マターリなど夢のまた夢

賢島「ローディ」サミット編、最終回です。








想定外の激坂を登り大満足の一行は、

20150913_141654.jpg

いよいよ最後の目的地に向けて走り出します。



とりあえずは班分けして走っていましたが、どなた様がマサカのコースミス。


道を曲がったトコロで後続を待つつもりが、曲がらずに走り抜ける皆さんにドンドン抜かされる始末。





コリャイカンと、前を走る皆さんを追いますが…




脚が回らん\(^o^)/


もう完全に売り切れです。



私のヘボい走りに業を煮やした住友さんが颯爽と前に出ますが、もはやツキイチをキープするだけで精一杯。

こりゃチギれるな…

そう覚悟したその時、前を走る集団をハケーン!


フゥ…休める…


そう思ったのも束の間。



その集団をかわして更に前に出る住友さん。

まだアゲるつもりですか…



やはりこのメンバーではマターリなど夢物語だったようです。



完全に脚がオワタ私は集団の最後尾で休憩します。






しばらく走るとコンビニで休憩を入れますが、

20150913_153434.jpg


マターリ走ったとは到底思えない休憩風景。

むしろお疲れです。





「マターリ」という前提でこのコースを考えてくださったカンパチさん。




空気読み過ぎです\(^o^)/






コンビニ休憩を終えると、次のオヤツポイントへ向けてマターリ行進。




列車と並走する列車。

20150913_154520.jpg




イイ感じの街中を抜け、

20150913_155029.jpg



辿り着いたのは!




20150913_155225.jpg


「こうじや」さんです。


何とイカスものが食べれるお店!



20名ものピチオッサンが押し掛けたので、お店のおねえさんはクリビツテンギョウ(ビックリ仰天)。


「5人までで勘弁してや~♪」

そう言いながらソフトクリームを用意して下さいます。

20150913_160040.jpg




20個ものソフトクリームを準備するのはとてもタイヘンそうでしたので、店内に座ってマターリ待っていると…

20150913_160212.jpg

外でナニやらアレしてる方々が。

アヤシイですね。



お♪

ソフトクリームが届きましたよ。

20150913_160303.jpg


ココの豆乳ソフトクリームは、シッカリと豆乳の味を楽しませてくれて、とても美味しいですね。

是非また食べたい逸品です。
ただし次は5人以下で訪れましょう。



そしてソフトクリームを食べながら外を眺めていると…

20150913_160647.jpg

んん?

ナニかアヤシイ動きが始まっています。


どうやら教祖はONIさんのようです。
ONI教の布教活動でしょうか…?




皆さん美味しくいただいたようなので出発しますが、

20150913_161405.jpg

お店の方々が外までお見送り。



何とも心温まるお店です。




皆さんも「こうじや」さんまで是非♪
但し5人までですよ。




お次に訪れたのはイルカさん(但し無機物)と戯れる場所。

20150913_162235.jpg

20150913_162422.jpg




ココまで来ると、楽しかったこの日の終わりがスグソコです。



ラストに大き目のコブを越えれば、

20150913_164235.jpg

あとはマターリ。





の、ハズでしたが!








コブのピークでマサカの脚攣り!





カンパチさんが。





コースディレクターで、激坂までご用意して下さった、カンパチさんが。






【視点その1】

遠くから集まった皆さんを、剛脚(私は除く)集まる一行を、精一杯おもてなししようと強度的にも満足(私には過分)出来るコースを考えてくださり、無理を押して先頭を牽き続けて下さった結果が脚攣り…

本当にありがとうございます!




【視点その2】

マターリという言葉に騙された方々をナニする為に拵えた、激坂含むアップダウンの続く難コース。
ソコを皆さんの脚を削るべくゴリゴリに牽いた結果の脚攣り…

自分で掘った落とし穴に落ちた的な?

m9(^д^)ウヒョー





どう見るかはこの日参加された皆さん次第です。

私はモチロン…







停車しているカンパチさんの元へ向かおうと思い始めたその時、



「路さんが先に行っちゃったから追って~」



という声が聴こえてきました。



フム。
ココで一旦ストップするコトをお伝えしなければ。



そう思って下り基調の道をモリ漕ぎ(自分比)すると…






背中から圧力をカンジル\(^o^)/



ヌゥ…
誰が私を追い立てるのだ…?



とりあえず確認出来たのはコギコギさん、住友さん、ワタルさん。
多分もう1~2名いらっしゃった気がしますが、必死過ぎて分かりませんでした。



一人ならばテキトーなトコロでチカラを抜いて走ろうかと思いましたが、あんなイキオイで後ろから追い立てられると必死で走らざるを得ません。

下り基調とはいえ、時折現れる登り返し。

私の終わった脚では減速必至です。


するとまたもや私のヘボい走りに業を煮やした住友さんが私の前に躍り出ます。



あぁ…

やっぱりか…



結局最後までマターリ走るコトは叶わなかった…



やはりこのメンバーではマターリなど夢のまた夢。

そんな言葉など風と共に流されていきます。



沖縄疲れの残るコギコギさんも「マジか…」という呟きと共に先頭を牽いてくださいましたが、後ろへ下がると同時にコブでチカラ尽きる始末。

モチロン、そんな強度で走り抜けるのは住友さんです。



すると前に走る方をハケーン!

しかし路さんではありません。



Naoさんだ!



一気に抜き去る住友さんに刺激されてか、再加速して列車に乗り込みます。



すると住友さんから先頭交代の合図が!




アレは!

まさか!



ウム!
間違いない!




いつものネタフリだ!




ココは断るコトで成立する一連のコント。

この交代要求には決して乗ってはイカンのです。
いついかなる時も。





なのに!





空気を読まず前へ出ようとするNaoさん





あかーん!

前に出たらアカーン!!






必死で叫ぶ私の声はNaoさんの耳には届かず。

結局前に出てはチカラ尽きるまで牽き、結局リードアウトになっちゃうというSHOROs流先頭交代を敢行。




ムゥ…

おかげでまた住友さんの牽きにチカラ強さが増してしまった…




私のストロングポイントのハズの下り基調ですらツキイチが精一杯という強度の中、林を抜け見晴らしがよくなった場所に差し掛かると前を走る黒い影が!


アレは間違いなく路さんだ!



このペースで走ればもうスグ追い付くな…



この時点で既にアゲアゲで路さんを追いかける理由を完全に見失ってた私(と、多分住友さんも)。



このままでは…

剣岳の二の舞になる!



何故か住友さんと共闘して路さんを追い掛けるという、むしろ意に反する行為。

しかしながら追い付きそうなら追い付きたくなるという、何とも言えないローディの性(自分調べ)。




そんな葛藤に悩まされていると、住宅街に入りクルマが詰まって減速・停車するコトに。

そして路さんは遥か先へ。





ココからはホンのひと時のマターリライド。

軽く道を間違えたりしましたが。







この後はスタート地点の駐車場に戻り、カンパチさんへの感謝と、お集まりいただいた皆さんに感謝して、とても楽しかった一日が終わりを告げました。

20150913_174502.jpg





『賢島「ローディ」サミット』

「追い越し禁止でマターリサイクリング」



私の意図するマターリとは程遠いツーリングとなりましたが、これもまた自転車の楽しみ方の一つ。

おかげさまで今回も楽しい一日を過ごすことが出来ました。




コースディレクター…というより幹事を請け負ってくださったカンパチさんを始め、お集まりいただいた皆さん、


ありがとうございました!



また一緒に遊んでください♪








【走行距離】107.2km
【獲得標高】1,474m







この日のお気に入りの一枚。


20150913_174503.jpg
※たかじんさんのブログより無断転用


「アニキとキメる私」



でも私のキメの甘さが目立ちますね。
精進します!








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ローディのマターリは、信じちゃいけないって解っていても期待してしまう。これもローディあるあるですね(-ω-;)

No title

マターリという言葉は何処に行ったのでしょうか?。

でも楽しかったので良かったですよ~!。

今度こそ本当のマターリポタリングを期待しております。

驚愕の事実が発覚!

 ダイさん、おはようございます。
 
 えー、正解は、「視点その1」ですっ、(キリッ!

 実は、このコース下見も含めて3~4回ボッチで
走ってるんですが、海辺での休憩の時点で、頭に
クエスチョン・マークが激しく点燈、こんなにキツ
かったカナ?と。
 やっぱり、走るメンバーが・・・・・脚がモタな
いことを痛感しました。

追伸:「その2」を発想できるところがクレイジー・トレイン
    なんですね。 精進します。

No title

イナゴの襲来のように僕らが去った後のこうじやさんにはペンペン草も生えていなかったとか・・・オソロシア


いいとこナシで終わってしまった「賢島ローディサミット」でしたから、次回はキッチリ爪痕を残せれるように精進しときます!

Fosettaさん、こんばんわ

どこかの誰かが、マターリ出来ないのは私のせいだという言いがかりをつけるので、私本人がマターリのつもりマンマンであればマターリ出来るのかな、と。

私以外の誰かが原因だったと分かったダケもヨシとします\(^o^)/

NAO-TCRさん、こんばんわ

> マターリという言葉は何処に行ったのでしょうか?。
私が聞きたいくらいです\(^o^)/

楽しかったのは間違いありませんが。

決して私のせいではありませんよ!

Re: 驚愕の事実が発覚!

カンパチさん、こんばんわ

ムゥ…
3~4回も試走して、ドコで我々をナニするかほくそ笑んでいらっしゃったワケですね。


「その2」が正解のようですね(笑)

たかじんさん、こんばんわ

イナゴの襲来\(^o^)/
まさにそんな感じでしたねw

「いいトコ」がナニを以ってソレなのかが気になりますが、とりあえず遠征に来てまで削るのはご勘弁ください\(^o^)/

皆様のアシストにより超楽しかったです(^^)
カンパチさんに感謝!キリッ
ありがとう♪ございました。
今度は、アシスト出来るように鍛え上げて
恩返し出来たら最高かな!?
また皆さんとご一緒したいなぁ~(#^.^#)

ONIさん、こんばんわ

今回も本当に楽しいライドでしたね~♪

ONIさんが更に鍛えちゃうとアシストというより逃げられちゃうのでホドホドでお願いします。
そしてターゲットはアノ人ダケですからね\(^o^)/

またコレからもイロイロ企画出来ればと思っていますので、その時はまたよろしくお願いします!
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター