ヒルクライム初心者が考えるヒルクライム攻略のミソ

タイトルに「攻略」とありますが、周期的に雑誌に紹介されるような「こうすればラクに登れる!()」的なお話しではありまへん。
ラクに登りたいんじゃなくて速く登りたいんですよ。
ラクに登りたかったらゆっくり登ればヨロシ。
もしくは電動アシスト付けたら?
いやむしろモーターバイクでいいでしょ。
いやいやそもそも疲れるのイヤなら自転車なんて乗らければいい…いや何でも。






イキナシ脱線しましたが本題へ。







ココ何週間か二之瀬TT更新に執心コイてた私ですが、何故イキナリそんなモードに凸入したのか。



20170514_074428.jpg





まず第一に暑くて周回コース走る気にならんコト。


そしてVENGEに乗り換えからもうスグ1年経過するってーのに、いつまでもチョーイーダサカラーリングのドマーネの記録を抜けないコトにモヤモヤしてたコトが大きな要因ですね。


まぁあのドマーネがイーダサ極まりないのは別にしても、新しいバイクに乗り変えたら速くなったという実績(=数値)が得たいのが人情ってモノ。
私は人情よりも義理を重んじる派ですが。



新たな機材を導入した時の常套文句、

「漕ぎ出しか軽ーい♪」

だの、

「ギアが2枚は違ーう♪」

だの。


百歩…否、一億歩譲って例えソレが事実だとしても2~3回も乗っちまえばスグに慣れちまってソレが普通になってしまう、主観マルダシの感覚的などうでもいいナニよりも、とにかく数値で表れる結果が欲しいのです。

せっかく高いゼニ出して新しいバイク買ったんですからね。




んで。


とりあえずホームコースの平坦TT区間は軒並み更新しましたので、残すは二之瀬のみだったのです。






ココ最近の記事でPB更新連発コイたコトは書きましたが、改めて二之瀬PB更新出来た要因をちゃんと考えてみました。


尚、エアロがーとか調整がーとか、そんなフザケた内容では無いのでご安心を。







今回三回連続で更新した大きな要因は、コースを深く知ろうとしたコト。

コレに尽きます。




きっと他のヒルクライムポイントもそうなんだと推察しますが、ココ二之瀬においても先達のクライマーさん達がSTRAVAで区間を細切れにしてくれてます。

するとドコからドコまでが何分でソコからドコまでが何分とか、自分のアゲ切れてなかったトコロがよく見えてくるのです。



すると、ココは何分ホドで通過しなければ…というポイントがいくつか出てきますので、ただ闇雲にゴールに向けてフミフミするよりも遥かに結果を出し易い。



そしてその区間毎の結果をSTRAVAで確認すると、自分の弱点も見えてくるのです。




私の場合は以下のようにソレが特に顕著に出ております。


・スタートから2.3km地点→全体順位314位

・スタートから4.1km地点→全体順位269位

・ラスト1.2km→全体順位197位


・トータル→全体順位259位



コレを見て分かる通り、私は前半が弱い。
特にスタートから2.3kmまでがドイヒー。

もっとアゲアゲで走り出さないとイカンですな。


って感じで、こういうコトを念頭に置いて前半をもう少しアゲつつ、後半が維持出来れば更にPB更新が可能、というコトが分かってきます。


コレでもし前半アゲ過ぎて後半タレてしまい全体のタイムが落ちたならば、ソコをトレーニングすればよいのです。


二之瀬に関して言えば所詮20数分のヒルクライムですからね。
1時間も2時間もアゲ続けろってワケじゃありませんから、あと10~20秒くらいは気合で何とかなりそうですが。



しかしSTRAVAって素晴らしいですな。
いやホントに。




以前からクライマー陣がこのような話をしてはいましたが、興味が無かった私にはマジチンプンカンプンでした。
むしろマジイカレてやがるな、と思ったホド。

しかしながらその峠でベストを尽くしたいなら、やはりコースを熟知するコトは必須。
その上でポイント区間でのタイムを見ながらキッチリとアゲないとイケません。

もし途中のポイントでターゲットタイムに届かなかったらヤル気失くしちゃうというリスクはありますが。
そういう話も聞きますし。




以前あるイベントのトークショーで山神が「山を好きになってください」と言うてましたが、結局はそういうコトなのでしょう。

二之瀬を速く登りたければ二之瀬を好きにならなきゃイカン。
二之瀬を知ろうをしなければイカン。


もし、闇雲のただただフンフンしている方がいらっしゃるならば、改めてご自身がPB更新したいその峠そのものに目を向けてみてはいかがでしょう?



ま、クライマー陣には常識中の常識だとは思いますが、私のような坂嫌いにとっては新たな気付きなのですよ。



峠を速く登りたいならば、機材もエンジンも確かに大事ですが、まずはビタイチおカネのかからん方法、峠を熟知するコトから始めてみてはいかがでしょう?










【お知らせ】

二之瀬大好きなソコのアナタに朗報です。





我々のチームジャージやバッハジャージを作成した村一番のジャージデザイナーと呼び声高き路さんが、以前(私と出会う前に)作成した「二之瀬ジャージ」


20170717_111300.jpg



一部のファンからのリクエストにより、リニューアルして再販するかもです。


現在のトコロ、諸事情により具体的なリニューアルデザインや作成時期等は全くもって未定ですが、ご興味のある方がいらっしゃいましたら当ブログまでコメント下さい。
再販するか否かも含め、ご参考にさせていただきたいので。

ジャージのみor上下なども一切決まっておりませんので、コメントいただける方はソレもお教えいただけますと幸いです。

コメントを表に出したくない方は鍵コメでも結構です。
情報共有は私と路さんだけに留めますので。


よろしくお願いします。










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

背割シンドローム

ツール・ド・フランスも終盤となり、ますます見逃せない日々が続きますが、皆さん寝不足などは大丈夫ですか?

私はほぼ毎日2時間以上お昼寝してるので一切問題ありません。


おかげで毎日ゴハンがウマくて夏バテなんてドコ吹く風。









前回からのつづきです。









二之瀬で三回連続PB更新という快挙を成し遂げ上々の気分でUNCOに凸。

20170716_071137.jpg


今日も元気だコーラがウマい。

あまりに暑さにコーラ1本では足りず、RGも更に追加。



夏場はドリンク補給が一気に増えますね。

大量飲料部(夏季限定)にはキツい季節です。




この後は鞍掛峠へと向かいますが、全員が二之瀬で出し切ってるのでワリとノンビリペース。

路さんが若干アゲ気味で一人逃げる感じで前を走ります。




鞍掛の直前でボトルの水を再補給して、

20170716_075641.jpg

本日2本目のヒルクライム開始。



二之瀬で出し切っちゃったので登れる気配が無い私は、

20170716_075644.jpg

OGさん・BONさんとグルペットを形成。

平坦部ですからね。仕方ナシ。



タイム云々よりも登りを複数本アゲれるか否かが、クライマーとそうじゃない人間との大きな違いですな。
脚的にも精神的にも。




結局全く息が上がらないペースでノンビリ登ってしまいましたが、この先のトンネルが閉鎖されているおかげでクルマはほぼ通らないという素敵環境だったので、もうチョットアゲも良かったかな…と思うのは数日経過した今だからでしょう。

ま、ココは近いし環境もいいので、また登りの練習に寄るのもアリかもですね。
暑くて周回コース走る気になれないこの時期は特に。



登ってる途中、路さんがエライイキオイで下って行ったのでオカワリかな?と思いましたが、マサカのそのままご帰還コース。
氷フラグが立ちました




山頂に着くと閉鎖された真っ暗なトンネルから吹き抜けてくる風が何とも涼しく、

20170716_083311.jpg

しばらくココを動きたくなくなります。


近くに流れる川へと流れ込む、パイプから出てくる水もチョー冷たい。
デドコロ不明なので飲んでいいかどうかワカランので、顔を洗う程度で済ませましたが。


もしヒト夏中涼しいなら…

夏場の練習コースは鞍掛を定番にしようかな。
次行って決めようそうしよう。




鞍掛が終わったらコーラが復活した第二UNCOへ。

20170716_091444.jpg

何故かベンチまで置いてあります。
熱くて座れんけど。

コレは…単にゴミを置いたのか、ソレともココの会社の方の優しさなのか…
熱くて誰も座りませんでしたけど。

名古屋弁で言うところの「チンチコチン」ですね。
何て卑猥な方言なんだ。
飯は不味いし。





尚、ココでBONさんのVENGEのアリエナイ事態が発覚。

20170716_093804.jpg


S-WORKSにGIANTのボトルてオイ。


コレは査問委員会招集レベルですね。
S-WORKS部としても見過ごせません。
部長のいとうさんにシバかれるがいい。


だからスローパンクするんだぜ。

と思ったらバルブが緩んでたダケという脇アマ仕様でしたけど。





ココからは裏二之瀬de帰還組と、背割de帰還組に分かれます。



私はモチロン背割組。

syuさん・E田さん・ENDさんは裏二之瀬へ。




背割へ向かう途中、多度大社前を通ったらナニやらバイクラックが設置してあるお店が目に入っちゃったので、一体何のお店だろう?と訪れてみるコトにします。

20170716_101102.jpg

ロードバイク乗りとして、バイクラックがあったら寄らずにはおれんですからのう。



すると幸運なコトにカキ氷が!

20170716_101950.jpg

不思議なコトにおカネを払うと作ってくれちゃうので、練習中ですがいただくコトにしました。


ちなみに全員が「黒蜜きな粉」。


ご主人が「シロップ足りなかったら言って下さいね」と仰ってくれますが、充分にかかっておりました。
びっくりドンキーでは必ず追いソースを貰う私も、ココでは不要。




思わぬ幸運を楽しんだ後は背割へと向かいますが、「峠2本ではモノ足りん!」と一言残して多度山方面へと向かうOGさん。

20170716_104446.jpg

ヒルに襲われますぞ。





残ったツカさん・BONさんと三人へ背割へGO。


20170716_105442.jpg



するとまたもや「お腹が痛い」とノタマワるBONさん。

チミ、いつも背割に来ると体調崩すのう。
特にVENGEの時に。


んじゃ今日こそはゆっくり走りますかってコトになったハズだったんですが。



前を行く某チームジャージのトレインを見て、何故か火が入るツカさん。

イキナリ追い掛け始めます。



「マジでマジで?ムリだって」


そう連発するBONさんの言葉を完全無視コイて、前しか見ないツカさん。



正直なトコロ、脚が終わり気味なのと背割の異常な暑さにヤレれて、脚的にも気持ち的にも全然アゲるコトが出来ない私はツカさんのツキイチをずーっとキープ。


しかし前を行く列車はおよそ10人弱。


ソレなりに先頭を回しながら走っているので、このままでは追い付くのはキビシー感じ。

実際距離は全然縮まりませんでしたからね。
40~42km/hくらいをキープしてるのに。



しかしどうしても追い付きたそうなツカさん。



んじゃチット様子を見てみましょうかというコトで、一旦前を代わり追い掛けてみます。



43km/h程度で走ると距離は一定を保ったまま。

45km/hホドまでアゲると徐々に近付いているのが分かります。


フム。
コレはキツいな。



フト後ろを振り返ると、ツカさん(とBONさん)はチギれ気味。

「ハライテー」とか言うてるBONさんは一切期待出来ないので、このままではキツい。



前の列車まで残り20mくらいのトコまで近付きましたが、追い付いたトコロでどう見てもチーム練っぽい列車に無賃乗車ってのも具合が悪いし、かといって抜いたら確実に抜き返されてクヤシイ思いするのは明白だしウーン…




というコトで二人を待つコトに。

んで、45km/hまでアゲないと追い付かんよ、とお伝え。



すると再びアゲ始めるツカさん。

なんちゅう不屈の精神の持ち主なんだ…




ココでBONさん完全撃沈。

結局ツカさんも失速。



そしてその列車は背割を走り切るコトなく、突如途中でUターン。

無言ツキイチ入ってたら接触してたかも…アブネ。
知らん人のツキイチは怖いので完全には入れませんけどね。


皆さんも知らん人のツキイチ入る時は一声掛けましょう。
怒られたり断られたり無視されても知らんけど。

私は基本的に無視する派です。





結局この後もラストスパートでアゲアゲして脚パンパンの上塗り。





BONさんは既に回復走。

20170716_111236.jpg

主にお腹の。





しかしこの日の背割は暑かった。

この日走ったどの道よりも、異常に暑かったですね。
熱気が籠ってるというか。
両サイドを河に挟まれてるってのに。




背割が終われば今度こそクールダウン(暑いけど)しつつクレールへ戻ってこの日のライドはオシマイ。

BONさんはクレールでナニをダウンバースト。





しばらくは暑い日が続くでしょうけど、暑さに負けずアゲていきましょう。

皆さん、お疲れさまでした♪







【走行距離】91.0km
【獲得標高】1,282m

この日も路さんのログが消えるという超怪奇現象が発生。
原因はハッキリクッキリ分かっているんですが、ココでは控えます。
路さんに近しい方で理由を知りたい方はご連絡ください。もしくはお会いした時にでも。
衝撃の真実がソコにはありますよ。

尚、当チーム規定「ログ無きライドはノーライド」により、公式には路さんはノーライド(欠席)扱いです。









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






大事なのはやっぱり調整

二日連続で二之瀬PB更新しちゃうという、すこぶる気分のイイ週末を過ごしたその翌週。


22分50秒という限りなく23分に近いタイムもさることながら、目の前にはある方のタイムが君臨しているんですよね。

体重は私の方が重いですが、その方は私よりデカイ(背が)。


自分よりデカイ人にヒルクライムで負けてたらイカンですよねってコトで(例外アリ)、もう1回PB更新にチャレンジするコトにしました。




というコトで、その週の平日は水曜日まではいつものように過ごしますが、木曜日以降は休息に充ててキッチリ調整するコトに。





そしてヤル気マンマンで迎えた土曜日。

この日参加表明いただいてたのはOGさんのみ。

コレは…
二之瀬まで丸投げコイてキッチリアップ出来るのう…

余計なアッパーが居ませんからね。





前日までの天気予報は問題ナシ。
今年の梅雨は週末降らんのでいいですな。

朝起きたら天気はまぁまぁ。
太陽が見えております。





んが。





クレール平田に近付けば近付くホド雲が…

しかも木曽・長良川を越えたら雨降ってケツカル。



ムゥ…

今日は走りたいのにのう…




一応クレール平田まで来ましたが、

20170715_053054.jpg

ズバリ雨。
二之瀬は雲の中。



尚、名古屋方面に雲はナシ。

20170715_053048.jpg

雨沢行っちゃう?
アソコのPBも更新しておかないとイカンし。



尚、ツカさん一家は自走で二之瀬へ凸。

雨降ってましたが土曜の夜の天使バリに走り出したら止まらんってコトで、そのまま雨中の二之瀬クライムを嗜まれたご様子。

アホ一家ですな





結局我々は所用でやって来たsyuさんと3人で軽くダベってそのまま帰宅。

モヤモヤしたままの私は家に着いたら即ローラー。
翌日の日曜日はチーム練ですのでね。
コッチが本番ですし。

鞍掛もイク予定なので二之瀬でアゲたらマトモに登れなさそうですが、今のワシにはそんなの関係ねぇ。
とにかく二之瀬だ。



尚、この日は二人の娘が家に居なかったので、妻と二人でコソーリ氷屋さんへGO。

20170715_195517.jpg
私は梅酒。

20170715_195544.jpg
妻は珈琲ミルク。

700円ホドする高級カキ氷を、味もワカラン小娘共に食わせるのもシャクですからね。


私は酒が異常に弱いんですが、ココの梅酒カキ氷はウマウマなのでついつい注文しちゃいます。

お店の人曰く、殆どアルコールは入ってないとのコトですが、体内に高感度アルコールセンサーを装備する私には即判別可能。
何なら軽く酔うレベル。
でもスンゲー美味いので問題ナシ。


全然関係ありませんが、今年は梅の蜂蜜漬けを作りました。
ただ漬けたダケですがコレがなかなか美味い。
味だけは梅酒っぽいですよね。

長女もお気に入りっぽく、油断するとグングン減っていくので日々争奪戦です。




チト話が逸れました。







明けて翌日の日曜日。






再びクレール平田へ。

20170716_052028.jpg

E天気。



そしてEバイク。

20170716_052051.jpg




二之瀬方面も大丈夫そう。

20170716_055509.jpg





この日はようやくイロイロな意味で完成したBONさんのバイクが初お目見え。

20170716_053553.jpg

オニギリ装着
です。

「シューを変えるがメンドクセー」という理由でずーっとチューブラー履いてましたが、ようやくき○ちさんからナニしていただいたホイールをVENGEに装着して中華感更にマシマシ

「VENGEに乗ると弱くなる説」をいまだに払拭できないBONさん…今日はどうかな?





全員の準備が整ったトコロで二之瀬へGO。

今日も私はアップに徹します。
目標タイムをクリアしないとイカンのでね。


20170716_063016.jpg
※この方は参加者ではありません。知らん御方です。



この日は殆どの人がヤル気マンマン。

20170716_063023.jpg

…に見えました。




とりあえず速い人達にはトットと行ってもらって、私は自分の走りに集中作戦。

集中し過ぎてラップボタン押し忘れましたが。




「ダイズさんをマークしますわ!」

と言うてたツカさんはあっという間に私をブッこ抜いて視界から消えて行きました。



ホドなくして路さんが私をパス。



しかし、私をナニするかのようにずーっと私のチョイ前をキープ。


コレは…

ペース作ってくれてるんかな?



んじゃチギれるワケにはイカンと、このまま路さんを視界に捉えたまま登り続けます。



尚、E田さんがチョータレまくりで、追走の私にパスされるという体たらく。
私より若くて軽いのに、私にパスされるとは…次回ペナルティですね。
めんつゆ部強制入部です。


しばらくするとENDさんの姿もチラチラ見えますが…

今日は若人がダメな日なのかな?




ゴール少し手前で女性ローディをパスしますが、どうも見覚えのある背中だな、と思ったらツカさんの奥様でした。
ココ最近朝練と称して二之瀬を登りまくってるんですよね。
イカレてます。

サスガ当チームのRocket Princess

てか昨日も登ってたんすよね…
雨の中。




結局この日もバッチリアゲアゲでゴールまで走り切るコトに成功。

20170716_065929.jpg


ラップボタンはスタート後少ししてから押したので正確なタイムは分かりませんが…

感覚的には多分…











20170716_111300.png


三回連続更新\(^o^)/オーイエ

しかもゾロ目。



私よりデカイアノ人のタイムも超えてやりましたワイ。






【検証】
何故私はまたまたまた二之瀬ヒルクライムにおいてPB更新出来たのか。




コレは明らかに調整が成功したコトによる産物でしょう。



平日の過ごし方を少し変えて週末に備え、前日ノーライドとなったコトを逆にチャンスと捉えキッチリと調整に勤しんだ結果ですね。


いつも通り過ごしていたら脚が回らずPB更新ドコロでは無かったでしょう。
間違いナイ。



更に。

この日はクレール平田でダップン軽量化もバッチリ。



普段は家で済ましてくるんですが、この日は何故か走り出す直前にモヨオして、おかげでチョースッキリするコトが出来ました。
当然コレも調整の一環。


最早速く登る為には調整をチリバツにする以外有り得ませんね。


何せPB更新しましたからね。
ソレ以外ナニがあるんだっつーハナシですよ。





登りは軽さが正義?

いやいや。




調整が全てやで!










・・・・・・・・結局オメーはナニが言いてえんだ?とかいうクレーマーからのどうでもイイ言いがかりは一切受け付けませんよ。

そういうクダランクレームに傾ける耳は持ち合わせとらんのですよ。







ちなみに。

この日二之瀬登った直後に何人かから「今日は速いっすね」的なコト言われましたが…


うん、まぁ確かにPB更新したけども。

この日、参加者(8名)の中で一番ウェイト重いのに3番目に速く登ったけども。



ワシのコト、余程登れねーヤツだと思ってたな…?




チット気が乗ればこんなモンよ。










つづく。










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





登りの練習は平坦遅くなる説

前回からのつづきです。




アゲアゲ二之瀬でPB更新した後は、

20170709_070341.jpg






当然いつものようにUNCOへGO。





尚、路さん・みっちゃまは二之瀬山頂で離脱。

みっちゃまは久々にも関わらずキッチリアゲアゲで登ってくるあたり、サスガRocket Queenの名に恥じぬ御方。
気持ちはイササカも衰えておらんようでナニよりです。




以前UNCOでコーラを買おうとしたら、

20170624_071534.jpg


大半がゼロコーラという残念仕様だったんですが、







実はこの日更に!








20170709_074018.jpg



トクホて\(^o^)/





こんなモンに頼ってる時点で既に負け犬なんだと気付かんデブしか飲まんようなモン健康を気遣っていただいてこんなイイモノをこんな大量に…




ってコトで美味しくコーラをいただきました。


20170709_074157.jpg




そしてコーラを飲みながらふと二之瀬方面へ目を向けると、霧で山が見えません。近いのに。


この後は鞍掛峠へ行く予定でしたが、コレはバーヤイじゃないのかね?

アッチ方面もチリバツ曇天です。



というコトで、この日当チームヒルクライム部から唯一の参加となったツカさんにお伺いを立てます。

ヒルクライムのコトはヒルクライム部に従わんとイカンですからね。





「回避しましょう」




ウム。

仕方ないですね。






「で、氷食いましょう」





ウム!

仕方ないですね!






練習中に氷食うってのは気が引けますが、路さんsyuさん鬼の居ぬ間に洗濯やで♪






ってコトでカエルde帰るコトに決定。






と、その前に。






以前記事にしましたが、第二UNCOで事件が発生しましてね。

「コカコーラ」の自販機なのにコカコーラが無いという、衝撃の大事件。



するとソレを知った某権力者で動いて下さいまして。





20170709_080434.jpg






コーラ復活!




その某権力者のお名前はココでは明かせませんが…

ありがとうございました♪



小さいボトルが100円で買えるこの自販機はマジで貴重だったんですよ。
価格的にもコーラのサイズ的にも。

ココはいつも帰りに寄るので、500mlではチト多い。
この小さいボトルがちょうどイイんですよね。



メローイエローが入ってるのもマサカその御方が手を回して…いやソレはサスガに。





ココからはチョットしたアップダウンを越えてカエルへと抜けますが、再度ソコから鞍掛方面をチェック。


20170709_082602.jpg


ウム。

いつも見える山が一切見えん。


ツカさんの判断に誤りナシ!





この後向かったのは、多度大社前にあるお米屋さん。

20170709_084554.jpg


バイクラックも完備です。



実は以前、平田クリテでお友達になった方のFBに上がってましてね。
この夏にいつか行こうかと常々目論んでいたんです。


しかもこの日は朝8時半くらいにお邪魔しましたが、既に開店後という素晴らしさ。

朝が早い自転車乗りホイホイ間違いナシ。



???お米屋さん???
とお思いの方もいらっしゃるかもですが、ココはカキ氷がいただけるのです。



カキ氷の種類は4種類ホドですが、私は即断でコレ。

20170709_085329.jpg

黒蜜きな粉。

自転車乗りならば、大豆成分を見つけたらソレ食う以外ないでしょ!




んが。




20170709_085333.jpg



オイ…

いや、まだ未成年だから致し方あるまいて。
大人の味だしのう。




20170709_085720.jpg


ムゥ…

いや、アンコが乗っとるからアリなのか。




このお店、素麺もありましたし他にも軽食がありましたから、軽くお腹を満たしたい時にもアリかもですよ。
お近くにお寄りの際は是非。

尚、スグ近くにあるお店のクリーム大福も美味しいので是非。
疲れてる時なんて最高ですよ。







熱された身体をカキ氷でクールダウンした後は、最後に背割をナニして帰還します。

20170709_092307.jpg




ちなみにココから見た二之瀬も雲に包まれてました。

20170709_092310.jpg

降ったかな?





問題はその背割。




まずはツカさんJrオトナゲなくシバく平坦練にも参加してもらおうってコトで、私の前に置いてレッツゴー。


前はツカさんBONさんで回しますが、彼らにも一切の遠慮ナシ。



サスガにオッサン共の牽きには長くは耐えれず、ホド無くしてチギれてしまいました。




で、前の二人にジョイントして三人で回し始めますが、ホドなくして今度はオトーチャン離脱。





ココからはBONさんと私(平坦部)の出番。

出番と言っても誰も見てないし誰とも競ってませんけど。




が、この日の背割は全然ダメダメでした。

BONさんのケツに張り付くのが精一杯。



普段であればチョイとでも速度が落ちようモンなら前に出て牽き倒すんですが、この日はソレが一切出来ず。

42km/hホドで走るBONさんのケツがマジツラい。


で、前を交代させられると40km/hホドまで落ちる始末。

一瞬ですら上がらない。




ま、最後は長く牽かせ続けた後に捲くってやりましたけどね。







【考察】

何故背割でヘボヘボだったか。





コレはココ最近ヒルクライム(二之瀬)に重きを置き過ぎたからに他ありません。

ローラーメニューも1回ダケとはいえヒルクライムメニューでしたし、脳内は二之瀬PB更新でイパーイ。


ハッキシ言って平坦のコトはスッカリご無沙汰でございました。

脳内も身体も練習も。



やはり登りと平坦では走り方が違いますからね。

コレばっかりは仕方ありません。

今は弱点克服している最中なので、とりあえずはコレでイクしかありません。
アレもコレもやってたら一兎も得ずとなります。



皆様方におかれましても、何かを得たら何かを失う覚悟は常に持っていただくのはよろしいかと存じます。

そうすれば私のように大きなショックを受けるコトは無いかと思いますので。










・・・・・・・単に二日連続で走ってその二日とも二之瀬でガチアゲしてるからダメージ残ってんじゃね?とかいう身も蓋も無い言いがかりは一切受付けませんよ。

そういうクダラン意見に傾ける耳は持ち合わせとらんのですよ。










【走行距離】62.3km
【獲得標高】689m

この日一緒に二之瀬登ったハズの路さんのログが消えるという怪奇現象が発生。
原因はハッキリクッキリ分かっているんですが、ココでは控えます。
路さんに近しい方で理由を知りたい方はご連絡ください。もしくはお会いした時にでも。
衝撃の真実がソコにはありますよ。

尚、当チーム規定「ログ無きライドはノーライド」により、公式には路さんはノーライド(欠席)扱いです。








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






ローラーは即効く(実証編)

先回の記事で、エアロフレームの優位性はヒルクライムにおいても有効であるコトを立証したワタクシ。


何せPB更新しましたからね。
ソレ以上ナニがあるんだっつーハナシですよ。



だがしかし!




いくらPB更新したとはいえ、そのタイムには大いなる不満が残るコトとなったのです。







恥を忍んで二之瀬タイムを曝け出さないコトには記事にならんので、今回はあえて晒しますが…


その時のタイムが23分02秒(STRAVA)。




そう…




02秒







もうチットどこかでアゲていれば22分台に凸入出来たのに!





東海圏…更に二之瀬界隈を走る方以外にはこのタイムがいかがなモノかは分からないかもしれませんが、二之瀬のおける23分台というのは、私の個人的な見解ですが、いわゆる下の中。よくて下の上ってトコでしょうか。
チーム内では下の下ですけど。
一番遅いのでね。

ちなみにKOMは16分も切りそうなイキオイ。


ま、私は平坦部なのでイイんですけどね。
チームライドでは平坦でチギったコトあってもチギられたコトねーし



でもせめて22分台にブチ込んで中の下くらいには持っていきたいんですよ。





というコトで。






翌日の日曜も二之瀬TTにチャレンジするコトに決定!

基本的に私の脚は二日連続のライドに耐えれるシロモノじゃないんですが、この日は二之瀬1本しか走ってませんので多分大丈夫。


でも念の為帰宅後即ローラーde回復走。

ホントは二之瀬からの帰り道をソレに充てたかったんですが、路さんが帰り道もゴリるのでハァハァで終わっちゃいましたから。








ってコトで翌日曜日。







ナニがツライって二日連続で4時起きってのがツライ。
基本的に朝は弱いんですよ。



尚、ココ最近はイベントで貰うコレをドリンクとして使用しておりましたが、

20170708_191857.jpg


この日でようやく終了。

クッソ不味いんですよねコレ。
冷えててもぬるま湯飲んでるみたいで。

でもようやく最近その味にも慣れてきたのにな~って頃になって終わっちゃうというサミシサ。

ワザワザ買うモノではないのでアレですが、「持ってるけどこんなん飲めんわ!」って方は私が使わせていただきますよ。
成分的にはイイので。
不味いダケで。




この日は久々にみっちゃまがご登場。

20170709_054734.jpg

ココ最近体調が芳しくないとのコトで久々の実走。

なので私との勝負はナシ。
回復したら、ですね。



ツカさんJrもやってきましたが、前回登りでブッチギられたので今回は平坦でシカエシするコトを密かに目論見ます。
若くて軽いのには登りでは勝てん。





しかし…




東側は天気ソコソコなのに、

20170709_061351.jpg




二之瀬方面はモロ曇天。

20170709_061341.jpg


雨雲レーダー見ると降っては無さそうですが。






二之瀬までの行程は、前日のダメージ確認しつつユルユル行きたいので、

20170709_061337.jpg


BONさんトレインはお見送り。
疲れるじゃねーか。





ってコトで毎日飽きもせず二之瀬に到着。

20170709_062640.jpg




前日の+02秒はグローブをしてなかったコトも少なからず影響してる(汗で手が滑る、顔の汗が拭えない)と考え、この日はスタート前にバッチリ装着!



のハズが。




20170709_062811.jpg





左右間違えて持って来ちゃった。

両方とも右とかじゃなくてむしろラッキー。







さて。



この日も集中したいので基本的には一人で登る予定。


BONさん・ツカさんJrは先に行ってもらい、視界に入る程度に追い掛ける作戦。

ツカさんは3分後にスタートしてもらう。

路さん・みっちゃまは自由行動。







というコトでTTスタート!





前日の反省から、とにかく最初が勝負なのでこの日はハナっから飛ばし気味。

オレ比アゲアゲでGO。



んが。



脚が重い。
張ってる感じ。

ついでに空気も重い。
湿気多過ぎ。




余談ですが、先日ツールを見てたらシータカ君が「脚が少しくらい張ってる方が使ってるキンニク意識出来てむしろ速く走れる」的なコトを言うてましたが、今思えば分からなくもない。
でも走ってる時は張ってるとツライ。





しばらくすると30秒ホド先行してたハズのツカさんJrをパス。
序盤はゆっくり作戦なのかワシをナメとるんか分かりませんが。


BONさんはずーっと同じ距離感で前を走ってます。




ゲートを超えたあたりだったかな?もうチョイ先かな?
とりあえずしばらくすると結局ツカさんJrに差し返されます。

が、決して追えない速度ではないので彼のツーケーを追っ掛ける作戦。

コレがいいペーサーになったのかもしれません。



結局最後まで必死に彼のツーケーに張り付き続け、ラストでは差したろかと思いつつも結局差せずにそのままゴール。


20170709_070341.jpg


スタート差約30秒でほぼ同着だから、今回はワシの勝ちやで。
20kg以上重い、ワシの勝ちやで。

コレはレースじゃなくてTTだから、どっちが先にゴールとか関係無いんだぜ。
タイムが早い方が勝ちなんだぜ。




え?
オトナゲ無い?





自転車乗りって皆そんなモンだろ\(^o^)/

気取ったらイカンよ。







今回はキッチリラップタイムを押しましたので、速報タイムは確認可。


んが。


PBより数秒遅い…

あとはSTRAVAにアップされてどんなタイムが出るか…



基準はあくまでもSTRAVA。
ソレが一番公平ですからね。










22分50秒でした。





二日連続更新\(^o^)/オーイエ


中の下に昇格。








【検証】
なぜ私は二之瀬ヒルクライムにおいてPB更新出来たのか。



コレはまさにローラー効果と言わざるを得ません。

実はこの週の平日、ローラーでヒルクライム向けメニューに取り組んでいたんですよ。
途中で膝痛めてヤメちまったけど


いつもはケイデンス100程度で回すメニューばかりなんですが、ソレではいつまでも自分の弱点を克服出来ないというコトで、低回転高トルク(自分比)のメニューに取り組んでみました。
キツイので週イチしかやらんですけどね。

尚、SFRではありません。
ソレよりもケイデンスはチョイ高め。
パワーは…L5程度なので同じなのかな?SFRはもっと上?


そのおかげでその週末は二之瀬で二日連続でPB更新という快挙を達成♪


更に言えば日曜の再更新は、土曜にローラーで回復走を挟んだからに他ありません。
疲れなんざドコ吹く風。
ローラーは疲れも取れる!




まさにローラーは即効くという証明ですね。

何せPB更新しましたからね。
ソレ以外ナニがあるんだっつーハナシですよ。





登りは軽さが正義?

いやいや。




ローラーが正義やで!









・・・・・・・前回と言うてるコト違うとか、結局体重減ったのがやっぱり効いてるんじゃね?とかいう身も蓋も無い言いがかりは一切受付けませんよ。

そういうクダラン意見に傾ける耳は持ち合わせとらんのですよ。










尚、この日のライド、お楽しみはココから。



つづく。









ブログランキングに参加してます。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







【悲報】春の鈴鹿がシレっと終了

今朝チームLINEに悲報が投入されました。





「春の鈴鹿、来年は開催しないらしいっすね」






え?

マジで?






昨日から「第18回鈴鹿8時間エンデューロ秋SP」の大会サイトがオープン(エントリーは7月14日(金)から)となったんですが…



木曜日の祝日という何とも言えないスケジュールの為、基本的にはエントリーするつもりも無く…
東海圏在住の方々はいいとして、ソレ以外の地域にお住まいの方は前後あるいは前日は有休必至なんじゃ…


8時間・4時間・トロバラしか無いので、種目的にも出るモチも無く…
チームメンバーにチーム戦を打診しましたが全員がNOでしたし。



というコトで、あまり興味もなかったんですが。






春SPが無くなるというのはイカンよ、イカン。

イロイロ事情があるんでしょうけど。

アタック120や4時間は30分もかからず定員に達するホドなので、結構な人気イベントだと思ってたのに。
富士チャレなんて余裕のエントリーでしたよ。



※公式サイトはコチラ

※サイトより抜粋
「スズカ8時間エンデューロは春、秋と年2回開催しておりましたが 2018年より秋1回開催となります。 今後ともよろしくお願いします。」

いやお願いされても…
こちらこそお願いします。






厳密には春SPが無くなったコトよりも、アタック120が無くなるコトが非常に悲しいのです。


「○時間エンデューロ」よりも、決められた距離・周回をドレくらいで走れるかの方が、俄然気持ちも上がるのです。私は。
似て非なるモノなんです。
前年との比較も容易ですし。

そもそも4時間も走れん。



関東在住の兄ですら、コレだけは毎年出てましたからね。
今年はエントリー峠に阻まれましたが。






1年を通じて最もチカラを入れていた(今年を除く)ターゲットレースだけに、コレが無くなるのがとにかく残念無念。
特に今年はDNFでしたし。

せめて来年の秋SPではアタック120(240)が追加されるコト(と、日程がもうチットまともになるコト)を祈るばかりです。



来年の日程や種目次第ではもう鈴鹿サーキットを走るコトは無くなりそうです。
シマノ鈴鹿は以前走った時にヒドイ落車祭でしたので、気が進みませんし。

サミシイ限りです。



本当に残念。





今まで鈴鹿・富士・岡国・もてぎと4つのサーキットを走りましたが、やっぱり鈴鹿が一番。
コースが好きなのは岡国も、ですけどね。

正月開催はナシでいいから春…じゃなくてもアタック競技はホントに再開して欲しい…
切にそう願います。












尚、当然兄には即連絡しましたが…







「んじゃ来年は佐渡出れるな」










マジで?\(^o^)/

とりあえずは試走だな。








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




エアロフレーム優位性の立証に約1年かかった件

ある土曜日のお話し。


いつものコースっぽいトコに練習に行こうと思いましたが、皆さんご都合がよろしくなかったようで。

ご参加いただいたのは路さんのみ。
しかも二之瀬1本で帰りますよ、と。



実はこの日、妻から留守番を頼まれていたんですが、自転車に乗りたいからと全力で無視コキましてね。


んじゃ私も二之瀬1本で帰りましょ、というコトに。




しかし集合場所にはいとうさん・ツカさんご夫妻がご登場。



コレを、

20170708_093414.jpg

ナニする為に。




コレをナニしてたら、ナニやらイカツいバイク乗ったイカツいオッサンがコチラに近付いてきます。


む…

知らん人の急な参戦は受け入れんぞ…





20170708_060130.jpg




ryuさんでした。

いつの間にかバイクがイカツいのに変わってます。

やっぱS-WORKSにはZIPPが似合う…
しかもリアは808とかタマラン仕様ですな。


二之瀬1本イキますか?とお誘いしましたが、残念ながら平坦練とのコトでこの日はご挨拶のみ。
今度フルコースご一緒しませう。
で、背割でシバいてください♪



というコトで久々路さんとのランデヴーde二之瀬へGO。

この日は二之瀬1本勝負なのでソコまでの平坦はゆっくりゆっくり。



若干ローラー疲れが残っている感じがしますが、悪くは無い感じ。

この暑さで寝不足もあるかな。



スミマセン。
ウソです。

エアコンチリバツで寝てるので暑さ関係ありません。
単に昼寝し過ぎて夜眠れんダケでごわす。



20170708_063807.jpg




さて。

この日もPB狙いまっせ。



でも最初っからチギられると心折れてヤル気落ちちゃうので、路さんには3分後にスタートしていただくコトに。

後半タレたトコロで追い付いていただき、ソレを刺激に頑張る作戦です。




前回序盤をマターリ行き過ぎてPBから約20秒遅れとなったので、今回はハナからソコソコな感じでイク作戦。
序盤のタイム差がそのままPBとのタイム差でしたのでね。


途中何度も何度もタレかけますが、所詮20数分のヒルクライムなんだと何度も自分に言い聞かせて踏ん張ります。


今まで気紛れに二之瀬をアゲて登るコトはあっても、こう毎週毎週アゲて走るのは多分初めて。
そうすると不思議なコトにコースを戦略的に見れるようになるんですよね。


今までクライマー陣が「ココまでが何とかでココからはアレで、ココがナニして」とワケのワカランコトを言うとるなと、他人事のように聞いておりましたが、ようやく少しダケ理解することが出来ました。




PB狙いでアゲアゲ(自分比)で走ったのにラップボタンを押し忘れ、結局速報タイムは分からず終い。

20170708_070403.jpg

結果はSTRAVAでのお楽しみ。




しかし結局路さんは最後まで追い付いてきませんでした…


しかもチト調子悪い感じのゴールシーン。

20170708_070430.jpg


夏が苦手みたいなので今がチャンス仕方ないですね。





ココからは予定通り二之瀬を折り返して、帰路の平坦で1本だけアゲアゲしたらオシマイかと思いきや、ラストに路さんがアゲやがるもんだから仕方なく追っ掛けて最後の最後に差し返して、この日はオシマイ。


詳細は控えますが、2勝1敗で私の勝ちです♪

詳細を控えたのは、その中身が問題だからです。
今度syuさんにはチンコロしますけど。




ライドが終わったトコロで即STRAVAにアップして、二之瀬のタイムを確認…









PB更新オーイエ\(^o^)/





タッタの8秒ですが、約2年前にドマーネ&レーゼロで記録したPBを、VENGE&バレットで更新してやりましたワイ。

DQNドマーネより重いVENGEで、レーゼロより重いバレットで、レーゼロより登りに向かないバレットで、イーダサなカラーリングのDQNドマーネよりイカすVENGEで、

更新してやりましたワイ。






やはりエアロフレームはあらゆるステージにおいて優位性があるんだな。



コレで過去ドマーネで記録した、ホームコース上の主要TTポイント(平坦・ヒルクライム・短距離平坦)全てをこのVENGEで更新してやりましたワイ。

1年近くかかりましたけどね。



登りは軽さが正義?

いやいや。



空気抵抗が正義やで!













・・・・・・体重減ったからその分じゃね?とかいう身も蓋も無い言いがかりは一切受け付けませんよ。

そういうクダラン意見に傾ける耳は持ち合わせとらんのですよ。








【走行距離】38.9km
【獲得標高】428m

新しいフレーム買ってしばらくは、以前のフレームよりタイムが伸びないって…あるあるですよね?

いずれ科学的に分析します。






*****************************************




【CTR練のお知らせ】


今週末、いつものようにいつものコース界隈に出没します。
土日連続で走ります。




【日時】

7月15日(土)
5:30発~




【場所・コース】

クレール平田発~二之瀬1本走ってオシマイ

早ければ8時前には帰還します。







【日時】

7月16日(日)
6:00発~お昼頃まで




【場所・コース】

クレール平田発~二之瀬~鞍掛~裏二之瀬orカエル経由背割~クレール平田


二之瀬のみの参加もお気軽にどうぞ。







初参加の方はコメント下さい。

お友達はチョクでお越しいただいても結構ですが、連絡くださってもいいんですよ。





*****************************************






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




VENGEが大参事

前回からのつづきです。






道の駅で休憩をした一行は、


20170702_081857.jpg



最初の目的地「徳山ダム」へ向かいます。




ココからは本格的に登りが始まるらしいんですが、ソレよりナニより私にとって(きっと皆さんにとっても)キツいのは、

20170702_090014.jpg


トンネル地獄です。



我ら兄弟の鉄の掟の一つ「トンネルは極力避ける」というのがありまして、トンネルを回避する道があればソレが例え登りだろうが険しい山道(舗装路に限る)だろうがソッチをチョイスします。


しかしこの道には回避出来る道も無く。

そもそも兄弟ライドではなくチームライドですがね。






そしてこの日のトンネルは…



前日まで…というよりこの日の朝まで雨が降り注いでおりましたので、

20170702_090022.jpg

中はビッチョビチョのグッチョグチョ。


ドエライイキオイで水がブッ飛んできます。



更に外との温度差のせいか、トンネルの中はチョー霧々舞い。

暗い上に霧で視界が更に悪化という、こんなイカしたトンネルは初めてだぜぃ…




ただ、唯一のイイトコはスンゲー涼しいというコト。
むしろ寒い。


そしてトンネルが続く区間では、

暑い外界→涼しい(寒い)トンネル→暑い外界→涼しい(寒い)トンネル→暑い外界→涼しい(寒い)トンネルと続き、コレは一体何の焼き入れなんだと。

おかげでココを走った自転車乗りは若干強度が上がるとか何とか。
しかし体調崩す可能性もアリ。
お試しください。




途中、E田さんがチェーン落ちして一旦ストップ。

すかさず戻してコト無きを得たかと思いきや、何故かコネクトピンが飛び出しているという事案が発生。


OGさんはムシコイてトットと先に行っちゃいましたが、チームイチの優しさを誇る私がツーリングセット満載のツールボックスから七つ道具を出し無事元通り。

聞けば、皆さん練習ばっかでツーリング慣れしてないので中身がアレなご様子。
イカンよ。ハァハァばっかりしてたら。



ってなコトがあって皆さんをお待たせしつつ徳山ダムへ。


20170702_091858.jpg



しかし私を含むほぼ全ての人がダムに興味が無いコトが判明。


ツーリング感を醸し出す為にと、

20170702_092056.jpg

自販機があるから寄ったダケ疑惑が発生。



尚、話の脈絡は覚えてませんが、ココ徳山ダムでsyuさんから驚きの一言が。




「皆でこういうトコ来るのって楽しいですよね。」











・・・・・え?




syuさんにもそういう人間クサい概念あったんすか





いや、いつでもドコでも一人で黙々と勝つ為ダケに練習するコトにしか興味が無いお方かと、ずーーーーーーっと思うておりましたので…

出会ってからドレホド経過したか覚えてませんが、初めて人間らしい言葉を耳にしましたワイ。






一応ダムっぽいトコ撮ったので載せておきます。

20170702_092023.jpg



トンビ?が優雅に飛んでおりました。

20170702_092028.jpg






さて。

休憩と補給も済んだトコロでメインイベント「冠山峠」へ向かいます。




更なるトンネル地獄を通って。






途中、珍しく路さんがバイクを止めて写真を撮っていましたが、

20170702_094739.jpg


そういやこの日はツーリングでした。

サスガ路さん。
練習とツーリングをキッチリ走り分けとる。



で、コッチが走り分けない人達。

20170702_094736.jpg



前しか見てねえっす。



なのでツーリング風景に織り込んでやりましたワイ。

20170702_094748.jpg



んが、ホントに撮りたかったのはコッチ。

20170702_094730.jpg


水はイイ。

海でも湖でも、例えダム湖でも。
理屈ではなく。



さて行きましょか、ってトコロで下を見ると…


ムム!


20170702_094810.jpg



マングローブがあるぞ!

※アレがそうじゃないコトは全員が知っておりますので、アホみたいなツッコミはガマンしてね。






最後は3km以上に及ぶチョー長い地獄トンネルを超えたらようやく冠山峠の始まり始まり。

20170702_101904.jpg


…帰りは最初にこのトンネルを走るってコトなんですけどね。





しかしこの冠山峠…



チョーキツイ。

マジキツイ。



特に前半は道が悪くてソレもキツイ。




道が良くなっても斜度がキツイ。

距離も長い。

景色も悪い。




「ココ行ってみたかったんですよね」




そう仰るクライマーの気持ちが一切分かりまへん。


久々に本気で足着きしたろかと思いましたが、後ろでBONさんも頑張ってるし、

20170702_104119.jpg

仕方なく登り続けます。

先行けよ




しばらくしたトコロで再びE田さんにトラブル発生。

今度はパンクのようです。


しかし今回は完全スルー。


一旦止まるともう登れなさそうでしたので。




しかしチームで私の次に優しい路さんがパンク修理を見守ります。

こういう時って手伝いはいらなくても一人で修理してるのはサミシイですからね。


ソレが例え「何か疲れちゃったから止まれてラッキーだったわー」というアレだとしても







この後ドレホド走ったかも分かりませんが、久々にチョーヘロヘロになりながら

20170702_110720.jpg


無事登頂。



この石碑の右側が、

20170702_110728.jpg

美濃国。


左側が、

20170702_111218.jpg

越前国。


福井県ってコトかな?


ってコトで入国。

20170702_110911.jpg


コレで私が自転車で訪れた県に福井県が追加されました。

いずれ全国制覇…ムリだな。




この石碑のあたりからイイ景色が見れるかな?と思って見渡しましたが、チートモ見れなかったので

20170702_110759.jpg

Mモードで皆さんをば。


何の花か分かりませんが。

分かりませんが、大して興味も無いので「○○の花だよ」とかのコメントも結構ですよ。





出発前、OGさんが「冠山は寒いかもですね」と仰ってましたが、涼しくすらなくむしろ暑い。

ほぼ全員がコーラをご所望なレベル。





というコトで路さんとE田さんが登って来たトコロで下山開始です。




この日はツーリングなので、下山時は撮影タイム。

20170702_112640.jpg

20170702_112644.jpg

紅葉の時期はかなり景色がイイらしいですよ。

…クルマで来ようそうしよう。



してたら、見たコトある人が登って来たな…と思ったら、以前ウチの練習にお越しいただいたY田さん

マサカこんな山奥でお知り合いに遭遇するとは…
アホばっかですな。





もうチョイ下った先では、路さんとOGさんが撮影タイム。

20170702_112953.jpg




ならばというコトで、一緒に下った人達で記念撮影。

20170702_113045.jpg


…しようとしたらタイマーにし忘れマシタ。



20170702_113137.jpg

ウム。

路さんが一歩前に出てるのには理由があるので気にしないでください。





さぁ!

撮るモン撮ったらトットと下山です。


実は山頂から福井方面見たら真っ黒な雲が近付いてきてましたからね。

雨雲レーダー見る限りでは、急いで帰ればバックレ可能ぽいですし。




舗装の悪い道を慎重に下り、何とか無事下山。
若干雨粒が落ちてきましたが。


地獄トンネル前で前走組と合流したら、syuさんENDさんクマを見たとのコト。

小熊だったようですが。


チ…鍋と出汁があれば…

惜しいコトをしました。



何で捕獲してくれなかったんだ。





再びトンネル地獄を抜け、しばらく走ったトコロでようやくコーラタイム。


何人か買ったトコロで売り切れてましたけど\(^o^)/

ワシは飲めたからOK。



と、ココでトンネル地獄を走り抜けた代償を改めて確認。



20170702_122845.jpg





マジ大参事\(^o^)/








私は雨の日は絶対に乗らないし、晴れた日でも走った後は帰宅後即バイクをフキフキするホドの愛情を降り注ぐ派。

単にその時にやらないと汚れっ放しになる可能性があるから、ですが。


なので基本的にはバイクは常にピカピカを自認しておりますので、ココまで汚れるとソコソコショッキングなんですよ…




以前DQNドマーネでも似た状況になったコトはありますが、あのバイクはアレなのでまぁどうでもよく。
掃除もテケトーに済ませてやりましたし。




というコトで今回はサスガに初めての水洗いに挑戦。

水ぶっかけて洗うのはチトアレなので躊躇してましたが、そんなの関係ねぇという意見が大半を占めましたので挑戦決定です。






この際雨でも降らんかなとか言ってたら、

20170702_130832.jpg

ホントに土砂降りになって雨宿り。
ブレーキが効かんのですよ。



雨が小降りになったトコロで、OGさんの先導でトランポ地へと向かいます。




途中、OGさんに疲れが出始めたのか路さんが前を牽いております。

…にしてはヌル牽き。

こりゃツーリングだからって気を抜いとるな?




というコトで、コブが終わる手前でアタッコ開始。




私はココまでずーーーーっとツキイチキープしてましたのでソコソコ脚が残っとるのですよ。


前に出たトコロで全員を挑発する如くチラッチラチラッチラチラッチラチラッチラ後ろに視線を送りますが、全然追い掛けてくる気配ナシ。

残念極まりないなと思っていると、何故かワシSPに凸入したトコで当チーム最軽量クライマーのsyuさんが追い掛けてきました。


んが。

サスガのsyuさんでもワシSPではリームーでしょう。



しばらくトンズラぶっコイタところで脚を緩めて誰か来ないか待つコトに。




するとBONさんが追い掛けてきました。

サスガめんつゆ飲まないと元気だな



というコトでBONさんに前を牽かせて最後で捲くる大作戦で走りますが、二人とも道を知らんので迷ってDON。



結局ツカさんに案内してもらいつつ、最後は私が再度アタッコ決めてゴール。




違うルートで来てた路さんが勝ったつもりで道の駅に入ってきましたが、残念無念、私(とツカさんとBONさん)の後でした♪


20170702_141940.jpg



そして何故かツカさんの奥さんがお迎えに来てたのはご愛敬。




というコトでこの日のツーリングはココでオシマイ。


ご参加いただいた皆さん、お疲れ様でした。


ツカさん、OGさん、道案内ありがとうございました。






この後は我が家で路さんと一緒にバイクをシャワーでジャブジャブ。

20170702_170529.jpg

コリャラクチン♪


んが、コレだけでは落とし切らんので、結局クリーナーを駆使してシコシコ磨き、各パーツ類にアブラ差して、仕上げにフィニッシュラインのショールーム(クサい)で磨きあげたらようやく完了。

3時間以上かかりましたけどね




もうなるべく乾いた路面しか走らんぞ!







【走行距離】124.0km
【獲得標高】1,493m

今回は大きなトラブルが無かったコトがマジラッキー。
イロイロな意味で。
無事帰れたコトに感謝しませう。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村









ちゃんとツーリングしようよって話

いつもいつも同じコースをアホみたいにハァハァしてばっか…

そんなストイックな生き様は私の求めるトコロではなく。



メンドクセーことはヌキにしてとにかくオモシロオカシく自転車乗りてーんですよ。



いや、いつものコースハァハァして出し切って終わった後の爽快感も大好きなんですけどね。





というコトで。

まさに梅雨の晴れ間の如く(今年は晴れてばっかですが)、我々のチームも練習ばかりではなくたまにはノンビリとツーリングしましょうよ!と呼び掛けてみました。

私はしばらくレースもありませんしね。
平田クリテ以外。


ウチの皆さんは愛すべきヘンタイさん達なので、唯一の良心である私が呼び掛けないと練習しかしねーんですよね。
困ったモンだ。





んじゃドコに行く?となるワケですが、私が行ったコトないトコロにしませんか?というコトで、岐阜の山奥を案内していただくコトに。

行き先は徳山ダム&冠山峠

ホゥ…
(徳山ダムはウワサには聞いたコトありますが)冠山は初めて聞くのう…



と思ったら。



殆どの方が既に行ったコトあるようで。
特に徳山ダムは。








尚、結論から言うと、このメンツにツーリングはムリでした。

主にいつもの練習の如く前を牽くある御方のおかげで結局いつもの練習的な感じに。
私はケツに張り付きっ放し&登りではソッコー切れましたんで、平均パワーは低めですけどね。


しかし当チームの108つある規定、「ライド中の写真が10枚超えたらツーリング」に則り今回は「ツーリング」と認定します。










ってコトで当日。






サスガにクレール平田からではエライコトになるので、この日は「織部の里もとす」に集合。

20170702_065545.jpg


20170702_070150.jpg


いつもの練習より多いんじゃね?って感じなホドお集まり。

ENDさんは久々ですね。


尚、朝イチでヘッポコさんの姿を見て、今日はツーリングなのにヤベー日になるな…とイヤな予感がバンバン過りましたが、ご自宅がお近くらしくただのお見送りでホッと胸を撫で下ろします。
アノ方はヤバい。


そしてこういう写真撮る時にいつもBONさんは居ない。
大体いつもトイレ。
サスガめんつゆ部々長だぜ(部員一人)。
この日は日和ってチガウの入れてきたようですが(廃部寸前)。





さて全員準備が整ったトコロで出発。


20170702_071333.jpg



往路の道案内は基本的にツカさん

この界隈に地理には明るいそうで。
さすがアホみたいに山ばっか登ってるダケありますな。

てか今日の参加者はそんな人ばっかですけど。



しかし走り出してスグに気付く私の脚の重さ。

この週は特にキツいメニューに取り組んだワケでもないんですが…
強いて言えばココ最近ブルガリアンがキツく感じるかな。

そしてもっとアレなのは回復が遅いコト。
モリゾーさん直伝のストレッチを毎日欠かさず行ってますが…まだ足らんのか。




しかしソレを差っ引いても、ツカさんが元気に牽き過ぎ。

いつでもドコでも自走という漢気溢れるパワーのおかげで、この日もアップ万全なのかとにかくタマラン。

この人はツーリングというのを知らんのか。


ココから冠山登るまでは基本的に登り基調だっつーしウーン…




なので勾配がキツくなったトコロでは、

20170702_072706.jpg


遠慮無くバイバイベイビー。




前々からウスウス気付いてはいましたが、基本的にクライマーに登り基調の道は牽かせたらイカンですな。
こういうトコこそ平坦部が前に出ないとイカン。
ツーリングの時は。





朝イチにも関わらず27℃という気温に愕然としつつ、

20170702_072810.jpg

一人ノンビリ登ります。

同じ「登りは休憩部」のハズのOGさんとBONさんにも先行かれちまったし。






しばらくすると早速写真チャンスポイントが現れますが、ツーリング慣れしてない厄介マンズは全員がスルー。


20170702_074251.jpg


コレは撮るだろ!

川の水面にモヤモヤがナニしてるんだぜ?



半数以上がスルーしてましたけどね。
もっとちゃんとツーリングしようよ。



って言ってんのに、リスタートした瞬間、

20170702_074828.jpg


カッ飛ぶ始末。

手に負えん。




でも道はとても雰囲気のイイトコが続きます。

基本的には川沿いを遡上するんですが、まさにTHE★岐阜。


20170702_075356.jpg
(川、写ってないけど)


確か揖斐川沿い…だったかな?




唯一の問題は雰囲気が良過ぎて自販機すら見当たらんというコト。

遭難したらイクね。





ソロソロ休憩が欲しいなツーリングなんだし、と思い始めたトコロで道の駅に到着。

20170702_081857.jpg


この先徳山ダムまで自販機も無いよってコトで補給もバッチリ。
ダムまで何kmあるかもワカランですが、とにかく登るらしいので。






しかしこの先我々を待ち受けるのは登り以上のアレ地獄…

そして耳を疑うsyuさんのあの言葉…









つづく!










*****************************************




【CTR練のお知らせ】※二夜連続


天気が好転しましたので、明日も二之瀬方面行くコトになりました。
今日も行きましたが。



【日時】

7月9日(日)
5:30発~お昼頃まで




【場所・コース】

クレール平田発~二之瀬~鞍掛峠~裏二之瀬orカエル&背割~クレール平田
※いなべ周回はチョロっと走る程度の予定です。



二之瀬のみの参加もお気軽にどうぞ。





初参加の方はコメント下さい。

お友達はチョクでお越しいただいても結構ですが、連絡くださってもいいんですよ。





*****************************************









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





吐くホドに追い込む編

6月のある週末。


梅雨入りなんて何のそのな人達が集まったいつもの練習。


20170624_060546.jpg



皆さん元気いっぱいです。




ちなみにこの日はM谷さんおニューバイクと初お目見え。


20170624_060110.jpg


いや実は初ではないんですけどね。

以前記事にしましたが、平日の昼間に某ショップへ行ったらソコに店員さんとフレームサイズをナニしてるM谷さんをハケーンしちまいましたので。

20170512_113119.jpg


しかも買ってたし。

20170512_114514.jpg




そしてBONさんは何故か本番仕様でご登場。

20170624_060402.jpg


何のスイッチが入ったかサッパリワケワカメですが、チーム内に蔓延る「BONさんVENGEに乗ったら逆に弱い説」を払拭しにキタのかな?





さて。

ココ最近の私はイロイロ思うトコあり「登りは休憩」というポリスーを一時休憩としておりましてね。

二之瀬ではPB更新するまで毎回狙うコトにしてるのです。


更に。

常に我がチームのRocket Queenに対して指針となるタイムを示さないとイカンので。
私が一番遅いのでちょうどいいのです。




というコトで二之瀬までの平坦はゆっくり行きたかったんですが、集合場所まで自走で来ていてアップチリバツなツカさんがいつものように牽きやがるもんだから疲れちゃう始末。


20170624_063511.jpg


まぁいつものコトですけど。
たかじんさんといい、自走組はマジ危険。



ココ最近の二之瀬チャレンジは、後半タレないように前半軽めでスタートするんですが…

結局ソレではタイムが出ないってコトに気付きましたので、次回からは前半もうチョイアゲます。
たかだか20数分のヒルクライム、軽めで回す時なんざあってはならん!
…のハズ。




尚、「今日はアゲませんよ~♪」と言いながらスタートしたOGさんとM谷さんには見事にチギられる始末。

アゲたワシの立場は…


このシカエシは背割でウフフフ♪





ってコトでいつものようにUNCOdeQK



ココで変なドリンク自慢が始まり、


20170624_074210.jpg

めんつゆ派と、



20170624_074920.jpg

薄めた微炭酸コーラ派のワリとどうでもいい闘いが。




私は普通にコーラを飲もうと自販機の前に立ちますが…




ホゥ…

コーラがいっぱいだのう…




20170624_071534.jpg




と思ったらゼロコーラのが多いじゃねーか!

こんなの意識低い系のデブしか飲まんぞ!
漢は黙って赤コーラやで!



ちなみにこの日第二UNCOは未確認。
天の導きによってコーラが復活するとかしないとかのウワサがありますので、近いウチにチェックします。




ココからはいつもと趣向を変えて、いなべ周回を走らず鈴鹿スカイラインへと向かいますが、M谷さんはお時間の都合でココでお別れ。
シカエシが出来ないじゃないの



イマイチ道がワカラン4人で向かいますが、基本1本道なのでOK牧場。

しかし山の方を見ると天気の具合がNot OK牧場。

20170624_083248.jpg


ま、降ってきたら即下山ですな。





菰野町役場に着いたトコロで、

20170624_083908.jpg


しばし休憩。


もしかしたら来年ココに来るかもしれんのか…
ウーン



この後登る鈴鹿スカイラインが(特に私の)腰を重くします。

20170624_084353.jpg

いつも以上に休憩チリバツ。

何なら登らずココで帰ってもいいかな、なんて思いも過る始末。


普段二之瀬しか登らん私にとって、ココは距離も長いし斜度もキツイしでマジキツイ。



しかしココのPBがウチのRocket Queenに負けっぱなしなので、ソロソロ抜いておかねばイカン。

そしてソレを指針のタイムとしてまた頑張ってもらわないとイカン。




ってコトでいざ鈴鹿スカイラインへ。


20170624_092816.jpg








しかし…





キツい以外の感想が出てこねー\(^o^)/






ってコトでヘロヘロになって登頂。

20170624_100938.jpg


ココを毎日毎日何本も何本も登るチャンヒロはバケモンだな。
強いワケだ。




この日の武平峠はスンゲー涼しい。

ツユダクとなった身体が一気に冷えるホド。
むしろ長居すると寒いホド。



さっきのコンビニでご褒美オヤツも食べたいですし、トットと下山します。



唯一のビューポイントで1枚ダケ撮ったら、ですが。

20170624_102029.jpg




やっぱり下界は暑く、ミニストップのナントカパフェがスコブルウマい!

20170624_104907.jpg

ナニ食ってもウメーウメー言うのは煩悩の数(108つ)ダケあるチーム規定に反しますが、コレはホントにウマいのでOK。
OGさんも食うてたし。



全然関係ありませんが、カミキリムシ…久々に見ました。

20170624_103911.jpg

菰野町は自然がいっぱいだ。



そういえばヒルクライム途中、クマ・イノシシ・シカをナニします的な看板出てたので、この辺の山に入る方は鍋と出汁を持参した方がイイかもですよ。




帰りは背割を通りましょ、というコトでまずは木曽三川公園を目指しますが、ソコのコーラ自販機が破壊されているというショッキング。

20170624_123300.jpg


お店で売っていましたので助かりましたが、残り本数かなり少なめ。




ココでの長めの休憩をして、さて背割を行きますかとなりますが、全員がクールダウンモード。

何だかんだココまで来る行程でも変な人達がアゲアゲするので結構な疲労度なのです。





んじゃ穏やかに背割行きますか♪

20170624_130559.jpg





と思ったら!




20170624_130608.jpg



この人が急にアゲアゲ。






コリャタマランぜよ!と思いつつ、平坦でチギられるのもシャクなのでガッチリツキイチをキープ。

そして若干タレ始めたトコロで一気に加速して抜き去ります。




しかし平坦得意なハズのOGさんとBONさんも一緒にチギれようとしてるので、ソレは許しまへんで!とチョー手招き。




すると50km/hホドまで上げて私を追い越すOGさん。

BONさんは撃沈。




コリャタマラン♪とOGさんのケツにガッチリ張り付きますが、サスガにその強度を保つのはキビシイようで速度が落ちてきます。


先日のビワイチでシックスセンスが覚醒したOGさん。

この日も私のタマシイの叫びが聞こえるかなーと思って必死に叫んでいたんですが…



43km/h以下に落としたらイカン!と、何度も何度も叫んだんですが…




聞いてもらえんかった。





なので振り切らせていただきました。

二之瀬のシカエシやで





が、


結局私の脚もそんな元気があるワケでもなく、狙った速度をキープし続けるコトが出来ませんでしたが…

でもPB更新♪




この日は二之瀬はダメでしたが、鈴鹿スカイラインと背割(北上)はキッチリ更新したのでOK。

あとは二之瀬ダケだな。


とにかくDQNドマーネで記録したPBは全て更新しておきたいんですよね。
あのバイクに負けるのダケは許せん。
アッチのがフレームもホイールも軽かったとはいえ、許せんのですよ。
カラーが異常にダサかったから。





背割を走り切ったら、サスガにソコからクレールまではクールダウン。


この日もトラブルなく無事帰還。
ソレが何より。


そしてこんなにハァハァさせられる仲間に恵まれたコトが、ホントに何より。



一緒にハァハァしたい方、いつでもお待ちしておりますよ。








【走行距離】117.6km
【獲得標高】1,479m

やっぱり峠2本はワシにはキツいし向いとらん。







え?

タイトルの件ですか?
吐いてねーだろって?



いやいや、ライド終了後にクレール平田のトイレで吐いたんですよ。









めんつゆ飲んでたおバカちゃんが\(^o^)/








おわり。









*****************************************




【CTR練のお知らせ】


今週末、いつものようにいつものコース?に出没します。



【日時】

7月8日(土)
5:30発~お昼頃まで




【場所・コース】

クレール平田発~二之瀬~いなべ周回~裏二之瀬orカエル&背割~クレール平田

または

クレール平田発~二之瀬~鞍掛峠~裏二之瀬orカエル&背割~クレール平田


コースは気分とご参加いただく方次第です。




二之瀬のみの参加もお気軽にどうぞ。




初参加の方はコメント下さい。





尚、現在のトコロ参加表明者ゼロなのでソロで走るとなると出発時間がテケトーな可能性アリです。
ツール始まってますし。

ですので、お越しいただく方はお友達でも必ずご連絡ください。


日曜なら走れるよ!という方がいらっしゃるので、天気が好転すれば日曜も走ります。




*****************************************






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村








プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター