マムシをナニしにサツ登場


***************************************

【バッハジャージ募集のお知らせ】


この度「バッハジャージ」を追加生産するコトとなりました。

皆様方からのご応募お待ちしております。



※詳しくはコチラの記事をご覧ください。




よろしくお願いします!

***************************************









前回からのつづきです。








長良川沿いをボチボチ走った後は、この日唯一のヒルクライムとなる「タラガ渓谷」へと向かいます。

20161103_092108.jpg





ココでチョイとフザけてアタックこいた私。

チョイとアゲて疲れたら脚を緩めてウヘヘヘというつもりでしたが、後ろからモーレツなイキオイで追い掛けてくるツダさんの姿が!



コリャイカンというコトで再度フミフミ。


ツダさんと二人でアゲアゲローテーションの始まりです。




短い距離ではありましたが、登り基調をアゲアゲして脚パンパン。




縁側付き自販機QKではコーラゴクゴク。

20161103_093237.jpg





息が整ったトコロでタラガ渓谷へ。

20161103_094324.jpg




#21さんとツダさんは元気イパーイ。

20161103_095748.jpg





しかしながらタラガ渓谷はマサカの通行止め。

20161103_100145.jpg


ウーン…

でも自転車は通れるんじゃね?なーんて思いも過りましたが、大人としてソレはイカンので回避します。


トンネル抜けてきたローディさんに聞いたら「ムリですよ」と言われたからではありませんよ。
我々の自主的は判断です。




というコトで仕方なくクッソ長いトンネルを走るコトに。

なかさん情報によればココは下り基調でスピード出ちゃうので安全運転でゆっくりと。





私が先頭でゆっくり走っていると、トンネルを入ってしばらくしたトコロで…







ガシャン!






このイヤな音は…











落車が発生です。

私のスグ後ろを走っていた#21さんが落車し、その後ろのツダさんも巻き込まれる形で落車。




幸い反対車線側にエスケープゾーンがあった為、全員で即避難します。

交通量が少ないとはいえ、トンネル内ですからね。




そして即ケガの確認。




すると…どうやら#21さんの鎖骨が折れている可能性が高く、自走は困難。

ツダさんも手を痛めたようですが、自走出来るかどうかは微妙なトコロ。




というコトで即救急車を要請します。




しかし美濃の山の中というコトで結構な時間を待つコトに。




3~40分ホド待ったでしょうか。

ようやく救急車が到着。


20161103_104140.jpg


救急隊員によればやはり鎖骨は折れているようです。


というコトで#21さんはココで無念の離脱。
病院直行です。




落車の原因はご本人からお聞き出来ておりませんし、暗いトンネル内での出来事で私の後ろでの落車というコトで私自身の眼で確認出来ておりませんので、今回は割愛させていただきます。
想像や想定で書くワケにもいきませんので。

ただ、誰かと接触したとかそういう類のモノではなく、単独での落車のようです。






ちなみにバイクは救急車に積んでくれません。
スペースは充分ありましたが、積んでくれません。

後ほどツダさんがクルマで回収しに来るまで、トンネル内に放置です。


皆様方におかれましても、同様の事態に陥った際には充分ご注意ください。

※稀に載せてくれる場合もあるようですよ(経験者談)。





ちなみに。

今日モリコロでツダさんにお会いし、#21さんの怪我の様子をお聞きしました。
大丈夫なようで大丈夫じゃなさそうな感じでしたが、いずれにしても色んな意味でしばらく安静のようです。

お大事にしてください。









ツダさんは何とか自走出来そうとのコトですが、手を痛めており急なブレーキ操作が難しいとのコトで、先頭固定でご自身のペースで走っていただくコトに。

後続はハンドサインも不要な程度の車間距離を空けて追従します。





しかし…



最初こそはかなりゆっくりペースで走るツダさん。

しばらくするとイケると判断したんでしょう。





スンゲー速え\(^o^)/





ご本人曰く、ツダさんの身体は過去多くの修羅場をくぐってるようで、ブラックジャック並みの傷跡が刻まれているのだとか…

ケガ慣れしているようですが、判断が何とも早い。






結局アゲアゲで走るコトとなり、板取川沿いの道をイイペースで走り抜けます。

モネの池なんざモチロンスルーです。

見てみたかったけど






すると私の電話に着信が。

見覚えの無い番号ですが、下4桁が「0110」。



マサカ…




「郡上警察です」





ナニやらイロイロ説明を求めてくるので、地元のなかさんにタッチ。

さっき救急車呼ぶ時にしたような説明をサツにも延々としています。

消防署から細かいコト聞かねーのか。
ホント縦割りなんだな。

この電話代も税金なんだろうに。





すると、事情聴取したいのでソコで待っとれとのコト。



え?

ココで?



今停車したこの場所で?





最初は現場から何で離れたんだ的なコトを言われたらしいんですが、ソリャ帰るから離れるだろうに。


今からトランポ地点へ向かうからソコじゃイカンのかい。
現場じゃないならドコでも一緒じゃないのか…?

ホント、サツって人種は…





というコトでとりあえずサツを待つコトに。


20161103_113319.jpg




11月の美濃はソコソコ寒いので、とにかく温かい珈琲でも飲んで待つコトとしますが、


珈琲飲む→オシッコしたくなる→出す→冷える→珈琲飲む(以下繰り返し)


このデトックススパイラルが止まりません。




そんなスパイラルに苦しむ中、待てども待てどもサツは来ません。







そして1時間半くらい待ったでしょうか…






ようやくサツがご登場。

で、なかさん含む全員を事情聴取。


20161103_122112.jpg

一応車両事故というコトらしいので。


…にしても随分暖かそうな格好だなオイ。

長いコト待たせておいて。





随分遅かったなと聞いてみると、現場を確認してから来たとのコト。

しかもその現場が分からなかったとのコト。



ポリ公ってのはヌケサクなのか\(^o^)/?



ソレでイラついてるから「お待たせ」の一言もねーのか。

人としてどうなんだ一体。

ソレとも郡上は名古屋と流れる時間の早さが違うんか?




全員がバイクのメーカーまで聞かれていましたが、私が「スペシャライズドです」と答えたのに対し、チャッカリと「S-WORKSです(キリリッ」と答えていたいとうさんがツボでした。








ココでチョット真面目なお話しを。



このようなコトがあると身分証明書の提示を求められたり、病院に行けば当然保険証が必要になりますので、その辺りはシッカリと携行してないとイカンですね。
私は常に保険証は現物を携行しておりますが、なかさんのように免許証と保険証のコピーを持ち歩くのがベターですね。
そのコピーに連絡先や血液型を書いておけばベストでしょう。



当ブログでは「CTR練」のお知らせをしておりますが、エマージェンシーカード的なモノを携行するようなご案内はあえてしておりませんでした。
基本的には自己責任ですからね。
携行するコトも含めて。

今後もその都度するつもりはございませんが、このような事故が起きてしまった以上、当記事をご覧いただいた方で今後もご参加を希望される方は、連絡先などを記したモノを携行していただくコトを推奨させていただきます。

よろしくお願い致します。









話を戻します。







ポリ公サツに長いコト待たされた上に長いコト拘束されて脚はガッチガチになりつつも、下り基調の板取川沿いを気持ちよく走る一向。



再び脚も温まってきてイイ感じに脚が回り始めたぜ!というトコロで再びサツから入電。

既に覚えていないホドどうでもいい内容だったようですが。




完全に水を差されてしまい、ココからゴールまではボチボチモードに。



以降はノートラブルで無事トランポ地点へ到着。


ツダさんはバイクを回収し、#21さんが運ばれた病院へ。






なかさん・いとうさん・やまさんと私の4人は、美濃で一番の食堂との呼び声高い、


20161103_133443.jpg



大学ラーメンへ。


いつぞやのリベンジです。






今回はリベンジなので迷わずネギ飯を注文。


20161103_134159.jpg



やっぱりウマい。

胡麻油の香りが漂い、とにかくウマい。

「美味しい」というお上品なアレではなく、「ウマい」のです。



小サイズで普通のドンブリくらい。

コレで250円だったかな?

コスパ最高です。





ちなみに、この日はセットを注文しましたが、

20161103_134424.jpg


ラーメンにネギ飯付きのセットではなく、あくまでも「ネギ飯セット」

メインがネギ飯で、ラーメンはセット内容なのです。

味噌串カツは私が最も忌み嫌う食べモノですので、やまさんへ御進呈。









というトコロでこの日はオシマイ。




途中離脱されたキヨさん、次は最後までご一緒出来るといいですね♪


そして不幸にも落車でケガをされてしまった#21さん。
お身体を大事にしていただき、一日も早く治ることをお祈りしております。

またご一緒出来る日を楽しみにお待ちしてます。






そして今回の事故で、我々の趣味は常に危険と隣り合わせなのだと改めて認識致しました。

落車してケガをするコトで家族友人や会社は勿論、消防や警察といった機関にも迷惑を掛けるコトとなります。


そして最悪のケースも…



これからも安全には充分注意して自転車生活を送りたいと思いますし、一緒に走ってくれる仲間ともそのような意識を常に持って走るようにします。















【走行距離】92.2km
【獲得標高】631m

にしても美濃を走って獲得標高631mて…








ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ダイズさんと皆さん
その節は迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
怪我の詳細ですが、
鎖骨骨折と、第六胸椎(背骨)の圧迫骨折でした。
当初は、鎖骨の骨折と思っていたので、
翌日も仕事をこなしてから友人の整形外科の先生に紹介状を書いていただき入院の準備も着々と進めました。
、翌々日も同様に働きましtが、この2日間強打した背中が痛くて椅子に座って寝てる状態でした。
落車から3日目の日曜日の夜、突然背中に息も出来ない程の激痛が走り救急車で第二日赤へ救急搬送されました。
そこで初めて「第六胸椎圧迫骨折」と診断され、横になって寝られない原因がはっきりしました。
翌月曜日、予定通り鎖骨の固定手術に加えて圧迫骨折の治療の為入院。
鎖骨骨折なぞローディーの中では日常茶飯で、大した怪我ではありませんが、背骨は流石にビビりました。
幸い手足に痺れはなく、「安静な生活を送れば2~3か月で治ります。」
との事で一安心です。
事故から一か月が経過しようとしていますが、1日3~4時間しか連続して立っていられない状態です。
幸い自営業なので、従業員の皆様のお陰で支障なく業務も進んでおります。
家内には優しくして貰ってますが、暫くはサイクリングの「サの字」も口に出せない状況です。
怖い怖いWWW

No title

追申
落車の原因は、ハッキリしないのが正直なところですが、、、
後方から近づく車両の音に過敏に反応して更に左へ寄りすぎて側壁に当たり、その反動でひっくり返ったと思われます。
無茶な乗り方をしてたとは思いませんが、些細な事が大怪我に繋がったのは事実です。
私の場合は運が良かったと思っています。
多くの方に迷惑がかかる事もアレですが、最後までハァハァしたまま帰路に付けるようにありたいですね。

> #21さん、こんばんわ
詳細のご報告ありがとうございます。

お身体も#21さんを取り巻く環境もしばらくは大変かと存じますが、一日も早く治ることをお祈りしております。

一緒にいた我々も、今回の落車をケーススタディとさせていただき、より安全に自転車ライフを送りたいと思います。


しばらくは色んな意味で「安静」にされないとならないご環境かと思いますが、また走り出す時には是非ご一緒してください。

心よりお待ちしております。
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター