人はそれを人間味と呼ぶ

昨晩(というより毎晩)窓を開けて寝ていると、真夜中に外からネコの鳴き声…というか叫び声が聞こえました。
喧嘩してるのか何なのか分かりませんが、とにかくうるさくて寝れない…

我が家の軒下にいつもいるネコかな…?
彼らも日々闘ってますね。




今日は当ブログ本来の目的である兄晒し日記です。


ドマ兄Dさん(仮名)のお話しです。


D氏は明らかな理系脳を持つ人で、理論的に納得しないと行動に移さず、数値などのデジタルデータが大好きです。
私と違い常に使うキンニクを意識し、サイコンのデータを頼りに走らせます。
我ら兄弟の中で唯一のガーミン所有者というのも大いに納得です。
イベントにおける目標設定も数値を根拠にした、具体的目標を設定します。



【case1】

そんなD氏がコソ買いしたホイール(但しスプロケは手締め)の次に目を付けたモノ…

コレです。
qrings-road-l6[1]
「ROTOR Q-RINGS」

彼を一本釣りした言葉…

それはコレ
「真円に比べると約9%乳酸の発生を抑える事ができます」


単に「理想のペダリング」とか「効率がいい」とか、アナログな言葉のみであれば多分興味を示さない…

数値で明確に示されたモノに彼は反応する!


しかしこのパーツに関してはコソ買いはしなかった。

私にも意見を求めてきたが、要はだろ?という体育会系にも似た考えだった私には全く興味がない。

ショップにも聞きに行ったらしい。
その店員さんは至極まともなアドバイスをくれた。
「まだ始めたばかりだからペダリングがちゃんと出来るようになってから変えた方がいいんじゃない?」


でも聞く耳持ってませんでした\(^o^)/

乳酸9%減という数値が脳に完全にインプットされ、あとは購入というアウトプットを実行するだけ…
そんな彼に何を言っても無駄。

結局そのショップに内緒でコソ買いしたD氏。

え?インプレですか?

聞いたかも知れませんが覚えてません\(^o^)/
興味なかったのでw


ただシフトがシブくなったというネガティブなことは覚えてますね。
チェーン落ちしてフレームがガリガリ傷付いた現場にいましたしw

その時は尾張パークウェイでフンフン登ってる時、突然「げ!落ちた!」といって止まったドマ兄D氏。
その先のモンキーパーク付近で待ってても一向に来ないので、まさかチェーン直してる時にクルマに…なんて思ってると何やら悲壮感漂う顔でご登場。

どうやら落ちたチェーンがガッチリ食い込んで全然取れなかったらしい…


更にコレは元々そうだったんですが、リアのシフトも異常にシブい。
どう調整しても全然決まらない。
ショップに持ち込んでも大した解決にならない。

多分、相当のストレスだったと思います。「Di2じゃないからダメなんだ!」と毎回言ってましたし。
でも、私も同じshimano105でしたが、全然シブくなかったですけどね。


ただこの件は後日談ありです。
 ↓
しばらくして、D氏の山口(F6R)を借りて走ることにしました。
ディープリムとチューブラータイヤをベタ褒めしてましたから、興味を持つのは必然で一人で走りに行く時に借りてみました。

あわよくば譲ってもらおうという魂胆もあり、フィッティングもしたかったんですよねー

その時の写真がコレ
IMG00417.jpg

…ビミョー(´・ω・`)


ま、これはいいやと思いつつ、乗るだけ乗ってみようと走り出す…

その前にシフトチェック。

むぅ…確かにシブい。
この時、理由は覚えてませんが何故かスプロケを外しました。
なんでかな?25Tと27Tを変えようとしたんだっけな?

すると!

ワッシャーが無い\(^o^)/

…これが原因なのか?

とりあえず手持ちの分を着けてみる。
う~ん、割りとシフトはキマる。

むぅ…


そして走り出すこと数百m。

「プシッ!」

ん?

「プシップシップシップシ」

んんん??

穴が空いてシーラントが出てる…

むぅ…


結局自分のホイールで走りに行きました\(^o^)/


帰宅後D氏に報告すると、
「前々からタマにあるけどシーラント入ってるし大丈夫でしょ♪」
「で、山口はどうだった?」

数百mでは分かりません\(^o^)/

タイヤ交換しようよ…


本来D氏ドマ兄は常に効率を求め、データを信頼し、理論も基づく行動を真髄とし、完璧を求める男ですが…

どこかツメが甘い(割りと頻繁)んですね。


なんと人間味溢れる人なんでしょう\(^o^)/




【case2】

ドマ兄D氏はキンニクも科学する男なので、(ローラーダイブしましたが)加圧ベルトを巻いてローラーを回すという科学的且つ効率的トレーニングを取り入れる程の男。

私がまだ「モモ筋がパンパンだぜー」と喜んでる頃、既にD氏は「ハム」だ「腸腰筋」だ「大臀筋」だの業界用語連発していた。

そんな彼はトレーニング後のケアも欠かさない。


とある日、親戚が集まり宴会を開いていた時のこと、親戚のKさんが3ヵ月で15kgのダイエットに成功したという話になった。
ダイエットを終えた今もジムに通っての筋トレやランは欠かさずやっているとのこと。

そしてD氏がKさんに問いただす。

D「Kさん、トレーニング後はどうしてる?」

K「いや、別に?」

D「ええ!?飲んでないの!?勿体ない!!

(´・ω・`)「出たよ…」


そう、ドマ兄D氏はプロテイン大好き男なのだ。

トレーニング後1時間以内にプロテインを飲まないことは罪とばかりに断罪し、他人に強要する…
無論、私にも強要しました…

トレーニングで傷付いたキンニクをプロテインで修復し超回復を促して云々…
要は飲まなきゃトレーニング効果が薄れて勿体ないとのこと…

みんなアナタのようにキンニクマニアじゃないんですよ?\(^o^)/

以前も私に「勿体ない」を呪文のように連発した上、私をスポーツ用品店に強制連行し、無理やり買わされたのがコレ
img_type3_01[1]
「ザバス type3 エンデュランス」

ホゥ…こういうのもあるのか…さすがマニア理論派…

ほら、プロテインってガチムチの人が飲むイメージあったんで、そうなる為のモノかな~と…


しかしとある日一緒にD氏ドマ兄と走っていると、ボトルの中身が気になった私。

ドマ兄のことだ、高機能ドリンクを導入しているに違いないと思い参考にしようと聞いてみた。


(´・ω・`)「ドマ兄、ドリンク何入れてる?」

ドマ「水だよ」

(´・ω・`)「え?」

ドマ「水道水(キリ」


・・・・・・・・


そして休憩時、私は補給食を取り出しアミノ酸などの補給に勤しんでいた。

ドマ兄のことだ、高機能補給食を導入しているに違いないと思い参考にしようと聞いてみた。

(´・ω・`)「ドマ兄、何持ってきてる?」

ドマ「チョコ」

(´・ω・`)「え?」

ドマ「スニッカーズ(キリだってウマイじゃん(ドヤ」


どうやら、水を持ってきたのはメンドクサイから、チョコを持ってきたのはソレが好きだから。


本来D氏ドマ兄は常に効率を求め、データを信頼し、理論も基づく行動を真髄とし、完璧を求める男ですが…

割りと隙が多い(しかもガラ空き)なんですね。


なんと人間味溢れる人なんでしょう\(^o^)/



【宣誓】
私は人間味溢れる理論派のドマ兄の語り部として、これからも彼を見守り続けます(^д^)/



ブログランキングに参加してます。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして!

初めまして。
大変魅力的なお兄様ですね^ ^すごく羨ましいです!!私は文系…というか単に理数系が苦手なので、数字とか理論はちんぷんかんぷんですが^^;
苦手な分野をアドバイスしてくれる身近な存在は貴重ですよ^ - ^これからも兄弟仲良く、楽しい自転車ブログを楽しみにしてますね!!

Re: 初めまして!

たっちゃんさん、初めまして!
コメントありがとうございます。

彼らは情報収集に人柱にといつも助けてもらってますw

ただ、彼らの場合アドバイスではないです。強要ですね。

私も数ヶ月前から大豆プロテイン飲んだり、ハムや大臀筋を意識したペダリングしたりしてますね。しかも理系なので、D兄様に近いかもしれません!

水道水は持っていってはいませんが、二之瀬の湧き水にはお世話になってますよ(^o^)

Libさん、こんばんわ


私も一応理系の物理好きですが、彼は若干ステージが違う理系な気がしますw

二之瀬の水は命の水です。魅惑の水です。勿論私もお世話になってますw
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター