今回のレースをマジメに振り返る

普段はあまりガッチリとレースを振り返るコトはしないんですけどね。

カラ出張中でナニ出来ずにヒマなので次に生かす為にもタマにはちゃーんと振り返りましょう。






とりあえずは2年前に同じレースに参戦しましたので、その時と比較してみましょう。



【2014年】

順位:45位/115名
周回数:20
Ave:32.77km/h
ベストLAP:9:00.83(公式記録)


【2016年】

順位:14位/110名
周回数:22周
Ave:37.20km/h
ベストLAP:7:39(STRAVA)



この数字ダケ見れば2年前からは明らかに速くなっています。

ただ、2014年は最初から先頭集団に入る考えすら無かったですし、1周9分半~10分でタレずに走り続けるコトを目標にしてましたので、チョット比較しにくいのです。

ただ、結果として成長を感じられるのは素直に嬉しいですね。




ええ。

嬉しいので載せたダケです\(^o^)/










ココからが振り返り。








まず心拍とケイデンス。


【心拍数】

平均:163bpm
最大:186bpm


【ケイデンス】

平均:86
※最大はあまり意味が無さそうなので省きます。



心拍数を見てもコレが高いのかどうかイマイチ分かりませんが、走っていて特にキツさを感じませんでした。

一応ちゃんと計算をしてみますと、私の最大心拍数が197bpmなので、平均の163bpmというのは83%弱。



で、

ソレってどうなの?




「ゾーン」というヤツで当てはめてみると、「ゾーン4」

無酸素領域らしいですが、そんな感じはしなかったな…

レースでは心拍数は上がるとも聞きますし、実質ゾーン3くらいだったに違いないきっとそうだ。




対してケイデンスは…少し低めですね。
まぁ下りもありますからこんなもんかな~とも思いますが…




登っている時にハァハァするのを嫌って、ギリギリまでケイデンスを落として回してた感覚はあります。

大体90~95くらい。

100近くになるとギアを上げてましたからね。



恐らくはコレが脚攣りの大きな要因ではなかろうか…

やんさんの後ろに付いていた時、登りでは軽いギアをクルクルさせていたのをハッキリと覚えています。



重いギアで心拍数上げてたら、ソリャ脚も攣るってモンですな。








そしてパワー。


平均パワー(NP):238w
最大パワー:971w


ウーン…いつ970wも出したんだ?ってくらい踏んだ覚えがあまり無いんですが、きっとインターバルが掛かった時でしょう。

そしてチョイチョイ700w超えもあります。


コリャ疲れるわいって感じですね。

クリテ好きなワリにはインターバルに弱いしスプリント力も無いし乳酸耐性低いしで、もうどうしようもありませんが、無駄な踏み込みを無くして脚を残す技術…なのか精神力なのか分かりませんが、もっと脚を使わないような走りを身に付けないとイカンのです。


平均はソレほどではありませんので、ソレなりに脚を残そうとしてた感じはありますが、インターバルで徐々に脚が削れていったのでしょう。



あとはやはり登り区間。

登り区間の平均出力が270w~300w。

ココをケイデンス上げてトルクを下げれば…もうチョットは脚が残ったかもですね。








他の数字も拾って…とも思いましたが、ナニを拾っていいかワカランですしメンドクサイですし
慣れないコトをすると知恵熱出そう\(^o^)/




以上を踏まえて、私が今回のレースで得た反省点などを。




まず、最も痛感したコト…



ソレは…






乗り込みが足らん!


というコトです。




今回のレースで久々に両脚リャンメン攣りましたが、その「久々」ってのがイカン。

1週間前の練習でもソレなりにハァハァして追い込んだ気になっていましたが、決して脚は攣っていない



キツくなってもソコから更に追い込んで、攣ったらヤメればよかったものを、ソコに行き着く遥か手前で脚を緩めるという体たらく。



とりあえず鈴鹿までは乗り込まないと、です。

攣り攣り上等で、です。





という精神論はココまでにして、もう一つは登りのコトです。


私は自他共に認める登り嫌い。

同じ出力でも平坦なら維持出来ますが、登りではスグ止めてしまう。


と言っても、ココで言う「登り」とはヒルクライムのコトではありません。

サーキットなどにおける「登り」なので、斜度も距離もソレの比ではありません。


ただ、その短い区間をアリもしないトルクで凌ごうとするので、後半で無理が祟って攣り攣りモードになるのだとすれば、ココでクルクルする必要があるのです。


アタマでは、脚よりも心肺の方が回復が早いと分かっていても、ついついハァハァを嫌ってケイデンスを落としてしまう。

今後はケイデンス高めで登り区間を凌ぐ走りを身に着けないとイカン…と思いました。
正解は分かりませんが。



とりあえず…実走ではモロ意識するとして、ローラーでもSST~L4の時は100超で回すようにしよう。

んん?
パワーをそのままにケイデンスを上げたら…ただキツさが増すダケじゃないか?


えーっと…速度で調整しよう。

いやでもそうするとパワトレの意義が…いや速度を見てパワー比較すれば…


ウーン…ワカラン。

まぁいいや。とりあえず回すんだ!








結論として、まだまだ先頭集団は遠いというコト。



しかし以前のように「完全なる異次元」の世界でも無かったですかね。
コースプロフィールにも助けられましたけどね。

鈴鹿はシケイン前がキツイので、ソコで一気にチギられるでしょう。
ソコをどう乗り越えるか…
私より登坂力もパンチ力もあって平坦も強いコン○メさんですら、去年先頭集団ではゴールしてないらしいからなぁ…





あとはスタート時はヤッパリ前の方に並ばないとダメですね。

クリテで充分体感してましたが、ソレはエンデューロでも同じコト。

一度先頭集団から離れたら二度と追い付かん。
当然ですが。









鈴鹿まであとタッタ2ヵ月しかありません。

2ヵ月では一気に強くなるコトは難しいですが、ドコまで身体を慣れさせるコトが出来るか…



その前に岡国だ。

2時間出し切るぞい。

でも初めてのレースだからレベルもイロイロな具合もワカランからコワいのう。
一応ある関係筋(レース経験者)の方からあるデータをいただきましたが、ソレを見る限りかなりキツそう…

でもその関係筋の方は結構な…というより相当な…いや完全にアレな方だしな。






あ、登りが弱いからと言ってウェイトを落とすコトは一切考えておりません。
食事制限とかホントにムリです。

いや…正確には一度取り組んだコトがあるんですが、2ヵ月で効果ゼロでしたので二度とやらんと誓ったのです。



…皆さんどうやって絞ってるの?

「アイスダイエット」という荒行をナニしたヤカラを知ってますが、私にはマネ出来ません。










やっぱり写真が無いのもサミシイので、昨年房総へ走りに行った時(ブログ未掲載)の、海ほたるから見た朝陽の様子を。


20151107_061647.jpg


この日の夕方、結局雨に降られましたけどね。











そういえばレース後、たかじんさんに言われた一言。








「ダイちゃん、ずっと集団にくっついてラクしてたよね」






・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・









精進します\(^o^)/








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

イロイロと過去のデータと比較すると面白いですよね♪
まぁそのほとんどが「へ〜」とか「ふ〜ん」で、最後は「で?」ってなってなんの参考にも僕の場合にはならないんですけど…(´・_・`)

僕ももっと精進して、いつかダイちゃんみたいに先頭集団で鼻歌まじりに走りたいと思ったモリコロでした\(^o^)/

茨の道

 ダイさん、おはようございます。
モリコロ・エンデューロ、お疲れ様でした。
トルクまかせの走りからケイデンス重視に
変更する決断、流石ですね。
軽量化への道も、ダイさんなら軽やかに楽
しそうに突き進みそうなので、チャレンジし
てみて下さい。
 私は、夕食ダケ白米抜きで、あとできる
けグルテン・フリーを心がけてます。
(効果は、あまりナイですが・・・)

No title

僕のばやい高ケイデンスや低ケイデンス、ダンシングなど上手く混ぜながら走ってるつもりなんですけどね~w
真面目な話、如何に脚を使わずに速く走るか?
出場者が同レベルの脚の場合はこれが大切でしょうねw
ま、僕の場合は怪我、寝不足、燃料不足が一番たいせつなのですが(汗)
練習という面ではやはり自分より速い人と走るのが一番です~これは間違いないですw
体重落とす以上にパワーを付ければヒルクライムも問題ないです(デブの言い訳w)
鈴鹿まで2か月ちょっと~お互いコツコツ(コレ大事)積み上げて頑張りましょう!w

> たかじんさん

でもこの年の鈴鹿の方が、去年より速かったんですよね…
結局はその日の体調やコース環境次第…といったトコロでしょうかw

しかし…鼻唄マジリって\(^o^)/

Re: 茨の道

>カンパチさん

普段特にトルク任せのつもりは無いんですけどね。
登りがとにかくキライなのでソレで凌ごうとして…でも長丁場では通用しませんねw

軽量化は既に諦めてます。
ヒルクライムと共に\(^o^)/

No title

ダイちゃん,こんばんは。

大丈夫。パワーが一定なら,ケイデンス上げればトルクは反比例するから少なくて済むよ。脚への負担は下がります。

がんばれ~!
レースの応援には行かないけど,応援してます!(笑)

Re: No title

> やんさん

間近でペダリングを見れたのはホンの少しでしたが、そういえば遥か前方の姿を追っている時チョイチョイダンシングを使っているのも見てました。
マネしましたから\(^o^)/
エンデューロにおける脚の使い方も学ばないといけませんね。

仰る通り、ヒルクライム大会に挑むワケではないので、体重落とすよりパワー付けた方が近道ぽいですね。精神衛生上もソッチの方がいいですしw

いずれ機会があればやんさんに揉んでいただきたいですね~


鈴鹿まで時間は少ないですが、日々やれるコトを積んで行きます。
またよろしくお願いします♪

> リキさん

リキさんのリキ学で考え方が間違ってないと言ってもらえて安心しました♪
ローラー回す時ももう少しケイデンス意識してみます。

頑張ります!

今年はリキさんにチギられないように!

No title

呼ばれたような気がしてたのでやって来ました!

鈴鹿の先頭集団は速すぎて全然無理ですね。上りでついて行けません。
特に最初の数周は人数絞りのために招待選手がトバしますからね~。
私は今年も去年と大して変わらないタイム位な気がしてます。
今からまだ努力はするつもりですけどね。

しかし、今年はライバルのダイズさんに負けたくねーってのがあるので
本番の気合が入っていいかもしれませんねwww

> コンソメさん

コンソメさんでついて行けないと断言されると希望が無くなりますね(笑)

いくつかのサーキットイベントに出ましたが、やっぱり鈴鹿の先頭集団が一番速い気がします。


しかし…私をライバル視とは随分と志が低いですな\(^o^)/
まずは岡国ですね♪
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター