドは別のトコロへ行くコトに。

というコトで、今回の夏休みライド用に用意してあった白馬ルートを半分ホドに短縮して走るコトにしたのです。


心の回復走の為に。


前日の聖高原ライドは脚的には大して疲労してませんでしたが、リゾート感というか高原っぽさが激ウス&猛暑にやられて疲労感タッポリでしたので、ソレを埋めるライドというワケです。




ちなみに。

上高地の様子はまた改めて記事にしますが、ココは半端に自転車で行くよりもバスで行って、現地をタッポリ歩く方がイイです!

最高の景色でした♪











と、長い前フリはココまでにして当日のお話し。









距離はかなり短いので朝はワリとゆっくり。

というより、錦織選手(テニス:オリンピック)の試合が熱くて熱くて終わるまで家を出れなかったダケですが。





この日のトランポ地は

20160813_075649.jpg

「道の駅 ぽかぽかランド美麻」


温泉が併設されているので、ライド後即サパーリという算段です。
夏場はコレが大事。


早朝にも関わらずチョイチョイクルマがやって来ますので、恐らく朝市的なナニカがあるのでしょう。

最近リニューアルされたばかりのようですし。




この日は回復走というコトで完全に気が抜けてましたね。

20160813_080842.jpg

20160813_082024.jpg



ボトル忘れちった\(^o^)/

しかも二人とも。




途中で寄ったコンビニで気付いたんですが、ソコは既に家を出て30分ホド経過した地点。

もうサッパリ戻る気にはなれず、ボトルケージにぴったりハマるというコトでボトル忘れ自転車乗りに好評のポカリ900mlボトルを搭載。

私は命の水をベルクロで固定してサドルに括り付けたボトルケージにON。



この日は二人ともお気に入りのバッハジャージでしたが、

20160813_082209.jpg

お揃いのオリジナルジャージまで着てペットボトル差して走ると言う妙…




この日はある目的の為、ワザワザチョーマイナーな山道を走ります。

20160813_082524.jpg

無論登り。

いきなり登り。

回復走のハズなのに登り。

でも心の回復走なので勘弁しちゃる。




登ってスグ、イイ歳コイたオサーンがラヂコンで…

20160813_082708.jpg

遊んでるかと思ったら、田んぼにクスリ?を撒いていました。

ハイテクですな。




10%以上の登りが続き、時折15%を超えるこの道。

20160813_083938.jpg

写真では分かりづらいですけどね。


ソレが約3km。

多度山クラスのキツさ。


ちなみにこの峠、ワタクシSTRAVAでは第3位でしたよ。

道間違えましたし、途中でラヂコン見たり目に汗入って痛くて止まってましたが。



チャレンジ人数13名のチョーマイナー峠ですけどね。

普通に登ったらKOM獲れるかな?






途中、熊笹生い茂る森の奥からガサガサ音が聞こえてチョーコエエ





キツくてコワい思いまでしてココを登った理由がコチラ。


20160813_085422.jpg


この道の頂上付近のスキー場から、青木湖が一望出来るのです。

白馬のどこかのスキー場からもナニかの池が一望出来たし、ココよりイイ景色だった覚えがあるけども



先程茂みからガサガサ音がしてたので、長居は無用とトットと出発…

20160813_085540.jpg

しようとしたらエンドキャップがねぇ。


足元を探しても見つからないので、きっとクルマから降ろす時に外れたのでしょう。





キツい登りの後は勿論キツい下り。


下りが得意なハズのオル兄が遅れ気味。

どした?と聞くと、最近下りで落車して以来若干ビビってるのだとか。

私も下りは慎重過ぎるくらいに下る派なので、ゆっくりなのはむしろ歓迎。
今まではいつもチギられてましたからね。無理に追いませんが。




青木湖畔の道路に出るとかなりイイ感じの道が続いています。

20160813_090104.jpg


ココでは数名のローディの方とスレ違いました。

前日の聖高原とはエライ違いだ。



少し走ればスグに森の中。

20160813_090248.jpg




青木湖はとても深い湖のようで、しかも急に深くなっているので湖岸は崖が多いのです。

しかしそのおかげで深緑というか青緑というか…とにかく水がイイ感じ。

20160813_090422.jpg



思わずカッチョつけて、

20160813_090649.jpg

写真を撮っちゃうってモンです。




湖岸の木漏れ日が差す涼しい道を、

20160813_091512.jpg


半周ホドマターリマターリ。

20160813_091515.jpg



コレはコレでとても気持ちイイんですが、我々が求めたのは高原っぽさ。

なので更に先へと進みます。




少し大きい通りに出て下った先で視界が開けます。


20160813_092431.jpg


20160813_092542.jpg



コレコレ♪

高原リゾートっぽい♪
というより白馬っぽい♪





しばらく平坦路が続いて気持ちよかったので、オル兄をチギるつもりコソーリアゲてみましたが、




「平坦では諦めろや」




ち…バレてたか。

しかし結構本気でアゲたので余裕でツキイチ決めよるワイ。

やっぱり150km以上走った上でアップダウン続く道へ誘い込み、登り区間で一気に疲労させないとチギれんようだの…








でもこの日は回復走。

そんな遊びはソコソコにして白馬ツーリングを楽しみます。








つづく。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

そして今度はオッサンに

前回からのつづきです。






兄弟仲良くクマをシバいた後、工事中の道を迂回して元通りのルートへ復帰。



下り基調の道を調子よく進んでいると、


20160812_111606.jpg


いつの間にかイイ景色の中を走っていました。





右手に広がる大きな田んぼ…

とても走りやすい道…



そしてクッソ暑い熱風サワヤカな風の中を颯爽を走る我ら兄弟。






まーたルート外れとる\(^o^)/






ってコトでテケトーな道を

20160812_111907.jpg

エッチラオッチラ登りルート上へ復帰。






すると先程まで走っていたイイ景色を、一望出来る場所に出るコトに成功。

20160812_113951.jpg

田んぼの右側にある道がその道ですね。





そしてココでようやく我々が道を間違えてるコトに気付きました。



本来このように

20160812_300002.jpg

走るハズだった道を、




間違えて

20160812_300003.jpg

このように。


気付いた時には右上の場所に居たのです。
何ならもうゴール間近



「もうこのまま帰って明日ガッツリ走ってもいいぞ」



と兄は言いますが、ヤツの性格上ソレは絶対にあり得ません。
多分朝起きないし、長めのルート引くと「昨日走って疲れたし」とか言いかねん。



というコトで、

20160812_300004.jpg

テケトーな道で棚田へ向かうコトにしました。



私は棚田とか千枚田が好きなのです。




ココから姨捨の町までは脇目も振らずゴリゴリゴリゴリ。
暑いし腹も減ったしノドも渇いたしでブログネタを探すゆとりもナシ。



食事もブログネタにもならないようなお店でトットと食べて、コンビニでドリンク補給を済ませ、姨捨の棚田へと向かいます。





しかし…


時間にして正午過ぎ…




一日の中で最も暑そうな時間帯に町中へ降り、ソコから棚田を走る(=登る)という過酷な選択をした我々。

ココから一気に消耗します。





消耗を最小限にしつつゆっくりゆっくり登り、

20160812_131449.jpg

棚田(入口)へ到着。


にしても暑い。





当然景色の良さそうなトコロへと向かいますが、

20160812_131756.jpg

当然登り。

トコロドコロ15%くらいあります。



なので休み休み、

20160812_131939.jpg

写真を撮りながら進みます。



立ちコギオンリーで登り続けて、

20160812_132138.jpg

ようやくソレっぽいトコへ。


20160812_132149.jpg



ウーン…

冬の雪景色の方が良かったな。



しかしココ姨捨の棚田は「日本三大車窓」の一つだとか。

電車で訪れるのが吉かもですね。





ちなみに棚田の入口で

20160812_131431.jpg

カッコつけてた兄は、



私が棚田の中をヘロヘロ登ってる間、

20160812_132455.jpg

日陰で休むというフヌケップリ。

そういや以前も自分でルート引いたクセに山一つスルーしやがったしな。




なのにこの後の登りでは何故か無駄パンチを打ち込んできやがる始末。

この暑さでかなり消耗しちゃいました。マジで。



その先にあった展望台で即休憩です。

20160812_134737.jpg



ココでガマン出来ずに残りのドリンクはガブ飲みするわ水はジャブジャブかけちゃうわで、ダブルボトル(×2)は既に終了寸前に。



まだしばらく登るのに。

20160812_141858.jpg





ホンキでドリンク不足と暑さにやられつつ熊笹生い茂る森の中を走っていると、




ガササササ…





オイ…

マジか…





しかし。





ヨーク耳を済ませるとラヂヲの音が聞こえてきます。






ウム。

(多分)オッサンが作業してたんでしょう。




以前裏二之瀬に現れたキレッキレオジサンも腰にラヂヲぶら下げてましたしね。
オッサンはラヂヲと共にある。







そろそろマジでバーヤイだぜ…という頃に、文字通りオアシスが!

20160812_142814.jpg

聖湖です。

我々にとってもまさに聖なる湖。




とりあえず熱望してた赤コーラ

20160812_142946.jpg

ガブ飲みです。



更には

20160812_143853.jpg

冷コーも。



更に更にアクエリを水を補給。

20160812_143416.jpg


自販機最高!




この湖はイロイロな釣りが楽しめるようで、釣り客が結構来てましたね。

真昼間なのに釣れるかどうかは知りませんが。



この暑さなので、

20160812_143700.jpg

サスガにボートはガラガラ。



バス釣りも出来るようですが、思ったホド兄が喰い付かなかったのは暑さのせいか単に雰囲気がソソられなかったのか…




この日唯一と言っていい、観光地っぽい写真を撮り、

20160812_144544.jpg

20160812_144611.jpg


元気になったトコロでもう少し登ります。

20160812_145040.jpg

20160812_151623.jpg





途中、我々を抜いて行ったトラックが、妙にコッチを見ながら走り去って行きます。

何か文句でもあんのか?と思いつつ走っていると、少し行った先でクルマから降りて立ってるじゃありませんか!



しかもナニやら我々に話しかけてきます。




やれんのか!オイ!

と、心の中でアントニオばりの啖呵を切りつつそのオッサンに向かって行くと、





「チョット話聞かせてもらっていいかね?」





いや、登りで立ち止りたくねえし暑いしメンドクセーし早く帰りてーし。
断る。

ワシらはソコまで社交的では無い。





すると今度はクルマで並走して話しかけてきます。

20160812_162040.jpg

しつけーなオイ。




「アンタら、ドコから来たの?」


ホントは名古屋と埼玉ですが、メンドクセーし半分事実なので「地元です」とお答えしました。




すると

「いや、この辺を自転車で走ってる人を見るのが珍しくてね。私はココの地元なんだが、町の為に何か出来ないかと思って、何かのヒントになればとオタクらに話を聞きたかったんじゃよ」



今月開催される聖高原の自転車イベント、私も詳しくは知らんけど「第4回」ですぞ。
ホントに地元か?

とはハッキリ言えませんでしたが、一応自転車イベントがココであって、この道はそのコースですよ、とはお伝えしたら走り去って行きました。


まぁ確かに、あえてココを走らずとも他にいい山はいっぱいありますからね。
珍しいのは間違いないでしょう。

事実、ローディとは全く会いませんでしたし。



いずれにしてもローディが増えたトコロで自販機の売上くらいしか伸びませんよ。
雪が積もったら現れないし。






最後の峠を越えたら残りはほぼ下りなので、ココまで来ればもうラクチン。


気付けば結構な時間になってましたが、余裕が生まれたので

20160812_161132.jpg

20160812_161115.jpg

写真を撮りながらマターリマターリ。




最後のスプリント勝負も交通量を鑑みて自重したので、平和なゴールとなりました。

いずれにしても平坦ではヤツをチギれませんのでね。





結局、本来はこのようなルートを

20160812_300000.jpg

走るつもりが、




道を間違えたり工事中だったりで、

20160812_300005.jpg

このように。



でも何故か走行距離と獲得標高は概ね予定通り。





走れなかった道がどれホドの道なのかは分かりませんが、このルートはグランフォンドじゃなきゃキツイですね。



エイドが欲しい\(^o^)/



コンビニは無いし自販機も壊滅的に少ないです。

ま、信州の山中はいつもそうですが。



サイトを見ると、去年は100kmでしたがキツ過ぎるという声が多く70kmソコソコに短縮したようですし。

8月の開催ですから、信州とはいえ暑さで消耗も激しいのでしょう。








というのが今年の信州での夏休み1日目。


残り2日間もシッカリ楽しみますよ。








【走行距離】105.8km
【獲得標高】2,464m

やっぱりオレは暑さに弱い…かも。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






ある日森の中クマさんに

明日(8/28)は「wiggle信州聖高原グランフォンド」というイベントが開催されるのですが、ご存じですか?




今年の夏休みはいつものように長野へ帰省しましたが、いい加減自走圏内では走りに行くトコ無くなってしまいましてね。


んじゃトランポありきで行くトコ考えようか、というコトでいくつかの候補を挙げたトコロ、兄からOKが出たのがそのイベントのコースなのです。



イベントのコースは70kmソコソコですが、イベントスタート地点はどうもクルマ止めたらダメっぽい…

なので「道の駅 信州新町」にクルマを失礼させていただいて、帰りにジンギスカン食って帰ろう、というコトに。





オチから先に申し上げますと、そのイベントのコースは走破出来ませんでした。






道、間違えましてね\(^o^)/







今回走ろうとしたコースがコチラ。

20160812_300000.jpg

イベントサイトから丸パクリしつつ、スタート地点を変更。
ついでに姨捨の棚田も見ようと、寄り道もしてますけどね。



問題は中心付近の

20160812_300001.jpg

ココ。




本来はこのコースを

20160812_300002.jpg

8の字に回るんですけどね…











というコトで当日の朝。





gdgdブラザーズと名高い我々ですが、頑張って起きました。
オリンピックで寝不足でしたけども。



天気はチョーバッチリ。

20160812_060750.jpg

というより灼熱の予感。


この時期の信州(北信)は夜になれば鈴虫が鳴くホドで、夜はエアコン無しで寝れる…というよりむしろ窓開けて寝ると少し肌寒いくらいなんですが、さすがに昼間は暑い暑い。

聖高原は初めてですのでどれ程の気温か分かりませんが、さほど標高は高くないのできっと暑いハズ…





帰省ライドでは初めてのトランポなので、特に私のココ最近のアレな近況を愚痴りながら兄弟仲良く会話しながら、

20160812_072447.jpg

あっという間にトランポ地へ到着。




この日のバイクはこの信州ライドで最後となった、

20160812_072504.jpg

完全体DQN仕様のコレ。
信州=山岳ライドですからね。

しかし改めて見るとスローピングきつすぎてMTBみてーだな




私がバイクを撮っていると必ずといっていいホド、


「オレのバイクも撮れや」



そういって必ず自分も写り込む自分大好きな兄。

20160812_072543.jpg




今回注目すべきはココ!

20160812_071325.jpg





サスガ(縁故枠とはいえ)Crazy Trainの一員やで!

ヤツもついにパワーメーターを導入したのです!

今まで心拍計すら付けてなかった野郎が、です。


コレに伴い心拍計も導入してましたよ。


しかもアレだけ嫌いだったローラーまで回している様子。
ミノウラのハイブリットローラー貰えねーじゃねーか



どうやら今年の鈴鹿アタック120で、過去最速のタイムで走っていたにも関わらず私にラップされた(その後スグにDNF)のがマジでムカついたらしく、数日後には購入していたようなのです。

パワーメーターは装着するダケで速くなる機材(実証済み)ですから、この先油断はなりませんよ…


この日は暑いので無駄パンチ封印協定結んでいましたけどね。
無駄でしたが。





とにかくマターリと走る我々。

スタートして1~2kmでスグに撮影ストップ。

20160812_074937.jpg




そしてスグ始まる登り。

20160812_075805.jpg


登り。

20160812_075815.jpg


登り。

20160812_081420.jpg



7~8km登りましたかね。

チョー絶激坂は無いのでボチボチ登れましたが。


気温もまだ上がってないので、

20160812_090051.jpg

ソッチもまだキツくないのです。



山の雰囲気もイイ感じ。

20160812_091757.jpg

一本山の中に入るとドコも似たような景色ですけどね




ツールドフランスが終わって間もないコトもあり、

20160812_093352.jpg

ヒマワリには思わず反応します。


あと休みたいので。







ガーミンのナビ通りにボチボチ走りつつ、山の中だし道なりでいいかな?なーんてナニも考えず走っていると、どうもルートから外れたぽい。

二人とも520Jを使っているのでガーミン上では線があるのみ。


ですので一旦止まってスマホで現在地を確認しつつルートを確認してると…






ガルルルルルルル…






え?

マジで?


茂みの奥から明らかな獣声が聞こえます。




一応兄に報告。


何か聞こえたぞオイ。





「フーン」


「てか道分かったんか?」





慎重派の兄が意に介さないならまぁいいかと思い、再びスマホに目をやる私と兄。






ガルルルルルルル…






「今のは聞こえた!」

「ヤベー!逃げろ!」






即バイクの向きを変え二人揃って猛ダッシュ!

推定1500Wで心拍200の猛ダッシュ!




てかオレの言うコト聞けや\(^o^)/








結局声のヌシが何だったのかは分かりません。

森のクマさんなのか野犬なのかイノシシなのか…それとも農作業中の地元民なのか…


分かった時には時既に遅しかもしれませんのでね。






「やっぱりバックポケットに仕込み警棒挿しといた方がいいな」






そんなんで敵うワケねーだろ\(^o^)/










無事謎の獣から逃げたあとは、暑さも増してきたので次の自販機見つけたら止まろうというコトに。

というより、山の中は何にも無いコトが想像されますので、自販機毎に止まろうというコトに。
命の水をマメに補給しないとイカンですし。


GWに走った山の中では、春にも関わらず水が尽きかけてエライ目コキましたからね。




というコトで、30kmホド走ったトコロで見つけたオアシスで即停車。

20160812_100349.jpg



ホントは赤コーラが良かったんですが、とにかくコーラが飲みたいと

20160812_100209.jpg

若干迷いながらも購入。
まだソコまで消耗してないのでペットボトルはチト多過ぎだったんですけどね。

しかもコレ、炭酸がキツ過ぎなので軽く振りながら飲みました。




すると数十m先に…

20160812_101305.jpg



しかも日陰付き\(^o^)/







なんてこったパンナコッタ









ちなみにこの時点で既にコースミス。

このトコは全く気付いていませんでしたけどね。



この分岐に差し掛かった時、

20160812_300001.jpg

ルート上走ってるのにやたらガーミンが左曲がれ言うので、きっとその時間違えていたのでしょう。

私はチカラ技で無視してやりましたけどね。


曲がれ曲がれウルセーので一旦ナビ終了して再ロードしてやりましたよ。





そして次に現れたのは「この先工事中」の看板。



お盆で工事も休みだろうし、多少のアレなら通れるでしょってコトで、コレもチカラ技で無視コイて意地でもルート通りに進みます。


既に間違ってるとも知らずに。




ズンズン下ってこのままイイチョーシで行きたいのう…なーんて話しながら走っていると、

20160812_103624.jpg



走れねーヤツじゃねーか\(^o^)/

しかも現場稼働中。




散々下った道を戻ります。





そしてコレが迂回路か?という道を入って、


20160812_105452.jpg




またまた下った先は…





20160812_105703.jpg



絵に描いたような行き止まり\(^o^)/





またまた登り返して大きめの通りに出ると、ソコにあった「迂回路」の看板。

先程の自販機同様、目先のナニに捉われ過ぎな我ら兄弟。





そして看板がもう一つ。






「クマ出没注意」



(ナニカの)生声聞いたワシらにコワいモンはねーぜ!







というコトで私は右ストレートをオミマイ。

20160812_110700.jpg





兄に至っては、


20160812_110724.jpg


首相撲からの膝蹴り。

脚攣ってるようにしか見えんけどな。









この先の道はマジで出そうな雰囲気でしたので、スプリント態勢を維持しながら進みます。








つづく。








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





明日はいつものコースde軽めの練習します

明日(8月27日土曜日)、



クレール平田 5時半発にていつものコース(二之瀬⇔いなべ周回)走ります。



今のトコロ私と久々参加のたかじんさんの2名のみです。

たかじんさんは最近諸事情で実走出来ておらず、走力が云々カンヌン仰ってますがそんなの関係ねえので、一応ボチボチな感じで走る予定です。

いなべ周回もMAXでも3周ホドだと思います。




急なご案内なのでコメント無しでのご参加でも構いませんが、時間になったら(私が寝坊しない限り)出発します。

コメントいただければ心の準備が出来るのでありがたいです。
(朝早いので今晩はトットと寝ますので返信は出来ないかもしれませんが)




それではまた明日♪





ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


S-WORKS VENGE 初期インプレ(ドマーネ比較)

先日組み上げた(路さんが)私のS-WORKS VENGE

20160820_223910.jpg



いなべ周回を回ってないので登り基調や下り基調、ソコソコの距離をアゲて走る実践的インプレはまだ書けませんが、二之瀬とソコに至るまでの平坦を走った感想をば。


2014モデルVENGEのインプレを今更聞いてもどうなのよ?という声が聞こえなくもないですが、要するにジコマンなのでいいんです。




最初に断りしておきますが、独断と偏見に満ち溢れたインプレですのであしからず。





比較対象は奇しくも同年2014モデルのTREK DOMANE6

20150614_111059.jpg

P1ですが多分H2。
当時H1が選べたかどうかは知りません。私が買ったワケではありませんので。


サイズは共に54






VENGEは言わずと知れたピュアレーシングバイク
エアロフレームなので平坦寄りの仕様。

DOMANEは言わずと知れたピュアツーリングバイク
スパルタクスさんがレースで使ってましたが、H1だし他にもイロイロアレしてそうですしそもそも専用っぽいですし、アレは別物でしょう。









まずは見た目。







比べるまでもねえ\(^o^)/






VENGEはメーカーによる洗練されたデザインとカラーリング。
片や素人が気紛れで考えたカラーリング。

そして空力をナニしたエアロデザイン。



VENGEの圧勝です。

ま、この辺は好みでしょうけどね。


でもこのDOMANEをカッコいいと言った自転車乗りには合ったコトがありません
コレを乗った1年半余り、結構な数の方とお会いしましたけどね。
たかじんさんには「似合うよね」とは言われましたが、半笑いでしたので褒められてはいません。

あ、富士ヒルの時に山頂で「このイーダサなバイクはもしかしてダイズさんですか?」とお声掛けいただきましたので、特徴的であるのは間違いありません。
でもあの時は恥ずかしいのとレース後で興奮してて、思わず「いいえ私はKTMです。」と名乗ってしまってサーセンでした。









そして問題の乗り味。





サドルに乗って最初に思ったのは腰高感。

そもそもDOMANEは低いBBハイトとロングホイールベースが特徴のバイクですからね。


私の手コキによる実測値ですが、

BB高(バイクスタンド使用時)はVENGEが285mmでDOMANEが270mm
ちなみにホイールベースはVENGEが970mmでDOMANEが1020mm


たった15mmの差ですが、明らかな高さを感じます。

コレはコーナーの倒し込みも安心ですな。


あ、当然ですがサドル高は一緒にしてますよ。






そして軽く乗った印象ですが、



私は軽量マニアでも計測マニアでもありませんので、このバイクが何kgでDOMANEが何kgとか全く興味ありません

手に持った感じでは決して軽いとは思えませんけどね。


某ショップで持たせてもらったキャノンデールEVOの軽さがインパクト強過ぎて、コレをフレーム単体で持っても軽さを全然感じませんでしたし。




しかしながら、バイクに跨って踏み込んだ感じはむしろ軽さを感じるのです。

いや…コレが剛性か。



踏んだチカラが前へ進むチカラへ変換される伝達率が、圧倒的に高いのです。

ダンシングして一踏み目の前進力も段違い。

コレはプラシーボではなく、確実に体感出来ます。
DOMANE乗りなら。

DOMANEはかなりモッサリしてますからね。



チョットした平地巡航も、DOMANEにおける27~8km/hくらいの感覚で回してるのに、31~2km/h出てます。

エアロフレームとはいえこの速度域でそこまでの差を生むとは思えませんので、コレはクランクを伸ばした効果もあるのかな?
あるいはプラシーボ





ダンシングでバイクを振った時も明らかな違いがあります。

同じハンドル幅なのでソレの影響は無いんですが、バイクを振ると明らかに軽い。
ストレス無くサクサク左右に振れます。

BBからフロントハブまでの距離も30mm違いますが、ソレも影響するのかな?
写真で比べると明らかにDOMANEのフォークは寝てますよね。



DOMANEは直進安定性を高める為にロングホイールベースにしてるのでしょうが、決してこのVENGEが安定性に欠けてるとは思いません。
というより、違いを感じません。

40~45km/hで少し巡航しましたがソレでも違いは感じませんでしたね。

腰高感はありますが、決して不安定感はありません。




と、ココまでは概ね想像通り。

というか希望通り。




剛性の高さを感じるコトが出来て大満足♪






個人的にサプライズな違いはコーナーリングでした。

ソコに違いを求めてなかった(というより忘れてた)ので、コーナーを曲がった時には驚きました。





バイクの倒し込みが明らかに軽く、そして立ち上がりも明らかに早いのです。

要はコーナーが遥かにラクなのです。





以前、初めてバレットを履いた時、その直線番長ップリにコーナーは怖さすら感じましたが、ココ最近は慣れてきてたんですよね。

でもレーゼロに履き換えたら明らかに違いを感じますけどね。



しかしこのVENGEはそのバレットでもサクっと曲がれるのです。

コレは嬉しい誤算。
いや、元々計算に入れてないので「誤算」ではないな。







ココまではいいトコばかり書きましたが、DOMANEよりも劣る点も当然あります。


ソレはご想像の通り、衝撃吸収性です。

明らかに突き上げ感アップです。
DOMANEのISOはダテではありません。


しかしながら、乗り心地など一切求めておりませんので全然問題ナシなのです。
むしろ、思ったより乗り心地がいいと思ったホド。

もっとガンガン突き上げると思ってましたが、さすがはカーボン。
CAAD10のように直腸に直撃するような突き上げ感はありません。








あとはパーツ類の感想を少々。





まずはサドル。
S-WORKSのPOWERを装着してます。

長距離を乗ってませんので、長時間乗るとツーケーの痛みがナニするかもですが、50kmソコソコではナニも感じません。


ただ、前傾は明らかにラクですね。
コカンにヤサシイ。

短いサドルなので極端な前乗りは出来ませんが。
私は前乗りを多用しないので、少々ズラせれば問題ナシです。


着座位置がほぼ固定っぽいのでサドル位置がシビアっぽいイメージがありましたが、細かいコトは気にしない私はワリとスパっと位置がキマりました。

ペダリングに合わせて多少なら位置もズラせますし、見た目のみで買いましたが今のトコロ満足してます。
特に見た目は。






そしてハンドル。


DOMANEにはボントレガーのナントカってハンドルが装着されてますが、実は私はコレには不満がありました。

下ハンの落差が少な過ぎるのです。



コレの下ハンは休憩用か?と思えるホド、落差の少ないハンドル。
ツーリング用ハンドルですね、コレは。

ブラケットのツノ握った方が前傾がラクなホドでした。




しかしこのAEROFLYは充分な落差がありますので、下ハン握っての前傾が遥かにラクなのです。

コレはエンデューロなどではかなりイイ感じかもですね。

次のいなべ周回練で試すのが楽しみです。








というコトで、最初に乗った感想は、




とにかく大満足!

一切の不満はナシです。





この型のVENGEは身近に乗ってる方が居なかったので、ちゃんと見たコトも当然乗ったコトも無く、実はチョット不安だったんですよね。

ドン&ゴンが全然感じられなかったらどうしよう?
DOMANEとの違いを感じられなかったらどうしよう?
フレームサイズが合わなくてポジション出なかったらどうしよう?



杞憂でしたね。




最高のマシンです♪











ついでに自転車選びについて思うコトを少し。





私が今まで耳にした中で一番多いのは、「軽いバイクが欲しい」というお話し。
ホイールもそうですね。

理由を聞くと十中八九「登りがラクになるから」。




でも、軽いバイクを乗っても決して登りはラクになりませんよ。

速くなるダケで、ラクにはならんのです。


ヒルクライムが速い人はラクして登ってるワケではありません。

タイムを縮める為に軽くしてるダケであって、苦しさは皆一緒。


その苦しさから逃げるように「軽いバイク」を欲しがる人は、多分ナニ買っても一緒。
軽いバイク買ったのにラクに登れん!とかは言わないでしょうけども。



ナニが言いたいかと申しますと、「ロードバイクは軽さが正義」的なトコロはあるのは否定しませんが、趣味で乗る以上自分の好きなコトを伸ばせるバイクを選んだ方が幸せになれると思いますよってコトです。




そういう意味で、私にとってのVENGEが(今のトコロ)最適解で、DOMANEは的外れなバイクなのです。

しかしこのDQNドマーネのオーナーにとっては、速さは求めないので乗り心地のイイバイクが欲しい!という欲求を満たす最適解バイクなのです。
きっとVENGEを乗らせたら不満の方が多いでしょう。疲れますから。



1台目のバイクを買うにあたっては自分の好みを探すコトは極めて困難かもしれませんが、漠然と次のバイクが欲しいとお思いの方は、ご自身の志向(嗜好)をシッカリと把握してからご購入するコトをオススメします。


志向を掴むのもナカナカ難しいかもしれませんけどね。
私がもしCAAD10しか乗ってなかったら、ココまでハッキリと欲しいモノを求めれなかったかもしれません。
良いバイクなんですがVENGEとDOMANEの中間的バイクで、悪く言えば特徴の無いバイクなんですよね。

そういう意味ではDOMANEには感謝しております。
見た目はアレですが。



バイク選びにおいて見た目の好みや所有欲を満たすというのも、ソレのみで満足が得られるならソレもその方の志向なので、個人的にはアリだと思いますよ。














最後にVENGEに乗り換えたコトによるデメリットを。






キズやヨゴレが付かないか心配で心配で\(^o^)/








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





コソ練詐欺

【コソ練】

自転車に乗るような雰囲気を醸し出しはするものの、道の駅あるいはそれに準ずる場所にてパンを食べたりしてgdgdして帰るコト。


(参考文献:「それでも強く生きて行く」)










ある暑い日のコト。



エージェントNK3からの連絡を受け、ウワサのコソ練に参加させていただくコトとなりました。


コソ練の主催者はモチロンこーさんです。



今まで何度も何度も何度も何度も何度も何度もコソ練への参加を希望し、こーさんに直接懇願するも露骨にイヤな顔をされつつ拒否され続けていましたが、さすがのエージェントNK3です。




ちなみに。

こーさんにウチのチーム練へご参加いただくようお誘いしましたが、露骨にイヤな顔を(ry






というコトで、いつ以来だろう?というくらい久しぶりブリに、


20160807_061426.jpg


名古屋二大聖地の一つ「雨沢峠」へ向かうべく、「道の駅 瀬戸しなの」へ。




以前もいつかの記事で書いたコトがあるかもしれませんが、「雨沢峠」というキーワードで当ブログに辿り着いたであろうお方がチョイチョイいらっしゃいます。

しかし…今までまともに登ったコトがあるのは…恐らく3~4回。

TTに至ってはマジなのは1回しか記憶にありません。


なのに何故…?という感じです。









この日ご一緒いただくのは、こーさんとエージェントNK3、そして山Pさん。

こーさんと山Pさんは男の自走です。
この暑さの中…オニやで。


トランポでココまで来ているにも関わらず既に暑さでナニな私(と恐らくなかさんも)の脳裏には、自走で疲れちゃったからパン食ってマターリというコソ練イズムがサクレツするものと期待しておりましたが、



「んじゃ行こうか」



という迷いのないこーさんのお言葉。




ソコへ至る道は下り基調ですので、全くアップが出来ないまま、


20160807_064954.jpg


雨沢スタート地点へ到着。






バス停で止まるとSTRAVAではちゃんとしたタイムが残らないので、信号の辺りからレッツGO。

久々の雨沢なのでちゃんと走りますよ。



最初の緩斜面区間は「30km/h以下で走るのはダメダメの証拠」というウワサを、ある確かな情報筋から仕入れていましたので31~2km/hで走ります。


しかし…


全然脚が回らん!




アップ無しで凸したとはいえ、暑さでナニしてるとはいえ、妙に脚がパンパンだったとはいえ、とにかく回らんのです。


心拍もスグに上がっちゃってヘロヘロのパー。

即諦めモードです。




こーさんは自走で来てる上に前日も追い込んでたそうで、今回はマターリモード。

山Pさんはクライマーよろしくトットと視界から消えております。


そして意外だったのは(失礼)なかさん。


コソ練(パン食べる方の)に期待していたハズなので、雨沢はマターリ登るのかと思いきや、妙にグイグイ登って行きます。

チラチラ視界に入ったかと思えばスグに消えるその後ろ姿…




登りをアゲてくなかさん





ガッカリだ\(^o^)/










結局ベストとは程遠いタイムで


20160807_071602.jpg


ヘコヘコ登頂。




そういやベスト出した時って平均心拍180だったからな…
機材プラシーボもあったし。

ヒルクライムで追い込むというコトを完全にヤメタ私には、登りの記録更新はこの先永遠にムリでしょう。
この夏また体重増えたし。





この先の過酷なコースを知るこーさんは、


20160807_071606.jpg


完全脚溜めモードでマターリ登頂です。

コースディレクターのアドバンテージとはいえ、あまりにもセコイ狡猾な手口。
完全に私をシバキにキテます。





「狛犬の近くのマルKで休憩ね」





というコトで以前の記憶を頼りに走りますが…




こんなに遠かったけかな?


休憩までが遠い…




しかも平坦が殆ど無くイヤらしいくらいに続くアップダウン。

完全に重量級殺しのルートです。



下り基調が少し続く道に出るとこーさんがアゲ出したので、コリャ休憩ポイントが近いな?と思いイイトコ見せようと思って前に出たらまだまだ先だわこーさんは即脚溜めモードに切り替えるわで散々な目に。

その後何とか山Pさんへブリッジ掛けましたが、何故か登りで更にアゲる始末。

トットと千切れましたよ。




ヘロヘロになった頃にようやく狛犬をナニして、

20160807_074514.jpg



マルKQKです。

20160807_075017.jpg






そしてこの後も続く登り…


20160807_083609.jpg





登り…


20160807_090658.jpg




暑くて登るのでホンキでキッツいのです。




ホンの少しダケ下って、

20160807_092550.jpg

またQK。

投入豆乳します。


このウィルキンソンコーラは失敗コキました。
そもそもカロリーもナトリウムもナニかもゼロなので夏のライドの助けには全くなりませぬ。
単なるゲップの元ですな。



「ココからは戻るダケだよ」



スタートした時点でゴールへは戻るのが普通なので、その言葉の真意がサッパリ分かりませんでしたが、要はゴールまでもう少しでもうキツイ登りは無いと理解しました。




20160807_101538.jpg

20160807_102222.jpg

20160807_102734.jpg

20160807_103254.jpg





6kmくらい登ってましたけどね\(^o^)/



「戻る」じゃなくて「登る」じゃないっすか。






マジヘロヘロになりながら瀬戸しなのへ戻ってきましたが、

20160807_114352.jpg

山Pさんはまだ足りないらしく三国山をナニしたいと仰ってましたよ。


自走で来てるのに。




無論全力で却下して、コンビニ裏手にある食堂?で

20160807_121534.jpg

意外と(失礼)美味しくてシャレたカレーを食べてこの日は解散。






コソ練の定義を覆された上に重量級殺しのコースを引いてくださったこーさん、今度はちゃんと準備して臨みますので、



またよろしくお願いします!

リベンジするぜよ。


あ、お願いするのはエージェントNK3に、だったワイ。




ウチのチーム練にも是非!








【走行距離】72.9km
【獲得標高】1,378m

もしかして…オレは暑さが苦手なのか…?






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



S-WORKS VENGE始動!

組み上がりましたよ!

私のS-WORKS VENGEが!


20160820_223910.jpg


タッタノ一晩で!


路さんが組んだんですけどね!




ホントにありがとうございました!









ホイールが全然合っとらんという意見は受付けませんよ。





本人が一番分かっとる\(^o^)/






ソレを差っ引いてもカッコエエなオイ!









全てのパーツが揃った日に、即路さんに連絡をしましたが日程が全然合わなかったのは先日の記事の通り。

んじゃショップにお願いしようかなと思いましたが、10日間ホドかかると言われましてね。
まぁソレくらいが普通なんですけども。

1週間ならギリガマンしたトコロですが、村一番の短気と言われる私にはその+3日間が耐えれんのです。




そしてオソルオソル再度路さんに打診をば…





「ホンキ出したら一晩で組んじゃうよ♪」






マジすかお願いします(即答







というコトでローラーをお休みして路さんちへレッツ郷ひろみ



いくつかの打ち合わせをして私の愛機を預けてその日は帰宅。





一晩明けて翌朝。



1471648095837.jpg



あとはサドルとかホイールをナニして最終調整するダケじゃーん!







というコトで!





仕事をバックレて再び路さんちへレッツ郷ミノル


諸々調整したりコラムぶった切ったりガン見されながらバーテープ巻いたりみっちゃま珈琲入れてもらったり組んでもらった上に何故かお昼御飯をご馳走になったり




「んじゃあとは仕上げておくね♪」



というお言葉に甘えて仕事に戻る前にショップに寄って小物買い足したり。






そして夕方に画像が送られてきました。


1471678244875.jpg


ウッヒョー!

ホイールが合ってねえカッコいい~!






というコトでまたまた路さんちへ行ってバイクをお引き取り。






そして自宅でシゲシゲ。





このブッ太いBB周り…

20160820_223956.jpg


エロいぜ…





そしてこのエアロなシートチューブ…

20160820_224035.jpg


イカスぜ…





ダウンチューブに燦然と輝く、

20160820_224109.jpg


S-WORKSの文字…


いや、「S-WORKS」なのでアタリマエなんですけどね。





そしてシートチューブに燦然と輝く、

20160820_224121.jpg


VENGEの文字…


いや、「VENGE」なのでアタリマエなんですけどね。






翌朝は4時半起きでライドなのに結局12時過ぎまで2時間余り眺めてましたよ。


まさにウキウキウォッチング♪







クッソ暑い自転車部屋でシゲシゲ眺めていると、珍しく妻がやって来てニューバイクを眺めてます。



すると、

「なんか椅子が太いね」



ホゥ…サスガ自転車乗りの妻だな。

このS-WORKS POWERの特徴的なサドルに最初に目が行くとは…





「椅子の棒が太いじゃん」






そっちか\(^o^)/


見たまんまじゃねーか。




一応空気抵抗を云々で前から見ると薄いんだぜとは説明しときましたけどね。

勝手にやって来て説明すると興味が無いという…



何しに来やがったんだマジでオレの悦タイムを邪魔しやがって








というコトで早速乗ってきましたよ!


20160821_091146.jpg






インプレはまた別の記事でアレします。


とりあえずマジでイイ!とダケ申し上げておきます♪









どなたかコレに合うディープリムホイール(カーボンチューブラー)


格安でお譲りくださいm(__)m


バレットのステッカー剥がすかのう…少しは軽くなるし。





ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




ワンピースが完成しました

先日の金曜日の夜。

ナウい言葉を借りればいわゆる花金


チョットした所用によりウチのチームのクライマー&デザイナー&メカニックを担当する路さんのお宅へお邪魔してきました。



その時にメインの用事でアタマがイッパイだったのでチョーついでな感じであるブツを受け取ったのです。
「あるブツ」っていってもタイトルに書いてますが。




そうです。

Crazy Trainがチームとして初めて作ったジャージ、というかワンピースです。



結構ノリノリで作ったワンピース。



メーカーとのやりとりでは最終段階に至るまで紆余曲折がありましたのでとても楽しみにしていたワンピース。




ついに手元に届きましたよ。



20160819_204514.jpg




今回はVALETTEさんで作りました。


ホントは最初のジャージやバッハジャージを作った信頼と実績のWAVE ONEさんが良かったんですが、5着が揃わずに断念。
あとバックポケットがドラえもんタイプ(1ポケット)だったので。

最軽量というウワサのSUNVOLTさんも候補に上がりましたが、試着不可というコトで、ワンピースでソレはリスク高いので断念。
クライマーさんお二人は「軽量」というアレに結構なナニだったご様子ですが。




VALETTEさんで作ると決めてからサンプルをお取り寄せしましたが、着てみるとどうも袖と裾が短い。
言っちゃ悪いですが、一昔感すら漂います。

試着用ワンピースのデザインがネズミ色っぽいチョー地味な柄だったのも更に一昔感倍増させます。


イマドキのジャージは袖も裾も長いので、せめてソレだけでも何とかならないかVALETTEさんに交渉するコトに。
路さんが。
アップチャージも辞さない覚悟でした。






しかし…





なんと無料で対応してくれるとのコト!

但し発注分全てに一括対応が条件でしたが。
パターンをナニする関係でしょうか。


袖と裾を伸ばすコトには全員が一致していましたので、即お願いするコトにしました。


その他にもいくつか希望がありましたが、今回は見送るコトに。





この辺りの交渉では多少の紆余曲折があった(路さんが)んですが、きっとそのおかげでしょう(確信


何とVALETTEさんがこんなコトをアッピルし始めましたよ!
シマノ鈴鹿会場限定となってますが。


我々が作っている時にはこんなアッピルは無かったハズ(と記憶しております)。


コレはヒトエに我々がワンピース作りに妥協を許さず、自らの意思を貫いたが故の功績でしょう!

実際に交渉したのは路さん一人で、単に我々がワガママ言うたダケというウワサもありますけどね



いずれにしてもユーザーの声を即座に反映させるとは…VALETTEさん、さすがやで!
と、一応褒めておこう。




ちなみに全体像はこんな感じです。

20160819_204607.jpg

ウフフ♪

イカスぜよ♪





前面アップ。

20160819_204625.jpg




背面アップ。

20160819_204652.jpg




初代ジャージをリニューアルしたデザインで、カッコよさマシマシです。

コレのレースフィットジャージも作りたいんですが、フレーム買ってゼニがねーんですよね。

なのでいずれ。




ちなみに標準のパットは、アタック120クラスのレースではケツダメージが大きそうでしたので、

20160819_204928.jpg

アップチャージして「マスカット」を選択。

写真は(確かサンプルも)紫色でしたが、実物は黒でした。
見えないトコなのでドッチでもいいんですが。

いや、紫がいいな。


基本的にVALETTEさんはお安いですし3着からOKで嬉しいんですが、こういうトコで小銭稼ぐ感じですかね。

WAVE ONEさんはノーマルパットでチョー満足してます。




バックポケットはセパレートになっていて小さいのが2つ。

レース中は食べるモノと食べたモノと分けて入れたいので、ドラえもん式よりコチラの方が嬉しいのです。





風呂上りに軽く試着しましたが、袖も裾もイイ感じの長さ。

若干生地が厚い感じがしますが、着心地もナカナカ。というか普通。




試着用サンプルを着た時には、そのネズミ色のダサさと袖裾の短さからワンピースを作るコトを若干後悔する見た目でしたが、出来上がったコレはマジカッコいい!

完全にデザインの勝利!

そして袖裾を伸ばしたコトも大成功!



コレで空気抵抗が激減プラシーボで50Wはナニ出来そうです。







あとは実際バイクに乗ってどうか、ってトコですね。パットとか。



次のクリテでは着てみようと思います。

スッ転ばないようにしないと、です。






ホントはそろそろライド記事をアゲようと思ってたのですが、イロイロなモノが続々と届くのでついついソッチ走っちゃいます。


次こそはアノ詐欺師のコトを白日の下に晒さねば…






あ…でもアレがナニしたらソッチが先かな…?









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







【機材購入日記】コレで全部揃った!…ハズ【おまけ】

今日、家で昼寝ブッこいている間に荷物が届いておりました。

絶妙な大きさの、イイ感じの段ボール。




むむ!

マサカ!







ソレがコチラ!




20160818_181816.jpg





…え?

TOSHIBA?



そんな自転車メーカー無いぞ。






20160818_181829.jpg






掃除機じゃねーか\(^o^)/





私が知らん間に妻がポチっていたようです。


最近、諸事情により掃除機が使い物にならなくなりましてね。

ソレがまたモーレツなストレス要因だったんですが…
ウチのゼニ使って買い直したらそのストレス倍増じゃねーか


という愚痴はココまで。










そして荷物がもう一便やってきました。




エゲレスから。

正確にはイスパニアからですが。






20160818_181854.jpg




ポチっとしてから丸二週間。

ポチってから1~2日で届く通販に慣れると二週間がチョー長い。


「到着は8月18日を予定してるよ。でもおたくの国は11日が祝日(山の日)だから配達に影響するかもね。」

なーんてメールまで送ってきて、キッチリ18日に届くという素敵さ。


ワシの国のコト言うなら盆の方が影響大きい気がするけどソッチは関係無いんかね。
仕事で使ってるある運送会社は盆料金が結構高額ですし。







中身はコチラ。


20160818_183150.jpg



ホントはヅラが欲しかったんですが金銭的な事情で諦め質実剛健シリアスライダー御用達との呼び声高きアルテ一式です。

正確にはBBが無いので一式ではありませんが。
そしてチェーンだけは値段が大差無かったのでヅラですが。


ちなみに他メーカーのコンポは最初から候補外。

アメ車にカンパってのも何か違いますし、スラムはカッコいいんですがなかさん自動変速をチョイチョイ目にするしお高いしで却下。





グループセットが安そうでしたので少し悩みましたが、BBがいらないのと、スプロケが11-28Tの乙女仕様しか見当たらなかったのでヤメました。

28Tなんぞ必要なヒルクライムには行く気がありませんし、そもそも本気で登る日が来るとは思えません。
富士ヒルには使うかもですが、11-28T付きのレーゼロを借りるつもりですし。

というコトでスプロケはいつもの12-25T。
何故かスプロケのみ箱は普通の段ボール



クランクは今までより少し伸ばして172.5mmで、チェーンリングは今や定番となった52-36T。

チェーンリングは今使っているRIDEAの楕円を装着するのでどれでもよかったんですが、万が一真円が使いたくなった時のコトを考えて、です。


今までクランクは170mmを使用していましたが、推定身長が私の3/4のオジキ(でもキンニク量はオジキが上)と同じ長さと知りチト考え直すコトに。

以前sennmuさんから、レース好きならクランク短めでOK的なお話しをお聞きし、このままでいいかな?と思いましたが、今回は何となく少し伸ばす(というより以前の長さに戻す)コトにしました。

タッタノ2.5mmがどう影響するか少し楽しみです。







そしてバーテープもついでにポチっと。


20160818_183406.jpg


個人的にはスパカズのバーテープが一番好きで、このリザードスキンは二番目なんですが、コレ以上色んなサイトでポチポチするのがメンドクサクなってしまい、獄長さんトコで取り扱いのあるリザードスキンで妥協するコトに。

寿司屋さんがコメントでナニして下さったんですが、既にポチった後でして…サーセン。







というコトでトットと組み上げたいんですが、予定を確認すると路さんとの都合がウマく合わないコトが判明…

なので明日フレームを買ったショップへ連絡し組んでもらうよう相談するコトにします。
いくらぐらいかかるんかな?


自分一人で組むという選択肢は一切ございません(キッパリ

ライナーも挿入してあるので、ケーブルがフレーム内臓とはいえソコまで大変じゃないかもですが…


以前CAAD10のコンポを105からアルテに換装した際、スンゲー苦労したので二度と自分では組まねえと固く心に誓ったのです。

こういう作業は私には向かない。
ワタシ乗るヒト。


私はある御仁から「タイヤ交換すら出来ないかとオモタ」と言われホドのアレなのです。







でも日数がかかるようなら自分で…



無いな。


有休使ってでも路さんに予定合わせるぜ。







あ、ついでにショップでバレットの振れ取りしてもらおう。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




【機材購入日記】 フレーム買っちゃった 【最終弾】

ココ数日、お盆休みなので手抜き投稿を繰り返してイロイロと購入した記事を予約投稿のチョイ出し連発していましたが、誰一人としてお気付きにならなかったコトと思いますが全ては今回の為の前フリでございます。




ついに買っちまったのですよフレームを





大事なコトなのでもう一度。







ついに買っちまったのですよフレームを。











完全に衝動買いです。

いや…衝動買いとはチト違う。









遡るコト数週間。

リキさんが軽量化手術をされた為、路さんみっちゃまご夫妻とお見舞いに行った日。



実は名古屋市内の某ショップへ何気なく行っていたのです。



そしてソコで見つけたフレームは!



私が以前より欲しくて欲しくてタマランかったあのフレーム。

しかもカラーもドストライク。

サイズもバッチリ。


でもまだ買う予定は無かったので泣く泣くガマン。
お値段も結構なモノでしたしね。










更に遡るコト数ヵ月。


岡国の日…だったかな?

車内でコンソメさんと次期バイク談義をしていたのですが、その後私の欲しいフレームを大阪で見つけたコンソメさんが、ワザワザ画像を送ってくれたあのフレーム。


その時はカラーも欲しいモノではありませんでしたし、全然買う予定も無かったのでとりあえずスルー。










そしてMADONE9を試乗したアノ日。

試乗して候補から外れちゃったアノ日。



さて帰りましょかというトコロで路さんからのナイスアシストが。




「あのショップにあのフレーム残ってるか見に行く?念の為





まぁでもアノ値段じゃ…買う気にはなれませんけどね…一応行きますかってコトでレッツ郷ひろみ






そしてそのショップへ到着すると、以前変わらぬ姿で君臨するそのフレーム。

無論値段も変わらず。




そしてその時思い出されたのはなかさんのあるお言葉。





「交渉してみたら?あのショップ、イク時はイクやで」

※なかさんは決して「やで」は使いません。







そして店主らしきオヂサンに恐る恐る聞いてみました。





あのフレーム…もしかしてベンキョウしてもらっちゃったりしますかね?





「チョイと待ってね。電卓弾くから」







~待つコト2分ホド~









「○○万円でいいよ」












ぬううううううううううおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉ




なんちゅう絶妙な…そして納得の価格!
いやむしろ型落ちとはいえチョー破格!



コレは…




買う以外の選択肢はねえ!


とりあえず取り置きお願いしまっす!







しかし…





そもそも年末に買う予定でしたので、金策的問題が圧し掛かります。

一応妻には年末にバイクを買うコトは伝えてありました(了承は得てたかどうかは不明。伝えたダケ。)ので、買うコト自体は問題ない(ハズ)。





その日の夜。

早速妻に相談しようと思いましたが、このクソ大事な時に呑みに行ってケツかったので、翌日のお出掛けの際に相談するコトに。



一日掛けて誠心誠意お願いして今抱えるストレス要因を黙認してやる代わりにゼニ出せやとか恫喝してみたりして何とか妻の同意を引き出す得るコトに成功!


ホントはジャージも作りたかったんですが、とりあえず後回し!

ホントはシューズも欲しかったんですが、とりあえず後回し!



…シューズはチョーお買い得ニューモデル見つけちまったので後には回さんコトにしましたが。










そして数日後。


またもや仕事中にそのショップへ凸しましたよ。

このフレームを買うまでは仕事が手に付きませんのでね。








そのフレームとはコチラ!




20160804_182109a.jpg





つづく!














サーセン。

チョーシ乗りました。



こういう勿体ぶりって大嫌いなので私はやりませんよ。









ってコトでコチラ!





20160804_181947.jpg






マジサーセン。









コチラ!







20160804_182109.jpg




2014S-WORKS VENGE!!







今年のモデルもチョーカッコいいんですが、現実的に購入は困難。
そしてメンテも大変そう。

更に負け惜しみでも何でも無く、前モデルのVENGEの方が見た目も好きなのです。
カラーリング含めて。


某ショップでもう一つの好きなカラー、オレンジが置いてありましたがサイズが小さい。

春先にコンソメさんに教えてもらったモノは、価格は最高でしたが色が地味で刺激されず。



そして今回購入したコチラ。




店頭価格は2014年モデルにも関わらず強気の1割引き程度。

型落ちでソレは無いな、と思っていましたが、お値段をお聞きするとチョー納得のスペシャルプライス!
スペシャライズドだけに。



当然一点モノなので年末まで待っていては売れてしまうのがコワい。
2年も売れなかったんだから、あと数ヶ月で売れるとは思えませんでしたが…こういう時に限って売れちゃったりしますしね。



スペシャライズドはガイツーなどでナニ出来ない感じなので(知らないダケかもですが)、そのショップでハンドル・ステム・サドルも注文。
手抜き投稿連発してお披露目済みですが、無論全て「S-WORKS」で揃えましたよ。


S-WORKSのボトルゲージは…さすがにヤメました。
コレ以上お金掛けれませんのでね。

通販で買えそうなモノも、若い店員さんがイロイロ親身になってくれたのでついでに買っちゃいました。
普通のショップではきっとやってくれないだろうコトまでして、私の欲望にお付き合いいただきましたし。
今後のお付き合いもありますしね。なるべくそのショップで買っておこうかな、と。



ちなみにコンポにはお金が掛けれませんのでエゲレスに注文。
無論ヅラはムリゲーなのでアルテで。
RIDEAのチェーンリング付けるしヅラである必要は無いという負け惜しみを吐いておこう。



というコトであとはコンポがエゲレスから届くのを待つのみ。

コンポが届いたら即組み上げますよ!
路さんが。
いや、お手伝いしますけどね。素人がヘタに手を出したらイカンのですよ、実際。





クリテは落車がコワいのでコレで出るつもりはありませんが、10月のモリコロ・11月の鈴鹿はコレでブイブイいわせたいですね~
私の脚を♪
剛性高くて脚攣ったー♪とか言いたいですね。






組み上がったらまた喜びの記事を投稿しますね。









ホントは次に買うバイクは試乗して決めたかったんですけどね。

S-WORKS VENGEなら間違いないでしょ♪ってコトで。



何せS-WORKSですからね。
S-WORKS!









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


しかし…

キャノンデール→トレック(借り物)→スペシャライズドって…


見事にアメ車にしか縁が無い私。




そういや初めて買ったクルマもアメ車でした。





プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター