5,000m登る合宿をしよう

いつのコトだったかもうスッカリ忘れてしまいましたが、雪の壁の乗鞍スカイラインライドの感動冷めやらぬ頃のコト…




エコーラインも登ってみたいモンだね。



そんな話をしつつ、




んじゃウチの実家にお泊りして信州で合宿的なアレしちゃう?





というコトで決まった「信州五千米合宿」


二泊三日のツアー(走行は二日間)で獲得標高5,000m以上登りましょ、という企画。




今回は誰かに丸投げせずに私がコースも考えないとイカン。

でも今回はとても簡単♪



公道での最高到達点に行くなら、国道最高到達点も行っちゃえばいいじゃん、と即渋峠で決定。

以前帰省ライドで兄と走ってますからね。
おおよその獲得標高も分かってます。
無論下見も不要。




初日は乗鞍で約1,400~500m(スバルライン側へ少しナニする込み)登り、
二日目は渋峠&諸々で3,500mホド登って計5,000m。

パーペキだぜ。










というコトで当日。









二泊三日分の荷物をタポーリ積んでリキさんをピックアップしつつ、集合場所の恵那峡SAに到着。



一応声は掛けましたがまさか来るとは思っていなかったアノ人が、前の晩から夜通し走って来てるのでクルマで仮眠をとっているハズ。


20160917_070245.jpg



む…

中身が無い。




とFBでつぶやいたらウ○コしてました。

激写し損ねたぜ。





実家へのお土産を物色してたりしてたら関西組も到着。





ココで改めて今回の参加者をご紹介。


まずは愛知県からリキさん

そして西側諸国から住友輪業さん・コンソメさん・バスク輪さん

その更に遥か西からワタルさん
まさか数百km先までワザワザ自転車乗りに来るとは思わんかったワイ。

20160917_072509.jpg



ホントはリキさんの下山お世話役としてなかさんにもご参加いただく予定だったんですが、急遽予定がナニされて残念ながら不参加に。
次のアレは是非♪





ココからは高速を降りて国道を走りつつヨクワカラン山の中を通りつつ、

20160917_102715.jpg

エコーライン側のバスターミナルに到着。





お盆に上高地帰りに様子見でココに寄ったので1ヵ月ブリです。





あんまりノンビリしていると夕方からの雨予報にヤラれちゃいますので、


20160917_102711.jpg


軽く補給をしたらトットと準備をしてクライム開始です。



20160917_105027.jpg







今回も当然観光クライムなので、足付き上等心拍150bpm以下縛りでノンビリ登る気マンマンですが、某ヒルクライム大会を控えてるコンソメさんは「30分ダケ頑張る」とか言ってヤル気マンマン。


20160917_105729.jpg




住友さんもスタート直後から即アゲて登って行き、


20160917_105440.jpg


写真撮る気マンマン。






写真を撮ったら住友さんがコンソメさんを追い掛けて行ったので、何故か私は一人で登るという苦行を開始。

20160917_110541.jpg


リキさん・ワタルさん・バスク輪さんは更にマターリ。




乗鞍と行っても前半はただの山。

信州で走るソコいらの山々と大差ありません。

自家用車が走って無いのでソコは大いに違いますけどね。


でも心なしか5月のスバルラインより遥かに観光バスの数が多いような…






そして5~6km登ったトコで驚愕の事実が!






20160917_112058.jpg






ココまでクルマで来れたんじゃねーか\(^o^)/

どうりで自家用車がチョイチョイ走ってくるワケだ。





このゲートを過ぎて少し登ると1ランク上の高原感。

20160917_112605.jpg

20160917_112617.jpg



エコーラインはスバルラインよりも小さな川(沢?)が多いように思います。


20160917_113516.jpg

20160917_114653.jpg





しばらくするとコンソメさんと住友さんが上から下りてきました。

ドコまで登ったか分かりませんが、きっとナニか折り返すに値するポイントがあるんだろうと、私もソコを目指して登ります。







んが!







サッパリワカラン\(^o^)/






なので山頂方向のアヤシイ雲を撮ったらトットと戻ります。

20160917_114018.jpg


そろそろ一人がサミシイ。






と思いつつ下ったら先程写真を撮った沢のトコロで皆さんと合流。

皆撮るトコ一緒ですな。





ココからは皆さんとノンビリノンビリ。

20160917_114806.jpg

20160917_120108.jpg






む。

20160917_120823.jpg


ナニを撮っとるのかね?




20160917_120829.jpg


フム。

コレを住友さんがどう切り取るのか…ブログを待ちましょう。
掲載されないかもですが。





なーんて楽しみながら登っていると、


20160917_121748.jpg


いつの間にかソコソコの高度に到達してました。




バスク輪さんは若干お疲れ気味。

20160917_121824.jpg

5,000m登るってーのにクロモリで来るとか挑戦的過ぎるぜ。






しばらく進むと次に現れたのは

20160917_122707.jpg


雰囲気満テンの山荘。

是非下山時に寄らさせてもらいましょ。





それにしても…




登れば登るホド上の天気が…



20160917_122754.jpg


土砂降りにでもならない限り登りますけどね。





ココいらでふと登って来た道を振り返ると

20160917_123054.jpg

スン晴らしい景色!





そして9月中旬だというのに、

20160917_123705.jpg


木々が色付き始めています。



去年は紅葉がイマイチでしたからね…

今年は綺麗な紅葉が見たいなぁ。

ドコ行くか…



やっぱり牡蠣食べがてらあの島かな?

誰かに丸投げして案内してもらおうそうしよう。





しかしココ乗鞍の色付き始めの木々も結構見応えありましたよ。


20160917_123714.jpg


20160917_123716.jpg


20160917_123739.jpg


20160917_124135.jpg


20160917_124153.jpg


20160917_124223.jpg




にしてもバスク輪さん…

終始リキさんのツキイチとは…


セコイな。

倍ほど生きていらっしゃる大先輩に牽かせるとは…








距離的にはソロソロ山頂かな?という頃になると空気が一気に変わります。



20160917_124920.jpg





イカン方向に。










つづく。











ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ダイちゃん,こんにちは。

スタート前に,しっかり補給してたんですね。
ぼくは,小さなパン半分だったので,それが失敗のもと。
雲の中に入ったあたりから,エネルギー切れ。気づいたときにはもう遅い,という状態でした。
やはり,補給は計画的に考えておかなきゃね。

でも,雲の中は楽しかった!

ダイズさん、お誘いありがとうございます。その節は大変お世話になりました。とーーっても楽しかったです♪一生記憶に残るライドの一つになりました。 懲りずにまた誘ってください(笑)


追伸
紅葉丸投げライド興味あります。近いし\(^^)/

> リキさん、こんばんわ

もう時間も時間でしたからね。
ソコソコお腹空いちゃったのでキッチリ補給しておきました♪

雲の中も楽しかったですが、やっぱり晴れた山頂が見たかったですよね。
来年は今年行けなかった雪壁シーズンに行きましょう。

…なかさんの手引きで(笑)

> ワタルさん、こんばんわ

総移動距離1,800km超でしたっけ?
あまり無理もさせれないので誘うの懲りちゃうんですが…


紅葉丸投げは、私がアレしなくてもきっと企画が飛んでくると思いますけども。
近々企画してくれそうな方々に会えそうなのでお願いしておきますw
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター