ロードバイクを始めるまで~序章~その1

まだ序章があるのかというお声が聞こえてきそうですがw
しかも「その1」ってww

私がロードバイクを買う1年前、実家の長野にいつも通り帰省するために親に連絡をしたところオル兄が自転車で来ると聞いた。
確かオル兄の家から実家までは250km以上あったハズ…しかもいくつも山を越えないとならないハズ…
しかも当時中学生だった甥まで巻き込んで2人で来るとのこと。

思えば幼少の頃、実兄であるオル兄は私のことを恐怖支配していたが30年以上経って家庭を持っても同様の手口で2人の息子を支配していたためにNoと言えない甥っ子を、一人じゃヒマだからと強制的に250km以上の道のりを走らせるという非人道的な行動を取ったオル兄。

当時自転車に全く興味がなかったのでメーカー等はサッパリわからないが、どうやらクロスバイクというヤツで実家にやってきたオル兄と甥っ子。
甥っ子はモノモライが出来ていて瞼をパンパンに腫らしながら疲労困憊の様子。
ただオル兄はとても満足気な顔をしていて、その様子に少し自転車に興味を持ってしまった自分がいた。

「ちっと自分にも乗らしてくんね?」

翌日実家から山の方へ向かい(長野は全方向が山ww)クロスバイクとやらを走らせてみた。

実家を出て数kmのところで坂が始まる…
「何これツライ」
斜度にして恐らく5~6%程の登りだと思うがとにかくツライ。チョイチョイ足を着く。

当時から往路を戻るというピストンコースが大嫌いな私は道も知らないのに「コレ以上はムリ」とテキトーに左折し、国道から離れ更に山へ入るという過酷な状況に。

もはや足を着くどころか押して歩いたりもして限界が近づいた時に小学校を見つけ中に入り休憩していたが、鉄棒を発見したので何故か懸垂を始めるというワケのわからない行動を開始。

そして休憩を終えテキトーに走っているとようやく見覚えのある道に出て無事帰宅。

確か走行距離は30kmくらい。

当時の自分の中ではかなりの長距離を走った気でいた(中学生が250km走ってきたことは既に忘れてる)ものの、大した充実感もなく自転車を始めたいとは全然思っていなかった…

それが今や…

つづく


ブログランキングに参加してます。(甥っ子への)応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

※甥っ子の後日談
250km以上走らされ疲れ切った甥っ子。実家に滞在してた数日間、ほぼ寝たきりでした。
どうやらオル兄は「実家への自転車チャレンジに付き合ったら好きなもの買ってあげる」と約束してたらしく、私は高額な品を推しまくったが…
「ボクこれがいい」と選んだのはPSPのアクセサリーパーツ的な何か千数百円の品。

オル兄、恐怖支配も程々にな!
甥っ子よ!強くなれ!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ、ドマ兄です。
ウチは嫁の恐怖支配なうw

Re: タイトルなし

ドマ兄、おつです!

恐妻家であることを自ら…フム。

…「書け」と?w
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター