ダメージonダメージ

前回からのつづきです。





私の作戦通りたかじんさんを切り離すコトに成功した二之瀬入口。

20150329_070912.jpg

本当に「会話でも楽しみながら登る」と考えてる人ならば一緒に減速するハズですが、むしろ加速していったたかじんさん。


オソルベシですね\(^o^)/


ハナから煽る気マンマンだったコトが伺えます。



余計なプレッシャーから解放された私は、とにかく登り切るコトだけを考えてエッチラオッチラ登ります。

途中で写真を撮ったりしながら。

20150329_071454.jpg



キンニクが悲鳴を上げてますが、ダンシングしたり傾斜が緩むトコロでキッチリ脚を休めたりしながら何とか進んでいきます。
当然たかじんさんの姿は一切見るコトは叶いませんが、その分完全な諦めモードで走れるのでお気楽そのものです。


しかしあるポイントに差し掛かると、遥か上を走る道を望むコトが出来るので、目を凝らしてその姿を探すと…

20150329_071928.jpg

肉眼では確認出来たので、ドコかにたかじんさんがいるハズです。


途中、事故ったクルマが積車に乗せられて下山してましたが、決して他人事ではありません。
私も気をつけないと、ですね。

この日はいつもより早い時間にココに来たためか、クルマやバイクでブイブイいわしてる人が多く感じました。
乗りモノ問わず、皆さん朝から元気です。


この日は完全マターリクライムなので途中の写真も撮ろうと思いましたが…

20150329_072636.jpg

目の前の気が邪魔をしてビミョーな写真に。

足を着くコトだけは避けたかったので止まって撮るコトはしませんし、別のポイントから撮るのもメンドクサイのでコレで妥協です。


いつもは最後のヘアピンを過ぎた辺りからゴールまでの勾配が緩むトコロで最後のチカラを振り絞り加速させますが、この日はソレもムリでした。
最後までマターリマターリと登り切ります。


すると山頂で一人のローディさんと談笑するたかじんさん。

むむ?

金魚を背負ってる…
イヤな予感しかしない…


その方はryuさんです。

ヘロヘロだった私はryuさんの写真を撮るコトも出来ませんでしたが。


しかしブロガーとしてココの写真ダケは押さえます。

20150329_073750.jpg


ちなみに、タイムは前日に更新したベストから5分ホド遅れてます。

6kmで5分…
この日の私の脚具合をご理解いただけますでしょうか?

たかじんさんには全くご理解いただけず、でしたが。
いや、理解しててあえて…という可能性もありますね。



いつものたかじんさんであればココでオカワリ二之瀬3杯でしょうけども、天気に不安があるので渋々カエルへ向かうコトに。

そしてryuさんもココからはご一緒して下さるとのコト。


む…


たかじんさんを見ている限り、金魚を背負う人には恐怖しか感じない…
ココまでたかじんさん一人に散々引き摺り回されて来たのに、ココからは二人に…



覚悟を決めねばなるまい。




下りはゆっくり行きましょうね♪」

そう言い放つたかじんさん。



…やはり覚悟が必要なようだ。



その言葉通り、裏二之瀬は安全な車間とスピードで順調に下っていきます。



が!



自販機ポイントを過ぎたあたりでryuさんが一気に加速!

たかじんさんの前に躍り出ます。


ムゥ…

コレは!


私は空気を読む男。



先頭をローテーションして高速巡行を続ける気だな?

ならば!


渾身のチカラを振り絞りryuさんの前に出ます。


ヨシ!

次はたかじんさんの番だな!


たかじんさん!はよ!


たかじ…


た…



んん?




誰も来ねえ\(^o^)/


お二人ともキッチリとツキイチをキープされております。



脚がオワテル私のツキイチをキープする、フレッシュな男達…

コレが洗礼というヤツか…


今後もこの界隈で金魚を背負う人を見掛けたら気をつけねばイカンですね。
極力近付かないようにしよう。
いや、私の脚如きでは近付くコトすら敵わないから大丈夫かな。


そして私がいつも走るルートとは若干違う道を通って向かうカエル。

集落の中を抜けて行きますが、結構登ってるんですよね…

20150329_080624.jpg

お二人ともアウター縛りとかいうヘンタイ行為のままゴリゴリ登っていきます。

インナーローの私は全くついて行くコトが出来ません。


二つの集落を超えようやく下り基調でイケルかな~と思うと、お二人とも当然のように更に登るルートを選択します。


え…?
こっち(下り基調ルート)行かないんですか…?


「ええ。だってソッチは新道ですし。旧道ですよね?普通。」



意味ワカラン\(^o^)/



私の脚がオワテルという話は全く聞き入れてもらえません。


ヘロヘロの上に更に脚を削られつつようやくカエルに到着です。

20150329_082612.jpg


ココで今日のライドの本来の目的を果たすべく、菰野ヒルクライムへと臨む路さんへエールを送ります。

20150329_082630.jpg

時間的にもスタート前のハズ。
私の声が届くといいんですが。


声が届いたかどうかは別として、アチラ側では既に雨が降り始めた様子。

ならばコチラもヤバい、というコトでトットと帰路につきます。


たかじんさんから、最短ルートで行きましょう!というコトで、ココからもいつもとチト違うルートを走ります。



が!



20150329_084125.jpg


まーた登る…

私の脚の終わり具合からすると、登ると余計に遅くなる気が…
いや、サラ脚でも私に登らせるというコトは遅れを意味するというのに…


お二人は嬉々として走っていましたけどね。


この後、下り基調になる県道5号に出るとまたたかじんさんがアゲて走り始めます。


コレはマズイ…


この先には若干の登りが残っています。
このペースのまま行くと、確実にその登りでチギられる…


ヤルしかない!


最後尾を走る私はまず後ろをチェック!
ヨシ!しばらくクルマは来ない!

ココで一気にお二人をパスします。

この日のゴールも間近ですし、さっきの裏二之瀬とは違いお二人とも反応するハズ!



すると…



まずはryuさんが

「ナカナカやりますな~♪」

チョーヨユーの笑みでそう言い放ちながら私をパスします。



そしてスグにたかじんさんも私をパス。



ヨシ!
作戦通り!


その登りはスグソコです。


その直前でお二人は加速。
私は減速して脚を溜める。


こうして何とかその登りでチギられるコトなく、お二人の後ろを走るコトに成功しました。



そしてソコで終わりかと思わせつつ、最後にホンのチョットダケ登るポイントで、お二人の心の隙を突き一気に加速。


少しは爪痕を残せたかな?
次にお会いした時に忘れられてもカナシイですしね。



この後、多度大社前の交差点でたかじんさんに確認します。

直進ですか?左折(多度大社方面)ですか?




「左折しましょう。じゃないと多度山登れませんし。」




もう大爆笑\(^o^)/




もう笑うしかありません。
行く行かないじゃないんです。

発想が完全にイカレてますね。

常にそういう選択肢をアタマに入れて無いとそんな発想は生まれません。
現に私は一切思っていませんでしたし。


コレを真に受けるとホントに登るハメになるので、とにかく笑ってやり過ごします。


「あ、ちょっとストップ!」

ん?マジで登る気なのか?
その前の休憩なのか?


「ココで美味しい大福が食べれるらしいですよ」

20150329_085528.jpg


ホゥ…
大福とはサイコーですな♪


そして買ったのはコレ。

20150329_085511.jpg

「クリーム大福」です。


コレは…


旨い!


つぶあんとクリームが入った大福ですが、かなり美味しいです。
お土産で家に買って帰ろうか悩むホドでした。
無論私のオカワリ分も含めて。

と、帰宅後に娘に言ったら「何で買ってこなかったんだ?」と…



雨もチラついてきたので食べたら即GOです。


そして多度山に向かう交差点でryuさんとお別れです。
無論、多度山入口へ向かうryuさん。

まだ登り足りないのか…
ホント、オソルベシですね…


この後、何とか雨に降られずに「立田ふれあいの里」に到着です。

20150329_092106.jpg

西の空模様がかなりアヤシイ感じになってきました。


帰り道で雨に降られてもアレなので、たかじんさんにクルマでお送りしましょうか?とお聞きするも、「大丈夫です♪」とのコト。

今日一日、私のド貧脚に付き合わせてしまったので、どうやらサラ脚そのもののご様子。
クルマより自分で走った方が速いとのご判断でしょう。


フレッシュに走り去るたかじんさんをお見送りして、

20150329_092101.jpg

私はクルマで帰宅。



この日、走った距離は前日の半分以下。

しかしスタート早々から最後まで終始削られ続け、結局、前日ダメージを負った脚に更にダメージを負うコトになった日に。



たかじんさん、ryuさん、


イイ修行、ありがとうございました\(^o^)/




いずれちゃんとついてイケるように日々精進します。
また遊んでください♪






【走行距離】54.1km
【獲得標高】809m


【今日の学び】
自転車乗りの「近道」には気をつけよう




それにしても、この距離でこの疲労度…
オソロシイ人達ですね…






ブログランキングに参加してます。
よろしければ応援と疲労回復のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あんなところに・・・

 ダイさん、おはようございます。

二ノ瀬峠鬼牽きトレーニングお疲れ様です。

はるか高いところにガードレールの画像が
ありましたが、あそこを走るんですね。

私的には、チーン ですな。ええ、即死です。

 どっかで、練習しよ。

No title

つぶあんとクリームが入った大福美味しそうです。

個人的にクリームとあんこのタッグは最強だと思うんですよね、食べたいです!

お疲れさまでした♪
いやぁ、あのニノウラと多度への道のダイちゃんの弾きには参りました! のんびり行こって言ってのんびり走ると、間髪入れずに前に出ましたもんね・・・休むとこナシ(T_T)

またお願いしますね〜(ダイちゃんが脚パンの時に)

Re: あんなところに・・・

カンパチさん、こんにちわ
そして今回は本当にスミマセンでした。
次こそは必ず!

二之瀬は走る先が見えて心が折れますので、その練習がオススメです。

Fosettaさん、こんにちわ

このクリーム大福は本当に美味しいですよ!
お店がやってる時間に通るコトが出来れば必ず寄ろうと決めましたw

たかじんさん、こんにちわ

アレは単に空気を読んだ結果ですね。
脚が完全に終わってましたので、ホンの一瞬のみの輝きを放ち即撃沈という、典型的なナニでした\(^o^)/

いつか終始ついてイケるように日々鍛えるという妄想に励みます。

No title

お邪魔しま~す♪
先日は、ありがとうございました!

大福美味しかったですね!

次回は多度付で行きましょう♪
(ウソです)

またお願いしま~す(^^v

ryuさん、こんばんわ
先日はありがとうございました!

今度は万全の脚の時に…ってどうせチギられるので言い訳出来る脚パンの時にします(笑)
多度は麓で待ってますけども♪

また一緒に遊んでください。
よろしくお願いします♪
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター