拳を突き上げる男【回顧録】

朝晩はすっかり涼しく(寒く)なりましたが、今回の回顧録は夏真っ盛りですので、昨年の夏の暑さを思い出しつつご覧いただけますと幸いです。


去年の8月初旬、涼を求めて岐阜方面へ走りに行くことにしました。

いくつかルートを考えてみましたが、岐阜=山=キツイということで無理のないコースを考えます。

結局「せせらぎ街道」を走ろうということで、郡上のあたりを走ることにしました。


「道の駅 和良」までクルマで移動します。

IMG00478.jpg
※一部画像処理が施されてますがお察し頂けると幸いです。

ココをスタートし国道256号を西へ進む郡上八幡城を目指しますが、いきなりの登りで早速脚に負担がかかります。
一応、後半に楽が出来るよう峠を一つ越えれば残りは下り基調のルートを考えたハズですが、早速想定外です。

しばらく走ると郡上八幡城の近くを遠りますが、写真を撮ることすらなく華麗にスルー。

国道472号に入り「せせらぎ街道」を走りますが、10数kmに及ぶ延々の登り基調。
これも完全に想定外です。
スズカのホームストレートが延々続く感じですね。

おかげさまで疲れちゃったので「道の駅 名宝」で最初の休憩をします。

IMG00481.jpg

何を思ってガッツポーズをしたのか、
私にもサッパリ
わかりません\(^o^)/

ただ、どう見てもコレ私です。

ココで結構ドップリ休憩をして最初で最後の峠「小川峠」(←さっき地図見て知りました)に向かいます。

この頃の私は今以上に坂が嫌いで苦手でしたので、途中写真を撮る余裕など一切ありません

改めてルートラボで見ると、距離は6km超・標高400m程・平均勾配6%程の登りです。
結構キツイですね。

かなり必死で瀕死で登ってました。
涼を求め郡上まで来たとはいえ、真夏の暑さにもやられフラフラになりながら登った覚えがあります。

唯一明確に覚えてるのが、途中にあった「クマ出没注意」の看板。
結構な大きさの看板に手作り感いっぱいのソレがリアルさを感じさせます。

ここから先は、クマが出たらとにかく下るとにかく下るクマが出なくても下りたい下る下りたい何ならクマ出れば言い訳出来るな、なんて思いながら登ってました。

山頂手前まで結構な勾配でしたね。

IMG00482.jpg


ココからは景色が展望出来るところもなく、単なる登りのピークなだけでしたので少し下ったトコロで木々が途切れたポイントを発見し記念撮影です。

IMG00488.jpg

ココでのこのポーズは納得ですね。
頂上に登れば皆同じポーズをとるハズです(私調べ)。

ココから先はもう登りは一切ありません。それどころか延々下ります。

まさしく超ロングヒャッホイを愉しみますが、途中道沿いに流れる川(弓掛川)に入れそうなポイントを見つけます。

川の水はとてもキレイで、かな~~~り冷たい!

速乾素材のジャージのおかげでそのまま川に入ります。
身体ごと浸かるし顔から頭からジャブジャブ浴びるしで、もう最高です。

最高過ぎて、

IMG_20130810_163833.jpg

コレも納得のポーズですね。

真夏のライド途中に川に入れば皆同じポーズをします(私調べ)。


いつまでも水浴びしていたい欲望を抑え、濡れたジャージを乾かす為に下り基調の道を疾走します。

IMG_20130810_164111.jpg

途中で見つけた、柵に囲まれたこの場所には何故か四足歩行の白い動物がいました。

IMG00491.jpg

何かの施設なのか飼っているのか分かりませんでしたが。


少し進むとこんな道に出ます。

IMG00495.jpg

道は狭いんですがしっかり舗装され、とても気持ちいい道でした。


林を抜けるとまた川が見える道に出ますが、雰囲気のいい橋が架かっていたり、

IMG00498.jpg

本当に気持ちのいい道でした。

何より
一切登りません\(^o^)/


県道86号を走り続けると「東仙峡金山湖」に着きました。

IMG00500.jpg

このあたりまで来ると昼過ぎだからか標高が下がったからか、結構な暑さでした。


ここまで来れば残りは10数km。
国道256号に戻るとビミョーに登ってて、脚よりももうスグ終わりと思ってた心にダメージを与えます。



総距離80km程度のツーリングでしたが、初めての岐阜の山を走った日でした。
信号のない山間の道を走り、川で水浴びをする…

都会の喧騒から離れ非日常を味わえた一日でした。



こういう回顧録はまた走りに行きたくなっちゃってダメですね…
今ならもうちょっと長い距離のルートをあーしてこーして…フム。

この時期なら
紅葉見れそうですね\(^o^)/




ブログランキングに参加してます。よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

見事なまでの渾身のガッツポーズですね!

今度からず峠の頂上でガッツポーズをしている人を見かけたら、「ダイズさんですか?」って声を掛けるようにしてみますね♪

なんかもう気持ちいいガッツポーズです\(^o^)/
ガッツポーズでは足りないのか自転車持ち上げてしまう方もいらっしゃいますよね。私は非力なのでやりませんが(笑)

たかじんさん、こんばんわ


山頂においては誰もがとるポーズ(のハズ)なので私とは限りませんよ?w

もし二之瀬でやってる方がいたら私ではありません。
あの山頂は高確率でスルーしますので\(^o^)/

Libさん、こんばんわ


ホゥ…自転車を持ち上げる…

その画像はまだアップしてないハズなのに何でバレたんだろう…?
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター