理由は分かっているんですが、大人の事情により。

前回からの続きです。





だるま珈琲でトイレを借り終えマスターへのご挨拶を済ませ、一行はようやく走り出します。

20160717_112356.jpg

とりあえずいきなりのピットイン(コンビニ)。


コンソメさんがコンビニ店内に入っている間、そのヴェンジが隙だらけでしたので早速勝手に試乗です。

幸い同じLOOKペダルなのでクリートもバッチリ♪



彼の脚が短いフレームが小さくシッティングではまともに漕げませんので、ダンシングでフミフミ。





ええバイクやで\(^o^)/




踏んだ瞬間そのチカラが全て推進力に変わるその感覚は、ドマーネでは決して得られない感覚。
CAAD10は…最近ローラー以外では乗ってませんのでサッパリ覚えておりません。

踏み過ぎると脚が終わるかも…なーんてハナシもありますが、終わるまで踏めばイイんです♪


ホンの少し乗ったダケでもその魅力を垣間見れるヴェンジ…素晴らしいですね。






コンビニ補給を終え、住友さんの先導で走り出したその道は

20160717_114116.jpg

昨年初めて西播磨を訪れた時に走った道。


まるで地元民かのような道を縫って進んで行きます。




…めうさん。

20160717_114123.jpg

20km/hしか出てませんよ。





しばらくは川沿いの道をスイスイ。

20160717_115253.jpg



ちなみに前との距離が離れているのは、チギラレターとかいう三味線を弾く為では無く、私は初めて一緒に走る人や走り慣れない道を走る時は基本的に人のツキイチには入りません。

その人の挙動も知りませんし、その上道も知らなかったらツキイチなんて危険なダケです。

そもそもツーリングでツキイチは何の意味もありませんからね。
前ばっか集中して景色見れませんし。


アゲられたら休憩が欲しいので入りますけどね。

しかしソレはもはやトレーニングの領域。






千種川沿いの道に出ると道が広くとても走りやすい道。

信号も少ないのでイイ巡航トレーニングになります。




すると住友さんが

「ココからSTRAVA区間ですよ♪」

と、コンソメさんを煽ります。



大人な私は冷静に受け流しましたが。





しばらくは列車を組んで大人しく進んでいましたが、何となく向かい風感あるその雰囲気。

ずーっとツキイチしていると後から住友さんにナニ言われるか分かりませんので、親切心100%で前に出ます。


自ら前に出るというコトは、ホンの少し、速度にして2~3km/hはスパイスを効かせる意味でアゲる必要性を感じましたので、ソレを忠実に実行します。



しかしながら!



その瞬間あえて速度を落とし、まるで私がアゲまくったかのような印象を後続に与える住友さん。


「ええええ~」

などど、ワザとらしい野太い声をアゲ、思いっきり三味線を弾くオジキ。




明らかなネガティブキャンペーンですね。





するとコンソメさんがエライイキオイで追っ掛けてきます。

捕まったら怒られちゃうんじゃないかと思えるレベルのイキオイです。



ヤバい!と思って踏んだ瞬間がこの日の最高出力。

さらにその後ろにはめうさんもキッチリ反応してきてました。



お二人とジョイントした後はコンソメさんが前に出てやたらゴリゴリアゲ倒します。
ココでチギれると「弱なったわ」と言われそうなので決死のツキイチ。

…今日はツーリングじゃないの?




しばらくすると信号で止まりますが、「もうダメですわー」などと三味線ブッ込むコンソメさん。

私とめうさんを前に送り出します。



そして今度は変なスイッチが入っためうさんのゴリっ牽き。

さっきのコンソメさんよりはえーっす。

そしてクライマー体型の人のツキイチは結構な風を浴びるので、結構キツイっす。



このままの速度を維持し続けられ、そのまま先頭交代要求されたらマジでヤバい…




しかしサスガのめうさんもこの速度を維持し続けるのはキビシーようで、若干タレたトコロで先頭交代。


ちなみにこの時既にコンソメさんの姿はナシ。




そのままアゲ気味で前に出るとめうさんは脚を溜めだす始末。


それならばと、とにかくイケるトコまで一人で逃げ続けます。




時折後ろを振り替えり、姿が見えたら出力アップ。

一定距離をキープ出来たら少し緩める。


ソレをしばらく繰り返しましたが、いつの間にかめうさんとコンソメさんがジョイントして二人で回しながら私を追って来ましたので徐々に近付いてきます。




そしてついには追い付かれましたが、私を吸収するドコロか何故か私のツキイチをキープ。
てっきりチギられると思ったんですけどね。


弱なったわ。

ヴェンジに乗ったら基本は50km/h巡航と聞いていたんですけどね。






このまま三人でアゲれるトコまでアゲようと思いましたが、道がサッパリワカラン三人ですので一旦は脚溜め溜めモードの住友さんとオジキを待つコトに。


巡航を楽しんだ三人は満足気。

20160717_300004.jpg



三味線オジキはキレたフリするリップサービス。






この待機場所が実はかなり絶妙だったらしく、最初の目的地へと向かう交差点付近。

さすがワシ。



そして山の方へ向かます。

20160717_124140.jpg

ナニやらイイ感じの滝が見れるようなので。




チョイコブで「脚が回らねー」とノタマワるコンソメさんの隙を突き前に出たりして遊んでいると、御三方が全然上がってきません。

道路脇のコケで落車寸前になりながらUターンしてみると、どうやらオジキがチェーン落ちした様子。



ホゥ…

マサカ…アレナニじゃなかろうか…




更に先へと進み最初の10数%の坂に差し掛かると、またもやオジキのバイクがチェーン落ち。

かなりトルクを掛けている状態で落ちたので、数回ペダルを踏んで見えたけど大丈夫かいな…



激坂中なので停止してからのリスタートが危険と判断し、断腸の思いで置き去りに。

コンソメさんとめうさんも登っていっちゃいましたけどね。




もう一つの激坂を超え辿り着くのがココ。

20160717_132002.jpg

飛龍の滝です。


しかし手前のチョイ滝だけ見てオシマイ。

20160717_125114.jpg


だって、


階段がコケでチョースベルんですよ。

コケたら怪我しますよ。


コケコケたら色んな意味で大怪我です。



勇気ある漢コンソメさんは危険を顧みず登っていきましたけどね。



そのコンソメさんが命がけで撮ってきた写真がコチラ。


20160717_300020.jpg




しかし待てども待てども住友さんとオジキが上がってきません。



滝でウヒウヒ遊んでいると…

んん?


20160717_125214.jpg


む!


20160717_125217.jpg


カニだ。

沢カニというヤツですかね?
久々に見ました。




なーんてマターリしていると、

20160717_125858.jpg


住友さんがダンシングでゴリゴリ登ってきます。

コケでスベルってーのに。


ヤル気マンマンで結構ですが、後ろのオジキの姿が見えません。

置き去りか?と思ったら、どうやら先程のチェーン落ちがかなり深刻な様子。
チェーンカッターが必要なレベルのよう。



というコトで全員で一旦オジキの元へと向かいます。



そして改めてチェーンをナニするオジキと住友さん。

20160717_130234.jpg



メカオンチの私に出来るコトはございませんので、

20160717_130646.jpg

写真を撮ってみたり。



しかし…

こんなに激しくチェーン落ちするとは…



確実にアレナニですね。

理由は明確なんですが、大人の事情により公開出来ません。
公開するとオジキマジシバき喰らっちゃいますので。
※既にクンロクは入れられております。





無事オジキのバイクが直ったトコロでもう一度登り直しです。
10数%の激坂を。



チョイと涼んだトコロで来た道を下りコーラ休憩。

20160717_132717.jpg


ただ民家の庭先にあるので長居は無用。





佐用町のアレを食べにアノ店へと向かいます。



昨年何度か西播磨を訪れていますが、アノ店は初めて西播磨に訪れた時以来の2回目なので楽しみです♪










つづく。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター