ビワイチで壁越えにチャレンジ

何事にも「壁」というモノが存在します。

「何事にも」というと範囲が広すぎるのでとりあえず私が過去感じた趣味の分野のお話を。


まずは波乗りで感じた「壁」

あの遊びにおける最初の難関は「パドリングが出来ない」というコトです。

板の上に寝っ転がって腕をクルクルするだけでしょ?とお思いの方も多いと思います。私もそうでした。
しかし波乗りをする海には当然波があります。
海面がユラユラしています。

そのユラユラした海面の上に板を浮かべてミゾオチ付近の1点のみでバランスを取りつつ、腕をクルクルさせる作業は初心者には非常に困難なんです。

そう思うとトライアスロンなどで海を泳ぐ競技というのは、私にはとても信じられません。
海で泳ぐというコトはプールのソレとは大きく異なりますからね…


そして何とかソレが出来たとしても波を超えて沖に出れない。
沖に出れたとしても波を捕まえられない。

私の経験では、多くの人がここまでの段階で諦めてやめていきます。
教え方が雑だったと言われればそれまでですが。


更には波を捕まえたとしても立てない。
立てたとしても波に沿って走れない。


この先にも壁はありますが、この先は今日のお話とはチト違ってくるのでココまでにします。




そして本題のロードバイクにおける「壁」

まずは購入からして「壁」ですよね。
ショップの店員さんは総じて愛想が良くないですし。
あ、誤解されるといけませんので、「愛想」が良くないだけで親切な店員さんは非常に多いと思いますよ。

そしてウェアの「壁」
ピチピチの服にヘルメットという異様なビジュアル。
そしてビンディングシューズ。

ようやく走り出すと、最初は50㎞でもヒィヒィ。
そして走行距離100km・160km・200kmの「壁」

更には巡航走行速度25km/h・30km/hの「壁」


ドコの峠では何分以下が一人前とかのお話は、私が登りに全く興味が無いコトとあまりに個別過ぎるので割愛します。




ダラダラと前置きを書きましたが、私には一度チャレンジしたかった「壁」がありました。

ソレが「ビワイチAve30km/h」の「壁」です。



過去3回のビワイチに行っていますが(いずれも北湖のみ)、最も頑張った昨年秋の時も全く届かず。
強風が吹き荒れていたコトと日本海まで海を見に行ったコトが影響したかもですが、ソレは言い訳に過ぎません。


今年のウチにはチャレンジしたいな~と漠然と思っていましたが、先日の西播磨からのお友達をお迎えしてのライドの際、デリさんから聞かれたあるコトがきっかけになりました。

「ダイさん、モリコロ出るの?」

む…
独りで出てもサミシイので今回はエントリーしなかったんですが、SHOROsの皆さんは結構参戦されたようです。

KTMさんにも先日
「この辺のイベントは誰かは出てると思うよ」

というお言葉をいただき、私はもう独りじゃないと改めて気付いた次第です。


モリコロは5月の鈴鹿に向けた現状確認にちょうどいいので出たかったんですが、後の祭り…

ならば代わりに平坦ルートを延々走れる場所へ行こう!と思い、モリコロイベントと同じ週末にビワイチへ行くコトを決意しました。


その身勝手な思い付きにご一緒して下さるのが路さんきーぼーさん

最初は南湖も含めたフルビワイチも考えましたが、走ったコト無い道行くのもメンドクサイ
南湖方面はあの「コメントキング」様にいずれご案内いただくとして、今回はやっぱり北湖のみ。

しかしクライマーの路さんとブルべに目覚めたきーぼーさんに、私のワガママで平坦のみを淡々と走らせるワケにもいきません。


というコトで!


私も走ったコトのない「奥琵琶湖パークウェイ」も走ろうというコトに。
ソコソコ登りますが、多少はこういうアレが無いとシゲキが少なくて飽きちゃいますしね。

しかし奥琵琶湖パークウェイは一方通行です。
反時計回りで走る予定なので、そのまま走ると逆走になってしまい、非常に危険です。

ってコトでこういう感じで走るコトにしました。

20150418obpw.jpg

おかげで思いのほか距離が伸びちゃいましたけど。


無論「あの並木」も押さえます。






というコトで当日。

20150418_033931.jpg

チャレンジに浮かれて早く目が覚めてしまった私。
睡眠時間4時間で大丈夫なのか…?


でも空はとてもいい天気。

20150418_050304.jpg


きーぼーさんと路さんと合流し、3人3台をクルマに詰め込み一路琵琶湖へ。


あっ!



という間に彦根に到着。

20150418_063637.jpg


ココで最もヤル気を見せたのはきーぼーさん。

20150418_065107.jpg

漢のナマ脚です。
確かこの時の気温は6℃前後でしたが。


日中は暖かくなるとの予報ですが、朝は結構冷えてますのでクルクル回しながらアップをしつつ、でもチャレンジなので速度をソコソコに保ち走ります。

チャレンジなのにスタート直後にコンビニへ寄るという漢気溢れる一行でしたが、その割には観光スポットとも言える長浜城はスルーです。

我らが見据えるのは進む道のみ(キリ

そう聞こえてきそうなお二人の心の声を受け、ブロガーとしては寄りたい気持ちを抑えます。

でも信号待ちの隙にコッソリと。

20150418_070511.jpg


しばらくは湖岸を走りますが、一旦離れて川沿いの道に入ります。

私のトレーニングだからという理由で最初は前を牽いていましたが、このペースで走ると確実に脚が終わるので、疲れる前に交代しようというコトにさせてもらいました。

20150418_073554.jpg

やっぱりツキイチはチョーラクですね。


国道8号との交差点に出たら、国道を走らずに旧賤ヶ岳トンネルへと向かいます。

20150418_074311.jpg


この一瞬は下りDEヒャッホイなので快調に走りますが、ふと後ろを見ると…

20150418_074313.jpg

早速脚溜めとる\(^o^)/


さすがブルべに目覚めたダケはある…
距離を考えてマイペースを維持し脚を残し、最後に差すつもりだな…?


この後はチョットした登りがありますがムリはしません。
ムリはしませんが、今日はチャレンジDAYなのでノンビリもしません。

ソコソコの強度で登っているハズなのにあっという間に離れる路さん。

20150418_074429.jpg

しかし今日のチャレンジに備えて、コレでも抑えているようです。
土台の違いですね。


この登り、初めてビワイチに来た時は本当に驚異の登りで、ヘロヘロになった記憶がありますが…
「慣れ」というのは素晴らしいですね。


トンネルを出たら定番のココで一旦止まります。

20150418_074738.jpg

チョット霞んでるかな?


旧賤ヶ岳トンネルは相変わらずナニかが出そうな程の暗さです。
この日は勇気を出して撮ってみました。

20150418_075043.jpg

見えた方、スミマセン。


クドいようですが、この日はチャレンジDAYで、まだ残り160kmくらいあるのでトットと出発しようとしますが、ココできーぼーさんが本日二度目の漢気タイム

これから下るというのに、あえてウインドブレーカーを脱ぎます

漢気ダウンヒル(但しきーぼーさんのみ)の後はまた湖岸へ。

20150418_075501.jpg

多くのクルマが国道8号のトンネルへ進みますので、ココは穏やかでいい道ですね。
とても走りやすいです。

20150418_075512.jpg





そして国道303号に入りイヤらしい登りとトンネルを越え、最初で最大の難関「奥琵琶湖パークウェイ」へと向かいます。






つづく。





ブログランキングに参加してます。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

やる気はあったんですよ、やる気は…
ソレが空回りするとこうなっちゃうんだね(´・Д・)」
なんで寒いんだろう?って(笑)

No title

ダイちゃんこんばんは。
お疲れさまでした。そして、今回も楽しかったですね〜!

たぶん、、、この時点では、「壁」の意識をもって走っていたのは、
ダイちゃんひとりだったと思いますよ(笑) 
すくなくとも、ボクはサイクリングのつもりでした。

あ! でもきーぼーさんのあの下りでウインドブレーカーを脱ぐ行為は!
そういう事だったのですね。空気がよめる漢は違うな。。。

一年くらい前におかしなフルビワイチをしたことがあるのですが、1時間睡眠でもave.30km/hオーバーでした。
ダイさんなら壁越えなんて余裕余裕♪
壁はきっと風のせいじゃないですか?

三味から琵琶に・・・

 ダイさん、おはようございます。

琵琶湖湖岸、さいこー!

水辺を走るとテンションあがりますねー。
 昨年の11月に走りましたが、アベレージ
そんなに高くしたら、景色楽しめないんじゃ
ないですか?

No title

琵琶湖良いですね、景色を楽しみながらポタポタして見たいものです。

Ave30km/の壁はダイちゃんさんにとっては薄い壁と見た、きっと軽快にぶち破った事でしょう。

No title

こんにちは。
チャレンジってAve30越えだったんですね。

私は30km/Hrの壁を感じたことなんかありません。

そももそ挑戦も意識もしたこと無いですから。
景色もグルメも楽しめないじゃない。

・・・ってことは昼過ぎには終わってるってことですよね。
なら次は琵琶2で30越えですか!?

きーぼーさん、こんばんわ

はい。
ヤル気は充分過ぎる程感じさせてもらいました。
空回りも\(^o^)/

路さん、こんばんわ

この日も楽しかったですね♪
そして疲れもタッポリ。

サイクリングのつもりでアノ強度は…サスガです\(^o^)/

きーぼーさんがウインドブレーカーを早々に脱いだのはジャージを見せたかったダケというウワサもチラホラ(笑)

住友さん、こんばんわ

とりあえず、明らかに逸脱されている住友さんの感覚を、極めて普通のサイクリストである私に当てはめたらイカンですね。

私が言いたいのはそういうコトです\(^o^)/

Re: 三味から琵琶に・・・

カンパチさん、こんばんわ
そして今日は!
おっと。コレはまた後日。

私は健全なサイクリストなので景色もちゃーんと楽しみます♪
そこらへんがミソなのです\(^o^)/

Fosettaさん、こんばんわ

琵琶湖はコレで4度目ですが、初めて見た景色もあってナカナカ楽しめました。
Ave30km/hは「薄い」壁な程の脚力があればどんなにラクか…
分厚い壁です。

NAOさん、こんばんわ

私は一日に200km以上走るヘンタイさんではございませんので、ビワニなど発想すらしたコトありませんね(笑)

そしてせっかく琵琶湖まで行って景色を楽しまないハズもありません。
ちゃーんと楽しんでますよ~
私は健全な(以下略
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター