【カラ出張編】房総de暴走…いや望走

前回からのつづきです。







前日深夜にようやく決めた行き先は房総半島。




そういや去年もこの時期に房総行きました。

そのクダリは当時ブログ休止中でしたので記事にしておりませんが、一日かけて190kmくらい走りました。
しかも兄が自らルート引いたクセに、最後の峠をバックレる始末。
その上、「自分で引いたんだからバックレんな。行こうぜ。」と言うとマジギレして「オレは行かねえ!」とか言い放ち、トットとコースオフして一人でコンビニ休憩する始末。

当然私はキッチリ登ってから合流しましたが、ソレがまた激坂でしてね。

140km以上走ったトコにMAX19%の激坂用意するわ逆ギレしてバックレるわでもう散々でした。
ラスト20km程で雨に降られますし。


ただ、最後はウワサのマスゾエ風呂を奢ってもらいましたので全てチャラ。
ヤツは頻繁に私をカネで買います。





今回もマスゾエ風呂に入ろうかとも思いましたが、今回は南房総を走りたかったのでアソコ付近を拠点にするとチト距離がアレなので断念。







というコトで当日の朝。

写真多めでバンバンいきますよ。







兄の家を出て高速乗って現地へGO。
南房総にある某道の駅を目指します。



途中、

20161118_082551.jpg


今ホットな場所である豊洲を眺めつつヒトゴトを堪能。



10月には築地も行きましたし、とりあえず押さえるトコは押さえた感じですね。





アクアラインを抜け千葉県に入った途端スッカスカとなる高速のおかげで、あっという間にトランポ先に到着です。

毎度のコトですが、時間も押していましたのでトットと出発。





クルマの少ない山間の道を走ると、最初に現れるポイントがコチラ。

20161118_100456.jpg

村一番の千枚田好きとしては外せないのですよ。


千枚田といえば登りですが、この景色が好きな私にはそんなコトなど意に介さず



最初に見つけたこの看板のトコロは、

20161118_100635.jpg

実は大した景色では無いのですが、この看板がある以上ココがメイン的なアレかと思い若干ガッカリ。



でも大丈夫。



20161118_101205.jpg


もう少し上に行けば、



20161118_101228.jpg




素晴らしい千枚田が見れます。



ベストシーズンに見てみたいですが、私が関東に(会社のゼニ使って)訪れるのは3・4月と10・11月。
まだ水を張る前でしょうし、確実に稲刈り後です。




このまま上に登り、房総最高峰というフレコミの愛宕山方面へと行きますが…


20161118_102125.jpg


割とマジでクマがコワい。

でも「クマ出没注意」の看板が全然無いので、この辺はクマが出ないのでしょう。



近くに航空自衛隊もありますので、

20161118_102448.jpg


何かあればココに駆け込めば問題ナシです。






この後は房総半島先端へ攻め込もうかと思いましたが、海ばっか見てもアレですので北上するコトに。
ソコには我々の練習場にホド近いトコにあるアソコと同じ名前の滝があるということで、ソコをチェックしに行きます。



ソコとはココです。

20161118_114035.jpg

「養老渓谷」です。



岐阜にも養老の滝がありますが、コチラにもあるようです。
どっちがアレなのかこの目で確かめねばなりません。



その前に、せっかくの渓谷を堪能します。

20161118_115143.jpg


20161118_115345.jpg


20161118_120347.jpg


20161118_120541.jpg




ココの川にはチョイチョイこういうのがありますので、

20161118_115319.jpg

川の中からの景色を楽しむコトも出来るのです。





ちなみに。


この看板がクマよりコワい。

20161118_120147.jpg

何かホントに出そうな気がするのはコッチですよね。



そして、やっぱり紅葉は遠くで見るのが良いですね。

20161118_115744.jpg

よく見たらただの落ち葉です。

なかさんが仰る通り。
単なる枯れた葉っぱですね。





途中、こんな雰囲気のいいトンネルも。

20161118_121348.jpg




次の目的地を向かおうとフト下を見ると、

20161118_121831.jpg


私のVENGEカラークリソツなカラーのキャットアイをハケーン。
コレだけでコッチの養老に軍配が上がりそうになりますな。






そしてコチラにも「養老の滝」があるというコトで、そのついでに

20161118_123850.jpg


滝めぐりをしちゃおうってコトに。




ココの直売所では某販売所の約半額で自然薯が売っていたり、ハンドボールくらいのサイズの柚子(シシユズ)が売っていました。

20161118_123604.jpg

しかもこの大きさで200円。


オバちゃんにこのシシユズの調理方法?というか使い道を聞きましたが、私の手に余りそうでしたので購入は断念。
そもそもデカ過ぎですし。




さて滝めぐりです。



最初はココ。

20161118_124331.jpg



エライ下にあります。

20161118_124536.jpg

サスガ幻の滝。

見に行くのに200円要りますけどね。




メインの養老の滝以外は名前を忘れてしまったので、とりあえずご紹介。



20161118_130255.jpg


20161118_130824.jpg
あ、コレ違う。


20161118_132812.jpg



途中沢ガニも居ましたよ。

20161118_131426.jpg

時期的になのか死骸の方が多く、生きてるカニの方が珍しかったですけどね。





そして最後に控えるのがメインの養老の滝。

20161118_133714.jpg


岐阜の養老の滝とは全然違いますね。
むしろ真逆っぽい感じです。



別名「栗又の滝」だそうです。

20161118_134638.jpg




ちなみにココは滝の横にも道があって、

20161118_134212.jpg

滝の中腹も見れます。
季節が季節なら滑り台のようにココを…いや。ケガするな。


この上流にも行けそうですが、

20161118_134320.jpg


水のイキオイ的にも気温的にもリスク大なので今回は勘弁してやりましょう。





そして実はココからの入口がメインっぽい感じのアレでした。

20161118_134701.jpg

滝の規模的にも、ココから入って養老の滝ダケ見れば充分だったような気がしないでもありません。



ただ、こんな感じのトコロを歩くのはナカナカ珍しいのでアリですけどね。

20161118_130203.jpg





尚、近くを走る道路には展望所がありますので、

20161118_135142.jpg


歩くのは勘弁!って方でも楽しめます。








そしてこの後はメインのアレを食しにアソコへと向かいます。










つづく!








…賢明な読者様はどの辺でお気付きになったかな?


お気付きの方もそうでない方も、いつもと変わらぬ愛のポチをお願いします。


ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自然の美しさを冒涜する文章の中に、しれっと私の名をぶち込むのはやめて下さい(๑•ૅㅁ•๑)
波風を立てず、ひっそりと生きたいだけなので。

それに、枯れた葉っぱだなんて言ってません。
ただ腐ってるだけだと・・・言ってません(-.-;)y-~~~

我が地元にようこそ。
千葉県には熊はいませんので、ご安心して下さい(^^)d
またのお越しを(^-^)

> なかさん、こんばんわ

いや…決して冒涜はしてませんけどもね…( ´Д`)y━・~~

そして「ひっそり」はダメですね。
KTMさんにご協力いただいて例の計画もいつか実行したいですし\(^o^)/

> ぐりさん、初めまして
コメントありがとうございます。

千葉はクマいないんですね。
山の中に入ると、今年はイロイロありましたのでついw

次こそは…いや、また走りに行きます♪
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター