反省し、それを次に活かす人はイカスのです

瀬戸内遠征シリーズ、小豆島編のつづきです。






「じゃあ第1班は、住友さん路さんディーさんとダイズさんで」

20150720_090836.jpg



一瞬の迷いすら見せずに即断したその班分けにはナニやらアレ的なナニがチラホラと見え隠れ…


いいえ。

見え隠れドコロではありません。



丸見えです\(^o^)/



3人のクライマーに囲まれた1人の重量級…
3匹の狼に囲まれた子羊…
小豆島に上陸した大豆…



平坦が続く道であればまだ何とかなりますが、事前に耳に入ってた情報によると、ココ小豆島はアップダウンが多い道とのコト。
どれ程のアップでダウンなのかによりますが、明らかにヤバいパーティです。


…いや。
考えようによってはコレはある意味最適解なのか…?

登りでは丸臨クライマー2人を路さんがガッチリとナニして、下り基調~平坦では私がキッチリと仕事をする。
そう考えれば路さんとのコンビネーション次第。
私と路さんは常日頃から一緒に走る間柄。
コンビネーションにはソコソコのアレがあります。

しかし臨時漕会というチームも団結力が強いチームです。
しかもクライマーと言ったものの、平坦も普通の人のソレよりは遥かに速い。


いずれにしてもクライマーを揃えてしまったコギコギさんのこの作戦は、吉と出るのか凶と出るのか…

いや、「狂」が出るかも♪



しかし今日のライドはそういうアレではありませんし、イイヒトとしてその名を馳せる住友さんが、小豆島に初上陸した我々に対しそんなアレをするとは思えません。

きっと大丈夫。

そう信じましょう。



20150720_084527.jpg



ダメだコリャ\(^o^)/

まるで空気を読む気がありません。


しかも「アップダウン」と聞いてましたが、その「アップ」がいわゆる「登り」です。

20150720_085203.jpg


思わず路さんも

「登ってばっかだね」

と仰る始末。

20150720_085210.jpg


別段困った様子は見受けられませんが。
私と違って。



住友さんは困っている私を尻目に登りばっかのその道をグイグイ牽いていきます。


ふと横を見ると崖が切り立ったような景色が見えますが、

20150720_085252.jpg

グイグイ牽かれるのでコレが何なのかすら分かりません。


ふと海を見ると、とてもイイ景色が見えるのですが、

20150720_090207.jpg

グイグイ牽かれるので、じっくり見るコトも叶いません。


ついには二人して私のジャージをナニする始末。

20150720_090837m.jpg

20150720_090839m.jpg
※写真提供:路さん(2枚とも)

このジャージのデザイナーである路さんの目の前で。


更には我々の考案した「オイオイクライム」に対抗して、ナニやらチンチンチンチン鳴らす始末。

20150720_090847.jpg

この「オイオイクライム」はペダリングに合わせて掛け声をかけるクライム方法なんですが、実は結構大きな声を出すので心拍が5~7ホド上がるのです。
にも関わらず小手先でチンチン鳴らすだけで心拍も上げずにラクをするという始末。

クライマーにあるまじき行為ですね。

ちなみに、この「オイオイクライム」は決して速く登れません。むしろ遅くなります。心拍上がっちゃいますので。
しかも後日セーテンさんから苦情が寄せられましたので、ご一緒する方次第では今後封印します。

代わりに、新技「オネェクライム」を開発中ですが。


なーんて遊んでいると、とてもイイ景色が見える場所に出たので、住友さんに懇願して一旦停車。

20150720_091700.jpg

最初の合流地点までの行程では唯一の停車でしたね。



そして最初の合流地点「南風台」へ到着です。

20150720_095813.jpg

20150720_093645.jpg

20150720_094100.jpg


ココでふとスマホをチェックすると、何とリキさんがインスタに写真をアップしてるじゃありませんか!

ムゥ…何という温度差。
あちらは観光を思う存分楽しんでいるというのに、こちらというと瀬戸内は小豆島まで来てトレーニングのような強度で走るという…


コレはまたココに来なければなりますまい。

観光しに。


しばらくすると第2班が到着です。

20150720_094459.jpg

誰もハァハァしてません。
やっぱりね。


そして第3班も到着。

20150720_095124.jpg

モチロン誰もハァハァしてません。
インスタに写真を上げれるくらいですから。


皆さんが揃ったトコロでしばし休憩です。


が、ナニやら空がアヤシイ…

20150720_095009.jpg

雲が…


ウワサによるとこの日ご一緒したショーンさんもバイソンさん並にアレな方らしいのです。

フム。



なーんてコトを考えながらマターリしていると、


「ピピッ!」


んん?
何の音だろう?



タイプRさんだ!



何と動画撮影用のカメラをバイクの台座から外して、手で持って撮影しているじゃありませんか!

20150720_094459tr.jpg
※写真提供:タイプRさん


何とも珍しいコトをするお方。

以前アワイチで動画用カメラを積んできた方が2名いらっしゃいましたが、確か手に持ってまで撮影してなかったハズ。


思わず聞いちゃいました。
何故わざわざ手に持って?と。


すると、

「実はつい最近、東讃にチームの皆さんをお迎えして走ったのですが、休憩中の写真が殆ど無かったんですよね。ですから今回は休憩中の様子も撮っておこうと思いまして」



タイプRさんは案内役としてダケではなく、ホストとしてこの日の様子を残すコトにまでお気遣いいただいていたのです。

なんとも嬉しい限りですね。


しかも、前回の反省をスグに活かし、モバイルバッテリーまで搭載し撮りこぼしの無いよう徹底するという…



さすがサラリーマン3号の異名を持つタイプRさん…



イカス\(^o^)/




おかげで私もついつい油断してこんな写真撮られてしまう始末。

20150720_094460tr.jpg



しばしの休憩を終え、次の目的地へと向かいます。

しかもキレイなトンネルがあるのにワザワザ峠道を選択するというヘンタイ集団。


リキさんがいらっしゃるのに、ベルがあるのに、トンネルを行かない理由が、逆に見当たらないんですけどね。



峠を越え、少し賑やかな街並みに入ると観光ライドの色が一気に濃くなります。



まずはココ。

20150720_102327.jpg

「金両醤油」さんです。


到着するやいなや、

「ダイレクトイーン!」

などとワケのワカランコトを叫んで、バイクに乗ったままパネルに滑り込む住友さん。

20150720_102006.jpg


どうやらココの女将さんとコギコギさんとはお知り合いのご様子。

おかげさまでとても嬉しい振る舞いをお受けします。

20150720_102651.jpg

コギコギ日記のおかげで自転車乗りの方が訪れるようになったとか。
サスガですね…と思っていたら、私もその一人でしたね。


そして更に自転車乗りのお客さんを増やそうと、

20150720_102611.jpg

この有名ジャージも写真に撮るご主人(と思しき方)。


お店の中をご案内いただきますが、

20150720_102824.jpg

20150720_103803.jpg


「ピピッ!」

あ、また撮ってる!


「いや、前回のライドでは休憩中の写真が少なかったので(ry」



サスガです\(^o^)/

タイプRさんは決して怠りません。



ちなみに私は「だし醤油」を購入致しました。

TKG(たまごかけごはん)にかけて食べましたが、とても美味しいですよ♪
あ、納豆も試さなければ!


更には醤油蔵もご案内いただきました。

20150720_104325.jpg

20150720_104333.jpg

20150720_104452.jpg



金両醤油さんを充分に堪能した後は、タイプRさんのご案内で次の目的地へ。



途中、この後登る予定の寒霞渓を見上げると…

20150720_105328.jpg

雲が…




そしてソコにはスグに到着しました。

20150720_105929.jpg

「なかぶ庵」さんです。

「生そうめん」なるモノが食べられるお店のようです。


サスガ三連休、お客さんでいっぱいで結構並んでいます。
知らなければ来れないような、入り組んだ場所にあるのに。


我々も並びます。

すると…



「ピピッ!」


ウム!\(^o^)/




ですが、思いの外早く順番が回ってきました。


ココのメニューはその「生そうめん」のみ。

20150720_110930.jpg

この日はお客さんが多かったので、残念ながら大盛は出来ず。



この「生そうめん」、今まで食べたソレとは全然コシが違います。
決して固いワケではなく、しっかりをしたコシのそうめんはとても新鮮な歯触りでとても美味しいです!





皆でツルっと生そうめんをいただいた後は、もう1軒のタイプRさんオススメのお店へと向かいます。









つづく。







今回の記事はチョット中途半端なトコロで終わっちゃいましたが、明日の予定がアレで早起きしないといけませんのでココまででご容赦ください。








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

小豆島 サイコー!

 ダイさん、こんにちは。

 小豆島、美味しそうなものがいっぱいですね。

 次の記事もグルメ・ポタかな?
 期待してマース。

No title

ダイちゃん,こんばんは。

1班楽しそうだな~。
ぼくが1班に入ればよかったかな(身の程知らず 笑)

私は

長距離めが好きなポタリンガーですよ?

Re: 小豆島 サイコー!

カンパチさん、こんばんわ

今回の小豆島ツアーでは島グルメをホンの一部しか回れなかったようです。
なのでグルメリポートは紅葉ライド(予定)の時にも!

しかし一部とはいえ、本当に美味しいトコロばかりご案内いただきました。
土地勘のある方と走れるというのは、本当に私は恵まれています。

リキさん、こんばんわ

ええ。
楽しかったのは間違いありませんが、この時点での小豆島の楽しみ方はリキさんの方が明らかに正解でしたね(笑)

私はストロングポイントをかき消されてましたから、リキさんの方が脚が合ったと思います。
ハァハァはしたかもですが♪

Re: 私は

ディーさん、こんばんわ

ええ。長距離好きは存じ上げております。
しかし私は「強度」のハナシをしているのです。


アレですか?
西播磨では三味線が流行ってるんですかね?

困ったモノです\(^o^)/

No title

2班以降は正真正銘のポタリング。
絶景を堪能しておりましたよ。あー、楽しかった!
動画用カメラは最近のは小型ですからね、外して持ち歩かない手はないと思いましたね。

タイプRさん、こんばんわ

初めての小豆島、正真正銘のポタが正解ですよね…
まぁでも次の楽しみをあえて残してくださったと考えれば、住友さんの演出に感謝、ですね(笑)
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター