「次のトコ」って言うけどよぅ…

GW信州ライド、前回からのつづきです。







白根山のあたりからチラホラと道路に残った雪を見ることが出来ました。


場所によっては

20160503_200010.jpg

コレくらいの高さまで。



バッハジャージがホゴ色ですな。






そして今年も来ましたよ、日本国道最高地点に!







ココはやたら人が多かったので写真撮り待ちをしますが、

20160503_200012.jpg

どうしようも無いハシャギっぷりで世間に恥を晒す若人(但し成人と思われる)をシゲシゲと眺めつつ、順番待ちです。






20160503_200013.jpg


この日は少し霞んでいたのでココでの写真はコレ1枚。





※実は翌日、両親と妻子を連れこの場所にクルマで訪れたんですが、その日はチョー快晴でしたので、その時に撮った写真を。

20160504_000003.jpg

20160504_000002.jpg

イイ景色です♪






そして去年は完全スルーキメてしまった、

20160503_200016.jpg

渋峠ホテルでチョイ休憩です。



ただ、まだ時間が早くお腹も空いていませんでしたので、補給はドリンクと携行した補給食のみ。

マヌケな我ら兄弟、この先は志賀高原方面へ向かうのでこの先にもイロイロあるだろう、という誤った判断をしてしまったのです。



ココにも自転車乗りの方々がチョーイッパイ。



というより、先程の最高地点とココ以外ではほぼ見かけませんでしたね。

我々の走った道が穴場なのか単に間違っているダケなのか…





このホテルの目の前にはこんなモノがありましたので、

20160503_200014.jpg

翌日訪れた際に娘を遊ばせようかと思いましたが、爆睡コイていたので起こす方が可哀そうというコトでスルー。


当然オッサン二人で訪れたこの日もスルー。





ココから(長野県側に)少し下ったトコロに「横手山ドライブイン」がありますが、ココからの景色もコレマタ最高なのです。

20160503_200017.jpg




スッキリ晴れてさえいれば\(^o^)/





なので翌日ちゃーんと撮りましたよ。

20160504_000001.jpg








そしてココからは一気に下ります。

クルマも多いので気を付けながら。






イキオイ余ってそのまま下り切っちゃうとお家に戻っちゃいますので、サクっと北上し志賀高原スキー場方面へと向かいます。


そう。

私をスキーに連れてった焼額山スキー場のあるトコロですね。





ソコソコ有名ドコロなスキー場ですから、既にシーズンが終わっているとはいえレストランくらいはあるかと思ったんですよね。

なので先程の渋峠ホテルではナニも食べずにスルーしたのです。







しかし…










20160503_200018.jpg



20160503_200019.jpg





ソコは猿の惑星でした\(^o^)/

※写真に写っているお猿さんはホンの一部です。






今年は雪が少なかったせいか、スキー場はGWまで営業出来なかったようですが…


にしてもココまでお猿さん王国と化すとは…







実は営業しているレストランもあったんですが、まるでゴーストタウンのようなこの場所でバイクを野晒しにしてお猿さんにナニされてもイカンので、補給食を食い尽くす覚悟で先へ進むコトに。

先程の渋峠でドリンクも満タンに補給しましたので、しばらく大丈夫だろう、というワキの甘い判断です。






しかし…



少し先へ進むと…








20160503_200020.jpg





ナニもねえ\(^o^)/





道路と防護柵以外、文明の匂いが一切ありません。

食事ドコロかコンビニどころか自販機すら無い状況。




なのにヨユーぶっコイて、

20160503_200021.jpg

ワケのワカランポーズで写真を撮る始末。





登ったり下ったりのソレなりの、そして本当にナニも無い道を、


20160503_200022.jpg




ただひたすらに、




20160503_200023.jpg





ただただひたすらに…





20160503_200024.jpg




走ります。







しばらくするとついに我々のドリンクも底をつき始めます。







「次に自販機見つけたら止まろうぜ」










ソレがねぇから困ってんだけどな\(^o^)/










20160503_200025.jpg

コレは景色を楽しんでいるワケではなく、単に休憩しているダケです。

景色見るフリをして。









そして渋峠を出てから約60km…




ついにオアシスを見つけました!






20160503_200026.jpg

ゴンドラの山頂駅っぽいトコロで、スキー場のレストラン的な雰囲気のナニです。


オーダーストップギリギリでしたが何とか食事にありつけました。




ココまでに掛かった時間が約7時間余、距離にして105kmホド。




なのに食べたのがコレダケ。

20160503_200027.jpg

残り70km以上あるんですけどね。

諸事情により、です。






ちなみにココには自転車乗りは誰一人居ませんが、意外と人がたくさん居ました。



ゴンドラ駅ではチョットした縁日っぽいお店も出てましたし、

20160503_200028.jpg

残った雪でソリに興じるご家族も。











さ!


長く辛かった、そして自販機一つ無い過酷な山道はココでオシマイ!





ココからは一気に山を下り、千曲川沿いの平坦路を走るのみ!



補給をうどん一杯で済ませたのは、もうキツイ道は無いだろうという希望的観測があったせいでもあります。








なのでヨユーコイて、遠くに見える棚田を眺め、



20160503_200029.jpg


「エエのう」





20160503_200031.jpg


そうだのう。











この先にはある意味今回一番心が折れるコトになる道が待っているんですけどね。














つづく。










ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

snow monkey

ダイさん、おはようございます。
 志賀高原、子供が小さい頃、家族でスキーに行きました。
たしか、地獄谷も近くにあったと記憶してます。
ニホンザルも人馴れしてるから逃げないですね。

 渋峠も、一度行ってみたいです。

Re: snow monkey

> カンパチさん

確か地獄谷は近くにあったハズです。お猿さんが温泉でナニするアレですよね。

渋峠、もしよろしければ我々の代わりに220km4,500mのコース制覇をお願いします\(^o^)/
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター