今年もGWは渋峠へ(激坂経由)

脚攣ったりヘボヘボクリテで過ごしたGW前半。

一日の仕事日を挟んで後半の三連休は実家に帰省しての信州ライドでした。



ただ日程の都合上一日しか走る日が取れないので、ガツンと走りたかったのですが…

丸々一日の時間を貰えるかどうかも分からなかった上に、走る予定をしていた4日は雨予報



というコトで急遽走る日を3日に変更し、2日の仕事が終わってから夜中へ実家へ向かうコトに。




そのおかげで丸っと一日走る時間が取れたので、私が考えたガッツリルート二つから選ぶコトに。


メイン目的は二つ。

一つは渋峠で、もう一つは野沢温泉~栄村付近の山道を走るコト。



去年のGWにも渋峠へ行きましたが、その時は長野県側(志賀高原側)から登りました。

30km以上、延々と…ワリとダラダラ登るルート。
※改めて確かめたらタマにキツい坂もありましたけども。

その時は草津側へ降りて行きましたが、草津側から登るのも面白そうだね、というコトでそんなルートを引いてみると…




マサカの220km4500mというオニのようなルートに。
草津に行く前に菅平や鳥居峠を越えないとイカンので仕方ないんですが。

コレはオル兄から即却下を喰らいます。

逆に「いいね」とか言われたらどうしようかとも思いましたが。





んじゃ草津は(下りとはいえ)去年通ったから、違うルートで登って近道しようか、というコトで考えたルートがマサカの激坂(自分比)というワケです。










というコトで当日。









私が前日の夜中に実家に到着した頃には自分だけ先に寝ていやがったオル兄はスッキリ起床。

私は寝不足感バリバリです。


まぁファンライドなので大丈夫でしょう。

最悪のコトを考えて妻に回収車の準備をお願いしておきましたし。






バカ息子二人の為に母親がチョー早起きして準備してくれた朝食をガッツリ食べて、


20160503_064749.jpg

20160503_064825.jpg


この日も揃ってバッハジャージで出陣。

マジお気に入りです。



タマにはCrazy Trainジャージでも…と思いましたが、「アレはレース用!」と妙な拘りを見せるオル兄に押し切られます。



そしてバイクは当然の如く完全体DQN仕様
無論乙女ギア装着。

長野の山岳をバレットで走るなど自殺行為です。





2~3回ホド忘れ物を繰り返すというフヌケっぷりを披露しつつ実家を出発。




最近ナニやら蔵のある街的なアレをウリにしてナニしている須坂市内の街並みを抜け、

20160503_071758.jpg


万座へと続く道へ向かいます。




既に登り始めている須坂市街地を抜けると、あっという間に山間の風景に。

20160503_074456.jpg


長野市内から30分も走ればスグこういう風景が見れるのはいいトコロですね。

毎日ではアレかもですが…帰省する身としては最高です。







そしてしばらく走ると本格的な山道へ。





その入口にあった案内板には…


んん?




20160503_074845.jpg



万座まで22kmって書いてある…



確か私の記憶では登りは14~5kmのハズ…平均斜度は8~9%程ありますが。


あとからルートを見たらピークまではヤッパリ14~5kmでした。




そしてココの看板の近くにあるお宅の2階ベランダにふと目を向けると…





20160503_074847.jpg




なんかデケー人が立ってる\(^o^)/




…と思ったら人形でした。


どっちにしてもコエーっつーんですよ。






そして早速始まる激坂ステージ。

20160503_075042.jpg


余裕で10%超えです。

何なら13~4%あります。

しかもソレが延々続きます。



平均8~9%じゃねーのかよ、とボヤきながら(私が引いたルートですが)ひたすらに登ります。




途中刺激を入れないとスグに飽きてしまうという飽きっぽいオル兄が、

20160503_083225.jpg

無駄パンチを仕掛けますが、完全無視


こんなのに付き合ってたら後々響きますからね。

当初の予定から短縮したルートにはしましたが、ソレでも今年一番のロングライド&獲得標高なのです。




視界が広がるトコロで下界に目を向けると、

20160503_083355.jpg

エライ登ってきたようです。




その証拠に、

20160503_083302.jpg

タッタの22kmしか走ってないので既に獲得標高が1,000mを超えています。







途中、展望台のような場所に出ますが、ガーミンの高度図を見る限りモロ中腹で登りのピークはまだまだ先です。



にも関わらず、



「中間ポイントもらったぜ」



などとワケの分からんポイントを設定し、


20160503_083515.jpg



景色を眺めつつ休憩しようというフヌケっぷりを披露するオル兄。




私は意地でもピークまで足着きをしたくなかったので、上の写真はバイクに乗りながら撮りましたよ。






そしてこの展望台を境に若干斜度が落ち着いてきました。

20160503_091535.jpg


概ね7%前後の坂が続く感じです。




後日、改めてこの坂を確認すると、前半7km程が平均10%超という激坂区間、後半7km程が平均7%超というソレなり区間となっていました。


とにかく前半がキツ過ぎるのです。




段々景色も良くなってきて、

20160503_200001.jpg

まるで空を走っているかのよう。



ピークっぽいトコロでようやくバイクを止め、

20160503_200003.jpg

景色を眺めます。




そのままダァーっと走って、

20160503_200004.jpg





少し下ったトコロが


20160503_200005.jpg


「万座」です。

私の変なポーズは完全なローカルネタなので無視コイてください。






先程までは全然クルマも人も居ませんでしたが、ここら辺にはクルマもボチボチ走っています。

サスガ温泉街。

そしてチョー硫黄クセぇっす。






それにしても…


ココまでの登りでは殆どクルマを見かけませんでした。

道も綺麗でとても走りやすいです。



渋峠に向かう道は「草津側」と「志賀高原側」からがメインになっており、須坂市から万座経由というのはかなりマイナーなのでしょう。

明らかにそのその二つのルートと比較するとクルマが少ない…というよりほぼ走っていません。
ちなみに自転車乗りも見かけません。

コレはオススメです。

(私には)激坂ですが。





まだまだ先は長いですしココは通過点ですし何より硫黄の薫りで昇天しそうなので、写真ダケ撮ったらトットと出発します。

20160503_200006.jpg

登り返しをエッチラオッチラ。




国道292号に合流し、

20160503_200007.jpg

その先にある道を見て絶望感を愉しんだり。




またもや空へと向かう感アリアリの道を走りつつ、

20160503_200008.jpg




表側は停車すら禁止の白根山を裏からコソーリ眺めつつ、

20160503_200009.jpg





皆さん大好きあの場所へと向かいます。





ココら辺まで来るとサイクリストがイパーイ♪

先程まで一台たりとも見かけませんでしたけどね。









つづく。








ちなみに、万座に着く手前で私のスマホカメラが壊れましたので、オル兄のケツをブッ叩いて無理やり撮らせた写真でこのツーリング記事が形成されますので、ヤツのアホゥな振る舞い画像はほぼございません。

あしからず。







ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター