人体実験コイた結果

さて、クリテ当日の朝。


先日のトレランで脚にオモクソダメージ負わせましたが、ランとバイクは使うキンニクが違うってコトで疲れ切った身体を無理やり起こします。


ココで一つ分かったコトは、使うキンニクが違おうが一緒だろうが疲労感は等しく訪れるってコト。
チョー眠い。



そしてベットから起き上った瞬間この日の終わりを予感しました。






まともに歩けん\(^o^)/



階段も手すりナシでは降りるコトが出来ません。



ウーン…このまま二度寝してDNSしようかな…

でも今年全然乗って無いというフレコミのなかさんもエントリーしてるし行かなかったらナニ言われるか…



というコトで歩行すらまともに出来ない上に疲労感満載の状態ではありましたが、とりあえず準備して平田へGO。



20170219_070012.jpg



…寒い。

最近は暖かい日もあるのに、この日は寒い日。




そして快晴。


20170219_070027.jpg


昨日晴れてクレヨ。






お着替えする前にBEN☆意をモヨオシたのでバイクに跨ってクレールのトイレへ。

ソコへ向かう時チョイとした坂を登るんですが、ソコが既にバーヤイ。
脚が回らん。

まぁでもまともに歩けない割には漕げるかな、という感じ。




アップして身体温めればチガウかな?と思い、トットとお着替えしてアップへ向かいます。





前日のお試しローラー同様、L3くらいまでならほぼ問題ナシ。

フム。

使うキンニク違うってのもあながち…


恐らくツーリング程度であれば、ランニングした後でも影響無さそうですね。
逆は知りませんが。
バイク→ランは未経験ですので。

別の理由で脚がゲキ重ですけど。



身体が温まってきたトコロで負荷を上げてみます。



クリテといえばアタッコ合戦。

コーナー抜ける度にインターバルが掛かりますので、ソレに備えなければなりません。




ってコトでダンシングde750Wホドまでアゲますが…





ダメだコリャ\(^o^)/


ココでウスウス気付いちゃいました。




しかしながらせっかくエントリーしたワケですし疲労困憊の身体を押してココまで来たワケですし、せめて1レースダケでも…



20170219_080053.jpg

…珈琲飲んで帰りてーな。


ペロさんなんて自走で来てトットと珈琲シバいてやがるし。





招集が掛かっても全然脚も気持ちもシャッキリしまへん。


20170219_081641.jpg


きっと落車ってこういう時に起きるんでしょうね。

コレはいつも以上に気を付けてレースに臨まないとイカン。



奇しくも同じ日に行田クリテリウムでとても残念な出来事が起きていたようですから。


この件に関しては、クリテに何度か参戦経験がありクリテ好きという立場から、炎上覚悟で思うコトをストレートに書こうと思いましたが、内容がイロイロ他のコトにまで発展しそうでヤメました。

機会があればいずれまた。





ソレでもスタートに並べば気持ちも昂りアタマもシャッキリ。

身体と脚の反応はレースが始まらないと分かりませんが、とりあえず気持ちはいつも通りまで持ってこれました。






そしてレース開始。







最初はロリータローリングスタート。

第二コーナーを抜け、しばらくしたトコロでレース開始です。




すると一人の選手が逃げを打とうとしたのか、結構なダッシュを見せます。

コレ、付いていけばこのまま一緒に逃げれちゃうんじゃない?と思いましたが、そうは問屋が何とやら。



後ろにも選手は続いていましたし、先頭の選手がスグ後ろに私が居るコトを確認したら即交代要求。

はえーな。



で、少しダケ先頭を走ってみましたが…






マジでダメだコリャ\(^o^)/

全然脚にチカラが入りません。





即交代要求de後ろに下がります。




そして私のレースは実質ココでオシマイ。





サスガに集団からチギれるコトだけは許されませんのでずーっと後方にヘバり付きますが、この日に限って先頭争いが妙に楽しそう。

後ろから見る限り、皆さん活気溢れる感じでレースを楽しんでいらっしゃいます。



アレに加わりたい…
しかし前に出て遊ぶ脚も無い…



集団後方は落車に巻き込まれるコトが一番の恐怖なので、いつも以上にマージンを取って後方をキープ。
身体が疲れているので反応も遅れる可能性大ですからね。




一応最終周回の最終コーナーを抜けた後は精一杯アゲてみました。
ソレまで充分脚を温存しましたからね。


ソレでも全然パワーが出まへん。
最高出力もヘボヘボ。



数人は抜いた気もしますが、途中でタレもしましたので抜き返されたかな?
入賞すら遠い位置でしたのであまり覚えておりません。





脚が全然回らないおかげで心拍はチョー余裕。
全然ハァハァしてません。






この結果は残念でしたが、ある意味想定内というかソレでも思った以上に走れたというか…



何せ朝起きた時は手すりナシでは階段も降りれないホドでしたから。

でもC5-5はキャンセルしました。
こんなんじゃ出ても楽しくないですからね。








この後は気持ちを切り替えてC5-5に出走するいとうさん応援ヒヤカシます。


20170219_092130(0).jpg


本来ツーリングジャージであるバッハジャージでレースに出るとはオフザケが過ぎますね。





いとうさんは前日走っていませんが、


20170219_093128.jpg


私と同じような位置でゴールしたコトは内緒にしておきましょう。

もっと上にイケるハズなんですけどね。普段の走力からして。









というコトで、クリテを終えての人体実験結果総括。


ランとバイクは確かに使うキンニクは違う。

ただ、ソレは主に違うのみ。



トレイルで18km弱走って(歩いて)膝もプルプルになるまで脚がナニしましたが、SST程度までなら問題無く回せます。



しかしレースとなると全然ダメ。

特にアタックが掛かると筋肉は総動員しますからね。



使うキンニクが違うとはいえ、そのキンニクも使ってオラオラしないとイカン場合には、そのダメージがモロ乗って来て踏み切れません。





【結果】

ランとバイクは主に使うキンニクが違うダケ。

レース前にトレランは控えよう。






んで。

この後同じキンニク使いに行くんですが…生きて帰れるんか?





まぁSHOROsトレイル部さんのコトですから、バイクのコトを思えばノンビリとナニ出来るでしょうから…




この時はそう思っていたんですが。








んで。

結局この日なかさんは現れませんでした(´・_・`)



なんてこったパンナコッタ








そしてこの週末はまだ終わらない…





多度トレイル過酷編へつづく。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




【おまけ】



そういえば、昨年11月以降リバーサイドプラザにおいて堤防下にクルマを駐車するコトが禁止となりました。
理由は平田クリテHPをご覧いただければシッカリと載っております。

そのお知らせが出た初めてのレースの時は一台もクルマが止まっておらず、さすがレースを愛する人達にルールを破る人なんて居ないんだなと思っておりました。


しかしその次戦もそして今回も、残念ながらクルマが止まっていました。

クリテに関係無い人達かな?と思いましたが、クルマからバイクを降ろして明らかにレースに備えている様子。



こういうのを見ちゃうと残念で仕方ありません。

駐車場からレース会場までホンの数百mです。
ロードバイクに乗る人が、レースに出ようとする人が、その距離の移動が苦になるハズもありません。



こんな些細なルールも守れないヤツは家でローラー回してるかクソして寝てろ

と思いますね。



そもそもたった1,000円の参加費で毎月レースを開催してくれるコトが、どれだけ恵まれてるコトなのかも分からんアホなんでしょうか。

ルールが守られないコトで運営さんに迷惑が及ぶとか分からないんでしょうか。

まさに社会不適合者。
どうせ交通ルールもロクに守れん輩なんでしょう。


クリテにエントリーしている以上HPも必ず見ているハズですから「知りませんでした」は通りません。

次戦以降、そういうアホな輩が消え去るコトを心から願います。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

全く同意!

 ダイさん、こんにちは。
 クリテHP、読みました。
 参加者の管理ができないと、国土交通省から
 なんらかの指導が入る可能性は、否定できま
 せんよね。

 せっかく、楽しんでいるイベントなのに、意識
の低いのは、困りますね。

Re: 全く同意!

> カンパチさん、こんばんわ

そうなんですよね。
国交省からの通知的なコトなので絶対守らないとイカンと思うのですが。

毎月開催、しかも1レース1000円でクリテを楽しめる環境は本当にありがたいので、末永く続いて欲しいですからね。
プロフィール

ダイズ

Author:ダイズ
弟に大きな背中を見せるアイツに引っ張られながらそれなりに走ったりしてる日々を綴ります

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター