FC2ブログ

出る杭は打つベシ

前回からのつづきです。





庭田山山頂(二之瀬ゴール)で少し休憩した後は、裏二之瀬を降りて


20160821_093526.jpg


UNCOでまた休憩。


暑くてたまりませんのでコーラが飲みたいのです。




二之瀬1本勝負からステージレースへと昇華したこの闘いのコトやアレやコレやとお話しして、再び裏二之瀬へと向かいます。



20160821_103432.jpg



路さんsyuさんはまぁアレですのでヤッパリさっさと行っちゃいましたが、私はリキさんなかさんみっちゃまとマターリマターリ。




かと思いきや!




ウーン…

何かペース上がってませんか?




そう思っているとついに!






なかさんチギれた\(^o^)/



後から聞くとどうやらハンガーノックだったようです。

なかさんはクリテ(2kmを5周)でもハンガーノックになったコトがあるホドのハンガーノッカー



一説によればツーケーはお強いらしいんですが、暑さ耐性と燃費はイマイチなご様子。





そしてその なかさんをチギってフンフン登って行くのはみっちゃま

表で脚爆攣りコイてバイクの上に座り込んだとは思ない強度で上がって行きます。





コレは…





ツブしに行くしかねぇ!


表の対決が終わったトコロで私のアシストとしての仕事はオシマイなのです。



しかも、ある確かな情報筋から仕入れた情報によると、次のステージである「鈴鹿スカイライン」においては私のPB超えを狙っているとのコト。

二之瀬でのターゲットはリキさんでしたが、次のターゲットは私になる可能性もあるのです。



さすがレディ・オズボーン…

ナイフみたいに尖ってるぜ…





というコトで。





出る杭は打つ\(^o^)/









アゲ始めたみっちゃまを即座に追い掛け、その強度を少し確かめてから前に出ます。

最初はほぼ同じ強度で前を牽くフリをして、徐々に強度をアップ。

みっちゃまは根性派ですので、少し上がった程度なら頑張ってついてこようとします。

ソコで更に少し強度をアップ!



フフフ♪

我ながら完璧な作戦だぜ。



そしてそろそろかな?というトコロで後ろを振り向くと!






む!

リキさんが追って来てる!

表でアシストしてくれたハズのなかさんを置き去りにして





結構な強度までアゲたハズなのにジリジリと追い付いてきています。

コリャヤバい。

みっちゃまツブしはココまで。

本気で逃げ打つよ!





結局この日の最高心拍189bpmはココで記録しました。

しかも初めて裏二之瀬を頑張って登ったのに、ゴール地点手前で休憩してしまったのでSTRAVA上では残念極まりないタイムに。

裏二之瀬はいつも疲れ果てた状態で登ってますので、しばらくは頑張って登るコトはないのになぁ…





この日は珍しくチームジャージが揃ったので(お1人…正確には2人欠けていますが)、

20160821_105000.jpg

記念撮影。

路さんとsyuさんは出来たてのワンピースをお試し。









みっちゃまのおかげでやたら疲れて汗ダクダクになっちゃいましたので、

20160821_110440.jpg

水場でチョイ休憩。


下りの時ダケはココで休憩可なのです。
登りで休憩したら即除名になっちゃいますからね。



しかし…

こんなに暑いのに何故水はこんなに冷たいのかな?
UNCOポイントのトイレの水はこんなに冷たくないのに。

そういえば上高地に行った時、梓川に足だけ入りましたが冷た過ぎて痛いホド。
雪解け水でもなさそうなのに。

不思議だ。



あ、ココの水は多分飲んでも大丈夫ですが、以前ガブ飲みしたら少しお腹が下りましたのでご注意を。

ココの水以外にもコーラやらナニやらガブ飲みしましたので、そのせいかも知れませんが。





下りはゆっくりゆっくり。





麓のアノお店への寄り道は、ある方のご意向により却下となりましたので、

20160821_112351.jpg


そのままクレール平田へ。




揖斐川を渡ったトコロでいつものように路さんがアゲアゲタイムに入り、syuさんも一緒にレッツゴー。

結局いつものように最後までハァハァして帰りましたが、後続がチートモ来ません。



ナニかあったのかな?と思ったら なかさんがハンガーノックだった、というワケです。

なかさんダケはこの暑さの中140km以上走ってますからね…





ソレ以外は今日もトラブル無く無事終了。



皆さん、お疲れ様でした!







その後は路さんみっちゃまと、何故かウチの妻まで一緒になって

20160821_152219.jpg

ウチの近所の氷屋さんへ。

ココのカキ氷はウマいのです。






次のステージは「鈴鹿スカイライン」。


そして私もみっちゃまにライバル視されていますので、三つ巴の闘いになる予感…



…あのコースでリキさんに勝てる気がしねぇ。

みっちゃまにも、科せられるハンデ次第ではどうなるコトやら…








DNSだな\(^o^)/









【走行距離】52.2km
【獲得標高】697m










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






コレがオレの責任の取り方だ!

前回からのつづきです。






出発前に私のイカスVENGEの写真を撮って、

20160821_070340.jpg

決戦の場、二之瀬へと向かいます。






VENGEはこの日が初乗りでしたので、ポジションを確かめながらボチボチボチボチ。


プラシーボ効果満載で走ってもこのバイクの良さが分かりませんので、努めて冷静にペダルを回します。





この最初の平坦区間でゴリゴリ牽いてリキさんの脚を削る作戦もアタマに過りましたが、冷静沈着で平坦が特に好きではないリキさんには効果ゼロと思いヤメにしました。




ワリとゆっくり二之瀬麓まで来ましたが、リキさん・路さん・みっちゃまがチートモ来ません。

サドル位置を変更したりしつつ待ちますが、一向に来ません。



マサカ…

リキさん、久々の二之瀬って言ってたしな…





早速モーツァルトモード発動かな?





と思ったら、どうやらみっちゃまが決戦に向けてポジション変更をしたらしく、ソレがイマイチだったとのコト。


この対決に向けてポジションまでイジってくるとは…ホンキ度がうかがえますな。






というコトで一旦スタート地点で全員集合。

20160821_082807.jpg



路さんsyuさんのクライマー陣は、クライマーという人種柄「アシスト」という概念がありませんので自由に行動していただくコトに。



みっちゃまのアシストは不肖・私ダイズが務めさせていただきます。

前回私の超絶妙アシストによりみっちゃまのPB更新をお手伝いしましたからね。
みっちゃま自身も私への信頼は厚いのです(のハズ)。



しかし…

一つ懸念材料が…



ソレは私が今日ニューマシンで来ているというコト。



そもそもが気持ちで走るタイプの私。

プラシーボ効果の高さは村随一



ただ、このVENGEは平坦番長なので登りにおいてはその効果も薄いハズ。

そして前回のアシストで学んだ「みっちゃま限界パワー」を記憶しておりますので、多分きっと恐らく大丈夫。





リキさんのアシストは なかさんです。

まぁ…SHOROsには「アシスト」という概念はありませんからね。
ドコまでナニ出来るか…

更になかさんも最近パワーメーターを導入しております。

私の調査及び実体験によりますと、パワーメーターは即効性の高い機材。
付けたダケで即速くなります。

なのでパワーメータープラシーボでリキさんの脚を削れば儲けモン。
暑さとココまでオール自走で来ているという脚の疲労度次第では期待薄ですけども。





さて。

いよいよスタートですが、今回のハンデは2分30秒。
リキさんの雨沢ベストタイムから算出したハンデです。



リキさんは、先にみっちゃまがスタートして、ご自身が2分30秒後にスタートすると勘違いされておりましたが、後から追い掛ける方が気持ち的に有利なのでソレはイカン。


同時スタートしてSTRAVA上でのタイムで競います。


みっちゃまは追い掛ける背中が見えてる方が強いですからね。

あくまでもみっちゃまを勝たせる為の方式のみを採用します。







それでは対決開始!






みっちゃまは最初の緩斜面は22km/h前後で走るという情報をリキさん陣に与えてしまった為、最初から差をつけようとなかさんのアシストで27~8km/hで駆け抜けるリキさん。

みるみる背中が小さくなっていきます。


しかしハンデは充分。

ココで焦ってはイカンのです。



冷静にパワーメーター…ではなく速度を見ながらみっちゃまをアシストします。



しかし…

ナニかがオカシイぞ…



前回と同じ速度で牽いてるのにパワーが30~50Wホド高い…

風か…?


それともクランク伸ばしたのが影響してるのかな?

でもスピードは前と同じだし体感的には前と同じくらいだしこのまま黙って牽き続けようそうしよう。


脚緩めて負けてもイカンし、もしパワーメーターが正しくてもまたPB更新出来るかもしれないし。




というコトで。

ココからはパワーメーターより体感を優先して牽くコトに決定!





本格的な登りに差し掛かると前を行くリキさんの背中が見え始めます。

フム。
ココからだな。


緩斜面区間で得たパワーデータを踏襲しそのまま登り続けます。


カーブの度に見え隠れするリキさんの背中。

その度にみっちゃまを鼓舞して一緒に頑張ります。





あの背中が見えてる間はカツルよ!






しかし早々に心拍が上がるみっちゃま。

本格的な登りに入って即170bpm突破(自己申告)。


ムゥ…

前回より若干心拍の上がりが早いな…



まぁいいか





リキさんの背中をチラチラ捉えながら、あくまでも緩斜面で得たデータをベースに牽いていると…



「心拍が180超えた!」




え?

マジ?

ヤベーじゃん。



確か前回180bpmを超えたのは残り1~1.5km付近から。

今回はまだ2kmしか走ってないのに既に180超え。
残り4kmイケるんかな…?



まぁでも私も以前雨沢を平均心拍180で登ったコトありますし。
イケるでしょ。
最高心拍は知らんけど、みっちゃまの方が若いからきっとイケる!


気合ですよ気合。

我らは「Crazy Train」。




リキさんもキツくなってきたかな?
斜度が上がって少しタレ始めてるよ。背中が近付いてキタ。

何なら追い付いちゃう?





そう励ましながら一緒に頑張ります。






そしてゲートを通過しトンネルを過ぎたトコロでソレは起きました。






「もうダメ!」



ガチャン!







ナヌ?





後ろを振り向くとみっちゃまがバイクの上に座り込んでいます。




「モモが攣った!」





いや、ソレよりバイクの上はヤベーって。
軽量フレームなんだし、いくらみっちゃまが軽いといっても上に座るのはヤベーって。



とりあえずバイクの上からズレようか。



「脚が動かせない…」




ムゥ…

とにかくバイクが心配なんだぜ…

カーボンフレームが…





と、私が必死にバイクの心配をしていると、




「大丈夫ですか!?」

「大丈夫ですか!?」

「大丈夫ですか!?」




56さん率いる列車が全く止まる気のない速度で声を掛けて下さいます。

きっと落車と勘違いしたのでしょう。




大丈夫です!

脚攣ったダケですので!



大丈夫じゃなくても止まる気ないだろうけど






ちなみに。

56cycleさんはウチからクルマで数分に場所にあるらしいのです。
いずれローラー教室にナニして少しでも速く走れるように…






ようやく激攣りが治まったトコロで、とりあえずバイクの上からみっちゃまをズラします。



この時点で今回の対決は負け確定です。

ずーっと背中が見えてたのに脚が攣ってしまったコトがとにかく悔しそうなみっちゃま。


再スタートして山頂へ向かっている間、しきりに「次は」「次こそは」と言うみっちゃま。

バイクの上に倒れ込まなければならないホド追い込んで、脚が爆攣りコイてスグの言葉とは思えません。





それにしても…


体感に忠実に牽き続けたのに、ナニが原因で脚が攣ったんだ…?

ミネラル不足かな?

前回のPB更新時は私のパワーメーターで200~220W付近で牽いていましたが、今回は260~280Wだったコトは多分関係無い。何せ体感に忠実に登っていましたからね。
時折300W超えてたけど、リキさんを追い掛ける為には仕方ないし。



とはいえ、私が前を牽いた以上は本来ペースメイクは自分自身でナニしないとイカンから全く私には非は無いんですがホンの少しダケ責任を感じてしまうぞ。






ボチボチ登っていると上から路さんが心配そうに降りてきます。

ソコで事情を説明。




せっかくの対決なので脚攣りで決着ってのもアレですよね?
みっちゃまも凄く残念そうですし…


仕方ない…

ナニしますか?



「そうだね」




というコトで「モーツァルト VS レディ・オズボーン 二之瀬1本勝負」「ツール・ド・リッちゃま(T・D・RM)」へと名を変え、全5ステージによる対決へと昇華しました。

基本的にはヒルクライム対決ですが、チーム対決もナニしたいので平坦ステージを一つダケ取り入れます。




というコトで。





【第1ステージ】
二之瀬ヒルクライム-勝者:リキさん

【第2ステージ】
鈴鹿スカイラインヒルクライム

【第3ステージ】
雨沢ヒルクライム

【第4ステージ】
背割チームTT

【最終ステージ】
多度山ヒルクライム



最終的な勝者は総合タイムか勝利数か…


ソレはみっちゃまの結果次第で適宜判断しますので今はまだ明記しません。

もしかするとステージ数が増えるかもしれませんし。
「予選」と「本戦」が存在するかも知れませんし。






このナイスアイデアには路さんみっちゃまも大満足♪

あとはコレをリキさんにお伝えするのみ。



ええ。

承諾は不要です。



必要なのは伝達のみ。

Noとは言わせません。






ソレがオレの責任の取り方だ\(^o^)/








というコトで山頂に到着。

20160821_091146.jpg

イカスぜVENGE。





そしてリキさんに対決の正式な趣旨をご説明。

20160821_091150.jpg





「え~。ソレってジャンケンで負けた子がヤッパリ三回勝負って言うアレ…」





聞こえませんな\(^o^)/

みっちゃまが勝つまでヤルのです。







グランツール以上の長期戦の様相を呈してきたこの対決。

そして私のアシストに大いなる疑問を感じ始めたみっちゃま。





この闘いの結末はどうなるのか!


そしてSHOROsから新たな刺客は現れるのか!

※リキさんへ
ペロさんはオススメしませんよ。攣るしパンクするし。








つづく!









ブログランキングに参加してます。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






モーツァルト VS レディ・オズボーン

本当は「夏休み番外編・上高地お散歩日記」を記事にしようと思っていたんですが。

百数十枚に及ぶ写真の整理と、ソレに伴う記事を書こうとしたらチートモ纏まらず。

というコトでその記事は割愛して素晴らしい景色の画像を貼りつけてお茶を濁すコトにしますね。



20160814_085002.jpg



20160814_092523.jpg



20160814_093446.jpg



20160814_094140.jpg



20160814_094651.jpg



20160814_095550.jpg



20160814_100057.jpg



20160814_105351.jpg



20160814_105555.jpg
あ、マチガエタ。



20160814_110827.jpg



20160814_121755.jpg



20160814_185752.jpg
あ、コレもチガウ。





あぁ…また行きたい♪

GWに行けば残雪があって良さそう。














さて、本題でゲス。











私がソレ知ったのはいつだったか…




いつの間にか私のアタマに刷り込まれていた、みっちゃまの「リキさんライバル宣言」。

いずれ「勝負を挑む」という話が出来上がっておりました。






そして偶然にも訪れた大チャンス




勝負師たかじんさんが以前私に教えてくれたコト。



勝つべき時に勝つべくして勝つ。

勝つか負けるか分からず勝負に挑むのは単なるギャンブルだ。




まさのその「勝つべき時」が訪れたのは、富士ヒルの少し後。



リキさんが軽量化の為に入院したアノ日。


路さんみっちゃまと結構本気でお見舞いの品を選んだのに、迷わずリキさんの大好きなナニ投入したケンさんのコトを後から知り、激しく後悔したアノ日。





イマダ!





このタイミングで勝負を仕掛け、退院間もない日に勝負DAYを設定!

リキさんが弱ってるこの時にやるしかない!





しかしながら。




最初に勝負を申し込んだ日はリキさんの都合でお流れに。





というコトで。



ハンデを更に30秒追加しての二之瀬対決となりました。







モーツァルト VS レディ・オズボーンのヒルクライム1本勝負!




少し補足をば。


「モーツァルト」は皆さんご存じ「モーツァルトな走り」をモットーとするリキさんのコト。

ただ、その「モーツァルトな走り」ってのがココ最近イマイチ分からないのは私ダケでは無いハズです。

「RIKI Rising」と名付けたセルフイベント(参加者一人)で8,800m登ったり、日々ローラーでトレーニングの励んだり。
確か500km走ろう的なアレもやり切ってましたし、去年は瀬戸内の島で人がパンクしてる間にリピートクライムしてましたね。




「レディ・オズボーン」とはみっちゃまのコト。

当チーム名の「Crazy Train」はオジー・オズボーンの楽曲が由来です。
直訳して「狂気の列車」。
我々の目指すトコロですね。

みっちゃまに会ったコトがある方は、あの雰囲気から「ドコが狂気?」と思われる方もいらっしゃるかも知れません。

しかし彼女は紛れもなく当チームの主力メンバーなのです。
全員が主力ですけどね。

路さんにアテられ日々ローラーも回しますし、ブッ倒れるまで追い込んで二之瀬にも登りました。
レースではなく、タダの練習で、です。
イカレてます。

ウチのチームは唯一の良心である私を除き、全員が狂気列車の名に恥じないメンバーの集まりなのです。



故に「レディ・オズボーン」









ココからが当日のお話し。



リキさんに我々のホームへお越しいただくので、時間は少し遅めの集合。


家を出る頃には既にお外は明るい。




そして!


更にこの日は私のS-WORKS VENGE初乗りの日!


20160821_052919.jpg


楽しみ過ぎて全然寝れませんでしたよ。





あのDQNバイクの時より五千倍気を使ってクルマに積み込み集合場所へレッツゴー。



20160821_065510.jpg



天気は上々。
きっと気温も上昇。



この日のみっちゃまサポートは路さん・syuさん・私の3名。



ソレに対しリキさん独りではアレだというコトで、

20160821_065516.jpg

なかさんが漢の自走de参戦

自称・暑さに弱いのに、命の水を携えて自走で来てリキさんのサポートを…いや、ヒヤカシの可能性大ですけどね。




この日のリキさんは

20160821_070228.jpg

マサカの練習用ホイール。
しかしPOWER TAP装着ホイール。

軽さよりもパワーメーターによるマネージメントを優先した…そういうコトでしょうか。
策士ですな。



ソレより気になるのは…

20160821_070320.jpg

バーテープの仕上げがあまりにテケトーなのが…



リキさんはバーテープを巻くのがあまりお好きじゃないのは本当のようです。







さて。


全員揃いましたし、


20160821_072546.jpg


二之瀬方面は快晴ですし、いざ闘いの場へ!






…行く前に。






20160821_070340.jpg



ワシのVENGEの写真をもう一枚♪










つづく!








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







胃の回復走も兼ねる

前回からの続きです。





青木湖畔をあとにして、いよいよ白馬っぽさマンマンの道を走ります。

20160813_093625.jpg




サスガ観光地だけあって、クルマの数もソコソコ、ローディは…思った以上に見ませんが、サイクリストは結構見ます。

レンタサイクルっぽいですね。

確かに、ワザワザ自転車漕いでココまで来なくても、クルマでサクっとやって来てレンタサイクルで楽しめますね。




しばらく走るとスンゲー雰囲気のイイ川に出ます。

20160813_094513.jpg


み…水浴びしてえ!


チョット前にこーさんコソ練詐欺に遭い、水浴びしてキャッキャウフフする予定がモロ肩スカし喰らいましたのでね。



早速川岸へ降りるべくソレっぽい方へ向かいます。


が。


チョーオフロード。

バイクではモチロンリーム―。


ビンディングシューズで行こうにも、石がゴロゴロしてるのでソールがガリガリ君の悪寒。

かといってナマ足で行くにはヤッパリ石がゴロゴロでチョー危険。



キャンパーが気持ちよさそうに行水してるのを指くわえて眺めるのが精一杯。




結局尻尾巻いて橋の上に戻って、

20160813_094517.jpg

写真撮影。



モチロン、

20160813_094621.jpg

20160813_094558.jpg

ワシらも写るやで!




そろそろコーラが飲みたいねってコトで自販機休憩とシャレ込もうと、早速見つけた自販機へGO。

20160813_101333.jpg



入れねえ\(^o^)/

電源も入ってないぽい。


冬限定か?




その先に見えるトコには人がイッパイいるので、アソコならナニかあるでしょってコトでやって来たのが、

20160813_095721.jpg

白馬岩岳です。


波乗りにトチ狂う前はスノーボードにトチ狂ってましたが、岩岳は来たコトがないな…





とりあえず近くにあるレンタルスキー屋さん横にある自販機で赤コーラを買おうとしましたが、




電源が入ってねえ\(^o^)/

真横の駐車場にスンゲークルマ駐まってるのにオイ。




てコトで素直にゴンドラ乗り場近くの人が賑わうトコで

20160813_100252.jpg

無事補給。


腹も減っちゃったしナニか食っちゃう?という話になりかけましたが、この後は大事な下見があるのでガマンガマン。




しばらく日陰で休憩していると、スタッフさんに連れられてMTBに乗った集団がやって来ます。


どうやら、ゴンドラで上に行ってダウンヒルが出来る様子。

でも自転車置いてってる人も多いな。


いずれにしてもとにかく楽しそう。

いずれクルマで来てチャレンジしてみようかな。



でも、こんなに観光客が来ているのは、

20160813_101254.jpg

全てがMTB目的では無いハズ…

夏の岩岳にはナニがあるのかな?
また来年調べてみよう。





次の目的地へ向かう道で、今日もヒマワリをハケーン。

20160813_101433.jpg



写真を撮ってると当然のように、




「オレも写せや」



20160813_101441.jpg


仕方ねぇヤツだな。





軽い登りにヤレれながら向かった先は、

20160813_103132.jpg

栂池スキー場です。



ココはスノーボードにトチ狂ってた頃に何度も何度も何度も何度も訪れました。

ゲレンデは広いし雪質はイイしアクセスはラク(チョー山道を走らなくていい)ですし。


山頂から麓までカービングターン以外は全て直滑降チャレンジとかして遊んだモノです。
20代…特に前半は命知らずですからね。
今じゃ出来ません。多分。



ちなみに。

ココ栂池ではヒルクライム大会があるとか。


そのコースを調べてみましたが、どうやらスキー場の上の方?まで登って行くようです。
しかも結構キツそう。


無論我々は、

20160813_102632.jpg

入口付近でUターン。


今日は回復走ですのでね。


しかしGWに訪れた奥志賀もそうでしたが、シーズンオフのスキー場はサミシイですね。




途中アサガオが綺麗に咲いているおウチ?お店?がありましたので、当然記念撮影。

20160813_102816.jpg

20160813_102842.jpg

我々には花が似合う。
異論は認めん。





ココから見ると結構キツそうな、

20160813_103043.jpg

でも実は全然大したコトない道を登り返しつつ、




クルマを置いてある「道の駅 ぽかぽかランド美麻」まで、

20160813_104847.jpg


ボチボチと

20160813_105313.jpg

20160813_105645.jpg


戻ります。





暑さで汗ダクダクなので、

20160813_114504.jpg

即お風呂へGO。



チョー狭い水風呂に身体を寄せ合いながら二人で入ってサパーリ。



オル兄は牛乳飲んだ上に、はよ飯食いに行くぞって言ってんのに

20160813_121609.jpg

のんびりアイス食う始末。

飯食う前によくアイス食えるな。






この日昼食を食べに向かった先は、実は前日も食べに行こうとして諦めた、

20160813_124706.jpg

ジンギスカン。

信州新町と言えばジンギスカン。
「ジンギスカン街道」なる道もありますよ。
お店は3軒しか知りませんが。



この日はある下見の為に、いつもの「ろうかく荘」はスルーして「ジンギスカン荘」へ。



ソコでコレを、

20160813_125922.jpg



こうして、

20160813_130350.jpg



大盛り飯で食う!

20160813_130049.jpg



フム!
下見はOK!

次回どちらに行くかでどっちがウマかったかお伝え出来ると思います。


もう1軒のお店も行ってみたいんですけどね。
冬は来年のGWまでオアズケです。




実家に帰ると

20160813_174019.jpg

こんな景色がお出迎え。



夜は花火でこの日を〆ます。

20160813_193200.jpg






こんな感じで夏休み二日目はオシマイです。






次回は夏休み三日目の様子をお送りしますが、自転車には一切乗っておりません。
なので番外編としてお送りします。






【走行距離】49.6km
【獲得標高】763m






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



【おまけ】

帰宅後、兄がニヤニヤしてスマホを眺めてるので、ナニがオモシレーんだ?と聞くと、



「ケツにペットボトルてwww」

20160813_130402.jpg


ウム。
確かに可笑しい。

我ながらそう思う。



我々の中で、今日イチの写真となりました。



今週末もいつものコースde周回練します

今週もやりますよ。

二之瀬&いなべ周回練。

先週は雨にやられて周回出来ていませんけどね。


来月にはモリコロや岡国、11月には鈴鹿(オジキが半分以上走るからラクでいいけど)があるので、そろそろちゃんと周回練しておかないと、です。
暑さも和らいできましたし、とりあえず3周は回りたいと思います。




というコトで。



9月3日土曜日

クレール平田6時出発です。

駐車場最奥の小屋みたいなトコに居ます。





今のトコロ参加予定は私含めて5名。

みっちゃまは不参加ですが、女性も歓迎します。





基本的には時間になったら出発しますが、ご参加意志をコメントいただくと心の準備が出来るのでよろしくお願いします。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR