それぞれの真価

夏の遠征シリーズ第2弾「清く正しいビワイチ」、最終回です。








カンペキな列車走行練習をしつつソコに辿り着いた一行は、水分補給も無事済ませメタセコイア並木を堪能します。

20150726_151858.jpg



この景色に若干興奮気味のセーテンさんを冷静に撮る住友さん。

20150726_151912.jpg


しかしココはいつ来てもイイ景色ですね♪

20150726_152243.jpg



ココを抜けてとりあえずコンビニ休憩です。

この日は何度も休憩しないとならないホドのキビシー暑さでしたからね…


20150726_155542.jpg

豆乳以外にもバナナなどの固形物を投入するのは、私にしては珍しいです。
ソレほどの消耗と、コレからの道のりへの準備が必要だったのです。


ソレを察してかセーテンさんもキッチリ補給。

20150726_155743.jpg


更にはコカンにナニをアレしてをアッピル。

20150726_160744.jpg

一部ではオネェ疑惑が出ていますからね。



そしてONIさんはバナナを食べていらっしゃいましたが…



んん?


20150726_160531.jpg


私にソレを差し出してどうしろと?


ああ…


まさか…



20150726_160538.jpg


滑って転べというコトですか\(^o^)/


地面が固すぎるのでムリです…




コンビニ休憩を終えた後は、次の中継地「白鬚神社」に向けて出発です。

ココからも2班に分かれて行きますが、ココからは私が道案内を仰せつかります。
意外なコトに、過去3回のビワイチ(でも北湖のみ)をしている私は、今日のお集まりの方々の中では多い方なんだそうで…



それはそうと、私が道案内をさせていただいた班のメンバーが恐怖と戦慄のメンバーで…



そのメンバーとは、

モーニングさん・クライムさん・ディーさん・セーテンさん、そしてONIさんです。



ウーン…



\(^o^)/オワタ




しかも!

先頭を牽く私の真後ろに控えるのはモーニングさんという恐怖。



このビワイチも後半に差し掛かり、かなり脚に疲れも出てますし、半ば強引にセーテンさんをこの班に引き入れた手前、あまり速度を上げ過ぎるのもイカンと思ってましたが…



尋常ならざるプレッシャーが\(^o^)/


私のユル牽きが脚にウマくハマらないらしく、70mmのディープリムにカンカンを響くシフトチェンジ音を鳴らしながら私に無言のプレッシャーをかけ続けるモーニングさん。

極めつけは、バーエンドミラーを使い後方を確認しようと、下ハンを握る腕を少し動かすその仕草を見て、



「それは先頭交代の合図ですか?」



\(^o^)/コエー



いえ、違います!とキッパリお断りしつつも、弱向かい風のその道を37~8km/hで必死で牽かさせていただきました。


確かに脚に疲れが出始めて段々キツくなってはきましたが、とりあえずこのまま蓋をしようと目論んでいたその時!



「先頭変わりますね♪」



あぁ…



少しアゲます♪」



ああああああああああぁぁぁぁ…



20150726_164324.jpg


先頭獲られちゃった…



モーニングさんが牽き始めた途端、43km/hホドまで上がる巡航速度。

さっきまで先頭を牽いていた私にとって、更に速度を上げられるのは苦痛以外のナニモノでもありません。


しかもこの速度域でもモーニングさんは決して深い前傾姿勢をとりません。

むしろそのまま風に向かって突き進むその走りは…



まさに「K.O.J」\(^o^)/



その真価をまざまざと見せつけて下さいます。
いや…きっとその一端でしょう。




それにしてもその強度の上に牽く時間が長い!

本当に強いです!



こりゃイカンぞう…と思っていると、ようやく先頭を交代しセーテンさんが前を牽きます。



自らを追い込み続ける漢、セーテンさんも明らかなオーバーペースで牽き続けます。
決して35km/hを下回りません。


ココでも漢を見せつけられたおかげで誰もが手を抜かず牽き続けるハメに…



というより、ゆうに100kmを超える距離を走って尚、高強度で列車を組み走り続けるとは…



嗚呼…臨時漕会\(^o^)/

マターリ派の私はチョー瀕死。




そしてセーテンさんが先頭を降り、クライムさんからディーさんへと変わったその時!



セーテンさんがついにチギれました…



今回トドメを刺したのはディーさんですね。

笑ってましたが♪



しかし本当の悲劇はココから。



チギったセーテンさんを集団で待ち、列車内に再び拉致るという脱落禁止の高速列車が更に継続。

再び列車内に引き込まれ高強度で走るコトを余儀なくされたセーテンさん。



嗚呼…臨時漕会\(^o^)/


まさにその真価。



コリャタマランと、コソーリ列車から抜けてちゃっかり補給をしていた(らしい)ONIさん。


ムゥ…

私も誘って欲しかったです…




脱落禁止列車に吸い込まれたセーテンさんはあまりの高強度に耐えかね再びチギれます。


しかしもうスグ分岐となる場所に出るのでそのまま列車は進み、その場所にある木陰で後続を待ちます。




そして遅れてきたセーテンさんの顔を見ると…


20150726_165100.jpg




老けとる\(^o^)/


4~5歳ほど老けこんでます。

ソレほどの強度で自らを追い込んだというコトです。



サスガ「折れない漢」セーテンさん。

その真価を存分に発揮されました。




しかし、折れないにしてもチギれるホドの強度で先頭を牽き続けるセーテンさんのその走りが、余りにも刹那的に見えた私は聞いてみました。


なんで前に出た時、出し切るの?



「コギコギさんの教えで…」



ムゥ…
何というスパルタ教育…

チギれる覚悟で出し切るまで牽けと教わったの?



「いえ、そうじゃなくて…」



ん?



「それまでの速度を維持するようにと…」




それって、上げ過ぎないようにって意味じゃ…




\(^o^)/イカス!



漢気に溢れています♪










ちなみにセーテンさんを老けさせた張本人の方々は…



20150726_165737.jpg

20150726_165222.jpg


大爆笑\(^o^)/


真価発揮ですね。




少しの間、木陰で涼んだ後はスグ先にある白鬚神社へと向かうワケですが…


ココでもまたモーニングさんのモーレツなプレッシャーが!

白鬚神社まではマターリ行こうとしたのに、出し切らざるを得ません。



必死で踏んでいると、またもや私から先頭を強奪して駆け抜けるモーニングさん。
更にお二人の方が反応してしまい、更にヒートアップ!

20150726_170648.jpg

止まるハズの白鬚神社をスルーして駆け抜けていきます。


サスガにアレを追って止める脚は私にはありません。
スルーして白鬚神社でストップです。

20150726_170658.jpg



クライムさんと二人で「ヤレヤレ」といった感じで皆さんをお待ちしていると、クライムさんから衝撃の一言が。



「平地は苦手なんでキツイですね」



苦手でこの走りですか\(^o^)/



むしろ平地派と思っていた私でしたが、単に登りが異常に弱いダケと発覚。


鍛えねば…

ウーン…というより、鍛えてどうにかなるレベルなのかな…?



なーんて暑さの中にも背筋に冷たいモノを感じていると、後続の皆さんとアカン方々がご到着です。

20150726_170946.jpg




結局この日の高強度走行はココまで。

この先は交通量も多く、飛ばして走れる状況ではありません。



スグ先にあるコンビニで最後の休憩後は交通量の多い国道を避け、サイクリングロードを走ります。

20150726_175926.jpg

20150726_180540.jpg


若干道に迷いながら、ですが。



そして琵琶湖大橋に着く頃にはスッカリ夕方です。

20150726_184307.jpg


イイ景色です。

20150726_184255.jpg



しばらくすると夕陽をバックに第2班も到着です。

20150726_184851.jpg


写真を撮る私へ突っ込んでくる住友さんですが、心なしか切れがありません。

20150726_184941.jpg

だいぶお疲れのようですね。

誰ですか?
住友さんに苦労をかけるのは。
けしからんですな。


そして(その張本人と思われる)ONIさんはというと、

20150726_185130.jpg

バッチリ決まってます♪

コレもONIさんの真価の一つですね。




琵琶湖大橋を降りたトコロのコンビニはスルーしますが、

20150726_185907.jpg

ガルマさんとココまで走ったのが随分前のようです。



ちなみに、琵琶湖大橋を渡ってコチラ側に来るというコトは…

今回のフルビワイチは断念、というコトです。


山の中へと向かったリキさん・路さんとは「茶丈藤村」で待ち合わせの予定でしたが、時間の都合でコチラも断念。




朝に見た蓮の広がる場所に着く頃にはスッカリ日も傾いてきました。

20150726_191243.jpg




セーテンさんは傾くドコロか、

20150726_191328.jpg

横になっちゃいましたけどね。




ONIさんとメタボびとさんが少し遅れてましたが…


お。

キタキタ。

20150726_191600.jpg



む!


20150726_191606.jpg


フム。





んん!?





20150726_191830.jpg



ウム!



セーテンさんは見事に望みが叶った様子で何よりですね。


その望みとは勿論コレのコトですが。

20150726_064448.jpg





そしてスッカリ暗くなってしまいましたので、CRをマターリと走ります。


が、


私が前を牽きましたが、ライトが暗くてチョー見にくく逆にチョー疲れました。
クルマ止めもチョイチョイありますし。

車道走った方がラクだったかもですが、アチラはアチラで違う危険が孕んでますしね。



途中、夜の琵琶湖の景色を楽しみつつ、

20150726_194529.jpg



リキさんと路さんが待つ駐車場へと向かいます。

20150726_195121.jpg



お二人にはかなりの長時間お待たせしてしまいました。
スミマセン。



駐車場に着いた時点で私のサイコンが表示する走行距離は199km。

初の200kmまであと少しじゃーん!と、駐車場内をクルクルしましたが…



結局199.6kmだったというオチ。
少し多めに走った方が確実なようです。






結局今回はフルビワイチ成らずでしたが、それでも200km近い距離を、要所要所では高強度で走ってヘロヘロになった一日でした。

しかしソレ以上に、とても楽しい一日でした。



主催して下さった住友輪業さんを始め、ご一緒して下さった皆さん、


本当にありがとうございました。



また一緒に遊んでください。

よろしくお願いします♪






-おまけ-

この日イチバンのお気に入り写真はコチラ。

20150726_bysr008.jpg
※写真提供:住友輪業さん


私の中ではこの日を象徴する1枚です。








ちなみに、このビワイチを終えて購入を決意したパーツが2つ。

1つは明るいライト。



もう1つは…


ステムです。



モーニングさんに引き摺り回されている間、ポジション見直しの必要性を強く感じ、より前傾姿勢が取りやすいようにしました。

次にお会いする時にはもうチョット楽しんでいただける走りがお見せ出来たらいいなぁ…








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そーいえば、気が付いたら今までより巡航が5km/hぐらい勝手に上がってたって僕を千切ったあと言ってましたもんね♪

それにしても色んな意味で丸臨を背負う方々はスゴイですね\(^o^)/

走る世間は〇ばかり・・・

 ダイさん、おはようございます。
 いや、恐ろしいライドですね。
セーテンさん、スゴイなー、大丈夫だったのかな。
 白鬚神社のあたりって、路肩狭いし交通量多い
ので、怖いですよね。
 
 お疲れ様でした。

No title

私は43km/hなんて速度一瞬でしか出せません、そもそも37~8km/h巡航なんて出来ませんが、やはり丸臨の方々恐るべし!

No title

楽しそうですね!
あっ、僕はこんな高強度列車は遠慮しときますけど。
モーニングさんの蓋をしようと前に出ると、かえって刺激してしまい自滅します。
ご用心!
モーニングさんは優しい人なので、多分遊んでくれてるんだと思いますが。

お気に入りの一枚は、この日早い段階で確定した今日のアカン人投票の絵ですね(≧∇≦)

セーテンさんが千切れたのはタイミングが悪かっただけなので、練習通り先頭交代を断るか2秒で交代しておけば良かったです\(^o^)/

…明るいライトは400kmライドへの布石ですよね?(*>艸<)

Re: No title

たかじんさん、こんばんわ

たかじんさんの場合、リアルに「脚溜め」なのでチギる云々はアレな方向で\(^o^)/

丸臨ジャージの方々はホント皆さんオソロs…じゃなくてスゴイです。
あらゆる意味で。

Re: 走る世間は〇ばかり・・・

カンパチさん、こんばんわ

あそこまで出し切れるというのは、精神力が強い証拠ですよね。
だからこそ刺激を受けます。

琵琶湖西側はライド序盤の元気な時に抜けたい場所ですね。
南湖スタートだと難しいですけど…

Fosettaさん、こんばんわ

モーニングさんのオソロシイところは、ライド後半でもその速度が維持出来ちゃうトコロですね。
タフ過ぎです\(^o^)/

タイプRさん、こんばんわ

こういう刺激も楽しいですね!

でも私が初めて西播磨を訪れた時にタイプRさんに感じたモノも同じだったような…\(^o^)/


ってコトは、モーニングさんにもっともっと遊んでもらうには積極的に蓋出来る強さが必要、ということですね(笑)
頑張ります!

ディーさん、こんばんわ

この序盤のモーニングさんに、何とも言えない充実感を感じました(笑)
やっぱり自転車って楽しいな!と。

あれ?
セーテンさんは2秒練習してなかったのかな?
ONIさんといういいお手本がいらっしゃるのに。


ちなみにライトは単なる保険です\(^o^)/
貧脚の私は、日が短くなると明るいウチに帰れないかもなので。
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター