クリテはレース(アタリマエ)

***************************************

【バッハジャージ募集のお知らせ】


この度「バッハジャージ」を追加生産するコトとなりました。

皆様方からのご応募お待ちしております。



※詳しくはコチラの記事をご覧ください。






既に一定以上のご応募をいただいており、割増料金無しでの生産が可能な状況です。

今月末まで募集致しますので、よろしくお願いいたします。


***************************************










平田リバーサイドプラザ・クリテリウム(通称:平田クリテ)第11戦のお話しです。





先日の最終戦が雨で中止となってしまいましたので、この日が実質最終戦。



昨年末頃からクリテに参戦し始めて、ようやく1年ホド経過はしましたが、5月以降は他のレースやら遠征やら雨やらであまり参加していませんでした。

何となく久しブリブリブロッコリー。



今回はC5-4とC3でエントリーです。



しかしC3はC5が終わってからの脚次第でキャンセルする可能性大。

今年の年初は両方出てましたが、ココ最近はC5で力尽きるコトが多くC3は出ていません。





また、今回のC5では脚の調子次第では思いっ切り勝負に出ちゃおうかな~・・・なーんて思ってみたり。








というコトで当日。



20161113_065240.jpg




今まではクルマを堤防下の草ボウボウのトコロにクルマを止めておりましたが、国土交通省からのお達しで駐車禁止に。

元々公園敷地ではなく、国交省管轄の土地となるので、今までがダメだった…というコトです。


しかも最近堤防からトラックが落ちてくる事故があったようで、下にクルマが止まっていたらエライコトになってましたね。

と、平田クリテHPに載ってました。





というコトで受付に近い駐車場を確保すべく朝イチで会場へ凸します。




おかげでクルマはスッカスカ。

20161113_065250.jpg




早く着き過ぎてやるコトもないので、とりあえずスマホで色んな方々のブログを徘徊。



すると同じ考えだったのか、ホドなくしてなかさんがご出勤。


一旦クルマを止めますが、



「C5-4(最初のレース)で帰るのにココ止めるのはアレじゃない?」




…確かに。

人とバイクとブチョー珈琲で溢れる会場をかき分けてクルマを出すってーのもアレですね。





ってコトで少し離れた南側駐車場へ移動します。

離れてるって言っても自転車で移動しますし、全然大した距離ではないので問題ナシですね。




それにしても…

堤防に止めようとするクルマが1台も無かったってのは素晴らしいですね。


1台や2台は間違えそうなモンですが…

サスガ平田クリテに参加されるような方は立派な方ばかりです。
※特にワシ。







ちなみにこの日は「鈴鹿エンデューロ秋SP」の翌日。

私は諸事情により参戦を断念しましたが、なかさんは前日キッチリ4時間ソロでアゲているにも関わらず平田にも参戦。



「こーさんは逃げた」

なかさんがそう仰ってました。



ペロさんは自走で会場に訪れるホド漲っていましたが、回復走がてら見に来たダケとのコト。

ガッカリです。






クルマを移動したり準備したりしてたらイイ時間になってきましたので、そろそろアップ&試走開始です。



コース上には落ち葉が結構ありましたが、運営の方々がちゃーんと掃除してくださっています。

ホントにありがたいですね。


毎月わずかな参加費で開催してくださるダケでも充分ありがたいのに、キッチリとレース環境を整えてくださいます。

落ち葉以外にも、毎回イロイロとコース環境を整えて下さっていますしね。






若干寒さはありますが、まだ冬用ジャージは必要無さそうなレベル。

身体を温めた後、心拍を上げておくのと脚の具合を確かめる為に少しアゲますが…






ダメだコリャ\(^o^)/



モモ筋が疲れとる。




ウーン…一昨日のスクワットが効いてるな…

コリャあの作戦は確実にリームーなので大人しくしていようそうしよう。







そう決めてスタートラインに並びます。


20161113_082647.jpg


この日一緒に走ったのはなかさんいとうさん


なかさんは私の師匠なので言わずもがなですが、いとうさんもすっかりクリテにハマったご様子。

イイですね♪






おかげでワリとリラックスした状態でレーススタート。





最初はローリングスタートですが、バックストレートに入っても全然ホイッスルが鳴りません。

まさかこのまま1周する気なのか…4周しかないのに…




と思ったらようやくレーススタート。

最近はローリングタイムが長くなったのかな?





今回はムリをせず集団内でコソコソするつもりですが、出来るダケ前方に位置するよう心掛けました。

インターバルが掛かるのも避けれますし、落車リスクも減ります。



私の中で「落車を絶対しない人」と思っていた なかさんが前回落車していますからね。





時折前を牽きつつ走りますが、飛び出す選手も無くレースは小康状態を保ったまま最終周へ。





その時私は何の因果か前を牽いてしまいます。

20161113_082648.jpg

1コーナーをノーリスクで入れるのはヨカッタんですけどね。




バックストレートに入ってスグに三番手に交代de後退。

なかなかイイ位置かな?と思ったら先頭がオモクソ減速します。


ウーンこのままツキイチをキープするかな…と思いましたが、その隙に後ろから大量に来られても第3コーナーでエライコトになりますしね。

仕方なく先頭に出ます。



でもソッコー交代してやろうと、即左によって減速しますが…





全員ケツに張り付いてケツカル\(^o^)/


お見合いか?

この日はそういう日でしたね。

大人しい人が多かった。
私含めて。




やっぱり後ろから大量に来られるのがイヤで、結局そのまま少しダケ上げて先頭で最終コーナーを抜けるコトに。





ホームストレートに入ってスグに少しアゲてみたものの、そもそも脚が残ってないので大してアゲるコトも出来ずにいると、後ろから1台のバイクがエライイキオイで抜けて行きました。


コリャイカンとスグ追いましたが、全然アゲれません。





結局その選手が1人抜けてトップでゴール。

残り5人が1車身差ホド離れて、団子状態でそのままゴール。





一応次戦のシードは取れたのでヨシとしますが、また勝てませんでした。

その次戦も雨で中止ですし。






早くC5を勝って卒業したいんですが、なかなかウマくいきません。

今回勝った方も「ようやく勝てた」的なコトを仰ってたのが聞こえてきましたしね。
何だかんだ勝つのは難しいのです。



そもそも、二日前にスクワットなんてやったらイカン。



エンデューロ前の週はローラーも控えめにして疲労抜きをするのに、クリテは距離が短いからって疲労抜きなど一切しません。

しかしソレがイカンのですね。



距離は短いですが、強度はかなり高いですからね。




今更ですが、クリテはレースなのです。

アタリマエですが。




チョーシこいてローラーなんざ回さずに、大人しく筋膜リリースローラーを回しておくが吉なのです。






当然、妙に脚がパンパンになっちゃったのでC3はキャンセル。



応援に来て下さったツカさんご夫妻やまさんデリさんとおしゃべりタイム。

20161113_090959.jpg


一応C3までは見学していきましたけどね。





その後は駐車場に戻ってなかさん・ペロさん・デリさんと、デリさんをライドに駆り出す計画を模索。




いとうさん、ツカさんご夫妻は背割をアゲアゲされていたようですが…

一声いただければ馳せ参じましたのに。








さて。

次のクリテは1月です。




しばらくクリテ以外のレースはありませんので、ソレに向けて頑張りますよ。




CTR練も、山が閉鎖されたら背割5往復とかの平坦メイン練習に…

いや、イカレ陣が多度5本とか仰ってたような…
ソレは無視しよう。
私にはムリ過ぎる。




いなべまでトランポして、いなべ周回5~6周でもいいですね。

アノ辺よく雪降りますケド。










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

たまには初号機を愛でましょう

***************************************

【バッハジャージ募集のお知らせ】


この度「バッハジャージ」を追加生産するコトとなりました。

皆様方からのご応募お待ちしております。



※詳しくはコチラの記事をご覧ください。






既に一定以上のご応募をいただいており、割増料金無しでの生産が可能な状況です。

今月末まで募集致しますので、よろしくお願いいたします。


***************************************











ある平日のコト。






諸事情により有給休暇を取るコトとなったんですが、その諸事情が発動するのは夕方頃から。




私は半休というのがとてもキライなので、遅刻早退あるいは半日以下で済む用事でも必ず一日休むコトにしております。
ONとOFFを明確に分けたいので。


ONかOFFか、白か黒か、敵か味方か…

私はそんな性格なのです。
きっとシヌまで治らないでしょう。

考え方は変えるコトは出来ても性格は一生変わらないって言いますしね♪







しかしその日はいつも通り起床したので、夕方までタッポリ時間がある…

んじゃ午前中ダケでも走りに行っちゃおうかな?と思いましたが、実走週イチ限界説が囁かれている私の脚では大したトレーニングにもなりません。

しかも万が一事故したり落車したりしたら、堂々と有休を申請して休んでるとはいえ、サスガに具合がよろしくありません。




ついでにその日の天気予報は午後から雨予報。



となると鉄の掟が発動しますし、更に落車リスク増となります。







というコトで。





タマにはローラーに固定しっ放しのCAAD10キレイキレイしてあげましょ、となりました。

週末にはクリテも控えていますし。

クリテは毎回CAAD10で出ているのです。
落車してVENGE壊れるのがイヤなので。




更に、ついでにクランクも交換するコトに。

というよりむしろコッチがメイン。





現在CAAD10に装着されているクランクはFSAのSL-K。
クランク長170mm。

CAAD10購入時にはFSAゴッサマの172.5mmが装着されていましたが、少しでもサドルを上げたいクリテなどでインターバルに対応する為にあえて短めのクランクを使用しておりました。

ちなみに私の身長は178cmチョイ。いや、むしろ179cm弱。
いやいや、カッコつけるならば180cm弱というトコロ。

体重はナイショです。
お会いしている方々には普通に晒してますが。



身長からすると170mmは少し短いかな?







CAAD10は購入してから1~2年でBB以外はほぼ全トッカエしましたが、その殆どが交換したコトによる効果を体感出来ました。

しかし唯一このクランクに関してはビタイチ分からなかったんですよね。


長さを変えたコトも、アルミからカーボンに変わったコトも、一応軽量化されたハズですがそのコトも、その効果は一切分かりませんでした。


チェーンリングを50-34から52-36に変えましたので、ソレに関しては何とか違いを感じたレベルです。





そして昨年春から1年半ホド使用していた例のDQNバイクもクランク長は170mm。

コリャちょうどいいやと使い続けていましたが、今年の夏VENGEを購入した時に何となく172.5mmにしたんです。


するとペダリングしやすくなった気が…


ニューフレーム導入によるプラシーボかとも思いましたが、170mmのCAAD10と比較するとやっぱり回しやすい。




以前交換した時は違いがサッパリ分かりませんでしたが、戻してみると違う気がする…しかも戻した方が調子がイイ気がする…




というコトで元のゴッサマ(172.5mm)に戻すコトにしたのです。




マネーにゆとりがあればBBごと交換してシマノクランクにするんですけどね。

ほぼローラー専用機となっているCAAD10に投資するのはチト勿体無いので…
同じマネーを費やすならVENGEのコンポを少しずつヅラ化するってーモンです。






ほぼ室内で使い続けていたコトで、幸いにも長いコトBB30の異音に悩まされるコトもなく、おかげでスンゲー久しブリブリにクランクを外すコトとなりましたが…








スンゲー固ぇ\(^o^)/







クランクの付け根部分に10mmのアーレンキーをブッ差して回すんですが、もうカッチカチです。

マジ馬力をフンフンしても全然取れません。



かつてスプロケを締め過ぎてブッ壊したホドのパワーを込めますが、全然外れません。


仕方ないのプラハンでチカライッパイブッ差したアーレンキーをブッ叩いて何とか外しました。



そう考えるとシマノのメンテナンス性は素晴らしいですな…





チョロっと掃除してクランク交換したらカル~クローラーなんて回しちゃおうかな、なんて思っていましたが、この時点でイライラMAXの私にローラーというオプションは消えておりました。






さて。

2.5mmの違いが目に見えて分かるのかどうか見てみましょう。




20161108_084433.jpg



上がSL-K(170mm)、下がゴッサマ(172.5mm)ですが…


ウーン…違うといえば違いますが…

遠近法的なアレが効いてるキガス…





前後入れ替えてみましょう。


20161108_084534.jpg




ウム。



遠近法だな\(^o^)/









んじゃ縦に。



20161108_084556.jpg




ウーム…

ま、確かに違うな。

長いキガスル。








BB廻りも軽く拭いてグリスアップしようかな?と見てみますが、

20161108_093153.jpg

サスガほぼ室内使用だけに綺麗なモンです。

触らぬ神に祟りなし。
君子危うきに近寄らず。

ま、最近は異音も出ていませんしね。







ってコトで前後のホイールもハズしてフレームをキレイキレイ。


20161108_094207.jpg






室内でしか使ってないからと放置しまくっていたチェーンも念入りに磨きます。

チョー真っ黒な汁が出まくり。




当然スプロケも同様にヨゴレまくりでしたので、

20161108_095438.jpg




コチラも念入りにゴシゴシゴシゴシ。



20161108_100459.jpg








仕上げに、素敵なオイニーと輝く艶に定評のある、フィニッシュラインショールームで、

20161108_103233.jpg


ピカピカに。




室内使用とはいえ、私の血と汗鼻汁とヨダレが染み込んでいたフレーム。

掃除をするコトで久々に輝きを取り戻しました。




早速交換したクランクの調子を確かめようとCAAD10をローラーに設置し、輝きを取り戻したその姿をマジマジと愛でていると、フト気になるのが隣に置いてあるVENGEのチェーン…



フレームは実走後に毎回磨いておりますので常に輝いていますが、チェーンは軽くヨゴレを拭き取る程度。

ガチクリーンはせいぜい月イチです。


そういや前回のガチクリーンから1ヵ月以上経つな…






ガマン出来ん\(^o^)/







というコトで、VENGEも外に出してチェーンとスプロケをゴシゴシ。

20161108_112335.jpg






おかげで気付いたら昼を過ぎていましたし、ディグリーザーも2本使い果たすという、私の財布と地球にキビシー結果に。







で、クランクを2年ブリくらいに戻した結果…











うおおお!

スンゲー回しやすい!



などというプラシーボ満載アホインプレなど生まれるハズもなく、VENGEに乗った時同様、「なんか回しやすくなったキガスル」程度です。


所詮2.5mm。

私如き凡人には明確な違いなんぞ分かりませんが、その感覚的な「なんか」は大事にしたいトコですよね。





ちなみにサドルは意地でも下げたくないので、少し前に出しました。

コレで膝などに異変が現れたら考えますが、現れるまではそのままイキます。



見た目大事。

落差イノチ。











と、このように有休を利用してまで久々に愛で倒したCAAD10で臨む週末のクリテ。


どうなるコトやら…











あ、綺麗になったCAAD10の写真撮ってない!


まぁいいや。

写真じゃ伝わらないしジコマンの極致みたいなアレだし。










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







実走週イチ限界説

***************************************

【バッハジャージ募集のお知らせ】


この度「バッハジャージ」を追加生産するコトとなりました。

皆様方からのご応募お待ちしております。



※詳しくはコチラの記事をご覧ください。




よろしくお願いします!

***************************************










出張CTR練(美濃サイクリング)から中二日のある日。


いつものコースでCTR練。





この日ご参加いただいたのは路さん・ツカさん・BONさん




日の出前に集合場所のクレール平田へ。

20161106_060751.jpg


この時期は日の出前からのライドはキツイので明るくなってから。

明るくなる前には二之瀬麓に着きたいという、やたら朝が早いTかじんさんには季節は関係ありませんが。




この日の朝の気温は13℃。

20161106_060730.jpg

※マイカー調べ



ココ最近の冷えっぷりを思えば13℃は大したコトありませんが、この日は風も強く寒さ倍増。




にも関わらず暗い時間帯から自走で来ているハズのツカさんは、

20161106_061852.jpg

漢の半ピチ。





ちなみにこの日はある筋からお借りしたレースピで。

20161106_061935.jpg

今シーズン最後のレース、モリコロで使いたいのでとりあえず慣れておくコトに。



翌週はクリテなので使いませんし、更にその翌週はカラ出張なのでやはり使いません。

タイヤも前後張り替えたので、ちゃーんと走れるかどうかの試走も兼ねて、ホイールに慣れておこうというスンポーです。




準備をしているとようやく陽が昇ってきました。

20161106_062528.jpg


朝焼けというのは、コレから始まる一日にワクワクしてイイ気分に浸れますね。

ハァハァが待っているのでドキドキもしますけど。






全員が揃ったトコロで二之瀬へレッツゴー。









…全然脚回らん\(^o^)/

パワーも全然出てまへん。









三日前の美濃編でのダメージが思いの外深い…

翌日キッチリと回復走をしたハズですが、全然回復しておりません。
スクワットもやっちゃったので、脚をシメてからの回復走という、自給自足というか自業自得というか自転車操業というか、まぁそんな感じになっちゃったかな…



折角の軽量ホイールなので、実は二之瀬頑張っちゃうぜと心に秘めていたんですが、ゲート前(約2km)で撃沈する始末。

20161106_072141.jpg

早速一人旅。
いつものように。


しかしBONさんもツカさんもつえーです。







いつものようのUNCOdeQKして、いなべ周回へ。

ホントは鞍掛峠に行くつもりがホンのチョットだけありましたが、全員一致で回避となりました。

私のエンデューロが近いのでお気遣いいただきました。
ありがとうございます。




1周目はボチボチペース。

2周目に入るとツカさんがアゲアゲモード。



下り基調サイドはラクさせていただきつつも、登り基調サイドに入ると一気に離されます。



路さんとツカさんがズンズン先へ消えて行く…

20161106_090201.jpg




コリャやべーなと思っていると、私に救いの手を差し伸べて下さったのがBONさん。

絶妙な牽きで、前を行く二人を追い掛けます。



一切の先頭交代をするコトなく全てをBONさんに託し、ついにはツカさんを視界に捉えるコトに成功。

20161106_090934.jpg

路さんは更に逃げている様子。




ココで一気に追い付こうと前に出ます。

BONさんが発射台となっちゃったのは予想外で残念ですが。




その後はツカさんのツキイチを決めつつ路さんを追い掛け、最後の最後でツカさんにグッバイして路さんを追いますが、結局あと数m届かず。


下り基調サイドに入れば追い付きますが、登りのピークがスタート&ゴールですので意味無しなのです。

というコトで3周目はダウン気味にボチボチと。




脚が全然回らないながらもソコソコ出し切って、

20161106_093854.jpg

第二UNCOdeQK





帰りはこの日もカエル方面を通って。



今日も県道608の登りで置いてきボリ。

20161106_100100.jpg




…ボリ

20161106_100209.jpg





カエルをチラっとナニして、

20161106_101544.jpg



多度前を抜けて背割へ。




しかし十数人程度の参加者のマラソン大会が背割で開催されており、この日は貸し切りで通行止。


…背割貸し切りとか出来るんだ。


SHOROsクラスの大所帯ならば、貸し切りにしてレース出来るんじゃ…?
十数人ドコロか50人以上集まりまっせ。

去年の忘走会は事実50人超えましたし。





ってコトでこの日は長良川河川敷を走ってクレールへと向かいますが、


20161106_105808.jpg





チョー爆風de向かい風\(^o^)/






もうボチボチしか走れません。

20161106_105816.jpg




しかし反対側の道では平坦練をしているらしきローディが。


無論皆さん血が騒ぎ出して、ソレに張り合うかのようにトレイン組んで走り出します。




…私の脚は終わってますけどね。




ココに来て光るのはBONさんの強さ。

アノ方は平坦もお強い。


普段知多の背骨でイワしてるダケあります。





我らのトレインも彼らに負けてないコトが分かったら、あとはボチボチ流すのみ。


長良川河川敷も東海大橋手前で行き止まるので、あとは堤防CRをゆ~~っくり走ってクレールへ。

逆に肩コリが…





クレール平田に戻ったら、いつものように効くか効かんのかイマイチワカラン、

20161106_113802.jpg

コレを飲んでこの日はオシマイ。





しかしこの日は…というかこの日ダメダメでした。

どうやら私の脚は週イチのライドにしか耐えれないようになっている様子。



二日走りたいなら、一日は諦めてサイクリングと割り切らんとイカンですな。

週2回の実走アゲアゲはムリだす。




…ムリでも時間があれば走るんですけどね。








ちなみにツカさんは、この後更に奥様といとうさん・やまさんと走りに行くとのコトで、結局200km近く走ったそうです。



イカれてるぜ…










【走行距離】104.4km
【獲得標高】1,299m


毎日アゲれる元気な脚が欲しい…
いや、ソレより勝てる脚が欲しい。





ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村








マムシをナニしにサツ登場


***************************************

【バッハジャージ募集のお知らせ】


この度「バッハジャージ」を追加生産するコトとなりました。

皆様方からのご応募お待ちしております。



※詳しくはコチラの記事をご覧ください。




よろしくお願いします!

***************************************









前回からのつづきです。








長良川沿いをボチボチ走った後は、この日唯一のヒルクライムとなる「タラガ渓谷」へと向かいます。

20161103_092108.jpg





ココでチョイとフザけてアタックこいた私。

チョイとアゲて疲れたら脚を緩めてウヘヘヘというつもりでしたが、後ろからモーレツなイキオイで追い掛けてくるツダさんの姿が!



コリャイカンというコトで再度フミフミ。


ツダさんと二人でアゲアゲローテーションの始まりです。




短い距離ではありましたが、登り基調をアゲアゲして脚パンパン。




縁側付き自販機QKではコーラゴクゴク。

20161103_093237.jpg





息が整ったトコロでタラガ渓谷へ。

20161103_094324.jpg




#21さんとツダさんは元気イパーイ。

20161103_095748.jpg





しかしながらタラガ渓谷はマサカの通行止め。

20161103_100145.jpg


ウーン…

でも自転車は通れるんじゃね?なーんて思いも過りましたが、大人としてソレはイカンので回避します。


トンネル抜けてきたローディさんに聞いたら「ムリですよ」と言われたからではありませんよ。
我々の自主的は判断です。




というコトで仕方なくクッソ長いトンネルを走るコトに。

なかさん情報によればココは下り基調でスピード出ちゃうので安全運転でゆっくりと。





私が先頭でゆっくり走っていると、トンネルを入ってしばらくしたトコロで…







ガシャン!






このイヤな音は…











落車が発生です。

私のスグ後ろを走っていた#21さんが落車し、その後ろのツダさんも巻き込まれる形で落車。




幸い反対車線側にエスケープゾーンがあった為、全員で即避難します。

交通量が少ないとはいえ、トンネル内ですからね。




そして即ケガの確認。




すると…どうやら#21さんの鎖骨が折れている可能性が高く、自走は困難。

ツダさんも手を痛めたようですが、自走出来るかどうかは微妙なトコロ。




というコトで即救急車を要請します。




しかし美濃の山の中というコトで結構な時間を待つコトに。




3~40分ホド待ったでしょうか。

ようやく救急車が到着。


20161103_104140.jpg


救急隊員によればやはり鎖骨は折れているようです。


というコトで#21さんはココで無念の離脱。
病院直行です。




落車の原因はご本人からお聞き出来ておりませんし、暗いトンネル内での出来事で私の後ろでの落車というコトで私自身の眼で確認出来ておりませんので、今回は割愛させていただきます。
想像や想定で書くワケにもいきませんので。

ただ、誰かと接触したとかそういう類のモノではなく、単独での落車のようです。






ちなみにバイクは救急車に積んでくれません。
スペースは充分ありましたが、積んでくれません。

後ほどツダさんがクルマで回収しに来るまで、トンネル内に放置です。


皆様方におかれましても、同様の事態に陥った際には充分ご注意ください。

※稀に載せてくれる場合もあるようですよ(経験者談)。





ちなみに。

今日モリコロでツダさんにお会いし、#21さんの怪我の様子をお聞きしました。
大丈夫なようで大丈夫じゃなさそうな感じでしたが、いずれにしても色んな意味でしばらく安静のようです。

お大事にしてください。









ツダさんは何とか自走出来そうとのコトですが、手を痛めており急なブレーキ操作が難しいとのコトで、先頭固定でご自身のペースで走っていただくコトに。

後続はハンドサインも不要な程度の車間距離を空けて追従します。





しかし…



最初こそはかなりゆっくりペースで走るツダさん。

しばらくするとイケると判断したんでしょう。





スンゲー速え\(^o^)/





ご本人曰く、ツダさんの身体は過去多くの修羅場をくぐってるようで、ブラックジャック並みの傷跡が刻まれているのだとか…

ケガ慣れしているようですが、判断が何とも早い。






結局アゲアゲで走るコトとなり、板取川沿いの道をイイペースで走り抜けます。

モネの池なんざモチロンスルーです。

見てみたかったけど






すると私の電話に着信が。

見覚えの無い番号ですが、下4桁が「0110」。



マサカ…




「郡上警察です」





ナニやらイロイロ説明を求めてくるので、地元のなかさんにタッチ。

さっき救急車呼ぶ時にしたような説明をサツにも延々としています。

消防署から細かいコト聞かねーのか。
ホント縦割りなんだな。

この電話代も税金なんだろうに。





すると、事情聴取したいのでソコで待っとれとのコト。



え?

ココで?



今停車したこの場所で?





最初は現場から何で離れたんだ的なコトを言われたらしいんですが、ソリャ帰るから離れるだろうに。


今からトランポ地点へ向かうからソコじゃイカンのかい。
現場じゃないならドコでも一緒じゃないのか…?

ホント、サツって人種は…





というコトでとりあえずサツを待つコトに。


20161103_113319.jpg




11月の美濃はソコソコ寒いので、とにかく温かい珈琲でも飲んで待つコトとしますが、


珈琲飲む→オシッコしたくなる→出す→冷える→珈琲飲む(以下繰り返し)


このデトックススパイラルが止まりません。




そんなスパイラルに苦しむ中、待てども待てどもサツは来ません。







そして1時間半くらい待ったでしょうか…






ようやくサツがご登場。

で、なかさん含む全員を事情聴取。


20161103_122112.jpg

一応車両事故というコトらしいので。


…にしても随分暖かそうな格好だなオイ。

長いコト待たせておいて。





随分遅かったなと聞いてみると、現場を確認してから来たとのコト。

しかもその現場が分からなかったとのコト。



ポリ公ってのはヌケサクなのか\(^o^)/?



ソレでイラついてるから「お待たせ」の一言もねーのか。

人としてどうなんだ一体。

ソレとも郡上は名古屋と流れる時間の早さが違うんか?




全員がバイクのメーカーまで聞かれていましたが、私が「スペシャライズドです」と答えたのに対し、チャッカリと「S-WORKSです(キリリッ」と答えていたいとうさんがツボでした。








ココでチョット真面目なお話しを。



このようなコトがあると身分証明書の提示を求められたり、病院に行けば当然保険証が必要になりますので、その辺りはシッカリと携行してないとイカンですね。
私は常に保険証は現物を携行しておりますが、なかさんのように免許証と保険証のコピーを持ち歩くのがベターですね。
そのコピーに連絡先や血液型を書いておけばベストでしょう。



当ブログでは「CTR練」のお知らせをしておりますが、エマージェンシーカード的なモノを携行するようなご案内はあえてしておりませんでした。
基本的には自己責任ですからね。
携行するコトも含めて。

今後もその都度するつもりはございませんが、このような事故が起きてしまった以上、当記事をご覧いただいた方で今後もご参加を希望される方は、連絡先などを記したモノを携行していただくコトを推奨させていただきます。

よろしくお願い致します。









話を戻します。







ポリ公サツに長いコト待たされた上に長いコト拘束されて脚はガッチガチになりつつも、下り基調の板取川沿いを気持ちよく走る一向。



再び脚も温まってきてイイ感じに脚が回り始めたぜ!というトコロで再びサツから入電。

既に覚えていないホドどうでもいい内容だったようですが。




完全に水を差されてしまい、ココからゴールまではボチボチモードに。



以降はノートラブルで無事トランポ地点へ到着。


ツダさんはバイクを回収し、#21さんが運ばれた病院へ。






なかさん・いとうさん・やまさんと私の4人は、美濃で一番の食堂との呼び声高い、


20161103_133443.jpg



大学ラーメンへ。


いつぞやのリベンジです。






今回はリベンジなので迷わずネギ飯を注文。


20161103_134159.jpg



やっぱりウマい。

胡麻油の香りが漂い、とにかくウマい。

「美味しい」というお上品なアレではなく、「ウマい」のです。



小サイズで普通のドンブリくらい。

コレで250円だったかな?

コスパ最高です。





ちなみに、この日はセットを注文しましたが、

20161103_134424.jpg


ラーメンにネギ飯付きのセットではなく、あくまでも「ネギ飯セット」

メインがネギ飯で、ラーメンはセット内容なのです。

味噌串カツは私が最も忌み嫌う食べモノですので、やまさんへ御進呈。









というトコロでこの日はオシマイ。




途中離脱されたキヨさん、次は最後までご一緒出来るといいですね♪


そして不幸にも落車でケガをされてしまった#21さん。
お身体を大事にしていただき、一日も早く治ることをお祈りしております。

またご一緒出来る日を楽しみにお待ちしてます。






そして今回の事故で、我々の趣味は常に危険と隣り合わせなのだと改めて認識致しました。

落車してケガをするコトで家族友人や会社は勿論、消防や警察といった機関にも迷惑を掛けるコトとなります。


そして最悪のケースも…



これからも安全には充分注意して自転車生活を送りたいと思いますし、一緒に走ってくれる仲間ともそのような意識を常に持って走るようにします。















【走行距離】92.2km
【獲得標高】631m

にしても美濃を走って獲得標高631mて…








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






【出張CTR練】美濃サイクリング編

***************************************

【バッハジャージ募集のお知らせ】


この度「バッハジャージ」を追加生産するコトとなりました。

皆様方からのご応募お待ちしております。



※詳しくはコチラの記事をご覧ください。




よろしくお願いします!

***************************************











11月某日。

その事件は起きました。


なかさんいつものように警察に事情聴取を受けるという事案が発生。



20161103_122112.jpg




事情聴取あるいは職質慣れしている なかさんには日常的な風景なのかもしれませんが、平平凡凡と何の山や谷もなく生きてきた私にとっては驚愕の風景。







そんな日のお話し。










その日はいとうさんから、


「たまにはTOJ美濃ステージでもどう?ついでに片知登っちゃう?」」


とのお誘いをいただきました。




片知はむしろ全力で阻止したい場所ですが、TOJ美濃ステージは前から走ってみたかったトコロ。

しかし片知阻止派は私一人には収まらず、言いだしっぺのいとうさんですら回避希望とのコト。




どうやらイカレクライマー陣が参戦するコトを想定し片知もコースに想定して下さった様子。

結局ウチのクライマー陣が参加を見送ったコトにより、平和なコース設定が可能になりました。




そして美濃と言えばハズしてはならないのが なかさんです。

なかさん抜きでは美濃を走るワケには行きません。

道も知らんし




というコトで今回ご参加いただいた方々は以下の通り。




チーム「sezza」から、
いとうさん、やまさん、キヨさん
キヨさんは今回初参加。
当ブログをお読みいただいているようで、嬉しいやらコッパズカシイやら。


今回初参加いただく、
#21さん、ツダさん
ツダさんは平田C3で優勝経験もあるヤベーお方。
#21さんは以前平田でご挨拶させて以来、ようやくご一緒していただけるコトに。



そして美濃の水先案内人、なかさん



以上の皆さんに私を加えた7名でのライドとなりました。




少しずつ我がCTR練にご参加いただく方が増えていくのは嬉しいですね。

いつか「クレール平田に行けば誰か居る」的なコトになるといいなぁ…

目指せ「おはみの」。








というコトで当日の朝。


気温は9℃。

まぁまぁ寒くなってはきましたが、走り出せばスグに温まる気温です。




ご参加いただく皆さんも、若干の警戒心を醸し出しつつ、

20161103_065250.jpg

着々と準備。


今日はサイクリングですからね。




全員が揃ったトコロで軽い自己紹介とブリーフィング。




ゴリゴリのCTR練的発想であれば、TOJ美濃ステージを2~3周走り、仕上げに片知へ凸するという過酷なナニになるトコですが、せっかく美濃まで来てゴリゴリとナニするのも勿体ないですし、



「美濃橋で帰るわ」



出発地点から数百mしかないその橋で帰る宣言をするなかさんを繋ぎ止める為にも片知は回避せねばならんのです。

なかさんが帰ると言ったらホントに帰りますし、登らんと言ったらホントに登らず麓で待っちゃう危険な方なのです。



ヤマさんは片知に行ったコト無いらしいので近い将来行かないとイカンですけどね。

私以外の誰かと是非♪







というコトで、この日はTOJ美濃ステージを1周ダケ走り、長良川沿いをサイクリング、タラガ渓谷登って帰るというルートに。

要所要所でアゲアゲ出来る平坦路もあるようですし、時折強度高めを入れつつ…そんな感じでレッツゴー。


20161103_070410.jpg





するとスグ現れる美濃橋。


20161103_070527.jpg


…ココで帰る言うてたのか。







橋を渡ったトコから始まる美濃ステージ。

アップもホドホドにイキナリ今日のクライマックスです。




一応「CTR練」なのでこのコースダケは頑張ります。



何故か先頭固定とされてしまいましたので、ケツからガンガン煽られながら必死にフミフミ。

写真など撮るヒマ一切無し。



平坦路はまだ良かったんですが、一番キツイ登りへと向かう道が既にアップダウンがありキツイという酷な仕様。

無論そのキツイ登りは更にキツくてもう瀕死。



無論終始ケツからはガンガン煽り祭り継続中です。




ピークを越えて下りに入り、ビミョーなサイズの案内板があるトコロで後続を待つ為に一旦停車。

20161103_073514.jpg



いなべステージと違って住宅が並ぶトコも走るんですね。

そして意外と信号が多い。




この後は板取川を渡り、

20161103_074028.jpg


川沿いの平坦路deヒャッホイタイム。



何故か皆さん変なスイッチが入ってゴリゴリローテーションの始まりです。

景色が楽しめやしねえ。




このゴリゴリローテーションが終わる頃には私の脚も終わるという、素晴らしい一日の始まりです。

何せまだ序盤。






TOJ美濃ステージのコースを外れ、タラガ渓谷を目指すべく長良川沿いの道へと向かうトコで、

20161103_075511.jpg

ようやくサイクリング開始。





いつ以来かの長良川沿いの景色を楽しみます。

20161103_081640.jpg

ココはいつ来てもイイ景色ですね。

「THE☆美濃」って感じ。






しかしココで残念ながらキヨさんが離脱です。





この日は時間制限がありながらもご参加いただいたキヨさん。

次は我らがホームコースへ是非お越しください。

一緒にハァハァしましょう♪




というコトで、ココで集合写真をば。

20161103_082352.jpg



私は撮っていましたので写っておりませんが、右端にある私の分身がシッカリ主張しているのでOKなのです。









この後は「川の駅」でチト休憩。


20161103_083142.jpg



ソコソコの数の自転車乗りさんをココで見掛けます。

皆さんお好きですね。


しかしトイレが閉鎖されているのでオヂサン集団にはチトツライ。

無論このコース上にコンビニなどあるハズもなく。






ソレにしても#21さんもツダさんもお強い…

ガンガン前に出て走っていらっしゃいますが、全然タレません。


日々夜な夜なハァハァしていらっしゃるようですが、チョー納得。

特にツダさんはサスガのC3チャンプ。


お子さんは更にバーヤイらしいですけどね…






そんなお二人が我々に景色を楽しむ余裕など与えてくださるハズもなく、

20161103_092108.jpg


いつの間にかタラガ渓谷へと向かう道へと入っておりました。








そして事件はこの先で起きたのです。









つづく。











ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





【募集】バッハジャージ作ります

即本題です。


この度、諸般の事情によりバッハジャージを追加生産するコトとなりました。




バッハジャージとはコチラのコトです。



20161121_000001.jpg







村一番のクラシック好きと評判のリキさん監修、
数々のイカスジャージを世に送り出した路さんデザインにより生み出されたこのジャージ。
主に私を魅了してやまないこのジャージ。

「2016年発売予定」とあるのは去年作った時のモノなので、そっとしておいてください。


去年作った時はFBでお友達にのみお知らせ致しましたが、今回は当ブログを通じて募集させていただきます。


しかし大変申し訳ございませんが、1つダケ制限を設けさせていただきます。



ソレは、

私と直接ご連絡を取れる方、あるいは直接ご連絡を取れる友人がいらっしゃる方限定とさせていただきます。

要はお友達のお友達まで、というコトですね。

金銭の授受が発生する事案ですし、お互いの住所氏名というモロ個人情報を晒し合うコトになりますので。





また、今回も路さんにメーカーとのやり取りなどを全て担っていただきますが、今回の件は路さんには全く関係ございません。

路さんには善意でご快諾いただきましたが、若干のお心付けをナニしたいと思いますので、料金はメーカー小売価格より若干上乗せさせていただいております。

ご理解とご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。









詳細は下記の通りです。


【メーカー】
WAVE ONE

【ジャージタイプ】
半袖ジャージ
サイクルパンツ
※共にレジェフィット


サイズ詳細はメーカーサイトをご確認ください

半袖ジャージ
http://www.wave-one.com/item/leggefit_hs.html

サイクルパンツ
http://www.wave-one.com/item/leggefit_pt.html



【料金】

半袖ジャージ
12,900円(税込)


サイクルパンツ(肩ひも付き)
12,900円(税込)

サイクルパンツ(肩ひも無し)
12,300円(税込)



ジャージのみ、サイクルパンツのみのお申込みもOKです。





【発送】
ヤマト着払い



【お申込み期限】
11月末日まで



【その他】
12月10日頃をご入金期限とさせていただき、入金が揃い次第発注致します。
メーカーサイトによると追加生産はおよそ35日とありますが、発送などにかかる時間を加味してお手元に届くのは2月中旬を目途とさせていただきます。
(順次経過報告はさせていただきます)

お申込みの際、ご希望のオプションがございましたら併せてご連絡ください。


尚、一定以上の数量が集まらなかった場合、割増料金が発生致します。
その際は改めてご案内致しますので、その上でお申込みか否かのご判断をお願い致します。


その他ご質問等ございましたら、当ブログにコメント・もしくは直接ご連絡ください。





・・・・・・サイズに不安がある方は、(大きな声では言えませんが)カぺルミュール取扱店で試着をしていただくとご安心いただけるかと存じますが、その際は消耗品や補給食など、チョットしたモノでもイイでのでナニかご購入していただくと皆シアワセかと思われます。













ちなみに。

何故コレから冬に凸入するってーのに夏用ジャージを作るのか…




WAVE ONEさんがキャンペーン中だからです\(^o^)/


通常、1アイテム5着以上揃えないと割増料金が発生するんですが、このキャンペーンでは2アイテム合計で5着以上揃えば通常料金で作成出来るのです。

※詳しくはコチラ
http://www.wave-one.com/campaign/2016winter/




というコトで。

来春のシーズンインには是非バッハジャージで!







デザイン画像ダケではイメージがイマイチワカラン…というアナタに!


スーパーモデルによる着用シーンをご紹介します。

※イメージダウンの恐れアリ。






まずはバイクを駆る後ろ姿。

20160904_300001.jpg

イカしますね。

ジャージもVENGEも。







バッハジャージは湖にも、

20160813_090649.jpg



山や川にも映えます。

20160813_094621.jpg





バッハジャージは、

20160904_300002.jpg


休憩を惜しむホドのヤル気を漲らせます。





バッハジャージは、

20160904_300004.jpg


座り込む人を立って鼓舞するホド、ヤル気が漲ります。






バッハジャージは、

20160904_300005.jpg


豆乳が5割増で美味しく感じます。






そんなバッハジャージを是非よろしくお願いします。




バッハライドという各々が奏でる呼吸音を愉しむライドを企画を…今思い付きました。
ジャージのお申込数次第では計画させていただきます。










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





デュオ de 1S-CTR練(免責アリ)

私の脚は二日連続の実走に耐えれるようには出来てなかった。

しかしヤル時はヤルんだぜ。




そんなお話し。











NS-CTR練(ソロ)の翌日。



たかじんさんが

「モリコロに向けてカル~く走っときたいからヨロシク」

と仰るのでご一緒するコトに。




しかしたかじんさんの脳内ではこのように変換されていらっしゃったようで…







ソレにしても毎度のコトながら、

20161023_051104.jpg

たかじんさんの朝は早い。

いつものコースに行くんですが、まるで遠征のごたる。



トランポ地点の「立田ふれあいの里」に着いても

20161023_051105.jpg

真っ暗けっけ。

そしてトラックイパーイで想像以上に駐車場がイパーイ。
普通車もイパーイでした。

ナニかある日なのかな?




久々に暗闇の中をライト一つで走りますが、たかじんさんとの待ち合わせ場所へ向かう道はモロ田舎道なのでチョー真っ暗。

景色なんてあったモンじゃなく、まさにローラーさながら。


しかも昨日のダメージがアリアリで、全然脚が回りません。
脚の付け根が痛い。
前も後ろも。

そして30km/hがこんなにキツいなんて。
あまりにキツいので20km/h台で走り続けます。


後から向かい風だったコトに気付いて少し納得しましたが、この時は30km/hすら出せない自分にマジ凹みましたからね…



Ave30で走れば集合場所に余裕で間に合う計算で出発しましたので、若干の焦りを覚えつつたかじんさんの待つコンビニへ。




20161023_054126.jpg


コレは間に合ったのか間に合わなかったのか…?






私もナニを1本注入してサクっと出発。



ココは東海大橋を渡る際には必ず撮らないといけないポイントですので

20161023_060103.jpg

「ストップ」には計上せず。
免責でもありません。
撮るのが義務なので仕方ないのです。


ついでに朝焼けを1枚。

20161023_060127.jpg

イイ朝だ。

私の脚が死んでる以外は。





ココからはたかじんさん御用達の、地元マルダシルートで二之瀬へ。

20161023_062005.jpg

ドコをドウ走ってるのかサッパリ。




気付いたら川沿いを走ってて、気付いたら二之瀬麓に居ました。

20161023_063855.jpg




平坦ですら全然脚が回りませんので、二之瀬なんてもってのホカ。

たかじんさんに懇願していつも以上にマターリ登ります。




当然物足りないたかじんさんは、ラストでターゲットを発見し追い掛けますが、結局逃したようで残念そう。

20161023_070944.jpg




この日もなるべく止まらず走る練ですので、山頂は当然スルー。
というより、ココ最近止まるコトの方が珍しいです。



しかしこの日はUNCOで一旦停車。

20161023_071820.jpg




ただし、QKではなく生理現象によるモノなので、

20161023_071836.jpg

免責です。





そしていなべ周回へ。


私は脚がオワテルのでたかじんさんに牽いていただき、チギられたらハイそれまでよ的な感じで。


しかしかなりのお気遣いをいただいて、ヘボヘボな私とランデヴーさせてしまう始末。
ヤハリちゃんと整えないと迷惑掛けちゃいますね。


このままヘボヘボ周回で終わるワケにはイカンので、ワシSPの最たるポイントの、1.5kmホドのTT区間ダケチョー本気汁ムキ出し脚完全終了覚悟の必殺アタッコ。


そのおかげでDQNマシンで記録してたタイムを更新し、Ave50超えを達成。
さすがVENGEやで。




しかしその代償はあまりに大きく、私の脚は完全終了。


ココで再びたかじんさんに懇願して、第二UNCO de QK

20161023_083404.jpg

コレが唯一のストップ。



昨日で懲りたのに相変わらずDZパンのみ携帯。

後悔はするけど反省はしねえ。



ま、この日はいつでもコーラ飲む気マンマンでしたし。





この日もカエルへ向かいますが、もうマジでオワテルのでチョイとした登りでもたかじんさんをお待たせしちゃいます。

20161023_085038.jpg




でもカエルはスルー。

20161023_090528.jpg

ココも二之瀬山頂同様、止まらないコトの方が多いですな。





最後の農道で(私としては)いつものように最後のゴリゴリをナニしてみましたが、




「全然脚回ってないね♪」



と、ケツからガンガン煽られる始末。




もはや他人から見ても脚が回ってないのがワカル程に。

…いや。
いつも見ているたかじんさんだからこそ、かな?




ソレでも何とかカンとか1ストップ(免責アリ)で走り切りましたが、物足りないたかじんさんはこの後、背割をゴリゴリしてからご帰宅された模様。



ようやく解放された感マンマンの私はヘロヘロのパーでトランポ地点に戻りますが、

20161023_094157.jpg

モノスゲー渋滞コイてました。

国道まで繋がってましたよ。



日の出前から駐車車両がイパーイだったし、マジでナニかあったのかな?

こういうの見ちゃうとココからスタートするのは考えないと…


でも二之瀬が閉鎖されたらココからいなべ周回行くのが一番手っ取り早いんですよね…
イカレクライマーさん達の多度山5本練もココが一番近いですし。
背割ダケde100km練も。





もう私の脚はボロボロでしたので、

20161023_102506.jpg

よく行くスーパー銭湯で湯治をキメます。
全然回復し足りないですけどね。








ちなみに。




前日のソロ練のコースがこんな感じ。

20161022log.jpg




そしてこの日のデュオ練。

20161023log.jpg





スタート地点が違うダケでほぼ同じ。







しかしソレがホームコースってモンだろ!









【走行距離】87.1km
【獲得標高】1,103m

二日連続はマジキツイ。
でも強い人は余裕で走ってる。


…ナニ食ってんのかな?










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





ソロ de NS-CTR練(免責アリ)

この日の夕食は塩まぜそば(大盛)。

20161022_174217.jpg


タイミングを逃して昼食を食べ損ね、結構な疲労度でしたのでニクをガツっと食べたかったんですが、家族は私一人残してお出掛けしちゃったので一人で行けるお店でのガツ肉が思い付かず…





…という、朝から晩まで独りだった日のお話し。













翌日に町内運動会を控えたある土曜日。


家族サービス(ドヤ で妻&ご近所マダムズとジョグ&ダッシュをした週の週末。




やはり慣れないコトをしたせいで脚へのダメージはアリアリ。

身体の疲労感もソコソコ。




この日は路さんがナニやら「鈴鹿スカイラインを3本登る練」をするとかワケのワカランコトを言うてましたが、無論そんなモノにお付き合い出来るハズもなく。
練習というより「苦行」ですからね。




クライマー…山…

山に棲む…仙人…霞を食べて生きる…痩せてる(クライマー体型)…

仙人…修行…苦行…




ウム。

妙に納得。








下界に生きる私は今月のモリコロにエントリーしましたので、とりあえず距離を乗っておきたいなと、いつものコースへ繰り出すコトに。

エンデューロに備えてノンストップで。


自分のペースで淡々と走りたかったので、この日は募集せずに走るコトとしました。






一人で走るので、家を出るのは明るくなってから。

20161022_063227.jpg

曇ってて明るくねーや。





平田に着いて二之瀬方面を見ると、

20161022_073511.jpg

何とも言えないお空。

去年のこの時期、裏二之瀬に行く度に雨や雪に降られたコトを思い出します。


…少し前もそんな日が続いてたような。
VENGE買ってスグとか。




そしてこの日がワンボトルケージ体制デビュー日。

20161022_073528.jpg

まだたかじんさんに入れ知恵される前です。
翌日されます。



更におニューのシューズを初使用。

20161022_073916.jpg

おニューなのでソールをキズつけないように慎重に。







コースはモロいつものコースです。
一切のヒネリ無し。


ただ朝イチからアゲアゲする人もいないので、マイペースで。
脚が全然回らないのがイキナリ苦痛ですが。



でも一応二之瀬は頑張りましたが、

20161022_081008.jpg


キツいトコロで踏ん張り切れず平凡なタイム。
帰宅後軽く凹むレベル。



山頂にはバイクラックが出来ていましたが、この日はNSなのでスルー。

20161022_083621.jpg

カメラを向けるコトすらせず。





当然UNCOもスルー。

20161022_084409.jpg




そのままいなべ周回へ凸し、1周目は流し気味に。

最後までNSで走り切らんとイカンですからね。




そして2周目。




ココからチト頑張ろうと思ってワシSPサイドをグリグリ走っていましたが、突如ペダルが回らなくなるという珍事が発生。



オイ…

またチェーンが絡まるとか勘弁ですぜ…



即停車しバイクを確認すると、チェーンが外れてアウト側に落ちていました。

チェーンリングから外れたのではなく、スプロケから外れてました。



見た感じディレイラーが外に向いてる感じは無さそうですが、念の為少しダケ内側にナニしておきました。



バイクにはキッチリ傷が残っちゃいましたけどね…

20161022_090512.jpg




ココでNSが崩れちゃいましたが、機材トラブルによるモノなので免責です。






ちなみにこの傷は私の職人級の修復作業により、パッと見ほぼワカランレベルまで修復済みです。
※たかじんさんのお墨付き。





アゲアゲモードに水を差され、完全にブルべモードに凸入(ブルべ走ったコトありませんが)。





ついでにニョウドウも緊張感を無くしたのか、突如ニョウイが襲来。





というコトで梅林公園のトイレで更に停車。

20161022_093757.jpg


しかしコレは生理現象によるモノなんで免責です。






裏二之瀬を登って帰ろうか悩みましたが、一応モリコロに向けたナニなので(という言い訳をタテに)カエル~背割で帰るコトに。





珍しく第二UNCOの会社が営業中。

20161022_103603.jpg

ココを第二UNCOと名付けてからは初じゃないかな?




県道608の意外と登るナニにヤラれつつ、

20161022_105900.jpg


カエルもスルー。

NSですので。





ココからは下り基調のヒャッホイタイムが始まりますので、ソコソコアゲアゲしてるウチに

20161022_112826.jpg

背割に到着。




背割入ると、少し前を走るTTバイクの人が何とも絶妙なペース。


チョットずつ、ホントにチョットずつ距離が縮むのです。

しかしカッチョつけて抜かすホドの速度差は無い。


かといって荒川CRじゃあるまいし、視界に二人しかいないようなこの場所でツキイチに入るのもアレだしな…

声掛けてもアチラはTTバイク。
恐らくドラフティングには入らない人なので、気さくに「回しませんか」と言うたトコロで受け入れてもらえるとも思えん。


ソレ以前に、知らない人に声を掛けるような社交性は私には一切無い




結局追い付いちゃったので仕方なく抜きますが、抜いて追い付かれるのもシャクなので疲れた脚に鞭打って少しアゲ気味に。

こういう時って変なプライドが逆に…何というか…イイ練習になりますね。



結局最後に追い付かれそうになったので、更にアゲるという苦行になりましたが。






こうして無事NSでクレール平田に到着。

20161022_120254.jpg








この日の失敗は朝食と補給食。

NSで走るなら朝食は少し多めに摂るべきでした。
思い付きでやっちゃうからいつもの朝食(パン&フルグラ)で済ませてしまい、早々にお腹が空く始末。



しかもゼリー系の補給食はレース用(&緊急用)に残してますので、普段のライドでは極力使いません。
お高いのでね。

なのでいつもミニアンパン(5個入り)。
通称DZパン。

たかじんさんが持てばTZパン。
路さんが持てばMCパン。
みっちゃまもMCパン。
syuさんは持たない。

なかさんが持てばゲスパン。

ちなみにペロさんが持つとツリパン
もちろん「脚攣りパンク」の意。



無論この日もそのパン。

でもNSなので走りながら食べます。


まだ元気な時は全然イケますが、疲労困憊状態ではまずノドを通らん。
仕方なくドリンクで流し込む。
するとドリンク減る。
そして困る。


いつものコースでしたのでドコに自販機があるとか大体把握出来てるので、最悪止まればどうにでもなるという心の甘えが、せっかくストイックぶってソロで走りに出たのにgdgdな走りになっちゃうというワキの甘さ


週末にキッチリとアゲて練習したいならちゃんとしないとイカンですな。

実は最近、そういう視点から平日の練習も考え直した部分もありますが、ソレはまた考えがイロイロまとまった頃に記事に…するホドでもないんですが、なんやかんや理屈をコネくり回して記事に出来ないか検討中です。





アンパン5個では全然足りなかったので、ガツっと肉を食べたかったんですが…

というワケで冒頭の画像へ。








一人でお気軽に行ける、ガツっとおニク食べれるお店…近所に欲しいですね。
「いきなり」のようなお店が。











【走行距離】111.1km
【獲得標高】1,364m

1人で走り1人で晩飯、そして走行距離まで「1」が並ぶという見事な1DAY。














ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






【カラ出張編】やはりシメはコレに限る

前回からのつづきです。






実は走り出してワリと初期の段階で目的のアレを諦めかけていた兄。

いつも行くアノお店はお昼時に行くと1時間半くらい待ちますからね。
そんなに待ってられん、と。

今回は違うお店へ行くんですが。


有間ダムを出発した時点でソコへの到着予想時刻が12時過ぎという、まさにSST(スイートスポットタイム)な感じ。

コリャ相当待つのを覚悟せなばなるまい…



しかし気の短い兄は「もうメンドクセーから他のトコ行こうぜ」と言う始末。

何なら山伏峠登ったらピストンで帰ろうぜ、と。




名古屋から遠路はるばるやって来てアレを食わずには帰れんと、とりあえずソコへ向かうコトにしました。




1時間待ちは覚悟しろよ?」

イマイチ気が進まん兄がそう脅します。






そして秩父の街を抜け、変な裏道を走っていると、


20161015_123938.jpg



「店ワカラン」

「オマエ探せや」



まぁいつものコトです。





というコトでサクっと探り当て、辿り着いたのがコチラ。


20161015_124343.jpg


「ちんばた」さん。




秩父の街が見下ろせる場所にあります。

20161015_124140.jpg






あまりクルマは駐まってないけど、並んでるのかな?




20161015_124340.jpg


外には並んでないな。






「何名様ですか?」


2名です。




「空いてるお席へどうぞ」




ん?





「空いてるお席へどうぞ」




ウム。

ナニが1時間待ちだ。


いつも行く「野さか」さんが異常なのかな?


ソレとも余程味に差が…?






コチラは豚みそ丼オンリーの野さかさんとは違いイロイロなメニューがあります。

結構ソソられるのもありましたが、今回の目的は豚みそ丼なのでソレを注文。




待っている間もバイクをパチリ。

20161015_124413.jpg

やはりあのイーダサなDQNバイクとは違い(ry




しばらく待つと今回のメイン、豚みそ丼が。

20161015_125316.jpg


まずは一口(あたりまえ)。




ム…

コッチのがサッパリしてます。



野さかさんの方がタレが甘くてコッテリな感じ。

ちんばたさんの方がピりっとしてて(辛いワケではない)サッパリ食べれる感じ。



お肉はバラとロースのミックス。


野さかさんは選べますが、いつもミックスなので特に問題無し。




アホみたいにお客さんが並んで無い上に、豚みそ丼以外のメニューもありますので、


食後に珈琲や

20161015_130838.jpg


オヤツも楽しめます。

20161015_130908.jpg




しかも我々クラスの中年になってくるとサッパリしたコチラの方がむしろ美味しくいただけます。





レジでお支払いを済まそうとすると粋な つまようじでおもてなし。

20161015_131655.jpg

モチロンお持ち帰り。




次もコッチだな。

高台にあるので登るのがタマにキズですが。







食後のナニまで楽しめて思った以上に満足した昼食を終えると、ココからはいつも(名古屋人のクセに)通る峠へGO。

20161015_135149.jpg


今回はお散歩サイクリングなのでココもゆっくり登ります。
ガツンとナニするとアレが反芻しますし。



まずはココ。

20161015_143430.jpg

定峰峠。

缶コーヒー飲んだら即GO。



ボチボチ登って、

20161015_145636.jpg

白石峠。



更にもうチョイ登ります。

途中、1台のロードバイクに抜かされますが、イヤらしい距離を保ちつつ後ろにつき、最後の数百mで差し返すというイヤらしさを発揮しつつ、

20161015_151211.jpg


大野峠。




あとは尾根沿いを走って、

20161015_152024.jpg

刈場坂峠。



チト冷えてきたので、ココでも珈琲をイッパイ。

20161015_152314.jpg



ご夫婦と思しき二人のローディとお会いしましたが、開口一番

「派手なバイクですね」

と。



定峰でも言われたようですが、私にはその時聞こえておらず。





ボチボチ日が傾き始めましたので、珈琲飲んだらトット出発します。

ココからは(ドコから?)奥武蔵グリーンライン…のハズ。


しばらく尾根沿いを進みます。

20161015_154310.jpg



イイ感じに日が差しているので、

20161015_154950.jpg




自分の影をモーツァルトしますが、

20161015_154928.jpg

ビミョー。




というコトで、兄に私のスマホを渡し、ワシを撮らんかいとお願いするも、

20161015_154406.jpg

構図がビミョー。



そしてコッチはピンボケ。

20161015_154445.jpg














そして最後に通るのは、奥武蔵の山々の稜線が見れる


20161015_160452.jpg


顔振峠。



ココにはお店もあり休憩も出来ます。

今回で2回目ですが、前回はスタート間もなく休憩には早すぎ、今回はもう遅いので寄る時間ナシ。

そういや前回ココでビール飲んでる(しかも2本)ローディいたな。
酔ったまま下ったら落車してエライ目こくぞ。
アホですな。



そしてカッチョつける兄。

20161015_160646.jpg


私もカッチョつけましたけどね。

なんかイマイチだったので掲載はナシです。



写真だけ撮ってトットと出発すると、またもや「派手だな」と聞こえてきます。





そんなにか?\(^o^)/



以前、完全体DQNバイクで渋峠行った時、「うお!スゲーカラーのバイクだ」と言われたコトはありますが、アチラは納得。

しかしワシのVENGEはメーカーによるデザインですぞ。
いわゆるノーマルです。







ココを下ったらゴールまではスグソコ。


20161015_165333.jpg


スッカリ夕方。



最後のチョット登り基調の道だけ少しアゲアゲして兄をチギったろうと思いましたが、キッチリツキイチ決められる始末。

全然弱ってねーじゃねぇか。



そして最後にゆっくりお風呂に入って、

20161015_171848.jpg


この日はオシマイ。







また今週からカラ出張が始まりますが、今度はドコに走りに行こうかな。

関東近郊で(自転車で行きやすい)美味しいお店をご存じの方は教えてください。









ちなみに。



お風呂から出て髪を乾かしに洗面に行くと、


20161015_180546.jpg






…ウム。









【走行距離】112.6km
【獲得標高】1,909m

【平均パワー】178W



疲れなかったワケだ。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





【カラ出張編】やっと絵になる

また来週からカラ出張WEEEEKが始まります。


そろそろ兄のネタも尽きてきたようで…

近い将来、遠征先からの遠征になりそうな予感。


またヤビツも行ってないし、箱根やいろは坂にも行ってないな。
上毛三山にもまだ行ってない。
伊豆も行きたいし。







というコトで先月行って来たカラ出張関東遠征のお話しです。









今回はワリと早い段階で仕事の目途がついちゃいましたので、まさにやりたい放題。

目途がついたからといって諸事情により早く帰れるワケでもないので、首都圏をウロウロしたり。
スペシャライズド東京も全然通り道じゃなかったですし。
あとは今話題の築地へ行ったり。


アクアラインを渡って木更津から東京湾に沿って東京へと向かう途中、どうしても食べたくなってしまったアレ
以前1回だけ食べたんですが、その美味しさは忘れられず。

しかし結構な距離の回り道が必要なので毎回躊躇しておりましたが、先日金沢で寄ったお寿司屋さんで食べた美味しいソレのお刺身が呼び水に。






というコトでついつい行っちゃいました。


20161013_123843.jpg


ガチで漁師がやってるというフレコミのお店、「ばんや」さん。

九十九里にあります。
遠かったです。



平日の昼間&こんな田舎だってーのに満席。
外に並んでいる人も。

40分くらい待ちましたが、ココまで来て帰るワケにもお店を帰るワケにもいかず。

おかげで見知らぬ女性と相席になりましたが。
その女性も一人でこんなトコまで来るとは…お好きですね。

お水を入れて差し上げたり調味料をそっと差し出したりと、クールdeダンディーに振る舞っておきましたよ。



そして食べたのはコチラ。

20161013_133640.jpg


イワシ尽くし定食です。
刺身・テンプラ・煮付け・ツミレ汁と盛り沢山。

(きっと)獲れたてのイワシを堪能出来る定食は旨いの一言。

海鮮丼もありますが、ソレならばドコでも食べれます。
天丼も然り。


そして食べ終わった頃にふと壁に目を向けると、「アジ尽くし」という文字が。



ムゥ…

ソソられるぜぇ…



次はソレにしようそうしよう。

来週のカラ出張でオモクソ遠回りしたろかな。









というコトでその週末。

兄と自転車乗ってアレを食べに行きます。
過去何度か食べに行っている…もはやいつものアレです。
秩父の。



普段はチームの方々にガリガリに揉まれておりますので、遠征先ではグルメ目的のノンビリサイクリングを楽しみます。



そしていつからか我々がライドに出る時の必須条件となった、ライド後の温泉(スーパー銭湯可)。

トランポ先近辺に温泉があるコトが必須なのです。
実家での(オール自走以外の)ライドでも同様です。




というコトで今回選んだお風呂はコチラ。

20161015_094626.jpg

宮沢湖は立入禁止になっていましたけどね。
迂闊に湖の近くに行くとバサー気取りの兄が、ココはいるだのいないだの小ウルセーし時間は食うしなので閉鎖しててよかったですが。




「夏以来実走してねーんだぜ」




一応ローラーは回しているようですが、ナカナカ実走に出るホドのモチベーションが保てないらしく、そうヌカす兄。
富士チャレ前はソコソコ気合入っているように見えたんですが…ま、結局雨でDNSのようですが。

なので私が前に出るコトを断固拒否し、先頭固定で自分のペースで走りたいとのコト。
じゃないとマジで昼飯と晩飯奢らせるぞ、と。


疲れる上に飯代まで全負担なんていう苦行は避けたいので、今回は兄に丸投げ。



するとスタート20分で早速トイレ。

20161015_095941.jpg


この日走った道で驚いたのが、公衆トイレの多さ。
ココは公園のトイレですが。

結構な田舎道なのでコンビニはほぼ見ませんでしたが、公衆トイレはワリと頻繁に見かけました。
ツーリングしてる人が多いのかな?
ありがたいですね。



少し走ると最初の目的地へ向かう道へ。



デーハーな壁と結構な斜度の登りを越えて、

20161015_103916.jpg




向かった先は

20161015_111941.jpg

有間ダム。

今思えば何故ココに寄ったのかワカランホド、特に何もありませんでしたが。




「ダムカード欲しいんだろ?」




そう言われましたが、1枚も持ってないし、ブログでもダムについて語ったコトなど一度たりとも無いハズ。

ダレのブログと間違えてんだ?





でもとりあえずダム湖(名栗湖)を撮影。

20161015_104600.jpg




んでワシのVENGEをアップでもう1枚。

20161015_104642.jpg




コレはあのイーダサ極まりないカラーリングのDQNバイクではあり得なかった撮影シーン。

自分のバイクではないというのもありますが、あのカラーリングはワザワザ写す価値などありませぬ。
コントになっちゃう。



思わず兄からも


「ようやく2台並べて絵になるようになったな」






確かに\(^o^)/







そして(ナニも無いのは分かってますが)とりあえず湖沿いの道を1周するコトに。

20161015_105204.jpg




すると一番奥に行くと川を利用した釣り堀がありました。

20161015_110248.jpg

ソコソコお客さんも居ます。
楽しそうだ。




私も負けじと楽しそうですが。

20161015_110358.jpg

…ホゴ色だ。



反対側の道をクルっと回って、

20161015_111525.jpg


次の目的地へ。

リアルサイクリングペースで。





かの有名なCAFE KIKIさんの前を素通りし、平坦路(若干登り基調?)をソコソコのペースで。




そして始まる登り。

20161015_114616.jpg




ヘアピンの先を見つつ登り、

20161015_115003.jpg




行くワケでもないガードレールの位置に驚愕しながら登り、

20161015_115336.jpg




山伏峠へ到着。

20161015_115857.jpg



ココは雨沢以上にナニもありませぬ。
雨沢はまだ停車スペースがありますが、ココにはソレすらない。

ただ峠の看板がありますので、その分達成感はあるかな。

雨沢も「雨沢峠」とか看板があるといいんですが。


あ、二之瀬もねーや。
でも「庭田山山頂」って書いてあるアレがあるし。








写真ダケ撮ったらトットと下山し、目的のアレを食べに向かいます。














つづく。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター