私は「のりしお」味

今日も前回からのつづきです。






洲本のファミマでフリにしか聴こえないお言葉を発する住友さん



「ココからはどなたが牽いてくださるんですか?」



ムゥ…
ココまで散々オニ牽きを見せつけておいて、「コレ以上の速度で牽いてくれるんだよな?」的なオソロシイお言葉を投げかける住友さん


真性ですね\(^o^)/


ココから水仙峡の登りまでは短い平坦路(とのコト)。

そして私以外の3名は明らかなクライマー体型。
私とは15kg…あるいは20kgホド違います。

そんな方々と登りで張り合うコトなど到底ムリです。
張り合うドコロか一瞬で視界から消えるでしょう。

どうせチギれるならば、平坦でお仕事をさせていただくしかありません。
その平坦のお仕事すら、皆さんからすればヌル過ぎでしょうけども。


というコトで、決死の覚悟で先頭を志願します。

20150607_102627.jpg


所詮私の牽きなので皆さんはヨユーシャクシャク。
私は限界ギリギリ。


しかし先頭を牽いたという既成事実を作るコトが出来ましたので、この先は一切仕事をする気はありません

というか出来ませんね。
コノ方々のペースにはオテアゲです。


そしてついにやってきました水仙峡の登り。

開始早々私はハァハァです。

しかし後ろを確認すると…

20150607_103147.jpg


チョーヨユーですね。

息を切らしてすらいません。


私は最初から登りは諦めていますのでマターリマターリ登りますが、3名のクライマーの方々が一向に動こうしません。

弾いてるのか…?
それとも牽制し合ってるのか…?


両方でした\(^o^)/


すると業を煮やした住友さんが飛び出します。

ただその背中には明らかに余裕があり、コレは恐らくは撮影アタックであろうコトが想像出来ました。


しかしナニしたくてウズウズしていたアノ方が即座に反応!

20150607_103244.jpg


コンソメさんです。


その加速力は追う気を失わせるには充分は速度でした。
容認というより、むしろ無視ですね。


私は自分のペースを守りマターリ登りますが、きっと「ナゾのパラダイス」前で写真を撮らせてもらえるんだろうなと思いきや華麗にスルー。

ムゥ…全然清く正しくない…


その通過シーンはコンソメさんがキッチリ撮影して下さってましたが。



しかしどう見てもクライマーなめうさんが大人しいのもキニナル…

と思ったら盗撮に精を出されてました…



そういえば前回雨で流れた時に住友さんが、

「皆さん動画撮れる方ばかりなので、ダイさんの動画をグヘグヘヘ♪」

などとワケのワカランコトを仰ってたな…


私など撮っても単なる鈍行列車に過ぎないのに。



サスガに水仙峡を完全スルーするのも気が引けたのでしょう。

義理でココに止まってくださいます。

20150607_103913.jpg


アレ?コーラは?


「ココじゃない!」

と、住友さんからテキビシーお言葉。



更には、てっきりココが頂上かと思いきや、まだ登るという衝撃的事実を知らされ、心がポッキリ。

20150607_105058.jpg

ピークに辿り着いた頃には皆さん既に下り始めてます。



「ココの下りは慎重に進みましょう」

そう言って先導してくださった住友さん
道も狭く、落車など事故の多い下りのようなので慌てずゆっくりと下ります。


そのまま住友さんが先頭のまま水仙ラインへ。

20150607_105516.jpg


ココでは向かい風が吹いています。

その向かい風の中、住友さんはパワーメーターで遊びながらグイグイ牽いてくださいます。


「右脚と左脚のバランスが○○%だ~♪」


と、随分楽しそうに仰ってますが、私との脚とのバランスが一切取れてませんが?



念の為後ろのお二人も確認しましたが、

20150607_105521.jpg

ヨユーシャクシャクだし随分楽しそうですね。

しかもめうさんまた盗撮を狙ってます。



この向かい風の中をグイグイ牽いてくださるので遠慮なくツキイチをキープしようとも思いましたが、若干お疲れのご様子なので善意100%で先頭を交代します。


するとホンの3秒前まで元気モリモリだった方々が何故かうつむき加減。

20150607_111645.jpg

珍しいカブトムシでも見つけたのかな?


はっ!


コレが…まさか…

ウワサに聞く…




三味線を弾くというヤツですかね?




皆さん、


困ったモノですね\(^o^)/




更に住友さんに至っては、写真を撮る元気まであるじゃないの。

20150607_111646.jpg
(※証拠画像提供:住友輪業様ご本人様より)

コンソメさんは満面の笑みだし。



三味線…\(^o^)/コエー



距離を追うごとに、時間を追うごとに皆さんのオソロシサばかりが増すこのツーリング、ついにはこの日最大の激坂に辿り着きました。

20150607_112611.jpg

灘大川です。


もうこの斜度になると私はまな板の上の鯉状態。
もう好きにしてって感じです。


しかしコンソメさんは違った!


住友さんの更に前を行くその姿をかろうじて撮った1枚がコチラ。

20150607_112652.jpg

この激坂をゴリゴリとアタック!



ムゥ…何というパンチ力…



コレが世に聞く、


コンソメパンチ☆DA\(^o^)/


ウワサ通りですね…




それに引き換え、このアタックにノリ切れず、脚がシオれてヘロヘロの私は…

いわば「のりしお」味ですね。



このコンソメパンチは水仙峡・灘大川ダケに止まらず、終始我々にその味を振りまくコトになりますが、ソレは随時記事の中で…




そんなパンチを見せつけられながら、ハァハァしながら登ったその先にあるモノとは…


そう!

20150607_113431.jpg

コーラです!

しかも一説によると「世界一ウマい」と評されるコーラです。


命名ヌシさまのバイクと共に撮らせていただきました。
絵的には缶の方がベターでしたが、全然足りないので仕方なくコチラに。


しかし確かにウマい!
一気に飲み干しちゃいますね!


庭田山山頂にもコーラの自販機欲しいな(ボソ






こうして最大斜度の登りをクリアした一行は本格的に南淡路を楽しむべく、更に先へと進みます。



そしてアノ場所でアノ人が我々に漢気を見せつけてくださいます。







つづく。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わーい、矢印指された~∩(´∀`)∩一生の思い出になりますw

ちなみに体型だけはクライマーっぽいですが、脚質はポタリンガーです(・∀・)

ま、初心者なんで脚質とかよく分かりませんが。。

みんなでうつむいているあの写真・・・最高ですね♪
息を合わせて演奏中?(笑)
いやなに、みんなで先頭を牽く男のように上手に三味線を弾けるように練習していただけですよ?
僕の三味線テクニックに至ってはダイさんから直々に「そんなんじゃあ家元には遠く及ばない」ってダメ出しされましたしね(笑)

そして次のあの場所で男気を見せたのは・・・
うん、続きが楽しみだー♪

ポテチ

 ダイさん、おはようございます。

 相変わらず、楽しそうですねー。
そうでしたか皆さん、協奏して競争してたんですね。

非常に有難いことに参加の皆さんがブロガーなので
記事を比較すると「真実」が浮かび上がってくることに
気付きました。
ヤッパリ、家元の腕前(脚前?)は、チガウ!

No title

のりしお味のダイズさん。こんばんは。
必死で牽いてるのにヤケに写真が多いですね?

うつむいてる写真は三味線というほどのものじゃないですよ。
3人でウクレレの練習しただけです。

なんか我々とアワイチの様子が違うような記事が多いですが
続きも楽しみにしてますね。

めうさん、こんばんわ

矢印どころか、次回は主役ですよ\(^o^)/
あの漢気には感服いたしました。

次はお仕事抜きで走りましょうね♪

住友さん、こんばんわ

そもそも、そのしゃみせん?っていうのがヨクワカランのデスヨー
何のことやら…

この日、あるいはイチバン漢気に溢れていたのはアノ方だったのかも…♪

Re: ポテチ

カンパチさん、こんばんわ

いやホント、楽しかったんですよ♪
伝わって何よりです。

でも自転車乗りの方は皆さん個性的なので、いつもとても楽しいです。

ちなみに、腕前がチガウとお感じいただけているのは、私ダケが真実を追求しているからなんですよねー
脚色がないからなんですよねー\(^o^)/

コンソメパンチさん、こんばんわ

写真はブロガーの性ですね。必死でもついつい、というヤツです。

しかしウクレレですか…そもそも、そのしゃみせん?とかいうのがヨクワカランので何のコトやら…


やはり見解の相違と、私だけが真実を書いているので違和感を感じるんですねー\(^o^)/
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター