絶景乗鞍!

ココを語るのに余計な言葉はいらない。




ということで、昨年の牛窓・前島記事以来の写真メイン記事をお送りします。





さ!
早速乗鞍ヒルクライム開始です!












スタートしてスグ、

20160522_104501.jpg

たかじんさんと「二之瀬っぽいね」なーんて話してたら住友さんから疑いの眼差し。



そして早速脚を止めまくる住友さん。

20160522_105205.jpg

20160522_105808.jpg



途中トイレ休憩をしようと夫婦松?のある場所で一旦停止するも…

20160522_110543.jpg


トイレ使用不可。

20160522_110401.jpg



ONIさんは完全にモーツァルトモードに入って全然上がって来ない。



途中にある展望台からの景色。

20160522_111931.jpg

20160522_112041.jpg


眼下には登ってきた道が。

20160522_300012.jpg
※写真提供:ONIさん


何度もモーツァルトモードに入ってココでも遅れまくるONIさん。

20160522_112255.jpg



全員揃ったところで再出発。

20160522_300017.jpg
※写真提供:ONIさん

こんな風にスプリントしたら効くかな?なーんて言ってると、ペロさんから冷静に「最低だな」と言われる始末。


景色を見ながらノンビリ登ります。

20160522_300018.jpg
※写真提供:ONIさん



しばらく登るとついに現れた雪。

20160522_115016.jpg



そして近付く森林限界。

20160522_120046.jpg





そして…




ついに!




20160522_120342.jpg

20160522_121047.jpg

森林限界!



この辺りから遠くの景色以上に、走ってきた道を振り返ることが楽しくなってくる。
展望よりも、乗鞍に向かうその道が本当に素晴らしい!



雪壁っぽいモノを見つけたので保険で写真を撮っていると、

20160522_121415.jpg



「ソコじゃないですよ!」

20160522_121419.jpg

と、上からツッコまれる。




うねる今から登る道と、

20160522_121520.jpg



走ってきた道。

20160522_121607.jpg



何が何だかワカランくらいウネウネ。

20160522_121703.jpg




そしてこのウネウネを登ると…

20160522_121954.jpg




乗鞍スカイラインで一番の景色と名高い場所に!

20160522_122437.jpg



もう少し登ったトコロからの写真。

FB_IMG_1464131651268.jpg
※写真提供:ONIさん



迫って来そうな雪壁も見れます。

20160522_300020.jpg
※写真提供:ONIさん



そしてこの後は素晴らしい直線が。

20160522_123122.jpg

20160522_123250.jpg

20160522_123426.jpg



山頂手前ではスノーボーダーが山遊びに興じています。

20160522_123827.jpg


ソレを眺める住友さんと、

20160522_124105.jpg



ペロっちゃったペロさん。

20160522_124945.jpg



その反対側には…



雪壁!

20160522_123918.jpg

しかし今年は少ないらしい。



山頂のカルデラ湖も雪が残っていて幻想的。

20160522_125051.jpg

20160522_125202.jpg




畳平到着の証拠写真を…

20160522_125429.jpg

む…



撮り直し。

20160522_125452.jpg




反対からも。

20160522_125512.jpg

ペロさん順番待ち中。




この写真の後、

20160522_125654.jpg

たかじんさんは時間の都合で先に下山。
ありがとうございました!



思ったより寒くなく、

20160522_130103.jpg

コーラが美味しい。


天気がいいので少し外で休憩。

20160522_300021.jpg
※写真提供:ONIさん


なかさんがなかさんっぽくないコトを。

20160522_132621.jpg



少しお腹が空いたので軽く補給。

20160522_133340.jpg



さて。
下山しましょ。



…の前に。




20160522_140610.jpg

長野県(エコーライン)側もチェック。



開通は7月からのようです。

20160522_140733.jpg

8月には下見に来ますよ。


下を見るとハイクしている人が。

20160522_140841.jpg



遠くを望めば長野の山々。

20160522_140845.jpg






今度こそ下山します。

名残惜しいですけどね。




そして下りは30分♪




朴の木平に戻ったら湯治湯治♪

ゆ~っくり温泉に浸かりました。





乗鞍で心身共に癒された後は高山の街へと向かいます。







つづく。






ブログランキングに参加してます。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

※バナー写真提供:住友輪業さん





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

全体的にもうちょっとスケールダウンすれば、あの辺りは二ノ瀬と言っても過言ではないですよね! ・・・広義で♪

森林限界を越えてからのあの絶景の連続は想像を遙かに超えた素晴らしいものでした\(^o^)/ とても去年と同じ山とは・・・

夏は往復ビンタですね♪ 

天空の道

 ダイさん、こんにちは。

 乗鞍、素晴らしいです。
空気が、最高に澄み渡ってますね。
遮るもののない冷涼な風景が、鮮やか
にうねっている道の軌跡を浮かびあがら
せて、どこまでも続いてほしいと思わせ
ます。

 既視感があったのは、ONIさんのFBを
見たからか・・・

> たかじんさん、こんばんわ

今度二之瀬登る時は「乗鞍っぽいわー」って言ってやります\(^o^)/


森林限界超えた後の景色はホント絶景でしたね~
また行きたいです。

往復ビンタは…同行者次第ですね♪

Re: 天空の道

> カンパチさん、こんばんわ

この日は天気に恵まれて本当に運が良かったです。
晴れる確率はそんな高く無いんだとか…

是非一度走ってみてその冷涼な風景を肌で感じてください。
本当に最高ですよ!

No title

緑の絨毯、素晴らしいハイマツ林ですね。
高さ2m以内で、這うような形態に見えるのでハイマツ(這松)です。マツ科マツ属の寒冷地や高山の松ですね。
雌雄同株で、7月頃に枝の先に紅色の雌花と雄花が咲きますよ。硬い殻を閉じた状態の実で冬を越し、翌年の秋に殻全体が乾燥して茶色になって開き、中の実が少し見える状態になります。
実は落ちないのです。鳥、リス、イタチの仲間などの動物に実をほじくり出してもらうんですよ。
高山の鳥で知られているライチョウは、ハイマツが多い地帯に生息してます。運が良ければ出会えるかな。

> うさうささん、こんばんわ

ホントに素晴らしい景色でした。
写真では伝わらないのが残念ですが、そのパノラマな景色・空気、全てが最高でした。

次に行く時はライチョウも探してみます(笑)
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター