空模様を読めなかった男達【回顧録】

私は空気が読める男

と、過去何回か書かせていただいておりますが…



今日は回顧録です。



私がまだブログを始める前のお話しです。

昨年の夏休み、いつものように実家へ帰省しオル兄と共に信州の山々を走りに行くコトにしました。


GWは戸隠高原とジンギスカンツーリングに行きましたので、この夏はチガウトコロを探します。

当初志賀高原へ攻めようと思いましたが、私の脚で登り切れるか不安もあり先送りします。
次回こそは…


ということで初日に選んだ場所は「斑尾高原」。

むかーし雪山を滑りに行った記憶が微かにある山です。
というより20年ホド前はスノーボードに狂っており、いろんな山に行きまくってましたのでドコの山にドレだけ行ったか記憶が曖昧です。


実は実家に集まる少し前、オル兄がまたもやホイールを買ったらしいのですが、珍しく事前情報を一切くれなかったのでナニを買ったのか知りませんでした。

実家には私の方が先に着いていましたので、あとから来たオル兄のクルマをすぐさまチェック!


すると…


んん?

見覚えのある赤いホイールバックを積んでます。
そう、山口のホイールバックです。


なんだ。結局チェレ山口で来たんか。


「んなワケねーだろ」


IMG00955.jpg


ん?
マサカ…F2Rか?

「よく見ろや。普段履きにチューブラーは使わん」


F2Aじゃねーか!


なんというナナメ上の選択!(失礼)


チェレ山口と同じハブならホイール変えても調整が云々…
ま、よく分かりませんがそういうコトのようです。

いずれにしても結構な軽さのようです。


…また登りで私をチギる気です。


そしてイザ出発。

オル兄は自分の息子(私の甥)に撮影を強制

IMG00948.jpg


この日私が履いているホイールはレーゼロです。少し古いモデルですが。

長野は山ばかり。
私の(当時)持っているRS21は重たくて柔らかいので登りには不向きです。
巡航はいいんですけどね。

ソコで少しでもラクに登れるようにD氏より拝借しました。


走り出してスグに明らかな違いを感じましたね…

ハッキリいって、走りにくいです。
RS21に慣れ過ぎたのか、固くて軽いホイールのその感覚に慣れません。

とにかくカッチカチ過ぎて…


ホイールに違和感バリバリのまま斑尾高原を目指しますが…

CA3E0586.jpg


道に迷った\(^o^)/


ガラケー派のオル兄は地図を調べるコトもなく私に丸投げです。
二人ともまだガーミンを持ってませんし。


どうにか山の入り口らしきトコロの辿り着きましたが…

IMG00949.jpg

いきなり10%から開始です。

そして私が写真を撮っている隙にパンチするオル兄。


そしてココでようやくレーゼロの本領発揮です。

平地では全く魅力を感じなかったレーゼロですが、登りではその性能を見せつけてくれました。
その固さ故か、トルクがバッチリかかってグイグイ登っていく感じがします。

明らかにRS21より登りがラクチンです。
遅さに変わりはありませんが。

加減速が多いクリテとかにも良さそうですね。


この後、約10kmに及ぶ登りが始まりますが、ブログを始める前ですしただただツライだけでしたので途中の写真もありません。

ということでイキナリ頂上です。

IMG00950.jpg

実は結構ドヤ顔してます。


そしてこの男も尋常じゃないレベルのドヤ顔です。

IMG00951.jpg

晒したいレベルのドヤ顔です。
怒られちゃうので晒せませんが。


特に寄る場所もありませんでしたので、この辺はサクっとスルーして下山します。
天気もあまりよくなかったので、雨に降られても困りますし。


そして今回も野尻湖に寄り道です。

IMG00952.jpg

写真はトイレ前。
何故か湖の写真がありません。


しかし…

ウーン…

ヤハリというか…


私のバイクに赤いホイールは、


似合わん\(^o^)/


あ、でもイチマンエンなら買うかな。



野尻湖に到着した頃にはますます雲行きがアヤシクなってきましたので、トットと帰路につきます。

「雨の日は走らん」

コレは我ら兄弟の鉄則です。



しかし!

残り10kmを切った頃、ついに!


雨が落ちてきました。



去年の夏は全国的にゲリラ豪雨に見舞われた夏でしたが、ソコまでの雨ではありませんでした。
最初ダケは。

しばらくすると本降りになり、我ら兄弟の鉄則が崩れ去りました。

下り基調で雨に濡れた路面を、慎重且つ最速で進みます。


最初は私が牽いてましたが、珍しく「代わるわ」と言ってオル兄が前に出ます。

フム…

オル兄もとにかく早く帰りたいオーラマンマンでスッ飛ばしていきますので、遅れないようにツキイチをキープしますが…


い、いてえ\(^o^)/


オル兄のタイヤから泥がハネて私の顔面にビッチビチに当たります。
半身ホド右にズレますが、ソレでも飛んできます。


そういうことか\(^o^)/


まぁ考えればワカルことなんですが、雨天走行の経験値が圧倒的に足りない私は気付きませんでした。

前を代わった理由はコレか?と聞くと、

「おう」

ずりーぞ!

「んじゃツキイチから離れろや」

それだけは出来ん!
貼り付かんと「オレの勝ちだ」とかヌカすだろ?

「当然だ」

「状況はどうあれ、勝ちは勝ちだ(キリ


ムゥ…なんと姑息なヤツ…



こうしてオル兄の泥を浴びながらようやく帰宅。

何とか同着です。


この後はシャワーを浴びる前に二人とも必死で洗車です。




せっかく実家にバイク持ち込んだんだから、空模様がビミョーでも決行しようぜ!というノリが招いた結果でした。

空気が読めても空模様が読めなければ実害は大きいのです…



この時の実家の滞在期間から、翌日も走れます。
この日の夕方には雨も上がってきましたので、回復走的な感じのお手頃な山を走るルートを検索です。


しかしその日の我ら兄弟に待ち受けていたのは…



二日目につづく。




ブログランキングに参加してます。
よろしければ応援と姑息なアイツへの鉄槌のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


-おまけ-

今日奥琵琶湖の辺りを(クルマで)通りましたが、


賤ヶ岳トンネル付近…

20150220_092153.jpg


あの並木へと続く道…

20150220_094723.jpg


そしてあの並木…

20150220_095224.jpg


…フム。

ビワイチはまだ早い\(^o^)/



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

壁】∀・)ビワイチ? チラッチラ

住友さん、こんにちわ

フッフッフ♪
お祭り\(^д^)/ダーーーー!!

か、どうかは別にして、アノ場所でジックリ打ち合わせましょう♪

さすが!

 ダイさん、おはようございます。
天候の急変は読み辛いですよね。
同じアヤマチを繰り返さないところが、オル兄様の
素晴らしいところですね。

おおいにリスペクトしてあげて下さい。

Re: さすが!

カンパチさん、こんばんわ

まぁこの日のコトは感謝というかその読みには助けられましたけどね…
リスペクトはチョット…
子供の頃のアレやコレやイロイロありますし…w
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター