FC2ブログ

冬こそジャージを作ろう

春一番が吹くとか吹かんとか、花粉が飛ぶとか飛ばんとか、既に春の雰囲気が漂う今日この頃に今更感溢れる冬のお話し。

ちなみにステマではありませんが、WAVE ONEさんの方がこの記事を見て「お?」と思ったらナニかしらのオファーをいただくコトはやぶさかではありませんよ遠慮なくご連絡くださいまずはコメント欄に。






さて。


一年365日トレーニングやレースの事ばかり考えてるガチムチ自転車乗りや、季節関係無くいつでも景色やグルメを楽しむ生粋の自転車好き以外の、ワタクシのように極めて一般的思考の持ち主である多くの自転車乗りの皆さんは、寒い時期になると何だかんだイイワケをして(あるいはイイワケすらせずに)お外へ自転車乗りに出る機会が激減されてるコトと存じます。
雪山シーズンですし。


そんな皆さんの実走に出ないイイワケは寒いだの風邪引いちゃっただの寒いだの眠いだの、あるいは雪山が呼んでるだのとイロイロあると思いますが、

そのイイワケの一つが冬のジャージ問題ではないでしょうか。



ワタクシは以前より思っておりましたが、夏ジャージは各社色んなデザインのジャージが出てるしチームレプリカジャージも上下セットでいっぱいあるしで逆に選ぶのに困るホド。

しかし(最近こそ各メーカーから様々なモノが出ているようですが)冬ジャージは柄も地味だしイマイチなデザインのモノばかり。
そしてやたら高い高過ぎる。
ジャケットのみに3万とか出すならテント買うワイ


そして何よりもビブタイツが黒ばっかり。


3時10分前の某芸人じゃあるまいし、真っ黒なタイツ一丁でモッコリさせながら公衆の面前に出れるホド自信家でもヘンタイでもないのですよワタクシは。

あんなん履いて平気でいられるなんて社会不適合者としか思えん。


ついでに言えばロングタイツは脚の動きを阻害してストレスなのですよ。
ただでさえ寒くて脚回らんのに。



去年までは一応2枚だけ持ってるビブタイツのウチ、2:50スタイルではない柄入りのモノを使ってましたが、今年はガマンの限界で夏用半ピチ&ニーウォーマーで過ごすコトに決めました。
そうすれば脱ヘンタイ出来るし脚の動きも邪魔しない。

しかし夏生地ではコカンがムイサーだという切ない事実。






ソコで見つけたのが、我がCTRジャージを始めバッハジャージや二之瀬ジャージ(←私は買ってない)などなど、数々のジャージでお世話になるWAVE ONEさんのサイト。


「レジェフィットサーモパンツ」


裏起毛の保温素材で5℃対応、ニーウォーマーやレッグウォーマーと併用するコトで秋口~春先の、冬を中心とした幅広い温度帯に対応。(HPより抜粋)

無論半ピチ。



コレはいい!

こうなったら冬ジャージを作ろう!
(正確には路さんにナニしてもらう)



当然ジャケットも。

ある筋から入手したWAVE ONE製プレミアムサーモジャケットというのをチョイチョイ着てますが、ハッキシ言うて暑い。
マジ汗ダクになります。
全面防風素材なので。サスガ-5℃対応。
尾張地方じゃ着るトコねーっす。



というコトでサーモビブ同様の5℃対応ジャケットに。

ナニが素晴らしいって、夏ジャージ並みの価格ってのがイイ。
既製品でクッソダサいジャージで妥協しまくっても2万近くするってのに、お好きなデザインで作れて13,500円。

しかもWAVE ONEさんはいつの間にか1アイテム3着から生産可能になってより作りやすくなっております。




というコトでチーム内で同様の悩みを持つBONさん他1名を巻き込み、オリジナル冬ジャージを作成するコトに決定。


んがしかし。

冬はオフシーズンってコトで基本的にレースはナシ。
雪山もあるからね。


なのでいつものデザインではなく、軽くハッチャけたデザインがいいですね、と。
単にカラーを変えるダケという安易な発想ではなく、完全冬バージョン。
何せウチには専属デザイナーが控えておりますでの。


とはいえタダの丸投げではイカンので、オーダーは2つ。

・和柄で

・デーハーに




そして上がってきたデザインがコチラ。





1544172720872.jpg


1544172726518.jpg




路さんの嗜好を考えると「和モダン」なモノをイメージしておりましたが、まさかの金屏風という斜め上の発想。
襟元にはシャチホコも。
コレにはクリビツテンギョウ。


しかしさすがプロ。

ハッチャけながらもしっかりカッコいいし、一目見てCrazyTrain。
ただただデーハーにしてコンセプトも無い目立ちたいダケのダサい素人デザインとはワケがチガウ。

多分私が和柄でデーハーをデザインしたら本筋のモンモンみたいなのを作ってしまいそうだ。
錦鯉とか登り竜とか。



問題はこの微妙な金屏風感がちゃんとジャージにプリント出来るかという点。



しかし困った時の生地サンプルOKのWAVE ONE。
ソレを見た路さんがイメージ通りと太鼓判。
さすがWAVE ONEさん。



そして出来上がったジャージがコチラ。



DSC_1864.jpg




おかげでワタクシによく似合うと評判ですワイ。

コレを着て走った前週が平均1℃という極寒DAYでしたが、多分そういう日はインナーを工夫しないと走り出しは寒い。
しかしアゲちまえば問題無し。

コレを着た日はスタートが4℃くらいで少し寒かったですが、ホドなくしてちょうど良くなりました。


ナニよりコカンが寒くないコレ大事。







無駄に高いダケのクッソダサいジャージしかないせいで冬のライドに二の足を踏んでる皆さん、

是非オリジナルジャージでモチベイションを上げて冬もお外へ走り出しましょう。





え?

デザインが?

自分では出来ないし、こんなイカスデザインしてくれる人が周りにいない?









どうにかなる!

多分。










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






スポンサーサイト



雪山装備のスヽメ(素人目線

今回は先回の記事にいただいたコメントに対する回答記事ではありますが、
「おいワシも雪山連れてけ」という方も是非ご参考にしてください。

ただ、タイトルの通り素人目線なのであくまでも「参考」程度に、実際の購入はネットに依存せず専門のお店で店員さんとシッカリ相談しながらにしましょう。
命掛かってますんでねワリとガチで。




というコトで。

そのコメントとは、

「雪山装備ってナニが要るんかね?」

そんな内容。





今回は夏山登山は経験あるけど雪山は無いんだよねという方への、雪山に特化した内容です。
夏山登山と重複する装備はスルーします。
そもそもワタクシ、夏山登山したコトが無くイキナリ雪山から始めましたし雪山しか興味ありまへん故。






●アイゼン

DSC_1614.jpg

やっぱり最初はコレでしょう。
低山であればナシでも登れる山もあるでしょうけども、行けないトコロの方が多いと思いますので。

当然、アイゼンが装着出来る登山靴も併せて必要です。
夏用の登山靴では装着出来ないモノが殆どです。


ちなみに「軽アイゼン」という、爪が短く装着可能な登山靴の選択肢も増えるモノがございますが、あまりオススメしません。

DSC_0161.jpg

上の画像、上がアイゼンで下が軽アイゼン。


分かりにくいですが、爪が短い上に爪の位置が少し靴底の内側に寄っています。

普通の登山道ならばほぼ問題ありませんが、
下の画像のように

DSC_0163.jpg

斜面を横切る時に滑り倒しました。
アイゼンを履いた彼はほぼブレずに歩いてました。

当然前爪も短いので急登もキツいです。



尚、更にお手軽な「チェーンスパイク」なるモノがありますが、

20180212_101312.jpg

使い道はかなり限定されます。
私は今年壊してしまいましたが、再購入はナシです。

ナニより雰囲気が無い。
ガチアイゼンの方が雪山やってる雰囲気が出ますからね。

雰囲気大事。






●ピッケル

DSC_0133.jpg

コレも命を預ける大事なアイテム。
まぁコレを使って登る山にはあまり行ってませんが。

でもリュックに装着してると雰囲気がイイ。
やってる感がゴイスー。

使いどころに出会えばその効果は絶大です。









●バックパック

DSC_0131.jpg

KTMさんが先日の記事で書かれてましたが、山はチャリと違ってやればやるほど荷物が増えます不思議と。


私は当初左のチャリ用15Lで登ってましたが、ココには着替えと携行食程度しか入りません。
日帰り短時間の低山なら問題ありませんが、イロイロ遊ぼうとするとツラい。

ナニより雰囲気が無い。


雪山装備を搭載したバックパック、

DSC_1622.jpg

雰囲気ありますよね?
コレが大事。



尚、中に防寒着(上下)を入れてるので必然的に容量も必要になってきます。
初めて雪山行った日の私は、某ロープウェイのHPを鵜呑みにしてスキーウェアで臨みましたが、少し歩いたら暑い暑い。

大して歩かない動かないならばソレがいいんでしょうけども、我々雪山部リーダーKTMさんの第一義である「全てのアクティビティはトレーニング」に準ずるには不向きなのです。

山の服装、基本はレイヤリングというのは常識らしいですが、ソレは身を以って体験しております。
何故ならいつも汗ダクだからです雪山で氷点下なのに。
パンツなんで春~秋用の撥水効いてるダケの薄いヤツ&インナーのみですからね。
ソレでも寒いと思ったコトが無い。

なのでリュックに忍ばせた防寒着を山で出したコトがありません。
しかし備えとしては必須アイテム。

なので大容量なモノが欲しいトコロ。
35~45Lでイケると思いますが、先述の通り、のめり込むホドに荷物が増えますからね…







●アルミワカン・スノーシュー

DSC_1431.jpg

私はスノーシューは持ってません。
ピンキリではありますが、エエヤツはお高いのですよ。
キリの製品は使う気になれませんし。

当初このワカンは雰囲気重視で購入し、リュックに着けっ放しだったりクルマに置き去りにしたり。

しかし一度使ってみたらその効果に大満足。
新雪や柔らかい雪をワッショイワッショイするなら是非。

尚、スノーシューを導入したKTMさんは一気に登山速度が上がって大迷惑。
しかしソレホドに効果が高いようで、ソレ見てると欲しくなっちゃいます。







●ヘルメット

DSC_1411.jpg

雰囲気重視で購入。
いまだ未使用。
嵩張るから邪魔でいつもクルマに積んだまま。

でも雪渓を登る時には必須なので買って後悔ナシ。
但し、去年KTMさんにぴやっと詐欺された白馬の大雪渓で苦い思い出があるので、また雪渓登りするかどうかは未定。







●ゴーグル

DSC_1412.jpg

雪降ったらグラサンではキツいので。
顔の防寒的にも吉。
雪山に来たぜという雰囲気を味わう為に常備がオススメ。







●ヒップソリ

DSC_1433.jpg

リュックの横にぶら下がってる黄緑色っぽヤツです。

今んトコ滑れるようなトコロには1回くらいしか行けてませんが、雪山を楽しんでる雰囲気出るでしょ?というコトで。
数百円で買えますし。







以上、思い付くのはコレくらいです。




アイゼンのトコロで少し触れた登山靴についてですが、私はいわゆるアルパインシューズを使っておりません。
コレまたお高いので。
春~秋用ではありますがソールが固くアイゼン装着可能な靴を使用しております。
厳密に言えば、私の靴でも装着出来るアイゼンがあった、という感じ。

当然アルパインシューズの方が雪山には適してる…というよりお店に行くと間違いなくソッチを激推しされます。
雪山を縦走しようとすると私のシューズでは足が冷えてタマランというコトですが…

常にトレーニングと化す我々の登山では、今まで一度たりとも冷えた経験がありません。
常にポッカポカ。

でも同じ靴を履いて冷えると仰るKTMさん。
何故なら私のトレーニング強度がKTMさんにとっては…というコトなのでしょうオソロシア。









いずれにせよ、ロードバイクを始めると思えば遥かに安価に済みます雪山登山。

冬は寒くてチャリ乗る気にならんぜよという方、雪山はイイですよ。



但し雪山にのめり込む程にチャリは弱くなります間違いない。

使う筋肉違うのでクロストレーニングにならないのは当然、でも慣れないコトするから疲労感半端ない、なので翌日以降疲れがドイヒーでローラーも回せなくなる、でも雪山の楽しさばかり記憶に残るからまた行きたくなる。

そのスパイラルが去年のワタクシ。
おかげでチャリがサッパリで、春からリハビリを続けて少しは走れるようになったかな?と実感出来たのは晩秋でもうシーズン終了間近。

なので今年は意図的に半々にしてます。
富士で兄に負けるワケにはイカンですし。






最後に、


つい先日、こんなアイテム群を購入し、

DSC_1872.jpg

更に荷物を増やしました。




ある御方からある方へのナニのおこぼれをアレさせていただくコトにより、今年更に登山ステージが上がる予定。
ほぼ末期症状と言ってもいいレベル。

でも楽しみで仕方ありません。

週イチのジョグを、某登山家のように重いリュックとパワーアンクル付けての徒歩トレーニングに変えようかと思わんでもない今日この頃です。


そしてローラーはキンニクほぐし用。







あ、

あと山行保険にも入りましょう。
ステマじゃないですよ。

1年契約のモノもありますが、一泊二日から入れる保険もあります。スマホでサクっと。
遭難したら捜索費用とか大変ですからね。
場合によっては他人を怪我させることもありますし。
アイゼンやピッケル、尖ってますからね。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







隣の山は白い

1月某日。

その日も元気に雪山活動。


DSC_1626.jpg


この日は霊仙山。

鈴鹿山脈最北端の山ですが、鈴鹿セブンマウンテンにも鈴鹿10座にも数えられないというある意味忘れられた山。


しかしさすが最北端。



チョイと登ればスグに雪。

DSC_1637.jpg

私とKTMさんは素直に登山道を歩きますが、ガマン出来ないマンのBONさんは隙あらばすかさず直登するマン。




七合目にしてこの景色は雪山の醍醐味。

DSC_1647.jpg



ココからは多少のアップダウンはあるものの、基本的には山の上で遊ぶ感じなのでココでほぼほぼゴール感はあります。


DSC_1664.jpg


DSC_1671.jpg




晴れ間が出てくると景色は最高。


雪も思った以上で、気を抜くと脚が埋まってスッ転びます。

1547893068415.jpg

私のように。




山頂をクリアしたあとは更に奥へ行って散策しようかと思いましたが、尾根嫌いKTMさんの強権により撤退。

DSC_1687.jpg




撤退後、歩いてた道を再確認してチョイ安堵。

DSC_1690.jpg

ガスって見えませんが、左側は底が見えない崖です。
チョーコワい。

夏に歩いててどんな道か知ってればまだアレですが、雪庇の具合も分かりませんからね。





というコトで安全なトコロで新雪遊びをしたトコロで、

1547895137689.jpg


無事下山。



尚、ウサギ?も雪が降って楽しいのか、ハシャイだ痕跡がありました。

DSC_1710.jpg








「この冬は過ごし方を間違えない」と自らに課したので、翌週はチャリ活。

DSC_1720.jpg

冬でもナマ足出すのはチーム規定で鉄則。



しかし天気がアヤシイってコトでこの日も懲りずに背割往復練しますが、爆風吹き荒れてて2往復で撤退。
でもアゲたので勘弁してね。


対岸ではAACAが開催されてたのでブチョー珈琲で温まろうかと会場に行きますが、

DSC_1721.jpg

ノー出店で残念無念。


1レースくらい見て帰ろうかと思いましたが、養老山脈が既に白く覆われているのを見て即撤退。

DSC_1722.jpg

クルマに着いた頃には雪が降ってきましたワイ。

ソレでもレース走る人達ってのはドコか壊れてるとしか思えん。


いや…
そういやワシも昔雪が降り注ぐ日本海で波乗りしたコトあったな…
でもその日の波はその日にしか来ないからな。
いつもソコにある道とは意味が大きく違う。





40kmしか走れなかったので当然その日は不完全燃焼。
「不完全燃焼はイカンよ身体に悪い」と、私のコトを気遣ってくださったKTMさんとたかじんさんがその翌朝走るやでと、


DSC_1728.jpg


暗い時間からジョグ練招集。
17kmも走らされました。


ので、牡蠣で身体を労わります。

DSC_1734.jpg








そしてその翌週。


隔週雪山活動。
今度は御池岳。

スタート地点は鞍掛トンネルに向かうR306冬期閉鎖ゲート前。

DSC_1742.jpg

しかし毎週KTMさんと遊んどるな。




その日の前日、私は仕事でしたがKTMさんはチャリ活、BONさんは登山とガッチリ身体を酷使。
山ナメたら遭難しまっせ。




R306がクルマで走れれば登山道まで行けるんですが、生憎車両通行止め。
途中の脇道から入って来たクルマはいましたけども。

なので登山道入り口までR306をテクテク。

DSC_1744.jpg

チャリで登るとキツイ坂ですが、歩いて登るとほぼ平坦ですな登山道に比べれば。



4km程歩いたトコロで、ホントにココか?というような登山道入り口到着。

DSC_1746.jpg



雪が無いウチはタダのキッツイ急坂でモロ苦行ですが、

DSC_1754.jpg

雪さえあれば楽しい楽しい登山。

私はサラ脚なので。
お二人は若干うつむき加減でしたけどね。



八合目あたりを越えるとようやく雪山っぽさ満開。

DSC_1779.jpg




一旦バーンと下ってガーンと登り直す道に軽く心が折れて、登り直し手前で昼食にしつつ無事登頂。

DSC_1782.jpg

手前に見える山は前回登った霊仙山。

ムゥ…




ちなみに奥に見えるのは伊吹山です。
今年は雪が少なくて登る気になれませんいまだに。




その後は強風吹き荒れる中ボタンブチなどを散策したり、

DSC_1784.jpg



こんなトコをソリで降りて遊んだりして、

1549197524476.jpg




鈴北岳経由で鞍掛峠に向かって下山。


DSC_1805.jpg



にしても…

霊仙山の方が明らかに雪が積もってる気がするんだが…

隣の芝は青い的なアレかな?






しばらくは鞍掛峠行きの看板があったので問題無く進んでいましたが、ホドなくして眼下に見えるR306の異変に気付いたBONさん。

「アレ、明らかに滋賀県側に下ってますね」


そうです盛大に道間違えました。


トレースを追って結構な急坂を「下りは早くてイイワイ♪」とか言いながらスイスイ下ってたその道が、

「こんなトコ登るとか勘弁ですな♪」とか言うてスイスイ下ってたその道が、

実は間違いだったのです。


ココまでで結構な疲労感もあり、ココを登り返すのはマジ勘弁ってコトで三大鉄則の一つである「迷ったら来た道を戻れ」を完全無視し、コースに戻るべく股間まで埋まる新雪に覆われた急坂を横切る作戦開始。
まぁ迷ってはないですからね間違えただけで。

しかしどう考えてもバーヤイだってコトで即撤退。

素直に登り返して無事コース復帰。


コレを楽しいと感じてしまった我々がコワい。
無茶はイカンですね無茶は。



無事コースに戻ったトコロで、妙な異音を発する鉄塔に違和感を覚えつつ、

DSC_1818.jpg



無事鞍掛トンネル前の登山口に到着。

DSC_1823.jpg




ちなみに、冬期閉鎖ゲートなんて関係ねーぜとチャリで山に登るアホ諸兄。

鞍掛は無理ですよ。

画像の通り、道路には結構な雪が積もってます歩くのもツラい程の。
ゲート越えて走ろうとしないように。



鞍掛登山口についてホッとしましたが、ココからクルマまでは6km強。
しかも雪があろうともアスファルトの上という登山的にはクソツマラン6km。
しかも雨。



全員が覇気を失いつつクルマに戻った頃には疲労困憊。

ログ見たら23km1,500mでした疲れるワケだ。





藤原岳に行く案も出てましたが、行ったコトない御池岳を選んでしまったのはチト後悔。

山計画はゆとりが必要ですね。
次はなるべく気をつけますなるべく。








この日は行程もキツく雨にも降られて疲労困憊でしたが、ソレでもスグまた登りたくなる魅力が雪山にはあります。

KTMさんやBONさんと登ると「山はトレーニング」と豪語しますのでチョイとツラい日もありますが、ご興味ある方は是非。
お待ちしてます。




少しは自転車も乗りますよ。
春のFSWにエントリーしたので。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR