FC2ブログ

ご褒美は全国共通

前回からのつづきでヤンス。





ロードバイク人生数年経過してようやく東の聖地(の麓)に降り立った私。


20170325_094538.jpg



ココが開始点で間違いは無いようですが、途中信号が2つホドあるのでソレをクリアした後からがガチTT区間だとか何とか。

しかしヒルクライムのタイムに一切興味の無い私には全く関係ございません。



なので寿司屋さんが過去会ったローディの中で最も登りが遅いであろう私のペースに合わせて走っていただきます。




んが。




20170325_095423.jpg


気を抜くとスグ先に行っちゃう始末。


何度も何度も何度も何度もSペース(過去最強にゆっくりの意)でお願いしますと懇願します。




「チミ、富士ヒルでブロンズ獲ったんしょ?」



チョイチョイそうつつかれますが、ハッキシ言ってあれはマグレ。

【ヒルクライムにマグレ無し】とかいう格言を耳にしたコトがありますが、実はマグレあるんですよね。
先日の菰野HCではナカナカなスペシャルテクニックをサクレツさせてた方もいらっしゃいましたが。


昨年の富士ヒルはたかじんさんに牽き続けてもらった上に、私の背中にダケ45m/sの追い風が吹いていましたからね。




しかしこの日はほぼ無風。

もうムリムリ。




「途中、展望台がありますよ」




寄りましょう\(^o^)/







チーム練において峠の途中で休憩するのは、七つの大罪を犯すコトになりとんでもないペナルティが課せられますが、この日はツーリング。
チームメンバーは誰も見てねーし




20170325_102655.jpg


余裕のよっちゃんイカで展望台へ凸します。



イカレクライマー的には一旦登ってから降りてくるそうですが、せっかく登った山をまた降りるなん徒労は大嫌いなので効率重視でSTOP。




雲の多い日でしたのでエッフェル塔は見えませんでしたが、

20170325_102841.jpg


海まで望めるイイ景色です。



寿司屋さんご本人の画像は滅多に見れないのでココでサービスショットをば。

20170325_102849.jpg


フレームアウトしようとしたトコロを強引に戻しての激写です。





ココから山頂はワリとスグ。


「もうスグですよ」



ローディのその言葉は1億%ウソなので全く信用していませんでしたが、ホントにスグでした。




20170325_105321.jpg





しかしアレですね。

ローディの聖地的な山頂って、多分クルマで行ったら何の感動も無いトコロが多い気がします。


名古屋でいえば二之瀬もそうですし、雨沢なんて「は?」って感じの頂上。
一応この界隈では名が通ってますが、決してお客さんを連れて行くトコじゃないですね。

埼玉でいえば白石もそうですね。定峰も。
山伏なんてモロ通過点。


ここヤビツも自転車で登って来たからこそ、といった感じ。
思ったより地味。

登りは地味ではありませんが。




しかしサスガ関東。
ローディいっぱい。


売店もあるからでしょうか、

20170325_110103.jpg


皆休憩が長い(キガスル)。



というコトで私もいただきましたよ、

20170325_110058.jpg


通称「ヤビコーラ」



やはりローディのご褒美といえばコーラ。無論赤。



アワイチには灘大川にウマいコーラがありますし、我らのホームコースにもUNCOというコーラポイントがあります。
ビワイチには…コンビニ多いから印象無いな。
秩父には…やっぱり印象無いな。
雨沢には…何にも無いな。

ま、とにかくコーラはウマい。





休憩もホドホドに裏ヤビツを抜けてお次のポイントへ向かいますが、降り始めてスグ案内されたのがココ。

20170325_111502.jpg




ナニやら湧水が出ています。

20170325_111525.jpg


この日は水量が少ないようでチョロチョロでしたが、名水なんちゃらだそうで。



「飲まないんですか?」


そう言われましたが…




20170325_111513.jpg


煮沸しろって書いてありますし…

私以前、二之瀬の湧水ガブ飲みコイて胃腸がダウンヒルしたコトありますんで。






そしてココから始まる裏ヤビツ。


二之瀬くらいの裏を想像してましたが、思った以上に長い。
川沿いの雰囲気のイイ道を延々走り続けます。

そして何より寒い

夏は快適そうですね。
下り基調ですし。



途中、レーパン履いた方々がガチ速度でランしてましたが、この界隈ってそんなトコなんですね…
オソロシヤ。




なーんて感じでボチボチ走っているとようやく到着です。

20170325_115633.jpg


宮ヶ瀬湖。

デカイ。
思った以上にデカイ。





ボチボチお腹が空いてきましたね、というコトで楽しみにしていたアソコアレを食べに行くコトに。

寿司屋さんのブログでチョイチョイ出てくるナニです。





ココからだったかこの先からだったか忘れましたが、寿司屋さんの脳内にはいくつかのコースがあったようで、優しい寿司屋さんは私に選択肢を与えてくださいます。


登る道と登らん道。



登りはヤビツ1本で充分なので、当然私はとにかく登らない道を懇願します。
あと近道。

この日はこの後クルマを運転して名古屋に帰らないとイカンですしね。





でもアソコは登った先にあったんですよ…








つづく。









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





初ヤビツde寿司ネタに

ついに行ってきました。

東の聖地と言われるヤビツ峠へ。



村広しと言えども西の聖地アワイチ&ビワイチ、そして東の聖地ヤビツを両方制覇した村民はそんなに多くないハズ。

…東海地方には聖地無いな。
サミシイな。

山神がチョイチョイ出没する峠とかあるんだけどな。








実はこのヤビツ峠、ホントは昨年のカラ出張時に兄と行こうと思っておりました。

しかし兄も当然私もこの辺りの地理はサッパリ柚子ポン酢味。


テキトーに走ってもgdgd確定ですし、そもそもドコにクルマ駐めてイイかすらワカラン。


んじゃソコのヌシにお聞きしようとアノ方にコンタクトを図るコトに。




「裏ヤビツが工事中なのでただ登って降りるダケになると思いますよ。」




ウーン…

ワシら兄弟は登り大嫌いではあるものの、有名峠にはチョーシコイて行ったりはします。ネタ的な意味で。
しかし決して頑張らないしタイムも気にしません。

なのでその峠を絡めてのルートなら走りますが、ソコを登るダケというのはあり得ません。
峠マニアではありませんので。



というコトでその時は別のトコ行こうかという話になり、南房総ルートを引きましたが二人ともフヌケ過ぎてただドライブして帰ってきたダケという…




そしてその時コンタクトを取ったアノ方が、


「よろしければご案内しますよ」


と、何とも嬉しいお申し出。




サスガにコッチからソレを言うのを遠慮しちゃいましたので、ホントにありがたいお申し出でした。



んじゃ今度3月にソチラ行くので是非是非是非お願いします!とお約束をしていたのです。









というコトで当日。









ご指定いただいた某公園へクルマでGO。

20170325_084005.jpg


社用車に隠すようにしてバラバラに積んであったバイクをシコシコ組んでいると、やって来ましたよアノ方が。




20170325_085434.jpg



そう、

寿司屋さんです。


ココ最近ブログはサッパリお休みな感じですがヤビツ界隈をご案内いただくのはこの方しか居ない!というコトでお願いしちゃったんです。



バイクカラー的にもドコかシンパシーを感じますし♪






準備が整ったら早速出発。






最初は街中を通りますが、クルマがたくさん通る道を走るのは久しぶりな気がします。

いつものホームコースは殆どクルマが走ってません。
15kmの周回コースも、1周あたり3~4台のクルマしか見掛けません。


なので少し緊張。

ソレ以前にどんな牽かれ方するのかも緊張。




すると寿司屋さん曰く、「アップ的な」登りに差し掛かります。

フルフィンガーグローブがメンドクサくて画像はありませんが、私に取ってはメインクラスの登り。
早速キツイ。


明らかにオーバーペースで牽かれますが、ついて行かないと迷子確実なのでシヌ気でツキイチ。



アレのケツに張り付いている時はアレを茶化す余裕タッポリですが、寿司屋さんのツキイチはリームーです。

ハァハァしか言えない私を、寿司屋さんが笑顔で殺す。




そんな一日の始まりです。







その最たるポイントがまさにヤビツ峠。

この日のメインです。





アップ詐欺な登りを終えると、東側諸国のブログではチョイチョイ見掛ける、

20170325_094535.jpg


ヤビツ入口交差点に。




ちなみに。

この交差点名が読めないと関東ではローディとは認められないとか。


20170325_094538.jpg


「名古木」

この変わった読み方で入力するとシッカリと変換されます。



字の並びが「名古屋」に似てるせいか、結局この日最後まで読み方を覚えられませんでした。
忘れるツボとでもいいましょうか。

この日ダケで5~6回寿司屋さんに読み方を聞いた覚えがあります。






私はクライマーでは無いので、どんな有名な峠でもコースプロフィールに興味がありません。
せいぜい距離くらいですかね。
何km走れば終わるのかくらいは知っておきたいので。




そんな私のヤビツ攻略。





乞うご期待!









つづく。








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






アノ人は今

最近諸事情により休止されておりますが、ユルイラストと独特の空気感で大人気、名古屋が誇るロードバイクブロガーのアノ人の今。

気になりませんか?

「今」といっても少し前の出来事ですが…
















20170320_093804.jpg



お元気です\(^o^)/



そんなお話し。












とある休日。


どうしてもトレイルに行きたくて、尚且つ、いつもの多度山ではなく養老山脈を縦走してみたくなっちゃいまして。


しかし私はサッパリ道が分かりまへん。



というコトでアノ方(ランもバイクも続けるって書いてありましたが、ブログ休止中ですしたくさんの応援コメントが入ってましたし何となくアレなのでお名前は一応控えます。)をお誘いしてご一緒していただくコトに。


そして多度山でのトレランレースを控えているカンパチさんもご一緒していただくコトに。




今回は時間の都合で縦走片道切符。

なので多度山麓で集合して、クルマでイイトコまで移動してからのスタート。


20170320_081349.jpg




そしてイキナリ始まる激坂。

20170320_081533.jpg



そして激坂。

20170320_081658.jpg


こんなトコ走れません。




ヒィコラ登っているとあっという間にこんな景色が見れる高さに。

20170320_083725.jpg




しかーし!




20170320_083905.jpg

まだ5合目。

多度山頂や二之瀬(庭田山)山頂とほぼ同じ高さなのに。



まーだこんなに上があります。

20170320_083730.jpg




とりあえず最初に登り切っちゃえば峰をウヒウヒ出来ると信じつつ、ヘコヘコ登って、

20170320_085813.jpg


ようやくテッペン的なトコロに。

イカした公衆トイレがありましたが、変なの写りそうなので写真は控えました。






そしてココから始まる縦走。

アノ方の先導で進みますが…


20170320_090455.jpg


文字通りの道無き道を進みます。

しかしコレがトレランの真髄(のハズ)。





森の中をしばらく走っているとやって来ました、

20170320_091154.jpg


ホリケンパラグライダー離陸ポイント。




当然の如く、

20170320_090821.jpg


20170320_090834.jpg



仁王立ちます。

スンゲーイイ景色。


多度山頂よりパノラマ感があります。



しばらくココの景色を楽しんだら再び出発。

20170320_091159.jpg




しますが…




20170320_091547.jpg



「アレ?」







え?

山中の「アレ?」って致命的なヤツじゃ…





しかし大丈夫。

文明の利器が発達した現代、便利なアプリがあるのでアノ方がソレをチェック。





その間モーツァ○トな切り株を見つけたので画像を確保。

20170320_091631.jpg





この後も道無き道をグングン進みます。

数メートル横には走りやすそうな道が見えますが、あえて道無き道を。



「多分アレが今度の多度トレランのコースですよ」




そう言いつつも、徹底的にソコを外しカンパチさんに一切の下見をさせずに走り続けるアノ方。

プロです。






しばらくすると下り基調deノリノリになってしまって、ついついアノ方の前に出て走っちゃう私。

そうなると俄然トレランが楽しくなってきますね。


楽しくなり過ぎて1回転しちゃった方もいらっしゃいますが。





そして以前見た「右も左も一緒やんけ」とツッコミたくなる看板のトコロで、

20170320_093748.jpg





冒頭にご紹介した、アノ方のお元気な姿を写すコトに成功。

20170320_093804.jpg







ココからは、以前も走ったハズですが景色が一緒で常に初めて感漂う中を走り続けると、

20170320_094347.jpg


いつも間にか瀬音の森コースに。




…こんなんじゃ一生道覚えれんな。

たかじんさんに、道覚えておきますんで今度ご一緒しませうと豪語しましたが、このままじゃ遭難必死です。




この後は以前ryuさんに教えていただいた道へエスケープ。

20170320_100403.jpg


20170320_101434.jpg


瀬音の森コースはエライ人の数でしたからね。

結構な頻度で結構な人数とスレ違いました。
皆さんお好きですね。





もうスグでゴールというトコロにはモー○ァルトウッドとモ○ツァルト湧水があるので、

20170320_101817.jpg

20170320_102112.jpg


リキさんをトレイルに引き込む為に画像を確保。




今回は博識なカンパチさんがいらっしゃるので、前回発見できなかったイヌナシを探すべく、

20170320_102236.jpg


再びこの看板に従って進みます。



前回同様とりあえずヌシの居る池まで来ましたが、

20170320_103042.jpg

ソレっぽいのはナシ。



しかし奥に進むと、

20170320_103101.jpg


再び看板が。



む!

お宝は近い!




20170320_103132.jpg





何となくソレっぽい林にやって来ましたが、

20170320_103221.jpg


ココに見える全ての木はチガウようです。

多分カンパチさんが居なかったらコレがイヌナシだなと、ココで帰っていた可能性大です。



「あんな看板出すなら木にプレートくらい付けてクレヨ」


そのように軽く毒を吐くアノ方。

しかしごもっとも。





そして更に奥へ行くと!






20170320_103521.jpg







サーセンっした\(^o^)/


ちゃんと案内板ありました。





この時はまだ蕾でしたが、今頃は咲いているでしょうか。

20170320_104055.jpg


小さなナシのような実もありました。

食べれなさそうですが。






んで、そのまま進むとスグに下界に。


20170320_104744.jpg



ココまでスンゲー苦労して来ましたが、反対側(多度峡駐車場)から来ればスグに見れるようです。






というトコロでこの日のトレランはオシマイ。







この後はクルマで先程のトランポ地へ移動しますが、その道中改めて今日走った山を眺めると、


20170320_120000.jpg



よくあんなトコ登って走ったな、と思います。

自転車でも登るの大変なのに。





でも縦走はかなり楽しいので、次は完全制覇したいですね。

となるとソレなりに補給食も持っていかないとイカンな…


エイドキットもちゃんと揃えないと。




とりあえずは鈴鹿終わるまではオアズケですが、終わったらまたアノ方にお願いしようそうしよう。




…ダメならちゃんと断ってくださいね。











【走行(歩行)距離】11.3km
【獲得標高】679m

縦走楽しい♪







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






ペダル型パワーメーターの弊害

その週はツイてないというか天中殺というか厄日WEEKというか。




月曜日はいつも通り。



火曜日。
朝目覚めたら視界がグールグル。

スンゲー目が回ってました。
目覚めたベッドの上でまだ横になってる…というか眼を開けた途端、景色がグルグル回ってました。

吐き気も寒気もするので風邪かな?と思って体温を計るとマサカの34℃
オレ史上最低体温を記録しました。

元々平熱が35℃台後半と低めではあるものの、サスガに34℃は初。

ビビって会社休みましたよ。
視界がグルグル回ってマトモに立てないのでクルマの運転も出来ませんしね。
あ、クルマ通勤なんです。




水曜日。
ギックリ腰発生。

20代の頃に強烈なギックリをやってから半ばクセになっているんですが、疲れてくると出やすいのです。
その前週がカラ出張で長いコトクルマの運転してましたから…
ウチの社用車は腰にクルんです。




まぁソレでもローラー回してみたらイケたので安心してたら接骨院の先生に「関節か骨かも…整形でレントゲン撮ってもらった方がいいよ」と脅され、翌日整形へ。





すると…





「いわゆる腰痛ですね。」







だからココに来たんだよ\(^o^)/

関節・骨に異常ナシで何より。







木・金曜日は自分に関係無いコトで残業カマして少しイライラしつつ、久々の二之瀬ライドとなる週末を迎えました。









そして土曜日(ココから本題)。


翌日の準備をしようと、夕方シコシコとバイクをセッティング。

ローラー用のCAADに装着してあったベクターを外し、VENGEに取り付けますが…



右ペダル(センサー無し側)をトルクレンチで締めますが、いつまで経っても「カチ」っといいません。

アレ?
ちゃんとハマって無かったんかな?と思いつつ、とにかく「カチ」というまで締め倒します。


しかしいつまで経っても規定トルクに達しません。



ウーン…

とりあえずアーレンキーに変えてクルクル回しますが、いつまでもクルクルクルクル。




コリャおかしいと思い、一旦ペダルを外します。







ウゲ!








なんとペダルに銀色の輪っかがイッパイ付着してるじゃありませんか。
※ショック大により画像撮る余裕無し




そしてクランク側をオソルオソル確認すると…





20170401_232211.jpg




画像では分かりにくいかもしれませんがオワタ\(^o^)/

ネジ山が完全に崩壊しております。





実は少し前からペダルを嵌める時にどうもおかしかったんですよね。

本来最後まで手でクルクル回せるハズなのに、途中から妙に固い。


最初は少し固いダケなので強引にクルクル回しちゃうんですが、ココ最近はアーレンキーでかなりチカラ込めないと回らなくなってきてまして。



そしたら今回ついにネジ山が耐えきれず崩壊した…というワケです。





当然このままでは走れません。

翌日は久々の二之瀬~いなべ周回練ですし、チームメンバーも勢揃い。


翌々週にはレースも控えており、この鈍った脚ではエライコトになるので少しでもアゲておきたいトコロ。
付け焼刃では大した効果は得られないかもしれませんが、ノーライドだけはイカン。


んじゃCAADで走ればいいんじゃ?と思いましたが、万が一ペダル側のネジに問題があったらCAADも崩壊させるコトになります。





この時点で18時40分。

殆どのショップは20時まで。




急げオレ!




娘と一緒に夕食を食べに行く予定でしたが、ソレよりナニより自転車屋やで!というコトで、娘を連れてベクターを買ったショップへ。


そしてまずはペダルに異常が無いか確認します。






待つコト数分。


「メカニックから説明します」

と神妙な面持ちで呼ばれたのでコリャダメかな?と諦めつつ話を聞きに行くと…





「ペダルは全然問題無いですね。」






ならサクっとソレ伝えろや\(^o^)/







ただ、右クランクのネジがイカれたってコトは結局クランクを買わねばなりません。

左ダケならパーツで出てるようですが、右が必要となるとクランクセットで買わなければなりません…


ワイのMTB資金が減ってゆく…




んで。

スグ欲しいのでとりあえず在庫を確認しますがココにはナシ。




「この際デュラエースにするというのもアリだと思いますが」





どの際だよ\(^o^)/







私は資金的観点から質実剛健のアルテが好きなので、ソレが無いならいいやとそのショップを後にします。



ソコで私のTC(テレコール)祭りが始まり始まり。




時刻は19時15分。

20時までに行けそうなショップへ手当たり次第に電話します。




172.5mmのアルテクランクありますか?




A店「クランクは基本的に取り寄せなんです」


B店「172.5は無いですね…」




ウーン…困った…





C店「少しお待ちください。確か…」


おお!
もしや!


「すみません。やっぱりありませんでした。」


ムゥ…


「でも…」


む?



「似たような黒色の105ならありますよ」









色の問題じゃねぇんだよ\(^o^)/








D店「今店内が手一杯なのでスグ折り返しますね」


ムリ言いますがスグ欲しいので、一応今からソチラの店舗に向かいます。
よろしくお願いします。



するとスグに入電。



「歯数はいくつがいいですか?」



チェーンリングは使わないので何でもイイです。



「ではスグ折り返します」



ムゥ…
期待していいのか…?





そしてスグに再入電。






「お急ぎというコトでしたら完成車から外しますので、ソレでよろしければ」







買います♪







何ていいショップなんだ!

一見のワガママな客の「スグ欲しい」の一言に対しソコまでしてくれるとは!



この記事をお読みの方が同じ対応をそのショップに求めちゃうとご迷惑をお掛けするかもなのでショップ名は控えますが、本当にいいショップです。

さすがウチのBONさんやいとうさんが買ったショップやで!





というコトで無事解決。




しかし整備が苦手な私はクランク交換に四苦八苦。
チェーリングのネジを1個潰しかけましたワイ。
妙に固ぇんすよね、アレ。







というコトでペダル型パワーメーターを2台以上で使っている皆さん。
(そんな人聞いたコトねーけど)


取り扱いには充分ご注意してくださいね。



私もスンゲー慎重に付け替えるようにします。





センサー付きの左ペダルは常に細心の注意を払ってるせいか今んトコ問題無いんですが、今後はより慎重に取り扱います。



ペダルポッド2回壊してるけど。










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







気持ちで負けてるクリテC3編

守山野洲川クリテリウム編のつづきです。





メインのトロッフェ・バラッキをダメダメで終わり、きっちさんへの機材プレゼンも無事完了したトコロで私のヤル気はゼロMAX

平田クリテでDNS慣れしている私としては、このままレースを走らず帰っちゃうってーのも全然アリだったんですけどね。
翌日にはトレランも控えてますし。


しかし鉄の意志マン・コンソメさんのアレにより一応レースには出ようというコトに。




完全に脚が固まっていますので軽くアップをしようと試みますが、ココでもヤル気の無さがサクレツして結局チョロっと走ってオシマイの巻。
全然アゲれてません。





一応早めに並んどく?ってコトで受付へ向かいますが、コレまでのレースで何回かの落車があったそうで予定より45分遅れとのコト。
堤防から落ちた人もいたらしいですが…救急車も来たとか。


やっぱりココのクリテはコエーなと恐怖感を抱きつつ、寒さに震えつつ出番を待っていると…



KNK2さん来てますよ」



なぬ?




KNK2さんといえば私に鈴鹿の権利をナニして下さった御方。


コレはご挨拶せねばなりますまいというコトで早速ご挨拶。

20170319_143008.jpg


クリテがお好きなようで、去年は平田クリテにもお越しになったようです。

サクっと入賞して帰られたのはサスガですね。




その強者のレースを見たかったんですが、ソレを見てたら最後尾に並ばないとイカンのでコンソメさんと共にトットと並びます。



結果だけは聞きましたが、サスガの結果ですね。
強い御方だ。

ソレだけに鈴鹿を走れないのはとても残念なコトでしょう…

おかげで私が走れるんですけどね♪





C4は参加者が多いようで二組に分かれてのレースでしたが、C3は全員でよーいドンの様子。

50名以上の選手がこのコースを一気に走るんか…
マジコエー…



気持ち(と脚)が盛り上がってればガンガン前に出て危険回避してやるZE!とか思っちゃうんでしょうけど、気持ち(と脚)が全然出来上がってないこの状態ではそんな気持ちになれるハズもなく。




そんな気持ちでサインシートに名前を書きますが、


20170319_170001.jpg



そんな写真を撮るならトロバラの写真をだな…いや、何でも。




ちなみにバイクはCAAD10に変えました。

マジで落車コワいですし、VENGEが壊れたら立ち直れる自信がありません。
エンデューロ系のレースは当然VENGEを使いますが、基本的にクリテは落車するコトを前提と捉えていますので。

いや、CAAD10が壊れてもショックは結構大きいとは思いますけども。







そしてようやくレーススタート。

アップしたトコロでコレだけ待っていたらあまり意味無かったくらい、待ちました。
…でもアップオイルくらいはヌリヌリしておけばヨカタ。



ちなみに運営の方が、レーススタート15秒前までずーっと安全走行を力説されておりました。

「ゴール前で一人二人抜かしたトコロで何の意味も無いですよ」という言葉がとても印象的でしたが、レースなので意味はあると思うんですが…

まぁソレは大げさだったとは思いますが、とにかくこの日何回かの落車があったようなので、最後のレースだけは有終の美を飾りたかったという気持ちは充分に伝わってきました。


結局落車は発生しましたけどね\(^o^)/




私も落車なんて絶対イヤなので、今回も集団後方ツキイチ作戦を選択。

前に出れそうなら出ようかな?くらいの気持ちで。



スタート地点からコーナーを2つ過ぎて堤防に入るまではローリング。

堤防から本格的にレーススタートしますが、C3ともなると簡単には集団はバラけません。

しかしソレでも後ろから見ててフラフラと不安な方はいらっしゃいますが…




コーナーはほぼ全員が慎重になり充分な減速・ラインキープ・声出しが徹底されているんですが、やはりコワいのは堤防。


ホームストレート側は下り開始なので結構なスピードな上に、速度差がつきにくいのかココでムリにアゲて抜いて行く選手も殆ど居ません。
そもそもコース幅も広いのである程度余裕もありますし。



しかし堤防側は右からグイグイ行く選手もチラホラ。

声を出さずに出てく人もチラホラ。



すると2周目か3周目だったでしょうか…







落車~~~!!







ついに先頭で落車が発生しました。



逃げを打とうをしていた数人の選手が接触したのか、2~3名の選手が落車です。

大怪我では無さそうでしたし堤防から落ちても居ないのは不幸中の幸いといったトコロでしょうか。




当然集団は中切れ発生。

絶妙な場所で切れたコンソメさんはタッタ一人で集団を追いますが、ソレをお手伝いに行ける脚は私には無く。

集団内でセコセコ走っていますが、ソレでも既に結構キツイ。



半ば諦め状態でしたが、何とか先頭集団に復帰しました。





そして最終周。




この時点で集団最後方でしたので入賞には絡めないな、と思ってた時点で私は負け犬でした。

コーナーを抜けて堤防への登り手前で前の選手が中切れ気味に。

コリャイカンとスグ前を追いますが、そもそもその登りが最初っからキツかった私にはソコで差が更に広がる始末。



更に堤防の上はモロ向かい風で、その状況下で集団に追い付けるハズもなく。

私の後ろにはキッチリお1人ついていらっしゃったようですが、その方も前に出る気配などございません。





んで、完全に諦め。




カメラを構えるきっちさんにピースする始末。

20170319_170000.jpg


ナニを勘違いしたか、後ろの選手もチョーカメラ目線。





コンソメさんはキッチリ集団内でゴールしたようですが、スプリントには絡めなかったようです。








今回のレースでの反省点は二つ。


一つは、レースはキッチリ気持ちを作って臨まないと絶対にダメ。
その為には日々の練習が大前提なんですが、今回はソコからダメダメでした。


二つ目はやっぱり登りを何とかしないとイカン。
ド平坦の平田は全然気にならないんですが、チットでも登りがあると全然ダメダメ。

いずれAACAにも出たいと思っていますので、やっぱり少し絞らないとイカンかなぁ…
でも減量は絶対にムリなんだよな…
まず飯がガマン出来ん。
飯をたらふく食べても痩せれるイイ方法、誰か教えてください。






という感じでこの日はオシマイ。




最後にコーラ飲みたくなって探した自販機は何と100円という嬉しい価格。

20170319_164341.jpg


ですが、本場のコーラのようで妙に甘い。
明らかにいつものとは違う味。





この大会、来年はどうしようかな。

コンソメさんが出るならリベンジ的な意味を込めてまた出ようかな。




4月・5月の平田クリテは別のレースがあって出れないのでしばらくクリテはお休みですが、ソレが終わったらまたクリテに向けて練習しないと。

私のアシストをしてくれるハズのアノ人にもそれまでにナニしていただいて、と。









ちなみに。

ウチのチームには「年間5戦以上のレース出場」(免責・例外アリ)という唯一のルールがあるんですが、私はこのクリテで今年のノルマ達成。

残り9ヵ月は遊んでてもOKなんですが、きっとあと7~8戦は走るかな?


クライマー陣はコレからが本番なので目一杯ヒヤカシ…応援&サポートする所存でございます。

…家から応援してるか遠くから見てるダケですが。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





ヒルクライマーに転向します

「転向します」などとヌカしましても、そもそも私は何かのタイプに属するホドの強さなんざございませんが。







先日「菰野ヒルクライム」へ行って来ましてね。




私は出走してないんですが、私以外のチームメンバー全員が参戦したのでヒヤカシというか応援に行きました。
(詳細は別途記事にします)


そもそも私は登りが大嫌いde平坦大好き人間なんですが、冷たい雨が降る中、誰もが一切DNSをクチにしないという漢気溢れるメンバーの心意気に打たれまして。





更に山神&山女神のトークで熱が上昇。



山神曰く「速くなるには山を好きになってください。」


おっしゃ、好きになるぜ!






山女神曰く「(登りに特化して強くなるなら)ローラーでSFRトレーニングだけでも充分強くなれますよ。」


よっしゃ、もうソレしかしない!
実走も登り以外は走らない!





ということで。

ついにクライマーを目指すコトにしたのです!






その為にはまずこのやたら重い体重を何とかしないとイカン。


とりあえずは一気に10kgの減量。

食事は1日500kcalまで。
1ヵ月で10kg落とす。
パワーダウンは気にしない。


そしてその後は食事を少し戻しつつ、パワーアップを目指しつつ更に5kg落とします。

最終的には現在1W/kgのPWR(FTP)を、5W/kgにします。



コレでカンペキやで。

ヒルクライム大会でのエイジ上位間違いナシ!

もうレースもヒルクライムしか出ない!




その為には週3~4回は食べているという私の命メシ


20160528_134447.jpg


20160609_115530.jpg


20160626_192311.jpg


20160628_121921.jpg


20161009_130434.jpg


20161022_174217.jpg


20161103_134424.jpg


20161117_120623.jpg


20161204_181859.jpg


20161211_105036.jpg


20161211_180544.jpg


20161217_203101.jpg


20170205_065750.jpg


20170218_132956.jpg


20170322_122402.jpg

※上記画像は、主に伊吹山HCに向けて最終調整している方々へのプレゼント目的です。



ラーメン断ちも辞さない覚悟でございます。







今シーズンから始まるニューダイズに乞うご期待!


久々に会う方はルパン三世みたいな体型になってる私に驚愕するコトと思います。








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR