初アワイチの思ひ出~前編~【回顧録】

ストックが残り僅かとなりました回顧録シリーズですが、本当は時系列的にはこのアワイチは最後でした。
ブログを始める直前に行きましたので。

しかし諸事情により、その時系列を無視して先にコレを書き、その思い出に浸り次のナニにアレしようと思い立ち、初アワイチの様子をお送りするコトとします。

※最近徐々に記憶が薄れてきております。
走った通りに写真を置いてるつもりでも変な感じになっている可能性もありますのでご了承ください。




時は昨年9月中旬。


私とオル兄、そしてP氏(仮名)の3人はついにアワイチへ行くコトとなりました。

アワイチといえば「あの」高速列車が出没するというウワサの、関西の聖地の一つに挙げられる場所…


名古屋在住の私とP氏(仮名)はまぁまぁの距離ですが、行けないホドの距離でもない。
しかし関東在住のオル兄にとっては果てしない距離のハズ…

その果てしない距離をモノともしない漢がオル兄なんですが。

というより、名古屋~淡路島間の往復はどうせ私が全部運転するコトになりますし。

え?(私と同じ名古屋在住の)P氏(仮名)ですか?

彼にはその辺のコトは

全く期待してません\(^o^)/

どうせ帰りのクルマではビールでもカッ喰らって寝るに決まってますし。


ということで、前日の夜にオル兄が我が家にお泊り。
そして当日朝4時前に出発です。

何せアワイチは150km超。しかも峠を4つホド越えなければなりません。
朝7時過ぎにはスタートしたいトコです。




ちなみにこの日、オル兄から一つ注文が。

「せっかく遠征するんだからカッコつけようぜ」

んん?
どういうことだ?

「全員ディープリム履いてコイや」

ぬ…
オレのチューブラー伝説を知らんのか…?

「スペア3本あれば何とかなるだろ」

仕方ない。
ソッチ方向にカッコつけましょ。
無論全員レプリカジャージです。




早朝の高速を全て私の運転でスッ飛ばし、

DSC_0875.jpg

あっという間に淡路島。

そして出発準備を済ませ、カッコつけ写真を。

IMG_9868.jpg

IMG01003.jpg

全員ヤル気です。

この時既に全員の胸のウチにアレを秘めていますが、ソレはまだまだ先のお話し。


どれ程の時間がかかるか分かりませんので、トットと出発します。


ちなみに、この日のアワイチルート及び昼食ポイントはある方のブログを参考にさせていただき、しかも丸パクリです。


まずはあのコンビニを目指し海っぺリを走ります。

CA3E0619.jpg

9月中旬といえば残暑バリバリの暑さです。
ジャージが塩まみれになってた人もいますし。

写真を撮りながら浮かれ気分で走り…

IMG01004.jpg


海を見ながらハイテンションで走ってるウチに到着です。

IMG_4080.jpg

バイクラックも充実してる上に外で休憩出来るとは…
まさに聖地。

ココを出ると最初の関門、水仙峡の登りです。

ん?
ルートラボで見るとチョートンガってますが、思ったホドのアレでも…

IMG01011.jpg

後ろのオル兄は満面の笑みです。
明らかなハイテンションによる疲れ知らずですね。この段階では。

ん?しかしP氏(仮名)がいませんね。
フム。

そしていろんなナニでよく見るこの場所で。

IMG01013.jpg

もういっちょ。

IMG_0762.jpg

更にもういっちょ。

IMG01016.jpg

撮るモノ撮ったらトットと出発しますが、また軽く登ります。

IMG01017.jpg

二人とも笑っております。
ヨユーシャクシャクです。



しかし。



IMG01019.jpg

一人消えました。

ムゥ…

脚溜めてやがる\(^o^)/



ココを下るとまた海っぺりの道に出ます。
ホント景色もいいし気持ちいいしでサイコーです。

IMG01021.jpg


気持ちよくサイクリングを楽しんでいても…

IMG01023.jpg

すぐパンチするヤツ。


モンキーセンターで炭酸を補給し(写真ナシ)、

海岸線を快走します。

IMG01024.jpg



そして最大の激坂「灘大川」の登りです。


ココの激坂っぷりを知らずにノーテンキに突っ込みましたので、結構精神的にガツっとやられました。
3人共坂でヒィヒィしていると、ウシロから気配が!

先程までの平坦路で10人程の集団を抜きましたが、その方たちがスグソコまで迫ってきています!


や、やべえ!

平坦でカッコつけて抜いといて登りで抜き返されるのはチョーハズカシイ…

「逃げるぞ!」

オル兄のその掛け声を号砲に加速します。
もう後ろを振り向く余裕もなくモガキます。

オル兄のパンチには敵いませんので少し遅れて頂上に着きますが、先程の人達を意識してあえてそのまま下ります。


下り切った先で登りで遅れたP氏(仮名)を待ちます。

待ちます。

…待ちます。

…待ち…


来ねえ\(^o^)/


先程の平坦で抜き、登りでも必死コイて逃げた人達が続々と降りてきますが、まだ来ない…

落車でもしたかな?と心配しながら、

IMG01025.jpg

ヒマなので写真でも撮って遊ぶコトとします。

後ろ姿も。

IMG01026.jpg

ちなみにこの写真、当然の如くオル兄に強要されました。
しかも私のスマホで撮ってます。
毎度毎度、ヤツの写真を私のスマホの保存しなければならん理由がいまだに分かりません。


なーんて遊んでるウチに例の集団が全員過ぎ去ったあと、何故か余裕コイて降りてきた男。

IMG01028.jpg


「全員に抜かれちゃったエヘヘ♪」


ウム。

知っとる\(^o^)/


何故かドヤ顔な男の写真を撮る男の写真を撮る私。

IMG01030.jpg


しかしそのドヤ顔には明らかにチカラが無い…
まだ半分でまだ登りは残ってるけど大丈夫なのか…?
もしくは三味線弾いてるのか…

それとも単にお腹空いたダケなのか…




後半へつづく。





ブログランキングに参加してます。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ほほう・・・

このタイミングでこの記事ですか。

ほほう・・・( ☆∀☆)

灘大川を抜けた後、ドヤ顔にチカラが無い?
そのパターンは非常にマズそうな予感が・・・
えぇ、僕の初めてのアワイチもそんな感じでしたから(笑)

住友さん、こんばんわ

アワイチは清々しい海岸線とキッツイ4つの登り、というイメージしか残ってないので、次は清く正しく走りたいモノです…チラチラ

しかし住友さんのチカラの無い顔は想像出来ませんね\(^o^)/
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター