霧の中に現れたのは…

小豆島編、前回からのつづきです。
もうチョット続きます。





10㎞以上のヒルクライムを終え、ナニやらソレっぽいトコロへと向かいます。

20150720_135116.jpg



…やっぱり霧まみれですが。

20150720_135509.jpg



今回のツーリングのクライマックスとも言える場所はココ!

20150720_135801.jpg

「寒霞渓」です。

ココだけは事前に軽く調べていましたが、どうやら紅葉が有名なようです。
というコトで秋にも訪れなければならなくなりました♪

その際にはまた臨時漕会の皆様にご案内をお願いしたいと思います。
よろしくお願いします!




晴れていればココからは絶景が望めるらしいのですが、この日はあいにくの霧模様。
ココだけが雲の中です。

20150720_140156.jpg

20150720_140217.jpg



ホンの一瞬ダケ雲の隙間から景色が垣間見えますが…

20150720_140152.jpg

ま、秋に期待しましょう。



真っ白な景色の中、しばらくマターリしていると住友さんがナニやら仰ってます。

「ヘンな人がいる!ヘンな人がいる!」



ん?
今更ナニを仰ってるのやら。

私はヘンな人達に囲まれてココまで来たというのに。




と思ったら!



別のヘンな人でした!




20150720_135924.jpg


コンソメさんだ\(^o^)/




三連休で、小豆島という素晴らしい観光地に、しかも寒霞渓というヒルクライムポイントに自転車乗りが集まるコトはあり得るお話しではありますが、まさか日時までバッチリ合うとは…

縁ですね。


どうやらコンソメさんは違う船で違う港に着き、ソコから激坂を登ってこられたご様子。
結構なアレな方々の集団のようです。

コワいので離れて様子を伺っておきました。



翌々週に控える岡山国際サーキットのアレと、ホンのチョットだけ秋の鈴鹿のアレの打ち合わせもしちゃいます。

20150720_135924tr.jpg
※写真提供:タイプRさん


おかげで相生までの道のりが楽しくなりましたが、その辺りの詳細はまた後日に。




しかしココはかなり寒い!
下界の暑さとは大きな違いです。

汗で濡れた身体には堪えます。


というコトでココでまたもやオヤツタイムです。

20150720_141824.jpg



ココでは「オリーブ牛コロッケバーガー」というモノが食べれるようですが、

20150720_141546.jpg



ハァハァし過ぎて若干お腹がアレ気味な私は、

20150720_141235.jpg

オリーブソフトです。


ええ。


チョー寒いです\(^o^)/




休憩を終え、お次は「四方指」なる場所へ向かいます。

ココに来る前にその「四方指」に寄って来たコンソメさんの情報によると真っ白だそうですが、気にせず向かいます。


その「四方指」へ向かうには更に登らないといけません。


冷えた身体にはある意味ありがたいコトではありますが、ココでもアノ漢が熱い走りで皆に元気をもたらします。


20150720_143907.jpg


そう、セーテンさんです。
常にご自身を追い込むコトを忘れません。


ソレを更に鼓舞させるべく、住友さんから激が飛びます。

20150720_144610.jpg

チンチンチンチンチンチンチンチン鳴らしまくりです。


霧の中でチンチン鳴らすので仙人でも現れるんじゃないかと思うホドです。




そしてこのチンチンクライムのおかげで!









20150720_144740.jpg

オチてきました。

セーテンさん、おかえり♪



住友さんの激はただの「追い込み」だったようですね。
まるで部活のようなチームです。
オソロシイ…



そして「四方指」へと向かう道はナニやらイイ感じです。

20150720_145310.jpg



当然、モーツァルトモードへ移行します。

20150720_145131.jpg

「Rapha Rising」モード中の、モーツァルトモードです。





そしてその先に現れたのは…



そう!




20150720_145350.jpg

おサルさんです。


自転車乗りが集団で縄張りに入ったというのに一向に逃げる気配もありません。


タイプRさんから、

「荷物気を付けてくださいね」

と教えてくださいましたが、逃げるドコロか狙っていたようです。




しかし!

完全体ではないとはいえ、コチラもDQN仕様のバイクを駆るモノとして負けてられません。


おサルさんを威嚇するかのようにバイクを設置!

20150720_145503.jpg



そしておサルさんとDQNバイクとの静かな闘いの一部始終を、路さんがカメラに捉えてました。


20150720_145503m.jpg
「むむ!」
ナニかに気付いたおサルさん。


20150720_145504m.jpg
「むむ!何故こんなトコロに毒々しいモノが!?」


20150720_145505m.jpg
あまりのDQNっぷりについ目を逸らすおサルさん。


20150720_145506m.jpg
完全に戦意喪失したおサルさん。



完全体DQN仕様にしたらココのおサルさんを従えるコトが出来るかもしれません。







ちなみに景色は予想通り真っ白です。

20150720_145604.jpg


その白い闇に脚を放り出し座っていた住友さん、

20150720_145652.jpg

「コエー♪」


ええ、そうでしょうとも。




高台に佇む漢達はいい雰囲気を醸し出してますけどね。

20150720_145442.jpg




本来、ココは「四方指」の名が表す通り、晴れていればかなりの絶景を望めるとのコトでしたが、秋のお楽しみが増えたのでヨシとしましょう。








真っ白で幻想的な、そして夏とは思えない涼しい空気と、おサルさん達とお別れして、最大18%の斜度を下り一気に下界へと戻ります。



そして最後に繰り広げられる熱きチーム戦がソコにはあったのです。









つづく。








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ホントに夏?

 ダイさん、おはようございます。

 夏の風景とは思えないような、冷涼な様子
ですね。瀬戸内って暖かい所のイメージがあ
ったんですが、ムシロ寒いのかな。

 あと、そちらのサラァ~、餌付けされてますね。
人間を恐れない様子をみると多分、訪れる人か
ら食べ物を与えられて、パブロフのサルになって
しまったようですな。

No title

こんにちは!

おサルさんですが、マジで襲ってくる奴がいますから、ご注意ください。

以前、下呂から関金山線を走っていた時に、サルの群れに遭遇、ほとんどが逃げるかぼーっとこちらを見ていましたが、2匹ぐらい吠えながらこちらに向かってきました(汗) 幸い下り基調で50㎞ぐらい出ていたので大丈夫でしたが・・。

まあ、ダイさんなら平坦でも登りでも50㎞ぐらい出せるから問題ないでしょうがw

Re: ホントに夏?

カンパチさん、こんばんわ

ホント夏とは思えない空気感でした。
しかしソレが非日常感を更に演出してくれました♪

一部逃げる様子を見せるおサルさんも居ましたけどね。
DQNバイクに乗る限りはきっと大丈夫です(笑)

ひろさん、こんばんわ

DQNバイクに乗る限り、むしろゆっくり走った方がヤツらが畏れ慄き道を譲るかと(笑)

ちなみに私は25km/h以上出したコトありませんよ。
バレット導入により27km/hに挑戦してるトコロですが。

No title

夫がいつもお世話になっておりますm(_ _)m
野生動物は火を怖がりますので、
ダイズさんのドマーネはある意味究極のヒルクライム仕様かと・・・
サルだって、イノシシだって、アブだって、ブヨだって、
怖がって近づいてこないのでは???
私も同じドマーネですが、
プロジェクトワンでその塗装を選べばよかったかな〜(^^;;
そういう視点で考えたことはなかったです(((*≧艸≦)

うずしおさん、こんばんわ
こちらこそいつもタイプRさんに大変お世話になりまして、本当にありがとうございます!

火を怖がる…どうりでおサルさんも目を伏せるワケですね(笑)

でも見た目はアレですから、この塗装は決してオススメはしません\(^o^)/
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター