その名は「コンソメグループ」

先回からの続きです。








ってコトでレーススタート!







2時間エンデューロはピットロードからのスタートです。

コース上では7時間エンデューロの真っ最中ですからね。



なのでコースに出るとソコは最終コーナーを抜けたトコロ。



ローリングスタートとのコトでしたので、その先にあるコーナーを抜け、ホブスコーナー~レッドマンコーナーという連続する2つのコーナーを抜ける辺りまではローリングなのかな?なーんてタカをククっていましたが…





1発目のコーナー抜けた途端、




一気に加速しましたよ\(^o^)/







完全に不意を突かれました。

一緒に近くを走っていたコンソメさんと「ここで!?」と思わず叫んでしまったホドです。




しかもスタートダッシュというよりは…むしろスプリントじゃねーの?くらいのフル加速(※私にとっては)。




コリャ本気で追わないと先頭集団内に残るコトすら出来んぞ!




というコトで後のコトは考えずとにかくガチ踏み開始!

コンソメさんもズンズン加速していきます。





しかし…




ムゥ…







踏みきれん!










前日のダメージがモモ筋にアリアリです。

イメージ通りの加速が全然出来ません。



更に明らかなアップ不足のせいで、心肺も全然回りません。




コリャイカンぞう…





とりあえずコンソメさんのツキイチだけは逃すまいと必死に追いますが、コンソメさんはこのペースでは2時間もたん!と判断されたのか、先頭集団に追い付くのを諦めた様子。


まだ諦めきれない私はとにかく必死で追います。



似たような考えを持っているであろう方々の列車に乗り、とにかく必死で先頭集団を追います。




しかし…




背中は見えているものの、一向に距離は縮まりません。

むしろ徐々に…徐々に…離れていきます。



ムゥ…ドコかで先頭に出て決死の覚悟で牽くしかないか…?



そう考えながら集団内で二の足を踏んでいると…






あ!



中切れしてる\(^o^)/






私の2台前の方がいつの間にか中切れです。


前の背中は既に5~6車身ホド離れています…







もうダメ\(^o^)/







私は先頭集団に追い付こうとするのを諦めて一気に脚を休ませるコトにしました。



恐らくコンソメさんはそんなに離れてないハズ!と、後ろを確認すると…


コーナーの向こうにピンクのジャージをハケーン!



目立つジャージで助かった!

緩め過ぎない程度にボチボチ走ってコンソメさんを待つコトにしよう!





と思って走っていると…前方に見えるあのジャージは…



むむ!







モーニングさんハケーン♪



モーニングさんは7時間ソロで出場されていたのです。

選ぶ種目が既にアレです。





サスガのモーニングさんも、ホームストレートのモーレツな向かい風にはムリして立つ向かうコトはしてませんでした。

コンソメさんを待つ間、少しでもお役に立とうと善意100%で前を牽かさせていただきました。


ただ、ちょうどいいペースがサッパリワカランので、お役に立てたかどうかはモーニングさんのみぞ知るトコロですけどね。



するとコソーリ私の横を駆け抜けていくピンクの影が!




(私が勝手に)待ってたのに無視して行こうとしとる!


でもジャージがピンクだからモロバレですよ!






ってコトでモーニングさんにお別れを言って、コンソメさんのツキイチキープ大作戦の開始です♪



しかし今回はエンデューロレース。

マジなヤツです。


いつものオフザケライドではありません。




なので私はちゃーんとコンソメさんに伝えましたよ。







いつでも先頭代わりますね、と。








「ええ。断らないでくださいよ。」


ええ。
モチロン。

今日は本番ですからね。







しかし…


ココに来るまでの車中での会話では…





「前に誰かいると自分のペースで走れないからイヤなんですよね。

「イヤなんですよね。」

「先頭の方がイイんですよね。」





そう仰っていたコンソメさん。





なので、多分私の順番は回って来ないな。

そう確信しておりました。







そしてソレを有言実行するのがコンソメさんという漢。









牽きます。


20160417_300003.jpg








牽きます!


20160417_300002.jpg








牽き倒します!


20160417_300006.jpg






合流当初、てっきりコンソメさんと二人で走っているかと思いきや、気付いたら結構な数の方々が後ろに付いていました。





まさにコンソメグループ

このグループ形成後、90%以上はコンソメさんが牽いていました。





何故なら…




交代を要求しないので\(^o^)/



やでだぜ!






でもタマ~~~~に、ナニかの間違いで私が先頭に出てしまいましたので、


20160417_200003.jpg


ちゃんと牽きましたよ。
お断りせずに。
いやまぁ当然ですけども。




この時以外でも間違えて前に出てしまったので、先頭なのに休むダンシングで牽くという冒険にもチャレンジしたり。




ドコかの周回で前に出た時も、アトウッドカーブ後のモロ向かい風ポイントでしたのでコリャマイッタな…と思っていると、後ろからイイ感じのお二人をハケーン!

TTバイクに跨る、トロ・バラの選手です。


ビミョーに速い気もしましたが、向かい風を先頭で浴びるよりはまぁいいかな?と思いつつツキイチをロックオン!


ホームストレートに入ってもそのままツキイチをキープしていましたが…


ウーン…チトキツイかな?



でもさっきコンソメさんがココ(ホームストレート)で出してた速度と大差ないしな…



そう思いながらホームストレートを駆け抜けて最終コーナーに差し掛かるトコロで、後ろを走るコンソメさんから助け舟の一言が。





「コレ、ついてったらアカンヤツですよね」






ヤッパリ?\(^o^)/







「列車の人数減ってますよ」


殆どの人は全く前に出ねーから減ったトコロで何の影響も無いんですけどね






アブナイアブナイ。

このまま付いて行ったら脚オワルトコロでしたな。





と思ったら。




結局似たような速さの人に付いて行くコンソメさん。







さっきのTTバイクのお二人、



チョイ前にずーっと居るじゃない\(^o^)/













後半になると、牽き続けるコンソメさんの姿を見兼ねたのか、モロ追い風の割とどうでもいいトコロでコンソメさんの前に出る一人の方が現れましたが、結局はほぼ一人で牽き続けたコンソメさん。

20160417_300001.jpg


まさにコンソメグループ





その姿に感銘を受け、ホームストレートに帰ってくる度に応援してくださる方々に向けて、

20160417_300004.jpg

コンソメさんに拍手を送っていただくようアッピルします。






途中、私のスグ後ろを走っていた選手が横に出てきて私に話しかけてきました。





「先頭の方、ずーっと牽いてペースを作っていらっしゃって、本当にスゴイですよね!」

でもこの方は牽かない。



「もしかしてドコかの実業団の方か何かですか?」


確かにそう思わせるほど、交代要求を一切せずに牽き続けるコンソメさん。



その質問に対し、私は知りうる限りの情報をこの方にお伝えしました。




いいえ。実業団ではありませんが、ヘンタイさんではあります。
しかも前に誰か出られるのを嫌うので、先頭が大好きなんですよ。




「へ~~~、そうなんですかー」

そう言い残し、遠慮なく下がっていくその選手。





しばらくしてからも、再び私の横に来て、


「いや、ホントスゴイ方ですよね!」

でも牽かない。


「でもこれだけの数の列車なのに、誰も前に出ないですよね」


その方はそう仰っては後ろに下がって行きました。






ええ、

貴方も私も…ですけどね\(^o^)/










そしてレースはついに最終周へと突入です。









最後の周回に入るトコロで、私はコンソメさんにある宣言をしたのです。













つづく。










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

7時間ソロに出る方といい、牽き続けるコンソメさんといいすごい方ばかりですね。
そういうダイズさんも牽いている時のフォームがバリバリのイケイケの人ですけどね。

> 寿司屋さん

7時間ソロに出てた方もコンソメさんも、本当にスゴイ方達です。
いつもいい刺激を貰っています♪

でも私はバリバリのイケイケどころか、グダグダのダメダメですけどね…
写真は一番カッコいいヤツを選んでますから\(^o^)/
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター