久々のSP練でGMにmeetしMySPを再認識

6月某日(土)。


約1ヵ月ぶりブリの二之瀬&SP練に行ってきましたよ。




鈴鹿アタック120を皮切りに、三週連続でイベント(二戦目はDNS)でしたので日々の練習もソコソコ、実走練習は皆無でした。






この日の練習相手は路さんsyuさん

いずれもクライマーさんです。



もうSP練の強度がアゲアゲになるコト間違いナシ!


まぁ…ココ最近ナマってる私の脚に鞭打つにはイイ感じですけどね。






この日は幸運にも梅雨の晴れ間となり、


20160618_053946.jpg


チョー快晴。



日中の最高気温はヨユーの30℃超え予報。

名古屋の夏は暑いのです。



集合場所は岐阜で、周回場所は三重ですが。



暑さ対策で朝6時集合でしたが、この時間はむしろ涼しいくらい。

まだまだ真夏とは言えない時期ですね。






ちなみにこの日は

20160618_055848.jpg


レースピで。



住友さんがいつまでも未練がましいのでそろそろオーナーに貸してあげないと返さんとイカンので、その前にキッチリ乗ってみたかったのです。


二之瀬で登りを、いなべ周回ではサーキットを想定したようなコースを。


インプレはまた次回の記事で。



ホントはレースで使いたかったんですけどね。

この日使った感触から、マジで鈴鹿で使わせてもらえばヨカッタとチョー後悔









この日は富士ヒルの翌週で、若干ヒルクラモードの余韻が残っていましたので、チト二之瀬を頑張ってみるコトに。




すると路さんから、




「スタートから脚が終わるまでガチ踏みコイてね♪」





という、ヒルクライムの常識に真っ向から挑戦するような登り方を私に強要

いわゆるアホチャレですね。



若干ヒルクラモードの私はナニも考えず、ノリでOKしちゃいましたが…




代わりと言っては何ですが、いつもは私が二之瀬麓まで精一杯牽きますが、この日はマジマターリモード




全員が脚を溜めに溜め倒して、


20160618_063542.jpg


二之瀬麓へ。



こういう時、たかじんさんがいらっしゃるとゴリゴリ削られるんですが…この日はセーフ♪






若干ブルーな気持ちでそのまま二之瀬クライムへGOしますが、最初っからガチ踏みという指令を受けていたので、とりあえず下ハンダンシングで思いっ切り…というワケではありませんが、結構なイキオイで踏み倒します。

何でヒルクライムのスタートで1KW出さないとイカンのだ




自称スプリンター脚質の私は、当然100mも持たずにタレッタレ。

ソッコーでsyuさんと路さんにブッチギられます。




しかし…やっぱり私は登りが好きではないんですね。


登りで限界まで攻めるという気持ちがこれっぽっちも芽生えません。
もうダメだが異常に早い。

もうダメだじゃダメだと少しは頑張り直すんですが、スグにもうダメだがやってきて、またもうダメじゃダメだと(以下繰り返し)。



結局タイムは平凡以下。

PBなど夢のまた夢。



二之瀬山頂はスルーして、今日もUNCO(裏二之瀬コーラポイントの意)でしばしの休憩。

20160618_071216.jpg


そういやアレ以来キレッキレおぢさんは現れませんね。

常に臨戦態勢は整っているんですが。








さて。

この日はココからが地獄の始まり。






いなべ周回一周目は軽く流しますが、STRAVA計測ポイントからはチト頑張ります。



下り基調は私の役目なので、お二人をお連れしてオラオラ(自分比)頑張っていると、途中でライトが吹っ飛ぶ始末。

ワリとイイ感じで走れていたんですが、一旦ストップとなりこの周回は流す感じに。




すると登り基調で、先程までの私の牽きにフラストレーションが溜まってたsyuさんが前に出てゴリゴリ牽いて行きます。



1ヵ月前の、私と路さんのSP錬は何だったんだ?というような強度でゴリゴリ牽いて行きます。

完全な登りではなく、2~3%の登り「基調」なのでチギられるワケにも行かず、決死の覚悟ですがります。




すると…




チョー必死コイで走っている我々を、トンデモナイ速度差で追い抜く二人のローディが!






むむ!


何という速さだ!





しかもあの方は…






マサカ…







あのGMでは?!

※あくまでもチラ見で、某有名クライマー様と「思しき」方なのでイニシャルとさせていただきます。






あっという間に視界から消えて行きましたよ。






そして登り基調のピークを超え、またもや下り基調で私の仕事。

先に登っていたsyuさんは、下り基調が始まるトコロでセコく私を待つ始末。




んじゃ逆に逃げちゃろかい!ってコトで、結構本気でナニしましたが…







ヨユーのツキイチ\(^o^)/



全く離れません。







ある区間で更にマジ踏みコイちゃろかい!と思いましたが…






ヨユーのツキイチ\(^o^)/








すると…




むむ!







「その区間」で前方に先程のお二人をハケーン!





何と…




私のSPはあのGMにも通じたのです!





もうチョット踏めば追い付く☆ZE!


頑張れワシ!




そしてsyuさんをチギるんだ☆ZE!












もう脚オワてました\(^o^)/







というコトで私が発射台となり、登り区間に入ったトコロでsyuさんに後を託します。





しかし…






結局チギられたようですよ。







ガッカリだ!



ま、相手はあのGMですしね。



でもチャッカリいなべ周回のタイムは更新されていたようですよ。
無論私のPBもブッチギリ。

…燃えてキタ。









というトコロで路さんがパンクコイたので、コリャ休憩出来てラッキー♪的な感じに。


ソレホドこの日は消耗したのです。





そしてINCO(いなべコーラポイントの意)でまたもや休憩。


20160618_094122.jpg



この時間になるとサスガに暑くなってきましたので、ムリはキンモツです。

でも炭酸飲み過ぎてお腹痛くなっちゃいましたけど。

しかも前回も同じコトしてお腹痛くなってましたけど。




この後は裏二之瀬をボチボチ登って帰路につきますが、津屋川堤防を過ぎ揖斐川を超えた辺りから恒例の最後のアゲアゲタイムが始まります。


疲れた脚に最後まで鞭を打ち、レースの際に最後まで踏ん張れる脚作り…というワケでもなく、単に路さんが愉しんでるダケというウワサも。




しかし二之瀬の下りと津屋川堤防マターリで脚が回復した私は、路さんの逃げを一切容認しませんよ。

イヤらしいホドのツキイチをキメ、タレたトコロでガチスプリントで置き去りの刑です♪



その後はsyuさんもやって来ましたが、脚を溜めつつ牽く私。

ラスト数百mで前に出るsyuさんのツキイチをキメ込んで、最後の最後にごっちゃんスプリント♪



二之瀬でもいなべ周回でもいいトコナシでしたが、最後の平坦ダケはイイ仕事させていただきました。



20160618_112232.jpg




この日も走り終えたらザバスプロテインを飲んでたつもりでしたが、


20160618_112731.jpg



この記事を書こうと写真をナニしてて、初めてこの日飲んだのがただの牛乳だったコトに気付きました。

この時はマジでザバス飲んでるつもりで、写真を撮っている時もザバスだと思い込んでました。



どうりで飲みやすかったワケだ…

ノドがカラッカラで全然気付かんかった…


ソレホドの消耗だった、というコトですね。









この日はとにかく私のSPがGMクラスの方にも通じたというコトで、気持ちよく走り終える事が出来ました。




…多分勘違いですし、そのGMチラ見なので確定ではありませんけどね。













【走行距離】95.6km
【獲得標高】1,305m


ワシのレースピのおかげで、いなべ周回(左回り)はPB更新しましたよ!









ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

dqnドマーネにレースピが似合っててワロタ。
でもあげませんよ!

No title

僕のSPは平田から二ノ瀬までの、みなさんの脚があったまるまでの僅かな区間…それ以外はちょっと(´・_・`)

No title

オデッセイがレースピ履いてるみたい!

> 住友さん、こんばんわ

「クレ」とは言うとらんですよ。
「売って」と言うたのです♪

> たかじんさん、こんばんわ

たかじんさんのSPは私の精神を削るトコロですね。
二之瀬までのソレもそうですが、二之瀬をインナーローでヘコヘコ登ってる私をアウターゴリゴリでチギるトコとか(´・_・`)

> タイプRさん、こんばんわ

そうです。
私のあらゆる持ち物に馴染ませて、私以外を持ち主とした時に違和感を出す作戦なのです(笑)
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター