愛すべきワキの甘い漢たち。

夏の瀬戸内遠征シリーズ、最終回です。





真っ白な四方指をあとにして、私たちは最大斜度18%の激坂を下って大部港へと戻ります。



この激坂、下るダケでも結構キツいです。

ビビりの私は最大限減速しつつ下って行きますが、途中チョイチョイ現れるブレーキがナニした時用のエスケープゾーンが、より私のビビり心を煽ります。
何ならあのエスケープゾーンに突っ込んで行きたくなるホドです。

しかも、ココ最近のパンクはいつも下りで発生してますので、それも更に私の心をエグるのです。


ちなみにコンソメさんとそのご一行様はこの激坂を嬉々として登ってらしたご様子。

フム。
真性ですね。


ビビりながら下ってますので、景色を見る余裕も撮る余裕もありませんでしたが、工事用の信号に止まると…

20150720_151207.jpg

霧も晴れて景色が見えました。
暑さも戻ってきちゃいましたけどね。



ある交差点で止まると…

20150720_151649.jpg


お♪
あの大きな像は前島からも見えたあの像だ。

というコトはもう下りは終わりです。



「DQNバイクとデッカイ像」

20150720_151649m.jpg
※写真提供:路さん



そしてココでタイプRさんとはお別れです。

四国側からいらっしゃったタイプRさんは私たちとは違う港へと向かわなければなりません。


あっという間の一日でとても名残惜しいですが、また必ずご一緒するコトを約束してお別れです。




そして…



「ピピッ!」


20150720_151650sr.jpg
※写真提供:住友輪業さん


今日のタイプRさんを象徴する音でお別れです。


今度は四国に行きたいなぁ♪
その時は是非よろしくお願いします!








さて。

ココからはまたもや班分けして大部港へと向かいます。



いわゆる最後の闘いの始まりです。



私のいる第1班には…

住友さん、ディーさん、路さん…


そしてセーテンさん!



ココにきて最大の風避けを投入したチーム臨時漕会。

しかも3対2。


ムゥ…非常にマズイ…




ココから続くアップダウンの道を、住友さんが結構な強度でアゲて行きます。

時折その番手に変更はありますが、概ね住友さんが先頭を牽き、路さん・私・ディーさん&セーテンさんの順で列車を構成します。


しかし夕方の小豆島は結構な強さの風が吹いています。
時折怖くなるホドの突風も。

前を牽くとかなり消耗します。


しかしそんなコトはお構いナシにドンドンアゲていく住友さん。

ヤル気マンマンです。


おかげでチーム員の1人セーテンさんを自ら失うという結果に。

コレで2対2。




その住友さんの後ろを路さんがキッチリマークし、私をアシストして下さいます。
まさにチーム力。




そしてディーさんは…




常に最後尾をキープ\(^o^)/




途中、アシストし過ぎてタレた路さんを抜くコトもせず、ガッチリ最後尾をキープします。

どうやら住友さんをアシストする気は全く無いご様子。

かといって最後に差すという殺気も感じません。


コレは…

ただの傍観者なのか…?





すると最後の登りを終えたトコロで先頭の住友さんが一気に加速!

少し離れていた私にはその飛び出しが何なのか、瞬時には理解出来ませんでした。


しかし!

路さんから前へGO!の合図が!



マサカ!

もうゴールは近いのか!?


土地勘が全くない我々にはドコが大部港への入り口なのかサッパリ分かりません。

「あと○○mくらい」程度の情報はいただけてもよさそうなモノですが、自分だけが知ってる曲がり角を目指して突き進む姑息な住友さんを必死に追います。


そしてスグにソコはやってきました。


クイっと左折したその先には大部港!




そしてゴールの電柱ラインを目指します!






…念の為、この日小豆島に上陸した時に、フェリーのおじさんに言われた言葉を改めてご紹介しておきましょう。



「アンタら、帰りもココから乗るんかい?」

ええ。

「んじゃアノ電柱のトコに並んどいてな~」










つまりはそういうコト!









そして!


そのゴール直前で!







まさかの落車発生です!












その時の様子がコチラ。

20150720_155058.jpg

「アチャー、やっちまったぜー」

そんな声が聴こえてきそうですね。




何故かゴール前でメットを脱ぎ、バイクに両手を添えて落車するという、世にも不思議な現象が発生したのです。



コレがゴールまで数km残していれば紳士協定によりこの落車集団を待つトコロですが、ココは生憎ゴール前。

その落車を横目に、私は心を鬼にしてゴールラインを割るコトにしました。






その時の様子がコチラ。





20150720_155058m.jpg
※写真提供:路さん


しかも2位は終始最後尾をキープしていたディーさん。




結局住友さんは牽くだけ牽いてゴール前で落車するという、天性のワキの甘さをご披露なさいます。

そういえば以前淡路島でもゴールを間違えてましたね。



結局ココ小豆島では路さんと私の「CrazyTrain」が勝利!

寒霞渓の山岳ポイントも路さんが獲りましたし、四方指ポイントも獲ったようですし、完全勝利ですね。


しかしコレは仕方のないコト。
住友さんは実質独りで闘っていたのですから。

逆に、よくぞここまで独りで闘い抜いたと、称賛すべきでしょう。



私はあえてこの言葉を住友さんに贈りたいと思います。




住友さん、ありがとう。

貴方が居なければこんなに素晴らしい闘いは出来なかった…




この素晴らしい闘いをお互い称え合っていると、第2班・3班の皆さんも無事大部港に到着です。

20150720_155310.jpg



船の出港まで1時間ホドありますので、港にある喫茶店でしばらく小休止です。

20150720_161833.jpg

ナニやらガッツリ補給した方々もいらっしゃいましたが。



私は定番のコレをオーダー。

20150720_161044.jpg

カルピスコーラです。
定番の。


私は帰りの運転を考慮し、ココで少し瞑想状態に陥ります。




しばらくして瞑想から覚めると路さん以外誰もお店にいらっしゃいません。

もう外に出たようです。



小豆島との別れを惜しむように、大部港からの景色を写真に撮ります。

20150720_165510.jpg

20150720_165519.jpg

20150720_165500.jpg
あ、船が来た。



乗船前、皆さんでナニやらお話ししてるトコロを見つめるリキさん。

20150720_165535.jpg



さ、名残惜しいですが船に乗り込みましょう。

20150720_170740.jpg




ありがとう小豆島!さようなら小豆島!

また秋に必ず来ます!

20150720_171138.jpg





時はもう夕刻。

素晴らしい夕陽(のチョット手前)が船旅を彩ります。

20150720_175938.jpg


住友さんも彩ります。

20150720_180512.jpg







そして船の中に戻ると…







20150720_172822.jpg

20150720_172833.jpg



ココにもワキの甘い漢たちが\(^o^)/



いや、こんなワキの甘さを晒すホド疲れるまで一緒に遊んでくださったというコト…



皆さん、本当にありがとうございました!






その船の中では、奇しくも第1班にリキさん加えた漢たちによる舌戦が繰り広げられていましたとさ…

ディーさんは一瞬ワキの甘さを見せてましたけどね♪






そして船は日生港へ。

20150720_183910.jpg

ココで皆さんとはお別れです。


翌週に会う方もいっぱいいらっしゃいますけどね♪




そして私たち尾張組が最後の〆に向かった先は勿論ココです。

20150720_192729.jpg



二日間の想い出に浸りつつ…

20150720_192931.jpg


美味しい珈琲をいただきます。

20150720_193758.jpg



翌々週にはまた来るんですけどね♪






こうしてあっという間でもあり、永くもあった、二日間に及ぶ瀬戸内(牛窓・前島・小豆島)遠征は終わりました。

次も、その次も訪れる約束をして…






二日間に渡り私たちを案内して下さったコギコギさん、このツアーを組んで下さった住友さんを始め、ご一緒して下さった皆様方、



本当にありがとうございました!

また一緒に遊んでください♪









そして夏の遠征シリーズはまだまだつづく…










今回のイチバンのお気に入り写真はコチラ。

20150720_bysean001.jpg
※写真提供:ショーンさん

「逸般人と一般人」








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ならば僕もあえてダイズさんに言葉を送りましょう・・・

「バカじゃねーのっ!?」

No title

次回からは、明確なゴールラインを住友さんと確認してから、出発することをお勧めします。その方がもっと熱い漢の勝負が出来ると思いますよ~

2位ゲット〜\(^o^)/

さすがにコレはイカン気がするので、アシストなるテクニックの習得を試みたいと思います。
高等テクなので習得できる自信がありませんが…(´・_・`)

No title

ほんと、頻繁にご一緒するので、どこのローディーかと思いますよね。
そのへんの距離感覚も自転車以上におかしくなってますよね。

決定的な判定写真きましたね。
これのみが真実。
やはり、ダイズ選手は場数が違いますね。住友選手の敗因は若さかな。
そこを見抜いてアシストなしで攻めた本当のエース、ディー選手。今後の動きに注目しないとですね。

住友さん、こんばんわ




\(^o^)/





Fosettaさん、こんばんわ

私と住友さんはそういうアレでは無いので、漢の勝負はご期待に添えないかと(笑)

そもそも脚力は住友さんの方が断然上ですから、ソコを知恵と大人力と団結力で必死にカバーしてるのです\(^o^)/

まさか俺の写真がお気に入りとは嬉しい限りです₍₍◝(°꒳°*)◜₎₎
バッテリー尽きる寸前まで写真撮った甲斐があります(*´ω`*)

ディーさん、こんばんわ

ん?
ナニがイカンのでしょうかね?

これからもトコトン「アシストしない」ディーさんを見ていたいです\(^o^)/

きっと住友さんもそう思っているハズ!

コギコギさん、こんばんわ

初めてご一緒してから何度一緒に走ったコトでしょう(笑)
おかげさまで半径300km以内は普通の行動範囲になりました\(^o^)/

でも臨時漕会の皆さんは300km「走る」コトが「普通」ですよね?(笑)

路さん、こんばんわ

ええ。
ついに公開されました。

単純な脚力ダケで比較すると圧倒的に住友さんが上ですが、勝負とはソレだけでは無いという典型ですね。
しかし地力はあるので今後は今までのように簡単にはいかないでしょう。

ディーさんはホントにオソロシイですね。
常に虎視眈眈と狙ってますから。
ディーさんのマークは決して外してはイカンですね。

ショーンさん、こんばんわ

いい写真、ありがとうございました♪

一見いい雰囲気に見えますが、実は心の中で岡山国際でナニしてやろうと企んでましたけどね\(^o^)/

No title

いろいろと盛り上げていただきありがとうございました!
今度はゆるポタ班でいかが?
また、いろいろ提案できるよう観光ポイントを発掘しておきますね。

タイプRさん、こんばんわ
返信が遅れまして申し訳ありません。

次は是非ゆるポタ班がいいですが、お強い方ばかりなので…(笑)
今回も行けず終いだったトコロもあるようですし、次回も楽しみで仕方ありません。

またよろしくお願いします!
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター