「TDA」の本当の意味

前回からのつづきです。





灘大川の激坂を何とか乗り越えて、ウマウマコーラを飲み次のポイントへ向かいます。


チョロっと平坦を走ったらスグに現れる次の休憩ポイント登り。

ホテルニューアワジへと向かう登りです。



ココではセーテンさんとお話ししながら和気あいあいと登ろうと思い、イロイロお話ししようとすると…





「話しかけないでください(キッパリ」







こんなにハッキリそう言われたの、


初めてだぜ\(^o^)/

…多分。





最低でもココ20年くらいは真顔でそんなコト言われた記憶がございませぬ。

一体私のナニが気に食わんかったのか…
サパーリワカラン…






んじゃ先に行こうっと。





そう思って出力を上げると、



ついに…







ピキ!









ヤベ。

ハム攣りそうじゃん。



コレは飲むしかねぇ。

オモムロにツールボックスに手を伸ばし、2RUNを1包投入。


村一番のプラシーバーである私は即回復(したつもり)。





ま、各ピークでは待っててくれるハズだし、いつもの広場まで行けば休憩出来るしな…と思ったら、

20160911_094441.jpg

全然関係ない女性(らしき方)が一人佇むのみ。



こりゃイカン。

チト急ごう。



そしてアップダウンを繰り返すウチにようやく前を走る方々に追い付きました。

さっきセーテンさんに怒られたので、若干遅れ気味なコトはしばらく黙っていようそうしよう。



福良の街へ降りた頃、もうそろそろかな?とモーニングさんにセーテンさんが結構前から遅れ気味であるコトをお伝え。

すると即引き返して迎えに行く漢気溢れるモーニングさん(とTさん)。


私はさっき怒られましたのでね。
お迎えはナシですよ。




この辺りまで来ると結構な暑さになってきましたし、一旦コンビニで小休止するコトに。


20160911_100901.jpg


さっきハムがピキったのでストレッチしようとナニしたら、モモもヤベいコトが判明。

ウーン…最後までもつかな…


前の晩、ワクワクし過ぎて眠れなかったせいか、軽く目眩もし始めました。





チョイ長めの休憩を終えたら満身創痍の再出発。

今回「道の駅うずしお」はスルーしますが、曲がるトコ間違えて行きそうになるというサービス付き。



ココの登りが終われば残りの数十kmはほぼ平坦路(大小コブサービス付き)。



途中でセーテンさんが脚攣りそうになったので少し緩めようとしたら、そのままの速度の方が調子がイイと我々を振り切る始末。

20160911_113546.jpg

漢ですな。


しかし私はこの隙に2RUNをもう1包投入。

コレで何とか最後まで凌ぐしかありません。





残り30kmホドというトコで最後のコンビニ休憩。

20160911_115330.jpg


熱中症を気にしないとイカン暑さになってきましたからね。

このまま走れそうでしたが、安全第一です。




しかし疲労のせいか、脚を止めると逆に固まってしまい、リスタートが結構キツイ。

特にモーニングさんのリスタート時の速度がやたら速いのでソレがキッツイ。






私の班はモーニングさん・ディーさん・セーテンさんとの四両編成。

キッチリ先頭交代をしながらゴールを目指しますが、問題はラストをいかに姑息にどう攻略するか…


残り数kmまでは自然な交代を装い、ソコからが勝負だな…

仁義なき先頭交代も辞さないぜ!



そう思いながらペダルを回します。
時折攣りそうになりながらも。






そして残り5km。



先頭はモーニングさん。

二番手に私。




ウーン…

コレはマズくないかい…?



このままでは残り1~2kmで私が先頭になる可能性が高い。

このメンバーから2kmの逃げはとても打てん。



やはり仁義なき先頭交代をするしか…




しかもココに来てモーニングさんのオニ牽き大爆発。

決して40km/hを下回りません。
何なら45km/hくらいまで上がります。

150km近く走ってこの牽き…
タマリませんな。



このまま先頭出たらマジやばい。

どうする?
どうする?オレ!





しかし!






そんな私の姑息な計算高い考えなど吹き飛ばすのがKOJの真髄!

残り5kmを全て一人で牽き切ったのです。

高強度を保ったまま、です。

マジでイカスぜモーニングさん!







そして私は空気を読む男。











ごちそうさまでございます♪









というコトで、残り数百mのトコロで飛び出させていただきましたよ。
脚が完全のオワテルので50km/hも出なかったですけどね。

無論キッチリゴールを獲らせていただきました♪







間違えてそのまま道の駅の入ってしまいましたが、ゴール地点のコンビニで全員集合。

20160911_130237.jpg



モーニングさんもサスガに出し切ったご様子。

20160911_130420.jpg

…もう1周くらい出来るんでしょうけども。



そして私は

20160911_130635.jpg

豆乳と投入を豆乳。

1本じゃ足らん!




ゴール後、全員が走り切った達成感と充実感でテンションアゲアゲ状態。

セーテンさんに至っては泣きだす始末。
ワシはさっき怒られたけどな。




何というか…

同じ釜の飯を食った仲


そんな感じのライドに感じました。

終わった後の共有感がスゴイ。






最後に松帆の郷でお風呂…というよりほぼ水風呂ばっか入ってましたが、サパーリ。

ソコではKOJが脚を攣るというイイものも見れました♪



私も攣りましたけど。





とりあえずはココで解散となったので、お腹ペコペコの私とコンソメさんは、


ココで

20160911_151347.jpg

あ。
ワシら写っとる。



コレと

20160911_153701.jpg


コレを

20160911_153123.jpg


二個食いdeこの日は終了。







今回初めて参加した「Tour de Awaji」。

略して「TDA」



しかしその本当の意味を私は今回知りました。








それは…







(脚が)攣ーる・で・アワジ」












今回残念ながら不参加となりましたが、企画&お誘いくださったhiroさん、
幹事を引き継いだモーニングさん。

そして一緒にハァハァして下さった皆さん、


ホントにありがとうございました♪
楽しい練習でした。

以前より達成したかった「アワイチAve30over」も達成出来たし。



また一緒に遊んでください!










【走行距離】153.0km
【獲得標高】1,084m

【所感】レースより疲れた。まぁでもソレが練習ってモンだ。









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

「勿体ない」という鉄人の発想

前回からのつづきです。






過酷なライドになるコトが容易に想像出来る「Tour de Awaji(TDA)」。


エンデューロレース以外ではポカリあるいはアクエリで済ますドリンクも、レース同様機能系ドリンクを投入し、スタート前にはスーパーヴァームも投入という念の入れップリ。

2RUNも飲んでおこうか悩みましたが、とりあえずツールボックスに忍ばせておくコトに。



コレで準備は万端。




モーニングさんの号令で2グループに分けて早速スタートです。

まずは最初の休憩地「洲本ファミマ」を目指します。





最初っから全く遠慮の無い機関車トーマスのオニ牽き。

アップなんてモノは存在せず、いきなりトップギア。



しかも先頭を牽く時間がやたら長いのです。



もしや…

ファミマまでこのまま牽き続けるんじゃ…?

最後尾に入ってマジラッキー♪



そう思わせるホド長い距離を牽き続けるモーニングさん


20160911_071040.jpg







その後ろでは。





「モーニングさんが牽き続けてるウチは交代するワケにはいかないと思ってました」





何故か張り合うボーンズさんの列車が追走。


20160911_071046.jpg








長いコト牽いていたモーニングさんからようやく先頭交代の合図が出て、列車を回し始めます。



モーニングさんが示した高速域を維持しながら進む列車。



すると私の目の前を走るディーさんの順番になってスグに、最初の小さな登りが見えてきます。




もしや…

この速度(強度)のままアレに突入するのか…?

チギれてもいいんかな…?




すると後ろから、


「ディーさんはアカン!登りでディーさんはアカン!」




その言葉を何故か素直に聞き入れ、タッタの数百mで私に先頭を譲るディーさん。




…え?

オレ?

本日の参加者で最も登りが苦手な、オレ?






この日私は心に固く誓っていたコトがあります。


水仙峡・灘大川・ニューアワジ・うずしお手前の4つの登りは決して頑張らないというかむしろ休憩に充てるというコト。

じゃないと平坦で最後までお付き合いが出来ませんのでね。

各登りのピークでは一応待っていてくれるってハナシでしたからね。




しかし、この最初のミニクライムは想定外。
しかも前なんて。



ってコトでとりあえずMAX頑張ってフミフミ。

しかも今まではココを左の道へ入るので、コレがドコまで続かもサッパリワケワカメ。

そして無情にも後ろからはディープリムにカンコン反響させてもっと踏めと脅迫されるかの如く聞こえてくるモーニングさんのシフトチェンジの音。




登りのピーク少し手前でチカラ尽きて遠慮なく先頭をお譲りしました。

下り基調なら多少離れても追い付くでしょう、という判断からです。






そしてまたディーさんが前を牽いている時に私の真後ろ(モーニングさん)からワケのワカラン言葉が飛び出します。



「勿体ない!」






え?

何を仰っとるんだこのお方は。






「ココはダイズさんのストロングポイントなのに、ディーさんが牽くのはアベレージが勿体ない!








…オレに逝けと?\(^o^)/


登りで引き摺られSPでMAX牽きさせられたらワシ休むトコないぞ。






鉄人の発想というモノは常人には到底理解出来ませぬ。

…路さんの発想に近いな。







しかし私は空気を読む男。





ディーさんが小さなコブのピークまで牽いたトコロで交代を要求してきましたので、ソコからディーさんをチギるつもりで私のSPをモリ漕ぎしました。








真後ろでカンコン脅迫され続けましたけどね\(^o^)/



あ、でもディーさんは手抜きして後ろのトレインに乗りに行きやがりましたよ。

手抜きして。







こうしてあっという間に最初の休憩地点であるいつものファミマに到着。

20160911_080828.jpg


ココ、こんなに近かったっけか?


そう思ってサイコン確かめると、

20160911_080724.jpg

驚異のAve37km/h
※コンビニ直前で流してたら36.9になっちゃいましたが、到着手前ではちゃんと37でしたよ。


市街地は減速して走ってても、です。




「長居は無用!」という鉄人の鉄の意志の元、補給ダケしたらトットと再出発。

20160911_081835.jpg

今日は練習ですしね。




そしてスグに始まる私の休憩ポイント水仙峡の登り。

ココから自由行動。



「ココは常にPBを狙わなきゃいけないんです」



また意味のワカラン言葉を残す鉄人。





そして全員が飛び出します。

20160911_082755.jpg


オイ。

セーテンさん。キミもか。

先週の琵琶湖でもかなり強くなったセーテンさんですが、まだ登りでは負けるワケにもイカンのでこの後しばらくしてからパスさせていただきましたけどね。



ココのピークは狭いので、少し下ったトコロで皆さんお出迎え。

お待たせしてサーセン。




そしてココからの南淡路水仙ラインではモーニングさんご要望のナニが始まります。



その名も「ヘヴィトレイン」






この日集まったメンバーの9名のウチ、5人が重量級という自転車乗り集団らしからぬメンバー。

その重量級でココの12km弱に及ぶ平坦路をゴリゴリしたいという、想像しただけで苦し過ぎて笑っちゃうお遊び。





最初にボーンズさんが飛び出して苦悶のTTが始まります。




ココはお世辞にも道がキレイとは言い難く、トコロドコロで舗装がアレな感じ。

しかしソレでも脚を緩めたらイカンという強迫概念から全員がガンガン牽いていきます。


42km/h以下に落としたら負け的な発想まで生まれる始末。




もう少しで終わりかな?というトコロで最後方からボーンズさんが飛び出しますが、誰も追わず静観。

追えないコトもありませんでしたが、追ったら脚が終わるのは確実ですからね。私に限っては。

でも追っても面白かったな…とチト後悔。




結局後ろの軽量トレインとはAve2km/hホドの差をつけてこの平坦TTを終えました。




この先の灘大川の登りで

スグ抜かれましたけどね\(^o^)/
私は、ですが。




最後の登り返し手前からコンソメさんが追ってくるのが見えたので、意地で逃げましたけども。



おかげでココのコーラがウマいことウマいこと。

20160911_092014.jpg


気温も上がってきましたので水も浴びちゃいました。








でも実はココでもう私の脚はご臨終だったという…











つづく。











ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





アワジシマへ出稽古に行く編

本記事のカテゴリを便宜上「ツーリング」にしましたが、正確には「攣ーリング」でした。




そんなお話し。












ブログ村の住人であればご存じの方は多いかと思いますが、臨時漕会さんの名物ライドの一つ「Tour de Awaji」(TDA)。

アワイチを練習強度で走りましょ♪というライド。



以前より某業務日報などでその様子を見たコトはありましたが、とても興味津々だったのです。





初めてアワイチに行った時は、早朝にスタートして走り終えた頃は暗くなりかけてました。
しかも帰りの運転は疲れ果てて眠くて眠くてフラフラ状態。
後ろで爆睡コイてた野郎がいたけどな


2回目のアワイチは北摂の疫病神雨マンが幸運にも残念ながら不参加だったので快晴に恵まれましたが、帰りのフェリーでは夕陽を眺めながら帰りました。


3回目のアワイチは高校生に「ウ○コの人」とかいう全く身に覚えのない印象を植え付けつつ、走り終えた頃には辺りは闇に包まれておりました。





だのに。





このTDAは朝スタートしてお昼には終わらせましょ、という摩訶不思議なライド。




もうソソられちゃうってモンです。







しかし私は臨時漕会のメンバーではありませんし、ヨソ様のチーム練へ参加するホド図々しくはありません。

でも興味津々なので、以前住友さんにさりげなく打診してみたのですが、


「アレはhiroさん主催なので」


と、体よくお断りされる始末。

ま、チーム練ですからね。




しかし実は体よく断っていたワケではなく、ソレがホントだったようで…

hiroさんに打診してくださっていた様子。




そして今年6月。




富士ヒルでhiroさんにお会いした時にチョクでお願いしてみました。








そしてしばらくして私の元に届いた案内状。

趣向を変えてゲストをイパーイお迎えしましょ、という趣旨のご様子。


それならば!と思いましたが、その日は平田クリテの日…しかもウチのクライマー陣がクリテデビューする日でしたので、ギリギリまで悩みました…






ってコトで。






迎えに来たやでコンソメさん


20160911_051043.jpg


いつものウ○コローソン






この日に備えて前日には


20160910_120135.jpg


メンマローディング。




ちなみに主催のhiroさんはご事情により無念のDNS。

いずれご一緒する日を楽しみにしておきましょう。





概ね時間通りに到着したので、淡路SAで軽量化を図ります。

20160911_060621.jpg


む…
コンソメさん写っとる。



すると見覚えのある方々が施設内へと入って行きます。



この後のライドの過酷さなど意にも介さないセーテンさんは、

20160911_060626.jpg

ヨユーのおテテフリフリ。




そしてキッチリと準備を整える面々。

20160911_061432.jpg

で整える面々





コンソメさんが個室で孤独な戦いを繰り広げてる間ヒマなので、この日最初で最後になる、

20160911_061632.jpg

景色を眺めるという行為に更けるコトとします。





集合場所へ向かうと既に到着して準備万端の方々。

20160911_063721.jpg

ボーンズさんのサービスショット付き。







この日の参加者は、


臨時漕会から、
モーニングさん(幹事)・ボーンズさん・ディーさん・セーテンさん

ゲスト枠での参加が、
コンソメさん・Yさん・Tさん・乗り気さん・私ダイズ。

※HNの分からなかった方はイニシャルにて失礼します。



…ゲストの方が多いな!




先週の琵琶湖ライドでは住友さんも来るようなコトを仰ってましたがマサカのバックレ。

ドッキリ仕掛ける為に岩屋港で隠れてるのかな?とも思いましたが現れず。

翌週には遠征が控えておりますのでね。
仕方ありませんな。







さて。



モーニングさんによるブリーフィングが終わると


20160911_065423.jpg



楽しい苦しいアワイチの始まり始まり。

ブロガー泣かせの写真少なめで、想い出イパーイのハズなのに記憶がブッ飛ぶアワイチの始まり始まり。









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





アルテ11-28を12-28へナニしてみる

先日12-25スプロケで参加した出稽古で思ったコトがありまして。


いくつかの登りでは私は文字通り脚溜めモードで登っていたワケですが、それにしても皆さん速い。

チョイと追いかけてみようと思ったらマジキツイ。


しかしソレよりも違和感を覚えたのが、前を行く方々と私のケイデンスの違いでした。


速度を合わせると明らかに私のケイデンスが遅いのです。



てっきり皆さん12-25、あるいは11-23あたり使ってるかと思いきや、タマタマお聞きした方々は27Tやら28Tを入れていらっしゃるご様子。


そういや行きの車中で私より遥かに軽いコンソメさんですら28T入れてキタとか言うてたな…





ナニソレずるい\(^o^)/







というコトで、私も11-28Tのスプロケを買うコトにしましたよ。

ホントはデュラの12-28がいいんですが、ナニせお高い




というお話を以前たかじんさんとしていたら、

「ドコかのダレかの記事で、アルテで12-28組んでたの見たよ」





ヨシ!
ソレだ!






店頭派の私は、家の近くにある某ネジ屋ショップへ赴き11-28Tのアルテスプロケを購入。


20160919_162353.jpg




そしてこの12-25Tから

20160919_162349.jpg


数枚のギアを抜いて、





こうなりました。

20160919_163115.jpg


恐らく画像では全て同じに見えるかと思いますが。






某記事によれば、テケトーにチェンジすればいいワケではなく、12-25側から「12B」「13B」「16A」「17C」を移植するとイイ感じとのコト。

いくつか種類があって、シフトのスムーズさに影響が出るそうです。




こうするコトによって出来たギア構成が、

12-13-14-15-16-17-19-21-23-25-28

となりました。


11Tをキャンセルして16Tを入れ、18Tを諦め28Tを入れた…そんな感じですね。



私はフロントに52Tの楕円を仕様しておりますが、リア12Tで足りないと感じるホドの脚はございませんので、11Tキャンセルは全く問題ナシ。
無論16T追加は大歓迎。

ですが。

若干気になるのは18Tのキャンセルです。


10Sから11Sへ乗り換えた時に(共に12-25T)、最も恩恵を感じたのは18Tだったのです。

平地巡行の際にこの18Tがバッチリハマった覚えがあるので、コレが無くなるコトで平地がどう影響するか…



11-28Tで走った時に平地での違和感がバリバリだったのは16Tと18Tが無いコトによるモノだとは思いますが、今回のナニで16Tは入りましたので、純粋に18Tの有無による違いを比較出来るかと思います。

1年半ホドで私の走りも変わっているかもですし。
18T以下なんていらねーぜ!
という走りになって…


んなワケありませんけどね。






とりあえず実走でその感触を確かめてみないと。

18Tを抜くコトの影響が少なければ、基本的にアウターローが大嫌いな私でも25Tが使いたい放題。

更にレース終盤の登り基調で脚がオワテル状態でも(大嫌いだけど)アウターロー(28T)に入れるコトで凌げる場面もあるかもしれません。

春のモリコロでは登りで爆攣りコイて集団からチギれたしな…



ヒルクライムなんざ速くなろうが変わらなかろうが遅くなろうがどーでもいいですが、脚をクルクル回すコトで後半がラクになるなら大歓迎。

でも練習では25Tまでしか使わ…いや、28Tもバンバン使う。



ホントは昨日試したかったんですけどね。

雨でお流れです。



チョーシ良ければ来週のモリコロで使いたいんですが、ぶっつけ本番というのもイマイチ気が乗りません。
たかだかスプロケですけどね。



というコトで今週末は晴れてもらわんと困るんですよね。

いまだにVENGEでいなべ周回走っとらんし。

モリコロの練習もしたいし。











私は公人でも何でもありませんので、私の記事を見て同じコトをした方に何が起きても知ったこっちゃありませんが、このクレーム社会においてはナニがドウなってアレするかも分かりませんので、一応念の為記しておきます。



もし同じコトをしようとお思いの方は、

全て自己責任で!

ナニが起きてもワシャ知らん。




当ブログの読者様にはそんなイカれたクレーマーなどいらっしゃいませんけどね。









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



初チャワーセーテン。そして初茶丈藤村。

前回からのつづきです。




西友さんで散々っぱら水をガブ飲みしといて、更に即コンビニへ凸して補給してからの、ようやくリスタート。

暑いですからね。
補給大事。

セーテンさんはいつものように水浴びまくり。




ココからはビワイチでも通る道を走ります。


20160904_140503.jpg




そして始まる風車村前の平地トレーニング。

20160904_140510.jpg



景色がほぼ変わらないので、まるでローラーを回してるが如くトレーニングに集中出来るという素晴らしい場所なのです。



この列車で一緒に走るのはペロさん・住友さん・セーテンさん。



乱して遊ぶには絶好のメンツです♪

私の10年に1回程度しか発動しないイタズラ心にシゲキが入ります。




しかし…




脚がねえ\(^o^)/






ソコソコの強度でトレインが進むので、コレを乱すとなると結構な強度までアゲないといけません。

前日の疲れや暑さ、そしてココまでも完全なポタリングでは無かったので、私の脚は決して万全ではありません。


乱すのは大好きホンの少しダケ興味がありましたが、タレて吸収されるのはイヤなのでココは大人しく列車に準じます。





しばらくは誰もが同じ気持ちで素直に自分の仕事を全うしますが、休憩地点の少し前になったトコロで住友さんがスピードアップ。

明らかにチギりにかかってます。




そして…




20160904_143121.jpg




もう少しだったのに残念!


でも去年はココで三歳ホド老けましたが、この日は若さを保ったまま。
身体を絞ったコトもそうですが、純粋な脚力も去年より大きく向上していますね。




第二班も追い付き少し木陰で休憩した後は

20160904_150216.jpg

白髭神社を押さえます。
定番ですからね。

湖畔の階段にはアベック共がイチャイチャしてやがりましたよ。




スグ近くにある食堂のとあるラーメンを皆さんに激推ししましたが、何故か全力で却下されましたのでトットとリスタート。



結構な暑さなので、その先にあるコンビニで休憩とシャレ込みます。

20160904_151855.jpg


モチロン豆乳を豆乳
誤変換ではありません。念の為。



ココのコンビニは毎回湖遊びをするヤカラ感タッポリの方々が集まります。

DQNとローディはコンビニ好きという共通点。



するとイロイロなモノが売り切れるワケですが、そのウチの一つが

コンビニに停まる度に命の水シャワーを浴びるセーテンさんにとっては死活問題。

もはやシャワージャンキーとさえ言える彼に水の売り切れはこの後のライドにモロ影響します。





ソコでセーテンさんが選んだ道は…





20160904_152356.jpg






ウーロン茶ワー\(^o^)/

そりゃコギコギさんも撮るってモンです。

ウーロン茶協会からクレーム来るぞ。




「アブラをサパーリしてくれるからチョードイイ!」

なーんて嬉々として浴びてましたが、背中の丸輪が茶色に染まるよ!って言ったらチビチビ浴びてました。

ガッカリだ!





ココからは幹線道路を避けてビワイチCRへ入ります。


20160904_154714.jpg


見れなかった丸山千枚田の代わり…には到底なり得ませんが、イイ景色ではあります。




なのでこの辺りはマターリと。

20160904_154717.jpg





しばらくするとまた幹線道路に戻りますが、この辺りは結構な交通量。

普段の練習でもクルマが渋滞する道を走らないので、妙な疲れが…
肩が凝りますね。



ようやくびわ湖大橋に戻ると、

20160904_162000.jpg

この後自身に身に何が起きるか知る由も無い住友さんが撮影アタック。






そしてココからはCRをゆっくり走って、〆を満喫する為にあのお店へと向かいます。

20160904_163319.jpg





が!








「アカン…」


20160904_163320.jpg



「燃料切れ…」








彼はヨク燃料が切れます。

主にツーリング時。

投入が足らんようですな。





んじゃ代わりに、ってコトで私が牽くコトにしますが、

20160904_163328.jpg

既に住友さんの姿はナシ。



スンゲー絶妙な速度で牽いた自信があったのに。




でも度々現れるクルマ止めに気を遣い、やっぱり肩が凝りっ凝り。



ナニも考えずに走れる道というのは、ソレだけで恵まれているというコトがヨーク分かりますね。





もうチットで着くかな?って辺りで完全に道を見失いつつ、

20160904_171145.jpg

無事瀬田の唐橋に。


自転車では初です。




そしてやって来ました、

20160904_171707.jpg

初茶丈藤村
自転車では、という意味ですが。

しかも閉店時間ギリギリ。


以前ジソートーソンが雨で中止になり、代わりに車乗トーソンで訪れたコトと、仕事中にクルマで来たコトはあります。




当然いただくのはコレ。

20160904_174807.jpg


疲れた身体に甘いモノと珈琲が沁みます。




閉店時間を過ぎてしまっているので、この後の予定を決めたらトットと出発しますが、




その前に。


20160904_400000.jpg
※茶丈藤村様FBページより拝借。


集合写真をば。





コレもいただきました♪

20160905_183731.jpg







写真の通り結構暗くなってきましたので、ナイトライドをマターリ満喫…と思ったら、オヤツ食べて元気になった住友さんが何故かゴリゴリ牽き倒します。


…なんてメンドクセーヤツだ!






でも駐車場に戻る頃には既に真っ暗。

20160904_184511.jpg






というトコロでこの日のライドはオシマイ。





この後はお風呂に入ってサパーリして、


仕事終わりのガルマさんも合流して、



20160904_205247.jpg



おニク食べて帰還。





久々に運転しててチョー眠くなりましたね。

私の身体はまだ二日連続で走るようにが出来上がってない様子。
まだまだ鍛え足りん!







予定してたライドは中止になりましたが、この日の為にイロイロご尽力いただいたカンパチさん、

急遽アテンドをお願いしちゃった住友さん、


そして一緒に遊んでくださった皆さん、



ありがとうございました♪




また企画だけして実務は丸投げというライドを企画したいと思いますので、またよろしくお願いしますね。








【走行距離】149.9km
【獲得標高】883m

【エンゲル係数】高め







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




琵琶湖で見つけたワシSP

前回からのつづきです。




ビワサイさんの溜まり場ローソンをあとにして、びわ湖大橋を越えガルマさんオススメのルートへと走り出します。

20160904_084058.jpg


琵琶湖は自転車でも仕事でも何度か訪れてますが、この橋を渡るのって意外と多くない気がします。
久々な感じ。




山が近付くと雲が…

20160904_085635.jpg


まぁ上まで登らないというウワサなので多分ダイジョブでしょうと、気にせず前進みます。




「チョロっと登ったら下り基調が続きますよ」


確かガルマさんからそう聞いてたと思いましたが、結局10km以上登ってましたね。



コレがビワサイイズムというヤツか…




おかげで私はヘロヘロのパー。

20160904_090956.jpg

思ったより暑いし。






ココからは下り基調が続くというコトなので、エアロフレーム組が先行しましょうというコトになり、

20160904_092050.jpg

ペロさんセーテンさんも大ハシャギ。


画像を加工してありますが、顔は狂喜しております。






そして始まるゴリゴリタイム。





私の調べによればココから休憩地点の道の駅まで約20km

皆さんにも大体そんな感じでお伝え。


得意の下り基調とはいえ、ある程度のマネージメントは必要です。


更に、前日のCTR練で脚がソコソコアレですので、フル全開ゴリゴリがチトムズい。




そんな感じで前を走っておりましたが、しばらくすると私のヌルイ先頭に業を煮やしたgottuさんセーテンさんが前に出てきました。




ホゥ…

私のストロングポイント(通称:ワシSP)でナカナカ挑戦的な先頭交代をしてくれるじゃないの…




と思ったら。





少ししたトコロでgottuさんがSHOROs式先頭交代(要はリードアウト。ゴールはまだまだまだまだ先なのに)。



そしてセーテンさんのド迫力肉弾頭牽きが始まります。

まるでゴール前のようなチョーモリ漕ぎ。


まだまだまだまだ先なのに。





当然そんな走りがいつまでも続くワケもなく、少しタレ始めたトコロで心をヘシ折るフルアタック。


一気にセーテンさんを置き去りにします。




フフフ♪

このワシSPで私に勝つにはまだ少し早いようですな…






ココからは自分の脚と相談しながらソコソコ頑張って進みます。


前に出た二人をチギった手前追い付かれるワケにもイカンので、常にバックミラーはチェック。
誰かさんがライトを点けっ放しで走っていたので、近付けばスグに分かるというサービス付き。



ヘッドライトが見えたら少しアゲ、消えたら少し休むを繰り返し、


20160904_101111.jpg



チョー余裕のスプリントポイント獲得。





二番手はセーテンさんかな?と思ったらやって来たのはワタルさん。


フフフ♪

心折りアタッコ成功だぜ。





しかしSTRAVA上の順位がチョー微妙。
ワシSPなのに。

いずれサラ脚で臨んでみたいですね。

そして私の名前をココに刻む!








少し休憩して、近くにある宝牧場へ。


20160904_103540.jpg



隣にある焼肉屋さんが何ともシュール…





と思ったら、




20160904_104031.jpg





ウム。








しかし我々がいただいたのはおニクではなく、


20160904_104819.jpg


コレですけどね。
あとパン。





そしてカンパチさんとはココでお別れです。


来春の丸山千枚田、よろしくお願いします!






全員で牛乳をコップ1杯ずつくらい飲んでたら逆にもっと飲みたくなり、セーテンさんと二人でもう1本(1リットル)を飲み干したせいで、ワリと腹タポタポでリスタート。


すると早速始まる短めのヒルクライム。


ウーン、苦しいぜよ…

ミルキーゲップが…




そう思いながら登っていると、何故か私以上に苦しそうな

20160904_113541.jpg

バスク輪さん。


前を行くコギコギさんとセーテンさんを追う気が全く見受けられません。

まさにチギれっパナシ。



仕方ないのでトットとオサラバ。




20160904_115734.jpg


先行組が待っている日陰に一人遅れて登場し、目立とうとするバスク輪さん。

出たがりさんですね。




そして長浜の町へ向かい、昼食は住友さんオススメの、

20160904_120723.jpg

西友さん。

ウナギ屋さんです。



翌々週のアレでウナギ屋に案内しようと思ったけどコレのおかげで予定変更になっちまったな




殆どの方がひつまぶし的なモノをいただいてましたが、

20160904_124902.jpg

基本的に名古屋飯をディスってる私は意地でも食べません。

名古屋在住20年超、名古屋の食事がホントにダメなのです。
最近更にソレがマシマシです。
諸事情により。



なので私(とgottuさん)は

20160904_124858.jpg

普通のうな重。
ランチサイズ。




お店のお座敷がほぼ貸し切り状態だったおかげでチョーオクツロギモードの面々。

外は暑いしココは快適だしお腹イパーイだし眠いしで、根っこが生えるドコロか床と同化レベルです。




しかし行程はまだ半分ホド。





この先はセーテンさん悦ぶ脱落禁止の湖畔ド平坦ルートが始まります。



20160904_140503.jpg













つづく。









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





ヒーローの条件

この日は「カンパチツアーズ 第二弾」ハズでした。


しかし前日夕方時点の天気予報が、その目的地のみ雨という仕打ち。




このライドはかなり前から計画していて、かなり楽しみにしていたんですよ。

しかもこの時期にしか見れない景色を見に行こうとするライドでしたので、今回を逃すと次は来年なのです。



季節毎に違う風景を楽しめるので、まずは来春に再度計画していただくコトになりましたけどね。





というコトで今回の「カンパチツアーズ」は中止となりました。








んが!








ソコ以外の天気は大丈夫そう。

以前よりONIさんがヤルヤル詐欺している名古屋二大聖地の一つ「二之瀬峠」にお客様をお迎えしようと思いましたが、ココ最近UNCO付近で雨にやられ続けているので却下。



西播磨からも何名かいらっしゃる予定でしたので、んじゃ間をとって琵琶湖に集まりましょか、というコトに。




ソコで住友輪業さんの提案で、ビワサイのガルマさんにいつものダダ洩れドッキリを仕掛けよう、というコトになりました。




「ビワサイの集合場所はクルマがいっぱいなので、少し離れたトコに停めて6:45出発やで!」

「女子力発揮してチマチマ準備してたらドッキリに間に合わないから、遅刻厳禁準備はサクサクやで!」



ハナ息荒めにそう仰る住友さん




前日もアゲアゲで走っていて脚も身体もバキバキでしたが、ソレでもその身体に鞭打って住友さんの指示した時間に遅れないように、

20160904_045620.jpg

日が昇る前に琵琶湖へレッツゴー。



途中、三重と滋賀の県境辺りで雨がジャンジャン降っていましたが、現地に着くと

20160904_061555.jpg

ソコソコイイ天気。



「ドッキリ仕掛けてやったぜ」的な顔してペロさんgottuさんもいらっしゃいましたが、私には優秀なエージェントがいますのでコチラも情報はダダ洩れ。






で?

住友さんは?







寝坊コイてましたわ\(^o^)/


まぁお引っ越しやらお引っ越しやらでイロイロとアレかもですけどね。

出来ないコトは言うんじゃないよ、と。




更に遅れて来てノンビリとトイレに行くという女子力まで発揮する始末。


20160904_065729.jpg



主催者改めイチ参加者となったカンパチさんも、遠くからいらっしゃったにも関わらずキッチリ時間通りに仕上げていらっしゃったのに。





ま、ヒーローは遅れて現れるってのは昔からの定番ではありますけどね。




ヒーローよろしく、カッチョつけて「んじゃ行くやで」なーんて言ってみても、

20160904_071353.jpg

モロスカしっぺ。

だーれも居ません。
当然ですけどね。




「ビワサイの皆さんは、最初CRを走るハズなので我々は車道を一気に駆け抜けましょうか」



なーんて仰るので、朝からアップもホドホドに車道をゴリゴリ。


20160904_073105.jpg




急いでるってーからホンのチョットだけアゲてみると、チギれたフリしたり「速いよ」などと三味線弾く面々。

こうやってイメージって作られていくんですね。


ペロさんのように自らイロイロ作る方も稀によくいらっしゃいますが。





こうしてビワサイさんの溜まり場であるローソンに無事到着。

20160904_075502.jpg


朝イチからアゲさせられたので補給に夢中で、写真はほぼナシという始末。
ブロガーなのに。



この間に住友さんはガルマさんからオススメのコースを教わります。

ただ単にビワイチしてもアレですしね。
タマには地元の方がオススメするコースを楽しみませう、というコトで。



しばらくココで待っていると、

20160904_081853.jpg

西播磨組が到着。


決して遅刻したワケではなく、予定通りの到着です。







というコトで今回の「カンパチツアーズ」改め「琵琶湖ツアー・地元オススメコース編」の始まり始まり。









つづく。








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




UNCOの呪い

とある土曜日。

翌日に「カンパチツアーズ 第二弾」を控えてましたが、ソレはあくまでもツーリングなので前日のこの日にアゲアゲで走っておくコトに。



前週はVENGEでの初いなべ周回が雨に阻止されましたからね。

今日こそはと元気に起床。

20160903_051145.jpg

この通り晴れる感じのお空。



何の不安もなくクレール平田へ向かいます。


そしてワシのイカスVENGEをパチっと。

20160903_055311.jpg

いつまで飽きずに載せ続けるか…



そしてクレール平田から眺める空はというと、

20160903_055331.jpg

雲はありますが、さほど心配しなくてよさそうな空。



しかしコッチの空は行き先とは反対なので、二之瀬方面をチェック。

20160903_055344.jpg


…ウーン。

山に雲かかってるキガス。






あっ







という間に二之瀬麓に着きましたが、

20160903_063923.jpg

天気は大丈夫そう。



ちなみにこの日の参加者はこの方々。

20160903_063930.jpg

路さん・たかじんさん・syuさん。
そしてゲストのいとうさん。

もはや いとうさんは常連ですね。


いとうさんはちゃーんとご自身のチームジャージを着ていらっしゃいますが、ウチのチームは誰も着てません。



「この練習で着たら負けな気がする」



そう言ったのは、富士ヒルで一人だけCrazy Trainジャージだったコトに若干の遺恨を残すたかじんさん。
私と路さんはバッハジャージだったのですよ。

あのイベントは私にとってはレースではなく、あくまでも「お楽しみイベント」でしたからね。




二之瀬はいつも通りボチボチ…というよりゆーっくり登り、いつものようにUNCOdeQK

20160903_072210.jpg





すると!






20160903_073848.jpg






今日も雨\(^o^)/

二週連続だぞオイ。




私の買ったばかりのVENGE、ココまで3回走って2回が雨という強運ップリ。

いい加減怒るぞしかし。




タマランのでスグ南にある(多分オヤスミ中の)会社の軒先をお借りして雨宿り。

20160903_074213.jpg


そして先週同様雨雲レーダーとニラメッコ。



ちなみにこの雨雲レーダー。

普通の人はあまり使わないようですよ。

妻やそのお友達などにこのアプリのお話ししたら、お天気マニア扱いされましたからね。



ちなみにスマココも。


会社の若いのに、

オマエラがちゃーんと仕事しとるかスマココでチェックしてやるから、5秒毎24時間にセットしてワシにナンバー知らせんかい

と言ったら、


「何ですかソレ?」

と真顔で言われましたよ。


あの顔は知っててスットボけてるアレでは無いので、多分マジなヤツですね。



自転車乗りはアプリマニアばっかりですな。






で、結局この日もいなべ周回を諦めるコトにしました。

鈴鹿山脈方面から雲がジャンジャンバリバリ来てますからね。




というコトでカエル経由で木曽三川公園へ向かい、背割を走って帰るコトにしました。


20160903_082612.jpg


カエル付近では路面すら濡れていませぬ。


ココから木曽三川公園までは私のSPが続くので、ヤル気マンマンのオラオラで走っていた私。

チョーシコイてチョー先行してましたので、後続を待つべく某交差点で待っていましたが、待てど暮らせどだーれも来ません。



あ!

こういう時こそスマココやで!





ショートカットしてケツカル\(^o^)/





先行していたハズなのに何故か一番最後に辿り着く私。

20160903_090925.jpg


むしろ、

「ナニ遠回りしてんの?」

くらいな目でたかじんさんに睨まれる始末。




ドーンと休憩した後は背割へGOします。

20160903_092718.jpg


この日は南下ルートのみTTするコトに。

要は1往復半する、というコトです。



来るリキさんとのチームTT対決に備えての練習です。




往路で対岸のコースをゴリゴリしている何人かのローディさんを、

20160903_093349.jpg

追いかけてナニしちゃおうかとする たかじんさん。


向こうはコチラに一切気付いておりませんけどね。

ナニするダケ無駄ってヤツです。




そして北側のゲートに到着。

20160903_095012.jpg

自走で来ているたかじんさんはココで離脱です。




背割はド平坦なので、私のVENGEの真骨頂。

楽しみでなりません。


ただ、あくまでも「みんなで回す」コトが目的なので、無理は禁物ですよ。




簡単に回し方を決めて、背割南下ルートTT開始!




いくつかの反省点と次のアレをココに書くと、リキさん始めSHOROsの方々にバレるので書きませんが。
STRAVAには書きましたけども。

ま…リードアウトするコトしか知らないSHOROsの方々にバレても大して影響はないんですけどね。

また近々ココでナニしたいですね。
私は平坦が大好きですので。




で、クールダウンがてら背割を再び北上しますが、何故か途中から路さんがビミョーにアゲていきます。

ウーン…
逃げてる感じはないから…

ナニかの気分なんだろうな、きっと。

トイレかな?




と思ってマターリマターリとクレール平田に戻ると、

「勝った♪」



あ、そういうアレでしたか。

そういやいつもクールダウンなんて無かった。



そして今日も効くか効かんかワカランこれを飲んで、

20160903_105202.jpg

この日はオシマイ。





結局雨に降られたのはUNCOダケ。

いなべ周回コースも雨だったでしょうけども。




コレはもはやダレのせいとかいうアレでは無いですね。

完全にUNCOの呪いです。





そろそろVENGEでいなべ周回走りたいぞ!






【走行距離】86.0km
【獲得標高】728m






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




二之瀬&いなべ周回練(CTR練)のお知らせのお知らせ

大体が私のヒマな日メイン気紛れで発生する週末の「二之瀬&いなべ周回錬」。

コレからは「CTR練」と呼ぶコトにしますが。
ええ。
チーム名そのままです。

「おはみの」パクって「おはニノ」にしようかと思いましたが使用料がヤベーのでヤメときました。
「UNCO練」も考えましたが、女性も熱烈募集しておりますので、少々お下品なのでヤメにしました。




そのCTR練ですが、今まではブログ上でお知らせしておりましたが、ブログではイチイチ参加表明コメントがメンドクサイ…とお思いの方が万が一いらっしゃるコトも踏まえて、今後はFacebookTwitterでお知らせするコトにしました。

お知らせの為ダケのブログ投稿がメンドクサイとかそういうんじゃないですよ



facebookはコチラ
https://www.facebook.com/CrazytrainR

twitterはコチラ
https://twitter.com/DaizCTR


ツイッターはアレらをイジる為にとりあえずアカウント作成したダケで使ったコトがありませんし、誰かをフォローしようにも探し方もワカランので、今度誰かに会ったらイロイロ教わってからの活用になると思います。


FBも今までは大して使っておりませんでしたが、コレを機に今後はチーム練やレース活動の様子などはボチボチアップ出来ればいいなぁと思っております。

…問題はSNSにソレほどお熱が無いのでFBもツイッターも継続性ががが



毎回当ブログで練習ライドの発信をしておりますので私の好みでいなべ周回コースあるいは平坦を必ず入れますが、当チームは私以外全員クライマーです。
私の走れない日にヒルクライム練習(二之瀬ダケとか鈴鹿スカイラインダケとか)があるやもしれません。

その時にはチームの誰かがFBでお知らせするかも…です。




しばらくはブログ上でもお知らせしますが、あと数回ココでお知らせしたら以降はFBとTwitterのみのお知らせにしようと思います。
ブログをスマホから書く気になれないのでその方が私もラクチンなのです。


参加ご希望の方はFB投稿へのコメント、Twitterへの返信…リプライ?ヨクワカランをお願いします。
原則飛び入り参加はお受けしません。





それではハァハァしたい方お待ちしております








ちなみに。

昨日私が出稽古に行っている間、クライマー陣3名が平田クリテに参戦。
たかじんさんはゴルフ行ってましたけどね。

みっちゃま「追い込み女王」の名に恥じない走りで、脚が攣るまで出し切ったようで…


まぁでも私も出稽古で爆攣りましたからアイコですけどね。







皆がレースやハァハァを楽しむ…そういうチームなのです。










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




2回目なのにもうヌレヌレ

8月の最終日曜日は平田クリテの日。

チョーヤル気マンマンでC5C3にエントリーブチ込みましたが、天気予報は生憎の雨。


私は雨の中クリテを走るホドの勇気はございませんので、即DNSを選択。

かといって週末にライド出来ないのはチト感じ悪い。



というコトで前日の土曜にいつものコースへ走りに行くコトとなりました。




この日の参加者は路さんたかじんさんいとうさん

路さんもクリテにエントリーしてましたが、同じく雨で断念によりこの日のライドを選択。

syuさんは翌日の乗鞍参戦の為この日は欠席。
当日の乗鞍は快晴だったようですけどね。



たかじんさんはかなり久々のご参加です。

チーム立ち上げてからは初…ですかね。



たかじんさんは結構な長い間風邪をひいていたようで、しばらくはローラーもままならない生活だったようです。

ホントに風邪ですか?ってーくらい長い間不調が続いていたようで。

ソレがようやく治りボチボチローラーを再開し、軽くリハビリ実走も済ませての、参加です。



たかじんさんは鉄人さんなので、リハビリ即復帰とは分かっていましたが、ご本人は三味線を弾き倒す始末。

いなべ周回コースに行くと言ったらスマココの導入を強要してきます。


「チギれちゃうかもしれないから( ´Д`)y━・~~」


逆ですね。
ヤル気マンマンです。







ってコトで当日。








たかじんさんの朝はチョー早い。

20160827_042750.jpg

日が短くなってるのもありますが、家を出る頃はまだ暗い。

参加表明いただいていた方が寝坊するホド。



クレール平田に着く頃には

20160827_052012.jpg

明るくなってましたけどね。



たかじんさん以外は全員トランポですが、たかじんさんダケは漢の自走。

アップは充分です。



20160827_053433.jpg



この日の路さんは平坦モード。

コレがまた疲れるのです。



二之瀬を捨てた時の路さんはマジキツい

登りはクライマーさんをイッテラッシャイすれば済むハナシですが、平坦ではそうもいきません。



私のステージですからね。

クライマーに後れを取るワケにはイカンのですよ。




そしてその懸念が即現実に。



アップ済みのたかじんさんがアゲアゲで二之瀬へGOするかと思いきや、何故か路さんが先頭をゴリゴリゴリゴリ。

完全に二之瀬でアゲる気の無い走り。




二之瀬麓へ着いた頃にはもうお腹イパーイ。

20160827_061656.jpg




久々のたかじんさんがいらっしゃるのでマターリマターリ登るのかな?と思ったら、その たかじんさんがガマン出来ずにアゲアゲ。




結局平均心拍170超、最高心拍189までアゲさせられるハメに。

平均パワーもFTPなんぞ余裕で超える強度で走り切らされましたよ。



でもタイムはベストから2分半遅れ




ウーン…

日々登りは遅くなる一方だぞ…

例のヤクブツ導入してから2kg増えたしな…

この調子だと来年の富士ヒルは無いな。
富士チャレにシフトしようかな。日程次第で。





それにしても、久々でリハビリが云々仰ってたにも関わらず、こんな強度で登らされるとは…




たかじんさんオソルベシ\(^o^)/

ナニがスマココだ





山頂はスルーしてそのままUNCOdeQK

20160827_065752.jpg




とりあえず1周目はゆっくり、2周目でTTして3周目でクールダウンな感じでどうでしょ?なーんて言ってると…





雨が\(^o^)/


オイ。
このバイクまだおろして2回目だぞ。




たかじんさんが久々参戦したら早速雨だ!




私のバイクが雨色なせいだと仰る方もいらっしゃいますが、そんなコトは無い!
先週は晴れた!
しかもむしろいとうさんのバイクのが雨色だ!





チームの鉄則として「雨の日は走らん」というのがありますので、雨雲をチェックしコースを選択。
無論周回練は諦めです。
鈴鹿山脈の方から雨が来てますし。


結局久々にカエル方面を抜け背割をカッ飛んで帰るコトに。




しましたが!





コッチも結構な雨に\(^o^)/

20160827_071324.jpg

堪らずしばしの雨宿り。






そういえば…


あの雨神様が名古屋に来てるとかFBに投稿があったな…






バイソンさん、

来るなら平日にして\(^o^)/








結局裏二之瀬を登り返すのが最もダメージ少なそうというコトで、

20160827_083437.jpg

来た道を帰るコトに。




帰りの平坦路もキッチリ雨にヤラれながら帰ります。

20160827_084856.jpg



雨でも平坦モードの路さんはお構いナシ。

結局いつものように最後までハァハァ。




そしてクレール平田に戻ってくると雨が上がるという、

20160827_102618.jpg

ナニかの法則的なアレ。




クヤシイのでいつもの終了後マターリタイム。




「チーム練って休憩&ダベリ無しじゃないの?」

とたかじんさんにツッコまれるホド。





帰り際、路さんのバイクに富士ヒルシルバーリングを確認(今更

20160827_100228.jpg




「何でみんなシルバー付けないんですか?( ´Д`)y━・~~」

というブッ込みに対し、



「ボクは参加証しか持ってないんで」

と、上位30%程の人しか獲得出来なかったブロンズリングを参加証扱いするTかじんさん




私はチョー必死のギリギリのシヌ思いで獲ったのでちゃーんと(DQNバイクに)装着してますけどね。

たKじんさん、サスガですな!







帰宅後、2時間ホド掛けて濡れたバイクを本気の整備。

DQNバイクの頃はゾーキンで拭いてオシマイでしたけどね






練習自体は不完全燃焼でしたが、まぁこんな日もありますよね。


来週頑張ればソレでヨシ。








全然「ヨシ」じゃなかったですけどね!











【走行距離】52.6km
【獲得標高】748m

使ってるチェーンオイルが水置換性だった!
ってコトは上から塗り直すダケでOKなのかな?







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター