FC2ブログ

被災地の真ん中に行ってきました

まずは、今回の件でご心配いただき、更にはご支援のお申し出をいただきました皆様方、
この場で恐縮ですが深く御礼申し上げます。

【いざとなれば助けてくれる人が居る】

その気持ちを抱えて実家へ向かい、そして作業をすることは私の気持ちを非常にラクにさせてくれました。
当事者ではない私は平静を保たなければなりませんので、焦りや混乱なく事に取り掛かれるというのはとても大きく、重要でした。

本当にありがとうございました。








この度日本で大暴れした台風19号。

長野市では千曲川の決壊を引き起こし、私の実家がまさにその被害をモロに被りました。

両親は無事です。
怪我もなく。



被害は家の1階部分が水没。

ただ堤防から少し離れているので激流に呑まれたという程ではなく、徐々に水位が上がってきたので逃げる余裕も家財の一部を2階に移す猶予も少しだけあったのが不幸中の幸い。


そして親戚が長野市内に点在しておりますので、避難所生活を送る必要もないことも不幸中の幸い。






私は水が引いた翌日夜に親戚宅へ。

翌朝実家へ。



かつて私が自転車乗りだった頃、出発前にCW撮りしてた実家前も、


DSC_2189.jpg




このような状態に。

DSC_2847.jpg



泥でクルマがツルツル滑って大変危険。

ノーマルタイヤで雪道を走るが如く。




幸いこの日は親戚が10名以上集まってくれて一気に家の中をお片付け。
イトコと30年ブリに会いました。




そしてその親戚の中にはガチ農家とハーフ農家がおりますので、

2台の軽トラをフル稼働し外に出した家財一切合切を

DSC_2874.jpg

指定された場所へピストンピストン。



仮置き場も刻々と場所を変えるので地元以外には分からないところが多く、両親以外は地理に明るくない連中が集まったので若干苦労しましたが、近所の人が先導してくれて助けていただいたり。



2日目からは兄も合流し残りの片付けをし、改築するにしても室内の泥をそのままにしてバイ菌などが繁殖しても大変なので掃除&簡単な消毒までを3日間で終えるコトが出来ました。




【ビフォー】

DSC_2861.jpg



【アフター】

DSC_2875.jpg





初日に多くの親戚が集まってくれたおかげで3日間で素人が出来るコトはほぼ完了しました。
お隣さんが羨ましがるホドに、他の家よりも早く完了したと思います。

なので、お手伝いをお申し出下さった皆さん、本当にもう大丈夫です。
お心遣いありがとうございました。





ココからは再建に向けての活動となります。

両親は高齢で交渉事をさせるには少し不安で、更にクルマもダメになって移動の足もなくなったので兄がもう少し滞在して可能な限りの段取りを。
病院に薬を貰いに行ったりなどもありますし。

私もまだ何度か実家には行くつもりです。


日常を取り戻すまではまだまだ先が長い。
実家だけが元に戻ったとて、街に爪痕が残っているうちはまだ完全に取り戻したとは言えませんからね。

が、根気よくサポートしていきたいと思います。








今回の水害を(少しダケ)経験して思うことは…




特にありません。





結果論ですが、両親は無事に生きてますからね。

ソレが何より。
そして全て。











ちなみに。

義援金はいつでも受付けております。
この先何年でも。

但し証拠を残さないように現金手渡しのみとさせていただきます。
領収書は出しません。


また、現物でも結構ですがハイエンドグレードのみとさせていただきます。
コンポならデュラ・RED・スーレコ
ヒモ・電動不問
ホイールはカーボンリム(クリンチャー・チューブラー不問)

一応お伝えしておきますと
フレームサイズは54
クランク長は172.5
ハンドル幅はC-Cで420

ディスク仕様の場合はフレーム&ホイール&コンポはセットでお願いします。

MTBは完成車のみ
シクロクロス車やグラベルロードは不要です

上記以外のサイズでも換金率の高いモノは歓迎します。
ただし盗品は不可です。







皆さん、

くれぐれも災害の備えを。
そして避難勧告には従いましょう。

土地選びも慎重に。






※千曲川堤防で桜とチャリを撮る私

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



ゴルゴ

二ヶ月ぶりのご無沙汰でした。


先日縁あってモリコロの90分ソロに参戦しましてね。

久々にチャリ乗ったし台風19号で自宅待機でヒマなので記事に起こすコトにしました。






さて。

今回のモリコロはある筋(通称:MT-Gさん)からの厳命がございました。




「順位はどうでもいい。兎にも角にもKTMさんよりも1mmでも前でゴールするコト






御意。








しかしココ数ヵ月のワタクシはランニングを始め二足歩行活動に完全にシフトしておりまして。

実走は2ヵ月以上前の名古屋競輪場で走った数km以来。
ローラーに至っては雨でラン出来ない日に仕方なく回した2~3回くらい。

ちなみに公道に至ってはいつ以来走ってないんだというレベル。


コレはもう間違いなくチャリ筋は衰えまくり。

1年間ランだけで過ごしてヒルクライムレースに挑み、その走力が底辺以下まで落ち込んだコトを証明した人をワタクシは知っております。




対してKTMさんはランに傾倒する理由があるにも関わらず未練がましく毎日毎日ローラーを回す始末。
当然ランも毎日していらっしゃいますけどね。
鉄人ですから。



コレは大いなるハンデ。
マジヤバい。





しかし勅命は1mmでも前でゴールすればイイだけなので、90分のウチ89分はツキイチでOK。
で、最後にチョイ差しすれば万事解決。










というコトでモリコロ前日。


我々の第一義はあくまでも「ダモンデトレイルでKTMさんに4周目を」なので、週末のランニング練習は欠かせません。
基本全員参加。

でもその日はモリコロを控えてるってコトなので、いつもよりは軽めのメニュー…とはいえMペースで20km。
まぁまぁのアレ。


尚、本格的にランを始める前は20kmってーのは果てしない距離でしたが、フルを目指すようになりそのための練習を積んでいると距離的には大したことなくなるから不思議。
皆さんも3ヵ月くらいランに傾倒するとそうなります。是非。



しかしココで事件が発生。



私(とたかじんさん)はキッチリ20km仕上げたにも関わらず、KTMさんは6kmでまさかのバックレ。
いやそういうてもちゃんと走り切るんですよね?と思ったらその後2km歩いてオシマイ。

ムゥ…
後悔しますよ絶対に。

ちなみにBONさんは練習自体をバックレ。オイ。






そしてモリコロ当日の朝。




この日も元気に5時に集合してレッツランニング。

んが。
KTMさんが来ねえ。

集合時間30分前までLINEしてたのに、集合場所まで10分なのに、
来ねえ。

ムゥ…
後悔しますよ絶対に。



待ってても仕方ないのでたかじんさんと13kmホドのジョグ。
軽~~いジョグたまにウォーク。

前日のダメージが意外と残ってるのですよ。
夕方からチャリ乗らにゃならんですし。




で、帰宅して風呂入ったりナニしたり昼寝したりでアレしてから、




DSC_2823.jpg




モリコロパークへ。



もしチャリ復帰したとしてももうココでは走るコトはないと思ってましたが、まさかこんなに早く訪れるコトになるとは。




CTRメンが2時間チームで出てるハズなのでソレをヒヤカシに行くも、

DSC_2824.jpg

見当たらず。



ゴール地点でツカさんが山岳部()をキッチリ仕留めるトコを確認し安心してから

DSC_2829.jpg


準備へ。





この日はワケあってSHOROsジャージ。

DSC_2825.jpg

コレを来てKTMさんを倒すコトに意義があるのです。







久々のチャリなので時間いっぱい使ってシコタマ試走してやろうと意気込んでコースインしますが、

久々過ぎてパワーメーターが電池切れ。



ケイデンスも出ないしヤル気ゼロで1周でヤメ。



クルマで電池交換してからもう1回コースインしようと思ったら試走を終えたKTMさんとボリくまさんを発見し断念。


DSC_2832.jpg


KTMさんを仕留める為にはスタートからツキイチをキープしないとイカンですからね。







いつ以来か分からないホドのエンデューロレースですが、今回はターゲットがハッキリクッキリしてるの緊張感はゼロ。

DSC_2833.jpg

リラックスモードでスタートを待ちます。





そして気付いたらレーススタート。





後方からのスタートは周囲が殺気立ってなくていいですね。
前方だとワイがワテがワシがイイトコ取るやでマンが多くてヒリヒリしてますが、ココにそんなムードは一切ナッシング。


しかも私はとにかくKTMさんのケツに張り付いてさえいればOKなのでお気楽お気楽。





気付けばソレっぽい集団も形成されますが、どうもKTMさんの動きがアヤシイ…


ナニしてんすか?



「前の集団に追い付きたいんだよね」


ホゥ…

でもワシどっちでもいいっすKTMさんのツキイチさえ決めれれば




「あの前を走る集団に追い付きたいんだよね」



へぇ…

でもワシどっちでもいいんすけどねメンドクサイし





「ほらアレ。あの前に見える集団に追い付きたいんだよね」





ワカリマシタ。





というコトで仕方なく、本当に仕方なく前に出てブリッジ。

マジで余計な脚使いたくなかったんですけど。
最後にチョイ差しする脚残しておきたいのにマジで。





ヒト仕事終えたトコロであとは集団内でテキトーに時を過ごすのみ。

タマに牽いたり後ろついたりKTMさんに話しかけてみたりでも無視されたり。





残り3周ホドってトコロで、我々の集団内で人一倍頑張ってたバ○バジャージを纏う女性がチョイと苦しそう。

しかも同じ集団にいる野郎共は誰も前を牽かずにその女性のツキイチ決める始末。


私ですか?

私はレースそのものはどうでもよくKTMさんにさえ勝てばいいので常にKTMさんのケツで静観…



してましたが。




サスガにちっとアレなのでガッチリ1周牽くコトに。

下りサイドもワシSPを生かしてガンガン(ワシ比)牽いてやりましたワイ。





でも1周マルっと牽いちゃったのでお疲れモードとなり、残り2周はツキイチ徹底。




その残り2周ってトコロで残り時間がチョー微妙。

ウマくタレれば1周で終われるタイム。



ソコでKTMさんにご提案。





この周を軽く流せばココで終われますよ?
もう疲れちゃいましたしもうこの辺でナニしてオシマイでいいんじゃないですかね?





「・・・・・・・・・・」






ムシされました完全に。









すると後ろから速い集団がパスしていきますが、登りサイドだったせいか全員がスルー。

しかし下りサイドに入るとKTMさんがいきなりフル加速。


先程抜かれた集団を追い掛けます。



ムゥ…
元気だな。




ソレを追い掛けてもよかったんですが、どうせもう1周あるし多分きっとKTMさんタレるし無理して追わずともこのペース保ってれば追い付くハズ。

と、最後の最後にキッチリ仕事する為に冷静な判断。




ホームストレートを過ぎてラスト1周てトコロでまだ少し離されてましたが、登りで一気に詰めてブリッジ成功。
ワシの判断バッチリ。



そして追い付いた頃にはKTMさんの様子がオカシイ…

時折やたら下を向いたりウナ垂れたりして何かを強烈にアッピルする始末。



まさかまた変速が調子悪いとか?
いやいやDi2は絶好調。


まさか…

最後にアタッコ仕掛ける為の三味線か。



しかしワシはそんなのには騙されん。
ココ数ヵ月ほぼ毎週KTMさんとトレーニング積んでますからね。

その強さを知る私にはその三味線の音色は届きませんよ。




そして最後の下り基調もツキイチで脚を溜めて、

登りが始まってシケインを過ぎたトコロでワシ始動!




最後尾からケツ上げて一気に加速!



既に私の脚もスコスコでしたが、集団全員の心を折るには充分。

後ろをチェックしても誰も付いてこない。


しかしワシも見事にタレッタレ。
仕掛けるの早過ぎた。



そして最後のチカラを振り絞り、2名ホドの追走を退け、

そしてKTMさんの追走も退けてワイの勝ち♪





MT-Gさん、キッチリ仕事しましたよ!





途中ブリッジさせられたり1周牽いてみたりと想定外のコトがいくつかありましたが、

最後は予定通りにキッチリ仕上げる見事な仕事はゴルゴの如し。





ゴール後はバ○バ女子と健闘を称えつつ、



アイドルが歌って踊ってたので一緒に写りつつ、



DSC_2835.jpg



レースは無事オシマイ。







今回の勝因…というよりKTMさんの敗因は明らかな調整不足。

土曜のランは途中バックレ、
日曜はハナからバックレ


この調整ミスがレースを左右したと言っても過言ではありません。
ワタクシがキッチリ証明して見せましたし。

今度はちゃんと朝練参加してからレース行ってくださいね。
じゃないとまた後悔しますよ。







DSC_2836.jpg

※イメージ戦略を謀るKTMさんの図







しかしアレですね。

チャリ筋、見事なまでに弱っておりました。




60分過ぎたあたりから腰に痛みが出始めるし

平均スピードは3年前に出た同じレースの-6km/h

平均パワーに至っては100W減



土日朝練で調整チリバツにしてなかったら危なかった…




3年前のあの頃は先頭集団にどれだけ喰らい付けるかを目標に練習してましたが、そのキバは完全に抜けましたワイ。

フルマラソン終わったらまたチャリ活復帰かな?とも思ってましたが、今年ランニングシュースを4足も買っちゃいましたからね。
もうあとには引けんのですよ。
KTMさんの音頭でハーフマラソンもエントリーしちゃったし。
雪山も待ってるし。


…と妻に言うたら「チャリはいくらかかってんだ?知らんけど」と言われましたハイ正論です。
でもアッチは何年も使ったし。






でも久々の自転車イベントは楽しかったですね。

予定通りの展開で勝ったから尚更。








次のチャリ活予定はSHOROs忘走会。

皆さんよろしくお願いしますね。







DSC_2837.jpg













にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR