FC2ブログ

プリズムとかめはめ波

ワタクシ、アイウェアはOAKLEYのJAW BREAKERを愛用しております。


20170117_124010.jpg


実はコレは二代目。

最初に買ったのは白と黒のフレームにPRIZM ROADレンズを装着したモノ。



初めてPRIZM ROADを使った時はその視界に感動したモノですが、使っていくウチにいくつか不満も出ましてね。

まず見た目の色が好きじゃない。
そしてフレームの色もあまり好きじゃない。
まぁその頃は選べるカラーも少なかったので。

で、オキニーだったハズの視界もある条件下ではどうもイマイチ。


というコトで、好きな色だった青のフレームに青いレンズのモノを購入。



しかしこのレンズ。

PRIZMではないので、外からは青くても視界はただの黒。
しかも結構濃い。

なので曇りの日や日陰ではソコソコ見難い。
林道のダウンヒルなんてソコソコ恐怖です。

晴れた日は木陰が濃いですからね。



で、ソロソロ新しいレンズが欲しいなと思い、出張やらお出掛け先にOAKLEYのショップがあると色んなレンズを試着しまくり。

すると知らん間にやたら多くのPRIZMレンズが出てるコトを知りました。



山用にもPRIZM TRAILなんてのも欲しいんですが、チトお高いですし山道具はまだまだ欲しいモノがあるので、アイウェアはとりあえず持ってる物でガマン。




ソコで、見た目視界ともにコレはイイ!と思ったのがPRIZM RUBY。

コレ欲しいなどうしようかなでもレンズだけでもソコソコするしなウーン…



そう思い、先日兄とPRIZM RUBYっていいよなって話をしてると…




「家に余ってるのあるぞ」

「JAW BREAKER用のだけど」



ナニ?



「良さそうだからとりあえず買ってみたんだけど、PRIZM ROADのが良くてよ」




クレ。

余ってるケースごとクレ。




「豚みそ丼奢れや」





というコトで、先日の秩父ライドで初めてお試し。


DSC_2014.jpg



いやコレホント見やすいですね。

晴れた日も曇りの日も木陰のダウンヒルも絶好調。
PRIZMレンズ最高です。

もうコレは手放せません。



そう喜んでた私の姿を見たその日の夜、


「やっぱ返せや」


もう遅い豚みそ丼も食うたやんけ
ジャガイモ揚げたヤツもな
50分待たされたけど




OAKLEY愛用しててPRIZMレンズ選択しないとかアリエナイですね今までスミマセンでした皆さんも是非。













と、もう1ネタ。


ワタクシが愛飲しているプロテインはビーレジェンドの波動拳風味マジウマい。

でも飲んでも飲んでもいつまでたっても波動拳が打てない(昇竜拳は打てる)ので、




DSC_2031.jpg





かめはめ波にしてみました。

コレなら飲んでるウチに気が溜まるでしょうし、いずれ溜まった気をかめはめ派として打てるハズ。





んが、一つ問題が。

お分かりですね。





マズイ。

マズ過ぎる…てホドではありませんが、マズイ。




波動拳飲み切る前に開封して正解でした。


週5日はかめはめ波を消費して、今日はキツかったなという日のご褒美に激ウマ波動拳という切ない日々を送っております。
でもご褒美日があるダケでもまだマシ。

レビューにウマい書いてたヤツはバカ舌か悪意の塊だな。

…という気持ちさえ芽生えてしまうホドに切ない味でした。



是非皆さんもお試しください。

オススメです。




試飲したい方はご連絡ください。

ライドの時に持って行きます。




ワタクシの今年のチャリシーズンはもう終わりましたので、ライド頻度は多分下降傾向ですけども。










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







スポンサーサイト



彼は何故DOGMA F10を選んだのか

前回の記事でチラリと載せておりましたが


DSC_2001.jpg



兄はこの春、ついにDOGMA F10へと乗り換えましてね。




DOGMA F10といえばPINARELLOが誇るフラッグシップ。

もうコレ乗っとけば間違いねーだろってレベル。





何故兄がこのバイクを選んだのか。

ソレには重大な理由があったのです。

















兄は元々レース志向。

ロードバイクに乗る前から。



10代の頃に乗っていたバイクは、NSRを始めとする2ストバイク全盛時代に漏れなくチャンバーをスパパンスパパンいわせながらレーサーレプリカを乗っておりました。
当時の二大人気2ストマシンのNSRでもTZRでもないマシンでしたが。

ちなみに私が初めてバイクを買おうとした時、当時ゼファーを始めとするネイキッドバイクが大流行してたコトもあり、私もその流行りに乗ろうとしたところ


「レーサーレプリカ以外の選択肢があるワケねーだろ」


え?


「オメーは何の為にバイク乗るんだ?」


いや単に欲しいかr…



「クルマより速く走りてーからだろ。だったらレーサーレプリカ以外ナニ買うってんだ。レーレプ以外はバイクじゃねぇ!」




というコトで何故か近所のバイク屋に並んでたGSX-R400を買ってしまったワタクシ。
無論セコですセコ。


ちなみにこのバイクには後日談がありましてね。


その日私はいつものようにバイクに乗って近所のパチンコ屋へ行っておりました。

その日は勝ったか負けたかはもう覚えてませんが、夕方頃打ち終えて帰宅しようとしたら私服警官に声をかけられまして。


「コレはチミのバイクかね」


あたりめーだろだから乗って帰るんだよナニか問題あるんか?お?



当時血気盛んだった私は警察を見ると途端に血の温度が上がりましてね。
コチラに非が無いと自信があるととかく強気に出たモンでした。

まぁ今でもサツカンは嫌いですが。
ポリ公は肝心な時に役に立たんし、コソ泥捕まえてやったのに4時間拘束しやがるし。しかもPCとプリンタがウマく繋がらんというクソみたいな理由で。




話が逸れました。

で、そのポリ公曰く、私のバイクは盗難届が出ていたようなのです。


ナニ待てちゃんとアソコのバイク屋で買うたぞ電話させろ証明してやんぜ。



「いや電話はダメだ」



何でだこの野郎証明させろ人を見た目でバイク泥棒扱いしやがって。



というコトでしょっ引かれましてね。

でもサツでスグに買った店を伝えてソレが証明出来たので、無論即釈放。



で、その夜サツから家に電話が入りました。

出たのが父親。

ちなみにウチの父親も基本短気です。


事情は、前オーナーの奥さんが夫婦喧嘩の末に旦那に黙って勝手にバイクを売り飛ばしてたらしいんですが、旦那は盗まれたと思って盗難届を。
その後に奥さんが売り飛ばしたコトが判明したらしいんですけど、届はそのまま。
で、ワシ捕まる。


という事情だったらしいんですが、自分の息子を泥棒扱いしといて詫びの一つもないサツに父親がキレましてね。
オメーはドコ署のナニ課の誰だを聞いてしっかりメモってました。

ま、基本サツは脳筋のアホばっかですからねキャリア以外。
PCとプリンタもまともに繋ぐコトが出来んし、文章が子供の作文みてーなのしか書けん。







話が逸れました。





えーとなんだっけ。

そうです。
兄は基本レース志向という話。


バイクはチャンバースパパンスパパン。



で、クルマも大砲みたいなマフラーをボボボボいわせて、エンジンからはプシュープシューいわせてました。
今は見る影もないクルマですけど。





そんな兄はロードバイクに乗れば(気持ちは)レース志向。

鈴鹿サーキット走ろうぜって言い出したのも兄、富士スピードウェイ走ろうぜって言い出したのも兄、もてぎ走ろうぜって言い出したのも兄。



そしてロードレース最高峰のワールドツアーチーム大好き。



故に、オルトレに乗っていた頃はヴァカンソレイユカラーを選択し、

ジャージもヴァカンジャージで統一する徹底プリ。

20170505_092856.jpg


キャップやグローブ、ソックスに至るまで全て。
ボトルも。



しかしあのオルトレはカッコよかったな
デザインもフレームの形も秀逸だったと思うけど、何故手放したんだ?




その兄が去年(というか一昨年)LOOK 785 HUEZを予約しましてね。

どっかのチームがLOOK使ってたかな?
今度はドコのジャージで揃えるのかな?

私はそう心配した覚えがあります。

しかもクライムバイク。


ヒルクライム大嫌いで、ヒルクライムレース自体も嫌い。

富士ヒルに誘った時は
「何でカネ出してあんなツラい思いしなきゃなんねーんだアホかオマエ」
と一蹴されましたし。




しかしソレが紆余曲折を経て、何故かピナレロ GAN RSになりました。


DSC_1014.jpg



その途端、揃えに揃えまくったヴァカン&ビアンキグッズを全て処分し、一気にskyグッズに様変わり。
ヴァカンジャージ数着持ってたのに。



DSC_0619.jpg



夏ジャージ冬ジャージはモチロン、ジレ・ウインブレやあらゆる小物類、



更には補給食までsky御用達のモノにするという

DSC_1017.jpg

徹底ップリ。

アホですホンキの。



DSC_2005.jpg




当然ヘルメットも完全網羅。



DSC_2000.jpg




シューズも、ソレまで愛用してたMAVICをアッサリ切り捨て、SIDIのSHOT、もちろんフルームエディション?に。







その兄が、何故DOGMA F10に乗り換えたのか。

GAN RSが納車されてから1年も経ってないのに。


もうお分かりですね。







そうです。

コスプレの仕上げです。
ただソレだけ。



やっぱりGANではskyコスプレがシックリきませんからね。
F10skyカラーを乗ってこそのコスプレ完全体。




その日を境にヤツの口癖は


「skyであるこのオレが」


に変わりました。







でももうTeam sky無くなるぞ。





DSC_2053.jpg












にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





台無しの定義

4月某日。

毎年恒例、春のカラ出張de兄とのライド。



3月も出張へ行ったんですが、天気に翻弄されライドは無し。

今回は久々に秩父へ豚みそ丼を食べに行こうぜってコトに。





兄の住む地域は私の住むトコロ以上に自転車に向かない土地柄なので、クルマで秋ヶ瀬公園まで。

DSC_2001.jpg

関東の方にはワリと知名度はあるかもですね。
近くに彩湖もありますし週末には自転車乗りがワラワラ集まります。

兄曰く、ハイシーズンには呑気な時間にココへ来るとクルマ止める場所を探すのすら困難だそうで。




この日の朝は2℃だか3℃だかの真冬並み。

しかも秩父方面へ行くには山越えなきゃならんってコトで、


DSC_2004.jpg


冬ジャージ。
4月なのに。

2月に出来たジャージなので数回着れればいいかな?と思ってましたが、思いの外いっぱい着るコトが出来ましたワイ。





問題はコース。



いつもはココから荒サイ走って物見山→白石峠→秩父で豚みそ丼→裏定峰→帝松大吟醸ソフト→松郷峠→物見山という、苦行極まりないコース。
山何回越えるんだってくらい。

確か170km3500mくらいだったかな?
初めて走った時には公園閉鎖時間ギリギリの帰還で、二度と走りたくないと思ったコトは鮮明に覚えています。


なので今回はときがわ町だか小川町あたりの道の駅へクルマで行こうぜって提案したのに、


「燃やしてぇから秋ヶ瀬スタートだ」


コイツ…

昨日自転車始めたヤツみてぇに目的はダイエットか。
ルペタか。



でも3,500mは二人一致で拒否希望。

すると、どうやら毎回物見山手前で左に曲がって行く自転車乗りを見掛けるというコトで、もしかしたら回避できるんじゃないかという算段に。

そして今回初めて知った驚愕の事実が、別に白石峠登らなくても秩父には行けるというコト。


じゃあ何で今まで必ず通ってやがったんだオイ。
あすこ一番キツいトコなんだが…


「せっかくだからよ」








さて。

今回は目指せ獲得標高50%というコトで、トコトン山を回避する作戦。





最初はいつも通り荒サイを走りますが、この日は珍しく富士山が見えました。

DSC_2006.jpg

多分初めて。
空気が澄んでたのでしょう。
前日までワリと荒れ気味の天気でしたけどね。



「オレも入れて撮れや」



DSC_2007.jpg





荒サイに別れを告げ物見山方面へ向かいますが、他の自転車乗りが曲がるというウワサの交差点を我々もトレース。
この日は誰も曲がってませんでしたけど。
というか他の自転車乗りが少ない。



地図を見ながらボチボチ進むと、非常に走りやすい道だし山登らないしで、二人してイイトコ見つけたなと大喜び。

…いやオメーはもっと前から探しておけよ地元なんだから。




おかげでイイ脚の残り具合で明覚駅に到着。

DSC_2008.jpg


トイレのウンチコーナーでブツブツ独り言を喋ってるアブないオッサンに警戒しつつ、我々もチョイ軽量化。


最初はこの先の元ときがわベースを松郷方面に行こうかと思いましたが、松郷登るのもアレなのでよりラクチンとウワサの定峰を登るコトに。

白石はパスしようとも、定峰ダケは避けられないようです。




定峰峠には苔アートというかイタズラ書きというか、苔の生えた壁にトトロなどの絵が描かれてるらしいんですが、この日は結局見つけるコト叶わず。

DSC_2011.jpg


見落としたのかな。





チト時間押し気味なので、探すことなくトットとリスタート。
豚みそ丼のお店は混むのでお昼前にお店に入りたいのです。
理想は開店と同時の11時。
でもこの日は少し遅れて11:30頃の到着見込み。



かと思いきや。



DSC_2012.jpg


パンクしよった。



「どうりで登りがキツかったわけだぜ。オレのせいじゃなくて安心したわ」



どうでもいい。
はよ直せ。


紆余曲折あり、パンク修理に40分かかるという初心者のようなメンテッっぷりのおかげで、お店に着いたのは12時過ぎ。

DSC_2015.jpg


3組待ち。



まぁ3組待ちなら一番人気のあの店を思えばまだマシ。

案の定、30分も待たずに入店しましたが…



オメーんトコはオーダーとってから食材買いに行ってんのか?と言いたくなるレベルに料理が出てこない。


DSC_2017.jpg


コレが出てくるまで30分。
じゃがいもを揚げて味噌ダレつけた料理。
名前は忘れた。
まぁまぁ旨い。

ココで初めて水が出る。
ソレまで完全放置。


そしてメインのコレが出て来るまで

DSC_2018.jpg

50分。

「お待たせしました」の一言もないってことは、コレが普通なのか。
でも前回はそんなに待った覚えが無いぞ。

どうしたちんばたさん。

豚みそ丼は美味しかったけど、50分待たされたシラバッくれた顔したオメーらに対する怒りで気分は最悪。
もう二度と行かない。
コレなら1時間外で待たされて、入店後スグに出てくるアッチの店の方がいい。
覚悟が出来る分。


ホンキで店員に怒ろうかと思ったけど、ワザワザ名古屋から秩父まで来て怒ってもしゃーない。
怒りは冷静さを失うので、帰りの道中ナニかあってもイカン。



というコトで帰りは冷静に反芻しないように、冷静に、要はノンビリを裏定峰を登って帰路へ。


途中お花ポイントで写真を撮ってると、

DSC_2019.jpg




「オレ(とオレのバイク)も入れて撮れや」


DSC_2020.jpg





しかしイイ天気。

ちんばたで生まれたドス黒い感情がスカッと蒸発するようなスカ晴れ。

併せてこの日新たに導入したプリズムレンズが絶好調で気分上々。




DSC_2021.jpg




ココからまた定峰下って来た道帰ってもいいんですが、白石登って帰った方が早い。

(仕事してないけど)出張疲れか、ココまでアゲてもないのに実は結構な疲労感。



というコトで約2km先の白石峠へ。
ソコまで登ればあとは登りほぼ無しは往路で確認済み。


途中、道に雪が残っていたので撮ろうとすると、



「オレも入れて撮れや」


DSC_2022.jpg





この週、関東地方は雪に降られましてね。

ワタクシ、本来は中央道からグンマーに入り、ソコから埼玉北部へ行く予定だったんですが、中央道長野県内が全線チェーン規制により断念。
新東名海老名JCTから圏央道通って埼玉→グンマーへ抜けるというツマランルートに。

旧街道和田峠でアンズジャム買ってグンマーでモツ煮食べようと思ってたのに、雪のせいで全てがパァ。
秋にリベンジします。
念の為スタッドレス履いて。


代わりに食べた佐野ラーメンは旨かった。
佐野実のラーメンじゃないですよ。




DSC_2024.jpg



白石峠を、こんなキツイとこホント登りたくないと思いつつ、プリズムレンズの調子良さにゴキゲンになりながら無事下り、ソコからの下り基調でスイッチが入ってまって何故かアゲてしまい脚ご臨終。


無風空間でキッチリ脚溜めてた兄の逆襲が始まったのは


DSC_2025.jpg


帰りの荒サイから。



全然乗ってねぇとか言うてたワリにはキッチリ走れるじゃねーか。
久々に平坦でチギれそうになりました。
残りが20kmもないので意地でついていきましたけど、もう少しアゲられたらホンキでヤバかった…

まぁ出張疲れというコトにしときます。
パワーも全然出てなかったし。





DSC_2027.jpg




というトコロでこの日のライドはオシマイ。

パンクと50分待たされる以外は特に事故無く。




問題の獲得標高は1,599m。
距離は162km。

前回より距離も少ないし獲得標高も半分以下。

イヤ疲れてはいますけど。

でもコレならまた行く気になれる。
今度はオーダーしてから50分待たされないお店に行こう。







そして着替えを済ませて帰ろうとした時。



「ムゥ…おかしいな」



ナニがだ?




「あんなにいっぱい走ったのに腹の脂肪が減ってねぇ」



当日減るかバカ。
ルペタかオメーは。



サスガに腹も減って、兄の家で用意してもらってる晩飯まで腹がもたん。

なので途中コンビニ寄ってザバスプロテイン投入。



「ヨシ」


「コレでもう晩飯食わなくていいわ」



は?

アホか腹減るに決まってんだろ。
飯はちゃんと食え。



「だってよ…」




「せっかく消費したカロリーが台無しになるじゃねーか」






ソレ言うなら毎食後に食べるアイス止めい。
オヤツのアイスもな。

ソレが全てを台無しにしてるんだぜ。
一日5個をせめて1個か2個にしろ。

アホの発想は理解出来ん。







「アイスはガマン出来んだろ普通









兄に言わせると、普段からオヤツを食べない習慣のワタクシは「ラッキーなヤツ」なんだそうで。

習慣的にオヤツを食べる嗜好じゃないコトが幸運なんだそうで。





DSC_2009.jpg





皆さんはアンラッキー派ですか?
ラッキー派ですか?









にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村








【あとがき】


出張からの帰り道、初めて富士山の笠雲見ました。


DSC_2029.jpg


今回は観光する気が無かったからとキャメラを持ってこなかったコトを軽く後悔。

遠出する時は常に携帯した方がいいですね。
普段見れない景色が見れるかもなので。




秋の出張では赤富士撮りたいな。
でも朝早いんだよな。
朝食時間までにホテルに戻れるかしら。





引き出された70%

その日の朝。



♪~~~♪~~~♪~~

♪~~♪~~~




鳴ったのは聞き覚えなの無いアラーム音。

ワタクシ、朝のアラームは毎日Guns N' RosesのKnockin' On Heaven's Doorと決めているのです。
ちなみに毎日のお昼寝アラームは同じくGunsのSweet Child O' Mine。
どうでもいいですね。


でもアプリやらナニやらが更新されるとアラームがデフォ音にリセットされることもあるので、若干の違和感を抱えながらアラームストップ。


そして一旦眼を閉じて、さて起きるかと意を決してベットから起きようとした時にスマホ画面を思い返します。



アレ…

あのアラームを切ったマーク…


電話を切るマークと同じだったな…



そういや何故か画面にBONさんの名前が出てたな…


もしや…

すかさずスマホ(LINE)をチェックしたら


「着きました」





そうです寝坊コキました。


社会人として否、人間失格ですね。
寝坊による遅刻なぞクズ中のクズ。
クソですワイ。
しかもアラームセットし忘れという、言い訳すら出来ない完全なるミス。


というコトで洗顔と歯磨きダケ済ませダッシュで着替えてレッツらゴン。

迎えに来てもらったのでまだ傷は浅かった。
逆だったらエラいコトでした。








この日の目的地は兵庫県は西宮。

デカトロンとかいうメーカーが何故かソコに1号店出店というコトで、テントを主とした山用品を見に行く旅。
いきなり通販では心配ですからね。

しかしソレだけの為にわざわざ兵庫県まで行くってのもなんかアレ。



というコトで以前からBONさんご希望の北摂自転車乗りのアレであるおはみのにお邪魔しようというコトに。

主催者めうさんが週末近くなると開催有無をツイートされるんですが、トットと予定を組みたかったのでフライング気味にツイート希望を何気なくアッピルし、見事予定を確定。

そして北摂に行くならば私の心の友であるきっちさんもお越しいただきたいと思っていたトコロ、さすが心の友、ナニも言わずとも以心伝心でたまたま偶然おはみのに参加するという奇跡。





私とBONさんが15分ホド遅れてシンイツに着いた頃には

DSC_1991.jpg

皆さん大集合。
ココに来るのは二年ブリ。

遠征に行くと「私はKTMです」と名乗るクセがあるワタクシ。
この日もついついそう名乗ってしまいました。
いわゆるネガティブキャンペーンですね誰も得しないですけど。




軽くアレしたトコロで早速スタート。

おはみのガチ勢と走っても脚が合うハズもないので、一番脚が合いそうなきっちさんをバッチリマーク。
BONさんも同様。

何故か後ろには四谷さん。
このペースで登るお人だったっけ?




めうさん始めガチ勢の皆さんにはお気遣いいただき途中で止まっていただいたりしましたが、きっち班はカメ作戦でノンビリながらもノンストップ。
そういや二年前もそうだったな。


しかしこの山。
チャリも異常に多いですが、クルマもハイカ―もバズーカレンズ付けたキャメラマンも、とにかく人が多い。
北摂が誇る癒しの山のようです知らんけど。
ココしか来るトコが無いとも言うらしい



めうさんがマスタングしに来て我々の前に出てくれますが、気付くとナカナカにイイペース&きっちさんが視界から消える。
ラストはスプリントを楽しみますが全然パワーが出なくてチト凹むワシ。
いくらサイクリングだったとはいえ、やはりワシの脚は二日連続で走れるようには出来ておらんようです。



北摂チャリ乗りのフランチャイズ、

DSC_1992.jpg

高山公民館でしばしご歓談。


きっちさんのファクターを乗ろうとしましたが、やたらスポークの少ないホイールを履いてきやがるもんだから、ヘヴィウェイトのワタクシが乗って折れてもイカンので結局乗れず。
何て空気が読めないヤツなんだ。



ココからは更に走りに行く人とこのまま帰還する人とでお別れ。
我々はどうしようかなと思いましたが、心の友が即答で「ワシ帰る」と言うので。
初めてお会いした人達とジックリライド出来る程の社交性は持ち合わせていないのですワタクシ人見知りなので。



真っすぐ下ってもアレなので、BONさんに北摂イチの観光地、

DSC_1993.jpg

勝尾寺を案内して下山。



心の友に駐車場までお付き合いいただき、お着替えしながらダベっていると何故か今回も宝島発言。
オイまだお宝眠ってたんかい。


ってコトで、目的のデカトロン済ませたら戻って来るやで昼までに戻るから旨いラーメン屋用意しといてくれよと約束して、

DSC_1995.jpg

デカトロンへ。


オープン2週目というコトでスンゲー人人人。
まずは目的のテントをくまなくチェックしナメ回すように見て、他のコーナーも軽く様子見。

山用のウェアは安くていいんですがチト地味かな。
冬用パンツは買うかも。

チャリ用品は…お察しですね。
乗り始めだったら考えなくもなかったかもですが、今はもう買わないかな。
レーパンはローラー用にはイイかも。
べらぼうに安い。







で、お目当てのテントは結構イイ感じだったんですが、レジにアホ程人が並んでるのでココで買うのはヤメ。
通販でも送料無料で送ってくれるので、家からジックリ買おうかな、と。


しかし帰宅後にサイトをチェックしたらお店でチェックした小物が載ってない。
コリャアカンってコトで即問い合わせフォームに入力。


2日経っても3日経っても返信が無いのでダメかな?と思いつつもサイトを再チェックすると、無かったはずの小物が掲載されてるじゃないの。

そうかコレが答えかと思っていたら、その数日後に商品URLを添付した返信が送られてきました。
準備整えてたのね。


ってコトで早速ポチって、翌日到着。

DSC_2033.jpg

素晴らしいレスポンス。
13時までの注文で当日出荷の看板に偽りナシ。
12時53分に注文したのにキッチリその日に発送されましたからね。

自分からLINE入れといてイロイロ人動かしといて返信してやっても一切レスポンスないコミュ障脳筋野郎共とはエライ違いだ




そして…

DSC_2032.jpg

サイズが合わんだの思ったのと違うだのって理由でも未使用なら返品可能てスゴイ。
しかも365日以内。
元々通販専門だったからかな?

だったらワザワザお店に見に行く必要無かったんじゃ…




尚、ペグも入ってると思ったら無かったので、ソレはAmazonで。

DSC_2038.jpg

同じくデカトロンでもよかったんですが、コンビニ受取が出来ないので。
日々荷物が家に届くなんてカミさんに知られたくないですからね。









デカトロンの店舗を徘徊した後は約束通り心の友のトコロへ。



行こうとしたらBONさんが腹が減って腹が減ってもうガマン出来んガマン出来んとノタマワるので、googleで美味しそうなラーメン屋を探してソコを目指すも、ガマンし切れないBONさんが目指した店の途中にあるラーメン屋にイン。

DSC_1996.jpg

腹が減ってれば何でも旨いは自転車乗りバカ舌理論。




おかげで心の友と約束したラーメンは無し。
全てBONさんがガマン出来なかったせいでワシ悪くない。

なのに心の友はアレとコレを私とBONさんにナニしてくれるとかマジ宝島。
またお宝が溜まった頃に大阪行こうそうしよう。






帰りの道中、この日のライドデータを振り返っていたら、


095848.jpg


まさかのMAXパワー更新。
全然踏んだ記憶ないのに。
ちなみにめうさんとのスプリント合戦の時は1000Wも出てまへん。


さすが大阪はワンダーゾーン。

私が普段出し切れない70%を特別な呼吸法無しで引き出してくれるようだ。







そういえばアノ漫画、

最終的には北斗「3兄弟」て言われてたけど、





ジャギ…








あ、ウチに全巻揃ってますので読みたい方は是非。
スラムダンクもこち亀もゴリラーマンも稲中も全巻揃ってますよ。


残り300mが3週でもまだ終わらんあのチャリ漫画は持ってません。

世代じゃないので読んだコト無いですけど、あのボクシング漫画もあの野球漫画も1ラウンド1イニングがやたら長かったらしいですね。










にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






春ボケ

4月最初の週末。

平日には寒の戻りがあったりでサクラが粘った週末。


天気も快晴予報で暖かそうだしなんかイマイチやる気出ないしサイクリング気分マンマンで集合場所に行くと


DSC_1964.jpg


激曇。

何ならココ来る途中に雨降りましたからね。
先週に引き続き天気予報どうなってんだオイ。




この日は自走でやって来た漲るマンM谷さんと。
ココ最近は驚異の参加率ほぼ100%。
逆に他の人とは最近サッパリ。





準備を済ませてさて出発というトコロでタイヤに違和感。



あ、空気入れるの忘れた。





車載で来るクセにフロアポンプなんて積んでないし工具入れにはボンベしか入れてないし困ったどうしよ帰ろかなと思ったトコロで、リュックに携帯ポンプを常備してるコトを思い出し、


DSC_1965.jpg


手コキでオニポンピング。
ワタクシ、ヘヴィウェイトクラスにつき常に8bar入れてますが、携帯ポンプで8barがとにかくキツい。
300回くらいシコシコしたんじゃないのかな?


前輪入れて後輪しばらく入れたトコで

「手伝いますよサラ腕なんで!」

と意気揚々とM谷さんがお声掛けくださった頃には既に7bar。




・・・・・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






「無理っすムリムリ」



2回のポンピングで断念するM谷さん。
マジ役立たずナニしに出てきたんだ一体


総じて自転車乗りは上半身ヘナチョコが多いですからね。

え?ナニ?
上半身やウデのキンニクはチャリに関係無い?


だからオマイラは社会不適合者だっつーんだよ。
主にその思考がな。






さ、ポンピングスプリントで出し切ってしまったので完全にサイクリングモードに突入。

奇しくもクレール平田をスタート地点に練習してからこの数年、サクラ満開の時期に走った記憶がないのでちょうどよい。
何故ならこの日はこの界隈サクラが満開。


DSC_1966.jpg



菜の花も。

DSC_1967.jpg




いつも脳筋ズにアテられて目の前しか見えない大榑川沿いのサクラもバッチリ堪能。

DSC_1970.jpg





そして今度こそ今年初二之瀬。

DSC_1971.jpg


M谷さんとアレやコレや会話しながらベスト+10分という春タイムで

DSC_1972.jpg


一切疲れることなく登頂。

一応アウターで縛ってますが、ソレすら何の意味も無いレベルにサイクリングクライム。




で、UNCOでトイレ休憩。

DSC_1973.jpg

ココは冬の間も来てるので久々感ナシ。





ココからもサイクリング上等ですが、特に行き先も無いのでベースはいなべ周回。
その上で気になるトコを遠慮なく寄り道する作戦。



というコトで、周回イン手前にある何とか寺の白滝へ。

DSC_1974.jpg





いなべ周回に入るとイキナリ道路工事。

DSC_1978.jpg

ココだけ唯一道幅が狭かったトコロですが、ついに拡張するようです。
TOJ関係あるのかな?
クルマの交通量はかなり少ないし、どこかに抜ける道でもない(梅林公園や関ヶ原の方に抜ける道は他にある)ので…
いやまさかチャリ大会如きの為に家を立ち退かせるなどの税金シコタマ投入して道路拡張はないですよね。
ワシがココの納税者だったら怒るぞ。ナニ税使ってるか知らんけど。



ってコトでそもそも周回練は無理でした。
いつまで続くのかな?
工事自体は結構前からやってますけど。




TOJいなべKOMポイント付近が猿の惑星に。

DSC_1979.jpg

UNCOと第二UNCOの間で数十匹の猿を見たこともありますので、そもそもこの界隈は猿の惑星です。




更にKOMの上にある東屋まで、

DSC_1981.jpg

道に落ちてる猿のウ○コを避けながら。

最大20数%、常に15%ほどの斜度を誇るココはサスガにインナーロー。




この後もいなべ周回コースを外れてサクラを堪能しつつ、


DSC_1982.jpg


DSC_1984.jpg



カエルを抜けて背割へ。


DSC_1986.jpg



東海大橋北の背割はサクラ並木があるんですが、実はココも満開の時に通ったコト無し。

今回が初です。
何度もアホほど往復してるのに。


菜の花が咲いてるのも初めて知りました。

DSC_1987.jpg



そして背割のサクラ並木はサスガの迫力で

DSC_1988.jpg

お花見に来てる人がいっぱい。

ココにこんなに人が居るのも初めて。


写真には人っ子一人いませんが写真撮るからフレームアウトしろと全員堤防の下に叩き落とした最南端なのでココまで歩いて来る人は殆ど居ないのです。
北側に駐車場がありますからね。





背割北端でM谷さんとお別れし、そのままスタート地点に戻ってこの日のライドはオシマイ。

タマにはこんなサイクリングの日も悪くないですね。
でもホームコースでする必要はなかったかな。



途中、M谷さんとラーメンの話をしてたら食べたくなっちゃったので

DSC_1990.jpg

久々の高山ラーメン。


ホントはガッツリ二郎系の予定でしたが、サイクリングにつき疲労ほぼゼロなので爽やかに食べれるモノをチョイス。





さ、明日は久々の遠征だ。
寝坊しないように早く寝なければ。

と思ってベッドに入ったのに。







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







脳のチカラ

ようやく二之瀬が開通したその週末。

今んトコ今年のチャリシーズンはGWで終わる予定ですけどホームコースが解禁となったココからがシーズンインやで!ってコトで約4ヵ月ブリにソコを走ろうと画策しておりましたが、まさかの雨予報。

でも前週も雨にやられて軽くローラー回したダケだし、GW初日にFSWを控える身としては悶々モンモン。


ソコで天気予報をくまなチェックしてると雨沢方面なら14~15時頃までに帰還すれば何とか走れそう。





というコトで。



アヤシイ空模様の中お集まりいただいたのは、


DSC_1952.jpg



KTMさん・BONさん・M谷さん

DSC_1953.jpg




BONさんは私同様FSWにエントリー、M谷さんはモリコロ、KTMさんに至ってはFSWもモリコロも更には多度トレイルまでエントリーされており、4月はほぼ毎週レースという鉄人仕様。

という漲る皆さん。




ちなみに雨沢方面といえばこーさんですが、この日は残念ながら不参加。
しかしコースは以前こーさんにご用意いただいていたチャレンジコース。
今回も鉄則はアウター縛り。
こーさんの指示通り。





瀬戸しなのをスタートしスグに雨沢。

アウター縛りで遊びつつも、ソコソコ上げて。
M谷さんが仕掛けてきたような覚えがなくもないけど最後に差したのダケは覚えちょるワイの勝ち。


DSC_1954.jpg


この時既にKTMさんに違和感アリ。

いつもならガッチリツキイチで私に煽りクレてくるKTMさんが、何故かこの日はウルトラマイペース…また徹夜したのかな?




休憩もソコソコに裏雨沢を下ってナビ通りにアップダウンを繰り返し、矢作川沿いをナニしたら

DSC_1955.jpg

オドK改めオドマ。


ココに来ると必ず某実業団のジャージを見ます。
別にファンではないので何とも思いませんが。



DSC_1957.jpg





ココに至るまでもマイペースを維持するKTMさん。

徹夜ですか?とお聞きするとワリとソレなりに睡眠はとられていた様子。
ムゥ…アヤシイ…





軽く休憩を済ませて目的地へと進みますが、ココからがマサカの想定外。

天気予報では午後から雨予報でしかも降り始めはワリとパラパラのハズ0.1mmてなってたし。
なので多少降られようとも路面が濡れる程ではないかな、と。


しかし向かった先ではバチバチと雨が降り始め、気付くと路面はフルウェット。

まだ昼前だし雨量多いしでまた予報に騙された。
この時期は不安定でイカンですね。




しかしその雨も山を越えると止んでいて、目的地のラーメン屋さんに着いた頃には路面も身体もバイクもナニも無かったかの如し。


DSC_1959.jpg


このラーメン、M谷さんがやたらお気に入りでした。
確かに美味しかったんですが、まだ峠が残ってるのにチャーシューメン大盛りはヤリ過ぎでした。

リアルガチ腹パンでマターリとしか漕げない始末。


しかし約1名のみ普通盛り。
コレが勝負の分かれ目。






ココからは反芻に気をつけながらゆっくりゆっくり。


裏から雨沢方面に行くのは初でして、世界一狛犬の裏にこんなのあるコトを初めて知りました。


DSC_1960.jpg



そしてこの日のKTMさんが不調に見えていたのはココからに備えていたというコトも、ココで初めて知りました。




ココに至るまで脚を溜めに溜め倒し、腹パンで脚が回らなくなるコトを防ぐためにメーランは普通盛りで抑えるという策士ップリ。

イキナリ元気イッパイになるKTMさんのおかげで腹パンに脚パンの上塗り。
コレもこーさん試練の一環か…





という感じでこの日も無事にオシマイ。


DSC_1961.jpg



そしてゴール後スンゲー雨。
ホンキの土砂降り。
まさに計算通り。




ん…?

計算通り…?




いや途中で降られたなそういえば。

しかしスタート&ゴールが降ってなかったのでスッカリ忘れてましたワイ。
終わりよければ全てヨシ。
都合の悪いコトは忘れるという脳のチカラは素晴らしい。





でも家に着いてバイク降ろしたらバッチリ思い出してしまい、


DSC_1962.jpg


雨で汚れたバイクをバッチバチに磨いてオシマイ。






翌日こそはホームコースを走ろうと画策しておりましたが、朝起きたらまーた雨が降ってやがったので朝飯食って歯磨きして二度寝して軽~くローラー。


天気に翻弄される日が続きますね。

インドアスポーツを趣味にしてる妻が少しうらやましい。
でもチームスポーツは嫌いだからソコは全然うらやましくない。








にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR