また来年もよろしく!

「西播磨の牡蠣を喰らい尽くすライド」二日目です。






この日は「モーニング万葉岬観測隊」通称「モー万」に参加する為に早起きです。


20160228_044504.jpg


この季節、地元で走る時でもこんな時間には起きません。

モー万隊オソルベシ…



コースは2つ用意されていて、早めにスタートして遠回りして万葉岬に向かう鬼畜コースと、日の出に間に合う程度に起きて最短距離で万葉岬に向かうゴリ平(ゴリゴリ平坦)コース。



せっかくなのでだるま珈琲のマスターと一緒に走りたいと思い、鬼畜コースを選択しました。




まだ辺りが闇に包まれている時間帯なのに続々と集まるヘンタイさん達。
※私は語り部なので該当しません。


20160228_054316.jpg


「では」

そんな感じの言葉があったか無かったか、そんな感じにスルスルっと先頭切ってスタートしたマスター。



暗闇の中を地元走りするマスターの後を、前走者のライトを頼りに必死で追い掛けます。

朝イチからアゲアゲです。




視界の広がる道に出ると更にアゲアゲ。

逸れたら万葉岬に辿り着けないのでとにかく切れないように踏ん張ります。



しばらくすると現れた登り…



若い二人はクイクイ上がって行きます。


20160228_062354.jpg




そしてマスターは私達名古屋勢がラクしないようにキッチリ後ろで監視。


20160228_062411.jpg




この道は…過去2度ホド通ったコトがありますが、こんなにキツかったけかな?

というくらい追い立てられます。



はりまシーサイドロードに出てもその脚を休めるコトは一切許されず、アップダウンの続く道をゴリゴリ走らされて、



20160228_064334.jpg



ココに着いた時には既にヘロヘロのパー。




前回も似た様なコトを書いた気がしますが、万葉岬のキツさはその登りそのものに非ず。

ソコに至るまでの行程が何よりもキツイのです。
ちなみに帰り道もコレマタきついのです。




誰にも追い立てられない万葉岬の登りはマターリマターリ。





そして登った先で見た景色は…












20160228_065230.jpg

20160228_065304.jpg





ま~~~~た曇ってやがる\(^o^)/

何回登れば晴れるんだ?





我々が登った時には既にゴリ平コースの方々も到着していました。


20160228_065417.jpg






「お!朝陽が見えたぞ!」




その声と共にその方向に目を向けると…







20160228_065605.jpg




ビミョー\(^o^)/








すると前日から登り足りなくて仕方のないたかじんさんから、


「ダイちゃん、オカワリ行かない?」





\(^o^)/オーイエ






普段あまりこういう誘い方をしないたかじんさん。

逆に、こういう誘い方をするというコトはつまりは強制というコト。







ココ最近、たかじんさんは私のコトをナニした記事を書くブロガーと成していますが、実は逆なのですよ。

そのナニ記事ブログはコチラ
過去記事もちゃーんとチェック願います。ナニしまくりですから。








こうして強制的に万葉岬オカワリです。

まさか二日で4回も登るハメになるとは…
それでも4kmですが。





疲れ果てて皆さんの集まる場所に戻ると…





おお♪







20160228_071439.jpg



セーテン珈琲配給所がオープンしてる!




初めて西播磨を訪れてからこの1年、幾度となくこの地を訪れましたがついにこの珈琲をココで味わうコトが出来ました。


20160228_071538.jpg


サスガ強い漢は優しさも備えている!




セーテンさん、ありがとう!





セーテン珈琲を味わっていると太陽がイイ感じに。


20160228_072022.jpg


あくまでも先ほどよりは、ですが。





んん…?

アレ?



何か忘れているようなキガスル…








あ!


バイソンさんが居ねえ!






ハハーン、

まーた寝坊だな?




ヨシ!

コレでウチのデリさんの勝ちだ!

2km差で!


ディーさん、ブルマン&アイスクリームonトースト…

ゴチそうちゃんです♪







さて。

ホテルのチェックアウト時間も迫ってきましたので、ソロソロ下へ降りてホテルへ向かいましょう。



というトコロで、プロの下山スタイルを披露する方が!




20160228_072322.jpg



ずー・たにさんだ!



まるでヒルクライム大会のようなその準備の良さに、クライマーとしての脅威を感じます。
コレは相当登り慣れている…ゴクリ




そして案の定帰り道でたかじんさんにガリゴリされますが、昨日程の出力を維持出来ません。

そうです。
私のド貧脚は二日連続で使えるようなシロモノでは無いのです。

一日目でもどうしようも無いアレですけどね。




そしてホテルでシャワーを浴び軽く朝食を食べ、再び相生駅前へ。

私(とたかじんさんとデリさん。そしてmasaさん)はこのまま帰りますが、モノズキなヘンタイさん達はまだコレからも走り倒すようですので、そのお見送りです。

20160228_085847.jpg

愛知県勢も結構残ってますが…皆さんタフガイですな。





すると一人スットボケタ顔して佇む御仁が。






20160228_085151.jpg


O・N・I・さ・ん☆DA\(^o^)/


マサカのココで再会です。

しかもバイクは何故かガチ仕様。


何もかもイミフです。



いやホント、ちゃーんと事前に来ると仰っていただければ一緒に走りたかったのに…

まぁ前回たっぽり遊んでもらいましたから、今日はガマン出来ましたけどね。





モノズキヘンタイさん達をお見送りした後は、私と一緒に帰る御三方と共にだるま珈琲へ。

20160228_092647.jpg



ココで優雅に珈琲を愉しみながら、ドコに寄って帰るか打ち合わせです。

室津で牡蠣を試食しつつ買って帰るのは決まっていますが、何やら皆さんは大海老天丼が気になる様子。



住友さんの情報によると9:00から食べれるようなので、んじゃソレ食べてから室津に行きましょか、というコトにしましたが…





20160228_103433.jpg




騙された\(^o^)/



いや、まぁ…結局着いたのは10:30頃だったので問題ナシでしたけどね。




ソコで牡蠣クリームコロッケと、


20160228_104330.jpg




お目当ての大海老天丼を食べて、


20160228_105559.jpg






室津へGO!


20160228_112640.jpg





まずは何よりも先に牡蠣を試食します。


20160228_113600.jpg


買って帰るにも味を知らんとイカンですしのう。



その味を確かめる為にいくつかの水産会社を回りましたけどね。
あくまでも念の為です。



そうこうしているウチに、やたらムサ苦しいピチピチ集団が群れを成してやってきました。


20160228_113857.jpg


その姿はイナゴさながら!

室津の牡蠣を食らい尽くしペンペン草すら残さぬイキオイ!



その姿にただただ怯えて佇んでいると、ボスイナゴ住友さんから「いいのあるよ♪」と教えていただいたのがコチラ。


20160228_115239.jpg


牡蠣汁です。

何と牡蠣が3個入って100円(税込)という、缶コーヒーよりも安いお値段。

無くなり次第終了ってコトでピチピチ集団も並んでました。



ココで牡蠣を買って自分用のお土産を確保。
ウチの家族は牡蠣を食べんのですよ。
かろうじて長女は食べる程度です。


ちなみに「名古屋まで持って帰るのでヨロシクです♪」とお願いすると美人のお姉さまが殻付き牡蠣をサービスしてくださいました。

さては…今シーズン15kg以上お取り寄せした、カモネギ野郎上得意客のダイさんだと気付かれたかな?


来シーズンもお世話になりますね。

吉田水産さん♪






コレで今回の我々の旅はオシマイです。

若干の名残惜しさもありますが、今シーズンは4回ホド牡蠣を食べに来てますからね。

大満足です。




帰りの道中は、勝者であらせられるウチののデリさんにも充分おくつろぎいただき、


20160228_133011.jpg


無事帰郷。





最後に先程いただいた殻付き牡蠣をたかじんさん・デリさんと一緒に味わって、


20160228_164704.jpg


最後の最後まで牡蠣を楽しみました。

先程室津で美味しい焼き加減を見たばかりですので、ウマウマ焼き加減でパクリ♪











今回も住友輪業さんのおかげで予想外の大人数ライドと共に、今シーズン最後の牡蠣を存分に楽しむコトが出来ました。


本当にありがとうございました!




そして住友さんに案内役を押し付けられた地元の方々、ありがとうございました。




そしてそして、自転車乗りでは無いのに、彼氏が勝手に広げた大風呂敷の犠牲となり、貴重な休日を肉片タッタ一枚で潰すハメになってしまった家ネコさん



本当に本当にありがとうございました!




住友さんのコトは嫌いになっても我々自転車乗りのコトは嫌いにならないでください!



20160229_00.jpg



今回参加された皆様方においては、次に家ネコさんにお会いした時には美味しいモノを御馳走して差し上げましょう!
地元の美味しいモノをお土産に持って行ってもいいですね!
肉一枚では不憫で仕方ありませぬ。












西播磨の牡蠣よ…また食べ尽くしにやって来るから、

大きくなれよ♪











多分来シーズンも3~4回行くかもなので、同行をご希望の方はいつでもご連絡ください♪

シーズン関係無くても行きますけどね。
早速4月にも行きますし♪









※二日目走行データ

【走行距離】32.9km
【獲得標高】534m

【獲得牡蠣数】ソコソコ。更に大海老2本も獲得。












ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

参りましたm(_ _)m
4月にこっちは7時間なナニですか?

No title

当日も「プロだ!」とダイズさんの輪に巻き込んでいただき、ブログにも登場させていただき。
ものすごくありがとうございます!

ですが、僕が軟弱なだけな気がしてならないのです。
いや、僕が一般的・標準ローディーの姿です!

万葉の下りなど、あの格好でも身体の芯まで冷えるかの如き寒さだったのに。
上着も着込まない、皆さんの身体・感覚、どうなっているのか?と。

アニキ~♪(^^)
おもしろすぎです!
これ以上コメントできません(笑)
また絡んでくださいね♪

>ディーさん

7時間な大会名の、2時間です\(^o^)/

>ずー・たにさん

いやいや…あの格好は紛れもなくヒルクライマーのソレですね。
プロです(キッパリ

万葉は、下りは寒かったのは事実ですが、ホテルに戻るまでの行程で何故だか汗ダクでしたから問題ナシです\(^o^)/

>ONIさん

住友さんの二枚も三枚も上を行くドッキリ力!
オミソレ致しました♪

そろそろ二之瀬でお会い出来そうですね~
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター