誓いを破らされた日

それはこの日走りに行くコトを決めた時、予定されていた悲劇だったのかもしれません。


2月11日の祝日。

たかじんさん、きーぼーさん、そして路さんとご一緒していただくコトになりました。


今まできーぼーさんにはコースディレクターをお任せしてばかりでしたので、今回はコースのコトを一切気にせず走っていただけるよう、たかじんさんにその大役をお願いしました。
ええ、決して私ではありません。
道、知りませんので(キリ

そして先週のトレーニングツーリングの、トレーニングタイムに路さんに「よろしければ是非♪」とお誘いしたトコロ快諾いただき4人で走るコトとなりました。

今回きーぼーさんは初めての道ですので、ドコをドウ走るかとかはご存じではありません。
ソレ以外のお二人はこの界隈をよくご存じです。

ソレがまずかった。

打ち合わせの段階で既にアブラ汗がたっぽりです。



そして当日。



先週に続き、ソロライドでは決して起きない時間に起床です。

20150211_052204.jpg

ウム。暗いです。
ちなみに2~3時間後の私はクライムでCRYです。


今日は確実にナニかがあるので多めの朝食を摂ります。

軽量化後に重ね着をしまくり家を出ますが、その頃にはもう薄っすら明るくなっていました。

一応待ち合わせ場所までは今日もクルクルを意識してますが、どうも調子がよくないです。
目覚めもよくなかったし…ウーン。

左脚のコトも若干不安でしたが、接骨院の先生に言われた通りテーピングをしたらバッチリです。


ちなみに今日の日の出はこんな感じでした。

20150211_065830.jpg

何か不吉な予感がスル…


そしていつものように西へ西へ進み、待ち合わせ場所の「立田ふれあいの里」を目指します。

きーぼーさんのみクルマでナニして、他の方は私含め自走で向かいます。


国道155号から「立田ふれあいの里」へ向かう道に出たその刹那!
見覚えのある後ろ姿が!


路さんハケーン!


無論私には気付いていません。


貼り付いたろ!

フンフン踏みます。

貼り付いたろ!

フンフン踏みます。

貼り付い…

貼り…


貼り付けん\(^o^)/


ムゥ…今日も朝から滾っていらっしゃる…
心してかからんとイカンようです。


待ち合わせ場所に到着すると既にたかじんさんもきーぼーさんも到着されています。

20150211_073237.jpg

写ってるのは路さんですが。

ちなみに私のサドルにブラ下がっているチューブ2個は、決してビビってスペアを3個持ち歩いているワケではありません。
一応私の尊厳を保つ為、補足しておきますね。


軽いトークと目覚めのコーヒーを投入後、早速出発です。

今日の目的地方向には、私が二度と登るまいと誓ったアホ多度山があります。
なのに何故か皆さん登る気マンマンです。

最近雪が降ったりしてましたので、凍結してたりするとアレですので一応チェックだけしようと、皆さん意気揚々とバイクを走らせます。


実は打ち合わせの段階で、背割往路でTT、復路でインターバル、そしてアホ多度山クライムという、部活レベルのメニューを考えた方がいらっしゃいましたが、当然の如く却下です。

TTは帰還後にイケたら行く、というコトでゴリ押ししました。


しかしアホ山だけは決行するらしく…

20150211_075609.jpg

ノリノリで先行するたかじんさん。


そして…

20150211_075614.jpg

脚を温存するお二人。



そして誓いを破って(破らされて)来てしまいました。

20150211_080201.jpg


ちなみに、ココまでの路面状況などを鑑みてたかじんさんが放った一言が…

「登らない理由が見当たらないね♪」

ウーン…

「見当たらないね(^ω^)」


…オワタ\(^o^)/



覚悟を決めて行くコトとします。

とその時、きーぼーさんが見つけてはいけないナニを発見し「うわ…見ちゃった…」と発したお言葉に反応して、つい見てしまった私…

イヤな予感がスル…


と、スタートした途端、たかじんさんがカッ飛んで行きます。
完全にヤル気です。もうマンマンです。

私ときーぼーさんはソレを生温かくお見送りし、スタートに出遅れた路さんが後ろから迫ってきました。

この人もイクのか…オソルベシ。

と思ったら意外にも私の激遅ペースに付き合ってくださいます。


この山、正直単独で走るにはキツ過ぎです。
誰かと話しながら登るコトでかなりラクになります。

そういえば以前オル兄と登った埼玉パンチ坂も、二人でバカ話をしながら登るコトで何とかなりましたし。

と分かってるクセに、初のアホ山に遅れ気味のきーぼーさんを待つコトはしません。
というか出来ません。
気を抜くと止まっちゃうからです。

結局最後まで路さんには私のスローペースにお付き合いいただきました。
ありがとうございます♪


ちなみにこのアホ山、激坂過ぎて写真を撮れません。
以前登った時、下りで止まりながら撮った写真を載せた記事を書きましたので、興味のある方はコチラをご覧ください。



この寒さの中、汗をボタボタ垂らしながら何とか山頂に。

20150211_083324.jpg


少し遅れてきーぼーさんもいらっしゃいましたが、何故か笑顔です。

20150211_083532.jpg

ヘンタイですね。


そして奥に進むと景色が一望出来ました。

20150211_084244.jpg

少し霞んでますが、いい景色ですね~
木曽三川が一望出来ます。

きーぼーさんは逆光を気にされてましたが、写真家ではなく「記録家」の私には関係ありません(キリ


そして久々に…

20150211_084157.jpg

山頂に立ったらこのポーズを取らざるを得ません。
漢として当然の行動ですね。


少しの間景色を楽しみましたが冷たい風が吹き抜けますので、ある意味登りよりもツライ下りを行くコトにします。

途中、多度大社方面へと進むコトにしましたので、分岐のT字路で後続の方をお待ちしている時にマサカの立ちゴケ

多分ですけど、初です。
過去記憶にありません。

イヤな予感がスル…


多度大社でトイレ休憩をしようとトイレ付近でバイクを止めますが、たかじんさんが全然来ません。

まさか落車?


目の前の激坂をモノともせず路さんが様子を見に行くと…


(脚で)走って降りてきました。



20150211_091811.jpg

パンクです。
リム打ちのようです。


誰かのパンクに遭遇するのも初です。
ええ、少し前まで常時ボッチでしたから。


手際良くチューブ交換を終え、トイレを済ませリスタートです。



イヤな予感はコレだったのかな…?


しかしソレはまだこの先にあるコトをまだ知らない私…




つづく




ブログランキングに参加してます。
よろしければ応援とツキを呼ぶクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まさかあんなに多度に上りたいと思っていたなんて正直思ってもいませんでした( ゚д゚) 誰も多度のたの字も出していないのにチョー連呼してましたもんね・・・いやぁハメられました(−_−;)

ちなみにバカ話をしながらゆっくり上ってきた人達にコーナー毎に追い詰められて死にそうになりましたけど(-_-)

イロイロありましたが、今思えばまだまだ序の口でしたね、この段階では・・・(遠い目)

No title

多度山の下で立ちごけしてた事、知りませんでした。
丁度私のチェーンが落ちてた時でしょうか。
てことは、チェーン落ち→立ちごけ→パンクと10分くらいの間に立て続けにトラブル発生してたんだ!
この後も何かありそうですね~
大体わかりますけど(笑)

No title

ダイちゃん、こんばんは。
今回も色々ありましたね〜。
思えば、私だけ災難がなかったような?
やはり日頃の行いが良いからでしょうか?( ̄▽+ ̄*)

常に10分前行動を心がけている私ですが、
出発が遅れてしまい、集合時間にまにあわねばと必死だったんでしょうね。
着いてすぐ後ろにダイちゃんがいたときはもうビックリでしたΣ(゚д゚;)

やはりあのハイキングコースはおしゃべりしながらが登るのが丁度良いですね〜。

ハラン・バンジョー

 ダイさん、おはようございます。
あいかわらずの「ガッツ」、敬服しますっ!
人生も休日も「登り坂」、素晴らしいですね。

脚に気を付けて、楽しんでください。

「続き」、期待してます。

なるほど、話しながら登ったほうが辛くないんですね(^o^)誰かと走っても登りのときはほぼ一人旅なので、そういう考えはなかったです(笑)

この後も更なるアクシデントが…恐ろしい部活動ですね((((;゚Д゚)))))))

No title

こんばんわ!

さすが漢ですね(笑)
僕には登る理由が見つかりません(^^ゞ

自転車はいろいろあって面白いですねぇ

続編を楽しみにしてます(^o^)丿

たかじんさん、こんばんわ

いやホントに多度は行きたくなかったんですけどね…
いやホント仕方なくw

一緒に走った人の数だけイロイロある…コレがグループライドの醍醐味なんでしょうか♪
最近ソレにハマりつつあります\(^o^)/

きーぼーさん、こんばんわ

そうなんです。実はコッソリ立ちゴケしてたんですよね~
この後のソレは…中々のトラブルではありましたが、私にとっての悲劇はまた別のコトですw

路さん、こんばんわ

そういえば路さんだけノートラブルでしたね。
日頃の行いは私も自信があるんですが\(^o^)/

登りはホントに孤独か否かの違いは大きいです。特にアノ激坂はw
いずれにしてももう登りたくないですけども!

Re: ハラン・バンジョー

カンパチさん、こんばんわ

ガッツというよりも、皆さん登ると仰るので仕方なく…
人生も自転車も「平坦」が大好きなんですがw

脚、今のトコロはギリ大丈夫な感じですw

Libさん、こんばんわ

登りは誰かと走るとホント違いますよ!
笑いながら走れる分、気持ちがラクになれます。
一人でも笑っている人は筋金入りですが。

部活動の本領はまだまだ先にあります。
ホント、恐ろしい人達です。

ヒデさん、こんばんわ

私にも登る理由が分かりませんでしたけどw
困った人達です。

誰かと走るとその分イロイロ楽しめる自転車は本当に楽しいですよね♪
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター