自転車乗りは3回転

昔から「ニワトリは三歩で忘れる」と言われますが、では自転車乗りは…?



今回はそんなお話。







3月29日(日)のコト。

お友達の路さんが「菰野ヒルクライム」に出るというコトで、それならばヒヤカ…応援に行こうというコトになりました。


翌々週には「伊吹山ヒルクライム」もありますので、その調整も兼ねて二之瀬経由で行こうかなーって感じで考えてました。
するとたかじんさんが「カエルまでなら付き合うよ」というコトでソコまでご一緒するコトに。


しかし天気がビミョーです。
前日の土曜日は晴れていたのにこの日は雨予報。

路さんは出る気マンマンのご様子でしたが、下山時間を狙って行く私にはキビシイ天気予報。


この前日は急遽有休を取りガッツリ走っちゃったので家でマターリと脚を休めようかな…と思いつつも、お誘いしといて「疲れてるし天気ビミョーだしナシにしましょう」なーんてクチが裂けても言えないので、私もカエルまでにして雨が降らないウチに帰ろうというコトに。


何時集合にします?

たかじんさんに聞くと、

「6時ですね」


たかじんさんの朝は異常に早い…


こうなったら集合場所まではクルマでGO。
脚もバッキバキで何時間かかるか見当もつきませんし。



というコトで前日のウチに準備を整えて…

20150329_045431.jpg

ソロでは決して起きない時間に起床。


外を見ると、

20150329_045341.jpg

まだ暗いです。

分かりにくいですが、天気は何とかなりそうな感じです。


サクっと準備してビューっと走ってあっという間に「立田ふれあいの里」到着。

20150329_060107.jpg

朝陽が素晴らしいですね。

ただチョット雲がキニナル…


二之瀬方面もチェックします。

20150329_060113.jpg

ビミョー…



ノンビリと写真など撮っていたせいで若干遅れ気味でたかじんさんと合流します。


ん?


20150329_060817.jpg

サドルが戻っとる。
アレはお気に召さなかったのかな?


ココでたかじんさんに一つお断りを入れておくコトに。

前日、結構追い込んで走っちゃったので脚がバッキバキパンパンなんです。
脚に全然チカラが入らないので、マジでお手柔らかにお願いしますね。
風もナカナカ吹いているので背割もナシで。


「リョウカイデス」


ココまでキッチリとアップを済ませてきたたかじんには若干物足りないご様子。


この日はたかじんさんも時間があまり無いとのコトだったのでシブシブ承諾いただき、最短ルートでマターリと二之瀬を目指すコトにしました。



が!


20150329_062034.jpg

いきなりカッ飛んでいきます。

場所が背割から農道に変わったダケで、その速度はまさにTTさながら。


ノンビリと農道の写真を撮りつつ、たかじんさんとマターリライドの記録を残そうと思った矢先の出来事でした。

前から結構な風も吹いているのでツキイチを離れると今日の私の脚では二之瀬までもちません。


ヤバい!と思いながらたかじんさんを追いますが何故か背中が遠くなります。
この時点で既に30km/hオーバー。

ま、まじか…

スタートしてまだ数kmですが、脚を使い切るつもりで猛ダッシュ。
37km/hまで上げてもまだ近付きません。




ホンの数分前にしたお願い、


既に記憶に無い様子\(^o^)/



ペダルを3回ホド回したら忘れてしまったようです。



ようやく信号で引っ掛かり止まってくれました。

念の為再度確認しておきます。


さっきも言いましたが、マジで脚パンなんですよ…
もっとゆっくり行きませんか…?


「リョウカイデス」


よし。
今度こそ大丈夫でしょ。



・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




やっぱ3回転だ\(^o^)/




一生懸命踏んでも脚は回らず、心拍も全然上がらずという、完全に終わっている状態の私…
本来であれば回復走に充てたい日ですが、たかじんさんには一切の遠慮は見受けられません。

というよりペダル3回転で記憶がトブようです。
コレはたかじんさんが、というより自転車乗りの特性でしょうか。

無論私は該当しません。

並み居るヘンタイさん達と私如きを同列に考えるような失礼なコトは致しません。




いずれにしても、このオニ牽きっぷり…


ありがたいですね\(^o^)/



コレを乗り越えた時、私は一歩強くなれ…



この時はそんなコトを考える余裕など一切ナシ。

何とかこの日のライドを凌ぐコトしか考えてませんでした。



登る前から既にヘロヘロの状態で入口に到着。

20150329_070116.jpg

二日連続で来るコト自体が初です。
一日で2本も3本も4本も5本も登る人は完全にアレですね。アレ。

今日の私には地獄への入り口にしか見えません。


そして私とはチト違うスタート地点で一旦停止。

20150329_070317.jpg



するとたかじんさんがワケのワカランコトを聞いてきます。


「どうする?」


ナニがですか?\(^o^)/


始まる前から脚終わっとると、朝イチから言うておりますでしょうに。

ホント、3回転で…


ただソレは私の勝手な都合。
フレッシュで登り大好きたかじんさんには、私なんぞチギり倒してアゲアゲで登っていただきたいトコロ。
頂上でお待ちいただけるのであれば。


その旨お伝えすると、

「会話でも楽しみつつ一緒にマターリでもいいですよ」




私は空気が読める男。



これは私を後ろから煽り倒し、トコトン追い込もうという魂胆だな…?
しかしそんな手には乗りません。

そもそも、例え私がフレッシュだったとしても、登りでたかじんさんと張り合えるハズもありません。
ということで本格的な登りが始まる前に仕掛ける必要があります。


そして…


では行きましょう!

と私が先陣を切ります。


そして渾身のチカラを込めての猛ダッシュ!

しかし余裕シャクシャクでツキイチをキープするたかじんさん。



よし!貼り付いとる!

作戦通り!



そして私の仕事は300mで終了です。

ココでたかじんさんに「どうぞ!」と声を掛け切り離しに成功!

20150329_070912.jpg

あっという間に消えて行くたかじんさん。

ココ最近、ご一緒する方がこの辺りで私の視界から消えて行くコトが多い気がします。
オソロシイ人達ばかりですね。

そして私の登りの遅さを証明してますね。



たかじんさんの煽りから解放された私は、過去の二之瀬ライドにおいて自分史上二番目の遅さで登ります。
一番目は諸事情により封印してます。






そしてこの日の庭田山山頂には…








自分で書いておいてナンですが、思った以上に長くなっちゃったので今日はココまでにします。



ということで次回につづく。







ブログランキングに参加してます。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ツッコミどころがたくさんあり過ぎて・・・大爆笑\(^o^)/

ホント

頼んますよ( ̄Д ̄)ノ

でも

「真実は一つ」ですからね( ̄+ー ̄)

相手がダイちゃんだとたかじんさんのスイッチが入りますね(笑)
貧脚な私にはとっても優しいですよ…
スタート直後からの鬼牽きが目に浮かびます(^L^)

No title

ふむ、どうやらポタリンガーの私と真のローディさん達のマターリの間には越えられない壁があるようですね。

私のマターリは一般人のソレより遅いですから~

No title

素晴らしいリードアウトぶりですね!
仕事を終えたアシストはタイムアウトにならないように上るだけですからね~。

二之瀬は30分で上れば上々です!
合言葉はインナーロー!ww

No title

面白い人ですね。
本人はつらそうですね。
見てる側は面白かったです。
途中で足が切れた経験があるコースで足を温存したかったのですが、チームに所属してる早い人が居てその人についていくのに力を使ってしまった経験があります。

たかじんさん、こんばんわ

> ツッコミどころがたくさんあり過ぎて・・・大爆笑\(^o^)/
お♪
気が合いますね。
私もたかじんさんの記事を見た時、全く同じ感想でした\(^o^)/

そして確かに「真実は一つ」です。
私の記事の中にある、私をチギりまくるたかじんさんの写真がその証拠ですよね~

あーヨカッタ。
理解してもらえて♪

きーぼーさん、こんばんわ

毎日ローラー回してるきーぼーさんに優しくする理由などあるハズもないのに、ですか(笑)
要はそれだけきーぼーさんが三味線を弾くのがウマい、と。

どうやら私の周りには奏者しか居ないようです。
私ダケですね。いつも真剣なのは。

Fosettaさん、こんばんわ

おや?
Fosettaさんまで三味線をお弾きになるんですね。

ココは演奏部屋ではありませんよ?(笑)

shigaさん、こんばんわ

もうちょっと牽かないと発射台としては力不足でしょうね…
幼稚園?を過ぎたあたりまで牽ければよかったんですがw

そしてたかじんさんを基準に考えれば明らかなタイムアウトでした\(^o^)/

としさん、初めまして
コメントありがとうございます。

「私は」この日は一日辛かったです。
やっぱり強い人と走る時は脚を整えて臨まないとダメですね。

純度

 ダイさん、おはようございます。

 シャミをクリックするとき、どうしても笑って
しまう今日このごろですが、ダイズ走行会にダイ
ズさんの言われるところの「ヘンタイ」の皆さん
が参加されるのは、ダイズさんの本当の実力を知
りたいからなんじゃないですか。

シャミセンの向こうに見え隠れしているダイさん
の脚が、メッキなのか純金なのか知りたい思いが
皆さんを駆り立てていると思いますよ。

Re: 純度

カンパチさん、こんばんわ

まぁそもそも三味線自体も実力以上の脚に見せるブラフですから、メッキにすら覆われていないという…

私の実力なんてそんなモンです\(^o^)/
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター