我らはキバヌケブラザーズ

夏の信州ライドのつづきです。





オル兄のスマホを強奪するコトで安心してツーリングを続けるコトが出来るようになったので、牧場の景色を堪能した後は山深くなるであろう道を進みます。


すると「ココから始まるよ」っぽいモノを見つけたので早速停車。

KIMG0113 (1)

「笹ヶ峰」とありますが、確かにこの辺りはアップダウンも殆どなく峰を走っているような感じです。



と安心していると私を撮ったついでにナニやらスマホを見ていたオル兄が、

「ソコ下って行くとダムがあるっぽいな」


KIMG0115.jpg



結構下ってます。
モチロン、下るというコトは帰りは登らないとイカンのです。
1本道で行き止まりっぽいですから。

私は当然ブータレた表情でモーレツにアッピルしますが、行くと決めたオル兄を止める術は私にはありません。


んじゃ行こうかというコトで下って行きますが、想像以上に下っていました。


辿り着いたのがココです。

KIMG0120 (1)

「笹ヶ峰ダム」

そのままですね。


で、その肝心のダムはというと、

KIMG0116 (1)

ビミョー…


ダム湖(乙見湖)はキレイでしたけどね。

KIMG0117 (1)




無駄な登りを終えたそのスグ先には駐車場があります。
クルマも結構駐めてありました。

キャンプ場か登山に行く方々のクルマなのか…
とりあえずトイレ休憩です。


周辺の案内図がありましたので道もチェック。

KIMG0123.jpg

とりあえず道はありそうですね。



ココから先は白馬に抜けるまでナニも無さそうな山の中を走りますので、気合を入れ直して出発します。





しかし!



ソコで我々が目にしたモノとは!










KIMG0124.jpg






未舗装路\(^o^)/



少しダケの区間であれば歩いてクリアしたトコロですが、先を見ても舗装されている気配はありません。

このまま進んでもパンク祭りになるコトは明らかですので、ココまでで断念です。



白馬方面は来年へ持ち越しです。



ピストンルートが大嫌いな私ですが、この日は仕方なく来た道をそのまま帰ります。
ソレ以外道がありませんし。

KIMG0128.jpg

心なしかオル兄の背中にも覇気が感じられません。



こんなに長かったっけか?と思うホド長い下りを走り、往路で寄り損ねた滝を見に行くコトにします。

KIMG0135.jpg

予定が思いっきり短縮されましたからね。



駐車場の対岸には花が一面に咲いています。

KIMG0132.jpg

乗りモノの乗り入れはココまでで、ココからは徒歩で滝へと向かうようです。


しかし…


KIMG0133.jpg


「「15分…か…」」


「「どうする?」」



・・・・・・・・・・・・・・・・・



「「やめとくか」」




「「ココに写真あるからどんな滝か分かるしな」」

KIMG0134.jpg


ビンディングシューズで歩くコトを極端に嫌うキバヌケブラザース。

白馬に行けなくなったコトで気合が抜け、キバヌケっぷりが加速してます。



しかし何のアレも無くただただ尻尾を巻いて帰るワケにもいきませんので、これまた往路でスルーした黒姫へと向かうコトにします。

KIMG0136.jpg



「黒姫スキー場」へと向かう登りへと意気揚々と臨む我々でしたが、

KIMG0138.jpg



1kmでオワタ\(^o^)/

脚が、ではありません。

登りが、です。



地図を見る限りではその先へ続く道もアリ、まだ登っているようですが行き止まり…というより閉鎖されています。

KIMG0142.jpg

ナニやら花がいっぱい咲いていて、ソレっぽいフェアを催してましたので、そのせいでしょうか。



しかしそのおかげでお店も開いてましたので小休止にします。

KIMG0143.jpg

1kmしか登ってないのに。


味噌ラーメン…はあまり好きではありませんので、ソレ以外のナニかをガッツリ食べようかと思いましたが、予定が大幅に短縮された為に昼食までに実家に戻れそうなのでガマンします。

なのでソフトクリームのみで。

KIMG0140.jpg



1kmしか登ってないのにマターリしながら、正面(木の向こう)に見える山(斑尾山)を見てオル兄が無意味な提案をします。

KIMG0141.jpg



「白馬行けなかったし、アレ登って帰るか?」





行く気ねーの知ってるぞ\(^o^)/



「ウム」





モチロン真っ直ぐ帰宅しますよ。
キバヌケブラザーズですから。



そのキバヌケで闘争心のカケラも無いオル兄に安心してか、蝶が足に止まる始末。

KIMG0145.jpg




往路(国道)をそのまま走ればスグ帰れますが、とにかくピストンルートが嫌い(2度目)な私は、とにかく違う道を探します。

すると良さそうな道を見つけましたので、シブい表情を浮かべるオル兄を説得してその道を通って帰るコトにします。



するとクルマも少なくて…いや、国道を通っても少ないんですが、中々にイイ道です。

KIMG0147.jpg

KIMG0148.jpg



途中で結構長いトンネルが現れましたので、トンネル大嫌いブラザーズは脇道を選択します。

KIMG0151.jpg


チョット考えれば分かるコトですが、何故ソコにトンネルがあるかというと、山を登らずに突き抜ける道を作ったから、でしょうね。
ココの場合。

ソコソコ長いトンネルということは、ソコソコ長い登りが待っている、というコトです。


トンネルをビビって避けるというキバヌケっぷりが完全に裏目に出てますね。



KIMG0152.jpg

ココにきて気温も急上昇してますし。



ちなみに、ココの登りで不穏な動きを見せて登るオル兄ですが、

KIMG0153.jpg

一応モノマネのつもりなのです。


ダレの…かは、恥ずかしくて書けませんが。



なーんて遊んでるとようやくピークが見えてきました。

KIMG0154.jpg

正真正銘、この日最後の登りです。



この後はガーっと下って、下り過ぎて道を間違えて無事実家へと…帰る前に、

KIMG0158.jpg

かつて兄弟でバス釣りに興じた池をチェックします。
通り道でしたので。

毎年夏は水面が水草で覆われてしまうので、トーシロの私には手が出せません。

この日は訪れた時間がお昼頃でしたので1組(3名)しか居ませんでした。
釣れずに帰るようでしたし。



知らぬ間にオープンしていた「ハッピードリンクショップ」でドリンクを補給し、

KIMG0156.jpg

今度こそ実家へと帰ります。
15分くらいで着くのに、補給します。


ちなみにこの「ハッピードリンクショップ」(自販機が並んでいるダケ)は長野県内の至るトコロ(特に山間部)で見るコトが出来ます。





こうして夏の兄弟ライドは今年も無事に終えるコトが出来ました。
キバヌケ過ぎて最後の勝負もありません。

というより、勝負を出来るルートを通ってません。



次回の勝負の場は富士スピードウェイで開催される「富士チャレンジ」の予定でしたが、諸事情によりDNSとしましたので次はいつになるコトやら…
※DNS記念に昨年の参戦記を近日中に記事にします。



とりあえず年内に一緒に走る予定はありますので、出たトコ勝負、でしょうかね。





いずれにしても、天候やルートの選択ミスにより不完全燃焼に終わった今年の夏ライド、来年はキッチリガッツリ走りたいですね。
信州にはまだまだ行ってない山がたくさん残ってますし。




しかし富士チャレをDNSするコトで今年のサーキットシリーズは私の負けが確定です。
来年の鈴鹿までに鍛え直さねば!

その為にはやっぱりアレを導入するしかないな…








【走行距離】104.6km
【獲得標高】2,035m






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

キバヌケフラザースのキバは直ぐに生えてくるから油断できないんですよね〜( ´Д`)y━・~~

アレを導入するとは・・・((((;゚Д゚)))))))

たかじんさん、こんばんわ

たかじんさんが鈴鹿でご覧になったアレは、私にとっても想定外でしたが、今回はしばらく生えそうもありません(笑)


アレはもしかすると近いうちに何とかなるかも…
うふふふ♪
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター