その場所へ行かなければ見えない景色

自転車乗りの朝は早い…

20150309_050142.jpg



既に多くの想い出をいただいた住友さんご提案による「播州ツーリング」。

この日私は相生に宿泊し、更なる想い出を胸と胃に刻むコトになりました。


二日目は早朝よりライドを開始。


そう、

行くぜモー万隊\(^o^)/


唯一の不安は天気でしたが、どうやら9時頃までは大丈夫そう。


そしてこの日のモー万にはだるまマスターさんもご一緒してくださいます。



トットと朝食を済ませライド準備をして…

20150309_054653.jpg

開店前のだるま珈琲へと向かいます。


そして開店前のだるま珈琲店内へ…

20150309_055331.jpg

開店前なのに既に薫る珈琲の香り…


コギコギさんや住友さんの記事を見て、だるま珈琲へと脚を運ぶサイクリストの方もいらっしゃるコトと存じますが、開店前に香りを愉しんだビジターの自転車乗りは少ないのでは…♪



ちなみにだるまマスターさんのバイクは店内に置いてあります。

バーテープの擦り減り具合…常に設置されているガチライト…

毎朝毎朝いつもいつも登っている姿が容易に想像出来ます。


オソルベシ\(^o^)/


ま、登りはチギられるのが分かってますので一切気にしません。



準備を整え住友さんを先頭に「万葉の岬」へと向かいますが…


ん…?

アレ…?

何でだろう…?


朝からオニ牽き\(^o^)/


この人は昨日の疲れとか無いのかな?

もしくは、


モロ三味線弾いてやがったか\(^o^)/


多分ソレでしょう。
間違いありません。

本当に底が知れません。


私の唯一の生きる道「平坦路」なのにチギれそうになります。

しかもスグ後ろからはだるまマスターさんが私をピッタリマーク。


チギれるコトすら許されんとは…


オソルベシ\(^o^)/


後にだるまマスターさんは語ります。

「いや~、どんな牽きに会うか心配してましたけど…」


え?

「けど」?


まだまだ余裕というコトですか…


オソルベシ\(^o^)/



しばらく進むと道が登り始めます。
でもグイグイ行く住友さん。
「おせーな」と言わんばかりのツキイチをキープするだるまマスターさん。

コレでまだ始まりじゃないのか…

心が折れかけた頃、ようやく入口に到着です。

20150309_061537.jpg

この先が、あのの紳士すらハァハァさせたという、「ハァハァおじさん養殖場」…


ココを登り倒しているだるまマスターさんを、走る時間が限られているだるまマスターさんを遅い私に付き合わせるワケにはいきませんので、「お先に行っちゃってください」と言うとスグに視界から消えるだるまマスター。

住友さんは私のノンビリクライムに付き合ってくれますが、ソコに現るハァハァおじさんは私一人


チラチラとだるまマスターさんの姿が見えると、ウズウズする住友さん。

「フム…マスターの姿が見えるな…フム。」

行っちゃってくださいと言うと一気にダンシングで加速する住友さん。


コリャモノが違い過ぎですね。
この人が二之瀬や雨沢でホンキ出したらどうなるんだ?


ま、そもそも私が登れなさ過ぎるというウワサもありますけどね…



そして辿り着いたその場所。

20150309_062448.jpg

「おおおお・・・・・・・」

20150309_062709.jpg

「おおおお・・・・・・・」


昨日の観音堂も実に見事でしたが、ここもまた実に見事な景色…
言葉が出ません。


すると住友さんが教えてくれます。


「ダイさん、音を聞いてください。この音がいいんです。」



静寂な早朝の海に響く船の音。

この素晴らしい景色とその音が合わさることによって完成する「最高の景色」。


写真では伝わらない絶景がここにはありました。


これはこの場所に来なければ味わうことの出来ない景色…
音を楽しむ景色…

本当に素晴らしい景色です。




しかしふと気付くと先に登ったハズのだるまマスターさんがいません。
アレ?
オカワリ万葉かな?

あ、キタキタ♪

20150309_062543.jpg

オカワリですかな?

「いや~チョットそこまで♪」

オカワリ疑惑の真相は闇の中です。


オソルベシ\(^o^)/




そして日の出を待つコトにしましたが、この日は生憎の曇り空。
雲の切れ間もありますので、何とか太陽を拝みたいと願いますが…

待っている間は周辺を散策します。

案内板や…

20150309_063747.jpg

石碑…

20150309_064254.jpg

20150309_064315.jpg

そして私がこの後食べる牡蠣の筏♪

20150309_064121.jpg


だるまマスターさんが開店準備をする時間になりましたので、先に帰路につきます。
もう日の出の時間は過ぎてますが、太陽が見える気配はありません。

とても残念ですが、曇り空の奥から薄っすら見える陽の光も、この海を彩る景色の一つ。
晴天の日の出は次の楽しみとして残しておきましょう。


万葉の岬を降りる前にココでも。

20150309_071606.jpg

たまにはアングルを変えて。

20150309_071636.jpg

ちなみにこのアングルでの撮影にはある理由があるんですが、私のクチからは言えません。
以前平田クリテ会場で初めてお会いした「アノ方」の言葉…とダケ記しておきます。
「ソノ方」にはそろそろ美濃路に連れてっていただきたいですね♪チラチラ


それにしても瀬戸内の海には「マル臨ジャージ」がよく似合う…神戸の人ですが。

20150309_071805.jpg


少し下るとまた違う顔を見せてくれる海。

20150309_072104.jpg


万葉岬を下り次の場所へと向かいますが、その場所へと向かう道こそが「はりまシーサイドロード」です。「七曲り」とも言うそうです。

しかしココで住友さんがまさかのオニ牽き♪

曲がりくねってアップダウンのある海岸線をグイグイ走り抜けます。
海側ではなかったとはいえ、写真など撮る隙など1mmも与えません。

チギられそうになるのを必死で耐えます。
私のモモ筋もケツ筋も昨日のライドでダメージアリアリですが、住友さんには全く無い様子。

オソルベシ\(^o^)/


おかげさまであっという間に次の目的地へ到着。

20150309_075239.jpg

コレでは分かりませんよね。
でも潮が引いた後に波紋?風紋?が出来ているのも中々…

そして海沿いをマターリ…

20150309_075535.jpg


「この先に行くとマターリ出来ませんけど♪」

キタ…

ドSモード\(^o^)/


気付いたらgkzk(激坂)を登らされ…

20150309_075953.jpg


コレはオマケ。

20150309_080006.jpg


住友さんが私に見せたかった景色がコレ!

20150309_080617.jpg

そう、

「新舞子」です。


これまた素晴らしい景色…


しかもちょうど引き潮の時間帯。
まだまだ引くようですが。


それにしても本当に色んな顔を持つ海ですね。



そして私は一つの法則に気付いたのです。

観音堂然り…万葉岬然り…新舞子然り…


絶景はgkzkの上に成り立っている!


…ならば登らねば仕方ないでしょう。
坂嫌いの私ですらそう思います。

いや、そう納得させる景色がここにはあります。



雨が心配なのでトットと出発します。

再び住友さんのドS牽きで「はりまシーサイドロード」を駆け抜けます。

今度は海側を走るので「道の駅 みつ」にも立ち寄ります。


すると額縁の中にあるかのような景色を見せる場所がありました。

20150309_082551.jpg

イロイロと楽しませてくれますね。



とにかく雨がコワイので更に次の場所へGO!します。

菜の花畑の中を通り…

20150309_080933.jpg


「なのはなまつり」の陣旗の後ろにあるのが「梅の木」という妙を楽しんだり…

20150309_081151.jpg


ココでも「アノ方」の影響で梅の花を寄って撮ってみたり…

20150309_081249.jpg


途中、「あの坂登っとく?」とドSップリにビビらされたり…

20150309_081625.jpg

雨が降りそうなので仕方なくスルーしましたが。
ええ、晴れてれば鼻唄まじりでスイスイですね(キリ
もちろんウソですスミマセン。


そして次の目的地に着きました。

20150309_083814.jpg

ええ、そうです。
ココもgkzkの先にあります。

gkzk過ぎてダンシングするとタイヤが空回りします。
でもシッティングでは登れる気がしません。


ソコにあるのは…

20150309_084057.jpg

「賀茂神社」です。
自転車のお守りがある神社ですね。

20150309_084352.jpg

朝早過ぎてまだ授かれませんが。


まずはお参りをして…

20150309_084228.jpg

境内を散策します。


私と住友さんを…ウヒウヒ♪

20150309_084532.jpg


なーんてノンビリしてるとついに雨が降ってきました。

こりゃイカン!とスグにホテルへと戻ります。


そうです。
まだチェックアウト時間の前なんです。


自転車乗りの朝は早い…(キリ


でも漁港も押さえつつ…

20150309_084955.jpg

最速で帰ります。
住友さんのオニ牽きで。



最後は結構な雨に降られましたが、コレにて二日間に及ぶ「播州ツーリング」は終わってしまいました。

もっともっと走りたい…
違う季節にも走りたい…

また必ず来るコトを心に固く誓います。





でも今回の私の旅はまだ終わらない…



いや、むしろ


本番はココから☆DA!\(^o^)/





つづく!

つづくぅ!


つづくう



食う!





ブログランキングに参加してます。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「ハァハァおじさん養殖場」...何という的を得た表現でしょう!
その繁殖力たるや想像を絶するものであります。
住友輪業さん、やはりオニ牽きですか?いつも軽く千切られちゃうんです(>_<)

やだな~、鬼牽きなんてしてないですよ!

>ま、そもそも私が登れなさ過ぎるというウワサ

これも違いますね!
そもそもダイさんが三味線を弾き過ぎているというウワサ
こうでしょう!

ま、表現の内容についてはこのくらいにしておいて、雨で早めに終わってしまった今回のライド。
ホテルまでの帰り道は名残惜しい気持ちでいっぱいでした。
この2日で僕が神戸から相生へ足しげく通う理由、ダイさんにも分かったでしょ?
西播磨には海にも山にもいいコースがたくさんあります。
また一緒に走りましょうね!
そのときまでに、僕も『新型』になっていられるように頑張りまーす♪

No title

一度しか行っていないのに,思い出深い景色ばかり。

それにしても,こんな記事の書き方ではダイちゃんが「登れない人」みたいに読めてしまう…。

少なくとも,「ぼくでは着いていけない速度で登る人」であることははっきり書いておかねばと思い,筆を執りました。

No title

べべんべん♪

美濃を走りたければ、エージェント痢鬼に連絡を!

こんばんは〜
短い時間でしたが、ご一緒出来楽しかったです
今度はもう少し長く行きたいですね
お手柔らかにお願いします
…(^◇^;)

タイプRさん、こんばんわ

住友さんは朝がお強いようで、朝からオニ牽きでした。
もしくはアノ方のアップが私の全開と同じ、という可能性も大いにありますね。

そしてそのイキオイで万葉岬ですから、ハァハァしないワケがありません\(^o^)/

住友さん、こんばんわ

アレがオニ牽きじゃないとなるとホンキ出したら一体…

最後の雨はザンネンではありましたがアレもまた想い出を彩る演出ですね。
住友さんが足しげく通う理由は、たった二日間のライドでも十分過ぎる程分かりましたw

一度行った者を虜にする魅力が溢れ、また必ず行くと誓ってしまいますね。

でも住友さんは「新型」じゃなくても既にアレなのでホドホドで…

リキさん、こんばんわ

一度しか行ってないのに想い出に刻まれる場所でしたね。
必ずまた行きます。モチロン今度はリキさんと!
なにせ負け越してますから(笑)

で、そんな筆は取らなくても大丈夫です\(^o^)/
登りが大の苦手なのは事実ですし(笑)

なかさん、こんばんわ
お久しぶりです!

了解です(笑)
エージェントを通じて依頼しますね\(^o^)/

だるまマスターさん、こんばんわ
コメントありがとうございます!

あの短い時間で垣間見ただるまマスターさんの走り…次は心して行かないとイカンと思いました。

日が伸びればモー万からのチョイライド行けそうですね。
次も是非よろしくお願いします!

2回も長居させていただき、そして美味しいコーヒーをありがとうございました。

たかじんさん、こんばんわ

チョ…たかじんさんまで…

たかじんさんの方が遥かに奏者としては上ですけどね♪


イヤチガウ。
私はそもそも弾いていない。

No title

 ダイさん、こんばんは。
画像からも 筆舌に尽くしがたい感じが伝わってきます。
まさにサイコーですな。

カンパチさん、こんばんわ

カンパチさんも牡蠣ドコロのお近くですよね?
是非味比べしてみてください(笑)

とにかく旨い!
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター